※写真をクリックで拡大します。
Home

07/28(Wed) 「ジュエリーリメイクアンバサダー」募集開始
ジュエリーリメイクを提案するJ.C.バールが

(有)ジェイシーバール(本社:富山市、嶋龍仁社長)は、ジュエリーリメイクを提案するオリジナルデザインジュエリーとリメイクオーダーでつなぐジュエリーシーンを体験や活用出来る「ダイヤモンド婚約指輪のジュエリーリメイクアンバサダー」を7月27日(火)から募集を開始した。
婚約を機に贈られた大切な婚約指輪。残念ながらその多くは年々身に着ける機会が失われ宝石箱の中で眠り続けている。身に着ける機会が少ない、デザインが年齢に合わなくなった、サイズが変わったなど、身に着けられていない理由は様々だが、J.C.バールはそんな大切なメモリアルがこめられたダイヤモンド婚約指輪に、光り輝いて欲しいと願い「ダイヤモンド婚約指輪のリメイクプロジェクト」をスタートした。
ダイヤモンド婚約指輪のジュエリーリメイクアンバサダーとは、「自身の使っていないダイヤモンド婚約指輪をリメイクして、身に着けて楽しみたい」と考えている人や、「自分だけでなく母から娘になど家族間でつなぐリメイク」など、様々な楽しみ方がある事を紹介したい人を募集するもの。
また、アンバサダー就任後にオンライン座談会への参加をお願いする場合がある。
応募条件は、@日本国内にお住まいの方、本活動に共感を持っていただける方、自身のInstagramに1ヶ月間に4回の投稿(フィード2回、ストーリーズ2回程)を行っている方、同社規約に同意された方等、諸々。
https://www.jc-bar.com

07/20(Tue) 10月27日から開催の『第9回 国際宝飾展【秋】』
日本の大手サプライヤーが前回比60社増 の300社出展

10月27日[水]〜29日[金]の3日間パシフィコ横浜で開催される『第9回 国際宝飾展【秋】』には、日本の大手サプライヤーが前回比60社増 の300社出展、大規模宝飾展として年内最後の仕入れのチャンスとなります。
この宝飾展には、ダイヤ・色石のハイジュエリーが多数出展され、5千〜3万円台の商品も豊富に会期限定の特別価格で購入できます。
https://www.ijt-aki.jp/ja-jp.html

07/16(Fri)「ジャパンジュエリーフェア2021(JJF)」
国内市場の活性化と出展者による最新情報に期待する

無料のシャトルバスや工場見学なども

 国内最大級の宝飾産業のB2B展示会 「ジャパンジュエリーフェア2021(JJF)」は、9月1日〜3 日の3日間、山 梨県甲府市のアイメッセ山梨で開催される。
 未だ収束の見えない新型コロナウイルス感染症の状況を考慮しながら、首都圏以外での開催を、「9月の香港フェア」との連動を踏まえながら模索した結果、JJFが掲げる、揺るがぬ「B2Bトレードショー」を確実に実現できる場として選んだのが、ジュエリーの産地として知られる山梨県甲府市だった。
 決定当時は、コロナ以前と同様の国内の移動と海外からの人の往来が可能となれば、購入意欲の高いバイヤーが多く押し寄せ、業界が待ち望んだ国際的なジュエリートレードショーに期待したかったが、現状ではオンライン商談やソーシャルバイヤーに期待するほかない。
 現在は、セミナーの事前登録が始まったほか、無料で主要都市(東京、新宿、横浜、名古屋、新大阪)から会場までのシャトルバス (要予約)のほか、甲府駅から会場までの循 環バスも用意されるなど、国内の多くのバイヤーが訪れやすい環境を整えている。開催まで残りの1カ月半で、出展者たちによる、国内バイヤーがJJFへ行きたくなるような最新情報が業界に溢れ、会場が賑わうことが望ましい。
 会場では商談のほかに、世界有数の宝石加工の街にある工場見学、体験ツアー(事前予約)、フルーツの王国からの魅力的なギフト進呈(先着順)なども用意されている。
https://www.japanjewelleryfair.com/

07/16(Fri) 「結婚指輪を、カジュアルにしよう」
全く違う形態のオンラインショップ「hibi」

 「mina.jewelry」と「uchimari」を運営する各ncochi (大阪市西区、南口寛之社長)が、これまで当たり前になっていた結婚指輪の3つの価値観(一生ものである、高額な買い物、お店で相談)を変えるサービスの提供を、“結婚指輪の買い替えができる” オンラインショップ「hibi」で開始した。
「hibi」は結婚指輪をネットショップでのみ販売するブランド。指輪の買い替えができるサービスのほか、ペアで5万円台からの商品も揃えている。
 コンセプトは「結婚指輪を、カジュアルにしよう」。これまで当たり前になっていた、@ずっと同じものをつけ続けるもの、A高額な買い物、Bお店で相談の3つの価値観を変えたいとしている。
 そのために、全く違う形態のサービスとして、まずは、二人のタイミングにあった「買い替えサービス」を実施する。Hibiで購入の指輪を買取し、買取金額に応じて発行したクーポンで、新しい指輪が購入できるサービスとなる。このサービスにより、好みが変わった人や新しいもの、より良いものに買い換えたい人たちの需要を捉えたいとしている。次は、高額ではない指輪として、ペアで5万円台から購入できる結婚指輪を用意。結婚指輪の購入金額で最も多い割合の20万円〜25万円未満や25万円〜30万円未満という需要の多い層以外をターゲットにしている。 最後は、「近くに店がない」「接客が苦手」な人たちも気兼ねなく指輪が選べるよう、全ての商品をネットで販売している。
 同社の理念は「結婚指輪を選ぶときの選択肢を増やしたい」ということで、創業当時からオーダーメイド、手作り、 既製品を念頭においているが、時代の変化とともに『店舗orウェブ』という選択肢や『一生ものorカジュアル』といっ た価値観の選択肢が増えていき、今後も色々な方向の選択肢が増えていくことを捉えれば、それらを混ぜることなく 1つ1つのブランドとして確立させることが、顧客にとってわかりやくすシンプルに選択できることだと考えたと説明 している。
https://www.uchimari.com/

07/16(Fri) どの年代の女性も楽しめるデザインリング
今与のハイエンドブランド「かがよい」から

 宝飾品の製販一貫企業の轄。与(京都市中京区、今西信隆社長)が、ハイエンドブランド「かがよい」の、はなかさねコレクションから、どの年代の女性も楽しめるデザインリングの販売を開始した。
「はなかさね」は、京都に根付く創造性と比類なきクラフトマンシップによって生み出され、四季の衣の「襲(かさね)」の色合わせや重なりを壮麗かつ大胆に表現してきたコレクション。
 新作の、洗練された流れるラインとボリューム感で作られた、はなかさねリングは、年代を問わないエイジレスなかがよいの新しいスタイル。
 カラフルなカラーストーンで表現されたこのコレクションが宿す色彩豊かな感性と、繊細さと大胆さが際立つ煌めきあふれる唯一無二のデザインが、見事に融合し、タイムレスな美しさを日常にもたらす。
 ▽5連タイプは、指の上で軽やかに躍る華やかなボリュームのデザインが特長。YG×ダイヤモンド110万円、 Pt×DIA×グリーンガーネット×ピンクサファイヤ110万円、PG×DIA×アメジスト×ピンクサファイヤ104万5000円、 Pt×DIA×アメジスト×グリーンガー ネット、Pt×DIA 110万円(全て税込み)。▽クロスラインタイプは繊細な2本のラインが弧を描き指の上でドラマティックに交差するシンプルデザイン。 価格は59万4000円〜99万円。
https://imayo.jp/



admin only:
no_next
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:37