※写真をクリックで拡大します。
Home

06/15(Fri) 腕時計との重ねづけがトレンドのストレッチバングル旋風が大阪梅田に
「フルーチベルーニ」日本第1号店

ストレッチバングル旋風を巻き起こしているベルギーブランド「フルーチベルーニ」のショップインショップ日本第1号店が、6月1日、大阪阪神梅田本店7階にオープンした。
フルーチベルーニは、ベルギー発の ジュエリーブランドで、世界62カ国で販売。毎年世界4大ジュエリーフェアにも出展し、3月のスイスバーゼルフェアでは、巨大ブースで168種類ものバングルを展開し、取引先をも驚かせた。
日本では総代理店をコモンウェルス社が務めており、2016年の日本とベルギー友好150周年の節目の年に導入している。
中村代表は、「2000年頃のデビアスによるダイヤモンドラインブレスレット以来、国内にブレスレットらしいブレスレットが存在していなことに気づいた」ということが、動機になったと話している。
フルーチベルーニにおけるバングルの販売シェアは68%にも上り、何本もバングルを所有する女性にも人気を集めている。特に向上心が高くオシャレも忘れない、自立した大人の女性たちに支持されている。
先月には2017年LPGAランク31位の辻梨恵プロも愛用。トーナメントに出場し、注目を集めている。
また、現在一番多く見受けられるのが、“腕時計との重ね着け”がオシャレとして注目されており、特にブランド時計の愛用者から熱いコールが届いているという。
これからバングルにとってベストシーズンを迎える夏に、フルーチベルーニの動向に目が離せない。

06/15(Fri) 7月2日から6日まで夏の「JTOタウンセール」はじまる
抽選券を2倍など特別サービス

日本唯一の宝飾問屋街ジュエリータウンおかちまち(JTO)による、毎年夏の恒例イベント「JTO夏のタウンセール」が、7月2日〜6日の5日間開催される。参加会員は41社。
その内15社は、独自のクーポンにより、抽選券を2倍進呈するのをはじめ、値札から更に値引きするなどの特別サービスを準備しているという。詳細は送付のDMで確認を。
 抽選会は例年通り実施。景品は、人気のデイズニーチケットペア券、季節の果物セットを記念賞A・Bとし、その他に10万円・5万円・1万円・5千円の買物券、クオカード、JTOサービス券など多数取揃える。外れても、等外景品が用意され“お楽しみ抽選会”で楽しめる。
これまでタウンセールは歳末が人気だったが、近年では夏も多くの来場者で賑わい、先着1000名に冷やした飲み物をサービスで配っている。
http://jto-net.com/

06/15(Fri) シャンシャン生誕1周年記念に徳力本店が2018万円の置物販売
6月22日より受注開始

鞄ソ力本店(東京都千代田区、山口純代表)は、ジャイアントパンダ香香(シャンシャン)生誕1周年記念として、120万円(大)の純金製「分銅金」と2018万円の「置物」などの販売を決定。6月12日より徳力本店宝飾品店舗店頭に展示し、話題を呼んでいる。
2017年6月12日に生まれ、日々1万人ほどの来園を呼び込み、2017年の入園者数を6年ぶりに400万人超を後押ししたとも言われる香香の生誕1周年の記念品として、「香」に込められた「心地よい」「喜ばれる」の意味を、やわらかく可愛らしいイメージで、江戸より続く金の老舗、徳力本店が純金で製作した。受注開始は6月22日。
分銅金(大)は、重さ100g/価格120万円、(小)は重さ50g/価格60万円。置物は、重さ1000g(置物)と50g(分銅金)/価格2018万円(全て税込み)となっている。
http://www.tokuriki-kanda.co.jp/

06/06(Wed) 日本初のエマーユ専門美術館「エマーユ七宝美術館」オープン
フランスの貴重な伝統工芸エマーユ(エナメル七宝)知名度向上に貢献

潟Jジ・ワールドアート(本社:東京、梶光夫社長)は7月12日、東京・渋谷に「エマーユ七宝美術館」を開館する。この美術館は、ジュエリーデザイナー、エマーユ収集家でもあるカジ・インターナチョナル椛纒\である梶光夫氏が35年にわたって収集してきたフランスの伝統工芸であるエマーユのアンティークコレクションを基に、日本初のエマーユ美術館として開館するもの。
同館は、エマーユ発展の地となったフランスのリモージュやパリで制作された19世紀のナポレオン3世時代やアール・ヌボー期エマーユ小箱や絵画、装飾品など多彩な作品を展示し、時を超えて輝き続ける普遍的な美しさと当時の優れた作家たちが創り出したエマーユ・アートの世界を見ることが出来る希少な美術館。
現在、フランスにおいてエマーユは、その伝統技術を受け継ぐ作家が希少な存在となりつつある中、いかにエマーユを未来に伝え残していくかが課題となっている。この為、カジ・インターナチョナル鰍ナは、美術館を開館することで、フランスの貴重な文化財であるエマーユを展示公開し、エマーユの魅力を広く発信しながら日本におけるエマーユの知名度向上やその価値の普及に努め、エマーユの存続と発展に貢献していく事を目的として運営している。
また、美術館の開館に合わせて、創作活動35周年記念として梶光夫エマーユコレクション集「エマーユ〜美しき貴婦人たち〜」を出版(里文出版社、108頁、梶光夫著)、
6月1日、出版記念と合わせ、「エマーユ七宝美術館」のお披露目をし、業界関係者多数が来場して賑わった。
同美術館の館長に就任した梶光夫氏は「エマーユとの出会いから35年、私の好みの中で選び出した品々を展示公開すること人なりました。小さな美術館ではありますが、日本で初めてのエマーユ専門美術館の創立となります。まだまだ知名度が低いエマーユではありますが、この美術館開館をきっかけに、エマーユの価値の普及に努めていきたい」と挨拶していた。
http://www.kaji-international.co.jp/

06/06(Wed) 梶光夫エマーユコレクション集「エマーユ〜美しき貴婦人たち〜」を出版
創作活動35周年記念として108頁にわたるエマーユ専門書

美術館の開館に合わせて、創作活動35周年記念として梶光夫エマーユコレクション集「エマーユ〜美しき貴婦人たち〜」は、フランスのリモージュ市長はじめ、エマーユ研究家の協力を得て、三年の歳月をかけて出版(里文出版社、108頁、梶光夫著)した。
この本は、梶光夫氏が長年にわたり蒐集した個性的な感性と的確な審美眼で築かれたアンティークエマーユ・コレクションが掲載され、作品の美しさだけでなく、当時活躍した作家たちの技術や精神に迫った内容のエマーユ専門書。
著者の梶光夫氏は、「先日、リモージュからの依頼でリモージュ市立レヴェシュ美術館をはじめ、パリの装飾美術館、オルセー美術館、パレド東京美術館など、他有名美術館にも置いていただけるようになりました。今後は、創作活動のみならず、エマーユを通じて社会貢献が出来るような活動に取り組んでいきたいと考えております」と今後の方針を語っていた。
http://www.kaji-international.co.jp/



admin only:
no_next
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:37