ダイヤモンド市況概況

2017/02/21
香港ショーへの期待高まる、大手研磨業者が増産体制

【2017/02/21】
◆香港ショーへの期待が高まり市場心理が改善。
サプライヤーは研磨石価格が原石価格に追随し、研磨業者の収益増加に繋がることを期待している。
International Diamond Weekでの大粒石とファンシー・カラーダイヤモンドの安定した需要は、ディーラー市場を高揚させている。
◆インド:ムンバイの外国人バイヤーや地元のディーラーは確信を得ており研磨石の取引が改善。
高額紙幣廃止の影響は減少しているが、農村地域の小規模研磨業者は、通常の事業活動を再開するために必要な銀行口座を開けないという懸念が残っている。
大手研磨業者は、売れ筋商品の不足を埋めるため研磨石の生産量を増加させている。
アジアのGIA dossierに安定した需要が見られる。
米国では、I1〜I3需要が良好。
De Beers サイト(2/20-24)を前に原石取引が堅調。
◆香港:旧正月の休暇から戻ったディーラーは、香港ショーの準備に入っている。
1ct、G-I、VVS-VS、VG+のGIA付、0.30-0.50ct、D-J、VS2-SI1の需要が堅調。
バイヤーは、香港で良質の商品を研磨地よりも手頃な価格で探している。
ジュエリーの卸売注文は、中国本土での消費者需要の増加に伴い改善。
2016年、香港でのジュエリー及び高級品の販売額が92億ドルと17%減少したことに、小売店は警戒している。
◆2月15日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、ごく一部に改善の兆しがあるものの、0.5ctを筆頭に低迷。
平均価格は0.3ctのみ+1.2%と上昇、他は0.7ctと0.5ctが-1.2%、1.5ctが-1.1%、1.0ctが-0.9%、2.0ctが-0.6%、3.0ctが-0.2%と下落。
ベストプライスは0.5ctがー2.3%と下落幅が高く、他は微増微減とまちまち。
◆ボツワナの2016年度原石輸出が増加に転じる
2015年、ボツワナの原石輸出は研磨石の供給過剰と原石価格高騰により-34%と急落。
ボツワナ銀行によると、ダイヤモンド市場が回復した結果、2016年の原石輸出は40億2,000万ドルと54%増加。
「景気見通しは前向きであり、2016年には2.9%の経済成長が見込め、2017年には4.2%に達すると予測されている」と、財務・開発計画大臣のKenneth Matambo氏が予算演説で述べた。

Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 2/16/2017」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/02/post_172.html
2017/02/14
「市場に高価格原石投入、研磨石の供給過剰に警戒感」

【2017/2/14】
◆研磨石の供給量削減と高価格原石が研磨石価格の下支えとなり、ダイヤモンドの需要は安定している。
研磨石の需要増加が見込めない状況下、1月の市場に10億ドルを超える新たな高価格の原石が投入された。
高価な研磨石の供給過剰が予想される。
旧正月での金製品の売行きは良好、宝石がセットされた宝飾品は停滞気味。
米国の小売業者は、バレンタインデーでダイヤモンド・ジュエリーの繰延需要の掘起しに期待。
◆インド:高額紙幣廃止の影響が薄れつつあり、市場心理が改善。
小売業者は、結婚シーズンでの需要増加に伴い2カ月間停止していた仕入を再開。
ダイヤモンドバイヤーは、香港ショー(2/28)での予想される取引増加に慎重。
小規模工場では、限られた資金量に依然として警戒感があるが、研磨量は安定している。
◆香港:ディーラーは旧正月の休暇から戻りつつあり卸売市場は静か。
春節の休暇期間中、香港は価格に敏感な低所得層地域からの中国人を引き寄せており、観光客数は安定している。
中国では金需要が宝飾品の販売を促進する一方、高額品よりも一般的な消費が好調。
0.30-0.70ct、F-H、VS-SI需要が安定している。
ファンシー・カラー・ダイヤモンドや色石は無色のダイヤモンドよりも利幅が大きい。
◆2月8日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、ほぼ全てのサイズが下落、引き続き0.5ctの下落率が突出。
平均価格は0.5ctが-3.1%、1.0ctが-2.3%、0.7ctが-2.2%、2.0ctが-2.1%と下落率が高い。
他1.5ctが-1.6%、3.0ctが-1.2%、0.3ctが-0.2%と続いている。
ベストプライスは2.0ctのみ+0.1%と微増。
0.5ctが-2.3%となり、他は微減。
◆周大福、春節期間中の売上は中国国内では上昇
周大福によると、旧正月期間中(1/14〜2/3)の中国本土での小売売上高が4%上昇(既存店売上高は1%の上昇)となり、香港での売上を上回った。
総売上高の増加には金製品の売上が大きく寄与しているが、今年の休暇期間にはバレンタインデーが含まれていない為、本土での宝飾品の売上高は20%の減少となった。
対照的に香港とマカオの小売売上高は11%の減少(既存店売上高は7%減少)、宝飾品の売上高は37%の減少となった。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 2/9/2017」等より一部抜粋

提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/02/post_171.html
2017/02/08
研磨石の取引改善予想により、研磨業者は増産体制

【2017/02/07】
◆中国旧正月の期間中、東アジアのディーラーは休暇中のため研磨石の取引はスロー
軟調な1ct需要及び、原石価格高騰が研磨業者の利益を圧迫している。
LVMH 2016のジュエリー販売は37億ドルと5%増加。
◆インド:外国人バイヤーの大幅な値引き交渉により取引は停滞気味。
小売業者は在庫を抱えており新規の大量注文はほとんどない。
サプライヤーは、香港ジュエリーショー(2/28)で東アジアの需要と研磨石価格の動向を見極めたい状況。
大規模なDe BeersとALROSAの原石販売後、原石取引は堅調。
2月から3月にかけ研磨石の取引改善が予想され、研磨業者は増産体制。
◆香港:香港・中国をはじめとする東南アジア市場は、春節休暇の為動きがなかったが、ディーラーは今週から動きが出てくる模様。
消費者は旅行か家族と過ごしており、ジュエリー販売の繁忙期は静か。
酉年の中国本土でのジュエリー需要が改善の兆し。
周大福は、中国の若年層をターゲットにPandoraのような低価格ジュエリーを扱う「Monologue」を開設する。
◆2月1日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、平均価格・ベストプライスとも全てのサイズが下落、特に0.5ctの下落率が高い。
平均価格は0.5ctが-2.9%、1.0ctと0.7ctが-2.4%、2.0ctが-2.1%と高い下落率を示し、1.5ctが-1.5%、3.0ctが-1.2%、0.3ctが-0.2%と続く。
ベストプライスは0.5ctが-3.5%と突出して高い下落率を示し、0.7ctの-2.1%が続く。
1.5ctが-1.2%、2.0ctが-1.1%となり、他は微減。
◆ALROSAの年間原石生産量、2016年は3,740万ctと2%減少。
2015年のダイヤ市場環境に合わせ在庫を減らす為、昨年の第2と第3四半期は沖積鉱床からの生産を削減。
第4四半期は地下鉱山からの生産が増加(10%増の950万ct)したものの、年間では3,740万ct となり2%減少した。
同社は昨年年初に2,200万ctあった備蓄量を削減する目標を掲げ、また販売数量が4,010万ct と34%増加し、在庫は約290万ct減少した。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 2/2/2017」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/02/post_170.html
2017/01/31
消費者需要が低価格帯に移行、米国需要低迷でも研磨量増加

【2017/01/31】
◆中国のジュエリー市場、春節による活性化を期待。
米国の需要低迷にも関わらず、研磨量が増加。
De Beersサイトは予想された7.2億ドルを上回り原石価格が上昇、利益が圧迫されている。
◆インド:不透明なダイヤ価格にバイヤーは不安を感じており、研磨石の取引に慎重。
増産体制の中、需要の高い商品は品不足。
デビアスの大規模なサイト後、香港のショー(2/28)開催に合わせ研磨石価格の上昇が予測される。
研磨業者の利益は圧迫されている。
市場は高額紙幣廃止政策に適応し始めたが、資金繰りが厳しい中小企業は依然として慎重。
0.30-3ct、D-H、SI、RapSpec A3+ ダイヤモンド需要が堅調。
◆香港:ほとんどの企業は、旧正月のため休暇を取っており市場は静か。
春節を前に1〜5 ctの大粒石の個別注文があるが、消費者需要を見極めたい状況。
香港での小売は依然として低調だが、中国本土に関しては楽観視。
消費者需要が低価格帯に移行、0.30 -1 ct.、G-J、SI、RapSpec A3+ ダイヤモンドが人気。
◆1月25日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、ほぼ全面安。
平均価格は+0.3%となった0.3ctを除き全サイズで下落。
3.0ctと1.0ctの-2.6%をはじめ、0.5ctが-2.5%、2.0ct-2.4%、0.7ctが-1.7%、1.5ctが-1.0%と下落率が高い。
ベストプライスもほぼ全面安。
3.0ctのみ+1.6%となったものの、0.5ctの-2.8%を筆頭に1.5ct、1.0ct、0.7ctが揃って-1.6%、2.0ctが-1.4%、0.3ctが-0.5%となった。
◆De Beers、2016年の販売量は前年比50%以上の増加。
原石価格の下落と研磨石在庫枯渇による需要回復により、同社の昨年の原石販売は3,200万ctとなり、供給過剰と価格上昇により需要が急落した2015年の2,060万ctと比較し、50%以上の増加となった。
カナダ新鉱山のGahcho Kuéでのフル生産を反映し、生産量は10%増加し、過去3ヶ月の原石販売量は800万ctに倍増した。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 1/26/2017」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン t-japan.co.jp/market/2017/01/post_169.htm
2017/01/30
オンラインショップの市場占有率拡大、HPHT合成ダイヤへの移行が加速

【2017/01/24】
◆宝石商はホリデーシーズン後の在庫補填を始めており、市場心理が改善。
オンラインショップは実店舗よりも市場占有率が圧倒的に高い。
価格重視のバイヤーは、低品質の天然ダイヤモンドの代わりにHPHT合成ダイヤモンドに移行している。
◆インド:ムンバイでは外国人バイヤーが安売り商品を探しており、取引が改善。
ディワリ以降の新たな供給は、未だ製造中のため高需要商材が品薄。
輸出中心の工場が生産レベルを上げており、原石需要は堅調に推移。
高額紙幣廃止の問題により、低品質商品が引続き弱含み。
資金繰り悪化により、小規模研磨業者は慎重。
◆香港:中国の旧正月のため卸業者が休暇中のため、ディーラー市場は静か。
安定した需要の0.30 -1 ct、E-J、VVS-SI RapSpec A2+ダイヤモンドの最終注文が入っている。
良質のファンシーカラーダイヤモンドやハイエンドの宝石需要が高い。
大手宝飾業者は低水準であった昨年対比で販売増を伝えており、中国本土の旧正月への期待が高まっている。
香港政府は観光客増加を促すためビザの要件を緩和しているが、以前として弱含みの状況。
◆1月18日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、先週に続いてほぼ全面安となり、下落率が拡大。
平均価格は全サイズで下落。先週は微増の3.0ctが-3.0%と反落。
0.5ctの-3.4%を筆頭に、2.0ctと1.0ctが-2.7%、0.7ctが-2.0%、1.5ctが-1.2%、0.3ctが-0.8%。
ベストプライスもほぼ下落。3.0ctのみ辛うじて+0.1%と微増。
0.7ctが-2.2%と下落率がやや高く、0.5ctが-1.3%、1.0ctが-0.9%、2.0ctが-0.8%、0.3ctが-0.6%、1.5ctが-0.5%となった。
◆六福珠宝、第3四半期の売上高は10%の減少に留まる。
同社の既存店売上高は、中国本土では+5%と改善されたが、香港では-11%となっており、香港での継続的な減少が上回っているため、全体的には10%の減少となった。金製品は-11%、宝飾品は4%の減少となっている。(六福の自営店舗の香港47か所、マカオ10か所、中国本土129か所のみの数字)
周大福の決算同様、市場のファンダメンタルズが安定した事を反映している。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 1/19/2017」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/01/hpht.html
2017/01/17
米国需要停滞、大手研磨業者は生産量増加

【1月17日】
◆米国での休暇期間中の販売振るわず、ダイヤモンドの需要は不透明。
百貨店が客寄せのため大幅に値引きするなど、ショッピング・モールは停滞気味。
周大福の第3四半期の小売売上高が香港では6%減少したものの中国では7%増加、中国旧正月への期待が高まっている。
研磨業者が第1四半期の在庫補充のため生産量を増加、原石需要が堅調。
◆インド:中国旧正月を前に、東アジアの需要を受け市場は安定している。
バイヤーが休暇から復帰しており、米国需要は鈍化。
国内市場は未だ高額紙幣廃止の影響を受けている。
電子決済の設備を備えた大手小売店は比較的良好。
米国での休暇後の注文開始に伴い、大手研磨業者は生産量を増加させている。
資金繰りが悪化している小規模工場は閉鎖したまま。
◆香港:メーカーや卸売業者は中国の旧正月のため閉鎖しておりダイヤモンドの取引はスロー。
昨年よりも中国本土の成長が見込まれており、1/28の春節に先駆け消費者心理が改善している。
宝石商は、旧正月向けに需要が安定している0.30-0.70ct、E-J、VVS-SI RapSpec A2+ダイヤモンドの 最終仕入を行っている。
香港でのドル高が懸案事項。
◆1月11日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、ラパ価格下落を受け、ほぼ全面安。
ベストプライスは全てのサイズが下落。
0.5ctの-1.8%を筆頭に、2.0ctと1.5ctが-1.5%、1.0ctと0.7ctが-1.4%、3.0ctと0.3ctが-0.4%となった。
平均価格は0.5ctが-2.2%、1.0ctが-1.3%、0.7ctが-1.2%、2.0ctと1.5ctが-0.4%、0.3ctが-0.2%となり、3.0ctの+1.0%を除いて全てのサイズが下落した。


Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 1/12/2017」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/01/post_168.html
2017/01/11
ラパ・ダイヤ価格が全体的に下落、中国旧正月への期待高まる

【2017/01/10】
◆RAPAPORT DIAMOND REPORT(12/30)価格が全体的に下落。
0.29ct以下は一部を除きほぼ全てが下落、特に0.01-0.03ctの下落率が非常に高い。
ポインターは、ローカラー/SI中心、1-10ctは広い範囲で下落した。
◆米国での休暇期間の販売は、ネット販売とネット販売に座を奪われている従来の小売業者が混在。
インドの高額紙幣廃止や休暇に伴い、ダイヤモンドの取引は静か。
2016年のRAPIは0.30ctが+0.5%、0.50ctが-1.4%、1ctが-5%、3ctが-8.5%となり、0.30ctの価格は改善したものの、他のサイズは下落した。
中国への見通しは楽観的。
◆インド:市場心理は弱い。
米国への販売は通常より振るわず、やや減少することが予想される。
0.30-1.50ct、VS1-SI2、RapSpec A3に安定した需要が見られるが、D-F、IF需要は鈍化。
高額紙幣廃止に伴い国内需要が悪化、業者は輸出に重点を置いている。
中国の旧正月を前に売上は良好で、旧正月への見通しは明るい。
ディーラーは香港ショー(2/28-3/6)に高い期待を抱いている。
◆香港:多くのトレーダーが休暇中のため市場はスロー。
香港では観光客減少に伴い11月のジュエリー、腕時計、高級品の売上が7.32億ドルとなり14%減少した。
現地通貨は米ドルに連動しているため、香港は観光客にとって割高。
12月には改善の兆しが見られ、中国の旧正月への期待が高まっている。
◆1月4日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、3.0ct以外全てのサイズが下落。
ベストプライスは、1.0ctが-2.5%、0.7ctと0.5ctが-1.7%、2.0ctが-0.9%、1.5ctが-0.6%、0.3ctが-0.2%。
3.0ctのみが+0.7%と上昇。
平均価格は全てのサイズが下落。0.5ctが-2.3%と下落率が高い。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 1/5/2017」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/01/post_167.html
2016/12/26
休暇期間に入りダイヤ取引停滞、ディーラーは米国需要に楽観的

【2016/12/26】
◆ダイヤモンド取引センターは、ホリデー・シーズンに入り静か。
ドル高及びダウ20,000ドル目前の米国金融市場を背景に、ディーラーは米国需要に対して楽観的。
中国では政府の資本流出制限及び2016年に1USD=6.95元と中国元が7%下落したため支出が抑制されている。
原石取引が鈍化し、新たな研磨石の市場流入が急激に減少していることに研磨業者は危機感を抱いている。
◆インド:大手輸出企業の取引も鈍化しているが、国内のサプライヤーよりも良好。
米国需要は横ばい、外国人バイヤーは資金繰りの苦しいムンバイのディーラーからの安売り商品を探している。
輸出業者は価格を堅持。
高額紙幣廃止政策に起因する不透明感や、資金繰り悪化に伴い国内需要が低迷。
中小の研磨工場での生産量減少が続いているため、一部の研磨石不足が予想される。
◆香港:観光客が減少する中、宝飾店のクリスマスシーズンへの見通しは楽観的。
小売店は旧正月の準備に入っており、ディーラー間取引はスロー。
中国人バイヤーは、政府の贅沢品への支出制限や中国元下落により仕入に慎重。
0.30-0.70ct、D-G、VS2-SI1、RapSpec A3+需要が堅調。
◆12月21日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、ほぼ全てのサイズで下落。
ベストプライスは、0.5ctが-2.4%、3.0ctが-2.3%、1.5ctが-2.1%、0.7ctが-1.6%、1.0ctが-1.5%と下落率が高い。
0.3ctが-0.5%と微減、2.0ctのみが+1.7%と上昇。
平均価格は全てのサイズが下落、0.5ctが-2.7%、0.7ctが-1.7%など先週よりも下落率が拡大。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 12/22/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン  https://www.net-japan.co.jp/market/2016/12/post_166.html
2016/12/20
トランプ効果に需要後押し期待、インドではダイヤ品薄懸念

【2016/12/20】
◆トランプ効果により金融市場は記録的な水準に上昇、ジュエリー需要を後押しすることが期待されている。
FRBの金利引き上げは景気見通しを改善する。
中国、インド、中東市場は様子見の状況。
インドでは政府の廃貨政策により研磨業者の生産量が減少、研磨済ダイヤモンド不足が予想される。
De Beersの2016年の原石販売は58億ドルと36%増加。
インドの資金繰り悪化に伴い12月のサイトは4.18億ドルに減少。
◆インド:ムンバイではバイヤーの姿はごく僅か。
高額紙幣廃止の政策は、インド国内需要及びメレー市場での資金繰りに影響を及ぼしている。
特に、影響が大きい小規模ダイヤモンド・宝飾業者は、多くがDiwali以降再開していない状況。
小規模なスーラトの工場では、研磨量が制限されており、ピケなど低品質ダイヤの供給減少が懸念されている。
大手研磨業者、輸出業者はDiwali以降通常の生産を再開したが、12月のDe Beersサイトは小規模で原石取引は静か。
◆香港:小売業者のホリデー・シーズン向け在庫仕入が完了したため、卸売市場は静か。
0.30-1ct、D-H、VS2-SI2需要が堅調、良質なRapSpec A2+商品は品薄状態。
客足減少が続く中、宝飾業者は事業統合を進めておりクリスマス・シーズンでの販売見通しは明るくない。
周大福は香港から中国に投資をシフトしている。
◆12月14日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、ほぼ全てのサイズで下落。
平均価格は全てのサイズが下落となり、先週よりも下落率が拡大傾向にある。
ベストプライスは、0.5ctが-1.7%、0.7ctが-1.4%、1.0ctが-0.7%、1.5ctが-0.1%と下落。
一方3.0ctが+1.9%、2.0ctが+1.7%、0.3ctが+0.5%と上昇。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 12/15/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2016/12/post_165.html
2016/12/13
ホリデー・シーズンでの販売期待高まる、

インド企業は業務正常化を模索

【2016/12/13】
◆ジュエリー販売の繁忙期を迎え、研磨石市場は安定。
インドの高額紙幣廃止によりスモール・メレ需要は大幅減少、大粒石への影響は比較的少ない。
De Beersの1-12月原石価格指数は-5%となり、研磨業者の収益性は昨年より良好。
GIAが合成メレ検査サービスを開始。
◆米国:ホリデー・シーズン期間中での取引改善への期待感から市場心理が改善。
宝飾業者からの委託に関する問い合わせが増加。
1ct、H-J、VS-SI、RapSpec A3+に安定した需要が見られる。
メレ市場は静か、ペア・シェイプの需要が堅調。
小売業者は最終的な休日での売上向上のため、販売促進費用を増加させている。
◆インド:ディーラーは、11月の高額紙幣使用中止による混乱からの業務正常化を模索。
Diwali休暇後、大手輸出業者は通常の事業活動を再開。
小規模ディーラー及び研磨業者は、地元宝石商の低需要と新通貨に対する法律への適合を試みている。
米国及びイスラエルのディーラーは、堅調な米国需要に着目している。
De Beers及びALROSAの12月の販売期間中、原石の取引は安定。
◆香港:中国の旧正月向に安定した受注があり、市場心理はやや改善。
バイヤーの仕入は、需要が高い0.30-1ct、G-J、VS-SIなど低価格帯の商品に移行。
小売業者は、ドル高による中国人観光客の支出への影響を懸念している
10月のジュエリー、時計、高額品の販売はここ1年間で-20%から-0.1%となり減速が緩和。
宝飾業者は、売上改善のため販売価格を引き下げ、利益率を抑制。
◆12月7日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は弱含み。
ベストプライスは、3.0ctが+3.2%と上昇率が高く、他は2.0ctが+1.2%、1.0ctが+0.8%。
一方、0.5ctが-2.2%、0.7ctが-1.5%と下落率がやや高く、1.5ctが-0.3%、0.3ctが-0.1%と微減。
平均価格は1.0ctのみ+0.1%と微増、他は全て下落。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 12/8/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2016/12/post_164.html
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

- W&J WEBSITE -