ダイヤモンド市況概況

2018/05/22
5月の取引低迷、値下げ圧力高まる

【5月22日】
◆ディーラーは、5月の取引が低迷しているにもかかわらず、ラスベガスショーを前に楽観的。
2018年の見通しは、2017年より明るい。
De BeersとAlrosaサイトでの原石価格は底堅い。
Alrosaの第一四半期の売上高は、15億ドルとなり14%増加、利益は5.33億ドルで40%増加した。

◆インド:研磨石市場は、夏休み中のため静か。
ムンバイの外国人バイヤーは少数。
取引低迷により値下げ圧力高まる。
0.50-1ct、G-J、SIの売上良好。
スター、メレの需要鈍化。
研磨業者は原石市場の安定を背景に、一定の研磨量を維持している。

◆香港:ディーラー市場は閑散期のため鈍化。
6/21-24開催の香港ショーに、市場改善が期待されている。
0.30ct及び1ct、D-H、VS-SIに安定した需要がある。
0.40-0.99ct需要鈍化、バイヤーは大幅値引きを要求。
3ct以上の大粒石の動きが鈍い。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 4/16-5/16、ポインターの平均価格続伸。
ベストプライスは3.0ctの-0.1%を除きすべて上昇。
平均価格は0.3ctが+7.5%、0.5ctが+5.2%、0.7ctが+2.5%と続伸、他1.0ctと1.5ctがわずかに上昇、2.0ctと3.0ctがやや下落。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/05/5.html
2018/05/15
インド企業倒産の噂に不安募る

【5月15日】
◆ディーラーはラスベガスショーの準備を進めている。
取引鈍化に伴い、研磨石の在庫量が増加。
研磨石の価格は堅調だが、バイヤーは支払条件の緩和やより多くの商品委託を求めている。
中国の第1四半期の金、銀、宝飾品の売上が117憶ドルとなり8%増加、消費者マインドが改善している。

◆インド:様々な倒産の噂が流れ、不安が募っている。
ムンバイの外国人バイヤーは少数。
全てのカテゴリーでGIA dossier需要が堅調。
一部、0.50ct Iクラスへの関心が高まっている。
スターとメレ需要が鈍化。
原石取引は良好だが、研磨工場の生産量は減少。

◆香港:ディーラー市場は静か。
中国ではより低いカラーグレードの商品に移行している。
一部のバイヤーは良質なSIが品薄のためVSにシフトしている。
1ct、G-H、VS-SIの需要高まる。
小売は改善しているものの、地元の宝飾業者は、低価格帯の商品を扱う通販業者との競争に晒されており、差別化を図るためオーダーメイドの製品に転換している。
ファンシーカラーとファンシーシェイプは、ラウンドの無色のダイヤモンドより利益率が高い。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、ポインターの平均価格上昇。
ベストプライスは0.3ct、1.5ctがわずかに下落、他はわずかに上昇。
平均価格は0.3ctが+5.5%、0.5ctが+3.5%、0.7ctが+2.0%とポインターが上昇、1.0と1.5ctが+0.6%、3.0ctが+0.5%とわずかに上昇、2.0ctのみ-0.2%と下落。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/05/post_211.html
2018/05/08
原石取引安定、プレミアム4%ダウン

【5月8日】
◆ベルギーとインドのディーラーは、メーデーから長めの休暇を取っており取引はスロー。
香港での休暇中の宝飾品売上は、観光客の消費意欲によるところが大きい。
研磨石の価格が安定。
4月のRapNet Diamond Index(RAPI™)に大きな変化は見られない。
米国と中国の小売市場は上向き。

◆インド:週末を挟む長い休暇と春休みのため研磨石市場はスロー。
工場の生産量は季節的に低い。
銀行の融資引締めによる資金繰り悪化が懸念材料。
国内のバイヤーは、ルピーが1月1日以来INR1/$66.67と5%下落、コスト上昇に伴い仕入れを控えている。
原石は、二次卸の段階でプレミアム価格が4%ダウンし取引が安定している。

◆香港:ディーラー間取引が低迷する中、楽観論は薄れている。
取引はより低グレードのカラーにシフトしている。
5月1日の祝日の売り上げがプラスとなり、その後宝飾品の小売が回復。
0.30-0.60ct、J-M、VS-SIレンジの売れ行き良好。
宝飾品、時計、高額贈答品の3月の売上高が23%上昇。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、0.3ctの平均価格下落。
ベストプライスは0.5ct、1.5ct、3.0ctがやや上昇、0.3ct、0.7ct、1.0ct、2.0ctがわずかに下落。
平均価格は0.3ctが-3.2%、0.5ctが-0.8%、1ctが-0.7%、3.0ctが-0.3%と下落、0.7ct、1.5ct、2.0ctはわずかに上昇。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/05/4.html
2018/05/01
市場は季節的に静か、香港での宝飾品小売改善

【5月1日】
◆ダイヤモンド市場は季節的に静か。
研磨石の価格は安全しているものの、利益率は4月の原石価格引上げ後圧迫されている。
研磨石の取引は、原石の研磨よりも収益性が高い。
米国の宝飾品部門は、第1四半期に343社が事業を中止しており縮小。

◆インド: Bharat Diamond Week開幕後も取引はスロー。
外国のバイヤーがイベントに参加したが、現地のディーラーからの反応は弱い。
多くの業者は夏休み期間中、休暇を取る予定。
0.30-0.50ctのGIA dossier、1-1.50 ct., G-J, VS-SI需要が堅調。
業界の代表は資金繰りの懸念が残っているため、銀行との会合を計画。

◆香港:市場は夏の閑散期が始まり鈍化。
部分的な品薄感と一部の需要に支えられ価格は安定している。
1ct、G-H、VS-SI、RapSpec A2+ (3EX、蛍光無し) の受注が堅調。
0.30-0.40ct、G-H、VS-SIの販売が良好。
中国での金の販売と観光客の購買増加が、宝飾品の小売を牽引。
六福珠寶の第4四半期の同店舗売上が16%増加。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) は小康状態。
ベストプライスは0.3ct、0.5ct、1.5ct、3.0ctがやや上昇、0.7ct、1.0ct、2.0ctがわずかに下落。
平均価格は0.3ctが-0.4%、3.0ctが-0.9%と下落、他はわずかに上昇。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/05/post_210.html
2018/04/24
原石価格上昇、ダイヤ取引鈍化

【4月24日】
◆4月、ダイヤ取引鈍化。
De Beersサイト(売上5.2億ドル)において原石の平均価格が1〜2%上昇、研磨業者は利益率圧迫を懸念。
銀行によるダイヤモンド融資への再調査は、インド企業の資金繰りを圧迫。
De Beersは南アフリカ選鉱センターへの供給を増加している。
ラスベガスショーを前に米国需要への期待上昇。
Chow Tai Fook の第4四半期の売上高は中国で13%増加、香港とマカオで11%増加した。

◆インド:サプライヤーは資金繰りに懸念が残るものの価格を維持しているため取引はわずか。
Bharat Diamond Week(4/23〜25)期間中、市場活性化への期待高まる。
小規模な研磨業者は学校の夏季休暇に合わせて一時休業予定。

◆香港:研磨石市場は安定しているが、季節柄スロー。
0.30〜0.50ct、I-M、VS-SI商品の在庫量豊富。
2018年、中国人観光客の支出が改善。
主要宝飾店は売場を拡大、eコマースの成長を見込む。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、平均価格の下落率高まる。
ベストプライスは0.3ct、0.5ct、0.7ct、1.0ctがやや上昇、1.5ct、2.0ct、3.0ctがやや下落。
平均価格は0.3ctが-5.5%、0.5ctが-2.7%、1.0ctが-0.6%、1.5ctが-0.7%と下落、2.0ct変わらず、3.0ctがわずかに上昇。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/04/post_209.html
2018/04/17
「銀行融資引締めによりダイヤ価格下落の可能性」

【4月17日】
◆米中貿易戦争が起きると人民元の切下げにより中国国内でのダイヤ価格が上昇するとの懸念から、中国人ディーラーは仕入れを強化している。

◆インド:米国とアジアのバイヤーが市場を牽引。
0.30-0.60ctと1ct、J-M、I1-I2需要が堅調。
大きな与信枠を持つ研磨業者は、銀行の厳しい監視に直面しており、在庫調整のため価格を下げる可能性がある。
Bharat Diamond Week(4月23日〜25日)に取引が改善すると期待されている。

◆香港:先月の香港ショー以降、取引はやや鈍化しているが一年前よりは良好。
GIA Dossier付商品の動きが良い。
2-3ctのI-Mなどローカラー商品の受注が安定している。
観光客の消費増大及び雇用の改善は市場心理を牽引する。
中国元の下落は観光客の消費減少につながる。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、平均価格やや下落。
ベストプライスは0.3ct、0.5ct、0.7ct、1.0ctがやや上昇、1.5ct変わらず、2.0ct、3.0ctがやや下落。
平均価格は0.3ctが-2.4%、0.5ctが-0.8%、1.0ctが-0.1%、1.5ctが-0.4%と下落、0.7ct、2.0ct、3.0ctがやや上昇。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/04/post_208.html
2018/04/10
「香港での小売売上高大幅増加」

【4月10日】
◆香港での宝飾品やその他の高級品の売上高は、雇用の改善と観光客の増加により、今年の1月、2月と増加した。
1月と2月の宝飾品、腕時計、時計、そして高額贈答品の売上高は21%増の20億5,000万ドル。
これは、売上高が最も高い小売カテゴリーの1つで、「その他の消費財」に次いで2番目。
中国旧正月を含む当該期間の小売総額は、一時的に前年比で16%増加し、114億8,000万ドルに達した。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、ポインターの上昇傾向続く。
ベストプライスは0.3ctが+2.4%、0.5ctが+1.8%、0.7ctが+1.7%、1.0ctが+0.7%、
2.0ctが+1.0%とやや上昇、1.5ctが-0.1%、3.0ctが-2.0%と下落。
平均価格は0.3ctが+6.5%、0.5ctが+4.1%、0.7ctが+2.6%、1.0ctが+1.0%と上昇、
1.5ct及び3.0ctは僅かに下落し、2.0ctは変わらず。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/04/post_207.html
2018/04/03
「RapNetダイヤ指数改善、原石価格上昇により研磨量抑制」

【4月3日】
◆ペサハ(過越の祭)及びイースターにより市場は静か。
時計業界はバーゼルショーで回復ムードが盛り上がっているものの、イベントそのものは出展社数も少なくダイヤモンド・ディーラーの意欲を削いでいる。

◆インド:Nirav Modi-Gitanjaliの不正請求に伴い、トレーダーは銀行との信用取引への影響を懸念しており市場は不透明。
バイヤーは、クラリティ、カラーが低くカットの良い商品を探している。
1-3ct、I1-I2又は、1ct以下のテーブル内に黒いインクルージョンの無いVS1-VS2への関心が高まってる。
G-I、VS-I1のスター・メレー需要が堅調。
研磨業者は原石価格上昇により仕入れを制限しており、研磨量は生産能力の70〜80%に抑えられている。

◆香港:小売業者は年初めの好調な滑り出しを受け前向き。
元高は中国の消費力を高め消費者心理を改善し、香港への観光客増加に繋がる。
1-2ct、IF-VVSなど高品質商品需要が堅調。
2ct、J-Mカラーへの関心が高まっている。
ファンシーカラーが人気。
ハートシェイプの売れ行き好調、ハーフムーンカットの注文が増加。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 改善。
ベストプライスは0.3ctが+2.2%、0.5ctが+1.9%、0.7ctが+1.2%、1.0ctが+0.6%、1.5ctが+0.2%、2.0ctが+1.0%とやや上昇、3.0ctのみ-1.9%と下落。
平均価格も0.3ctが+7.0%、0.5ctが+4.3%、0.7ctが+2.6%、1.0ctが+1.0%、2.0ctが+0.2%と上昇、1.5ct及び3.0ctは僅かに下落。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
https://www.net-japan.co.jp/market/2018/04/rapnet_5.html

2018/03/27
銀行の信用引締めにより、研磨業者の資金繰り悪化懸念

【3月27日】
◆活気のあった第1四半期以降、市場は静か。
米国と中国からの良好な受注により、ディーラーは楽観的。
大手独立系宝飾業者は、戦略の転換を表明しているSignetやTiffanyよりも売上が好調。
ティファニーの第4四半期の売上は13億ドルと9%増加したが、利益は6,200万ドルと61%減少した。

◆インド:大手研磨業者は、Nirav Modi-Gitanjaliの詐欺行為により、
銀行のより厳格な融資条件に対し危機感を募らせている。
品不足解消のため、工場は研磨石を増産している。
第1四半期に原石を大量に仕入後、原石価格は高値で推移。
0.30-1ct、G-J、VS-SI需要が堅調。
スター・メレーの売上良好。

◆香港:3月の香港ショー以降、市場は静か。
中国の金・銀・ジュエリーの売上高は1月〜2月に3%増加した。
1-3ct、J-M、VS-SIへの関心が高まっている。
すべてのサイズで、カラーグレードが高いダイヤモンド価格が弱含み。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 平均価格、ポインターの下落傾向続く。
ベストプライスは1.0ctが-0.1%、1.5ctが-0.4%と僅かに下落、他はやや上昇。
平均価格は0.3ctが-3.2%、0.5ctが-2.5%、0.7ctが-0.3%とポインターの下落傾向が続く。
1.5ctは変わらず、他は僅かに上昇。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/03/post_206.html

2018/03/20
研磨石の取引鈍化、市場心理は上向き

【3月20日】
◆香港ショー以降、予想に反して研磨石の取引が鈍化。
品薄感が価格を支えているが、研磨業者は研磨石の生産を増加させている。
GIA dossier需要が堅調。
カラット・サイズのロー・カラーが人気。
中国の見通しは明るいが、1-2月の小売売上高は9.7%増と予想をやや下回った。

◆インド:3月31日の会計年度末を前に、ディーラーは動きの鈍い商品の値引き率を高め販売拡大を狙っている。
GIA dossier付0.30-0.50ct、G-J、VS-SI (3EX、蛍光無し)など、 新たに投入された商品価格が底堅い。
1月から2月にかけて多量の原石買付後、研磨量は安定している。
Nirav Modi-Gitanjaliの詐欺が疑われる中、大手研磨業者への銀行の信用引締めにより、資金繰り悪化が懸念される。

◆香港:香港ショー以来、市場は落ち着いているが市場心理は上向き。
良質のVS2-SI2が品薄状態。
需要はK-Mカラーなど、より低グレードに移行している。
3ct以上のダイヤモンドの売行きが好調。
中国旧正月に続き小売販売が安定している。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2)ポインターの平均価格、下落率緩和。
ベストプライスは0.7ctが2.1%、3.0ctが2.5%上昇、1.5ctは変わらず、他は僅かに上昇。
平均価格は0.3ctが-4.0%、0.5ctが-2.3%、0.7ctと1.5ctが-0.7%ctと下落、1.0ctが変わらず、2.0ctが1.3%の上昇。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/03/post_205.html
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

- W&J WEBSITE -