※写真をクリックで拡大します。
Home

12/03(MOn) 5万人が訪れるネイルイベントで新開発の「デコリン」を披露した
クロスフォー

“動き(輝き)出したら止まらない” Dancing Stone で有名な?クロスフォー(山梨県甲府市、土橋秀位社長)が、11月に東京ビックサイトで開催された5万人規模の来場者で世界最大級のネイルイベントといわれる「東京ネイルエキスポ2018」に出展し、新たな試みとして同社が開発したデコレーションできるリング「デコリン」を紹介し話題となった。
「デコリン」は、洋服に合わせてバッグを変えるように、ネイルに合わせてリングのデザインを変えて楽しめる新しいリングの提案商品。純金含有率20%以上で、台座部分には滑りにくい加工(実用新案申請中)を施したこれまでにないゴールドジュエリーとなっている。
同エキスポの開催前には、「デコリン」とネイルの芸術性を競う「デコリンコンテスト」を発表するなど話題性に富んだ仕掛けで、手入れの行き届いた美しい指先を追求しに訪れた女性たちの関心を集めた。
会場は、ネイルクイーン2018の受賞者として、大地真央さん(グランプリ)、平ら祐奈さん(協会新人賞)、カーリングチームのロコ・ソラーレ(協会特別賞)、ピーターさん(協会功労賞*殿堂入り)らが来場したほか、ネイルコンペティション、技術体験コーナー、ネイルトレードショーなどが実施され大変盛り上がっていた。
http://crossfor.co.jp/

12/03(Mon) 洗谷欽也さんが会長表彰を受け 技能の継承と育成を可能にするには
身近で便利な職人の存在を知ってもらうこと

技能士の技能及び知識の向上を図り、技能に対する社会的評価を高めるための事業として、全技連マイスター事業をはじめ、全国技能士大会、技能グランプリの実施及び各種イベント・大会などへの協力を行っている全国技能士会連合会(全技連/会員95団体約10万人)が主催する「第38回全国技能士大会」が、11月9日、東京で開催され、各都道府県より2〜3名の各職種より計137名が、功労者として会長表彰を受けた。
ジュエリーの業界関係者からは、新潟県貴金属技能士会顧問の洗谷欽也氏が唯一表彰された。
洗谷氏は「昨年の黄綬褒章に続き、有難いことと私達会員全員が喜んでおります。ジュエリーは“作れる職人だから直せる”をモットーに、身近で便利な職人の存在を知って頂いてこそ、技能職を目指す人が現れ、技能の継承と育成が可能となると考えています」とコメントを寄せた。
http://www.takuminowaza.net/

12/03(Mon) 平成30年卓越技能者表彰式で深澤利彦氏が表彰される
技術の伝承や後継者の育成に力を注いでいる

「平成30年度の卓越技能者(現代の名工)の表彰式」が11月12日に開催され、山梨県の深澤利彦氏が表彰された。
現代の名工は、極めて優れた技能を有し、技能を通じて労働者の福祉の増進や産業の発展に寄与、また他の技能者の模範とされる現業に従事している者に、国(厚生労働大臣)が検証して表彰する制度である。
深澤氏は、永年貴金属装身具製作作業に勤め。特に金地金から伝統的な手作り技法に因って作る寄せもののジュエリー制作に秀でていると認められた。また、技術の伝承や後継者の育成に力を注ぎ、若年技能者の競技会の技能五輪大会の運営に貢献してきた。地元では山梨県宝石美術学校を中心に若手、五輪選手の技術研鑽、検定試験課題の研究など、若年技能者育成に力を入れてきた。同時に日本ジュエリー協会の技術部会にも所属し、ジュエリー用語事典の編纂にも参加。山梨県水晶宝飾協同組合やジュエリー製造団体等協議会の会員(構成員)であり、同組合等の技術関係者として技能者職人の社会的地位の向上活動にも貢献している。
http://www.mhlw.go.jp/

12/03(Mon) 講師と学生のプロダクトブランド「廃活字」に注目した新しい提案
ヒコ・みづのジュエリーカレッジ大阪

ヒコ・みづのジュエリーカレッジ大阪のジュエリー専門学校の講師と学生によるアクセサリーブランド「NEWINWEST」の販売会が、大阪西区にあるNEWINWEST Accessory & Product POPUP SHOPで開催され、CAPPAN STUDIO(活版スタジオ)との共同企画が披露された。
企画に取り入れたのは「廃活字」。5世紀にわたり印刷技法の中心だった活版印刷だ。デジタル印刷が主流になりつつも、こだわりがある人への「ものづくり」の技法として現在も人気となっている。京都伏見や淀屋橋odonaにも店舗を構えるCAPPAN STUDIOの協力で、使用されなくなった廃活字をデザインのポイントにしたアクセサリーを提案した。
ハイジュエリーではダイヤモンドなどの小粒石を敷き詰めるところ、NEWINWESTにとってのダイヤモンドは「活字」。隣り合う文字と文字で生まれる立体感、陰影、活字でしか味わうことができないアナログ感が魅力となった作品だ。その他、ブローチやイヤリングの提案もあった。
また、開催期間中には好きなイラスト、文字、紙の種類を選んで、世界に1つだけのオリジナルリングノートが作れるスペシャルイベントも開催し、好評を博した。
NEWINWESTは、講師と学生の協同によるアクセサリープロダクトブランド。関西から生まれる遊び心に溢れた新しい商品を提案する。現在は、京都の老舗組紐ブランド「昇苑くみひも」の組紐制作において廃棄される素材や京都の活版印刷会社「CAPPAN STUDIO」の廃活字を利用したカプセルコレクション、その他伝統の技と現代的デザインが融合した一品を制作している。
http://hiko-osaka.jp/

12/03(Mon) ドイツのモダンジュエラー「ニーシング」世界限定生産モデルとXmas限定
柏圭

ドイツのモダンジュエラー「ニーシング」(取り扱い:?柏圭)が、世界限定生産モデルのジュエリー「ミラージュ」と、ザ・ニーシングリング「アンタレス」のクリスマス限定版を11月23日より発売した。
ミラージュは、見る角度によってその姿を変化させ、まるで光と影の戯れを連想させる繊細なジュエリー。レッド・ドット・デザイン賞など、数々のデザイン賞受賞を祝し、さらに輝きを増した数量限定エディションとなっている。ゴールドの繊細なライン上に小さなダイヤモンドが散りばめられた様は、まるで魔法の星屑。ナイトブルーの夜空へミステリアスな輝きを放射する。限定版ペンダントのカラーは“クラシックイエロー”、“クラシックレッド”、“プラチナ”から、シェイプはラウンド型またはオーバル型から選べる。革新的なセッティング技術により、微細なライン上にきらめく12粒のダイヤモンド。ナンバリング付き。各種99個の世界限定生産モデル。価格は45万円〜62万円。
夜空にひときわ光るさそり座の1等星“アンタレス”の輝きにインスパイアされて生まれたザ・ニーシングリング「アンタレス」のクリスマス限定版「シナモン・クリスマス・エディション」は、シナモンカラーのダイヤモンドの輝きがローズウッド・ゴールドのやわらかなきらめきと調和し、言葉を超えた美しさ、肌に心地の良い暖かみを与えてくれる。ダイヤモンドは0.12ct(24万円)または0.16ct(27万5000円)の2種類から選べる。素材はK18。
http://niessing.jp/



admin only:
no_next
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:37