※写真をクリックで拡大します。
Home

10/06(Fri) 第10回 矢野喜世子ジュエリー新作展
2006年、秋。彩り豊かに、オシャレを楽しむ季節の秋を迎えました。個性的な真珠の数々を使った作品をご覧下さい。なお、期間中、オーダーメードなどの相談もしております。
◆ 会期:10月12日(木)〜18日(水)(最終日は19時まで)
◆ 会場:京王百貨店 新宿店6階 宝石売り場
http://www.keionet.com

10/06(Fri) 松江美枝子 ジュエリー展
荒井ギャラリー 128TH EXHIBITION

“とかし”と“メッシュ”での技法は、その時々の気持ちを表現してくれます。
主宰の荒井康子さんは「松江さんの作品から、軽やかなメロディが流れてきます」と評しています。作品は、銅メッシュ、銀のブローチです。
◆ 日時:10月19日(木)〜28日(土)11時〜19時(最終日は16時)
◆ 場所:荒井アトリエ・ギャラリー(東京都渋谷区恵比寿南1-11-17青木ビル1階)
http://www.araigallery.com

10/05(Thu) オーデマピゲがルーベンスバリチェロ限定モデル記念パーティを開催
オーデマピゲジャパンは、アンバサダーのひとりであるF1パイロット ルーベンス・バリチェロの来日記念パーティを10月4日、東京港区のカレッタ汐留で開催しました。

オーデマピゲジャパンCEO麦野社長は、「クルマからインスピレーションを受け誕生した3つの限定モデルは、今年のジュネーブサロンの発表で大反響を受け、今までで一番のデザインとなったと思います。ラグジュアリーウオッチとしても飛躍し、嬉しいことにほぼ完売状態で問合わせに追われています」と嬉しい悲鳴をあげているそうだ。

バリチェロ本人を日本に迎え、更なる盛り上がりを見せるパーティとなった。

【写真】左:ルーベンス・バリチェロ、右:オーデマピゲジャパンCEO麦野社長

10/05(Thu) 今年も東京・大阪で10月に『コレクション・フランセーズ』展
フランスから総勢29社の企業が来日

フランス見本市協会では、今年も東京と大阪で『コレクション・フランセーズ』展を開催します。今回は、フランスから総勢29社の企業が来日、ファンシージュエリーや皮革製品などの最新作を出展する業者向けの展示会です。
フランスの鋭いファション性とバラエティ豊かな独創性の商品が日本市場を魅了します。今回の展示会では、2007年春夏コレクションを中心に展示されますが、一部2006年秋冬コレクションも展示されます。お問合せ先は、フランス見本市協会(03-3405-0171)一般の方の入場はお断りしています。
◆ 大阪:10月19日(木)〜21日(土)10時〜18時まで。会場:大阪ヒルトンホテル16階 客室
◆ 東京:10月23日(月)〜25日(水)10時〜18時まで。会場:東京ヒルトンホテル19階 客室
http://www.firmafrance.com/

10/05(Thu) 『コレクション・フランセーズ』展の出展商品
アンジュヴィーヌ ドゥ ビジュートゥリー社

ANGEVINE DE BIJOUTERIE

本社:フランスのジュエリーメーカー
http://www.angebijoux.com

10/05(Thu) 『コレクション・フランセーズ』展の出展商品
ボンボン ウオッチ(BONBON WATC)

アレキサンドゥラ セレクション社
本社:フランス

10/05(Thu) 『コレクション・フランセーズ』展の出展商品
カミーユ(CAMILLE)

カミーユ エ カミーユ社
本社:フランス
http://www.camille.fr

10/05(Thu) 『コレクション・フランセーズ』展の出展商品
ゾル/セビコターヌ(ZOR/SEBICOTANE)

エカルラトゥ社
本社:フランス
http://www.zor.fr

10/03(Tue) 昨対107・5%増『エクセレントジュエリーフェア』
ダイヤモンド製品全体の売上が好調だったようです

今年も『エクセレントジュエリーフェア2006』が9月21日、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ「芙蓉の間」 で行われ、来場者数約1100名 売上前年比107.5%で満足のゆく結果を残しました。この催しは、セイコージュエリー梶i本社=東京、滝沢英吉社長)が毎年この時期に行っているジュエリーの消費者展で、 例年通り、首都圏の同社取引先の百貨店・専門店の上顧客が大勢来場しました。
今年は、メインコーナーで同社の中心ブランドであるロイヤルアッシャーダイヤモンドをしっかり訴求したことが好結果につながったといえます。このほか、ニナリッチなどダイヤモンド製品全体の売上が好調だったようです。
http://www.seiko-jwl.co.jp/

10/02(Mon) 『第3回福岡インターナショナル・ギフト・ショー2007』
新しいカテゴリーに注目が集まる

「福岡国際見本市」の後継見本市として誕生した「福岡インターナショナルギフトショー」。
第3回の出展に関する言詳細が決定しました。会期は2007年6月13日(水)14日(木)15日
(金)の3日間で、会場は同じくマリンメッセ福岡を使用します。従来は2年に1回の隔年開
催でしたが、出展社及び来場者からの要望により、年1回の開催となった見本市です。
来場ターゲットのバイヤーは、九州全域を中心に本州・四国・沖縄と関西・東京も含めた
小売、卸専門店・百貨店・SCなどのパーソナルギフトに携わる国内外のバイヤー約三万人
を予定しています。出展社は国内200社、海外はアジア各国と欧米・オセアニア諸国から
100社を目標に、魅力ある生活雑貨やパーソナルギフトを中心に募集中です。事務局では、「第3回福岡ショーは、来場対象バイヤーにもっと福岡ショーの魅力を広くアピールしたい。福岡は、人・モノ・情報が集まる絶好の地として今後も、世界から注目されており、生活者の購買意欲も女性を中心に非常に活気がある街。アジアのエッセンスとおしゃれ雑貨とデザイン志向のギフト商材が広く出展参加してほしい。福岡から東京に最新の生活雑貨を発信したい」と話してます。



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:32