ダイヤモンド市況概況

2018/07/17
閑散期のため研磨石取引が鈍化

【7月17日】
◆中国人バイヤーはCNY 6.67 / $ 1と6月1日から-4.6%の人民元安となり、
研磨石の仕入れをより低いグレードに移行している。
人民元安は、観光客の宝飾品の購買にも影響を及ぼしている。
0.50ct、D-M、VS-SI、RapSpec A2ダイヤモンドの受注が多く、GIA dossier付商品の販売が良好。
キンバリー・プロセス(KP)のデータによると、2017年の世界のダイヤモンド原石の総生産額は158.7億ドルとなり
29%増加、重量は1.51億カラットとなり19%増加、平均価格は1カラット当たり105ドルとなり8%上昇した。

◆インド:インド・ルピーがINR 68.8 / $ 1となり1月1日以降7%下落、現地での取引への影響が大きく市場心理が悪化。
バイヤーは底堅い研磨石価格と弱い為替レートのため仕入れに慎重。
サプライヤーは、わずかに研磨量を減らし研磨石の価格を維持している。
1ct、J-L、SI1-I2に安定した需要がある。
0.50ct、D-H、IF-VSの流通量が増加。

◆香港:6月の香港ショー以来、取引は比較的静か。
中国人バイヤーは人民元安で仕入れが制限されている。
カラーグレードが低い商品の需要が堅調に推移する中、より小さく安価な商品に需要が移行している。
宝飾業者は上半期の大量仕入れ以降、在庫量過多の状態。
小売業者はサマーセールに向け販促活動を加速させている。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、平均価格がすべてのレンジで上昇。
ベストプライスは2.0ctの-0.6%、3.0ctの-1.2%を除き他はやや上昇。
平均価格は0.3ctが4.7%、0.5ctが2.6%、0.7ctが2.0%、1.0ctが1.5%、他もわずかに上昇するなど、
すべてのレンジで上昇に転じた。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/07/post_217.html
2018/07/10
中国元、インドルピー安で地元ディーラーの予算削減

【7月10日】
◆米国の卸売業者が休暇を取っており、ダイヤモンド市場はスロー。
第2四半期の研磨石価格は堅調に推移。
原石価格が高いため研磨業者はディスカウントに応じない。
対ドルでの中国元、インドルピーの通貨安により地元ディーラーの予算が削減、需要は低品質商品に移行している。
小売業者のニーズと原石供給に合わせることにより、ダイヤモンド業者の在庫量が前年同期比でやや減少。

◆インド:倒産の噂の中、市場心理は弱い。
地元のバイヤーは堅調な研磨石価格とドルに対するルピー安に慎重な姿勢。
米国の夏季休暇により、ムンバイの外国人バイヤーは少数。
0.30-3ct、G-J、VS-SI、RapSpec A3 +ダイヤモンドの需要が良好。
売上5.75憶ドルの6月のDe Beersサイト以降、研磨量は安定している。

◆香港:6月の香港ショー以降、市場は鈍化。
0.30-1ct、G-H、VS-SI、RapSpec A2+ ダイヤモンドの需要が底堅い。
上半期の観光客増加以降、小売業者は楽観的。
米国と中国の貿易摩擦の潜在的影響が懸念材料。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、ポインターの平均価格下落傾向。
ベストプライスは0.3ctが1.9%、0.7ctが0.6%、1.0ctが1.1%、3.0ctが0.9%とやや上昇、他はわずかに下落。
平均価格は0.3ctが-1.7%、0.5ctが-2.5%と下落、1ctが1.7%、他もわずかに上昇。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/07/post_216.html
2018/07/03
「第3四半期の需要予測に向け、研磨業者は増産体制を維持」

【7月3日】
◆高い原石価格が研磨業者の利益率を圧迫しているため、サプライヤーは研磨石価格を維持している。
6月のDe Beersサイトは予想を上回り売上5.75億ドル、原石は3〜6%のプレミアムが付いており原石市場は堅調。
バイヤーは3EXの価格上昇に伴いVGに移行している。

◆インド:香港ショー以降、米国と中国の需要に支えられ研磨石市場は安定している。
3ct及びより大きなダイヤモンドが品薄状態。
1ct、J-L、SIに安定した需要が見られる。
H-L、VS-SIのGIA Dossier付商品の動きが良い。
0.3-1ctの研磨石を対象とした原石の取引が堅調。
予想される第3四半期の需要を満たすため、研磨業者は増産体制を維持している。

◆香港:香港ショーが低調にもかかわらず、市場心理は改善。
ディーラーは9月のフェアに期待している。
0.30-1ct、H-K、VS-SIダイヤモンド需要が堅調に推移。
宝飾品の小売は引続き好調。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、平均価格上昇。
ベストプライスは0.3ctが-0.8%、0.5ctが-0.3%と下落、他はわずかに上昇。
平均価格は1.0ctが3.0%、3.0ctが3.2%となり、他もすべて上昇。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/07/3_1.html
2018/06/26
原石価格上昇、研磨業者の利益圧迫

【6月26日】
◆RapSpec A2+ダイヤモンドの価格が堅調、バイヤーは品質の低い低価格帯の商品に移行している。
3ct及び大粒ダイヤの品不足が価格を支えている。
原石価格が高く研磨業者の利益率が圧迫されているにもかかわらず、De Beersサイト期間中の原石取引は堅調。
AWDC(アントワープ)が自動研磨技術を発表。

◆インド:小規模の研磨業者は原石価格が高く苦戦している。
弱いルピー(INR 68 = $1)は現地市場へのサプライヤーには打撃だが、輸出業者には朗報。
大手研磨業者は品不足を解消するため研磨量を増加させている。
新たに市場投入される商品の価格は、既存の在庫価格よりも高い。
ジュエリーの小売販売が減速傾向。
インドの5月の輸出額は22億ドルとなり8%増加した。

◆香港:小売業者のバイヤーは、0.30、0.50、1ctのD-G、VS、RapSpec A2+の商品に対しより高い割引を求めているが、サプライヤーは価格を保持している。
De Beersの合成ダイヤモンドジュエリーへの参入に関し、懸念が高まっている。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、平均価格がわずかに上昇。
ベストプライスは0.5ctが-1.4%と下落、他は横ばい。
平均価格は0.7ctが1.9%、1.0ctが1.6%、2.0ctが1.1%とやや上昇。
0.3ctのみ-0.6%とわずかに下落。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/06/post_215.html
2018/06/19
中国、宝飾品の輸入関税引下げ

【6月19日】
◆ラスベガスショーでのジュエリー販売が好調であったため、米国での研磨石市場は安定している。
中国の小売りも改善し、2018年後半も好調維持出来るとの見方。
0.50ct SIの需要が堅調、0.7ctの動きも良い。
2億8,800万ドルと少額だったAlrosaの5月の原石販売以降、原石取引は安定している。
研磨業者は利益率低下を懸念。
中国は貴石を用いた宝飾品の輸入関税を35%から10%に引下げる。

◆インド:ラスベガスショーの結果を考慮し、ディーラーは今週の香港ショー(6月21日〜24日)の準備を進めている。
中国の深圳Rough Diamond取引所にて、22社がIndia Diamond Weekの交流イベントに参加した。
ムンバイには海外のバイヤーはわずか。
高値で5月の原石仕入れが減少したため、研磨石の生産はやや減少。

◆香港:取引は先週よりも良好。
今週開催される香港ショーの盛況が期待されており、中国の宝飾業者間で景況感が高まっている。
0.30-0.50ct、F-G、VS-SI (3EX、蛍光無し)のダイヤモンドに安定した需要がある。
ファンシーカラーダイヤモンド、特にイエローは多くの宝石商が宝飾品に用いるなど人気を集めている。
小売は引続き改善している。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、ベストプライス・平均価格共に大きな変化無し。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/06/post_214.html
2018/06/12
「周大福増収増益、香港・中国本土の小売改善」

【6月12日】
◆JCKショーは参加者が少ないと見られていたが取引は堅調。
大手ジュエリーブランドや独立系企業は小売環境に順応、2018年の成長を望んでいる。
サプライヤーは1ct upの価格を維持している。
De Beersの合成ダイヤモンド販売への参入はJCKショーで大きな話題となり、業界は困惑している。
Forevermarkはオンライン販売でのオムニチャンネル戦略を発表。
周大福の会計年度の売上高は75億ドルで15%増、利益は5.36憶ドルとなり33%増加した。

◆インド:5月の夏休みが終わり、ディーラーがラスベガスから戻ってきているが、取引はスロー。
研磨量は安定しており、研磨石の在庫量が増加。
GIA dossier需要は堅調、メレーはやや弱い。
研磨業者はタイトな利益率を懸念している。

◆香港:ダイヤモンド取引は静か。
サプライヤーは6月の香港ショーに向け準備を進めている。
香港と中国本土の小売環境が改善。
周大福は中産階級やミレニアル世代の増加、都市化が進むことにより消費者の嗜好が変化することを指摘している。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、ポインター価格わずかに上昇。
ベストプライスは先週同様大きな変化無し。
平均価格は0.3ctが2.5%、0.5ctが2.4%、0.7ctが1.3%とポインター価格がわずかに上昇。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/06/post_213.html
2018/06/05
De Beers、合成ダイヤを用いたジュエリー発売

【6月5日】
◆ディーラー取引と価格は安定している。
De Beersは、低価格帯の合成ダイヤを用いたジュエリーの販売を始めると発表。
ファンシーシェイプはオーバルが人気でペアー、クッションも良好、マーキース、プリンセスは弱い。
供給が限られていることから、良質の6-10ctのオーバル、ペアー、エメラルド カットに安定した需要が見られる。
東アジアの消費者は、手頃な価格のファンシーシェイプを探しており需要が堅調。
カットの悪いファンシーシェイプは、大幅値引きでも販売が難しい状況。

◆インド:多くのディーラーがLas Vegasショーのため渡米、
一部ディーラーはいまだに休暇中のためムンバイでの取引は静か。
市場では外国人バイヤーの姿はわずか。
現地のディーラーは、不安定なルピー対ドル為替レートに懸念を抱いている。
Nirav Modi詐欺事件以降、銀行融資が制限されておりダイヤ業者の資金繰りが悪化。

◆香港:研磨石市場は閑散期のため小康状態。
0.30-1.99ct、H-J、VS1-SI2 RapSpec A2+ダイヤモンドの需要が安定している。
消費者の低価格志向に伴い、ファンシーシェイプへの関心が高まっている。
小売売上高は、地元消費者の購買意欲向上と中国人観光客の回帰により増加。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、ポインター価格やや上昇。
ベストプライスは大きな変化無し。
平均価格は0.3ctが3.3%、0.5ctが2.8%、0.7ctが1.2%とポインター価格がやや上昇。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/06/de_beers_332.html
2018/05/29
銀行のダイヤモンド業界離れ加速

【5月29日】
◆ラスベガスショーを前に市場心理が改善。
サプライヤーは、値下げ圧力下も研磨石の価格を維持している。
Tiffany & Co.の第1四半期の売上は10憶ドルと9%増加、利益は1.42億ドルと53%増加した。
銀行の融資引締めが懸念される中、原石の取引は堅調。
ABN Amroはダイヤモンドへの貸付を減らし、米国とドバイの支店を閉鎖する予定。

◆インド:一部のディーラーは休暇中であり、市場は静か。
大手サイトホルダーは、JCKショーでブランドの強化を図ることが予想される。
あらゆるサイズでSIの需要が高い。
サプライヤーは、2018年のホリデーシーズンに向け第3四半期での商品不足を予想しており、
現行の研磨量を維持している。原石需要は堅調。

◆香港:研磨石の受注が減少する中、ディーラーは6月の市場活性化に期待。
0.30-0.40ct需要が堅調。0.50-1ct、D-H、VS-SIの売上良好。
バイヤーは消費者の少ない予算に対応するため、カラー・クラリティが低い商品に移行している。
地元住民や観光客へのジュエリー販売が好調。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 4/23-5/23、ポインター価格上昇一服。
ベストプライスは0.3ctが-0.5%、1.0ctと3.0ctが-0.6%とわずかに下落、他はやや上昇。
平均価格は0.3ctが0.3%、0.5ctが1.3%、0.7ctが0.5%とポインターがやや上昇、1ct以上はわずかに下落。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/05/post_212.html
2018/05/22
5月の取引低迷、値下げ圧力高まる

【5月22日】
◆ディーラーは、5月の取引が低迷しているにもかかわらず、ラスベガスショーを前に楽観的。
2018年の見通しは、2017年より明るい。
De BeersとAlrosaサイトでの原石価格は底堅い。
Alrosaの第一四半期の売上高は、15億ドルとなり14%増加、利益は5.33億ドルで40%増加した。

◆インド:研磨石市場は、夏休み中のため静か。
ムンバイの外国人バイヤーは少数。
取引低迷により値下げ圧力高まる。
0.50-1ct、G-J、SIの売上良好。
スター、メレの需要鈍化。
研磨業者は原石市場の安定を背景に、一定の研磨量を維持している。

◆香港:ディーラー市場は閑散期のため鈍化。
6/21-24開催の香港ショーに、市場改善が期待されている。
0.30ct及び1ct、D-H、VS-SIに安定した需要がある。
0.40-0.99ct需要鈍化、バイヤーは大幅値引きを要求。
3ct以上の大粒石の動きが鈍い。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 4/16-5/16、ポインターの平均価格続伸。
ベストプライスは3.0ctの-0.1%を除きすべて上昇。
平均価格は0.3ctが+7.5%、0.5ctが+5.2%、0.7ctが+2.5%と続伸、他1.0ctと1.5ctがわずかに上昇、2.0ctと3.0ctがやや下落。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/05/5.html
2018/05/15
インド企業倒産の噂に不安募る

【5月15日】
◆ディーラーはラスベガスショーの準備を進めている。
取引鈍化に伴い、研磨石の在庫量が増加。
研磨石の価格は堅調だが、バイヤーは支払条件の緩和やより多くの商品委託を求めている。
中国の第1四半期の金、銀、宝飾品の売上が117憶ドルとなり8%増加、消費者マインドが改善している。

◆インド:様々な倒産の噂が流れ、不安が募っている。
ムンバイの外国人バイヤーは少数。
全てのカテゴリーでGIA dossier需要が堅調。
一部、0.50ct Iクラスへの関心が高まっている。
スターとメレ需要が鈍化。
原石取引は良好だが、研磨工場の生産量は減少。

◆香港:ディーラー市場は静か。
中国ではより低いカラーグレードの商品に移行している。
一部のバイヤーは良質なSIが品薄のためVSにシフトしている。
1ct、G-H、VS-SIの需要高まる。
小売は改善しているものの、地元の宝飾業者は、低価格帯の商品を扱う通販業者との競争に晒されており、差別化を図るためオーダーメイドの製品に転換している。
ファンシーカラーとファンシーシェイプは、ラウンドの無色のダイヤモンドより利益率が高い。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、ポインターの平均価格上昇。
ベストプライスは0.3ct、1.5ctがわずかに下落、他はわずかに上昇。
平均価格は0.3ctが+5.5%、0.5ctが+3.5%、0.7ctが+2.0%とポインターが上昇、1.0と1.5ctが+0.6%、3.0ctが+0.5%とわずかに上昇、2.0ctのみ-0.2%と下落。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/05/post_211.html
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

- W&J WEBSITE -