HOME管理一覧

F.H誌を読む(栄光時計株式会社会長 小谷年司)

■FH誌を読む ■2017年3月31日 金曜日 11時3分56秒

小人と巨人

 自分が会社経営に専念していた時には、あまり周りを見回す余裕がなくて、しかも経営学を学んだこともなく、唯我独占のやり方だったせいか、経営全般についてわかってなかったことが多い。現業から離れてみると、見えてくるものがある。その一つに経営者は、自分の世代を超えることが出来ないという冷酷な事実である。平たく言うと、年を取るにつれ、人は少しづつ世の中の流れについて行けなくなって、次の世代、更に次の世代が何を考えているか、感覚的にとらえることが出来なくなる。かっては偉大であった創業経営者が、長らく最高責任者の地位にありすぎたためだけによる経営の破たんを私たちは日常的に見聞する。往々にして、成功者は、昔の戦術や方策に固執する。以前には斬新で輝かしい戦果をもたらした方法が一世代も経つと研究され真似され陳腐となる。時代の要請とも微妙に合わなくなる。老齢となった経営者は、窮地に陥れば陥るほど、昔の自分の成功例を再び採用しようとする。今の政府もそうであって、オリンピック招致や大阪万博の開催も一種のアナクロリズム(時代錯誤)である。日本が十分に繁栄していれば、オリンピックも万博も不必要である。繁栄には戦争だと言い出すよりマシかも知れない。 
 新しい着想は必ず人口層の中心である世代から出てくる。何が多くの人の心を動かすか、直感的に理解しているからである。日本は世界に冠たる老人国になっているから、老人を対象とする産業では、若めの老人の中には、新しい発想をする人も出るだろう。しかし、それは別の話である。
仕事柄、今でも時計小売組合といった会合にたまに出ることがある。今の時計小売業の主力は、大都市の百貨店、電気製品の大ディスカウンター、中都市にあって、有名ブランドを幸いに占有化することが出来た小売店、それにブランドが東京、大阪の一等地で展開する直営店、それに多くの店舗をショッピングセンターに持ち、売り上げを店舗の数で確保するチェーン・ストアーである。売り上げ単価は低い。昔は日本全国の町々に時計屋さんはあった。大抵町の商店会の中心人物であった。小売店組合は、そういう人たちが主となっているが、疎外感が強い。私ごとになるが、私の会社もそういったお店のおかげで発展することが出来た。しかし、若い店主が会合に主席することはほとんどない。会合は老人ばかり。ナポレオン旗下の将兵達の同窓会に似ている。親分が没落したのに、過去の栄光が忘れなれない。次の世代に賭けようとする意欲に欠けている。
 いま小売店で一番大切なのは、何が売れるかを探すより、何を売ろうかと考える主体者の意志である。店頭に置けば自動的に売れるような商品は、いずれ大量販売店がかっさらっていくか、メーカーの直営に近い形態をとるに違いない。こんな自明な事柄から目をそらし、まだ置けば売れる商品を夢見てる。
 すべての商品が有り余っている日本で
は、製造者から最終購買者まで一本の線で繋げようとするのが、マーケティングの原理である。この線が短ければ短いに越したことはない。通販やネット販売が盛んなのがこれを証明している。理想的に言えば、二百年以上も昔のスイスのように、自前で時計を作り、自分で売れば一番いい。ここまで極端でなくても、既成のビッグブランドに頼ることなく、これなら売ってみたい、世の中に愛用者を広げたい、しかもあくまで主体性を確保しながらという時計店経営者が出てくることを期待したい。
 「FH誌」の今年の第三号にお伽話のような時計工房の記事が出ていた。この工房は、フランスの国境に近い山中にある。昔から夏は農作、冬は時計作りという地域で、小さな時計関連業者が今でも点在している。経営者の名前は、ジャッキー・エピトー。社員は三名、あとは下請け。ブランド名は「ルーディス・シルヴィア」で、工房のある村の昔の呼称。エピトーは、十二年前自前の資金として十万フランを用意して創業した。ブレゲのトゥールビョンに思いを馳せ、脱進器の二つある特殊なムーブメントを作り、二〇〇九年バーゼルに出展。確かな手ごたえを得て翌年商品化。といっても昨年製品にした総数は、十数個で僅か。ただ単価は二十五万フラン前後というのは驚きで、しかも完売した。フェラーリ一台の値段だが、購入者は世界中の金持ちや蒐集家が主として個人的コネで買ってくれるらしい。しかも発売以来赤字になったことがないという夢のような話。今後年に五個ぐらいは増産を続け、百個以上は作らないと考えているそうだ。ちなみに最高価値時計として今人気のリシャール・ミルの年間推定生産量は三千二百個である。これまで一月にジュネーブで開催される高級時計サロン(SIHH)の時期に合わせ、小判鮫的な展示場をジュネーブに持っていたが、今年からは止めたそうである。私たちには考えられない時計工房があるもので、うれしくなる。そういえば、いつかスコットランドのピットコロリという夏目漱石も遊びに行った村で、社員二人のモルトウィスキー工場を訪れたことがあった。「エルダワー」という銘柄で日本でも有名なバァーには大抵置いてある。
 こんな小さな工房とは対照的な巨大企業がスウオッチ・グループである。同じ号のFH誌に昨年度の業績が詳しく載っている。スイス時計産業全体の三分の一を占める売り上げを計上しているから、全体の傾向が推し量れると思うので簡単に紹介する。
 総売り上げ七十五億五千三百万フラン(約九千億円弱)。前年比十・六%減、うち時計・宝飾部門七十三億五百万フラン、前年比十・七%減。経常利益八億五百万フラン、利益率十・七%、前年比四十四・五%減。純益五億九千三百万フラン、純利益率七・九%、前年比四十七%減。減収減益ではあるが立派な成績である。一方、ブルガリ、タグ・ホイヤー、ショーメ、ウブロを擁するルイ・ヴュトンの時計宝飾グループが五%の売り上げ増を発表しているので、悔しい思いをしているだろう。
 ただスウオッチ・グループには、モード的な要素もあるが、先端技術と積局的に取り組み、新鋭工場にも多くの投資をしている。中国やブラジルでは、VISAと組んで支払いの出来るスウオッチを発売している。そのうちに日本でも時計をかざせば、車のドアが開き、エンジンもかけられ、改札口も通過でき、自宅のドアの鍵の開閉もできるそんな時代は目前である。スウオッチがその先駆者となるかもしれない。(栄光ホールディングス会長 小谷年司)
■FH誌を読む ■2017年3月2日 木曜日 16時6分29秒

「価値の転換」

 FH誌の今年の第二号(二月九日刊)には、昨年のスイス時計全体の輸出実績が載っている。二〇一六年の輸出総額は前年比十%減で、二〇一一年の実績に逆戻りしている。原因はスイスフラン高、ヨーロッパを訪れる観光客の減少、中国政府が取った政策(賄賂の禁止と持ち帰り品課税)の三つにある。しかし、やや下げ止まりの傾向が見えてきた。今年は回復するやも、というのがFH誌の編集長の見方である。果たして如何に推移するだろうか。具体的な数字を文末に掲げておく。
 さて、近年大型客船に乗って、各地を巡るクルーズが人気ということである。地中海やカリブ海を巡る生涯に一度の夢をはたす類のものばかりでなく、日本周辺を巡るクルーズでも、高価なのに参加者は多いらしい。
 もともと客船は人をある場所から遠くへ運ぶ、最善の手段であった。明治・大正の頃は、外国へ行くには船を利用せざるを得なかった。初期の留学生だった鴎外や漱石も西回りで、ヨーロッパに行き、記録を残している。船がいろいろと寄港地によるのは、乗降客のためと、必需品を補給するためで、乗客を見物させるためではなかった。時間があるので、乗客サービスのために、一時的に上陸させたに過ぎない。そのうちに、船会社の方も競争するようになって、長旅を退屈させまいと、いろんな手を編み出すようになる。寄港地でのツアーもその一つであろうし、船内を豪華にして船中でのアトラクションなども考えつく。その頂点が一九一二年に氷山に衝突して沈没したタイタニック号であろう。東洋と欧州を結ぶ航路は、ビジネス客が主だったから、豪華客船は少なかったが、欧州と米国を結ぶ大西洋航路の方が、より華やかであった。それでも、船にだけ乗って往復する客は皆無だっただろう。
 第二次大戦後、航空機の急速な発展によって、人々は早くて便利な空の旅を利用するようになった。船はモノを運送する手段であって、人の移動は飛行機に限るのが当然となった。ビジネスは時間との勝負である。遊びに出かける人も時間は少ない。ところが目的地に行くためでなく、船に乗ってあちこち見物し、船上での娯楽や社交、閑暇を楽しみながら、もとの場所に戻ってくるクルーズが脚光を浴びるようになった。手段が目的となる。これを価値の転換という。
 汽車旅行の転換の始まりは、主としてパリとイスタンブール間を一八八三年に運行し始めたオリエント・エクスプレスだろう。客車はよく映画に出てくるのでブルーに金の美しい車体に見覚えのある人は多いだろう。有名人で優雅で裕福な人たちの専用車ということで、これに乗れば、金持ちのクラブに入会した気分を味わう優越感を与えるマーケティングで大成功した。今となっては、飛行機なら二時間で行けるところを、何故二日も三日もかけて飛行機代の何倍もの費用を払っていくのか解らない。現在でも運行しているようだが、詳しくはグーグルで調べてください。但し、テッチャンと仇名される人々がいて、鉄道時刻表に載っている路線には全部乗ったという豪の者が時々いるから、合理性で判断できない。全国の飛行場を結ぶ空路は全部飛んだという航空マニアには会ったことがない。鉄道は別物らしい。
 日本でも最近二泊三日で百万円を超すような豪華列車が出現し、予約を取るのが難しいとか。目的地に行くため、快適さを買ってファーストクラスを利用するのは理解できる。しかし、単なる物見遊山に、あらかじめ決められたコースと供応を受けるため、いくら豪華な車内とはいえ、巨額を惜しまない神経はよく解らない。もう少しマシなお金の使い方があるだろうと思うのは貧乏人のひがみ根性で他人の口出しすることではないのだが、話のタネに値段次第では、乗ってみたい気が動かぬでもない。ここにも価値の転換がある。
 時計とは時間を正確に計測する機器である。百年ぐらい前から、日常的に使用され始めた腕時計に限って言えば、技術的に言って防水性のある堅牢なケース、クォーツ、太陽電池、電波制御を備えておれば、腕時計に与えられた条件は全て満たすといってよい。デザインは問わない。個人の好みが左右する。一万円で手に入る。
 しかるに何故はるかに高価で精度ではクォーツと電波制御に劣る機械時計でスイス業界がこの十年来繁栄してきたのか。それは時計の価値の転換が、クォーツ時計の氾濫と共に人の心に形成されたためだろう。物理的な性質を時計に求めるのではなく、もっと感情感覚に訴える要素を求める層が存在していた。それに沿ったマーケティングを各社が意識的に形成してきたためであった。それが今、また曲がり角にきていることを以下の図表は示していないだろうか。(栄光ホールディングス株式会社会長 小谷年司)

■FH誌 ひろい読み 【番外編】 ■2017年1月30日 月曜日 16時50分2秒

香港私記

 父は晩年になって、私達三人息子に何か頼みごとをする時、「親孝行したい時は親はなし」とよく言った。ごく最近評判になったアニメ映画「世界の片隅に」をみた。先の戦争が始まる頃に、広島から呉へと両親と仲人が決めた、親子同居の家庭へ嫁いで行った、年若い娘の物語だった。実家も嫁ぎ先も、当時ではごく普通の庶民の家。新妻が夫の両親に向って最初の挨拶が、これから長く親孝行をさして頂きますのでよろしくであった。今時のお嫁さんは、決して言わないだろうと思い、少し感動した。親孝行という言葉自体が昔の重さを失っている。 
 又、一方実の子供でも平気で虐待する現在の風潮にも思いが至った。親孝行をする子は、決してそんな親にはならないだろう。ただ子供を可愛がるにも潮時がある。大きくなりすぎて時すでに遅しということもある。 
 子供が小さい頃は、仕事もあったし、それにかこつけたこともあって、出張、東京勤務に明け暮れていた。スイス出張で、保養地の高級ホテルに泊ったことがあった。食堂の隣席で、いかにもブルジョワらしい家族が、食事をしていた。十二、三才の男の子を頭に三人の子連れである。常に家族で旅をしているらしい様子が、きこえてくる会話から察することができた。躾けがよく行き届いていて、両親も優しさのうちに威厳も保っている。子供を連れて、親のレベルで旅をするのは、面倒であるし、費用もかかる。世界をみせるには、これ以上の幼年教育はない。金銭の余裕があれば、これが親の義務かなとつくづく感心した。家族を経済的、精神的に束ねるところから、親孝行の観念が根付くのだろう。
 いつかそんな親になりたいと、思っているうちに、三人の子供達は成長してしまって、親と一緒に出歩くのは嫌がる年になってしまった。西欧社会、特に都市部では、親離れ、子離れの時期が早い。成人してから、両親の家で暮しているのは世間体が悪いと、子も感じるし、親もそう思う。小学校ぐらいから、子供を寄宿学校に入れてしまう家庭も少なくない。動物が、一人歩きできるまでは、子供の面倒をみるが、後はほうり出してしまうのによく似ている。獅子は子供を千尋の谷間へ突き落とすという。五十年前に学生としてフランスで暮した時、何度か一般家庭の夕食に招かれたことがある。子供に対する躾けは厳しくて、まさしく半人前の扱いだった。夕食中に、別室で寝ていた子供が、夢でうなされたのか、泣きながら出てきた。あやすのかと思ったら、母親がたち上がり、ピンタを加えて、寝てきなさいとしかりつけたのには、驚いた。一同もそれは当然と見守っていた。年端も行かない子供は訳が解らないからと、甘やかす日本と、犬と同じように小さい時に調教しなければならないという教育感の相違がでていた。
 ある時、オランダの町で市電にのった時、小学校通いの子供達が、空席にすわりこんだ。車掌が出てきて、お前達はすわるんじゃないと、耳を引っぱって全員立たされていた。これは日本のお母さん達にみせたい光景であった。今はどうなってるだろうか。世界的な少子化傾向で、子供の値打ちが高まって、子供の扱いも甘くなっているような気がする。
 さて、十年程前にクリスマスの季節に、香港へ遊びに行った。たまたまオペラハウスで、チャイコフスキーのバレー「くるみ割り人形」をみた。御存知の方も多いだろうが、これはクリスマス・イヴの大人達の晩餐会と、早く寝るように言われた招待主の息子と娘のみる夢の物語である。バレーは前夜に降り積もった雪が朝日にキラキラ輝いている目覚めで終る。音楽は甘く、踊りは美しい。世界中でクリスマス恒例の催しになっている。観客には子供連れが多い。あの子供達はきっといつまでもクリスマスとバレーを憶えているだろう。自分が決まった時期に決まったことを子供たちとすることが少なかったことを七十になって後悔した。以来、遅なきながら、かなりとうの立った娘をできるだけ同行して、クリスマスを香港で過ごすようになった。
 昨年末は娘が仕事の都合で来れなかったけど、やっぱり遊びに行った。といっても何するわけでもない。バレーだって、日本で見ようと思えば見れないことはない。二百回近く若いころから香港に行っているけど、知らないところも沢山あるが、名所見物という気にはなれない。買い物にも興味はない。冬といっても温暖だから、街歩きは楽しい。全く買わない真のウインド・ショッピングも、世の中が分かって面白い。年に一度の定点観測だからどんなブランドに勢いがあるのか、どんな時計や宝石が売れているか、仕事の上でも、多少の老化防止にもなる。世界一のスイス時計の輸出市場である香港は、前年比で二割ぐらい低下していることは、店頭からでも感じることはできた。
 一番のメインストリート、ネーザン路の裏側に、昔からある英書専門店「スウィンドン」書店がある。もう大阪には洋書屋さんが亡くなったので、必ずここに寄ってみる。いつものように沢山買い込んで郵送してもらったが、生きているうちに読めるかどうか。 
 クリスマスの香港の夜のイルミネーションは文句なく素晴らしい。まさしく光の洪水である。これを見るでもだけでも香港へ来る値打ちがある。バブル期に、銀座で鳴っていたジングルベルの響きが、心中に立ち戻ってくる。懐かしいあのクリスマスのバカ騒ぎ、浮かれ節。
 もう一つ香港で欠かせないのは、船腹を緑に塗った渡し船、スターフェリーである。海底トンネルで地下鉄も車も走っているので、今や無用の長物化しているが、滞在中一度は乗って船中からの景観を楽しまなければ香港に来た気分になれない。何十年もの昔、まだトンネルのなかった時代、これが唯一の島と半島を結ぶ交通手段だった。夜遊びが過ぎると、終船が出た後は、島のホテルに戻れない。仕方なく、ワラワラといった個人の渡し船を探して、海峡を渡った遊治朗の気がチラッとよみがえる。
 それに、今でも香港の最大の魅力は、料理だろう。昔の香港のグルメ達は舌が肥えていたので、行きつけの店でおいしいものを注文した自宅で使っている料理人に指示するみたいだった。同じ店に行っても連れて行ってくれる人で、どうしてこんなに味が変わるのかと考えたことが度々である。それがいつの間にか西洋風にうまい店とそうでない店に替わってしまった。ミシュランは確かに信頼に足るガイドである。しかし頼り過ぎても失望する。香港でおいしいものに出会うには、同じような味の趣向を持つ人に連れて行ってもらう事。あるいは、自分が今、食べたいものを店側に理解させて、相談して作ってもらうのが最善の方法というしかない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌ひろい読み ■2016年12月21日 水曜日 14時47分41秒

スイス時計の一つの選択肢

 スイスの時計産業の未来は、高価な富裕層を顧客とする時計を作って行くしかないと考えている人達がいる。カルチェがその代表的なメーカーだが、毎年一月に開催されるジュネーブサロンがその基本的な思考を反映している。彼らが作ったのが高級時計製造財団で、高級時計の存在価値を高めるために、いろんな努力を払っている。その一つに、毎年十一月に有識者を一堂に集めて、丸一日の公開フオーラムが八年間続いてきている。今年は十一月の九日にローザンヌで行われたことがFH誌第十九号(十一月二十二日刊)に大きな報告記事として紹介されている。
 前半は、ヴェドリーヌ元フランス外相とか、アメリカやアラブ世界に通暁している高名な専門家や未来学者によって、今後の世界状況がどう変化するか、各人の意見が発表された。丁度、ロナルド・トランプ氏が大統領に選ばれた翌日で、要約の文章から見ても各講師がひどく動揺している様子が見られて面白い。言っていることは、ポピュリズムの台頭であるとか、保守主義の復活とか、体制保持への嫌悪とか、日本の新聞の論調とほとんど変わらない。
 中に「二〇三八年の世界」という著書のあるヴィルジース・レソンという女性の学者は、こんな講演をしている。
 可速的に変化しつつある現在の世界では、確かな事実は二つしかない。まず未来は、予測されるようには決して進展しない。次に未来は我々が今決断することによって形成される。様子を見ている時間はない。経済面から世界的傾向を分析すると、まず全体として資源が枯渇しつつある。生命の元である水資源、ココア豆も、建設の為の砂利も。乱獲によって、多くの魚が絶滅の危機にある。そして働き口すらも。私たちは大変な変動の中にあって、解決策を模索中だ。明瞭な対策の一つは、より少ない資源を使って、よりよく生きることだ。共生的な経済活動が重要となる。
 もう一人、ヨーロッパで強い影響力を持つ百人にある雑誌で選出されたスイス人の未来学者、ジェルト・レオンハルトはこういう。
 人口頭脳によって操作されるデーターベースは、新しい石油みたいなものだ。アップルとか、グーグルとかフェースブックに集まる膨大な資金を見れば、テクノロジーが世界を推し進めているのは一目瞭然である。テクノロジーの進歩は、全てをデジタル化して自動制御する時代に入っている。当然の結果として、オンライン化が必然となる。人工頭脳は人間の持つ、認識判断の力を持つようになる。日常的な業務は、どんな部分でも機械がするようになる。それはもはや、現在の延長上にある世界ではない。人間と機械が全く新しい関係を持つ世界である。人間が機械に牛耳られることは、決してないようにせねばならない。
 余談だが、こういう議論を呼んでいると、老兵の私なんかは空恐ろしくなってくる。十年前ならそれは夢物語だろうで済んだ。しかし、今やすべてが現実になりつつある。私の新しい車は、ナビに話しかけ、行き先を告げると、声で案内してくれるシステムになっている。ナビが進化しているだけで車が特に高価ということはない。乗っていると、その他にもいろいろと忠告してくれるので、自動運転もさして遠い未来ではないのが理解されてくる。運転手という職業はなくなるだろう。あるいは、運転手を雇っているということが、別の意味を示すようになるかもしれない。丁度時計が正確な時間を示すという用途以外の意味を持つに至ったように。自動運転が普及すれば、それに合わせて通路も街の構造も変化するだろう。裏通りも路地も、袋小路もみんななくなるかもしれない。それまでは生きていないだろうが、そんなところで生活をしたくはない。今でも、大手不動産業者が開発した、全体がコンクリートと青と緑の中間色みたいなガラスとピカピカの大理石の大きなビルに行くと、これはどうやら私が居るところではないと思ってしまう。トイレを借りるには絶好な場所だけれど。
 さてフォーラムの後半は、時計ブランドの経営者三人の登場となる。カルチェのCEOシリーユ・ヴィニュロン、APの副社長オリヴィエ・オーデマと機械のミニチュア模型か時計がよくわからない製品で知られるMB&F社のオーナー兼兼デザイナーのマキシミリアン・ビュッサー。
 前半の有識者の抽象的な議論に比べて、実務を現実にこなしている経営者の話だから、ブランドの奥にある考え方が伝わってきて興味深い。
 近年度の業績にやや暗雲の見られるカルチェのヴィニュロンはその悩みを隠さない。クラシックな音楽に現代性を持たすにはどうすればよいのか。ラップのリズムを持ち込むわけにはいかないだろう。カルチェの今の立場はクラッシック音楽みたいなものだ。高級ブランドとしては誰しも認めてくれ、人気の時計は以前から続いたモデルが多い。ブランドとしては、今の若者におもねるような戦略を取るべきではないが、若い世代の注目も引かねばならない。重要なのは世界中の販売拠点で、ここには手に触れる商品も、夢もある。ここからどう若い世代にアッピールするのか、方策はまだ未定である。特効薬の調製を検討中であるとのこと。 
 それに引きかえ、APの販売は順調らしい。この時計不況の時期にどうしてときかれるのだがねとオリヴィエ・オーデマは答える。これまでの決断が功を奏したようだ。販売を一本化したこと、製造個数に制約を加えたこと、中国市場に力点を置きすぎなかったこととの三つだ。十年前に我々は如何なる会社かと考えた。答えはこうだ。時間を告げるよりも、まず心に訴えかける、複雑な機械時計を作るメーカーだとね。 
 最後にマキシミリアン・ビュッサー。製品の最初の二文字MBは彼の頭文字。Fはもう一人の協力者。時計は、時間も知ることのできる機械の彫刻として、世界中に少ないけど、熱烈な愛好者がいる。ありきたりの製品ではなく、あくまで創造のオリジナリテイを出すために、出荷製品の量にも販売額にも自ら上限を決めている。マキシミリアンは言う。うちのスタッフには上の地位に上れるプランも作れないし、毎年給料を上げる訳にも行かない。しかし、デザイン的に多少は気狂いじみてるかも知れないが、時計作りの冒険に参画して、良い仕事をしたという誇りを与えることができる。それに、仕事場の環境も、快適ですばらしい。 
これが、フォーラムの要約であるが、はたして高級時計の販売に実際役立がどうかは疑問である。日本のメーカーや協会にはできない内容のフォーラムであるので、あえてくわしく紹介した次第である。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌 ひろい読み ■2016年12月14日 水曜日 15時56分32秒

「マーケッティング」

 年のせいか、若者達の言葉遣いに引っかかることが多い。たとへば、コンビニで買物をする。一万円札を出してお釣りをもらうとしよう。レジの若い女性は、「一万円から頂きます」と言う。一万円から代金をもらいますの事だろうが、なんだかヘンな気がする。頂くのなら、一万円を、である。しかしこの言葉違いもそのうちに慣習化して、正しくなるのかも知れない。又食べ物を買う時に、この商品はいくらいくらですという。食べものは、私の世代にとって、商品という感覚は少ない。商品というのは、買い手にとって、何らかの代金を払って、その利用価値を得ることを意味している。現実に何らかの役に立つものを意味している。おみくじは買うとは言わない、商品ではないから。食べものにも、食べることが重要であった世代には、神聖性が存在した。商品とは、売り手と買い手の間に、利益という段差があるために、必ず対価性なるものが、求められる。これだけ払うのだから、相応の見返りが得られるのが商品である。食べものだって空腹で求めるのではなく、贈物として選ぶ時には商品となる。教育だって医療だって、宗教ですら、対価を求める時は商品となる。かくて、この世に存在するもの全てが、商品となってしまった。愛と幸福と健康は金で買えないというから、そんなことはないと主張する人々はとりあえずほっておいて、精神的な事柄にふれず、モノの世界で議論を進める。商品にはそれぞれ効用がある。商品購入の最大の動機は効用である。出来るだけ安価にその効用を一般に提供するというのが、かっての日本の産業人の最大の課題であった。水道の栓をひねると水が出るように電化製品が安価で手に入れば人々は幸せになるだろうと、松下幸之助は考えた。栓をヒネれば水はとまるが、生産は設備投資をするやとまらない。当初はいつでも水が飲めて幸せだった。栓のとめ方を忘れて家中洪水となった。生産過剰がすぐにやってくる。効用というものは、そんなに沢山必要ではない。そこで、さらに新しい効用を持つ新製品を作り出し、旧製品には引退してもらはねばならない。これが、工業生産物のサイクルで、最新のIT機器ですら同じである。新しいテクノロジーは、ユーザーを常に飢餓状態に追い込む。ビジネスの場合はより一層激しい。ライバルに負けまいという意識が働くからである。 
 ところが、個人の消費財の世界になると、ガラリと様子が変ってくる。電話は相手と通ずれば良い。TVはうつれば良い。冷暖房器はある程度利けばよい、冷蔵庫は冷えれば良い、時計は時間が合えば良い、といった商品の持つ基本的な効用で満足する人が多くなればどうなるか。幸か不幸か日本製は長持ちすること半永久的である。新しい製品は殆んど売れなくなる。もしも、日本人が昔の日本人のように勿体ないと言って、今所有しているものを壊れるまで買い換えないとなると、国民総生産指標は激減するに違いない。現在の一般人の購買欲求を支えているのは、商品の効用性ではなく、商品市場を提供する側のマーケティング操作である。
 マーケティングの要諦は何か。消費財の場合、欲しがらせることに尽きる。どうすれば人がそれを欲しがるかの研究である。化粧品の場合は容易である。つけると美しくなると信じさせれば必ず売れる。使用前、使用後の映像が効果を発揮する。もしも広告通りに変化するなら、その化粧品は他社を圧倒するはずだが、なぜ現実はそうならないのか、いつも不思議に思う。
 時計の場合のマーケティングは、他の製品と同様、まずブランドの認知度の拡大にある。しかし、多くのブランドは、ある程度知られているし、高価なTVや新聞雑誌メディアを多用することなく、もっとソフィスティケートされたPR手段を使う。
 FH誌には、毎号「短信」という各ブランドのPR欄がある。最近の数号から例を拾ってみる。
 タグ・ホイヤー。英国のサッカーチーム、マンチェスター・ユネイテッドと提携。ワールドカップで優勝したドイツチームのデフェンダー、ミュンヒェンのマツダ・フンメルをキャラクターに登用。
 ロレックス。九月九日より三日間、英国南部のグッドウッド・リヴァイバル、クラシック・カーレースのスポンサー。初回以来12年連続。一九四○年から六十年製のスポーツカー競技。観衆のほとんどは当時の服装で。同じく九月、イタリア・サルデニアのエメラルド海岸で、地中海最大のヨットレース、マキシ・ヨット・ロレックス・カップ開催。
 インターナショナル。チューリッヒ第十二回映画祭のスポンサー。IWC社長のジョルジュ・ケルンと女優のウマ・トゥルマンが最優秀映画監督、長編と短編の二人に、賞金十万フランを授与。
 オメガ。九月初め、避暑地のクラン・モンタナの豪華でゴルフ場で開催される「オメガ・ヨーロッパ・マスターズ」を主催。優勝は、スウェーデン人のアレクサンドル・レノン。オメガのマスター・クロノメーターを会長のレイナルド・エシルマンが授与。
 オーデマ・ピゲ。スイス人でAP社のキャラクターであるテニス選手のスタン・バブリンカが、八月のUSオープンでジョコビッチ選手を破って優勝。副賞に特別製のロイヤルオーク・オフショア・クロノを贈る。
 ロンジン。九月ローザンヌの乗馬大会のスポンサー。名騎手ロバート・ウィッツ・タカ―の模範演技と二十五歳以下の若い騎手たち三十人が九カ国から参加して、馬術演技会を開催。
 ジャガー・ルクルト。十年来、映画と深い係わりを持ってきている。八月末に幕開けしたヴぇネチァ映画祭に協賛。祝賀会を開き、社長のダニエル・リエドが主催して、多くの客を招待。
 ブルガリ。来年度からキャラクターにイタリアの絶世の美女モデル、リリーィ・アルドリッジを採用。
 オリス。キャラクターの曲芸飛行士ドン・ヴィト・ウィプレヒティガーが、アメリカのネバダ州のレースに参加。フォーミュラー・ワン・ゴールドで二位に入賞。スイス人だが、最も才能のあるアクロバット・レーサー。
 シャリオール。北仏のお金持ちが集まる避暑地・ドーヴィルで開催の女子ポロ競技選手権の公式計時を担当。 
 読むのに退屈したと想像するが、一体こんなことが、時計の売れ行きと本質的にどう関係するか。有名人に愛用されているのを宣伝するだけがマーケティングの全てではないにしても。不思議と言えば不思議な話である。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌 拾い読み ■2016年11月7日 月曜日 11時45分35秒

ニセモノ退治

 ヨーロッパ諸国に現在突きつけられている大きな課題の一つに難民の受け入れがある。英国のEU離脱の原因にもなっている。難民は当初、無一文に近いから、多少の不正をしても生活費を稼がねばならない。強盗とか麻薬の密売に比べると、犯罪性は軽いかもしれないが、ニセモノの販売に走る人たちも多い。この頃は見なくなったが、外国人がニセモノを並べた臨時の店をよく心斎橋筋の路上で広げていた。警官が来ると逃げ出したが、十年ぐらい前までは、イタチごっこみたいだった。
ブランドの知的所有権を法的に主張する国際的団体が、世界にいくつかある。フランスの製造者連盟(ユニオン・デファブリカン)とか、国際トレードマーク協会とか。FHもその一つであって、事業目標に一つにニセモノ撲滅が掲げられている。こういった団体の努力で、日本人の間でも、ニセモノを作ったり、売ったり、することは、犯罪であるという考えが確立されてきた。それどころか、ニセモノを買ったとしても、空港の税関では、ニセモノがお土産の中にあると没収される。拳銃、麻薬と同等の扱いで、罰せられないだけである。一般に日本人が、法に従順なことは意外な面で役立っている。今や大勢の中国人を中心とする外国人が訪日して、買い物をしてくれているが、その大きな動機は、日本ではニセモノを売ってないところにある。
 つい先日のことだが、高級時計のフランク・ミューラーが、フランク三浦という安い時計を売っている会社を商標権侵害で告訴したが、敗訴した事件があった。売価も百分の一だし、デザインンもよく似ているといってもおそまつで、冗談みたいなものだからという理由で、裁判所も見逃してよろしいという判断だったと推定される。しかし、スイス人の法的感覚はスイスの機械時計の仕組みのように精密だから、腹の虫が収まらなかったに違いない。こういうのを関西人はナンチャッテと笑い飛ばすが、実はその裏に、お高く留まっているモノに対する批判がある。ブランドの目指すところは、宗教におけるような絶対性であって、風刺の対象にされることも好まない。ブランドは神聖にして犯すべからず。
 FH誌の第十四号にはチェコのプラハのニセモノ市の話が出ている。市場の写真が出ているが、三十年前の上野のアメ横を想像してもらえばいい。商品がうず高く積まれていて、時計その他のあらゆるニセモノを売っている様子である。関係者は、ほとんどが一昔前の難民であったベトナム人という。プラハ市内でこんな店が百軒以上あり、その他、オーストリアやドイツとの国境のところにも点在している。これまでも裁判沙汰になっていたが、二○一二年にプラハ市の地方裁判所は、売り手も買い手もニセモノと明確に認識しているから、知的所有権の侵害にはならないという判決を下している。この判決には、一般庶民の感覚が良く出ていると同時に、グローバル時代にやや乗り遅れているチェコの国民性も出ている。私たち日本人も、かってはニセモノと断っている相手から、それを知りつつ買った、何処が悪いという感覚があった。誰も迷惑していないのではないか。この議論は次元が異なるかもしれないが、差別用語の禁止論に似ている。目の見えない人がいないところで、メクラと言ってどこが悪い。昔はそれで通った。しかし、今では通用しない。世の中は変わったのである。
 商業的な知的所有権は、はじめは何となく世の中の人が一定の団体又は個人に属していると感じているもので、社会的に確立され、法制化されるまでには時間がかかっている。昔なら、ソバ屋開業するのに「更科」と名乗っても恐らく、近隣に同名の店舗がなければ、誰からも苦情は持ち込まれなかったであろう。もし今、誰かが商標権を所有していたら、許可なしには不可能に近い。
 プラハの地方裁判所の判決は、当然上級の裁判所で争われ、結局EU裁判所の判決に従うことになった。その結論は、今年の七月に出された。ニセモノ造り及び、その仲介者、売り手及びニセモノを売っていると知りながら、店舗を貸与した者を含め、罰せられる。インターネット・サイトにも同じく適用される。FH誌は、これを大きな勝利だったと報道している。
 無論、EUの結論が、すぐにチェコの国内法になるわけではないので、法制化の資料提供の会合が、二百名からなる内外の専門家が参加して九月にプラハで開催されるとFH誌の第十六号が伝えている。チェコ内の「アジア・マーケット」からニセモノ・スイス時計がなくなることが直近の目的とFHは言っている。
 FH誌のニセモノ退治は一種の執念のごとくになっていて、十五号では、FHはインターネットで、世界中のウエブを検索して、警戒している記事を出していた。昨年一年で、六十五万件、今年は八月まで百万件で、数の多いのには、ソーシャル・ネットワークに当たったせいと言っている。中国本土でもニセモノ造りは膨大な中国のソーシャル・ネットワークに連絡しているので、今年から本格化する香港FHからの警告は十億件になるかもと、冗談交じりに心配している。
 同じ号でス・ドバイの金市場のマンションをFHの手引きでの手引きで、地元警察が急襲して一万六千個のニセモノ時計を押収した報告があった。
 香港の町並みを歩いていると、こっちは香港に住んでいるような様子でいるつもりなのに、どうして日本人と解るのか、「シャチョウ、ニセモノ時計アルヨ」と男が近づいてくる。この頃はあまり付きまとわれないが、沈静化したのかとおもったらそうでもないらしい。ニセモノ売りの相手も地元化した様子である。観光客が歩くのは、もっぱらペニンシュラホテルのあるネーザン道の南端だが、北へ行くとだんだん庶民化してゆき、モンゴックという賑やかな地域となる。そこに女人街といって、安価な女性ものを扱う商店の立ち並ぶ通りがある。ニセモノは店頭になく、裏の部屋にあって、売り子は写真を見せてくる。FHの関係者がまず探りを入れ、外の売店の前に立っていると連携している捜査官がその場所を知る。数日後、税関警察が踏込んだ結果、バッグや時計ニセモノ二千六百本押収、約三万香港ドル相当。三人を逮捕した。
 九月には、香港で第三十五回目の時計博覧会が開催されている。FHは、ここにも主催者の了承を得て、八人の監視員を派遣して、商標権の侵害やデザイン盗用の有無を綿密に調べ、今年は四十七件の侵害を博覧会の倫理委員会に提訴、善処を要請している。FHは私立探偵がというなかれ。ニセモノ退治は世界中のビジネス・モラルの確立に役立つだろう。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌 ひろい読み ■2016年9月6日 火曜日 16時3分58秒

スイスの時計経団連

 今年の夏もやっぱり猛暑だった。日本で一番暑い日々は、やっぱり広島、長崎に原爆が投下された八月の初旬だろう。体感される気温に、あの業火に焼かれた人々への思いが焦熱感を高める。
 ついこの間、友人で東大の名誉教授である平川祐弘さんが、「原爆がなぜ日米戦争に使用されたか」と題するとても興味深いエッセイを送って下さった。アメリカの大統領は、退職後必ず回顧録を出版するといってよい。大抵ベストセラーになる。現職時代の政治信念のメッセージとして、米国民は受け取る。
 日米開戦を望んで決断したのは、ルーズベルト大統領で、その前の大統領はフーバーであった。フーバーの任期は、丁度大恐慌の頃と合致し、その後始末に苦労したが、戦後来日してマッカーサーと親しく会談したりして、一九六四年九十歳歳で亡くなっている。
 フーバーも死ぬまで回顧録を執筆し、死後これを出版しようとしたが、遺族が目を通し「こんなものが世の中に出たらえらいことになる」と封印してしまった。そのうちに邦訳が出るようだが、それが二〇一二年になって名門スタンフォード大学の手で出版されるに至った。
 平川さんのエッセイでは、この回顧録と日本側の事情が解りやすく要約されている。結論を言うと、ルーズベルトやその急死で後を継いだトルーマンは、日本の降伏如何にかかわらず、何が何でも原爆を投下する決断をかなり以前から下していた。フーバーは「原爆は落とす必要はなかった。すでに降伏の前兆が明らかであった」と書いている。私たちは、本土決戦とか言って、日本の抵抗が強かったので、米国は仕方なく原爆を使用し、やっと戦争が終わったと長い間信じ込まされていた。恐らく原爆の恐ろしさを知った、投下の最高決断者だったトルーマンも、朝鮮戦争の結着に原爆を使いたいといったマッカーサーを、良心の痛みから解任したのではなかろうか。今年はサミットの帰りにオバマ大統領が広島の慰霊碑の前で頭を下げた。演説の中で明確な謝罪の言葉はなかったと批判する人々もいたが、行ってくれただけで画期的なことだと思う。もしもフーバーの回顧録が出版されていなかったら、ありえなかったのではと思われる。米国の原爆使用について、疑念を抱く世論も、米国内でも少しは醸成されているのだろう。
 今年は日本の敗戦から七十年になる。米国が占領し始めると、日本全体が左傾し始めた。資本家、経営者は悪、労働者は善、ソ連のように、社会主義国家になると、国民全体が幸福になるという信念で、社会全体が浮き上がっていた。時計業界でも戦後すぐ、上尾の東洋時計(現オリエント時計)の猛烈な労働争議があった。私のような小さな会社でも、共産党オルグが入って、労働組合が結成された。一九六一年の頃である。まぁフーテンの寅さんの隣の印刷所に毛の生えた程度の経営状態だったのに。学生だった私は搾取とかなんとか言ってるより労使が協調したほうが、ずっと良い待遇を得られるのにと思っていた。オルグ系の組合員はすぐにストライキを打ちたかったが、そうなると会社が潰れて、全員失業するのは目に見えているので、元々の社員間に幸い同調者が出なかった。それからしばらくして、経団連と総評という対立しながらも妥協していく労使関係が確立し、日本は高度成長の時代に入っていった。
 スイスの時計業界にも経団連のような組織がある。フランスやイタリアを旅していると、しょっちゅう電車や飛行機のストに出くわす。元々彼らは働くのが嫌でストをしているのかと思いたくなる。スイスでは、そんな目にあったことがない。時計製造業界でも、スイスの隣国フランスでは大きいストで経営不調に陥いる企業が多かった。スイスの時計産業の経団連は、どう機能していたかという記事がFH誌本年第十二号(七月十四日刊)に載っている。正式の名称は「時計及び精密工業の経営者連合」という。結成されたのは、一九一六年で、今年その百周年の祝賀会が、首都ベルンの伝統あるホテル、ベルビュー・パレスで開催された。現在の会長は女性のキャロル・デコステール。連合に参加している企業は、百六社で、一万三千人の従業員を雇用している。時計業界で働く人々は約五万人とされているし、FH参加の企業も四百数十社だから、日本の経団連同様、比較的大手の企業だけが参加している様子である。しかし、この連合が従業員と協定した事項は、概ね全時計産業の守るべき目安となっている。
 第一次世界大戦の際、一九一四年から十八年の間に、スイスに大インフレが訪れて、パンの値段が八%、砂糖が九十五%、ジャガイモ九十三%、牛肉百二十二%上昇した。それまであったスイスの労働組合連合は、病気や障碍者、失業者を救済することを主眼としていたが、生活危機を迎えて、社会的地位の向上や労働条件の改善を、賃金増加と共に求めて、次第に先鋭化しつつあった。ロシア革命の前夜であり、多くの革命家がレーニンをはじめとしてジュネーヴに潜んでいた時代であった。時計業界では、労働条件の改善以外にも特殊な事情がある。今でこそ、時計の部品を自社内で調達する会社が多くなってきたが、百年前は、ほとんど下請けを買いたたいて、名のあるメーカーといえども組み立てていた。スイス人は独立心が強い。下請け業者も、同じような部品を作っている同志が結合して組合を作り、メーカーに値上げの交渉をする共同戦線を張るようになる。
 労働者と小さな下請け業者との争いを打開すべくスイス時計の経団連は、最初ベルン州に事業所を構えるメーカーによって結成された。主唱者は、ロンジンのバチスト・サヴォア、オメガのポール・エミール・ブラント、タヴァンのアンリ・フレデリック・サンドスの三人。みなさん当然、オーナーである。スイス人は独立心が強いが、一方感情に走らず、現実的でもある。結成以来、労使協調が進み、組合との交渉は基本として一九三七年以来一括となっている。労使交渉は社内で揉めても双方に良いことは少ない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌 ひろい読み ■2016年7月29日 金曜日 15時4分19秒

「スイスと日本の時計産業の今」

 経済面だけではなくて、普通の日本人として、今後世界はどう変わっていくかを考えた時、どうも良い方向に行くより、悪い方向に向かう気がしてならない。三十年前は、そうではなかった。将来については、楽観的であった。右肩上がりの思考が当然だった。そのうちにソ連も弱くなり、米ソ緊張が解けて、世界平和が訪れ、住みやすい社会が来るだろうと思っていた。ところがソ連が崩壊し、アラブ社会が平和を乱し、中国の台頭も問題視されている。アラブ民族に言わせれば、西欧が口を出すから、こうなるというかもしれない。政治情勢は無論のこと、経済的に世界が成長するのは難しい。これが多くの人々の漠然たる予感ではないだろうか。世界は破滅に向かっていると人々が信じた状況はかって、中世に日本でも西欧でも存在したから、それほど案じることはないが、将来の見通しの暗いのは困る。
 さしもの拡張を誇ったスイス時計産業も、このところ低迷気味である。FH誌第一号(六月三十日刊)によると、今年はこれまで、下降線を辿り続けている。五月に至っては、前年比9・8%減、四年前の同月に及ばない。まあ三年以上は絶好調だったとも言える。各市場みんな前年比割れなので、細目は省く。傾向として超高級と安価が打撃を受け、中級品が健闘している。アメリカ市場が2%の下げで止まっているのは、クロック類の輸出がカバーしたせいとあった。スイスでもクロックが生産されていたのだ。
 さてそのスイス製だが、何をもってスイス製と表示するのか、十年来国会や公的審議会で議論されてきた。つまり、それ以前ははなはだ怪しげなスイス製の表示が横行してきたことを意味している。この度、もめにもめていた表示基準が、やっと法制化され、今年の六月十七日が発効となった。その基準は二つ。一つは原価の六十%は純スイス製であり、ムーブメントは少なくともスイス組立て。二つ目が時計とムーブメントの技術的な開発がスイス国内で実施されていることである。事情によって延期に認められるが、二○一九年一月には完全施行となる。
 スイスはEUに加盟していない。ジュラ地方のつい隣のフランスも昔からの時計製造地域で下請け工場も多い。ドイツも優れた部品を提供できる時計業者がいる。イタリアには優れたデザイナーが多い。まあ六十%もやむを得ないかという気がする。日本ならば百%と主張したがるだろうが。それにスイスでは、時計工場のオーナーには外国人が多い。ロレックスの創業者はウイルスドルフでドイツ人、ショパールの現オーナーはドイツ人、パティックは元々ポーランド人、スウォッチのハイエックさんだって元々レバノン人、タグホイヤーはヴュトンでフランス人、カルティエグループは南アフリカのルパートと外国人オーナーを並べていくときりがない。
フランスからスイスに毎日時計産業で働くために通ってくる労働者も少なくない。中国資本の時計工場の中で働く人に、中国人は少なくないと思われる。ラ・ショードフォンの街では、たくさんの中国人に出会う。時計職人が多くジュネーブに亡命してきて、時計産業の基礎を作った十六世紀の頃の首相格はジャン・カルヴァンで、この人は生粋のフランス人でしかも北仏出身だった。時計の街とされるニューシャテルを中心とする地方は、長い間プロシャの領土だった。独立してスイス連邦に入ったのは、明治維新の前夜ぐらいに過ぎない。日本人の純血主義は通用しない。独仏伊にロマンス語の四つが公用語で、しかもほとんどの人が英語を解する国には世界にない。
 スイス時計に陰りが見えているのに反して、日本の時計は、やや好調のようである。FH誌の最新号(7月14日刊)にスイス側からみた昨年の日本時計産業の総括記事が載っていた。
一寸、成績表を並べてみる。
▽シチズンホールディングス=三千四百八十三億円(6・0%増)、▽セイコーホールディングス=二千九百六十七億円(1・1%増)、▽セイコーエプソン(オリエントを含む)=一兆九千二百四億円(0・6%増)、▽カシオ計算機=三千五百二十三億円(4・1%増)。
 右は総合の数字だが、いずれも時計部門が売り上げに良く貢献している。時計部門別の上昇率は、シチズン3・4%、セイコー6・5%、エプソン4・5%、カシオ4・7%となっている。好調が維持されたのは昨年の前半6か月で、全社時計部門平均で12・1%も上昇し、今年に入っての三か月では、カシオ3・7%、セイコー13・9%、シチズン3・7%、エプソン2・5%と軒並み下落している。
 純益面からみると、カシオだけが1・8%、増加しているが、シチズンは25%にあたる百三十二億円分が減っている。会社組織の再編成による費用が莫大だったのが原因という。セイコーは44%下落して、百二十一億円の純益となった。エプソンも59・3%も利益が落ち込んだ。会計処理に係る損失が多大という。
 来年度の決算予想は、一〜三月が悪かったせいで各社とも控えめである。シチズンの予測は、アジア、南米市場が難しいとみて1%の伸び。セイコーはもっと悲観的で、中国・香港市場不況を考え2・7%減の売り上げ予測。日本国内におけるグランド・セイコーや機械時計の強み、ドイツ、台湾市場の好調、オーストラリアにおける新しい戦略展開をもってしても、売り上げ全体の維持は困難らしい。カシオだけが強気、楽観論で、5%の売り上げ増を予想している。但し、時計部門でどのくらい伸びるかは発表していない。しかし、時計では、アナログ時計の充実、電波GPS機能を持つハイブリッド時計の強化、そしてブルートゥースを使って、スマホに連結するスマートウオッチの販売努力を宣言している。エプソンのウェラブル機器部門(時計事業部改称)は、輸出市場を頑張るしかないとみて、7・7%の下落を予想している。
 日本の国内時計市場を展望すると、FH誌によれば、現状はまだしっかりしているが、おおむね成熟しきっている。老齢化によって、腕時計が必要性を持っているかどうかも、解らない。こうなれば、外国市場しかないと全メーカーは思っている。シチズンは、二○○八年に買収したブローバ社と共同して、部品購買と販売の活動に乗り出そうとしている。セイコーは、アジア、中東に現在六十八店舗のブティックを百店舗まで増やす計画である。カシオは、現在八店舗あるGショック店に三、四店舗増やす予定である。
 これは、スイス人記者による記事だが、なかなか良く書けている。敵を知り、己を知れば百戦危うからずの心が生きている。数字はそのまま写してあるので誤りがあれば、指摘願えればありがたい。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(番外編) ■2016年7月13日 水曜日 15時32分23秒

ブランドとマーケッティング

 昔はよく生活必需品という言葉が使われた。今はこの言葉が思い出されるのは、地震とかいった災難に遭遇した時だけである。私達の生活を見回しても、食料品以外に必需品を買っている人は殆んどない。本人は必需品と信じて買っているが、客観的にみると、たいていは不要なものを買っている。おそらく余程困窮している人でもなければ、二年ぐらいは、食料品以外は、一切なにも買わなくても生活していけるだろう。現在の日本で氾濫している商品で生活必需品なるものは極端に少ない。
 スーパーの売上不振がよく報じられているが何故か行ってみれば解る。不振は食料品からでなく、衣料とかその他の一般商品が係っている筈である。生活に必要なものをなるべく安く提供しようとするのが、基本となっている。ところが消費者の方は、そんなものを一向に必要としていない。極端に言えば、必需品なんかいらないのが現状なのだ。私達業界にあてはめてみると、宝石類は元々、必需品ではなかった。動乱の多い国家に住む人々は、いつ国を追われるやもしれないから、金や宝石を買って万が一に備える。ところが我国の歴史では、人々がそういう行動に出ることはなかった。婚約指輪は、一種の必需品だが、あれは、デビアスが、長年にわたって、莫大な宣伝費を使って結婚する男女に植えつけた意識にすぎない。結婚十年目には、ダイアを妻に贈ろうというスイート・テン・キャンペーンは残念乍ら定着しなかった。十年経った日本の夫婦は一般的にさほど、センチメンタルではない。いずれにしろ、ダイアモンドは婚約や結婚にどうしても必要なものではない。時計はかって必需品であったが、今や、その必要性は無限に低下している。 
 実は先日、大阪の時計宝石売商組合の会があって、その席で、私達はこんな不急不要なものを売って商売しているのだから、そこをしっかり認識して、経営する必要があると申し上げた。三十年ぐらい前から、日本の時計メーカーの方々にもいつも同じことを申し上げて来た。人が要らないものを欲しがらせるにはどうすれば良いのか。日本のメーカーのクォーツ攻勢に惨敗したスイスのメーカーが復活したのは、不要なものを欲しがらせるマーケテイングを編み出したからといえる。高級ブランドの世界は一種の人工楽園である。そこで楽しむ人を、いつまでも楽しまさなくてはならない。少しでも綻びが生じると、楽園は崩壊する。そのために製造から販売に至るまで不断の注意を要する。ブランドの楽園性を守るためには、直営店化するのは、事の成行である。この辺の事情は薬屋さんと化粧品屋さんの例を思えば解りやすい。薬屋さんは必需品を売っている。化粧品屋さんはそうではない。従って、取扱いのブランドしか扱っていない店が多い。百貨店の売場に至っては全部直営店である。
 少し視点が変るが、このあいだエズラ・フォーゲルという日本経済分析で有名な学者が、新聞で面白いことを言っていた。要旨はこうである。日本の製造業の技術力が全体として世界一であることを認めるのにやぶさかではない。今後しばらくそうあり続けるだろう。しかしこの二十年、日本経済が低迷しているのは、産業の形態が全く変ったからだ。サービス、インターネットを中心とするIT、通信、金融、投資の方に重点が移ってしまっている。日本の技術力が、こういった、はっきりした形のない、とらえ難い部門に、どうからんで行くのかが、将来の大きな課題だろう。
確かに、日本に比べるとアメリカの方がリーマン・ショックから早く回復している。索引力はかってのGMとかフォード、USスチールではない。スマートフォンであり、アマゾンであり、ペイパル(支払いシステムの会社)である。アナログ人間である私には、よく解らないが、事実は事実。世の中がすっかり変ってしまっている。私だけでなく、日本の産業界全体が老化しているのではないかと思う。銀行は工場があって製品があって、流通していれば、金を貸すだろう。しかし頭の良い連中が十人くらい集まって、朝から晩までコンピュータ画面の前で、とんでもない計画のプログラムを考えているような会社にはきっと金を貸さないだろうと想像する。だからいくら金融緩和しても貸し先は増えない。
 日本経済にとって、輸出は重要である。アベノミクスの円安高価で輸出は好調かというと国民総生産に占める割合は大して変わらない。やはり国内消費のほうが重要であって、僅か二%の消費税増税が先延ばしになったのも消費意欲がそがれるのを恐れた政策である。消費が必需品の購入に当てられるなら、要るものは要るのだから、そう心配することは無い筈である。
この世は不急不要の消費で成り立っている。
 カプコンというゲームソフトを作る大きな会社がある。創業者の辻本憲三さんは、成功したお金で、カリフォルニアに、東京山手線の円内ぐらいの広さのぶどう畑を買ってワイン作りを始めた。最初はいろいろ苦労されたようだが、素人の強みというのか、日本人の感性の生きた、繊細な高品質のワイン作りを可能にされた。そのケンゾー・ワインは今や高価だが、知る人ぞ知るワインになっている。ある時、酒席で、辻本さん自身がこう述懐されたのが、強く印象に残っている。
 カリフォルニアは日光の豊かな土地だから、ワイン造りはそう難しくない。安いワインなら、誰でも造れる。しかし、私には始めからその気はなかった。ゲームソフトは遊びだから、良いものを作らなければ、誰も買ってくれない。安いワインは世に溢れている。私しかできないものを造りたかった。又、販売を酒屋さんにお願いすると、彼等は既成概念で頭がつまっているから、新しいワインなど相手にしてくれないし、置いてくれても、店の奥でホコリをかぶるだけだろう。だから、一流のレストランか料理店に直接買ってもらう努力から始め、客の反応を確かめるために大阪や東京に直営店も持つようになったのです。
 どうせ不必要なものだから、面白くて良いモノを作らないと、世に受け入れられないという、辻本さんの発想は、我々の仕事でも大きなヒントになる。不必要なものを、マーケッティングに莫大な費用を投じて必要品と思わせることに成功したのがビッグ・ブランドです。そんなに金をかけなくとも、やり方がない筈はない。時計や宝石は不必要な分野と強く認識することによって、知恵が発揮されると信じる。お金のない人のマーケティングは、自分のやりたいようにして、それを楽しんでくれる客を見つける以外にない。従って教科書は存在しないのが当然である。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■日本のジュエリー産業の明日を考える 第32回 ■2016年5月30日 月曜日 12時42分10秒

FH誌ひろい読み 番外編 

斉藤洋介さんを悼む

 ワールド通商の斉藤洋介さんが五月十二日に亡くなった。数か月前から病状が重いと聞いていたが、残念の思いが強い。斉藤さんとは、仕事の上でのお付き合いばかりで、友人として日常的に交際をすることはなかったけど、心を許した友であったことは、お互い認識していた気がする。斉藤さんが相手なら、どんな問題でも、友好的な解決に達することが出来ると、最初にお会いした時から直感した。数ある取引先の仲間でも稀有の関係だった。
 栄光時計は、ごく早い時期からスイスの商社デスコを通じて、ホイヤー社のストップ・ウオッチを取り扱っていた。今でもお元気と聞くが、若かったオーナーのジャック・ホイヤーさんは積極的な経営者で、競争相手だったレオニダスを合併し、スポーツウオッチの分野で次々と魅力的な製品を作り出していた。ストップ・ウオッチならホイヤーという定評があって、日本でもよく売れていた。デスコの担当者は、時計の卸売りセールスマンとしては飛び抜けた才能を持っていたまだ新人の増田さんであった。日本市場の成績が良いということで、増田さんと私を、ジャック・ホイヤーさんが大阪の道頓堀にある小さな座敷に招いてくれた。
その時の彼の時計マーケティングについての弁舌のさわやかだったこと、会食中一人で喋り続けてとどまることがなかった。名門チューリッヒ工科大学で電機工学と経営学を専攻と聞いた。その時に時計の世界でのセールスマン教育の重要性を教えてもらった。
 そのうちに、前の東京オリンピックの公式計時を担当したセイコーがスポーツウオッチの部門で力を付けてきて、高価なホイヤーは売れなくなり、いつの間にかデスコも取引がなくなった。
 今調べてみると、ホイヤー社が破綻したのは一九八二年(昭和五十七年)であり、ピアジェが所有していたム―ヴメントの製造会社レマニアに無償で譲られたという。その三年後、アラブ系のTAG社(Tecnique Avant Garde)に売却され、以後タグ・ホイヤーの名で市場に復活することになる。
 丁度日本では、バブルが最高潮であった。斉藤さんのワールド通商はどこでこの名を知ったのか、輸入して雑誌、新聞で通信販売を初め、再びホイヤーの名が国内に現れるようになった。斉藤さんという方は、シャイな性格で時計業界には知り合いもいないし、自分で売るしか方法を知らないので、通販という方法を選んだという。私の方の会社でも、ホイヤーという時計が手に入らないかという要望もあって、担当者が掛け合い、仕入れさせてもらっていた。一年、二年もしないうちに、通販の広告が利いたのか、月の仕入れ額が二千万円近くになった。(後日には二億円以上になった)
 現金決済だし、当時の仕入れは現在とは異なり、手形が常識であった。ロレックスのみが、唯一の現金決済であった。そこでこれを手形にしてもらい、もう少し値切ろうということになった。交渉は僕がすると、部下と二人で当時溜池にあったワールド通商を訪れたのが斉藤さんとの最初の出会いであった。
 実は通販という新しい形態で、こんなに売れている商品を扱っている会社の社長だから、きっと新しいピカピカのオフィスへフェラーリに乗って出勤するような気鋭の青年かと思っていたら、菜っぱ服を着て、小柄で五分刈りの風采が上がらない人が、ニコニコ笑って斉藤ですと現れた。オフィスもなんだか貧相な貸しビルだった。その時の返答は「私どもには、お金はありません。小さな会社で銀行も貸してくれない。従って手形で支払ってもらう訳にはいかない。値引きの方も得た利益は、すべて宣伝費に廻して、将来にかけているので我慢して長く取引してください」と丁重に断られてしまった。しかし言われることはもっともなので、すぐに引き下がった。部下には、社長が交渉に出て行って情けないと思いまへんかと、冷やかされたが、斉藤さんという人に会ったのが幸運だと心中思っていた。そのとき斉藤さんは、面白いことを言った。私はこれまで自動車部品をオーストラリアへ輸出することで、何とか生きてきた。時計で失敗しても、そこで得た利益を全部なくしても、元の商売に戻れば同じです。
 斉藤さんは自分自身の予想に反して、タグ・ホイヤーの代理店として、大成功された。しかし代理店は所詮代理店である。特にうまくいくようになると、御免左様ならといつ契約を切られるかもしれない。こういった危機認識はいつも持っておられた。現実的に、斉藤さんの代理店経営の戦略は百%、本社の言い分を聞くというやり方である。その中でどうして代理店の経営が成り立つのか考えることに徹しておられた気がする。代理権を売却されたホイヤーの場合でも、フランク・ミューラーの場合でも同じである。これと見定めたブランドには徹底的に尽くす。 その間は損して得取れの精神で行くと考えておられた。こういう境地に達する代理店経営者を見たことがない。利用し尽されて、放り出されることがなかったのは、ひとへに斉藤さんの人徳と欲望の少なさによるところであろう。
 スイスの時計ブランドの経営者は、日本人が持っているお得意先の意向を迎える気質に欠けている人が多い。特にブランドの名声を確立した人には妥協性がない。傲慢は、ブランドの属性であると、カルチェで育った友人のフィリップ・シャリオールが私に言ったことがある。こういう人たちを相手に交渉することに、斉藤さんの後半生は過ごされたといっていい。しかし、代理権の対象をホイヤーから、まだ海のものとも山のものとも日本人には解らなかったフランク・ミューラーに移して、大成功しても斉藤さんは虎の威を借りなかった。第一もともとから、表に出ることを好まれなかった。新聞や雑誌のインタビュー出られたこともない。自社の行事でも表の花形は社員まかせであった。業績が好調な時でも、いやいや内情は火の車で、本社との交渉で頭が痛いと言っておられた。恐らく、この人の為なら一生県命仕事をしようと思う社員ばかりであった気がする。
 近年、フランク・ミューラーウオッチランドの仕事を全て、本社に譲渡しましたとの電話を頂いた。斉藤さんは、喘息もちで、酒は飲まない。食べ物に拘らない。ゴルフはしない。宣伝用に一億円もするマクラーレンを買っても、運転免許書は持ってない。社長としての交際も向いてないからといってされない。仕事一本の生活と思われた。これでやっと好きなことに、きっと今度は苦労のない仕事になるだろうが、専心できるだろうと心中で祝福した。それがこの度の訃報である。業界は優しさとユーモアを経営の武器にした素晴らしい人物を失った。私は大切な友人を失った。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌ひろい読み ■2016年5月2日 月曜日 14時58分25秒

工具と仕事場

 フォルクスワーゲンがディーゼルの排ガス規制報告に虚偽があったと昨年米国で大きな問題となった。昨年一年売り上げが、その影響で五%減って、二千億円ぐらいの赤字に陥ったという。日本では、売り上げ台数が四割近く減少したらしい。前に走っている車のVWというマークを見ると、問題はディーゼル・エンジンで、ガソリン車ではないのになぁと気の毒になる。まさしく、風評被害、公害対策も重要だが口害対策も企業は心がけねばならない。良きにつけ悪きにつけ、消費者は本質とは無関係なところに購買決定動機を持つ。
 ロッシーニのオペラ「ゼヴィリアの理髪師」に、悪口を広めたり、人を陥れるのが最強の手段であるという愉快なアリアがある。はじめは陰口をあちこちでささやき(トウィット)する。そのうち噂が広まり大きな暗い影となって、当人の周りに広がって行き、破滅させることが出来るとバリトンが歌う。ご承知のようにロッシーニの音楽の特徴はクレッシエンド(少しづつ大きく速く)である。小さな噂が、だんだん成長し、終わりには巨大になる様子が見事に音楽で表現されている。聞くたびに今の社会の風刺にもなっていると思う。
 VWは性能の確かな車である。二十四歳の時にパリに留学(実は遊学)したとき、父にねだって初めて買ってもらったのがVWのカブトムシであった。パリで父の知り合いであったユダヤ系フランス人に、どの車を買うかの相談をしたら、俺はユダヤ人だからヒットラーが作った車は使わないが、カブトムシは丈夫で故障しないから良かろうと勧めてくれた。本人はユダヤ系企業であるシトロエンのDSというまるで大きなゴキブリのような車に乗っていた。カブトムシの値段は一九六一年当時千ドルだったので、当時のレートで約四十万円弱。
 わが青春のカブトムシは、ヨーロッパ中走り回ったが一度も故障しなかった。帰国しても乗っていたが、丁度東京オリンピックが開催された一九六四年に
名神高速道路が大阪、京都間で開通し、よくこの道を往復した。ヨーロッパでやっていたように、アクセルを床まで踏込んで走ると時速百二十キロ出るのだが、空冷だから音はやかましい。エンジンはびくともしなかった。当時日本製の車で、こんなことは怖くてできなかった。デザインに愛想がないこと以外にVWの車の性能には、今でも信頼を置いている。メッサーシュミットの戦闘機、ライカのカメラ、ゾーリンゲン地方の刃物の品質を絶対に信仰していた世代である。
 一般的にそのころの車は、道路も悪かったし良く故障した。ガソリンスタンドに必ず小さな修理工場が併設されていた。大体内部は乱雑であった。工具類は散らかっていたし、何がどこにあるやら修理工本人以外は解らない状態が普通であった。アメリカのシェル石油が直営スタンドを出し始めた頃で、修理場とはこれほど整然としているかと驚いた。全ての工具が使われてない時は、置くべき場所に、見た目にも美しく置かれている。さすがアメリカと感心した記憶がある。当時の一般市民の台所も、調味料、鍋、残り物が乱雑に置かれていて、今のように食べてない時は、何もなく整然としているお宅は少なかった。つまり道具を誰でも使えるように整然と収納する習慣はまだ普及してなかったといえる。
 まだ太平洋戦争が始まらなかったころ、父は中国の天津で服部時計店の支店長をしていた。社宅と事務所は同じ建物の中にあった。今で言うサービスセンターも併設されていて、十数人の修理職人、主として日本人が働いていた。子供のころから修理の現場を見るのが好きで、いろんなことを職人に聞いていると、父から邪魔したら駄目と良く叱られた。今思い出してもそれぞれがバラバラに独立して個々の仕事に精を出しているようで、整然とした職場という記憶がない。ついこの間まで、時計屋さんといえば、修理の収入が主で、販売はなおざりにされていた。一日中、机の前に座って仕事のできる職業というので、時計屋さんには足の悪い方が多かった。店の奥に小さな修理場があり、コツコツと片目ルーペを目につけて壊れた時計を直すのに専念していた。それは子供の頃よくなじんでいた光景であった。しかし、もうそんな街の時計屋さんはクオーツ時計の出現と共に、急速になくなってしまった。昔の時計職人は、調理人の包丁同様、道具を自分の所持物のように大事にしていた。ねじ回し一つでも、なにしろこれはベルジョンだからな、使いやすいし、大切だということを言ってるのをよく耳にした。今でもベルジョンの工具は、権威を保っている。
 西欧人は不器用だから、道具が発達する。日本人の職人は器用だからあまり道具に頼らないという俗説がある。いまどきの大工工事現場を見ていると、昔のように神業のようなカンナの使い方をする人は少なく、大抵機械で済ましているから、この説の正当性は怪しいものだが、ある程度当たっている。道具は、熟練工がしても、見習いがしても、同じ成果が得られるべく作られる。習熟という領域が低いところから高めるために道具は開発されていく。ベルジョンの時計工具にはその哲学が見られる気がする。
 「ベルジョンは創業二百二十五年、今だイノヴェーションにあくなき追及を怠らない」という新聞記事がFH誌の本年第三号(二月二十五日刊)に載っている。
 フレディリック・フォールという人物が、ルロックルで起業したのが一七九一年だから、フランス大革命の最中で日本では、江戸の寛政三年に当たるから古いことは古い。ただブルゲがパリで時計師として活躍していたから、もう工具屋さんが商売になったのだろう。一九一一年になってからジュール・ベルジョンが入社して経営の舵取りになり、一九二七年に株式会社ベルジョンと称している。一九八九年までは、ベルジョン家の人が経営していたが、現在ではラウジミール・ゼンナーロが社長で筆頭株主になっている。
 ベルジョンの本社は、本部と工場と二つに分かれているが今でもルロックルにある。従業員は約六十名、研究開発に六人が専従している。以前は二割が技術系で、八割が営業系だったが、今は技術系が六割、営業マンが四割だそうである。ベルジョンは、時計机(ベンチ)、やネジ回し、もちろん電子式のも含まれる、時計製造や修理に必要なあらゆる工具を製造しているが、地元でも名前だけは有名だが、何を作っている会社か、ほとんどの人が知らないと、社長のゼンナーロはわが社の製品は、九十%スイス製なのにとボヤいている。写真では五十がらみの品の良さそうな好人物に見える。こんな工具でも年に百点近くの新製品を送り出すほど、技術革新は早いらしい。製品の八十五%時計工業用、十%は宝飾工業用と社長は言っているが、あとの五%はなに用だろう。ひょっとすると医療用かも。日本でもまた、時計修理のアトリエが店頭開示されるのが流行になっている。脇役が脚光を浴びるかもしれない。(栄光ホールディングス株式会社会長 小谷年司)
■FH誌 ひろい読み ■2016年4月22日 金曜日 16時26分13秒

昨年一年間のスイス時計産業の成績表

 丁度、現在の中国人が外国で爆買をする様子を見ていると、かって日本人が同じような行動をしていたのを思い出す。パリのエルメスやヴィトンの店頭に日本人が溢れていた頃、スイスに行った日本人は、必ずと言っていいほど、当時としては高い時計をお土産に買ったものだった。珍しいからでなくて、国外の価格差が、あまりにも大きかったせいもある。
 日本人に海外旅行が自由化された一九六〇年代の終わりから、よく時計小売店の方々と香港にご一緒した。帰りに個人用持ち帰り制限、時計3個までという規制があって、小売店の方たちはオメガやロレックスを買って帰ってきた。時計屋が小売値で買ってどうするか、と聞くと、これで旅費が出たと笑っていた。つまり香港で小売で買っても、国内の卸値で仕入れるよりはるかに安かったのである。しかも、売り上げ伝票は不要。仮に沢山買って正式に輸入しようとしたら、税関は日本の正規代理店の同意書が必要と言ってくる。当然同意などするはずがない。変なところで商社と政府がつながっているという気がしたが、そのうち並行輸入が始まった。外貨が日本に溜まり過ぎて、輸入促進の外圧が強くなった余波と記憶している。
 そのころは、時計の流通機構の複雑さは、当事者でも理解できなかった。たとえば、パテックだと、当時は香港に日本市場への権利を持つ人がいて、その代行権を執行しているに日貿商事が国内にあった。販売の総代理店は一新時計であった。パテックの名声を広めたのは、一新時計の功績と思える。先代社長の西村さんは、旧陸軍士官学校・陸軍大学卒の頭の切れる人だった。銀座にあった自社ビルに大きな屋上広告を作り、どこからでも見えるようにするような、時代に先駆けた感覚を持っていた。ただ私のような関西出身の商人は、市場におもねる点がある。市場性を重視し、自分の意思を市場の要請に重ねようとする。西村さんはいかにも軍人出身らしく、市場を牛耳ろうとする姿勢が強かった。その考え方の一つに、小売値は卸値の倍にすべきだという説である。今有名な世界的ブランドが各地に展開している直営ブランドならば、可能なシステムだから、将来を見据えた戦略ともいうべきだが、いくつもの流通段階で、マージンが抜かれていた当時では、表示小売価格があまりにも高くなってしまう。平行輸入が増加するか、値引きが一般化するか両方だろう。西村さんは、それはメーカーの意思でコントロールできる筈と強気だった。その後メーカーの意思はどうなったか。輸入も卸も、小売りもすべて直営化する方向に向いていった。地球が狭くなり、世界を一つの市場としてみなすと、小売値の決定権をメーカーが持っことが,一番、重要となる。世界市場の小売価格を決定することになって、メーカーの力はますます増大した。最も力の強いものが値を決めることが出来る。入札の談合も、強力な業者の話し合いではじめて成り立つ。太平洋戦争の時も、日本政府は物価統制法を布いた。民主主義の社会では、ありえない。ある強者が値決めするのを独占という。二十一世紀に入るまでは、デビアス社がダイヤモンドの値を決めていた。その独占も終わってしまった。かってのダイエーの中内功は、値は消費者が決めるといって、安売りの路線を突っ走ったが、生活に必要なものを売っていればいい社会が続いていたら、今でも繁盛していただろう。
時計・宝飾業界に君臨しているブランドは、日常生活とは全く関係のない、いわば非必需品を扱っているので、市場支配のマーケティングは、ソフィスティケーションの極みになっている。豊かで文化的で、内面的にも充実した生活を送るには、これはなくしてはと思わせる戦略である。ここ十数年のスイス時計の躍進は、その線上で実現したといえる。テクノロジーの面からみると時計の進歩は、IT関連機器と比べてみると無いに等しい。しかし、さしものスイス時計産業も、このところ苦戦を強いられている。今年もバーゼルワールドは、例年ほどの集客がなかったようだ。
 今年のFH誌二月十一日に発行された第二号に昨年一年間のスイス時計産業の成績表が掲載されている。通年総輸出額二一五億フラン(約二兆五千億円弱)で前年比三・三%減、下降線を辿っている。
 原因は、フランの高騰、香港市場の輸入調整、中国経済の下降、中近東の政治の不安定、ルーブルの下落、テロへの不安で、今年は、前年並みが最善と予想される。総額の九十五%が完製品の輸出で、三十六%減、総数は二千八百十万個で、数は一・六%しか減ってない。しかし、この数は二年前の実績に戻っており、年間の輸出減は、四十六万個であった。輸出数全体の八十%が機械時計。輸出先の地域別でみると、アジア諸国が半分、ヨーロッパ諸国が三十%、アメリカが十%弱といったところ。日本が一・九%増と健闘している。香港は二十二・九%減と激しい。昨年末の商戦期に香港へ行って、時計店の店頭に客がいない光景がよみがえった。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌 ひろい読み ■2016年2月26日 金曜日 13時5分43秒

バーゼルワールド2017

 三月の声を聴くと多くの業界人はバーゼル出張の心づもりをすることになる。イースターはキリストの復活を喜ぶ祭りだが、この祝日は移動祝祭日で、三月二十一日以降の満月の次に日曜日になっている。毎年日が異なる。今年は三月二十七日。因に昨年は四月五日、来年は四月十六日。昔からバーゼルの時計・宝飾見本市は、復活祭の休日が始まる寸前に会期が設定されている。今年のバーゼルワールド(数年前からの公式呼称)は三月十七日から二十四日まで開催される。
 三月のバーゼルはまだ寒いが、四月に会期がずれこむ年だと、北国の常として一度に花が咲く。柳が芽を吹き、連ぎょうや黄水仙、紫色の木蓮、桜や芝桜が満開、目にも鮮やかである。花の復活祭という言葉がぴったりの様相が道のべに繰り広げられる。冬の間、やや陰気に見える街並みが親し気になってくる。
 業界人の多くにとって、バーゼルは見本市に通うだけの街だろうが、学生の身分として、この町で過ごした夏の数日は私には忘れられない。二十五歳にもなって、パリの大学で勉学の真似事をしていたもののフランス文学なんか専攻していても、将来それで食べられる保証もないし、将来どうなるか、非常に鬱屈した気分で過ごしていた。バーゼルの大学には、十九世紀末に二人の人物が教鞭をとっていた。一人は哲学者のニーチェであり、一人は歴史家のブルックハルトである。二人の著作から大きな影響を受けていた。特にニーチェ。俺の思想や行動は、凡百の人間には解らない、人の批判なぞ、構わず好きなように思索して生きろというニーチェの考え方は気に入ってはいたが、自分の才能には自信がない。ニーチェは、二十四歳ですでにバーゼル大学の教授だったではないか。西欧への憧れで心が満ちていたから、欧州に滞在できるのはうれしいが、このままでは単純なる知的浮浪者に過ぎない。知的生産人になるには、どうすればいいのか。現在でも同じ課題は抱えぱなしだが、こんなことばかり考えていた時の夏であった。本当に大切なのは、目の前にある問題を着実に、疑わず解決していくことだが、若いころは、こんな方便みたいなことをしても目的に到達するかどうか解らない、もっと簡便な方策を夢見てしまうものである。ニーチェだって、少年の頃ギリシャ語やラテン語のややこしい人称変化や挌変化を覚えてなければ、後年の思想家はなかった。
 ニーチェは大学の講義と同時に、バーゼルの高等中学校上級生のクラスを受け持っていた。ギリシャの文献をテキストとしてなされる演習は、厳しいが論理的で、しかも感動を与えるものであったらしい。私の京都大学でも、原文のテキストを読み込む演習は、どの先生も素晴らしかった。学問をする喜びが往々にしてあった。フランスの大学では、こっちの言葉が未熟であり、先生の個性に魅了される経験に至らずじまいだった。まあ四、五年の我慢が必要かと今となって思うが、その時は解らない。美術史でもアンドレ・シャステルのような大先生の演習にでたが、二、三回で止めてしまった。仲間がいない、忠告してくれる先輩がいないのは悲しい。一年間でも真面目に出席していたら、どこかの大学の美術史の先生になってたかも知れない。
 バーゼル見本市に毎年通ったが、著中抜け出して、ライン河を見下ろす大寺院(ミュンスター)の庭に時々行った。とうとうと流れる青々とした川面を見ていると、昔のことを思い出す。現在はフェアに出張してきても、市中に泊まれる幸運に恵まれることもなく少なく、通いだし、アポからアポへと多忙なうえ、夜はパーティが目白押し、気の毒極まりない。バーゼルは、街そのものが魅力にあふれた文化都市である。一日ぐらい時間を作って見物に費やす値打ちはある。美術館も多いし、音楽会にもこと欠かない。食べるものもおいしい。
 私が通い始めた頃の五十年程度昔のバーゼルフェアは実にのんびりしていたものだった。小さなメーカーは、人待ち顔で、オーナーが外に立っていたし、有名なメーカーも簡単にブースの中に入ることが出来た。バーゼルワールドを組織しているのは、MCHグループという企業だが、今年のFH誌第一号に、百年の歴史が紹介されている。昔の写真が出ていて懐かしい。
 もともと、この時計宝飾展の始まりは、「スイス製品総合見本市」で、開催主体は協同組合形式で、ムーバと呼ばれていた。ムーバとは、MUBAで、MUSTERMESSE(見本市)のMUとBASEL(バーゼル)のBAの組み合わせである。歴史上バーゼルは、アルプス以南がくる産物を、ライン川を利用して北へ運び、北の製品を南に送る絶好の交換地点であった。独・仏両国に国境を接する利点もある。この地で見本市が発展したのは、地政学的根拠がある。公共性の強い見本市としてはムーバはスイス最大で、一番古く、一九一七年に始まり、以来毎年春に開催され、発展を続けている。中立国のスイスでなければ、第二次大戦中も開催されたというのは考えられない。はじめはスイスの全産業製品の見本市だったが、まず林業からくる木工関係の製品展がホルツ(HOLZ)として、五十年代に独立。続いて建築関係はスイスバウ(SWISSBAU)となり、ガーデニングがジャルディーナ(GIARDINA)、そして時計宝石がバーゼルワールドで、それぞれの分野で世界規模と言われる。
 のんびりしていたと評したのは、組織が協同組合であったためと、時計部門でいうと、日本製のクオーツ時計が世界を席巻して、スイス時計業界が沈滞していたせいだろう。一九八〇年代になって、スイス時計にも活力が出てきたし、見本市も効率的な組織に変貌した。二〇〇三年、チューリッヒの見本市とムーバは合併し、MCHスイス見本市株式会社となった。二〇〇九年に、ホールディング化、MCHグループとなった。バーゼルやチューッリヒのいろんな見本市を傘下に収めるばかりでなく、これまでつみあげたイベントの知識経験を生かして、展示会場の建設会社「エキスポモビリア」、技術系イベント会社「ウィンクラ―」、ローザンヌの展示会設営会社「エキジビット・アンド・モア」やアメリカの同種会社などを保有している。日本の「リード・ジャパン」などにも声がかかっているかもしれない。ムーバは、こんなに拡大しているだが、スイス人はまだ活動の一部門であるバーゼルワールドのことをムーバと呼び続けている。習慣が固有名詞したためだろう。昨年のムーバは、九十九回目で、出展者数も六百十六社、入場者は十三万二千人。付記するとブランド千五百、参加国七十か国、メディア四千三百人。オンラインだけ参加のジャーナリスト三千人。出展者を含めると総勢十五万人になる。バーゼル市全体の人口にほぼ等しいから、ホテルも不足するはず。百年目の今年が盛会であることを願ってやまない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 番外編 ■2016年1月29日 金曜日 14時57分27秒

ホンコン宝飾市場に思う

 年始から国内株式市場は下落を続けている。年末の日経平均株価は一万九千円台だったのが、一月二十五日には一万六千七百円と落ち込んでいる。下落率は、ニューヨークダウより大きい。引き金は、中国経済の先行き不安だろう。それに先立つ中国株の暴落もある。三年前の日銀の大量金融緩和政策は、結果として株価の上昇を生み、富裕層に安心感を与え、百貨店から高額物が動き出し、消費を引っ張り上げたが、この傾向が今後も続くとは限らない。同じく消費の拡大に貢献した中国人を中心とする爆買傾向も継続するだろうか。爆買の恩恵を被っている時計小売店は、その減少を覚悟しなければならない現状だし、爆買いなんか関係ないよという小売店も、また外国人需要が少なくなってもたらされる不況からの影響から逃れることはできない。その上、時計を製造する側からの論理からすると、市場が厳しくなると、小売市場における自社製品の囲み込みを強化して、弱い囲い込みの数は減らしてでも、売り上げと利益を確保するか、売上拡大のために、新しい出口、ネットとか他業種の売り場を開拓するしかない。いずれにしろ、既存小売店には不利な風が吹くことになる。既存小売店には、いよいよその存在価値が、消費者側からも、納入業者からも問われることになる。今年はきっと難しい時代に突入することになる。この予測が外れてくれることを書いている本人が一番願っている。
 さて話が脇に外れるが、昨年末例年のように香港で休暇を過ごしてきた。クリスマス前後になると、普段でも派手な電飾の町が、春節(旧正月)も控え、一層華やかになり、夜の街の輝きは壮観である。海辺のオペラ劇場では、「くるみ割り人形」のバレーを、クリスマス・イブに子供が見た夢の話だから、数回にわたって必ず公演している。馬鹿みたいに、良い老人になっても毎年これを見に行く。香港バレー団の踊り手は、世界に通用する。英国のバレーの伝統と、中国雑技団の示す体のしなやかさを併せ持っている。チャイコフスキーの甘美な音楽に合わせて踊る彼らの美しさに酔いしれる。舞台装置の豪華さには、一日だけの公演で移動する日本のバレーとは違って桁違いに金をかけている。はねてから外へ出ると、イブの夜は、香港中の若者が出てきたような人出。街角で何も起こってないのに交通が遮断され、多くの警官が整理に当たり、平和なデモのごとき様相で、雑踏はノロノロ進む。単なるクリスマスの町のイルミネーション見物に群衆があふれているに過ぎない。冬とはいえ日本の春の宵の気温である。
 こんな夜遅くの賑わいに、香港の景気は良いのかと思うとそうでもないらしい。ホテルにあった地元の英字新聞を読んでいたら、「大手宝飾店は、香港の観光地としての魅力が、中国人にとって薄れてきたので、その対応に迫られている」という記事が出ていた。
 香港における大型宝飾チェーンストアの乱立ぶりには、長年驚かされてきたし、その繁盛ぶりに日本の業者の一人として常に羨望の念を禁じえなかった。
 「周大福」、「謝瑞麟」、「六福」といったチェーンストアーの大型店が、どの街角でも軒を連ねていて、お客がひっきりなしに入っている。日本の客待ち顔の宝飾店では考えられない。繁華街の四つ角が「周大福」に占拠されている場所さえあって、共食いにならないのかと余計な心配をしたり、どうして商売が成り立つのか不思議であった。この十年来中国本土からの客がそれほど多かったといえる。
 新聞の報道によると、売り上げの半分は、中国本土人によるものだったそうだ。現状の家賃の高さに音を上げて、「謝瑞麟」はもっと地元の人に、今ある中心地の店舗を移すといっている。家賃は半分になるし、顧客のサービスは向上し、売り上げも安定する。現実には一等地の店舗を一店閉め、代わりに地元の人々が行く場所に三店オープンしている。「六福」の方は、やっぱり一等地に限る、中国人は戻ってくる。但し、今の家賃は払えないといって、目抜き道りのネーザン街にあった、家賃一か月二百万香港ドル(三千万円)の大店を、同じ通りの小ぶりな店に移転している。家賃は四分の一以下で、売り上げは変わらないそうだ。
 最大手の「周大福」は、どうせ中国人が買ってくれると考えて、中国本土内の免税地区に出店したり、中国人旅行客が行きそうな韓国に進出し始めている。そのうちに日本の百貨店に
「周大福」がテナントとして出てくる可能性もある電器店の「ラオックス」のように。「周大福」の資本力には誰も敵わないから。そうなると日本の宝石チエーン店は震いあがることになろう。最も、新聞記事は、今や香港の一等地の家賃が下がっているのを、カルチェのような世界的ブランドは、絶好の進出機会とみなしていると報じている。
 さりながら、日本人の宝石離れは、近年ますます顕著である。縮小する一方の百貨店独自の宝石売り場にその兆候が出ている。カルチェ、ブルガリ、ショーメといった世界的に有名ブランドは独立して城を構えている。宝石類は原価率が高いので、直営店で小売している。一方、日本最大の宝石商は今やネットジャパンで、年商二千億円という。商売の基本は、宝石をすでに所有している人から買い入れるところにある。本来の売り先から買っている。古い不要な宝石を売り、新しいものに買い替えるならば、業界は活性化するが、多くは「断・捨・離」の生き方の一環である。生活苦から手放すのではない。昔から引き出しの奥で寝ていた指輪やネックレスをもっていったら、温泉旅行に行けたとか、おいしいステーキが食べられた程度の奥さん方が多い。あんなものがお金になって良かったと考えていたりする。
 しかし果たして宝飾品は、人生に不要なモノか。宝石店は時がたてば、不用品になる宝飾ばかりを売っていたのか。売り手側にも、考え直すことが多い。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌ひろい読み ■2016年1月15日 金曜日 14時47分12秒

『時計雑感』

 明けまして、おめでとう御座います。国内の時計販売は、昨年末までは、いわゆるインバウンド景気に支えられて、好況のうちに終わりそうです。日本人は外国へ行って、沢山買物をするという常識が、いつの間にかひっくり返って、外国人、特に中国を始めアジア人が日本で莫大な買物をするのが常識となりました。心斎橋に出ると、通りに飛び交うのは、中国語で、一体、どこに自分は住んでいるのかと思われる程です。大丸・松坂屋グループの自店売上調査結果によりますと、昨年八月から十月までの免税売上は、総売上額に対し東京地区で約四十五%、大阪地区では二十二%となっています。ちなみに他地区ではまだ四、五%です。希望的になりますが、この傾向が今年も続けば、時計産業は安泰を保つとおもわれます。安倍内閣には、中国や韓国とおおっぴらに事を構えて欲しくないと、商人として願う次第です。経済成長がかなりの環境破壊を長年にわたってもたらして来たと言えど、日本にはまだまだ美しい風土と文化、人情が残っています。わざわざ遠くから、買物だけでなくとも訪れる価値のある国です。国内では時計の小売在庫投資が著しかったので、それがどのくらい販売につながるかが、今年の鍵です。 
 しかし、長年の高度成長を誇ったさしものスイス時計業界の長期予測は、スウオッチのような個別企業の鼻息の荒さは別として、全般的に悲観的ないしは慎重です。FH誌の十一月二十五日号によると、一昨年十一月には前年比三%あった時計輸出成長率が、少しづつ右肩下がりになり、昨年八月にゼロに落込み、十月には、マイナス三%に下落しています。これは十月の対香港輸出が四割も減ったこと、対米が十二%減、対日本が、一昨年伸び過ぎたため、伸長率がゼロとなったのが大いなる原因でした。
 FH誌を読む利点は、こういった客観的な統計数字を知ることにあります。数字も大切ですが、企業のPRみたいな宣伝めいた記事やFHの地味な活動報告と共に、まあ退屈の部類に入ります。それを多少救っているのは、アート紙の紙面に鮮明印刷された写真です。人によって興味の有方は違いますが、本年十七号の十月二十九日発刊のFH紙には、私にとって興味深い記事が珍しく掲載されていました。その二、三を紹介したい。
 
「アントアーヌ・シモナン」 

時計好きには二通ります。一つは勿論、時計そのものを買いたがる人、つまり蒐集家のタイプ、もう一つは、文献から入って行くタイプ。時計が面白くて、いろいろ買い漁っているうちに、知識があった方が、効率よく買えることが解ってきて、勉強を始めるのが前者。元々、時計も科学史や文化史を構成するから、まず本から行こうとするのが後者。一橋大学で経済史の先生をして、時計史研究の第一人者と目されていた山口隆二さんは、後者の代表でした。この先生に会うと、あの本を買ってあるがとか、この本は読んだかと、実にやかましかった。先生のおかげで、元々の本好きもあり、ある程度の文献が手元に集っています。ホッタの先々代、つまり以前の堀田時計店の堀田両平さんは、なかなかの趣味人で、もともと時計集めの道楽の方がお好みであったような気がします。ところが山口先生と知り合いになられて、文献も沢山おもちであったのは、先生に強引に勧められたからでしょう。亡くなられて、時計関係の蔵書は跡継ぎの、これまた故人になられた堀田邦彦さんが国会図書館に寄贈された。実は、膨大な量の図書を持つ国会図書館のことだから、死蔵されているのではないかと心配していたら、現在のホッタの社長である峯明さんから「きちんと整理されて堀田文庫として利用されています」と教えてくれた。一方山口先生の文献は、トラック一台分、先生の死後セイコーミュージアムに遺贈された。先生の性格から見て、金目の希講本よりも素人にはボロ紙、研究家には重要な資料が多かったと想像します。整理が大変だろうが、今頃は付いている時期でしょう。いずれにしても、東京では時計史の研究をするのが、便利になったといえます。
 さてシモナン氏だが、業界でおなじみの人が多いでしょう。今年七十七歳。ビエンヌの時計学校を出て、出版業を経営すると同時に、ローザンヌの時計学校の校長を一九七六年から二○○三年まで務めています。スイスの骨董時計協会の機関誌「クロノメトフォリア」の編集長も長くやっていた。ついでながら同様の権威ある機関誌が、英国にも米国にもあるが、この方がスイス時計産業の現在につながっているだけに一番水準が高い。
 シモナン氏が出版した本で、一番有名なのがジュネーブ時計学校の先生だったフランソワ・ルクウルトルの書いた「複雑時計」という技術書で三十年間、版を重ねている。今後サイドビジネスみたいだった時計専門の本屋さんに活動を集中するらしい。出版のほかに三千点もの本を在庫しているという。今後も長生きして活動されることを。時計関係の宣伝ではない本を見つけることは年々難しくなっています。

フェルディナン・ベルトゥー

ベルトゥーは、一七二七年スイスに生まれた時計師で、ひょっとしたら時計史では二十歳年下のブレゲより大きな役割を理論的な著書とマリンクロノメーターの制作で果たした人かも知れない。十八世紀では、航海に絶対に必要とされたのは、洋上の揺れや気温変化にも影響されないで正確な時を刻む時計であった。経度は、その時計によるしか知ることができなかった。
ショパールは、一八六〇年にショパールがクロノメーター懐中時計を鉄道用に開発して名を挙げたブランドであった。今の経営者のカール・F・ショイフレが技術の伝統にもどろうとして、ベルトゥーの名を冠した会社を設立し、その名にふさわしい時計を現代の名工たちを起用して作ろうとしたのも無理はない。その第一号の腕時計がFH誌一七号に写真入りで紹介されています。昔の技術を見事に芸術化した稀代の名品で、時計機構がこれほどまで、芸術的感興を与えることができるのかと感心しました。

スウォッチのデザイナー

 三十年ほど昔、スウォッチの第一号が世に出たとき、もっさりしたプラスチックのデザインで、こんなもので日本の時計に対抗できるのかと、アルバ時計の発売元としてやや胸をなでおろしたものでした。ところが安物であるはずのプラスチックケースの時計が急激に力をつけはじめ、市場を確保するようになった。その理由は、デザインの新奇性以外にはありません。一九八〇年代にマリーズ・シュミットとベルナール・ミュラーの男女のデザイナーが共同でデザインに当たっています。初期の六年ばかりは、二人だけでデザインを起こしていたので、その原資料が四千点ばかり手元に残っていました。昨年の四月に五千八百個の実物のスウォッチが九億円で競売されたので、サザビー社がこっちのほうを十月十日に競売にかけた。いったいいくらで落札されただろうか。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)

■FH誌 ひろい読み 132 ■2016年1月15日 金曜日 13時49分9秒

人口のはなし

 小学生の頃、「鬼畜米英、一億火の玉となって戦おう」というスローガンあちこちでみかけた。戦いが終ってみると「一億総ざんげ」となった。一億人というのは、誇張で、終戦の年、一九四五年の日本の総人口は、七千二百万人であって、人口が一億を越すのは一九六七年(昭和四十二年)である。日本が満州とか中国に海外進出するのは、あの狭い本土だけでは、食べていけないからだと、小学校では教えられた。植えつけられた既成観念はなかなか取れない。人口が多すぎると、国はもたない、貧乏人の子沢山と信じ込んでいた。私の小学校は中国の天津にあった芙蓉国民学校である。ごく最近の朝日新聞によると、終戦時に海外にいた日本人総数は六百三十万人、その半数が軍人・軍属で、残りが民間移住者であったという。我が家もその中に入っている。日本政府は、軍人の帰還はともかく、民間人三百万人も帰国したのでは、住宅も食料も不足して混乱状態となるとみて、一種の棄民政策をとった。「居留民ハ出来得ル限リ定着方針ヲ執ル」と政府は敗戦の前日、各在外公館に暗号電報を打っていた。道理で、私達家族も帰国まで、便が少ないとの理由で一年ぐらい待機させられた。 
 人口の多さが、弱点ではなく長所と認められるようになったのは、中国が経済発展をし始めた頃からだろう。それまでは、あんなに沢山の人がいたのでは、インド同様、永遠に貧困にあえぐことになると思われていた。中国も一人っ子政策を取らざるを得なかった。文化大革命より以前に、広州へ行ったことがあるが、街に溢れるおびただしい子供達の数に驚いて、これだけの数の人間をどうして養うのかと心配した。公園など公共の場所には大きな看板が、一寸みるのが恥しい図入りで、避妊方法が示されていた。その中国が、今や人口減を気にし始めたとは。 
 人口数が経済や政治に、決定的な影響を及ぼすと言い出したのは、人口の増加を悲観的な視点でとらえた古典的なマルサスを別として、最近ではエマニュエル・トッドというフランスの学者である。日本の今流行の人口論はみんなこの人から出発しているといっていい。文芸春秋十月号にのっているトッドの「幻想の大国を恐れるな」という、人口十三億人の中国と如何に対処するかの論文は実に有益である。 
 多くの人口が経済成長率に役立つようになったのは、国内消費が経済に役立つからである。無駄使いをやめて貯金しようという昔の教えは、全く反対になった。六〇〜七〇%というのが日米のGDPに占める個人消費率である。中国は三十五%というから、昔の日本と同じで、まだ一生懸命働いて、輸出で稼いでのが現状のようだ。確かに中国人が消費する意欲が強いのは、日本における彼等の爆買いの様子をみてもよく解る。トッドはあまりにも中国は外需に依存しすぎると言うが、はたしてこの傾向が続くものだろうか。国内でも消費がどんどん上昇するに違いない、と外需依存の頃の日本を知る私には思われる。もしも外需依存によって経済成長が可能なら、それも当時国にとって悪くない気がする。安倍内閣は、円安に踏み切ったが、正式の輸出の数字がさしてのびていないのをみると、先進国間の貿易では、安いから、必ずしも飛躍的にモノが売れるという単純なことでもないらしい。 
 スイスの内需比率がいかなるものか知らないが、時計だけみても内需は旅行者の買う分を入れても、五%ぐらいしかないから、おそらく低いものだろう。七百万という総人口からみても、スイスに内需の拡大を求めるのは無理な話だ。 
 昨年は日本とスイスが国交を始めて五十年であった。それを記念して大阪でも「スイス・モデルを考える」という題でセミナーがあった。基調講演をした上田篤という老建築家が余程のスイス好きらしく「日本も浮かれていないで、スイスの質実剛健な生活や思考を学ぶべきだ」と主張していた。そういえば、戦後すぐに日本は東洋のスイスになるべきだという議論が流行ったことを思い出した。道徳講話としては成立するが、現実的に日本はスイスにはなれもしない。人口が違うことが、歴史や文化の差より、大きい。福祉国家の例としてスウェーデンやデンマークの例がよく持ち出されるが、人口の差を無視して同等の比較を日本とすることはできない。 
 FH誌を読んでいると、従業員が十名から数十名の工場がよく登場する。日本人の感覚でみれば小企業にすぎない。ところが社会的にどれだけの職場を確保して食べさしているかと考えれば、総人口比になってくる。十人働く職場は、日本の百五十人に匹敵する。しかもスイスで製造業に従事する人は全部で六十万人、少ない気がするが労働人口の中で製造業従事者の占める割合が欧州の中で一番高いという。 
 円安で輸出が期待した程増加しなかったのは、すでに海外生産に頼っていた部分が多かったせいと思われる。スイスはスイスネス法案で長年論議されているように、国内生産志向が強い。今年の始めに、ユーロをスイス中央銀行が一定額を買って、両通貨のバランスを取る方策を止めてしまった。ギリシャ危機でユーロの下落をおそれたためである。スイス人の堅実さをほめたいところだが、当然フランの高騰を呼び、輸出が難しくなった。時計の輸出も、前年度を辛うじて維持しているものの下落気味である。六十万人の製造業従事者も、経営者同様強い危機感をいだいて、全ワーカーを束ねる一種の労働組合連合が、この九月十一日に、スウオッチのニック・ハイエックを始め、著名な三人の工業経営者をよんでシンポジウムを催している。我が国で言えば、連合が主催して経団連のお偉方に意見や方針を拝聴する会みたいなものである。まあ、よってたかって、スイス中央銀行の決断は怪しからん、時期が悪いという合唱になる。スイスでも工場を国外に移そうという動きはある訳で、ハイエックはスイス国内製の重要さを指摘して、いくら困難があっても、国内でイノヴエーションをすすめ、国内の総力を集め、スイス製の優位を保たねばならない、とどこかの国の首相みたいな景気の良いことを言っている。スウオッチの好業績からくる自信だろう。とにかく、このFH誌第十五号にのっている新聞記事は面白かった。 
 人口論雑話のついでに。スイスの六十万人の工場従事者のうち、時計関係では約一割の六万人が働いている。事業所の数は六百五十七ある。一種の産業別労働組合があって、集団的に労使交渉が行われている。夏になると、一斉に工場が閉鎖休暇となるのはその交渉による例である。大体八五%ぐらいがこの協定に参加していて、残りは小さな企業である。日本と違って一社だけ抜け駆けというのができない産業構造がスイスらしい。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第十二号、七月十六日刊)130 ■2015年10月29日 木曜日 14時51分5秒

「おことわり」

つい先日のことだが、中之島にあるなじみの鮨屋によった。まだ宵の内だったので、客は誰もいなく、五十代の主人と雑談になった。むかしは、つけ台にのった鮨には目もくれず、煙草をふかしながら酒ばかり飲み、話に夢中な人がいたなあ、禁煙が常識になって良かったと言うと、その代わりITバブルも敵いませんで、鮨食べながら、ケータイばかりみていると答えた。店にも多少敬意を払ってもらいたいという気持が表情に出ていた。四十前後、頭は剃り上げ、黒服にノータイ、リボンにカードをぶら下げ、高級外車でのりつける姿は、傲岸にみえて仕方がない。ITをさっぱり理解しない老人のひがみか。しかしこういった人達が、高価な時計を買って下さる重要な得意先である。悪口は自重した方が良い。 
高級時計の愛用者というと、以前は個人のお金が自由になる自営業者、開業医、俳優業、プロスポーツ関係者、及び明確な職業名のあてはまらない人々であった。それが、ITでお金もうけをした若者達が常用するに至って、高級時計のフアンはふつうのサラリーマンの間にも増えて来た。かって一ヶ月分の給料以上の金額を一個の腕時計に支払って買うのは、若者としては法外な行為とみなされていた。しかし今や、普通になっている。それだけの価値があるのだから、買える人は買えば良いのではないか、というのが世間の見方になっている。一点豪華主義といった、画一された価値にのっとったものでもない。その為に他の出費を切りつめるのでもない。時計の愛し方も、いろいろあるな、と機械ものに関しては徹底的にコスト・パーフォマンス重視の人間は考える。高級時計の製造者にとっては実に嬉しい状況である。
 料亭やらレストランのオーナーにも時計好きが多い。京都の祇園にある、忠臣蔵の大石内蔵助が放蕩のふりをして通ったという、「一力
」の先代も名だたる時計マニアであられた。「一力」の近くに「丸山」という料亭がある。建仁寺の南にも、もう一軒ある。二つ共、昔の町屋を買い取って、建てるより高い費用をかけ、昔通りに完全に修復して、料亭として使っている。材木から始まって調度の隅々まで、主人の丸山さんの意志が明白である。完璧主義は当然調理まで及んでいて、味と美の両方を追求して止まない。この人も無類の時計好きで、当方が時計屋と知っているから、時計の話をし、いつも、調理のヒマに顔を出して行く。このあいだも京都国立博物館で、琳派に関する見事な展観を見たあと祇園の店によってみた。入り口のカウンター席で食べていると、その日は忙しくなかったのか、長く話し相手をつとめてくれた。時計の話ばかりでなく、自分の話もしてくれた。主人は、和服のメッカである西陣界隈で育ったという。西陣の着物屋の話をきいて、スイス時計産業の成立とよく似ているのでハッとした思いがあった。
西陣では、一枚の和服を仕上げるためのあらゆる工程が、独立した職人の分業になっているという。織り、描き、染め、縫い取り、刺繍等等。白い絹の原反から、あとは仕立てれば良いだけの反物にするまで、いろんな人の手を経る。主人は子供の頃、あちこちの職人さんの家へ使いに出されたと言った。美しい和服は、全て一級の職人さんを選んで作られる。優れた料理同様妥協のない世界である。私の母は着物道楽だったが、すれ違った女性の和服の質を言いあてた。ああ、ええもん着てはる。
 一枚の和服は、西陣というコミュニテイの共同作業の産物である。ひとりの業者が全ての職人を雇って一貫生産しているものではなさそうだ。コミュニテイの歴史文化がそこで作られる和服に反映している。バブルの初期、豪華で高価な総絞りというのが流行したことがある。手作業で絞るのだから、人件費の安い韓国で絞ったものが、やや安価で出回った。母は実物を店頭でみて、一言でこんなもんあかんと言い放った。現実はその通りになったが、手作業がかかわる限り文化的伝統を移植するのは、至難の技である。移植可能なのは、すぐれた機械による大量工業生産品である。
 生活を快適にする必需品は、良品で安価であればそれに越したことはない。正確で堅牢な時計はついこの間までは必需品であった。クオーツ時計の出現は、人々の欲求を満たした。安価良品を作る技術において日本は世界に類をみない。日本の経済発展は安かろう悪かろうの概念を駆逐したところにある。
 ところが、ケータイの普及と共に、時計の必要が消滅したといってよい。時計を腕につけているのは、慣習的に見やすいと言う理由にすぎない。時計をつけ忘れたからといって慌てる人は少ないが、ケータイを忘れたとなると心穏やかにしていられないのが、現代である。時計が不要になってから、スイスの伝統的な機械時計が復活した。太陽光で動き続け、電波で正確に時間を制御する時計に比べれば、手巻き時計などは、クランクを手で回して、エンジンを始動させる初期の自動車みたいなものだ。自動巻きといっても、二日も机上に放っておけば止まってしまう。それが何故今の若者達の関心を買っているのか。勿論、各高級メーカーの巧妙なマーケッテイングの影響ということもある。しかしマーケッテイングだけで、説明できないものがある。カルチエやヴイトンは、フランスの、グッチやブルガリはイタリアのブランドである。それが時計を発売するとなると、スイス製を強調する。一時的に、日本の時計メーカーに名を貸したOEMが流行したこともあった。歴史を誇るファッションブランドはみんな名前貸しから手を引いた。日本制の質の高さを知り抜いていたにも拘わらず。スイス製にこだわるのは、やはり時計の生産がスイスの歴史と文化に結びついているせいだろう。私のこれまでの文章はグルグル回りをしてきたに過ぎない。
 F・H誌と表記したのは頭文字を取った「FEDERATION HORLOGERE」(スイス時計産業連盟)の広報誌で、年に二十回発刊されている。この連載を始めた頃は、ザラ紙をホッチキスで綴じたような貧相なものであった。スイス時計の隆盛に従って装丁も立派になり、オールカラーの写真入り、殆んどが、仏、英両語の併記になっている。七十頁程に、連盟の事業報告、加盟組合員約四百社の様子、目立つ新製品の紹介、地元新聞の時計関係記事の転載がつまっている。広報誌だから、抑制された筆致だが、それだけに信用できる。商業時計雑誌のように広告主に迎合した誇張はない。これを読めば二週間ごとに、スイスの時計業界で何が起っているかよく解る。これまで適当な記事を選んで、解説とも印象とも言える文章を書いてきたが、マンネリになって来たのを感じて、月一回の連載を編集長に頼んで変えていただいた。今後は、各号ごとの論評にならないがご了解下さい。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第十二号、七月十六日刊)129 ■2015年9月1日 火曜日 15時57分8秒

時計製造の分業

 今号のFH誌には、時計のケースや、機械部分に彫刻を施す専門家への取材記事がのっている。金銀プラチナ素材の彫刻は、現在でも、機械化されていない。殆んどの工程が手彫りである。幾何学的練り返しの、パターンは、いわゆるギョシネ彫りは機械を使うが、その時でも手作業は重要である。芸術的な模様となると、多種ののみを使った手作業になる。手彫りだと陰影やら光の輝きを計算しつつ仕事が進められるそうである。この専門家はラ・ショードフオンの工芸学校に入学したが、コンピューター使用の部分が少なくて、彫刻の仕事を選んだという。日本でも時計の裏盤の記念文字の彫刻を頼んでも、たいていはコンピューター文字で、実に味気ない。スイスに送って、彫り込んでもらっても、英字は良いが漢字は駄目である。今や、インターネットの時代だから、金属手彫りの名手がいれば、必ず需要があると思う。もしも、お知りの方は御教示願いたい。
 時計には、いろんな種類の分業があって、彫りとか磨きとか、二十ぐらいに分かれている。それぞれメチェ(フランス語では職業、熟練、役割といった意味になる)例えば、工芸学校の工芸は、アール・エ・メチェという。芸術性と職人技を同時に学ぶことを目的とした学校である。ヨーロッパだと、大きな都市に必ず工芸学校があり、学校教育の中で重要な位置を占めている。我が大阪にも、いい工芸高校があるが、大学でないために、忘れられつつある存在である。へんな大学へ行くより、高校の段階で、みっちり職人技と審美眼を養う方がいいと思うのに、学卒でないと肩身が狭く感じる社会なのか。 
 時計の中で、一番地位の高いメチェは、完成品を仕上げる組み立て工である。ウオッチメーカーと英語では言っている。時計の制作初期段階では、一人が時計を全部作っていた。分業になっても、その技術に対する尊敬が持続したのだろう。時計作りも、中世以来のギルド制であった。フランス語ではコルポラションという。英語のコーポレーションにはこの意味はない。親方がいて、弟子に立派な職業教育をするこのシステムは同時に排他的同業組合で、法律で保護されていた。スイスでは、ジュネーヴで時計産業が始まったといえるが、時計のギルドの政令は一六〇一年にすでに発令されている。一六九八年に時計ケースのギルドが独立し、一七一六年時計彫刻師のギルドが制定されている。 
 時計市場が拡大し始めたのが十七世紀の後半からで、このあたりから分業化が急速に歩み始める。一六六〇年頃に、ゼンマイを専門に作る職人達が出て来ている。同時に易しい仕事、下げ鎖とか、機械やケースの磨きの簡単な部分には女性の職工が従事するようになった。そのうちに地板と、歯車をその上に組み上げて完成する職人とが分離してきた。地板はエボーシュのことである。地板は工程に熟練を要さないので、ジュネーヴ市外の職人に外注するようになる。十七世紀には、エナメル琺瑯絵の職人が加わる。ジュネーヴのエナメル絵は、他が真似することが出来ない特産品となった。ちなみに一七八五年、あとで出てくるジャン・ジャック・ルソーの死ぬ三年前だが、この頃のジュネーヴ時計師は景気が良くて、注文に応じられないぐらいであった。それまでは親方一人につき内弟子は二人まで、親方の手伝い二人までと決められていたが、手伝いを三人まで認めると政令は改正されている。いろんなメチエの親方のトップにいるのは組立職人の親方であった。
  ジュネーヴの街は、レマン湖の岸辺は美しいし、近代的な商店街も人目を引くが、やっぱり少し丘を上った、サン・ピエール教会のあるあたり、旧市街が魅力的だ。そこの中心街、昔の銀座通り、グランリュー(大通り)の中ごろに、ジャン・ジャック・ルソーの生家があって、一寸した記念館になっている。少年の頃、ルソーは時計師の修行に出されたと言うが、実は時計彫刻の親方に弟子入りしたのである。五年で一人前に育て上げる契約で金を払い、住み込みで修業するのだが、ルソー十五才、親方は二十一才。かなり乱暴な男だったようである。自由人的な性格を持っていたルソーにとって、仕事ばかりの生活は辛かった。その弟子生活の様子が自伝『告白』に描かれている。仲間達のバッヂ用のメダルをこっそり彫っていたら、贋金を作るのは相成らんと、ぶんなぐられた。という話が出ている。三百年も前の話だから、修業はそんなものだろうと読んでいて思うが、文句をつけるのは流石、人間平等説、幼児教育寛容説のルソーらしい。ルソーは三年間我慢したが、ある日突然、親方の元を逃げ出し、放浪の旅に出てしまう。衝動的にみえる家出が後年の大思想家ルソーを作るが、これは又別の話である。
 ルソーの父イサックも祖父ダヴィドもかなり名の知れた時計師で、作品も残っている。当時のジュネーヴの社会は、フランスのように王制ではなく、共和制であったが、それでも身分制度が存在していた。それは五つに分かれている。一、市民(生粋のジュネーヴ生れ)二、町民(市民の子だが、生れが他国)三、出生民(住民の子だがジュネーヴ生れ)四、住民(在住外国人)五、隷属民(市外に住む農民など)。参政権は一と二とにあり、時計師もこの二つの階層のみ許された。ルソー家は市民階級に属したから時計作りを仕事にすることができた。 
ルソーの思想は、一七八九年のフランス大革命の背景となる。革命はジュネーヴにも波及してフランスに併合される。ナポレオンの失脚後、独立し、スイス連邦に加盟することになる。合併されるまでジュネーヴは小さいながらも独立国であった。韓国人が日本人に対して往々愛憎併存するような同じ気持をスイス人はフランス人に対して、心の底に抱いていることが感じられる。 
 フランス革命直前、ルソーが生きていた時代のジュネーヴの時計産業は、三人から八人ぐらいの工房が沢山あり、一七二五年には、十人の男のうち二人が、一七八八年には十人の男のうち四人がそこで働いていた。一七八四年の統計によると、女性、郊外地区の住民合せて五万人が時計作りにかかわっていたという。年間生産量は十万個であった。工房の中で、特に、部品を組み立て、最終製品に仕上げする人々を、カビノチエと呼んでいた。カビネ(小部屋)から来ている。ジュネーブ製の品質が優秀とされたのは、多くのカビノチェが競争して品質の良さを争ったためとされている。
 部品を買って来て、組立てて売る企業をエタブリサールと言い、部品を社内で作る一貫生産する企業をマニファクチュールという、と書かれ、マニファクチュールの方がすぐれている印象を与えられるが、時計製造の歴史的流れをみると、必ずしもそう単純なものでもない。それを知ってもらいたくこの稿となった。なお前号のFH誌が手元に見あたらず一号飛ばしたことを了承して頂きたい。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第十号、6月28日刊)128 ■2015年9月1日 火曜日 15時55分48秒

時間と人間と時計

 「時間は私たちを包み込み、私たちを形作っている。私たちはそんな時間の中で生きている。でも私としては、時間を良く理解したと思ったことはない。時間が折れ曲がったり、元に戻ったりするとか、時間の体系には今の時間の体系と異なって併存するものがあるという学説のことではない。私が分からないというのは、時計の秒針がコチコチと原則的に刻む普段の生活の時間である。秒針ほどけなげなものはない。時間が鉄を叩き延ばすようにどんどん延びていくのを、私たちに教え告げる苦労と言うか、小さな喜びと言うか、その役目を担っている。感動すると針は早く進み、その逆を感じる心の動きもある。時は進行する度に時は失われる。そしてある時点になると時は決定的に失われ、後に戻ることはない」。
 つい先日、香港で本屋に寄ると、英国の現代作家ジュリアン・バーンズの小説「終わりの感じ」を見つけ、気楽に小説を楽しもうとホテルのプールサイドで読み始めたのだが、冒頭からこの一節が出てきて、考え込んでしまった。
 時計は時間を測る機械だが、測られる時間に関しては、誰も良く解ってない。大哲学者のカントも時間の説明については、お手上げで、時間と空間は人間の意識の底にある二大直観形式と言ったそうである。良く解らないけど存在することは、否定できない。多くの人もこのように考え納得しているだろう。
 秒針の動きを見ていると、未来に向けて直線に進んでいる気がする。もしも、生まれた時をゼロとするデジタル表示をするなら、人は今何歳かと意識する代わりに、今生後何百万何千秒と言うことも出来る。そんな個人的時計も出現するかもしれない。時が未来に向かって、まっしぐらに進行するという考えは、キリスト教徒が、キリストの生誕をもって起源元年としたところから始まったとみなされる。
 時間には、直線性と循環性があるのは、誰でも知っている。夜が明け日が暮れ、一日が終わり次の日が来る。一年も春夏秋冬がめぐり次の年になる。その年も十干十二支の組み合わせで、六十年に一度もとに戻る。明治までは、年は、西欧の十進法と違って六十進法で言った。日本史の勉強は厄介だが、ことあるごとに、明治以前は年号が変わった。時間は年号とは関係なく繰り返されるが、循環するその期間内で新しい決意が生じ、変化が生まれ、いい方向に向かうだろうという期待が生まれる。
 また同じ時間でも、江戸時代は不定時制だから、季節によって昼と夜の時間の長さが異なった。和時計の職人たちは、機械が必然的にもたらす等時性を、文字板の表示のコマを可動にしたり、歩度の異なる脱進器が、昼夜交替する工夫をした。人々にとって昼と夜の時間の長さの隔たりは当然であった。時間の長さは、季節によって違うように、人によっても違うとも思われていた。時間の長さが同じと認められたのは、明治六年、西洋暦法及び定時制が採用されて以来である。それまでは、時計は輸入されていたが、定時制との差があって普及することはなかった。輸入時計にはややこしい換算表が付けられていた。
 その頃スイスでは、時計産業が成熟しつつあり、輸出先を求める機運が高まりつつあった。ただジュネーブ製の時計は人気が高く、売り先にはさして困らなかったようである。幕末近く、幕府はオランダに技術留学生の一団を送っている。その一人は、スイスに出向いて、パティック・フィリップで研修している。帰国して、大阪造幣局に技官として出仕している。
大野規周という人物であった。この人物については、後日触れたいと思っている。明治六年、明治政府は大規模で長期の欧米使節団を、西欧文明を実地に学ぶために組織した。岩倉具視を団長に、新政府の梶をとる要人が殆んど加わっている。米国から欧州各地をめぐり、翌年にはスイスに行き、ジュネーブのパティック・フィリップの工場を訪問している。すでに工場内の分業は確立し、工場外の下請けを含めて三千人の工員が働いていたと報告書には記載されている。大野規周からの進言でこの工場を訪問したものと思われる。
 昨年は日本とスイスとの国交が樹立されて百五十年になった。スイスからの交易使節団が横浜に来たのが一八六三年で、生麦事件が起こり、長州が連合四か国と戦争したり、薩英戦争がおこったり、激動の年であった。幕府にとって、どこにあるのかわからないスイスとの交渉に乗り気になれなかったのは無理もない。結局一年ぐらい待たされ、日本人が良く知るオランダの仲介もあって、翌年に修好通商条約を結んでいる。実は、その四年前に一度使節団が来ていたのだが、代表がリンダウというプロシャ人であったこと、その性格が悲観的であったことでうまくいかなかった。このリンダウと同行して、日本に滞在して商売を始めたのが、ジラール・ペルゴーの義弟であった。今回の使節団の代表は、エメ・アンベールで国会議員であったが、ラ・ショードフォンの出身で、今のFHの前身で五年前に設立された時計製造業者連盟の会長でもあった。エメは、時計やオルゴールは、江戸の住人にとっては、空想上の産物だが、そのうちに売れるようになると、考えていたらしい。長引く交渉の合間に、銅版画家を連れて、日本の各地を歩き、日本の風俗を印刷して、スイスで出版している。「幕末日本図絵」として講談社の学術文庫に入っているから、あの著者かと気づかれる人も多いだろう。使節団六名の中には、知る人も多い。時計製造業のファーブル・ブラントがいて横浜に居残り商館を経営するようになる。司馬遼太郎の小説「峠」に登場する。ブラントもペルゴーもル・ロックルの出身だから、ラ・ショードフォン地区の時計業者の利益代表と考えてよかろう。ジュネーブより大量生産が進んでいて、販売先の拡大がより必要とされていたとみる。
 スイスの政治家が通商の拡大に全力を注ぐのは、今号のFH誌の大統領をはじめほぼほぼ全閣僚が、自由貿易協定終結の為に、インドを訪れた報告でも良く解る。勿論FHからも随員がでている。かって、ドゴール大統領は池田首相と会談した後、あれは政治家でなくてトランジスターラジオの商人だと言った。当時は、情けないと思ったが、今はそれでよかったと思うようになった。理想主義も必要だが通商主義も両両あいまって、平和に貢献し得るからである。年々政治の中でも経済の力が強くなる。
 なお、エメ・アンベール使節団に関するいろいろな資料の展示が、八月二十日から二十五日まで東武百貨店池袋のワールドウオッチフェア催事場の八階で催される。多くの人が見られることを願ってやまない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第9号、6月4日刊)127 ■2015年9月1日 火曜日 15時54分55秒

『時計技術の将来は?』

 昔の商人の子弟は、いくら裕福な商家でも跡継ぎの長男は、なかなか大学なんかにやってもらえなかった。商人が学問すると、他に興味を持ってろくなことにならない。家業がおろそかになるというわけである。大抵は、地元の商業学校に行かされるのが普通であった。成績が余程良いと、小学校から先生が父親に会いに来て、普通の中学を志望させるように説得に来たという話を良く聞く。中小工場主の息子たちはそれが工業学校だった。
 戦前の日本の商工業の発達は、小学校で義務教育は終了であったから、中学段階での五年間の商工業学校の実務教育の充実にあった。大阪のことしか良く知らないが、その子は公立の天王寺商業とか私立の大倉商業、または都島・生野・西成の工業学校出というと、尊敬の目で見られたものだった。勿論、名門中学から三高・京大と言ったコースを進む人に対する尊敬とは異質だが、そういったエリートは庶民の我々には関係ないと、多くの人は考えている。
 敗戦後の日本の教育の失敗は、東大出を中心とする旧帝国大出のエリートが官僚を占有し、軍人の言うがままになったと米国が判断して、エリート教育を排除した事だった。いろんな種類の教育を望んで自由に受けられるようになったのはいいが、この七十年の間にすっかり学歴社会になってしまった。新制商業高校も工業高校も三年間で実務の腕も大して磨けない。出世も早いし、給料も良いから、みんな普通の教育を受けて大学を目指すようになった。しかし、大学は六年生の医学部を除いて、すぐに役立つ実務教育を施すところではないと一般にみなされている。商学部出の新卒は、果たして決算書を読み取ることができるだろうか。まして作るとなるといかがなものか。機械工業出身の新卒は、旋盤を使えないと、例えば時計の設計が出来るかしら。恐らくそんな実務は大学では教わっていなかったというに違いない。日本の場合、実務は大抵就職してから、企業内で教育されることになっている。外大のロシア語科を卒業した学生は、本来ならば明日からモスクワの街頭へ放り出されても、仕事が出来るべきである。それを当然と考える雇用主も本人も、日本にはいない。難しい外交官試験に通ったところで、国費で一年ぐらいは語学研修をさせてくれるのが日本である。
 スイスでも、職工は時計学校出身だけでは不足らしく、ヴァレ・ド・ジュは、ブランパンやブレゲ、エタの工場のある地区だから、スウオッチが特にいくつかある時計製造の職種であるマイクロメカニックの養成機関を作っている。細かい部品の作業をするので、熟練工を必要とするが、現地の学校だけでは人は賄いきれないと、本号に載っている。
 日本にある時計学校は、東京ヒコ・ミズノ時計学校や近江時計学院、あるいは大阪の時計小売組合のやっている職業訓練学校があるが、そのほかにあるかどうかは知らない。しかしどの学校も、修理技術の習得が主たる目的で、製造する人を教育するものではない。中には自分で作りだす人も出てきているが、ごく例外である。学校と言っても、水野さんの所だけが三年制で百八十人の生徒がいて、独占している形だが、あとは十名程度の生徒で、これだけ機械式時計が売れてる現状から見て、修理の職人を確保するだけでも将来大変だろう。
 修理職人の多くは、職業としてこの道に入ってくる。毀れた時計を直すにしても、部品が存在するものしか直したがらない。自分で部品を作るのは手間がかかって仕方がないし、高額を請求するわけにもいかない。根が本当に機械好きなら、何とか動かそうとするものである。時々、車のメカニックで、ぼろぼろになった昔の自動車をピカピカに修復して、喜んでいる人に会うが、日本の時計修理職人で、この種の方にはめったにお目にかからない。頼めば出来る人はいるが、レストアー(修復する)ことに純粋な喜びを持つ人はいない。
 今は時めく、フランク・ミュラー、P・F・ジュルヌ、アントワーヌ・プレジュ―ゾ、クリストフ・クラレアンといった名時計師の面々も、みんな少年のころから時計機械好きで、修理から出発した人である。彼らはみんな、手作りでたった一個の時計を制作することができる。しかし将来、製造機械の方が発達して、手作りの技術は埋没されてしまうことを恐れている。こういった技術は保存する努力をしなければ、失われることは必至である。江戸時代の職人の彫金や金蒔絵を再現できる人は稀少となった。
 前記の名時計師たちと同じような経歴で、ヴァレ・ド・ジュの大メーカーに勤めて、独立した人にフィリップ・デューフールがいる。彼と「グル―ベル・フオルセイ」というブランドで、とても複雑で高価な時計を作っているロバート・グル―ベルとステファン・フォルセイの三人が語り合って、どうすれば手作りの、まず簡素なデザインで三針・手巻き、昔のブレゲが作ったようなトゥールビョン付きの時計を作る技術を誰に教えようかということになった。この計画は二千九年に始まり「時計の生成」計画と名付けられた。白羽の矢を立てられた継承者は、パリのディドロ職業訓練学校の時計の先生をしているミッシュル・ブーランジェだった。先生のミッシュルが、今度は生徒になって、月に一度、ラ・ショードフォンまでやってきて、右記の三人のほかにも、多くのグル―ベル・フオルセイ工房の専門家から教示を受けていた。
 六年計画だったが、この度第一号が完成、販売に付されることになった。実物の引き渡しは来年末になる。その後十一個同じものが作られるが、この売り上げの一部は、技術保存のための財源に用いられる。どのぐらいの値がつくのか、一寸楽しみである。
 この記事は、以前に少し紹介しているが、今号では、実物の写真も出ていたので詳しく紹介した。
 日本的に考えれば技術の伝承など、親方が内弟子でもとって、こっそり、着実に伝えればいいと思うが、こんな仕掛けで世間を騒がせないと、一般の関心は得られないと見たのだろう。そのうちにパリの南西郊外にアトリエを持つミッシュル・ブーランジェさんが日本で講演をする日が来るかもしれない。
 カルチェも一九九三年以来、スイスカルチェ時計制作学校というのを持っている。その学校が時計学校であろうが、職場であろうが経験三年未満二十五歳以下の職人相手に、六四九七というムーブメントを使用したかったデザインコンテストを毎年していて、今年の結果が出ていた。入賞作品を見ても、モダンアートみたいで、時計とは思えない。しかし面白い。賞金としてカルチェの時計というのも面白い。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む (本年第八号、五月二十一日刊)125 ■2015年7月16日 木曜日 12時42分0秒

アーミーナイフ

 日本人の性格を好戦的にみた、米国政府は、第二次大戦の勝利後、占領国日本に武力放棄を根幹とする新憲法を作らせた。確かに、国家間の紛争の解決に武力を行使しないという理念は、理想として素晴らしい。それが空理空論であることは、生みの親である米国が、以来七十年、戦争ばかりして来た事実が証明している。しかし、その間、我が国は平和憲法を巧みにあやつって戦争に係ることを回避して来た。正しい戦争よりも、悪い平和の方が良いというのが実感である。
 ところが、安倍内閣になって、その方針がやや怪しくなってきた。基本的には、これだけ世界が狭くなり、徳川期の鎖国平和主義みたいなことは、言ってられない。世界平和と民主主義の番人でもある同盟国の米国にも多少の義理立てもある。海外で軍事行動の援助ぐらいは当然だろうという論理で、そのために憲法第九条を改正する必要があるなら、国民投票でという腹案らしい。しかし、ここには大きな要因が論議されていない。それは、誰が戦うのかという観点である。今の自衛隊は社会学的にみると応募によるサラリーマン集団である。命を張ってまでも、任務を遂行する人がどのぐらいの比率でいるだろうか。かつての日本帝国軍人とは比較になるまい。平和ボケは国民の間だけではなく、自衛隊でも蔓延している筈である。戦死者が百人単位で、輩出した場合どうなるか。国民に兵役の義務という意識がないかぎり、国民投票など無意味である。
 その点、永世中立国であるスイスは今でも国民皆兵である。兵役に適さない人は、社会奉仕を強制される。女子は志願制である。常備軍は極端に小さく、一旦事あれば、全員が参戦の体勢を取る。ハリネズミ式防衛で、やわな中立ではない。
 国民軍という思考は、ナポレオンが打ち立てたもので、それまでの軍隊はたいてい傭兵制であった。その頃までのスイスは非常に貧しく、主たる収入源の一つは、出稼ぎの傭兵であった。スイス人の傭兵は、勇猛果敢の上に契約に忠実なスイスらしい律儀さで、知られていた。傭兵はいざ土壇場になるといつ裏切るかも知れない。今でも、スイス人の衛兵がヴアチカン公国で、ミケランジェロのデザインした制服でガードしているのは、その伝統の残りである。 
 スイスのお土産の代表は当然時計にチョコレートにアーミー・ナイフがある。アーミー(陸軍)といっても、スイスの赤地に白十字の国旗がついていると星条旗や日の丸がついているのと異なって剣呑な気がしない。国のイメージは、その国の人にはなかなか解らない。よくご存知の色々な道具が収まっている便利な万能ナイフである。何故こんな平和的なナイフにアーミーとついているかというと、スイス陸軍の支給する小銃を解体するために作られた道具から出発しているからである。百年も昔の話だが、陸軍は元々ゾーリンゲンのドイツ製を使おうと予定していたのだが、カール・エルスナーという男が、スイス製でも十分に立派なナイフが出来ると立証したので採用されることになった。ドイツ勢の価格攻勢に耐えるため、エルスナーは、家庭向けの刃物や髪剃り刃などを開発し、多様化によって、アーミー・ナイフの利益をカバーした。いろんな道具が一体になった万能型が売り出された一八九〇年のことである。これが、アーミー・ナイフの製造元、ヴィクトリノックスの出発点であった。会社の現在の公式名称もヴィクトリノックス・スイス・アーミーである。
 この会社の新聞記事が、この号のFH紙に転載されている。
 アーミー・ナイフは一社の專売でなくて、もう一つヴェンガー社が作っていた。時計とナイフをセットにしてアメリカで一九九一年に売り出したところ、これがアメリカ市場を瞬く間に席巻して、その名は米国中に知れ渡った。いつか、バーゼルに行った時、アメリカの時計商が、ヴェンガーはよく売れるといってカタログを見せてくれたが、何だこれはヴィクトリノックスのコピイではないか、と思った程、ヴェンガーの方は日本では知られていなかった。 
 もう一つ面白い事実は、アメリカにヴィクトリノックスを輸入していた会社が、ご本尊より先に一九八四年に時計を作ることを思い付いて、スイス・アーミーの名を商標登録して、アメリカで時計を売り出し、これが成功してスイスのラショードフオンに工場まで作り、購買者にとっては実に紛らわしい事態になっていた。本来ならば本家争いの泥仕合になるところ、二社は、話合いで二〇〇二年に合併し、今の社名になっている。又、この会社は二〇〇五年にヴェンガー社を買収している。
 こういった会社だから工場をあちこちに分散しているので、業績好調の折り、時計部門はヴェンガー発祥の地デレモンにまとめようとする、ヴィクトリノックス社の方針発表が記事である。小売四万フラン以下が、若者向けのヴェンガー(クオーツ)その上が二千フランまでの、機械式を含む、やや高い年齢層のための時計はヴィクトリノックス。工場には二年間で三千二百万フラン(五十億円)の新規投資するらしい。ケースもスイス製と表示する権利を得るための自社製造の予定という。(つまり今は外国製ということ)現在の行員数は百五十名だが、二十名は増員の予定になっている。
 FH誌の編集者はこの会社についてこんな紹介、囲み記事を入れている。紹介しておく。
 一九九〇年以来、刃物のヴェンガーとヴィクトリノックス二社は、製品の多様化を計って来た。ヴィクトリノックス・スイス・アーミーの時計発売は一九八九年、ヴェンガーは一年先行。多様化は時計だけでなくカバン類にも及んでいる。「ニューヨークが攻撃された二〇〇一年十一月十一日以後、免税店でのポケット・ナイフの売上げは激減した。以来多様化の要請は緊急課題となった」と時計の責任者のベヌーナ氏は言っている。ヴェンガー社の破綻は、他にも要因があったが、スイスのシンボルのような名を埋没させるに忍びなかったし、アジア人の手に渉ることも阻止するために、ヴクトリノックスはニ〇〇五年買収に踏み切った。二〇一三年まで、両方が刃物を製造していたが、今はヴェンガーではやっていない。ヴェンガー工場で、ヴクトリノックスが製造している。ヴェンガーの主力は、時計と鞄である。グループ全体から見ると、時計の売り上げが二〇%である。
 余計なお喋りと、ナイフ屋さんの時計の話で紙面が尽きてしまった。終わりにもう一つ、三人の優れた時計師が協力して、まったくの素人に、自分だけの時計を自分で作れる工房「INIITI,UM」というのを作った記事を紹介したり、入門すると、一日か二日で、高級時計が組み上げられるシステムになっているらしい。この世に一つしかない時計を持てるのは興味い話。時計道楽もここに尽きるか。詳しくは、www.initium.chを(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む (本年第六号、四月十六日刊)124 ■2015年6月16日 火曜日 11時23分31秒

今年の「バーゼルワールド」

 バーゼル時計宝飾展が「バーゼルワールド」と固有名詞化されて数年が経つ。バーゼルから毎年春に発信される時計宝飾品の全世界的な情報との意味を込めての命名だろうが、毎年全世界の耳目を集めつつある。富裕階級の消費生活にはあまり興味を示さないはずの「朝日」にもその記事が載るようになった。フランスのインテリ層の読む新聞「ル・モンド」もバーゼルワールド特集号を組みようになって久しい。バーゼルワールド」は、ディズニーランドと同様、公共性をある程度保ちつつも完全な営利団体である。
 「バーゼルW」によって、業界の繁栄が促され、更なる発展を願って出展し、同展が拡大するという好循環が長く続いている。時計・宝飾の世界が意外と狭いというのも、「バーゼルW」の強化に繋がっている。七夕の伝説ではないが、一年に一度でも合っていれば、永く続くうちに親交も生まれ得る。しかも、この世界は主としてユダヤ人、華僑、インド人で成り立ってきた。これらの人々の間の情報共有傾向は非常に強い。今でこそ、出展業者も来訪社もアポイント、アポイントと多忙だが、つい十年ほど前までは、人気ブランドは別にして、大抵の出展業者は、商談よりも近隣外交、つまりおしゃべりの方に時間を費やしていたような気がする。注文をくれないのは客でないという世知辛さは、ごく近年の風潮である。そんなのんびりした時代でも、多くの業者が出費を嫌わず出展したのは、毎年春になると世界中からなじみの、あるいはその予備軍の顧客が訪ねてきてくれるという期待があったからである。こういった交易市の伝統は、バーゼル市の歴史に繋がっている。昔からバーゼルは領主の町ではなく、商人が差配する町であった。会場では、よく「また来年バーゼルで逢いましょう」と握手して別れる光景が見られたものであった。それを言われるたびに、靖国で逢おうでなくてよかったと内心思いつつ手を差し出していた。中世のバーゼルは神宮ならぬカトリックの司教の領土であったことからの連想である。最近は、乗るか反るかの厳しい交渉が多いので、そんなこと言ってはおれない。今が勝負の今日の世界は、今年悪くても、来年は頑張ろうね、、世の中風向きもあるしね、は通じなくなった。風待ちが許されるのは老朽化した船にだけである。
 今号にはFH誌の編集長ジャニ―ヌ・ヴィユミエ女史の詳しい「バーゼルW報告記」が載っている。巻頭に彼女が上手く要約しているので引用する。
 今年はコンピューター連動の時計特集の観があった。「連動性」という言葉を使っていろんな形の時計が、いろんなメーカーによって発表されていた。現物の時計は、数か月以内に、あるいは来年には市場に登場するインテルとか、グーグルと提携して、睡眠時間とか、スポーツのリズム、支払い期日などを時計が指示してくれる。時計が、時間だけを知らせるだけでなく、コンピューターと連動して、別の役に立つ神話時代の始まりで、どこに着地するかは時間がかかるだろう。
 確かに彼女の言うとおりで、行き先は混頓としている。ただ携帯が出現したお蔭で、もう時計が不要になったという議論は、この種の時計の出現で成り立たなくなったのは確かである.例えば、今号に紹介されているフレデリック・コンスタンの「バーゼルW」発表の新製品スマ―ウオッチの外観は、普通の時計と全く変わらない。しかし、制御は、アイフォーンやアンドロイドのアプリで行われ、持ち主には時間表示の観念で情報を伝えるシステムになっている。時計か携帯か二者択一とか、両者併存ではなく、二つあって初めて目的を果たす時計となっている。セイコーエプソンが、今年からこれまでのウオッチ事業部の名を廃止して、ウエラブル(着用可能物)事業部とした。エプソンが何を考えているか理解できるような気がする。
今回「バーゼルW」でコンピューター連動時計を年末に発売すると同様に名乗りを上げているのがタグ・ホイヤーである。インテルとグーグルとの共同開発。新しく社長に就任したギイ・セモンが新聞記者の質問に答えて、この連動時計という列車は、どこへ着くのか解らないが、乗ってみないことにはどうしようもないと言う。五十二才のギイはフランス人で、ブザンソン大学の物理学科出身、航空技術専門家で、フランス空軍のパイロットでもあった。十年来、タグ・ホイヤー社にあって、主として技術開発のトップを担って来た人物。何処へ行くやら、解らんといっても、かなりの予測はついている筈。I・T方面が、連動時計にはついて回るが、時計部分はまだしも、そっちの方の開発は一社だけでは資金的に無理だと分析している。今や、LXMHの時計部門のトップになったクロード・ビーバーさんの秘蔵っ子らしく、「ビーバーさんと仕事が出来るのは、良識の世界に生きることだ」と言っている。
 将来のことはさておき、今年のバーゼルWの数字を概観すると、出展参加国が七十、出展関係者を含め、入場者が十五万人、うち報道関係者のジャーナリスト、四千三百人、オンラインの開催発会には三千人のジャーナリストが参加したと報告にはある。いかに、展示会の成果が広報活動に依存するかの好例といってよい。
 報告の中にJ・デュシェーヌさんの訃報が伝えられていた。同氏は、「バーゼルW」の出展社代表協議会の委員長を寸前まで二十年間勤めていた。FHの副理事長であり、その他業界団体の要職を兼任していた。前号のFH誌にその詳しい経歴が紹介されていたが、六十年間に渉って、ロレックスの広報活動に従事し、特にゴルフ、テニスのスポーツ業界におけるロレックスの名声を確立した功績がある。時計業界全体が悲しみの色に包まれたというから、彼の暖かい人柄と終始おだやかで対話を重んずる態度が、信頼をかち得ていたのであろう。 
もう長らく会っていなかったが、昔はロレックス社を訪問する度に、接待後に出て来た姿が懐かしい。大柄で、早口、実に愛想の良い人だった。ある時、本社工場を訪れた我々グループを、ジュネーブの町外れ、レマン湖に面した美しい借景のレストラン「湖の真珠」亭に招待してくれた。御馳走になったレマン湖の大きな鱒の白ワイン蒸しの美味しさは忘れられない。デュシェーヌさんというと、鱒の思い出につながる。恩着せがましい態度も一切なかった。心から弔意を捧げたい。その後何度か同じ店に出かけたが、二度と同じ鱒料理を味わえなかった。幻の鱒同様デュシェーヌさんも幻の人となった。(栄光時計株式会社会長 小谷年司) 
■FH誌を読む (本年第十二号、七月一日刊)123 ■2015年6月2日 火曜日 11時36分55秒

ブランドはどうして成立したのか

 もう故人になったが、英国人で非常に有名な美術史家で、ケネス・クラークという人がいた。人間味の溢れた専門的な研究も、ダ・ヴィンチやレンブラントについて残しているが、その広汎な学識を使って、一般の人々のために、美術を楽しむ入門書も書いている。文明の歴史を解説したTV番組もNHKで連続放映されたから、憶えておられる人もあるかも知れない。この人の自伝を読むと、生れは、非常なブルジョアで、家業は紡績であったが、一生、広大な屋敷に住み、何もせずに遊んで暮したという。このような境遇の英国人は二十世紀初頭沢山いたらしく、アイドル・リッチ(怠けもの大金持)と総称されていた。 
 そういえば、昔は金持は有閑階級という懐かしい言葉で呼ばれていた。金持とは、何よりも、ぶらぶら暮しても、働かなくて食べられる人々であった。まあ、難しく言うとこうなる。
 「労働を回避することは、たんなる名誉と賞讃に値する行為であるだけでなく、まもなく礼節を保つために不可欠なものになってくる。名声の根拠としての財産の強調は、富の蓄積の初期段階では不可欠である。労働の回避は、慣例的な富の証拠であり、社会的地位の刻印である」(ヴェブレン『有閑階級の理論』高哲男訳)  
 今の日本人にはどうもこの観察は当っていない気がする。元々勤勉な民族だし、貧富の格差が大きくなりつつある現在でも、金持も、そうでない人も同様に仕事で忙しい。プー太郎が尊敬される文化は日本にはない。
 時計や宝石の世界で、長らく生活していると、人生に不要なものを売る知恵ばかり働かしてきたという気がしないでもない。もっともあたりをも回してみると、フアッションを始めとして、同じみたいだ。もしも全員が、必要なものを、必要なだけ買うという、企業の在庫管理の手法をとると、経済はたちまち停滞するに違いない。ところが幸いに、人類は古代から不必要なものを必要としている。ポリネシアの酋長には貝殻の大きな首輪が要ったである。
前記のヴェブレンは、こういったものを顕示的浪費という言葉を当てている。まあ、ミセビラカシということ。首輪のもう一つの価値は、専有的独占である。排他的享受という。地位が高くなれば、顕示的浪費にも排他的享受の道も自然と近づくが、地位が高くなくとも、道はあるよというのが高級ブランドの誘いといえる。
 ヴェブレンは宝石について、こういっている。宝石が美しければ、美しい程、値は高く、希少となる。しかし、値が安ければそうした違いは決して生まれない。
 昔からよく、安物買いの銭失い、と言われた。安物は品質が悪いから結局は損をするとの意味だが、現代の日本では、安くても品質に心配はない。TV通販が繁盛する理由である。一方、安い服は人間を安っぽくみせるという心理的圧迫も人々は持っている。どうせ家で使うものだし、安くてもいい、とも思っている。もしも、日本の社会がもっと社交的になって、自宅に人を招いたり、招かれたりするのが当たり前になると、安い家具や食器は使われなくなるだろう。
 ヴェブレンは、実に興味深い考察をしている。安上りの生活様式をしていると、充分な収入を得る地位にないと思われるのが嫌で、やめるようになったが、そのうちに安上りの生活そのものが、不名誉で価値がないとみなす習慣がついてしまった。世代交代ごとに、称賛に値する支出をするという伝統が引き継がれて、「安かろう、悪かろう」の思考が定着してしまった。だから誇示しようとしない、個人的な消費でも、本来的に浪費的支出をするようになっている。モノの中に、過剰な価格の印を認めたり、モノの使用価値と関係のない差別性を求めたりするうちに、モノの効用の評価基準が変わってくる。所有する誇り、とどうモノとして役立つかの評価が、区別されなくなりひとかたまりで評価される。モノが十分に役立つ条件をそなえていても持つことの誇りとか名誉を与えるものでなくてはいけなくなっている。 
ヴェブレンの本が書かれたには、一九二九年の大恐慌以前で、まだアメリカにはスーパーマーケットが台頭していない頃だった。しかし、「今日では、多少共名誉に値する要素を含んでないモノを供給する産業分野は存在しなくなった」という彼の言葉は、百年後の今日のブランド全盛万能時代を見事に予告している。
 こんなことを長々と書いたのは、今号のFH誌に、LVMHのライバルのケリングが近年買収したジラール・ペルゴーの新社長に就任したアントニオ・カールチェの記事がのっていたからである。
ヴィトンに代表されるLXMH社、グッチのケリング社、両社共に、売っている製品は、我々は一生買わなくても、実生活に影響は一切ない。
ところが両社共、高級ブランドの巨大な牽引車、旭日昇るが如き業績である。名誉を刻印したものばかりを世に出しているせいだろう 
 時計でもケリング社はベダを買収、昨年は、ユリスナルダンを買収している。ジラール・ペルゴー、畧してGPには以前から、資本参加し、五年前にオーナーで、GP再興に大いに寄与したイタリア人ルイジ・マルクーゾが死んだあと、支配株主となっている。マルクーゾの息子二人が後を継いだが、業績不振で、今や中国資本となったコルムから、社長だったカールチェを引き抜いて、新社長に据えつけた。彼との一門一答が新聞から転載されている。このGPと、ジャンリシャールという時計が、彼の領域である。要点は以下の通り。
 G・Pの今年は何とか黒字にできるだろう。今は年産一万五千個はいかないので、四万個ぐらいまで行くとブランドとして安定するが、道は遠い。GP個有の三つの矢型渡しのモデルは、十五万フラン以上もするが、こんなに特色のある時計が、この高価格帯しかできないというのも惜しい。二万フランからの入門型も完成に近い。一方年間二千個で低迷しているジャンリシャールは、二千フランを中心に数万個単位の量生産に転じたい。今でも日本では好調だからうまく行くだろう。これまで時計業界は、世界共通の出荷価格でやって来たが、今後は地域差をつけるようになる。今回欧州向けに七%上げ、スイス、アメリカ、アジア(日本を除く)向きには上げてない。等等。 
 G・Pは、幕末にオーナー一族がスイスから売り込みに来日して、横浜に住みついている。日本人が親しく感じるのも無理からぬ話。今後の発展をいのりたい。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む (本年第四号三月十二日刊)122 ■2015年6月2日 火曜日 11時35分43秒

FHのニセモノ退治

 テレビの「なんでも鑑定団」なかなか面白い。百万円と信じていた親の遺品が壱万円だったり、大したものではなかろうと思っていたガラクタに法外な値がついたり、期待と現実のドラマが楽しい。たかがブリキのおもちゃとしか見えないものに、数十万円の値がつくと、知らない世界があるものだと思う。それにしても絵画骨董の世界は、まあ贋物ばかりだ。父が掛け軸好きで、中国の天津にいた頃からよく買っていたが、本物と言われたものは一枚もなかった。若い時、小遣いにしようと自慢の谷文晁作を一本、こっそり頂いて近くの道具屋に持っていくと、見るなり「あきまへんな」と言い放った。そ知らぬ顔で戻しておいたが、その行方も今や解らない。作家にとって、贋物が出ても、名誉の勲章みたいなもので、何も困らない。作れば相応の値で買ってくれる人がいるからである。偽者のほうが安いから、値を負けろとか、そっちで済みますよという人はいないだろうし、たとえいても相手にしなければいい。生きてるうちに成功した作家というのは、経済学的にみれば、生産能力と需要の釣り合いがうまく取れている状態を言うのだろう。例えば、大観のような著名な作家が、贋物対策で警察に行った話は聞いたことがない。
 ところが、時計のような工業製品となると話が違ってくる。当社は量産メーカーではありませんと胸を張ってみせても、個人の芸術家から見ると、数が違うのである。それに年々ブランドの重要性が増してくる。ブランドを作り上げるには、最新の努力と多額な投資を必要とする。油断すれば、一朝にして力が失速する。売れているのだから、偽者を見逃してやろうとは行かないらしい。蟻の一穴になるやも知れぬ。FHがこの数年贋物退治に躍起となっているのも、わからぬではない。
 以前、FHが地元警察の協力を得て、ドバイの贋物市場を急襲した話を書いたが、贋物市場は過去三年間で三十万個のニセスイス時計をドバイで押収され危険が迫っているせいか、同じ首長国でも隣のアジュマンに移動している。写真でみると、大きな体育館みたいな建物に、中国城・中東中国商品売場中心を漢字で大書している。そして英語とフランス語で同じように。こんな砂漠に近い町に消費があるわけでなく、中継地に過ぎない。今月のFH誌には、このモールを地元警察とFH担当者が捜査令状を持って出かけて行き、一万八千個の時計を押収した報告が出ている。我々の心の奥底では、贋物をそれと解りつつ、売り買いしてどこが悪いという気分がまだ残っている。日本以外の東南アジア諸国ではもっとその気分は強いだろう。食べる為には仕方ない人々もいるやも知れぬ。しかし、ブランドはもうすでに通貨みたいになっている。いかなる理由があろうとも通貨の偽造は犯罪となる。この通念の定着にはFHの執念深い摘発も大いに役立っているとみる 
FHはニセモノ退治には、外交的手腕も発揮していて、この二月に、北京で、FHと、中国時計連合会の首脳陣と、両政府の要人を含めた合同会議を開催している。FH会長のパッシェさんはアリババのようなインターネット・サイトで堂々と偽物が売られるのを阻止するよう中国側に協力を求め、本物の見分け方のセミナー開催の助力を申し出ている。又中国の諸税の高さを指摘して、減額しなければ、外国で、中国人は沢山時計を買って帰るのではないかと示唆もしている。時計産業など一方的に中国側の輸入超過ではないかと思っていたら、殆んど製品だろうが、スイスの中国に対する輸出は、昨年は三・一%下がって、総額十四億フラン、逆に中国からの輸入は、これは部品が主だろうが、七%上昇して八億八百万フランになっている。つまり、このままスイスが中国以外に輸出拡大し続けると、時計分野で入超国になりかねない。スイス製の表示で、スイス国内で長年もめている事情の一端が露出している。

ローマ皇帝マルクス・アウレリウス

 毎号のことだが、FH会員各社の新製品が一つのブランドに重ならないよう、一点づつ紹介されている。その中に、私の会社が代理店をしているサントノーレのエッフェル塔をテーマにした時計が紹介されている。塔が起工される一年前の一八八五年にパリでサントノーレが創業しているので、百三十年記念モデルを、年号に合わせて一八八五個の限定生産という。塔に使用された同じ鉄材を使用して、鉄骨構造を連想させるパターンに仕上げてある。あらゆるメーカーがこの類のことをやって来ているのだが、果して、時計とエッフェル塔がどんな関係があるのかよく解らない。私のようなパリ好きが買うのかなと思うが、いささか心もとない。 
 そんな懐疑的な人間にもこれは欲しいと思う時計が今号のFH誌に大きく紹介されていた。現代の時計作りの名人であるクリトフ・クラレは、以前から、神話などの歴史をテーマとする時計を製作していた。クラレもリヨン出身のフランス人である。今年、満を様したかのように皇帝マルクス・アウレリウスに捧げる時計「アヴェンティクム」を発表した。「アヴェンティクム」とは、ローマの属領であったエルヴェシア(スイス)の首都で、現在は人口二千五百人の寒村アヴァンシュである。アウレリスの皇帝だった二世紀頃は人口二万を超えたといい、野外劇場もあって現在している。一九三九年、ここの古い水道から、マルクス・アウレリウスの黄金の胸像がほぼ完全な状態で発掘された。
 マルクス・アウレリウスは、哲人皇帝と言われている。一ニ一年生まれ、一八の没。養子として皇帝になったが、いかにも養子らしく、ローマ帝国を永続させるための努力を、常に払いながら一生を送った。常に、おそらく自分の為にいろいろ感想を書き残した。それが「自省録」として残っている。日本では、岩波文庫に神谷恵美子の名訳がある。そこから一節を引くと
 「人生の時は一瞬にすぎず、その運命ははかり難く、その名声は不確実である。肉体に関するすべては流れであり、霊魂に関するすべては、夢であり、煙である。人生は戦いであり、旅の宿りであり、死後の名声は忘却に過ぎない。しからば、導くものは何であろうか。一つ、ただ一つ哲学である」
 この記念モデル、金で六十八個、ホワイト金で三十八個作られるという。いくらかは書いてないが高値の花だろう。せめて愛蔵している皇帝の横顔の入ったローマ銅貨をピン止めにして胸に着けるぐらいが我が分際か。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■『FH誌を読む』121『番外編』 ■2015年6月2日 火曜日 11時33分49秒

ネット社会

 マーク・ザッカ―バーグがまだ大学生の時にフェイスブックのアイディアを思いつく次第を描いた映画があった。「ソーシャル・ネットワーク」という題が付けられていた。この題をそのまま日本語にすると「社会的な連絡網」となり、何のことやら良くわからない。老齢者だと社会保障とか、医療保険を連想するかもしれない。そうでなくて、実はスマホを使ってするフェイスブックや、その他のラインやツィッツターなどのように、他人と発信し合って、蜘蛛の糸のように、世界中にはりめぐらせられつつある情報網を意味している。個人は社会から独立してるかのように見えるが、ひとたびインターネット機器を使い始めると、個人の発信した情報は大げさだが、世界を駆け巡る。個人がいつの間にかいわばソーシャル・ネットワークに絡み取られている。
 大分以前だが、アマゾンに良く本を注文していた。数回注文すると、向こうからあなたの好みの本はこれこれしかじかと題名を教えてくれるようになった。概ね当たってなくもない。これを便利と見るかどうか。そのうちに、気持ち悪くなって画面を開かなくなった。論文のための文献探しならまだしも、趣味の読書に余計なお世話という気になる。まだ君の知らない分野だってあるんだぞと威張ってみても無益である。一冊でもその分野の本を発注すると必ず追いかけてくるだろう。まるで、コンピューターと将棋を指すが如く勝ち目はない。本はふらりと本屋に入り、自分なりに主体性を持っている気で買うに限る。
 世界中に携帯までも含めて、三十億台のIT機器が現在し、増え続けているという。世界中の人々は、どこにいようが、同時に情報を共有する可能性を持っている。一般人にとって本気のハッカーは防ぎようがない。プライバシーの尊重を言う人が、メールで自分や友人のプライバシーを他人の眼に平気でさらしている。つまり人は、何らかの形で、ソーシャル・ネットワークにつなげられざるを得ない。繋げるをフランス語では、コネクトと言うが、つい先日発売されたアップル・ウオッチのようなコンピューターに繋がる腕時計をコネクトされた時計と名付けている。その先は当然ソーシャル・ネットワークである。
 このネットワークが、形成されたころから、商品(時計を含む)のマーケッティングが大きく様変わりしてきた。レストランのガイドブックとしてミシュランが有名で、知らない土地へ旅するには、手放せない。知識と経験のある編集人たちが匿名で各店を回り採点している。このように誰かが書くというのが、これまでのガイドである。ところが一方、お店に行った各個人の評価をまとめて出す、ザガードのようなガイドも出てきた。今インターネットでホテルを予約しようとすると、かっての利用者の採点が必ず出てくる。利用者つまり消費者が、大きなソーシャル・ネットワークを形成している。権威になびくかと思うと、必ずもそうでなく、広告宣伝にも弱くもなく強くもなく、気まぐれで不気味な存在である。しかも無視できない実態がある。最近のテレビ番組では、視聴者のメールがすぐにテロップになって出てくるのも、一方的に放送会社が番組を制作するのではなく、ソーシャル・ネットワークを取り込んだ方が得策と考えているためだろう。
 先日慶応大教授の井上哲浩さんの講演を聞いて、これまで漠然としていた考えが、一般消費者の代わりにソーシャルの概念を導入することで一挙に整理された気になった。井上さんによると企業はソーシャルを外部資源とみなすようになっている。資源だから役に立つものとして取り入れている方が、企業の効率化に役立つ。ソーシャルで「いいね」のつぶやきが採れた商品は、大々的な宣伝費をかけずに売れる。ソーシャルの意見をうまく取り入れて作った映画や本や漫画は、失敗がない。ソーシャルというのは、アメーバ―のように正体不明の怪物だが、メッセージという形で必ず正体を現してくる。ソーシャルからの良き反応をいかに取り込み、企業の内部資源にするかが、企業の課題となっている。
 この話を聞いて、時計会社が何故あれだけ、色々な人物をブランドの顔として使っているのか、良く理解された。勿論最初はブランドより、広く有名な人を用いて、ブランド名を広めたいところから始まっただろう。この人も使ってます、素朴な安心感もある。ブランドの顔になる有名人は、アンバサダー(大使)と呼ばれている。ゴルフ、テニス、野球、サッカーをするのに時計は不要である。でもなぜ有名プレーヤーを起用してアンバサダーにするのか。人の行動にしても、飛行機の操縦もしないのに、何故パイロット・ウオッチがいるのか、十メートルも潜らないのに、何故三百メートル防水のダイバーウオッチがいるのか。合理的な人間には良くわからない。どのブランドにも大使を起用するには、各々の理由があるだろう。その人物なりイベントをソーシャル資源の内部に取り込むという観点から抑えると解らないでもない。
 スイスの時計業界は、古いが、有名ブランドで先祖代々、創業者以来脈々と同じ家族でやってますというのは、皆無である。代替わりしたり、身売りをしたりしている。斜陽になった有名ブランドを買い取るケースを見ていると、あんな巨額の金を払うくらいなら、初めから、新しい名の時計を新しい工場で作った方が安かろうにと何度も思ったことがある。だが時計の場合は、歴史的価値というのがやっぱり重要視される。歴史というのもソーシャル・ネットワークが形成されない時代からも、ソーシャルな要素として重要な資源とみなされ値段がつく。古い倒産しかかったメーカーを買収した新しい企業主は必ずと言って、昔の工場の歴史を細目に渉って調べ上げ、豪華本として出版している。これは今の流れでいうと、社内のソーシャル資源の外部化となる。どの会社も良く調べてみるとソーシャル資源はあるものである。トイレが綺麗とか、美人やイケメンの社員が多いとかに始まり、立派な研究施設を保有しているとか。あるいはエコロジーに関心が強いとかの社会的に好意を持たれるソーシャル要素を、ソーシャルの外部資源化に持っていくのが、マーケッティングの最大の眼目だと井上教授は言っている。
 ロッシーニのオペラ「セヴィリアの理髪師」で有名な「悪口のアリア」がある。悪口を触れ回っていると、初めは誰も信用しないが、そのうちに、噂は段々と大きくなって、言われた人間はこの町に住めなくなるというのだが、その逆をいくのである。クチコミでもそうなのに噂はネット上になると急速に広がることもある。自分の周りがいよいよ不気味な空間になっていて、実は困惑せざるを得ない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■『FH誌を読む』120(本年第三号、二月二十六日刊) ■2015年4月14日 火曜日 13時36分46秒

「今の日本は平和ボケ、戦争して良く成るわけない」

 つい先年のことだが、自衛隊は暴力装置と発言して、物議をかもした政治家がいた。軍
事力とは当然その性格を持つている。宣戦布告をするかしないうちに、真珠湾を爆撃するのも、原爆を無警告で落すのも、暴力装置の発動である。その後は日本が、幸いにも戦争に巻き込まれずに七十年間が過ぎた。こんなにも長い間、平和が続いたことは、徳川政権以来なかった。世界でも珍しい。人類は有史以来、戦争に明け暮れて来たといって良い。戦争は外国だけで戦われても、ましてや国内戦だと、その国のあり方を、それこそ暴力的に変えてしまう。日本は、とにもかくにも七十年間同じ路線を走って来た。全ての経験が積み重なって、知恵となり、人間に例えると、そこそこの人生を送って自己満足にひたっている老人みたいになっている。私自身、この七十年の日本を、小学生の頃から見て来た。戦乱で家族の経済生活が、ご破算になり、貧しい暮しから少しづつ脱却して行く様子もはっきり記憶している。畏友の平川祐弘さんが、昨年「日本人に生まれてまあよかった」というベストセラーになった新書本を書かれた。批評精神に満ちた優れた内容だが、私は、ごく単純に、この本の表題のような気持でいる。このままでは、日本は立ち行かなくなる、{その通りとは思う}という焦りから、今の日本は平和ボケと自嘲する人も多いが、戦争をして良くなるものでもなかろう。
 私の父は九十四歳まで生きたが、晩年よくこう言っていた。長生きすると面白いで、考えられんかった新しいことが起こりよる。こちらも、ややその境地に達しつつある。
 時計の世界でも、クオーツ時計の出現は画期的な事件であった。僅か三十数年前のことにすぎない。誰しもがこれで機械時計は、真空管ラジオのように過去の遺物になると信じ込んだ。時計に高い金を払うのは、精度と、それを維持する堅牢性の為であった。どうして高くて精度の低い機械時計が生き残れるだろうか、と考えたのは当然であった。誰も現在のスイス機械時計の繁栄を予想した人はいない。日本の機械メーカーはいっせいにクオーツ化に向って突き進み、スイス勢を圧倒し、世界市場を一時的にだが制覇した。
 今でこそアメリカに旅した多くの日本人は食事が不味いと不服を言うが、戦後すぐの食糧難の時代に、px横流しの缶詰めの戦線食は、食べてみて日本兵は飯盒を持ち歩いて、ご飯なんか炊いて戦っているから、戦争に負けたという人がいるぐらい豪華だった。明治以来日本に入って来た文物は、たいてい工場で作られる。均質の大量生産物であるが由に珍重された。手作りの職人の作るクッキーよりも、森永のビスケットの方を上等とした。時計などの機械ものに至っては、工場でしか良い製品はできないと考えるのが常識であった。ところがスイスでは多少事情が異なる。元々手仕事から出発し、基本的に部品調達網が時代を追って発達して来たので、必ずしも工場制マニュファクチュール{この場合はマルクスの用語}に絶対の信頼がおかれている訳ではない。時計作りの原点はやはり優れた職人の手作業というところがある。しかし、これに気づいて、クオーツ時計の全盛期に手造り時計の良さを信じて発展させた初期の人達は主に外国人であった。
 その代表と言ってよいのは、マルセイユ生れのフランス人で、パリにいた叔父の時計店を手伝い、難しい時計の修理から、製造を手がけていたフランソワーポール・ジュルヌであった。若い頃からその才能は、注目を浴び、スイスの独立高級時計師アカデミー(略してAHCI)の会員に迎えられたり、ガイヤ賞を得たりしていた。二十七歳になった一九八五年にパリでそれまで世話になった叔父の店の隣で独立している。その二年ぐらい前から、すでに一人前と自分で意識していたのか、一昨年に創業三十年のお祝いをしている。パリよりは、時計を作るのには便利なスイスに出てきて、これまた、天才的な電気技師から、時計に転業した、まるでダ・ヴィンチのようなフランス人、パスカル・クールトーがスイス領サンクロワで持っていたアトリエでしばらく働き、一九九六年ジュネーヴで店を開いている。
 今でこそ、時計マニアならだれでも知っている名前だが、二年前には全く無名であった。十数年前に、東京・青山にP/F・ジュールヌという時計専業店が出店し、しかも手つくりだけあって、手が出ないほど高いと聞いて、そんなお店が成り立つものかと不思議に思った記憶がある。伝統的かつ、工業的生産物である時計だけが、世界市場に適しているとしか考えなかったのは、不明の至りである。いつまでも世界の事情は同じとは限らない。それでも時計製造者としての才能と共に、経営者としての才能が両立しなければ今の成功はおぼつかなかったであろう。ジュルヌの場合、両立した希有の例である。フランク・ミューラーにヴァルタン・シルマルクという敏腕の経営者が横にいなければ、今の名声は確立しえなかったと言える。
 ジュルヌの現状はどうかと言えば、従業員が百五十名、うち六十五名がジュネーヴの本社、残りがフランスに向かう街道の町メランで働いている。ここではケースと文字板を作っている。部品も殆んどが自社生産、小売りも自前。年間生産量は約八百五十個。値は二万フランから七十万フランまで(三百万円〜一億円)当然だが、生産力の拡大は狙ってない。
 この号のFH誌には、ジュルヌへのインタビュー記事が掲載されている。彼の返答がなかなか面白い。要約してみると。
 僕はフランス人だからね。やっぱり十八世紀の貴族向けに作られたフランスの時計から影響をすごく受けている。偶々といってもいいけれど、真鍮を一切使わず金ばかりの時計を作りたくなった。もともとローズゴールドは真鍮より硬いしね。贅沢品と真鍮は合わないよ。でも加工業者がいなかったので、二〇〇五年までは、仕方なく真鍮を使っていたが、社内で金の加工が出来るようになって、機械は全部金。アルミで作るスポーツモデルは、例外だが、女持ちは、真鍮を使っている。女性は高いと敬遠するし。コストの殆んどは人件費だから、金の値が上がっても使う量は限られているし、加工した金の在庫は金繰りが必要だが何とかなるだろう。それに、これは当社でしか作っていない。うちで一番高いのは、一億円のグランド・ソヌリー。これは年間三個の生産。一番沢山作っているのが、百二十個のクロノメーターブルー。僕の時計を買ってくれるのは主として収集家だから、もちろん世代も替るし、中古市場にも買ってくれた人の為にも、力を入れている。骨董時計の研究から入ったから、収集家の心理は良くわかっている。
もっと経営面での彼の見解をお知らせしたかったが、残念ながら紙面が尽きてしまった。尻切れトンボで申し訳ない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■『FH誌を読む』119(本年第二号、二月十二日刊) ■2015年4月6日 月曜日 13時3分6秒

「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」

 芭蕉に「行く春を近江の人と惜しみける」という俳句がある。近江人は奥床しいというイメージが出てくる。一方「近江泥棒に伊勢乞食」と言われ、厳しい商売をする人々というイメージも関西にはある。江戸には、伊勢出身の商家が多く、その代表が伊勢丹である。近江からは大阪に出てくる商人が多数で、特に明治以降、繊維関係で財を成した伊藤忠に代表される企業は、殆んど東近江の五箇荘近辺に固まっている。西武の堤家もそうである。西武の創業者・堤康次郎は、政商として強引すぎる欠点もあったが、偉大な企業家であった。ついこの間、堤清二氏が父康次郎の生涯を記した「父の肖像」は、父の生き方に対する批判と愛情の混じった秀作という話を滋賀県出身の人にしたら「ああドテヤスか」と言われたのに、一瞬たじろいだ。ドテは、土手で堤のことである。五箇荘の人々には「売り手よし、買い手、世間良し」で三方得という商売の理念が、昔からあった。堤康次郎は、政治家として世間良しの世界を作ろうとし、実業家としては、売り手良し、買い手良しにとどまったために、特に活動の中心が関東にあり、地元の人々からは「ドテヤス」などと呼ばれたのかもしれない。
 自分が学者の見習いから、食べるために、いわば恩恵的に父の会社に入れてもらった時に一番面白かったのは、結果がすぐ出ることだった。文学の研究などは、結果はすぐには出てこない。一生県命に努力しても、結果が良く成るかどうかは解らない。駄目だと言われても、評価する方が悪いと居直りも出来る。その点、時計の卸業みたいなものは、簡単である。結果は売り上げ一つと言って良い。明晰極まりない。これが実に気持ち良かった。毎日、売り上げをどうして上げるかを考えておけばいい。もちろん、高度成長の始まる以前の需要が供給を上回る良き時代であったが。それに、複式簿記というシステムが実に新鮮に思えた。貸借対照表なるものに、人類の知恵の最高の表現を見た気になった。会社には大学と違ってこんなに見事に、かつクールに出来上がった通信簿があると感服した。
 会社経営の本質は利益の追求である。「売り手良し」に徹底することになる。「買い手良し」も所詮は、自己の利益につながるから、ワンセットと見てよいが、「世間良し」はどうなるのか。利益を上げて、それだけ税金を払えば、自動的に「世間良し」に繋がるという考えもある。しかし、今の肥大した公務員の世界では、税金の無駄遣いが良く発覚するように、効率的社会奉仕とはなりえない。個人・法人ともに高額納税者が一般の人からは、羨望の目を浴びても、尊敬されることは稀である。やっぱり、お金を出すからには、それがどう受け取られて、どう使われるかを自分で見たいのは人情である。何か世間の役に立つことに使ってくださいと、お金を差し出す奇特な人は少ない。寄付という行為にも、やっぱりエゴは働く。ところが、日本には、そもそも寄付という考え方が、段々人々の間で希薄になっている気がしてならない。心の痛みをもたらす情景は、TVとか新聞とか間接的にしか伝わってこない。お金を払うという行為は、何かの対価であると考える習慣が子供の時からついている。「心付け・チップ」を出すこともなくなり、サービス料として勘定書きについてくる。
 私の父は、身内の目から見ても俊敏で、利益に敏い商人であったが、私生活では、無類の寄付好きであった。汚く儲けて、綺麗に使えと日頃言っており、会社では経費の使い方にあれほど厳しいのに、良くあれだけ寄付をするはと思ったものであった。父は服部時計店出身である。初代の服部金太郎のあるエピソードを読んだときには、ははぁーんと頷く点があった。
 渋沢栄一は常日頃、どんな利巧な人でも社会があるから成功することが出来る、だから成功した人は、社会に恩返しするのは当然だと言っていた。服部金太郎も、渋沢の勧誘に応じて、しょっ中寄付に応じていた。ある時、日本倶楽部で、博文館の大橋新太郎と将棋を指していたら、渋沢が現れて、対局中の二人に、今イタリアの骨相学者に合ったら、百七歳まで生きると保証されたよと、ニコニコ顔で報告した。服部は突然駒を投げ出してこういったそうである。「えっそりゃ大変だ。渋沢さんに百七歳まで生きられちゃ、これからどれだけ寄付金の御用があるかもしれん。将棋どころじゃありません。もっと稼がなくちゃ」
 これは渋沢さんの息子であった秀雄氏の伝えるところだが、この種の話は、服部金太郎が信頼した大阪支店長・山岡光盛氏も知悉していたはずである。父は生涯、山岡さんをはじめは上司、のちには師として尊敬していた。この方もかなりの寄付好きであった。父はこの方の土地を借りて家を建てて住んでいたが、土地バブルの時、借地権が数千万円で地上げ屋に地主了解のもとに買い取られたことがある。父は、全額を地元の福祉協会に寄付してしまった。
 この父のお供をして初めてビェンヌのオメガ本社を訪ねたのは、一九六三年であった。父が一番感服したのは製造設備でなく、働く母親女工のために、工場の敷地内に設けられた託児所だった。もう半世紀昔のスイスで、女性に参政権のなかった時代であった。社会的コストを企業が負担しているのを見て、父は「さすがオメガやな」と言った。
 オメガで一九八三年以来、中軽度障碍者の就労を目的とした包装、発送、彫刻と言った障碍者にでも出来る作業の部門を発足させている。その後オメガが、財政危機に陥り、頓挫しそうになったが、とにかく十八年間従業員食堂の一隅で継続していた。一九九三年にエトリ―ヴ財団として独立することになって、ビエンヌ市内に移転している。現在派遣を含めて三十人に仕事場を拡張。一週間に最低二十二時間、多くて三十三時間(通常人の六割から九割)の仕事が与えられている。もちろん仕事は、ISO基準に準じているから、派遣後一年すると常雇になり、普通人同様の待遇となる。当然だが職場や発注主にはスウオッチ系が多い。財団収入は一二一万フランだが、その六割(約一億円)は身障者の仕事が稼ぐという。
 今号には、エトリ―ヴ財団の報告が詳しく載っている。日本でも政府の指導で、全社員に対し一定の割合で身障者を雇用する義務を担っている。私の会社でも指導に従っているが、なかなか積極的になれず、汗顔のいたりである。積極的な企業も多くあるが、まだ珍しいケースだろう。企業エゴイズムから少し脱出して、コストに社会福祉参加の費用を持ち込むのが、一般通念となれば、デフレ対策の一つにもなるだろう。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第一号、一月二十二日刊) ■2015年3月11日 水曜日 14時55分34秒

  冬のマントは脱ぎすてられた。
  寒さと風雨の外套は。
  お日さまの光輝く縫い取りの
  きれいな上着を全身に
  日々はまとって現れる。
  あらゆる鳥やけものども
  じぶんの声で歌いだす。
  冬のマントは脱ぎすてられた。
  泉も小川も河すらも
  銀細工師の水玉の
  同じ柄した服おろす。
  冬のマントは脱ぎすてられた。
 今年の冬は寒かった。三寒四温というが、温となる日は殆んどなかった。この古詩は、フランスの中学生なら国語の時間に必ず出てくるので誰でも知っている。早く春が来ないかと願いながら、詞華集をめくっていたら、昔習ったこの詩があって、一寸ふざけて訳してみた。欧州の冬はもっと寒く長いので、春の到来を喜ぶ気分が良く出ている。FH誌とは関係ないが、今年のバーゼル見本市の開催時期が三月と早いので、こんな日が来るかどうか。
 バーゼルに対するジュネーブで開催される高級時計見本市(SIHH)は一月の開催である。仕事なら仕方ないが、いくら美しい町でも、一月のジュネーブにはいきたくない。バーゼル見本市は、今では正式にはバーゼル・ワールド(BW)と称するが、百貨店であるのに対しSIHHは、専門店街といえる。二十五年前により、静かで、選ばれた人たちだけがやって来る贅を極めた展示会にしようと、バーゼルから独立した形で、五社の出展から始まった。最初は飛ぶ鳥を落とす勢いのカルティエを中心とするグループ五社であったが、そのうちに主旨に共鳴する参加者も入り、現在は十六ブランドで形成され、広さも第一回の四千五百平米から四万平米に広がっている。総入場者数は、約一万千名。これに対してバーゼルは、出店社数千五百社、十五万人の入場者。今号のFH誌には、SIHHのトップ、ファビェンヌ・ルポ女史のインタビューが出ている。SIHHとBWは競争対立関係ではなく、お互いに補いあっていると言っている。私たちは個人的かつビジネスエリートの会合を作りたかったので、最初から考え方が異なる。それにスイス時計産業史のなかで、ジュネーブが果たした大きな意義を再生せしめた功績もあると彼女は主張している。しかし、ジュネーブの両横綱であるロレックスもパティク・フィリップもそっぽを向いてBWの重鎮におさまっている。この二社が将来SIHHに出展する日が来るだろうか。かっては、ジュネーブ製を誇りとしていた二つのブランドが、国際的な名声を得て、ジュネーブの方がこの二社を持つ事を誇りにする時代になっている。
 余談だが、フランス語で「ファブリック」は、英語になったファブリケーション(製造)から連想されるように工場・製造所という普通名詞である。ところが定冠詞をつけて「ラ・ファブリック」というとジュネーブでは時計工場を意味する。工場と言えば、時計工場のことだった。
 二〇〇九年からSIHHサロン(見本市と呼ばず優雅な性格を示すためフランス貴族社会を連想させる言葉を使用)は、バーゼル直後の四月開催から一月に変更した。アジアの業界人は二度もスイスへ足を運ばなくてはならないと、当初は悪評高かった。それでも、こんなことは力の勝負である。いつの間にか業界人は新年と春先の二度はスイスに出かけざるを得ない状況に慣らされてしまった。
 これについて前記ルポ女史は、ブランドは日程前倒しで新製品の発表に大変だったが、いざやってみると、一年の計は元旦にあり(とは言ってないが)やっぱりその年の潮流や傾向を決めるのは年初にかぎる。それに、SIHHの開催に合わせて、小さな独立ブランドがジュネーブのホテルの部屋を借り切り、発表会やパーティをするようになった。これも成功の裏には、犠牲もあるということね、と女史は歯牙にもかけていない。
 スイスは九州ほどの広さの国だが、人々の愛国心はもとより、郷土愛がとても強い。いくら尾羽打ち枯らし無一文になっても、法的に立証された生まれ故郷に帰ると、最低生活は保障されるらしい。こんなことを昔、ロンジンジャパンの社長だったJ・J・アッカーッマンさんに聞いたことがある。日本にだって憲法にのっとった生活保護制度があるが、生まれ故郷に戻っての上というのが違う。日本も故郷帰還を条件にしたら、地方活性化に役立たないだろうか。江戸時代は、幕府という中央政府は存在したが、各藩は一種の治自体であった。今のスイスのカントン(州)制みたいなものである。ところが参勤交代制度があって、地方も徐々に江戸化された。国替えなんかされると、行政部門丸ごとどこかへ飛ばされるので、愛郷心は育ちにくい。おまけに明治維新となると、藩長土を始めとする反幕側の諸藩は新しい権力を求めて上京する。天皇陛下まで、首都東京に新政府は京都から引っ張り出す。戦後七十年を顧みると、東京への人口集中は更にすさまじい。かくして東京は住み心地はさしてよくないが、日本で一番住みやすい便利な町となった。不便な故郷に帰りたいたとはだれも思わない。愛郷心は名のみとなる。故郷に錦を飾ると言ったって今の若者は解らないだろう。言葉だって、東京弁が標準語となり、スイスの四ヶ国語併存とはかなり異なる。
 ジュネーブを除いて、時計工場は大抵田舎にある。工場主は大抵我が町が自慢である。そして大都市嫌いである。ジュネーブ刻印は優れた品質の時計に与えられる偉大な証明であり、歴史も古い。それは解った、では我々の町の刻印を作ろうではないか。それで十年前に始まったのが、フルリェ刻印である。フルリェは時計の町として有名だが、人口千名前後の村落だろう。この近くに一部の工場を持つ三つのブランド、ショパール、パルミジアーニ、ポヴェの三社が検査と証明書を出すフルリェ財団を作った。時計が全部スイスで組み立てられていること。スイス・クロノメーター規格をカバーすること。磁場・衝撃、防水・経年変化の基準値をパス。外見及び仕上げの美しさ。それにフルーリ・テストという日常における人間のあらゆる手の動きを予測する検査機械に入れて、制度を保つことの五点が証明書の条件という。手作りではない工業生産品の時計なら、いかなるブランドでも、中立的に検査して証明書を発行するという。この号で写真いりで財団が紹介されている。内部はモダンで、外見は古い城館風で趣がある。検定料がいくらするか書いてないが、十万円高くていいからフルーリ証明書付の時計を外見は同じでもくれと言う時計おたくが出てくるかもしれない。世の中はどうなるか解らない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌・番外編 117 ■2015年3月3日 火曜日 15時47分36秒

『今岡俊明さんを偲ぶ』

 日本人の百貨店は、どのようなものを扱うか、どのブランドを選択するかについてのマーケッティング戦略は決めるが、実際の売り場の商品は買取ではなく、委託売り上げ、販売員も納入業者という形態がほとんどである。これをテナント制と業界用語でいう。テナント側から見ると、のれんと場所と集金の手間なしに売り上げが取れ、手数料を払うだけで済む。テナントは黒子役に徹すればいい。特に時計・宝飾部となると、専門知識と多額な在庫負担が必要なので、百貨店にとってもテナント制はありがたい。かくて日本中の百貨店の特に時計部は、テナント制となった。一種の協同経営だが、生殺与奪の権は百貨店側にある。
 近年、百貨店同士の競争が激戦となり、系列化するようになって、テナントが競合先と掛け持ちするのを百貨店が嫌うようになった。現在では、テナントも大体系列化されている。
 ところが、九州は奈良朝時代から、副首都として大宰府がおかれたところだから、現在でも百貨店のテナントは地元の業者で(近年、熊本の“つる屋”が例外として)固めている。一種の地産地消である。中でも、博多大丸と下関大丸、井筒屋の小倉、黒崎の両店、長崎浜屋の時計部のテナントをそれぞれ系列的に別会社にして経営しているのが今岡俊明さんであった。今岡さんとはこの二十年ばかり親交があった。お元気だった数年前まで、電車や飛行機に乗るのが平気な方で、良く来阪され、長時間仕事の話をしたものだった。人見知りの強い性格の方だったから、納入業者の中でも少数の知己と親しく深く付き合うタイプであった。業界の催事、お祭り的な社交行事を嫌って、ほとんど顔を出さなかった。頭の良い人だったし、細い体つきで、長寿の相があったが、昨年の大みそかに福岡の自宅で亡くなられた。享年八十四歳であった。
 この二月十日に福岡の西鉄グランドホテルで「お別れの会」があり、弔辞を読めと遺族から依頼され参会してきた。弔辞となると、やはり長い間の人との付き合いを回顧することになる。業界人として生き方に尊敬すべき点の多かった人だったから、その一端を披露して故人に捧げたい。
 大阪に戦前からの老舗時計問屋に今岡時計店があり、昨年だかに百周年を迎えている。戦前の大阪は“そうは問屋が卸さない”と言われるほど、勢力があり今岡家も例外ではなかった。ご自宅もみな何百坪という豪邸を構えておられた。今岡家をはじめとして日本堂の比田勝家、中上時計店の中上家、岡伝蔵商店の岡家、富雄時計店の富尾家など、みな然りであった。今岡さんは本家の出ではないが、育ったのは立派な屋敷だったと回想しておられる。
 小学校は秀才校の奈良高等女子師範付属(奈良女子大)で、中学に相当するのは、戦前宝塚にあった海軍航空隊、これも戦争中のことだから、よほど成績が良く、体力がなければ入れなかったに違いない。このころから、自分の道は他人に頼らず自分で切り開く心構えが形成されつつあったとみられる。もう少しで特攻隊員になっていたかもしれない今岡さんの運命は十六歳の敗戦で一転し、今岡本家に就職する。本家にはすでに跡継ぎのご養子がおられ、セイコーの代理店の社長になっておられた。今岡亀治さんといい、カメさんの愛称で業界人に親しまれていた。昔から船場の大旦那さんは、商売は番頭任せという気風で、カメさんにはそんなのんびりした風情があった。
 今岡さんは就職はしたものの、結核を患い療養生活を余儀なくされるが、回復した二十一歳の時、転機が訪れる。下関大丸が開店した時にテナントとして入店する。二年後、博多大丸が現在の立地ではなく呉服町に開店した時に、下関を弟の道弘さんに譲って、テナントとなる。その当時の大丸の売り上げでは、テナントだけではやっていけなく、セイコーの卸を兼業するようになり、本家から独立。依然として経営は苦しかったが、この時、門司港から韓国へのセイコー輸出ルートを開発したのが、今の会社の経営基盤となった。売り上げが現金で入り、支払いは今までの信用で手形で支払う。当然手元に多額の現金が入るが、今岡さんは多くの甘い若い社長のように、散財しなかった。全部会社に再投資した。これまで資金繰りの苦しさを知っているから、仕入れに実に厳しく、一品ともゆるがせにしなかった。荷もたれ品を安易に返品しなかったのも、信用をますます高めることになった。経費の使い方にも厳しかった。ご本人が遊ばないから、交際費など必要と思ってない。たとえ食事の席でも、話は仕事ばかり。真面目な方であった。自ら実践することを社員にしてみろと教えるから、聴かないわけにはいかない。卸業から身を引きテナント業に専念したがこれも同じであった。
 こう書くと、気難しく退屈な人物みたいだが、男児がいなかったのでご養子の剛さんを迎えると、経営の責にあたるまで、徹底的に教え込んだ後は、大いに隠居生活を楽しまれた。
 十数年以前の初めてのご夫妻スイス旅行に、少しご案内したが、以来十年ほど、春から夏にかけて、ご夫妻だけでアパートの一室を借りて、一か月ばかり暮らされた。あの人ぐらい本当の体で知った本当のスイス通は業界にはいない。外国に行けなくなった後は、阿蘇の別荘暮らし。阿蘇に遊びに来いと誘われたが私はとうとう行けなかった。でも贅沢を我が身に許すことをしない人だった。最大の人生の贅沢は、死の床に家族とともにあって、自宅の窓から望める志賀の島の光景だった。羨ましい人生と言うべきだろう。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 116(昨年の最終号第ニ〇号、十二月十一日刊) ■2015年2月13日 金曜日 14時11分55秒

世界を侵食しつつあるグローバリズム

 グローバリズムは世界を侵食しつつある。いつの間にか日常生活に嫌応なく入っている。野球のボールカウントすら、ストライクよりボールを先に言うようになった。九回裏、ここ一球で勝敗の決する瞬間は、やはり二死満塁、カウントはツーボール、スリースリーでないとどうも土壇場感が出ない。どうでもいいようだが。
 グローバル・スタンダードが重要と言うが、その基準は誰が決めるのだろうか。多くは白人を中心とする先進諸国の人々が作る国か組織である。あれはアメリカ・スタンダードと極論する人も多い。日本の会計基準とアメリカのと異なると、会社の財務を判断するのに不便、つまり株の売買が容易でないと言うので、すっかり米国様式になった。国債だって世界的格付けがあって、三Aとか、破産寸前の三Bとか、第三者機関が付けてくれて、世界中が格付の変化に大騒ぎする。ごくありきたりのレストランの評価でも、ガイドブックのミシュランの格付けがグローバル化している。成る程フランス国内での格付には信頼するに値するが、イタリアへ行くと、その評価に首をかしげざるを得ない。フランス料理を出す店には適用されるが、地元密着の美味しいお店は、避けて通っている。日本でも、和食店にミシュラン採点はあっているだろうか。便利なガイドブックの一つに過ぎないような気がする。旅人の要求を満たすにはベストだろうが。
 伝聞だが、英国の調査機関が世界中の大学のベストランキングを出していて、その百位以内に、日本では東大と京大しか入っていないという。英語を使用言語としない大学はそんなものかという気がする。閣僚や高級役人が悔しがって、教育に力を入れるべきと言っても、ご本人たちがせいぜい、その二つの大学出ぐらいだから、予算の増額を要求するのが関の山だろう。ランキング入りしたけりゃ、世界のベストテン大学の卒業生を多数採用して、エリート教育をする学校を作るのが早道。小学校から英語を教えるなどとは、無駄な撒き餌を広い海面にして回るみたいなものである。英語よりもっと大切なものを今の小学校は教えてない。私の孫二人は日豪混血児で、完全なバイリンガルだが、子供服の宣伝モデルぐらいならまだしも、帰国したところで勉学に有利だとは思えない。
 さて、今号のFH誌には、ローザンヌの有名な経営学を教える学校が実施した「優秀な国際的な人材を育てるのに、どの国が一番か」という調査結果ランキングを初めて発表したという報告が出ている。二十以上の指標とか、世界中の有識者からの四千三百あまりのアンケートを分析し、二十五年間にわたる各国の競争力の変化を比較した結果らしい。我田引水みたいだが、一位は当然スイス。二位がデンマーク、三位ドイツ、四位フィンランド、五位マレーシア。アメリカが十二位、ブービーに近くなると、ベネズエラ五十九位、ブルガリヤ六十位。残念ながら日本が何位かは記事に載ってない。まったく無視されている。ここでいう人材とは、経済とか技術面の人々のことであるから、小国が上位を占めているのは仕方がない。日本で、はたして、若い人の才能を見出した時に、みんなでそれを育てて行く雰囲気があるかというと、否定的にならざるを得ない。出る釘は打たれるという諺まである。研究でも、ある業績を上げると、グループの成果にして、その主役個人を表に出すことは少ない。大抵謙譲の美徳を発揮する。しかし若い時には、功名心に流行り、多少は生意気というのが優れたビジネスマンになる可能性は高い。
 日本の時計業界でも、開発の責任者がスターになることは殆んどない。ましてや、いくつかのムーブメントを設計しても、それは社内だけの話で、独立でもしない限り新聞が取り上げたりはしない。今号のFH誌に、カルティエ時計部門の設計を担ってきたキャロル・フォレスチェという女性への取材記事が載っていた。キャロルは、二〇一ニ年のジュネーブ時計大賞表彰で、その年の最優秀時計師賞を得ている。話が生き生きと面白く、かつカルティエという時計会社で、設計者が個人としてどんな扱いをされているのかが解る。臨場感を出す為に、女性言葉で訳出する。
 男が多い設計の職場で働いて、居心地はいいかという質問だけど、現場の組み立てなんかで、手先が器用な女性の方が、小さな工程を少しづつ、進めるために、たくさん働いている一方、技術開発部には女性は少ないわね。
 私の一家は、みんな時計技術者だったわ。父も、母も兄妹みんなそう。パリ生まれで、スイス人ではないのよ。父が修理工房をやっていて、その中で暮らしていたの。そのうちに時計をばらすようになったけど、兄のように直すより、ばらして、どうなっているのを見るのが好きだった。父はげんなりしていたけど、ばらしてしまって仕掛けに納得いくと終わり。元に戻さない。普通の時計から、パーペチュアルの時計まで分解し、何冊かの文献を読んでるうちに、何となく時計が面白くなってきた。子供の頃みんながマイケル・ジャクソンに夢中だったけど、私だけは偉大な時計師に心酔していた。シャンゼリゼの時計店にダニエル・ロートが来ていてサインをおねだりしたりね。
 父に時計学校に行きたいというと、スイスに行けと言ってくれた。十六の時、ラ・ショードフォンに来て、卒業して免状を貰い、そのまま就職して居付いてしまったの。パリには戻らなかった。だって時計工場なんかないのだもの。
 その頃、カルティエが新しいムーブメントの開発技師を探していたけど、時計の技術を磨きたい人には、宝石店さんのイメージが強かったし、初めはあまり乗り気ではなかったわ。でも二年契約というので、会社がどんな考えか解らなかったけど名も通っていたし、折角だからやってみるかと思い入社したのが始まり。
 今の状況はね、三十五人の仲間とムーブメントの制作に従事している。殆んどが真の技術屋さんばかり。主として、ジュネーブ・スタンプものとか、高級品。はじめから正しい考えで展開していかないと駄目。画面で設計図の発展を見て、細部の仕上げに入っていく時が一番楽しいわ。
 カルティエで素晴らしいのは、時計の形で売れるか売れないかが決まるわけではないの。形はデザイナーと設計者と何度も話し合って決まるわ。いつも何か改善出来ないかを考えてばかり。もっと故障がなく、使いやすくとか。
 私たちが作る新しい考えで設計したプロトタイプは、実際使ってみると、問題が出てきて、袋小路にはまってしまうこともあって、まったく初めから出直しになる。予想なんか出来ないわね。昔からあるムーブメントの改善とは違うもの。発表期限が来て、仕上がらずにマーケッティングの人たちと衝突することもあるけど、シナリオはいつも書いたとおりに行かないことを彼らは最後には解ってくれる。妥協ね。でも結局正しい道はテクノロジーが教えてくれるのよ。
日本の時計設計部門で働く人も、同じように仕事をしているのだろうが、みんな会社のことをこんなにフランクに話す人は少ない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(昨年十一月二十七日刊)115 ■2015年2月6日 金曜日 16時16分38秒

むげに消失させられない過去、整備された公開資料館が必要

 我が家には本と音楽CDが溢れている。生きてるうちに読める筈はないのに、いつか読む日もあるだろうと買ってしまう。今のように中古市場が発達していると、昔は高くて欲しくても変えなかった本やCDに出会うと、つい手が出てしまう。CDは、かけておけば運転しながらでも聞けるが、本は集中しないと読めない.ましてや、文献となると集中度に知識がいる。教育と文献は、経済活動においても欠かすことのできない要素である。時計産業にも、過去を知る足がかりとなる文献は、必要不可欠である。技術は過去を否定することによって長足の進歩を遂げるが、過去を熟知しなければ、否定もない。おそらくこれまでの発展の歴史を研究し抜いて否定するに至るのだろう。
 時計製造は分業で成り立っている。素材を磨くだけの人もいれば、石のセッティングだけの人もいる。彫刻の専門家もいる。主役は組立工だが、それも全部するとは限らない。最終的には、時間を調整する人がいる。まったく同じ機械でもクロノメーターとそうでないのがある。クロノメーターを調整する人は腕前である。最近のタグホイヤーがクロノメーターにはこだわらないという声明を出したのは、調整する職工とクロノメーター協会に提出しても免状を得るコストが高くつくからだろう。昔の機械式時計には、簡易歩度調整器がテンプのところについていて、進んだり遅れたりすると、自分で裏蓋を開けて、+とか−に微調整したものであった。要するに機械時計の精度は調整次第である。クオーツですら、使う水晶によって精度は微差でも異なる。
 ロンジンの工場はサン・ティミエという冬は雪に閉ざされた山中の田舎にあり、二百年近く操業している。はじめは、いろんなところから部品を買ったり、組み立て済みのモノを買って、売っていたが調整が上手いと言うので名を成した伝統がある。すでに物故して七年になるが、ロンジンにフランク・ヴァウシャーという名物調整工で、複雑時計の専門家がいた。一九四七年に入社して、退職するまで四十七年間ロンジンの為に働いた。ニューシャテル(サン・ティミエから小一時間、車で下った湖畔の町)の天文台のクロノメーター・コンクールは一八六〇年から始まっている。ジュネーブは更に古く、一八一六年である。フランクは、ジュネーブでも入賞しているが、主としてニューシャテルで活躍して、最高のギョーム賞を二十八回、クロノメーター承認時計を二百六十五個も出している。この調整工という職種は、杜氏みたいに、あちこちの工場に出向き、一種の臨時専門職であった。ロンジンとかオメガ、ナルダン、ゼニス、バセロンと言ったところが、正社員としていたという。ところが一九七二年のクオーツ・ショックで、コンクールはなくなる。微調整も無意味になって、フランクも「リンドバーグ」のような特殊な時計を制作する部門に移らざるを得なかった。その頃の時計職人が持っていた文献が日ごと失われていくのを見たフランクは、「全ての過去をむげに消出させる訳にはいかない」と将来の為に買い集め膨大な時計産業技術と歴史資料になっていた。
 この号のFH誌では、この資料全部がサン・ティミエに数年前に新設された「ジュラ州経済研究資料センター」に寄贈された記事が出ている。サン・ティミエは、人口五千人足らずの小さな町だが、ロンジンを中心として時計業は多い。フランクもそこで学んだ当地の時計学校は、数ある学校のうちでも、歴史も古く一、二と評価されている。文献は、選別し、分類してないと意味はない。日本の図書館が近年寄贈を喜ばない傾向にあるのは、人手がないので死蔵の恐れが多いためである。堀田時計店(現ホッタ)の先々代の両平さんの時計関係資料も立派なものであったが、国会図書館に寄贈されたあとどうなっただろうか。しかるべき利用者がいるのだろうか。
 サン・ティミエの資料センターでは、ヴォ―シャーの資料も選別・分類の上、一般に公開している。ロンジンの社長を長く務めているフォンケネルさんは、野人風なのに時計文献に深く興味を持っていて、私の会社の書棚を見ては、なかなかよく集めているねと褒めてくれた。他のスイス人の経営者で私の本棚に興味を示した人は少ない。この十年来、パリやロンドンで古い文献を見つけると買ってみるが、新しいのはあまり沢山出版されすぎて買う気になれない。地道な研究が少なくて、ブランドの片棒担ぎが多い。ロンジンの文献も、このサン・ティミエのセンターでニ〇〇八年に選別・分類されている。
 フランク・ヴォ―シェーの文献は技術的なものが多いようだが、これについて京大で経済史を教えているスイス人のイヴ・ドンゼさんが、いかにもスイス人らしいコメントを書いている。
「この資料の一番重要なことは、各企業が競争相手のコピイすることではなく、違いを強く認識させること点にある。この二十年来、アーチストとしての時計作りの時代に回帰しつつある。時計作りの伝統は、再び注目をあびつつある。ブランドは、職人アーチストの持つ深い時計作りの知識や技術とのかかわりを明確化したいと思っている。これがマーケッティングの根源という議論になっている。」
 クオーツの出現が機械時計の危機であった。その頃はもう機械時計は終わりとほとんどの人が思っていた。今の復興を予測した人は少ない。携帯電話をみんなが持つようになり、これで時計が日常生活での必需品の役目が終わった。クオーツも終わりと思えたが、しかるに今でも時計は売れている。携帯どころか今や、スマホ、タブレットといったみんなある方法でつながっていく製品群が大流行である。メガネや時計にも組み込まれた新しい製品がある。(英語ではコネクトされる製品群という)こんな時代に果たして時計がいつまで売れるか。危機感を持つ人は多いはずである。日本にも、日本の時計産業の為に、やはりよく整備された公開資料館が必要ではないだろうか。辛うじてセイコーミュージアムがあるが、メーカー色が強すぎて一般の利用に向かない。各地に転在する時計に限られた博物館は観光客向けである。東京国立科学博物館の時計部門は産業と連携する気分が少ない。
 この号のFH誌には、昨年の十一月にローザンヌで開催された高級時計フオーラムの報告が載っている。現在の社会は、技術の発展によって大きな影響を受け激動している。このまま続くのか、収まるのか。将来の経済状況の主流派どうなるか。急速に変化する社会に高級ブランドはどう受け入れられてもらうのか。若者たちは社会の動きにどう反応するかなどが今回のテーマである。
 このフオーラムは毎年開催されていて、今年は四十四回目という。リッシュモン・グループを主とする高級時計財団と投資銀行大手のジュリウス・ベアーの協力で、一級の講師を選んでいる。エルメスのCEOアクセル・デュマが語り、他の方が現代の若者の行動規範を語り、「スローライフ」の提唱者が、プラグを抜き、ボタンをOFFにして、のんびり生活をすすめ、作家が真の幸福は自己の中にしかないと青い鳥みたいなことを言っている。こんなフオーラムを主催するところに、今は繁栄の極にある高級ブランドの危機感を垣間見る気がする。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む  (本年第十七号十月三十日刊) ■2014年12月17日 水曜日 14時46分12秒

瞬く間の十年の歳月で大きな仕事を成し遂げる

 人間五十年、化天のうちに比べれば、夢幻の如きなり」と信長が好んで謡って舞ったという。化天とは、八千歳まで生命が続く極楽の一種である。男の寿命は、日本では五十歳から八十歳に伸びたが、やはり夢幻であるのは変わりない。女性にとっても「花の色は移りにけりないたずらに、我が身世にふるながめせしまに」なる思いは、いつまで経っても変わらないだろう。
 ましてや、十年ひと昔というが、十年の歳月は瞬く間である。しかしその十年で、大きな仕事を成し遂げる人々も多い。自分の人生でも十年ごとに輪切りにして、回顧してみると、それぞれの十年の節目がターニングポイントになっている気がするものである。
 今号のFH誌には、創立十周年になる超高価・超精密機構の時計を作るグル―ベル・フォルセイ社の紹介が出ている。そのブランドの名が明示するように、会社はロベール・グル―ベルとステファン・フォルセイという二人の時計狂の青年の出会いから始まっている。ロベールは、フランスのアルザス生まれ、父がグル―ベル時計店を経営していたので、小さい時から時計屋になるつもりであった。複雑時計に魅入られて、一九八七年インターナショナル社に入り、同社の複雑時計製造に従うことになる。一九九〇年、ルロックルにあるルノー・エ・パピ社でプロトタイプ作りに専念し、経営陣に加わえられる。蛇足かも知れないが、この会社もジュリオ・パピとドミニック・ルノーの二人が共同で作り、その後AP社の資金援助を得て、APの複雑時計は、ここで制作されている。ロベールは一九九九年に会社を離れ、二年後にステファンと協同して「コンプリタイム」という会社を作る。もともとは、ルノー・エ・パピのように他の高級ブランドへ機械を売るつもりだった。
 一方、ステファン・フォルセイの方は、英国人でロンドン郊外約四十キロの小さな町で生まれている。機械好きの父親の影響を受け、一九八七年頃から古時計の修理専門職人としてロンドンの有名な高級宝飾時計専門店「アスプレー」で働いていた。そのあと、スイスの学校ヴォステップで時計の勉強をし、一九九二年ルノー・エ・パピ社に入り、ロベールのチームに入る。意気投合した二人は、その後退社独立と行動を共にする。最初は下請け専門を狙っての会社だったが、自信がついてきたせいか、一九〇四年に「グル―ベル・フォルセイ社」を創立して、その名をブランドにした時計を発売する。
 バーゼルに出品した初年から高評だったというが、当時としては奇妙な形の時計で、どうして人がこれを腕に着ける気になるか解らなかった。デザインと機構には一種の論理性が存在しているところに、前衛性を好む、機械好きが魅了されたのだろう。一個だけでも高価なトゥールビヨン機構を二つも四つも一つの時計に装備するのだから、恐れ入るより他はない。十年たった今のデザインはすっかり洗練され、しかも内部の精密機械の動きが、可視化されていて、最も進化した機械時計といった感がある。発明者だったアブラム・ルイ・ブレゲ(一七四七〜一八ニ三)の時代から機構的には発展がなかったトゥールビヨンにいかにもモダンな技術的加筆を施した点に魅力があったようだ。
 従業員百二十人を有するこの会社の工場はガラスと鉄とコンクリートのモダンな三階建てだが、斜めに建てられていて、半分地中に埋まっているように見える。隣接する事務棟は、まったくジュラ地方の昔の木造農家。この意外な対照が製品にも出ている。
 この二人は、すでにニ〇〇九年にガイヤ賞を受けているし、製品はあちこちで金メダル級の表彰を受けている。スイスの時計産業を牽引しているのは、巨大なブランドだけでなく、自分たちのような独立した時計制作者であるという自負を持っている。三年前から上海の一等地であるバンドに、「タイム・アートギャラリー」を作り、自社製品を展示するとともに、グル―ベル・フォルセイとほかのジャンルの芸術家と協力して制作した時計に関する作品、またフィリップ・デュフォールとかヴィアネイ・ハルタ―といった現役の名時計師の時計を展示している。またジュネーヴでは「時計の誕生」という企画を作り、パリの時計学校の若い先生ミッシェル・ブーランジェを見つけてきて、まったくの手作りで手巻きのトゥールビヨン付、三針の腕時計をデュフォールも指導協力して、作らせてみたりしている。次の世代を作り、伝統の保持にも熱心である。よくぞ十年で、起業ばかりでなく、社会的な活動も出来るものかと敬服する。十年一日の如き当方は脱帽するのみである。

ジャン・クロード・ビーバー

 景気の良い話の後だが、既存の大企業に目をやると、多少暗い話がないでもない。一九〇八年のリーマン・ショック後、破竹の勢いで発展を続けたスイス時計業界全体にもやや陰りが出てきている。
 見出しに名を挙げたビーバーさんは、一度しか言葉を交わしたことがないが、容姿は赤ら顔のラガーみたいだが、大声で話し暖かな感じの魅力ある人だ。ざっくばらんな人柄。最初は眠っていたブランパンを立ち上がらせ、オメガの経営に当たった。スオッチを離れ、ウブロを買収し、自分ごとLVMHに売り込んだ。今やヴィトンの持つタグ・ホイヤーやゼニットを含む時計部門のトップになっている。この九月にタグ・ホイヤーが四十六人をリストラし、ジュラにある新鋭ムーヴメント工場で技術者四十九人を休職にしている。ついでながらカルティエも何人かを休職させている。
 これを聞きつけた地元の新聞が、ビーバーさんにインタビューをしている。要約すると次の通り。
 タグには千六百人いる従業員のうち四十六人が辞めてもそれほど重大ではない。休職についても一時的なことで戦略的な理由ではない。クロノグラフのラインは、二本も必要ないと判断したからだ。タグの中心的価格帯は、千五百から五千フランの間で、高い自社ムーヴメントを使うよりETAやセリタを使う方が有利と判断した。スイス時計全体では、成長率を四〜六%と見ているが、タグは今のところニ・七%しか伸びてない。中国市場が不調のせいでもない。タグは全体の五%、ウブロは三%以下しか中国に売ってない。その点ゼニスは多少こたえている。でも中国を重要な市場としてとらえていることに変わりはない。今後も開拓に努力する。
 この十年ウブロは、一度も売り上げが前年比を割ったことがない。今年も十三%伸ばしている。今や外国を含め五百人の人々がウブロの為に働いている。ブランパンの時もブランドを確立するのに十年かかると言っていたが、ウブロも全世界から認識されるまでに十年かかっている。サッカーのワールドカップの公式時計にしてもらったのが役立った。
多少の不安はあってもビーバーさんの怪気炎は止まりそうにない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 106(本年第十六号十月十六日刊) ■2014年12月17日 水曜日 14時39分36秒

ボジョレヌーボ解禁日に見るマーケティングの成功例

 十一月の第三木曜、今年は二十日が、ボージョレ・ヌーボーの解禁日である。ブルゴーニュの南にある広大なボージョレ地区でたくさん摘まれるガメイ種のぶどうを晩夏に収穫して、せいぜい一ヶ月ぐらいでワインに仕上げた安酒である。紫色がかった華やかな色合とフルーテイな味わいで誰にでも好まれる。ただスノッブなワイン好きは、眉をひそめる。第一、年を経ても一向に良くならない。昔はカフェで主として立ち飲み用に、安売りされたワインであった。解禁日を作り人気をあおったのは、誰の発案だったのだろう。ボージョレの業者の中に賢いのがいたものである。 
 デビアスの婚約指輪のダイヤモンド・キャンペーン、チョコレートのヴァレンタイン ・デイと並んで、マーケティングの見事な成功例といえる。
 時の記念日を国民の休日にしようという運動があるが、そんな持って回った販売促進よりも、六月十日は、時計を誰かに贈る日のキャンペーンをおこした方がいい気がする。ただ日本の場合、メーカーはセイコー、シチズン、オリエント、カシオぐらいしかないし、お互いに競争相手だから、どこが金を出すかが問題になる。デビアス社ですらも、あの婚約キャンペーンに、他の鉱山のダイヤモンドがタダ乗りするのを嫌って、止めてしまったぐらいである。日本が高度成長を謳歌し始めた時代、つまり一九六四年の東京オリンピックから、七〇年の大阪万博の頃、国内市場におけるセイコーのシェアは七割に近く、幹部達が独占禁止法に触れぬよう細心の注意していたような良き時代であった。春になると進学した学生に時計を贈ることが一種の習慣になっていて、四月は時計屋さんのかき入れ時であった。全国に時計小売店の数は三万軒近くあったとされ、ほとんどが加盟していたいはゆる全時連とセイコーがタイアップして春の時計祭りを催すと面白いほど時計が売れた。今、八十歳前後の時計関係者は、夢のような昔と懐かしく思い出すだろう。シチズンも又よく売れていた。安くて良い消費材なら、あとは宣伝さへすれば売れたのである。大量生産に素直に対応してくれる大量消費社会、いわば水をいくらでも飲み込む砂地が存在したのである。一方スイス時計は、かつての設備投資にひきずられ、新しい生産技術の導入がおくれていた。だから一九七二年頃から急速に輸出が低下し始め、十年後には、数量で半数以下に落ち込んでしまい、スイス時計産業は消滅の危機にあった。クオーツのせいだろうと推測される向きも多いだろうが、機械時計の生産量すらも、その時は日本がスイスに追いついていたのである。    
 勿論それ以後のスイス時計産業の目覚しい回復は、機械時計に対する需要が、どこにでもあるクオーツに嫌気をさした高額所得者に多かったことに帰因する。しかし、スイス側における、特にスウオッチによる新しいマーケティング手法の貢献度も無視しがたい。      
 毎年、ワインの評価を改訂して出版されている本に、ワイン研究家ヒュー・ジェンソンの「ポケットワイン・ブック」がある。ワインのミシュランと言っていいヒューさんとは以前よく一緒に食事する機会があったが、オックスフォード大出の真面目で誠実な人物で真のワイン好きである。その二〇一四年版をみると、ボージョレ・ヌーボーのことを、別にけなしている訳ではないが、飲物というよりイベントと評している。イベントは出来事という英語だが、お金をかけた催しと訳した方が通りがいい。                 
 隔週毎に手元にくるFH誌をみても、各ブランドによるイベントの報告だらけである。今号でも、全六十頁のうち半数近くが写真入りイベント報告である。予算に合わせて、それぞれのブランドが、イメージにふさわしい企画をしており、まあいろんな工夫がものだと感心する。イベントとは非日常を編み出すお祭りである。人間はお祭り好きだとつくづく思う。そのうちに、三社祭の御輿や、祇園祭の山鉾に、ロゴの入ったのが出現するかもしれない。あなおそろ
しや。                      なかには宣伝とは直接関係のないイベントもある。この号のFH誌では予告になっているが、十一月八日に、ラショードフォンからルロックルに至る時計製造業が集っている地区が、世界遺産に指定されたのを記念する第六年目の催しが行われている。ジラール・ペルゴー、チソ、タグ・ホイヤー、ユリス・ナルダン、グローベル・フオルセイ、といった有名工場の扉が一般に開放され、ルロックルの美しい城館時計博物館、ラショードフオンのモダンな時計博物館も開放、ほぼ両市をつなぐ鉄路を一九五〇年代の「時計号」という電車が走る。これなら行ってみたい気がする。それに概ねは秘密主義の時計工場が、これに参加するとは、今の繁栄を誇る自信の現れかもしれない。 
 同じようなイベントとして時計産業の発展につくした人々に、ラショードフォンの時計博物館が与えるガイヤ賞の授賞式がこの九月十八日に行われた。小さいながら時計業界のノーベル賞は、技芸・学術・経営者の三部門に分かれる。学術賞は、元ニューシャテル大学教授で、スイス時間の基準となる原子時計の開発者、ピエール・トアン博士(六八歳))、経営者賞は、自身が科学者であり、金属の表面処理の研究所から今や時計産業に欠くことの出来ない検査機関会社を作り上げたアンリ・デュボワ(七八歳)にあたえられた。 
 技芸賞は、フィンランド人のカリ・ヴティライネンがもらっている。フィンランドのタピオラにあるよく知られた時計学校を出て、現在は五十二歳だが、二十六歳の時に、ニューシャテルにある時計技術研修学校ヴオステップに入り、複雑時計の製作勉強に励んだ。二年後、パルミアジーノ社に入り、難しい時計の修理や、一個作りの時計に専念する。三十七歳から四十歳まで、今度はヴォステップで教鞭を取った後、独立する。時計アカデミーの会員として四年後に作品をバーゼルワールドに出品。昨年は紳士時計部門でジュネーヴ時計産業大賞を獲得している。故国フインランドでも、二〇〇七年に最優秀時計師賞を得ている。 
 たまたま、今月のFH誌には、カリ・ヴティライネンの近況が載っていた。現在の従業員は十五人で年生産量は五十個未満らしい。場所はモティエといってニューシャテルから三十キロの人口千人足らずの村にある。新聞のニュースになったには、ローザンヌ近くにあった文字盤製造工場の大手ダイアルテック社が倒産したのをカリが買い取って新しく文字版製造会社を作るという発表である。まず支配人と五人の従業員から再出発させるらしい。もちろん自社使用以外に高級文字板を作って商売をすることになる。この小規模が実にこのましい。スオッチグループが数百億円かけてハリー・ウィンストン社を買収した話と違ってこちらの理解範囲にある。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む  本年第十五号九月二十五日刊 ■2014年12月17日 水曜日 14時31分9秒

 友人から送られてきたショパンの新譜CDを何度も聴いた。ピアノ演奏曲第二番へ短調。カーチャ・ブニアティシュベリという若い女性のずいぶん変わった繊細極まりない演奏だったが、丁度ショパンがこれを書いた十七、八歳頃に、初めてこの曲を聴き、この世にこんな美しく、憧れと憂いに満ちた音楽があると、胸を震わせた昔を思い出した。ショパンは、生涯に二曲しかピアノ協奏曲を書いてないが、二曲とも二十歳前に、ワルシャワで作曲している。二番の方が一番より作曲年代が早い。この曲が初演されたのは一八三〇年の春で、その年の暮、ショパンは二十歳になるかならないかで、パリに向けワルシャワを発った。生存中は、二度と母国ポーランドの地を踏むことはなかった。
 この年パリでは、七月革命が起こっていた。ナポレオンが没落して、ブルボン王朝がフランスを再支配していたが、王制が廃止され、王家の一員でより民主的という評判のルイ・フィリップが君主となっていた。ごく近年のことになるが、一九六八年にパリで始まった学生デモは瞬く間に世界に広がり、日本でも学生たちが、反体制派となって大学を占拠しようとした。
 ショパンの生国ポーランドは、歴史的に隣接諸国(ロシア、プロシャ、オーストリア)に分割されてばかりいる不幸な国で、常に政情不安であった。ポーランド人の心の中には、祖国を統一復興させたいという気持ちがいつもあった。パリの革命の流れは、すぐワルシャワに届き、一八三〇年から三三年かけて支配しているロシアの傀儡政権を倒すべく、何度かポーランド人が奮起するが、失敗に終わり、そのたびに国外追放者や亡命者が多くでる。その行き先は大抵パリかジュネーヴであった。
 今号のFH誌には、今年創立一七五周年を迎えたパティック・フィリップ社の特集が出ている。一八三三年にポーランドから移住してきた貴族、アントワーヌ・ノルベール・ド・パティックも政府の弾圧に耐えかねての亡命と思える。故国を出たのはショパンが年末に出国した翌年の一八三一年で、その時は祖国を追われた一万人の同胞と共であった。その中にボヘミア(チェコスロバキア)出身のフランソワ・チャペックなる時計師がいて、二年後この貴族がジュネーヴに定住する気になった時に知り合ったようだ。
 六年後の一八三九年、パティックはジュネーヴの市民資格(生粋のジュネーヴ生まれの称号、時計製造許可書)を持つ男の娘と結婚、五月一日この娘の叔父トマ・モローと前記チャペックの三人で時計製造会社「パテック・チャペック商会」を発足させる。ジュネーヴでは、家の中で集めてきた部品を組み立て、必要とされる特殊な部品は自作して完成させる、いわゆるカビノチェがたくさん存在した町であった。カビノチェの語源は、部屋を意味するカビネ(英語のキャビネット)から来ている。時計製造会社と言っても、最初はカビノチェの一つに過ぎなかったに違いない。最初から素人でも、美しく精巧な時計を作ろうという理想を抱いていたパティックはすぐに、チャペックの時計師の腕前にあまり信を置かなくなったらしい。商売の方は、パティックの広いコネのお蔭で初めから順調だった。一八四四年、創業五年後、パティックはパリの勧業大博覧会に出かけて行って、フランス人の時計師ジャン・アドリアン・フィリップに出会う。当時の時計は、懐中時計で殆んど鍵巻であった。この人は、竜頭で巻く機構の発明者でもある。日ごろからチャペックに不満を抱いていたパティックは、共同経営を解消し意気投合したフィリップに、もう一人どうやらポーランド亡命者仲間らしきヴァンサン・ゴストコフスキーなる人物と三人で翌年新しい会社を作る。最初は「パティック商会」だったが、一八五一年一月に「パティック・フィリップ商会」と改名している。パティックはのちにジュネーヴの市民資格を得るが、元々はポーランド人、最初の協力者はチェコ人、次はフランス人ポーランド人らしき外国人。現代のスイスを代表するブランドが、外国人によって始められているのが面白い。ロレックスの創始者のハンス・ウイリスドルフも生粋のバヴァリア出身のドイツ人だった。あのスウオッチの救世主となった偉大なニコラス・ハイエックもレバノン人だ。ジュネーヴで新教派の首長として権威をふるったカルヴァンもフランス人。カルヴァンのお蔭で、新教徒であった宝飾品や時計の職人達がジュネーヴに亡命してきて、今のスイス時計産業の始まりとなっている。スイスではヘイトスピーチなんかしていられない。矛先がどこへ行くやら解らない。
 パティックは身体は強健ではなかったが、商売の為には欧州ばかりでなく、ロシア、アメリカまで時計を下げて足を伸ばし、すぐれたセールスマンでもあった。二十年間ぐらいで、パティック・フィリップという時計の名は、世界に轟く様になった。パティックは一八七七年三月一日、六十五歳で逝去している。二十歳になるレオンという息子がいたが、一万フランの終身年金を会社から受け取る代わりに、一切の権利を放棄したという。事実、レオンは一九二七年に七十歳で死ぬまで受け取っていた。一万フランの値打ちはよくわからないが、今ですら百万円以上だから、かなり巨額だったろう。こんな記事を読むと、この息子がどんな生涯を送ったか、想像をたくましくしたくなる。
 会社はその後順調にに発展したが、一九二九年のアメリカ大恐慌で、決定的な痛手を受ける。債権は回収できず売り先も失った。困った経営陣は、納入業者でもあり、高級文字板のメーカーであったスターン兄弟会社に救いを求める。シャルル・スターンは手を差し伸べていくに、結局株を一九二一年には、全部買い取らなくなり、会社はスターン一家のモノになる。これまでの協同経営とは異なり、シャルル・スターンの経営の手腕が、既にある程度確立したブランドの上に十分発揮されることになる。シャルルの子息がアンリ。その子息がフィリップ、その子息のチェリーが現社長で四代に渉り優れた経営者が続いているのは、多くの人が知るところである。この号では、スターン家が所有しているパティック社の発展にも多く触れられているが、業界では衆知のことなので言及しない。
 一度だけだが、三代目社長のアンリさんに日本でお会いしたことがある。丁度、私の父の年代で、心優しい感じの方だった。パティックの日本の販売を受け持っていたのが、一新時計の前身一心堂さんで、西村隆之社長さんが一九六五年前後に連れてこられた。ジュネーヴに行く機会があって、パティック・フィリップには尊敬の念を抱いていたから、一度訪問したいと工場に直接問い合わせた。すると西村さんから電話があって、「なんで行くのか、私が許可しなければ会えないよ」と叱られた。おそらく代理店交渉の下心でもあるかと誤解されたのだろう。当時は、代理権の争奪戦の時代であった。外国へ行ってよいブランドを見つけて、代理権を貰うと金儲けにつながった。
 ジュネーヴに行っても、なんとなくこのことが心に引っかかって、パテック・フイリップ時計博物館に入ったことがない。この次は冥土の土産に見てこようかと思っている。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 番外編 ■2014年11月17日 月曜日 10時50分24秒

ダイヤモンド余聞‐セシル・ローズ
 
 何かの都合で、FH誌の今回来るべき号が、スイスから来ず、読むことができなかった。九月の末に、六本木のアークヒルズ・クラブでのある会合で、ダイヤモンドの話をしたので、その一部を記して、紙面を埋めさして頂く。
 松本清張という作家は、勿論推理小説の大家であったが、鉱山に異常な興味を抱いていた。暗い情念を持つ人物達は、陰うつなヤマの光景や、深い坑道が会うせいか。初期の短編に「山師」という作品がある。能楽師上りだが、金鉱の発見に特殊な能力を持つ男が、徳川家康に認められ、佐渡金山の効率化に寄与し、次第に全国の金山開発に成功して出世する、大久保石見守長安の物語である。又後年には、石見銀山から始まる陰々としているが、血湧き肉踊る面白さを持つ大長編、「西海道綺談」を書いている。よく世に知られている中篇に「佐渡流人行」がある。江戸期の佐渡金山での、地下深い現場に下り、湧き出る水を地上に汲み上げる労役の厳しさを的確に描いている。「多くの鉱山が露頭堀りや斜坑の安易な濫堀をやって竪抗の困難を避けたのは、一つは水の処置が出来なかったからである」と清張は書いている。
 二十年程前に、デビアスの本社があるキンバレーを訪れたことがある。最初にダイヤモンドが多量に採掘された場所である。そもそもダイヤモンドが見つかったのは、一八六六年平地で遊んでいた少年が光る石をみつけて以来だから、鉱山というのは間違っている。抗穴といった方が正しい。平地を五百近くの鉱区{日本では敷といった}に分別、権利を買った人間が、各々勝手に掘り進んだから、初めはよかったろうが、掘り進むとえらいことになる。深さの異なる穴ができるから、危険きわまりない。雨水がたまると掘れないから排水しなくてはならない。その初期の時代に採掘者達に排水ポンプを貸して、大もうけをしたのは、自分も鉱区を持ってダイヤモンドを掘っていた今のデビアス社の創業者である若者のセシル・ローズであった。キンバリー鉱の掘られた穴は、直径一キロ近くあって、今や地表から三百米程下に青い水面をみせて静まり返っている。人々はこれをビッグホールと呼んでいる。高所嫌いには近づくのもおそろしい。
 セシル・ローズといったところで、今の若い日本人は殆んど知らないだろう。ローズ自身が策謀し侵略し創出した、南アフリカのローズの国、ローデシアは、今やジンバブエやザンビアとなって独立している。私の子どもだった頃は、世界の偉人伝というと必ずといっていい程ローズの名が入っていた。ローズは一言で言うと、カイロから自分が首相となった南端のケープ共和国まで、全アフリカを英国の支配下に置こうとした男であった。夢想家であり、かつ行動家であったところは、満州国建国に関わった石原莞爾将軍によく似ている。ローズは牧師の息子であり、石原も、日蓮宗の強烈な信者であった。両人とも戦後の評判は悪い.極端な帝国主義者として断罪されている。
 たまたまダイヤモンドの話をする前夜に、ホテルのバアで、作家でエコロジストのC・W・ニコルさんとカウンターで隣同士になった。相手は英国人というか、ウェールズ人だから、今はローズの考えは、非難されてるでしょうと話しかけると、「いやそうでもないよ。考え方は今からみると正しくないが、彼が生きた時代に人々がどの様な考え方をしていたかも考えてやらないとね」と穏やかに言った。自然を守る姿勢は強いが、日本の捕鯨は認めているニコルさんの面目が躍如としていた。歴史認識を現在の立場だけから持つのも多少問題がある。
 キンバリーは行ってみると気候の良い土地で、暑くて湿度が高いというアフリカのイメージから程遠い。元々からだが頑健でなかったローズを十七歳の時に、ここで働いている兄の下へ、健康の為送り込んだ親の気持がよく解る。ローズは、ダイヤモンド鉱夫たちに排水ポンプを貸して稼いだ金で、オックスフォード大学へ入学、アフリカでの仕事と学業を兼ねて、八年かけ二十八歳で卒業する。
 当時の南アは、ダイヤモンド熱に浮かれていたが、採掘された原石は、好不況の相場によって値は左右され、採掘業者はしばしば苦境に陥った。ダイヤモンドは生活必需品ではない。この値を安定させ、安心して鉱山業に打ち込めるのは独占するしかないという信念を持ち出したのは学生の頃だろう。以来、英国人らしい不屈の精神で、ローズは他の鉱区買収を開始する。大学を卒業する一年前、すでにに、デビアスダイヤモンドを設立している。短い期間に、それだけの実力を蓄えたのは、鉱区の買収にかなり汚い手を使ったといわれる。一番得意としたのは、安売りで、買収目的とする鉱区の供給先に安い価格で提供し、相手が力尽きたところで買収する手法であった。当時同じような考えを持ったバーネイ・バルナートという男が居て、この二人が激突すること長きに渡ったが、結局金持ち喧嘩せずで、両者和解し、一八八八年、デビアス・合同鉱山会社が設立される。ローズ弱冠三十五歳、大富豪となる。
 ローズは策謀家で、往年部下に人を得ず、策士策におぼれることがあって、ケープ国首相を追われ、失意の生涯を終えるが、ダイヤモンドに関する面白いエピソードをE・ブルートンという人が書きまとめている。
 まだ前記バーナートと競争関係に在る頃、彼の仲間を自分の事務所に呼んで、机の上に百六〇の山に分けた、計二十二万カラットのダイヤの原石を見せた。誰もこんな沢山の原石を見た人はいなかった。ローズの提案は、五十万ポンドの値打ちがあるが、七十万ポンドで買って欲しい。ただし当面安く売ってもらっては困るというのが条件だった。ローズは退室し、一同が合議して七十万ポンドの値を受け入れる。会議室に戻ったローズは、答えを聞くやいきなり机を傾け、初めから仕掛けをしていたバケツに、全ての原石を混入させてしまった。バケツ一杯のダイヤを一度は見たかったとローズはすまして言う。どうか皆さんで分けてください。かしこいバーナートは、この狂言の意味をすぐ悟る。再び分類するには、六ヶ月はかかるだろう。その間、我々は安売りどころか分配もおぼつかない、時間稼ぎだと。果して、ローズが予想したように、売り出される頃には価格は上昇に転じていた。
 ローズという人間の天才性は、ダイヤモンド鉱山の独占ばかりでなく、新聞という新聞を買収したことにも表れている。ただそれは、私欲の為でなく、すべて祖国イギリスに奉仕したいという信念から出ていた。カイロからケープタウンまで鉄道を引こうという大構想を抱いていたが、ボーア戦争が始まったために、着手できず、戦争が終わる寸前一九九二年四十九歳で死んでいる。独身だったため資産のほとんどは母校オックスフォード大学に寄贈され、ローズ奨学基金となった。クリントン大統領もこの奨学生の一人である。ダイヤモンド事業は、のちにアーネスト・オッペンハイマ―が加わり、大きく発展する。ローズの場合は大英帝国のための独占であったが、オッペンハイマーは、それをダイヤモンド産業全体のための独占に転換していった。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 108(本年第十四号、九月十一日刊) ■2014年10月15日 水曜日 13時6分34秒

若者に伝えたい「日本人三人にノーベル賞」受賞の快挙

 一夕、最近のことだが、日本人は優秀だという話題が友人達の会食の席で上った。優秀だが日本の住み心地が良すぎて、近年の若者は外国へ行きたがらない。武者修行を避ける傾向があって、実力を試す機会がなければ才能が磨かれないのではないかというのがわれわれ老人たちの疑念であった。
 その会合から数日後、青色ダイオードの開発者である日本人の三人にノーベル賞授与の発表があった。その中で、企業内の研究者として実用化に成功した方が、中村修二さんで、この特許に対する企業からの評価が低すぎると提訴、六億円有余の和解金で妥協してアメリカに行った。その提訴の詳しい内容は知らなかったものだから、研究を可能にした自分の会社を訴えた変な人という記憶がぼんやりあっただけであった。これで中村さんの言い分がグローバル的には正しかったことが、全世界に証明されたことになる。
 偶々TVを見ていたら、今はアメリカの大学で教授をしている当の中村さんがインタビューに答えていた。日本の職場で不満を持てば、アメリカみたいにどんどん転職すればいい。そうすればレベルが上がる。まだ日本では難しいだろうから渡米すれば良い。ちゃんとした研究内容なら人は認めてくれるし、起業につながることなら、お金を出すベンチャー資金はすぐ嗅ぎ付ける。英語なんか話せなくても大丈夫、要は中身なんだからという要旨で、アメリカ社会の持つ活力が感じられた。
 これは本当か嘘かわからないが、サムスンがあれだけ躍進したのは、定年で役員になれなかった東芝やパナソニックの技術者を多く採用したためだという噂話を良く聞く。半導体製造の機械を購入した際に、使用方法の指導者としてサムスンかって日本技術者の派遣を要請していた事実もある。
 時計業界では、日本の優秀な時計技術者がスイスへ行って活躍したという話しは聞かない。なぜかと言うと一九七〇年に始まったクオーツ時計の躍進によって、日本の機械工学の専門家が、機械時計の設計や製造に突然興味を失ったことに帰せられるであろう。
 最近、東京大学出版会から、小牧進一郎という方の「機械式時計講座」が出版された。小牧さんは東大の応用物理から第二精工舎に入社され、一九六八年度のニューシャテル天文台のクロノメーター・コンクールで、上位四位を独占したセイコーチームの立役者の一員であった。以来スイスでは、天文台のコンクールを中止してしまった。
 この本の中で面白いことが書かれている。時計の精度に密接な関係を持つ調整器回りの構造要因、五四頃目のうち、この四十年間で明らかに進歩が見られるのはわずか二項目しかないことである。つまり、四十年前の機械式時計の精度と現在の精度とは一向に変わり映えしていないということである。今から五十年前のクオーツ出現以前の時計の値段は、正確さで決まっていた。パテック・フィリップがセイコーより高価なのはより正確であったからであった。コンクール首位独占でセイコーがその神話を破壊した。しかも時を同じくしてクオーツ時計が出現した。クオーツ時計の精度は機械式時計に比すべくもない。電源のある限り圧倒的に正確である。当然良くて安いものが絶対という日本人が信じていた社会だったから、経営者も技術者もクオーツ時計の開発に専念し、機械時計は捨て去られた。日本製のクオーツ時計は瞬く間に世界を席巻し、スイス時計産業をほとんど壊滅状態に陥れた。ピェールイヴ・ドンゼさんの「スイス時計産業史」によると、一九七〇年の今のスォッチグループの全身であるASUAG社とSSHI社の売り上げを足して十六億四千万フラン(約千六百億円)、同じ頃、セイコー一社だけで三千億円を軽く超えていた。
現在、クラッチ付のミッション車がオートマチック車に変わることはないと思っているように、誰しもが機会時計の時代は終わったと思っていた。
 今のようにスイスの機械時計が世界の高級時計市場を独占するようになったのは、やはり機械式時計の持つ文化的な力によるものとしか考えられない。
 スイスだけだなく、ドイツにも時計作りで知られる町があった。旧東ドイツのグラスヒュッテである。懐中時計ではグラスヒュッテ産の中でもランゲの名は高かった。しかし東ドイツの工業政策の中で、もう時計産業はほぼ滅亡かと思われていた。グラスヒュッテはかって寂れた鉱山町であって、町の復興のために、時計学校を作ったのが、パリで時計修行をしたフェルディナン・アドルフ・ランゲ(一八一五~一八七五)だった。今のランゲ&ゾーネの創業者である。ドイツが第二次大戦で敗北。東ドイツ政府が工場を没収したので、曾孫に当たるウォルター・ランゲが西側に逃げ、フォルツハイムで時計関係の仕事をして生活していた。ところが、ベルリンの壁が消え、西ドイツ政府は、ランゲに特別の安値で提供するから、先祖の工場で製造続けることを条件に買い戻せとの依頼がくる。ウォルターは六十五歳になっていたが、工場の再建に着手する。その後の発展は良く知られている。二〇〇三年、工場そのものは、事のなりゆきで、リッシュモン・グループに編入されたが、九十歳になった今日でも、現役で仕事をしている。ランゲ&ゾーネ社の顔といってよい。こういうのも歴史が持っている文化的な力がランゲの再建の力を貸しているという記事が今号に出ている。
 続いては、今号に地元新聞から転載された生臭い話。七月末に、いろんな部門でヴィトングループと競争しているケリンググループのフランソフ・アンリ・ピノーがユリス・ナルダンを買収したと発表した。市場は、スォッチとリシュモン・グループとそれに数字を公表しない(推定売り上げ四十五億フラン)のロレックスで満杯である。それに何を今更と、記者のステファーヌ・ガッシェは疑問を投げかけている。経営利益を比べると、スォッチ二四・四%、リシュモン二四・三%、LVMH宝飾時計部門八・九%、ケリング九・五%、エルメス三二・四%、モバード一二%、シャネル二五%。世界の市場支配率はスォッチ一九%、リシュモン一六%、ロレックス一二%である。
 新しいブランドを買っても、大きな利益を期待できない。ナルダン買収に五億五千万フラン(推定)払っても、どう採算を取るつもりなのかと記者はいう。リシュモン社総師の、ヨハン・ルパートは、「欲しいブランドはまだいくつか残っているが、盛業中で売りに出てない」と暗にパティック、AP、ショパール、ブライトリングを指している。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 107(本年第十三号、八月二十八日刊) ■2014年9月30日 火曜日 13時45分35秒

今年はスイスと江戸幕府が通商条約を結んで百五十年

 今年はスイスと江戸幕府が、公的な通商条約を結んで百五十年になる。一八六四年二月六日、明治維新の僅か四年前であった。その時の使節団代表が、一八五八年に結成されたスイス時計連合の会長だったエメ・アンベールで、日本滞在は長くなり締結まで交渉が一年近くかかっていた。随員の一人が時計造りに経験のあるファヴル・ブラントであった。使節団が帰国してからも、横浜の居留地に商店を構えて、不定時制の時代であったため日本人があまり必要としない、時計や必要としている館んや大砲を打っていた。
 司馬遼太郎が「峠」を書いたとき、開明派の長岡藩家老河井継之助の西欧文明の家庭教師としてファヴル・ブラントを登場させている。河井は小説の中で、度々横浜の商店を訪れ、長逗留して、スイスや欧米の事情を尋ねている。幕末の在日外国人というと、ペリーや英国公使のパークス、仏国公使のロッシュに代表されるように、尊大で日本人を見下した人物に描かれることが多いが、司馬さんは、ファヴル・ブラントを今の平均的スイス人と同じように穏やかで謙虚な、河井と対等な付き合いをする友人に設定している。日本で一生過ごす欧米人に共通な性格を与えている。
 当時、スイスの重要輸出品目は繊維製品と時計であった。エメ・アンベ
ール自身が代表となって来日する以前に、両品目の販路拡大を求めて日本に小さな使節団を送っている。その中の一人が、後半ジラールペルゴーとなる時計会社の社主の一族であったフランソワ・ペルゴーであった。早速横浜で商売を始めたが、二年間で莫大な損失を重ね、時計連合本部の屋台骨を揺るがせるに至っていた。その後始末をアンベールの仕事であった。彼はもともと完成品を売ることよりも、部品を供給して日本国内で組み立て生産をする方に興味を持っていた。それが将来日本の時計製造業につながっていく。その過程は、別の長い話になる。興味のある方は、最近出版された、京都大学で経済史を教えているイヴ・ドンゼさんの「追いつき、追い越せ」(日本時計産業史)を参照されたい。
日本・スイス国交樹立百五十周年を記念する催しが、スイスらしい地味さで、あんまり目立たないにしてもあちこちで開催されている。実は先日、その種の催しがスイス大使館との協力で大阪で開催された「今、スイスから何を学ぶか}というテーマの有識者によるシンポジウムであった。聴衆の一人として聞いていたが、人口八百万、国土は九州並みの広さ、それも殆んどが山で、海はないという国からあまり学べることはないという気がする。なんといっても人口の差は大きい、しかもスイスは二十六の独立色の強い、州(カントン)と準州に分かれた連邦共和国である。市民個人の意見が政治を左右する、直接民主主義の成り立っている国である。リンカーン大統領の言った「国民の、国民のための、国民による国家」がうまく機能している。国民の所有する国家となると、税金とかいろんな責務が生じるからなるべく逃げたい、国民によると言ったって投票には面倒だからいかない。国民の為だけは大いに要求したい。むろんその中には私も入っている。これが残念ながら日本の現状である。スイスから真に学ぶべきことは一つしかない。それは国民皆兵でかつ、永世中立を遵守して、国外の戦乱には一切関与しない。ハリネズミ戦略である。しかし今の日本では採用することはできないだろう。
今号のFH誌は、夏休み明け号で、百五十周年事業の一つとして、スイス政府首脳が7月に来日し、甘利明経済産業大臣と赤羽一嘉副大臣と自由貿易協定の締結に向かって協議した報告が載っている。書き手は随行した会長のパッシェさんである。
別稿にも本年前半六ヵ月間のスイス時計輸出実績が出ているが全体としては三%成長している。昨年一年の日本への輸出額は十一億五千五百万フラン(千五百億円見当)で、国別で見ると第六位であった。それが今年の前半では、前年比二五・五%も伸長して総額六億五千八百万フラン、対中国を抜いて第三位に浮上している。使節団の団長の大統領(といっても閣僚が毎年回り持ちする)のシュナイダー・アマンや特にパッシェさんなんかの眼には、日本経済が完全回復していると映ったに違いない。自由貿易協定が結ばれるのは、欧州諸国の中で、スイスが皮切りで、これを機に日本は近隣アジア諸国との同様な協定の締結に弾みがつくとパッシェさんは言う。時計の関税がゼロという点から見ても、スイスと日本の自由貿易は、ほとんど実施されているみたいだが、他の国との交渉はそう簡単ではない。
  
フィリップ・デュフールのこと 
        
 スイスの時計は今でも、田舎に小さな工場があり、そこで家内工業的に丁寧に作られているから、品質がすぐれているという神話がある。有名ブランドはその申請を利用して、たいてい近代的装備の大きな工場で製造されている。なかには例外もあってデュフールはその神話を具視している人物の一人である。一九四八年、ヴアレー・ド・ジュウの時計の町、ル・サンチェ生まれ、地元の時計学校を卒業して、いくつかの国内外の時計工場で勤めたあと、三十才で独立して、以来故郷の町で、数人の助手を使い、時計を作っている。 
 アトリエのドアには「複雑時計製作」という看板があり、なかには、一切、電子を使う機器はなく昔の工場の雰囲気が濃い。機械はみんな中古だよ。要らなくなったのを重さで買ったものだ。ヴアレー・ド・ジューの各家には、殆んど時計作りの間があってね、みんな手先が器用だった。近在には有名なメーカーはないが、精巧な部品作りが多く、組立て屋さんに重宝がられていた。高度の部品が作られていたよ、ラ・ショードフォンなんかと違うね、とデュフールはお国自慢をする。ジュ・ド・ヴァレーは二百年前のシリコン・ヴァレーといってよい。ジュネーヴの奥の院ともいえる、車で一時間程山へ上ったフランスとの国境にある。ル・サンチェには、昔の部品工場を改造した時計博物館があって、この十月一日、十一月八日、十二月四日にデュフールが実技を公開する。ご本人は写真でみても温厚誠実そうな人柄で、会ってみたいなと思う。日本人唯一の独立時計師会会員、菊野昌宏氏もこの人の激励と推挽で、スイスで認められるようになったという。これは今号に転載されている地元新聞の記事から転載されたものである。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 番外編 ■2014年9月18日 木曜日 10時19分26秒

『サイトウキネンと小沢さん』

 夏の間はFH誌の発刊も一か月休みである。私の『FH誌を読む』もしたがって夏休みとなる。八月の終わりに、例年のように初めからの大スポンサーであるセイコーエプソン社から松本のサイトウキネン音楽祭へ招待されたので、その経緯を書いてみる。
 どうして沢山おられるセイコーのお得意先から、私を招待してくれるようになったのか。もちろん昔のアルバ時計販社の社長として、アルバの製造を担っていたエプソンの塩尻工場を訪れたという縁もあるだろうが、販社の株式のすべてを服部セイコーに買い取ってもらってから、直接の縁は切れて長い。おそらく、どなたがあれは無類のクラッシック好きだと吹聴してくれたに違いない。
 サイトウキネンとは、指揮者の小沢征爾、秋山和慶さんたちが中心になって桐明学園の先生だった斎藤秀雄さんの葛藤薫陶を受けた仲間とともに、先生を讃えるために作ったオーケストラである。楽員は世界中に散らばって活躍しているので、演奏会の度に集まってくる臨時の楽団である。あまり評判がいいので、毎年決まったところで、決まった時期に開催しようと、主導者の小沢征爾を中心に、開催地探しの後、松本に決めて、一九九二年の夏から始まったのがサイトウキネン・フェスティバルである、実ははじめ我が町大阪の隣町、奈良も候補地に挙がっていたのだが、小沢さんの要請に応えられず、お釈迦になったと聞く。奈良だとまたきっと違った形になったかもしれないが、松本が正解であったに違いない。というのは、小沢さんの人柄と熱心な啓蒙活動で、町を挙げての祝祭になっているからである。市民が何かの形で参画している。奈良のような古い文化財のあふれている町では、それでなくても観光客は来るし、クラッシックのような西欧文化が、町中に浸透するのは難しい。今でも、クラッシック音楽に関しては、奈良は、小沢さんの要望したような立派なホールもその後建てられているが、不毛の地に近い。
 西洋音楽が、欧化政策を教育に持ち込んだ明治政府の後押しで、日本に普及し始てから、精々百年余りである。「蛍の光」も「殖生の宿」もスコットランドの歌である。ドレミファソラシドという西欧音階は、明治までの日本には存在しなかった。技術は、異文化の世界でも簡単に消化されるが、文化はそうはいかない。世界中で日本人ぐらい外国の文明や文化を素早く取り入れる民族はないが、クラシック音楽は、一部の人々が愛好するところにとどまっている。茶の湯だってそうかもしれないが、誰だって気持ちを落ち着かせて飲むことはできる。作法は難しいが、利休も茶の極意は、静かな心で湯を沸かし、茶をたて、飲むだけと言っている。私は銭湯に行くのを好み、毎夕のように出かけるが、銭湯の仲間たちに、ベート―ヴェンを聴かせると、三分もしないうちに逃げ出すだろう。カラオケでは、私より上手に違いないが。
小沢成爾さんは一九三五年生まれ、私より二歳年長、生まれは私同様満州である。お父上の小沢開作は満州国の政策を作った満州国協和会の重鎮で、時の関東軍参課の板垣征四郎や石原感爾と連携して活躍し、当時名の知れた人物である。板垣は東京裁判で有罪死刑、石原は東条英機に嫌われて引退していたため、有罪を免れた。この二人の名を取って、父上は征爾と命名したと言われている。
幼いころ、日本の統治下にあった満州や中国で育った人々は一概に、中国人に対し後ろめたい気持ちを持っている。普通の町を歩いている中国人に対し、理由のないほのかな優越感を抱いていたからである。大人になって、小沢さんや私のように欧米に留学して白人社会で暮らすと、どうしても小さいころの中国人の気持ちを理解させられることになる。夏目漱石のロンドン留学生活のいわれなき劣等感が分かるようになる。小沢さんが音楽生活の中で、中国を重視、いろんな意味で、学生たちへの直接的な援助や中国のクラシックの音楽の向上に手を貸しているのは、立派と思う。
オーケストラの指揮者とは何をしているのか.棒はリズムを刻むが、音は出せない。楽団員は、指揮者を時折チラッと見るだけで、大抵は楽譜を眺めながら演奏している。ところが、指揮者の振る棒の先から、まるで音楽がふりまかれるような気がする時がある。そんな時は、大抵すぐれた演奏である。小沢さんは、棒だけでなく、体全体で指示を出す。これに表情が加わる。天衣無縫というか、テレ屋の日本人にはなかなかあそこまではできない。今回偶々楽団員の一人と夕食を共に過ごすことがあった。若い優秀なコントラバス奏者だったが、小沢さんは耳が素晴らしい、小さな点でも、よく気が付かれ、指示を出されますと、尊敬の念を隠さなかった。世界の名だたる指揮者のもとで演奏したことのある人なので、小沢さんに寄せる楽団員の信頼の高さを知った。
もう四十年近く前になるが、旅行でモスクワ滞在中に偶然、当時はサンフランシスコ交響楽団の音楽監督をしていた小沢さんが、楽団を率いてチャイコフスキー・ホールで演奏したのを聞いたことがある。ブレジネフのソ連時代である。旅行者特権で切符をインツーリストに手配してもらったが、会場の入り口で人品骨柄いやしからぬ老紳士が、もし切符が余っていたら、分けてくださらぬか、と頭を下げて頼まれたのに、断らざるを得なかった。共産ロシア社会の裏を見た感があった。チェリストとして有名なM・ロストロポーヴィッチが地元から共演していて、ドヴォルザークの有名な協奏曲を弾いた。その頃、ロストロポーヴィッチは自由主義者として政府から要注意人物として睨まれていて、海外演奏どころか、個人生活でも自由に行動できなかったらしい。この曲には、望郷とか、何かに憧れる思いを切々と訴えるものがある。チェリストの自由な社会に対する切望が、朗々と歌い上げられていて、泪の出るような名演だった。後年小沢さんとロストロポーヴィッチは親しい友となり、サイトウキネンにもやってきている。
いつかカラヤンが上野の文化会館でベルリンフィルを指揮したときに、近くに小沢さんがいた。小沢さんはカラヤンの弟子である。演奏が終わると、拍手の時、小沢さんだけが、客席で立ち上がり、手を叩くと同時に「ブラボー、ブラボー」と大声で連呼していた。まだそんな習慣が日本に根付かなかったころである。他の人なら、キザと見えるが、ご本人は一向に構わない。好きなように自己表現しても許されるのは人柄だろう。来年からサイトウキネンがオザワキネンになる。体に気を付け、ぜひますます活躍してほしいと心から思う。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 106(本年第十二号、七月一日刊) ■2014年8月29日 金曜日 14時33分9秒

FH総会について

 英国の貴金属製造者組合の本拠、ゴールド・スミス・ホールで、打刻された金銀の品質検定の刻印が、ホール・マークの始まりである。人々が安心して貴金属製品を購入する目安となって、各地でホールマークを入れることが普及した。日本が真似をして、日の丸を、造幣局で打刻したが、英国では制作者も判明するように、刻印は沢山あっても、自主規制で一覧表でチェックする。日本人の何とか、お上で一つにまとめてくれれば、有難いという性向がでている。ホールマークをフランスではポアンソンと言い、これまた辞典のような一覧表がある。調べるのは面倒といえば、面倒である。デビアス社が自社刻印の入ったダイアモンドをフォエヴァー・マークと称するのも、ホールマークのひそみに習っている。ジュネーヴ地方で作られた時計に、いはゆるジュネーヴ・スタンプを刻印するのも、ジュラのような山の中で、寄り合い所帯みたいな時計の作り方をしている連中とは違うのだよと言いたいためであった。昔の話ではあるが。
スイスは民主主義とはいえ、ジュネーヴでは階級が五つに分かれていた。上から行くと、市民、町民、出生民、住民、服従民。市民というのは、いはば生粋の江戸っ子、いやジュネーヴっ子。その子だが、ジュネーヴ生まれでないのが町民。あとは類推されたい。服従民というのは郊外に住む農民達である。時計産業に従事できるのは、市民と町民だけであった。山中の農民が畑仕事の暇に作る時計と同列に扱われてはたまらんというジュネーヴ人の気持も分からなくはない。しかも相手は旭日昇天の勢いをつけつつあった時代だったから。
このホールマークの精神は地域が拡大されスイス・メイドの印刷か刻印、それを暗に表示するスイス国旗の使用になっている。昔のように百%自国内生産であれば、簡単である。現代では、私達の生活をみまわしても、百%メイド・ジャパンの製品は殆んど見当たらない。日本よりは更に資源の少ないスイスにおいては、なにおか言わんやである。時計でも、外国で生産して、最後の仕上げに少し手を加えて、スイスから輸出したら、スイス製となりかねない。日本人同様、この手の表示には神経質なスイス人は何をもってスイス製とするか、時計だけでなくあらゆる分野の製品について、その定義を公的な審議会で六年以上、議論を重ねて来た。スイスネス法案という。これが連邦議会で昨年承認されている。時計の細目については、まだ決定していないので、今年の六月に開催されたFHの総会で、七年前に法制化するように提案された諸項を再確認を得る決議がなされている。

スイス製と表示するためには。
 
 機械時計に関して、八〇%(金額で)以上がスイス製であること。ムーヴメントについても同様。クオーツ時計及びその部品に関しては六〇%以上。デザイン
及び時計のプロトタイプの制作もスイス国内であることが望ましい。技術的なデザインとムーブメントのプロトタイプも同様。完全実行までに五年間の猶予が設けられている。
今年の総会は、初めて時計産業とはあまり関係のない地域のヴァレー州の小都市マルチニ―で開催されている。
冒頭の会長ダニエル・パッシェさんの挨拶に、昨年度の時計産業の輸出額は絶好調の新記録で、二一八億フラン(約二兆四千億円)に達し、今年に入っても三・三%増加しつつあるとあった。写真を見ても、百名ぐらいが参加したのだろう。楽観的な気分がみんなの表情に出ている。
この席で、シンガポール、韓国、日本、香港に続いて中国とも自由貿易協定が締結されたとの報告があった。それによると、中国の時計関税(現行30%)が十年間で、六十%減額になり、初年度は十六%下がることになる。中国への輸出があまり芳しくない現在、スイスにとっては朗報と言える。
もう一つ現代のホールマークの関係になるが、FHの要請によってスイス政府がロシア政府と交渉して、貴金属をケースに使用してスイスで刻印している金商保証がそのままロシア国内で、法的に通用することになったことも報告されている。
ところで、わが国のホールマーク制度に法的な根拠はない。日本ジュエリー協会(JJA)は、金商表示に関して、細部にわたるガイドラインを出しているが、会員に対してすら強制力は弱い。K18とはPt900といった表示とともにメーカーのマークを打刻してあっても、その内容に関しては、メーカーの良心に頼るのみである。JJAの公認制マークを作ればいいが、あとの責任は取り切れない。ホールマークが定着するには、やはり長い歴史が必要である。
FHとスイス政府は協力して、パテントや商標と言った知的財産権の確保に関して、インド政府と継続交渉中という報告も総会でなされている。日本のメーカーの要請に従って、日本政府が時計輸出に関して動いた話は聞いたことがない。国内規制の改定ぐらいなら、動くだろうが、通商外交は、大体国会議員の要請で動く。議員が動くと外交も動くというパターンだろうが。繊維、自動車、鉄鋼となると、すぐ政治問題が絡んでくる。もっと小さな品目で政治に絡ませず、しこしこと通商外交を日本もすべきと思う。日本の時計メーカーはみんな政治家に対し距離を置いている。それはそれでいいことだが、政治献金になんかに頼らずに、理詰めで日本政府に行動してもらうことができないものだろうか。

日本とスイスの国交樹立百五十周年

一八六三年幕末、長州や薩摩が外国と戦端を開いた激動の年に、オランダ船をチャーターしてスイスの通商使節団が来日した。団長は、ニューシャテル出身のラ・ショードフォン時計連盟の会長エメ・アンベールだった。エメはかなり民俗学に通じた人だったらしく、幕府と交渉中、いろんなところを見て回り、今なら写真を撮るところだが、随行の画家にエッチングで記録させ、膨大な幕末図鑑を発刊している。その訳は講談社学術文庫に入っている。幕府のぶらかし外交(のろのろの意味)は意外な文化的副産物を生む。交渉は、結局翌年一八六四年二月六日に、修好通商条約の締結で無事終了した。
実はその五年前に、スイスの通商使節団が来たが、代表がリンダウというプロシア人で幕府は相手にしなかった。ニューシャテル州は、長らくプロシャの属領であったから、スイス側としては、違和感が少なかったのだが。アンベールの随行員の一人がフランソフ・ぺルゴーで、ジラール・ぺルゴーの義理の弟であった。時計工房として、いわゆるこのG・P社が設立されたのは一八五二年で、七年後に日本までやってくるというのは開拓精神にあふれている。いずれにしろ最初に直接日本にやってきた時計業者で日本に住みつき、自社の時計を輸入し、一八七七年横浜で没している。彼以前にリンダウについてやってきて、時計や銃を輸入したファーブル・ブラントがいるが、生粋の時計人ではない。しかしこちらの方が司馬遼太郎の小説「峠」の中で主人公・河井継之助に西欧文明とは何かを教示する人物として登場するのでよく知られている。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)

■FH誌を読む(本年第十一号、六月二十六日刊) ■2014年8月12日 火曜日 14時50分54秒

エタブリサールとマニュファクチュール

 こんな暑い時は、スイスの風景を思い浮かべて夢想にふけるのが心の避暑になる。最近のFH誌は、全部が鮮明なカラー写真で、本文の記事とは関係のない風景写真が多い。僅か千六百部しか印刷されていないスイス時計業界の会報誌だが、読みやすくなっているのもふんだんに添えられた美しい写真のお蔭である。
 時計産業の密集している地域は、ジュネーヴから始まり、東北のフランスとの国境に沿ったジュ―川の流域とジュラ地方へ登っていき、そこから山を下ったニューシャテル湖沿岸までのフランス語圏である。大都会のジュネーヴは別として、特に外国人がスイスでイメージするような景色は展開されない。
 年中氷雪を頂く峻険なアルプスは美しく、山男女の心を惹き、単に遠くから見ても魅せられるが、インターラーケン、グリンデルヴァルト、ツェルマットという山好きの人々が集まる町は、すっかり観光地化されてしまって、町中がショッピングセンターになっていて味気ない。マッタ―ホルンを仰ぐツェルマットなど一般車が入れないようにしてあるが、それでも人は沢山やって来る。ここから見るマッタ―ホルンは、秀峰の名にふさわしく、胸躍る眺望だから仕方がない。レマン湖越しに、バラ色に輝くモンブランも美しいが、やっぱりこちらに軍配を上げたい。ツェルマットへ至るには、ジュネーヴからイタリア行きの電車に乗り二時間、シンプロンのトンネルの手前で乗り換え、山間を登る支線を使うけど、あの高いマッタ―ホルンがなかなか見えてこない。このお預けが、期待を増してくれる。
 この車線は乗換へのブリッグ駅ぐらいまでは、ローヌ河沿いに走っていく。もちろんはじめはレマン湖沿いだが、レマン湖はローヌ河が途中で膨れ湖になったといってよい。ローヌ河はジュネーヴで流れだし、フランスで最も重要な河川の一つになるが、湖に入り込むローヌ河はまさしく氷河の溶け出す水が走る渓流である。このあたりはヴァレ地方と言って、日照時間がスイスで一番長い。ブドウが良く成り、ワイン作りが盛んである。今となると本当のスイスの田舎はこのあたりかと思う。
 「天と地の丁度真ん中に立ち止ったような地方、パンのように熱く、手を差し伸べてくれる神に捧げられたような完全な美しい地方」と晩年この地に住み、没した詩人のリルケが、こううたっている。プラハに生まれたリルケは一生放浪の生活を送った。俳人の山頭火同様身一つの放浪であったが、貧しくはない。若くして名声を得てパトロンに常に恵まれた。大抵は城館暮らしで、女友達にも事欠かなかった。それでいて難解な、人間は存在の重みにいかに耐えられるかという詩を書いた。ヴァレ地方に住むようになって、フランス語で詩を書くようになった。フランス語で書かれた詩は私でも多少解る。いやそんな気がする。
 リルケが最後に住んだ石の塔屋のような館、ミュゾットはシェールという町にある。数年前中に入れないかと外をウロウロしていたら、住人みたいな爺さんにあっちに行けと怒鳴られた。ひっきりなしにリルケ愛好者が来るみたい。記念館は別の所にある。
 リルケの友人に繊維業で財を成したオスカー・ラインハルトという男がいて、リルケがこの中世の城館を気に入ったと言うと、それを買って無料で貸したという。この人がいかに金持ちであったかは、出身地のウィンタトゥール(チューリッヒの北)に行ってみれば解る。収集品を町に寄贈した美術館が二つもあって、一つはドイツ、スイス系の画家の作品館。もう一つは、郊外の私邸を美術館にした「レーマーホルツ館」。ここは小ルーブルと小オルセーと言ってよい。いちいち名を上げないが、古今の傑作が揃っている。洋画の好きな人はきっと目を丸くするだろう。
 ウィンタトゥールには小さな時計博物館がある。今でもあるか知らないが、クロック専門の展示で、中世以来の鉄でできた色んなスタイルの掛け置き時計が並んでいた。ここはドイツ語圏なので、ドイツ系の鍛冶屋が作ったものだろう。ウィンタトゥールとバーゼルを結ぶ線の北は、ドイツのシュバルッヴァルト地方で、鳩時計の産地として有名である。ドイツの鍛冶屋が創るクロック機械の影響と、ジュネーヴに来たフランス時計の伝統が、スイス時計産業の初期の形成に寄与している。
 スイスの時計産業は、長い年月に渉って、自然発生的に成長してきた。全部の部品を一人で作るのは難しいこともあって、部品ごとの分業が始まり、時計作りは、自分では作れない部品を買い集め、完成するようになってきた。そのために近くにいる必要性があるので地域性も出てくる。そのうちに自分では部品を作らないが、買い集めてきて、組み立てて販売する業者が出てくる。いわゆるエタブリサールの成立である。更に部品もなるべく自社内で作ろうとするマニュファクチュールが出現する。だが未だにスイスでは、近代化したエタブリサールの世界が基本としてあるので、時計製造は現代でも資金と知識と更にコネがあれば起業は難しくない。日本は全部マニュファクチュールなので、カシオ以来、目立つような時計メーカーが出ないのはその為である。
 この号のFH誌には、近年台頭著しいフレデリック・コンスタン社の創業者ピーター・スタス(六十一歳)との対談記事が出ているので取り上げてみる。スタスはオランダ人で香港のフィリップス(電器)に勤めていたが時計好きが嵩じて奥さんのアレッタと協力してジュネーヴで時計を作り始める。フレデリック・コンスタンという名は、時計業では存在しないから、パテック・フィリップのような二文字がジュネーヴ産の高級時計としての響きが高いから選んだのだろう。高級のやや下の価格帯をねらった戦略であったせいか、一九九二年の本格的創業以来、順調に売り上げを伸ばしてきた。最初は当然エタブリサールであったが、十年前からジュネーヴ郊外のプラン・レ・ウァツットに、ロレックスやバセロン、ピァジェの新鋭工場と並んで、機械時計生産工場を作り操業している。相当な投資をしたが、この十月にはやっと月産二千個に達するぐらいで、まだ供給に追いつかない。その他を含め、昨年の売り上げ個数は十三万個、今年は十四万個を目標にしていると、スタス社長は強気。来年は千五百万フランを投資して、工場を拡大し自社生産ムーブメントを年産三万から四万個、生産総数を五年で二十五万個に持っていきたいという。得意先を国別でみると、アジア三十%、ヨーロッパ三十%、ロシア十%、中東もそのぐらい、アメリカが十五%というから、バランスが取れている。販売拠点は全世界で二千七百、それを三千五百に増やし、直営店を作るつもりはないと言い切っている。販売は拡張大衆路線、イメージと品質は高級路線、取扱店舗を減らして一店舗当たりの売り上げを増やす今の高級ブランドと反対の行き方だが、このハイブリッド商法の行方はいかに。結果はどう出るだろうか。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第十号、六月十二日刊) ■2014年7月30日 水曜日 13時51分34秒

今や観光は時計と並んでスイスの重要な産業

 大阪の夏は蒸し暑い。京都の祇園祭の七月十八日から暑くなり、二十五日の天神祭でピークに達して、そのまま八月後半まで堪えがたい暑さが続くのが例年である。暑さ凌ぎはお祭りであって、七月一日の生魂神社の祭りから三十一日の住吉大社の祭礼まで、毎日街中どこかの神社でお祭りがある。天神祭は神様が船に乗って河渡りをする祭りなので、昔は浴依がけ、団扇片手に涼みに出かけたのだろうが、今や岸辺までコンクリート、見物人の混雑で涼しさどころではない。祭りはテレビ画面で見たってまったく意味がない。やっぱりこの目で見なくてはと、人々は出かけていく。近くのビルの窓から川面の船の行列を見る手がなくもないが、場所の数が限られているし、ほとんどが私的な空間である。
 そんな暑い日日にFH誌に目を通していると、今頃スイスにいることができれば、どんなにか涼しいかと思う。スイスというと、アルプスの高い山と氷河の光景を思うが、時計産業が展開している地域には、いかにもスイスといった映画向きの、ヤッホーと叫びたくなる風景はない。でもどこへ行っても、その場所にふさわしい日常的な美しさがある。昨年、標高二千米の美ヶ原高原へ登ってみたが、展望台で冷たい外気を吸い込むとスイスの山の匂いがした。スイスが懐かしいと強く思った。観光客向けの売店の雑然とした、買ってくれそうなものは、なんでも置いてあるという無秩序に暗然たる気持ちに襲われたせいもある。商業主義と美観を両立させる努力が、スイスでは田舎に行っても払われている。日本の多くの都市を貫通する幹線道路の両側を見ると、焼き肉屋、回転寿司、ファミリーレストラン、薬屋、スーパー、電気店、家具店、ホームセンター、洋服店などのチェーン店が、これ見よがしのケバケバしい看板を立てて林立している。これらの店舗が産業経済を潤しているのは認めるが、一方地元商店街を圧倒して、荒廃させてしまった。多くの若者たちの美意識も変えてしまった気がする。車に乗る人には便利でも、荒涼とした風景にしか見えない。私が住む宝塚市でも同じような光景の幹線道路が貫通しているが、なるべくそこは走らないようにしている。ヨーロッパの町では、寂しい工場地帯を通り抜けることもある。しかし人工的に醜くしてしまっているロード・サイドはない。日本ぐらい便利な国はないが、便利のために、美しさを犠牲にしていいものだろうか。
 スイスは風景の美しさで知られているが、人々がその風景を賞でるようになったのは、そう古いことではない。二百年ぐらい前からという。今や観光は時計と並んでスイスの重要な産業の一つだが、その時計も、スイスではロクな時計は作られてないと英国人に酷評されていたのも、そのくらい昔。なぜスイスが観光立国になったスイス各地のホテル建設の歴史を書いた新書本が最近出版された、「観光大国スイスの誕生」(河村秀和著・平凡社刊)。暑さ凌ぎに読み始めると、著者は東工大の建築科出身で実に良く調べてあり感心した。ここに登場するたくさんのホテルには、大抵泊まったことがあるか、その建物の外観を見たことがあるかのどちらだが、そんな歴史があったのか、そんな有名な作家や芸術家が投宿してたのか、その折に知っていればなあと何度も思った。文学の該博な知識も著者は持っている。時計に関係のある人にとって、春のバーゼルフェアに行くとなるとホテルを取るのが頭痛の種である。スイスのホテルには恨みが数数あるだろうが是非一読をすすめたい。次回のスイス旅行の役にたてられることを。知識を得る楽しさがこの本にはある。
 FH誌には、時計業界の愛用者の変化とともに、スイス国内のホテル稼働日数が毎月ごとに報告が記載されている。宿泊日数は、確かに人の動きを反映し、この本でその数字を見るのが面白くなった。今号ではなく、前号のFH誌に今年三月の宿泊数が出ている。スイス全体の宿泊数は三千二百万泊で、外国人がそのうち千八百万泊で半数を超し、全体として微増と言ったところ。もちろんアジア関係の宿泊数は増えている。中国、韓国、アラブ諸国が昨年比三割以上、日本も十五%増えている。総人口八百万人でこれだから、日本に直すと一か月で五億泊となる。成長産業の数少ない日本だから、観光はもっとも成長可能な分野である。我が国の景観は戦略のひとつとしてもやっぱり美しく保つ必要がある。
 この宿泊数統計でもそうだが、FH誌に公表されている数字はおおむね信用する気になれる。一つは国が小さく人口が少ないから統計が取りやすい。もう一つは、昔から民主主義が確立していて、各個の報告する正確な数字がまとまると全体に役立つという認識の強さもある。まだ日本では、お役所の要求してくる数字もいやいや提出する気分も強いので、統計に狂いも生じるという気がする。官庁の力が隅々までゆき届く許認可業界は別として。更に、いざ統計を取るとなると、数字の分野別精度にこだわりすぎて、専門家でない限り何が何やら項目が多すぎて解らない。お隣の中国となると、エコノミストは中国政府の経済成長率の一%の違いに目の色を変えるが、果たしてどのぐらい正確なものか、多くの外国人は疑いを持っているに違いない。あんな大国で、あんなに多くの人口の国で、どうして正確な調査が短期間で可能なのか不思議である。
 さてその統計だが、今号には昨年の五月から今年の四月に至るまでの時計輸出結果が出ている。五月の昨年比六%増加から、少しづつ落ち込み八月には二%増となり、その後はそのラインを上下している。四月の輸出先国別にみると、香港(二〇・二%)、アメリカ(一〇%)、日本(六・八%)、イタリア(五・七%)、ドイツ(五・六%)、フランス(五・三%)、一六・五%も前年より減った中国は八番目になり、その他諸国の四六・五%の中に入っている。一国だけに頼ることが少なくなっただけ、スイス時計産業としてはより健全になったといえる。
 もう一つ、スイス・クロノメーター認定協会の昨年一年間の認定書発行の統計を巻末にブランド別一覧表にして付けておく。ダントツの八十五万件以上を獲得するロレックスは、自社内に協会の支部があるようだ。かって日本では、輸出する時計の品質を保証するため、単品ごとにクロノメーター規格ほどハードルが高くはないが、通産省の輸出検査を必要とした。アルバを主に生産していたセイコー塩尻工場の中に、数量が多いため政府の検査機関があった。公的なものと独立した私的な工場が同じ屋根の下にあって、癒着話を聞かないのは、両国民の美徳と言っても良い。(履行時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 103(本年第九号、五月三十日刊) ■2014年7月15日 火曜日 15時51分50秒

好況であったスイスでもスウォッチみたいに順風満帆とは限らない

 人口約五百万人のシンガポールの一人当たりのGNPは日本の倍である。国土は極小、産業は無に等しい。カジノを含む観光はあるが、殆んどが投資とみなされる。
 シンガポールが独立するかしないかのころ、一度華僑たちの円卓昼食会に現地で招かれたことがある。当時は、宝石の中つぎ卸商がシンガポールでも存在していて、その仕入先にくっついて行ったのである。現地の住人ばかりの会食であったが職業の異なる人々の間で、石油の買い付けの話になった。その道のエクスパートらしいのが、今みんなが投資すれば、一ヶ月で何パーセントの収益と投資額が回収できるという提案がなされた。一人当たり、かなりの額になるがあまり論議もなく、一同が集金に同意したのは驚いた。君も出すかといわれたが、若者の身としてそんな金はあるはずもなく断った。連れて行ってくれた宝石卸商に聞くと、みんながみんな知り合いでなくとも、昼飯の席でこんな儲け話は良く出るし、言い出したやつは信用できるからね。あいつに金があれば、一人でするだろうし、宝石のロットだって、すぐ換金できる話なら、俺も友達に資金援助を頼むさ。われわれ華僑は相身互いさ、という話だった。華僑社会の真髄を垣間見た気がしたが、同時にここには株式投資の本質がある。
 株式とは、事業に直接介入しない代わりに、事業主に必要な資金を渡し、利益配分にあずかるシステムである。元々は、金がないから礼は弾むし、少し融通してくれないかという信頼関係から出発している。株主総会などというものも、基本的には、事業にどれだけ金がかかってどれだけ配当するかの説明会に過ぎない。金の賭けか方がけしからん。事業内容も怪しげだとなってくるのは仕方ないが、一株株主の抵抗となると、株主は事業の助っ人であり味方という出発点が転倒してくる。
 今号のFH誌には今年の五月十四日に開催されたスウオッチ・グループの株主総会の取材記事が出ている。場所はグランジュという田舎町に新築されたばかりの巨大な室内自転車競技場。三千人の株主が、招集に応じてやってきた。まず会長のナラヤ・ハイエックから、取得した最初の頃のオメガやロンジン、チソットというブランドが気息奄々たる状態にあって、今の繁栄から想像もつかなかったと、また三十年前のスウォッチの導入が、スイス時計産業の再建に大きく役立ったという開幕の言葉があった。現在は利益ばかりでなく社会的および環境的に有害な材料は製造に一切使用しない、原材料供給者にも同じ事を強制している。会社の方針として、いかに社会に役立つかを重要視しており、その他の例としてある眼科総合病院への財政援助、海底保護への協力、「国境なき医師団」への寄付といったものがあると彼女は続ける。
 それから話題は前期に買収したハリー・ウィンストン社及び中東で三百六十の小売店舗チェーンのリヴォリ社の買収、またスイス国内の多くの工場の拡充、社内研修センターへの新しい投資を行い、昨年一年間で九百名の雇用をスイス国内で実現した。世界中でいまや三万三千六百人の従業員を擁している。
 そのあと、弟のニック・ハイエック社長が立って新しい製品の発表など実務的な面に言及している。インターネットに直結する時計はすでにスキーヤーたちが好みのゲレンデを選べる文字盤の時計を一九九六年に発表し、二○○四年にはチソットのハイTという名の時計、天気予報とか、星占い、スポーツの結果などを表示する時計を発売している。この分野は有望なので、開発計画会議をしている段階だが、何を出すか発表にはまだ時期早々である。
 全体の昨年度の売り上げは、八十八億一千七百万フラン(一兆円弱、一フラン=一一三円)で前年比八・三%増、利益十九億二千八百万フラン(二千二百億円)、前年比二○・二%増。配当一株につき普通株が七・五フラン、議決権なしの株が一・五フランという報告がなされた。
 普通なら株主の誰かが壇上に出て、苦情やら要請を述べるのだが、全員が経営陣たちの努力に謝意を示すだけだったという。土産として全員に七○フラン紙幣(こんな額の紙幣があるのか)をデザインしたスウォッチが配られた。ちなみに現在のスウォッチ一株の値は、普通株が五二四・五フラン、議決権のない株が九四・一フラン、配当率は、両者とも一・五%前後。たいした率ではない。しかし、三千人も株主がわざわざやってきてくれる企業が日本にあるだろうか。
 時計が近年全体として好況であったスイスでも、みんなスウォッチみたいに順風満帆とは限らない。利益の幅が大きく儲けやすそうな時計業も、十年以上持つところは少ないという。
身近な例では、私の会社が日本の代理店をしていたミッシェル・ジョルディは、エーデルヴァイス花柄の時計が大ヒットし、一時は新聞紙上でも故ニコラス・ハイェックと並び称される経営者のスターだったが、十年もたたずに、資金不足でつまずいてしまった。再起に奮闘中である。がいる。
ジュネーヴ製というと高級という印象があるが、その地に工場がるデーウィット(DE Witt)社も、一九九九年の創業だが、十年目を乗り越えるのが大変だった。元々ジェローム・デ・ヴィットというナポレオンの弟で、ドイツのウェストファリア国王となった男の子孫が作り始めた時計である。デ(DE)が名前の前についているのは、貴族の出身を意味する。時計作りに長けていたので、由緒ありげな名前と自社内製造にこだわって、極端に高価な時計が人気を得たが、財政的に行きづまり、協力者は逃げ出し、取り扱い店も金を出してくれない。そこで小さな食料品店を経営している奥さんに助けを求めた。この奥さん、かって女の競売人としてパリの有名な競売店ドルオーで鳴らした女性である。持っていたジャコメッティ、ピカソ、カルダー,デュビュフェやバスキャといった収集家にはよだれの出そうな絵を十億円近くでサザビーで売り、社長として旦那の会社に資金参加して立ち直らせつつある。山内一豊の妻が、へそくりの金で二頭の馬を買い、二人で戦場に駆けつけたような話である。女社長は、トゥルビョンや複雑時計ばかり作って売るのが能でない、もっと手ごろな値のものを(といっても百万円)出そうといって、十周年記念にステンレス側の限定で二百個を昨年出している。どうもこれが立ち直りの始まりのようである。現在社員は六十人、銀行が見るところ年商は三千五百万フラン(五億円弱)らしい。年間三千個以上は作らないと言っている。この話は、ほかの記事からの転載だがなかなか面白い。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 102(本年第八号、五月十五日刊) ■2014年7月2日 水曜日 13時10分32秒

スイス人による日本時計産業史概況

 毎年、六月十日の時の記念日に大津の近江神宮で、漏刻祭が催される。云うまでもなく、この神宮は、天智天皇を祭神とし、その都、近江京の近くに昭和十五年勅願によって造営された最後の神社である。日本書紀に天智天皇が水時計{漏刻}を作らせ、太鼓で時間を知らせたとあることから、祭りの起源としている。殆んど毎年、これを機会に、時計業で食べさせてもらっているのを感謝して、参拝するようにしている。苦しき時の神頼みの感のある年も多いが。なかなか雅趣のある祭なので、多くの方が、遠方からでも来られるといいがなと思う。今年もFHから新しく日本代表になられた中野綾子さんが来られていた。
わざわざ東京から来られて、神社内の時計博物館ぐらい見て、そのまま帰ってしまう人も多い。少なくとも、数キロ足をのばして、北の古い寺社町坂本とか、南の三井寺とかを見物されればいいのにと心中老婆心がもたげる。 
 三井寺も広壮な男性的な伽藍で国宝も多く、一見に値する。三人の天皇、天智、天武、持統、が産湯に使った水の井戸のあるのにちなんで、こうよばれるらしい。
 明治の初めに、いわゆるお傭い米人教師として旧東京帝大へ政治学の教授として勤務したフェノロサがいる。美術の造詣も深かったから、日本美術の魅力をよく知り、排仏気質が強かった時代に、多くの仏教美術を破壊から救った。岡倉天心はその愛弟子であった。フェノロサと同じハーヴァート大の先輩でお金持ちの医師J・S・ビゲローも、来日するや日本美術の虜となり、財力にまかせ名品を買い集めた。フェノロサは後に文部省勤務になって美術行政に携わるようになった。、この二人が初期天心のパトロンといっていい。二人の協力で東京美術学校が創立されて、天心は初代校長に任命される。 
 日本の美術を素晴らしい、世界に通用するといいだしたのが、この二人でその墓が、二つ並んで、三井寺の搭頭である光明院にある。二人共、キリスト教徒ではなく、日本の戒名を持つ仏教徒として葬られている。今は寺も人手がないらしく、しかも、かつての三井寺の寺城の広さがしのばれるような、山上にあるので、荒れ果て訪う人も少ないようだ。墓も苔むしている。すぐ下に、琵琶湖の美しい眺望を眼下にする新しいマンションが建っているのだが。 
 だいたい日本人は外国人に評価されて始めて、真価を識るところがある。浮世絵もそうだが、桂離宮だってブルノー・タウトがいなければどうだっただろうか。富士山などは、ユネスコの世界遺産に認められなくとも、一向に痛痒を感じないと考えるが、一旦指定されると人が競って出かけて行く。アニメだって、そうである。外国人のニッポン発見に、日本人が弱いみたい。新奇な観点があり、足元をすくわれる気がするせいだろう。我々にとって当たり前のことが、外国人が何故かという疑問を生じさせることがある。
 確かに外国人の視点から見ると、日本のいろんな局面での現状が、明確になってくることが多い。三十年ほど前に出た「ジャパン・アズ・ナンバー・ワン」というエズラ・フォーゲルの本は、日本の産業人を鼓舞してくれた。そしていつまでもナンバーワンで存在し続けるものと確信していた。しかし、一度日本は駄目だと外国のエコノミストたちに分析されだすと、その通りと小さくなるか、技術的にはいかなる国にも負けないと国内で肩をそびやかすだけになる。冷静に現状を分析して、新しい戦略を取るのが苦手である。時計業界は特にその傾向が顕著である。
最近スイス人による日本時計産業史概観ともいうべき本が刊行された。今号のFH誌には、この本の紹介がでている。タイトルは「スイスに追いつけ、追い越せ」。著者は我が年少の友人、ピェール・イヴ・ドンゼさんである。ドンゼさんとは、大阪大学の特別研究生として来日した数年前に知り合ったが、すぐ産業史家として力量を発揮し、現在は京都大学の准教授になっている。一九〇八年に新著と対になる「スイス時計産業史」を出版している。ラ・ショード・フォン時計博物館の名誉あるガイア賞を受賞している。若いが堅実な学究である。
 書評をなぞらいながら、内容を紹介してみる。もう昔の記憶になってしまったが、一九六〇年から八〇年にかけて、セイコーとシチズンの急成長によって、スイス時計産業はあやうく消え去るところであった。そこから立ち直ったのは、ETA社内の構造改革、スウォッチのような新製品の開拓、高級品への転向などの施策が一九八〇年になって、かっての栄光をスイス時計産業が取り戻した要因である。日本がクォーツでスイスよりはるかに進歩していたというのは、誤解であって技術としては同じレベルにあったのは事実である。
 「スイスに追いつけ、追い越せ」というのは一九四〇年代後半のセイコーのスローガンであった。両国間の競争は、長い歳月にわたるもので、ドンゼ氏の綿密な検証は重要である。
 本書の叙述は年代的に大体三期に分かれている。一八五〇年から一九四五年までが、日本の時計産業が根付いた時代であった。セイコーの創業は一八八一年、シチズンは一九三〇年。技術をうまくスイスやアメリカから取り入れただけでなく、初めから量産を目指していた。一九三〇年代の中ごろには、セイコーはすでに世界最大の時計生産工場となっていた。
第二期は第二次大戦後の一九四五年から八五年まで。軍需産業の生産技術から学ぶところが多く、機械式時計の大量生産技術でスイスを圧倒するに至る。ニューシャテル天文台(一九六七年)とジュネーブ天文台(一九六八年)のコンクールにおけるセイコーの圧勝は象徴的な出来事であった。そしてクォーツ時代になって日本勢の独壇場となる。
第三期が一九八五年以降、現在まで。このころに入って、日本製の時計は不振の時代に入っていく。その原因はセイコーもシチズンも、製品の新しい位置づけを本気で再点検しなかったこと、それに従ったマーケッティング戦略を創造しなかったことにある。それに技術至上主義、確かに技術によって世界をリードしたが、その技術偏重がまた弱点となっている。
このように総括しているが、興味深いので ドンゼさんに「一冊下さい」と電話で頼んでみるとドンゼさんの手元にも届いてないという返事だった。ドンゼさんは、日本に住んで長い、奥さんも日本人で、良くスイスにも戻っている。両国の事情を知り抜いている。この人の分析には日本の時計関係者には耳を傾けるべき正しい点が多いはずである。参考のために原著名、出版社を記しておく。
EDITION ALPHIL 「RATTRAPER ET DEPASSER LA SUISSE」P
IERRE-YVES DONZE@alphi_ch.(39Fr.506p)
(栄光時計株式会社会長 小谷年司)

■FH誌を読む 101(本年第七号、五月一日刊) ■2014年6月13日 金曜日 17時42分19秒

6年後の東京オリンピックでは国産計器の使用を見たい

 ブラジルでのワールド・カップが、この稿の出る時には開催中である。サッカーはブラジルの国技といっていいから、国民の熱狂的支持を受けた上での開催かと思うと、かなり熱狂的な反対者達も多いようだ。二年後はリオデジヤネイロでのオリンピックが開かれる。TVや新聞によると果して開催できるかと危ぶむ声も多い。 
 オリンピックの計器の担当は、スウオッチとオピンピック委員会との長期契約によってオメガが担当することになっている。ではその次の東京ではどうか、これまたオメガである。五十年前の東京での計器担当はセイコーで、我々の産業愛国心が大いにそそられたし、事実セイコーの発展の出発点となった。せめて、東京オリンピックでは、国産の計器が使用されるところが見られるといいが、契約からみてスウオッチが譲歩するとは考えられない。日本チームが、ワールド・カップで優勝する確率よりも低いだろう。
 前号のFH誌では、リオでのオリンピックでの契約確認は決まったみたいなもの、とオメガの社長のスティーヴン・ウルクハートが、発言している。その発言の中でブラジル市場について、ブラジルでの小売値は、南米の人々がよく買物にでかけるマイアミでの小売値より八割高いことに言及している。普通の正規流通網を使うとどうしてもこうなるので、マージンを他者に出さない直営店しか、当面の方策がないそうで、オメガブティックは現在リオに二軒、サンパウロと首都ブラジリアに一軒という現状。数字としては、世界的に好調なオメガとしては、今のところ大したものではないという。 
 ブラジルへは一度しか行ったことがない。ロスアンジェルスから飛行機で夜着いたのだが、機内アナウンスで、今下にみえる町の光が目的地のサンパウロですというが、いっこうに降下せず、どんどん飛んで行く。心配になって乗務員にきいてみると間違いなくサンパウロの新空港を目指していると答える。ついてみると、町まで百二十キロだそうだ。大阪へ帰るのに名古屋に着いた感じがした。それ程国土は大きい。おおまかな数字だが人口は二億人足らず、同じぐらい広いオーストラリアにはその十分の一しか人口がない。消費するのは人間だから、市場としては大きい。人口構成をみると、白人系が五割、メスキートと呼ばれる混血、及び、日本人に代表される東洋人が三割、アフリカ系黒人が二割程である。問題は、最下層を形成するアフリカ系の人々の生活向上をどう政治的に取り組むかにかかっている。ブラジル経済の驚嘆すべき発展といっても、実情は困難に満ちている。資源は豊富であるから、人々が正しく努力をすれば、豊かな国になれる筈である。 
 そこで、ブラジルの時計事情に詳しいオリエント時計の社長の宮川さんに、最近のことを聞いてみた。ブラジルではまだ贅沢品とみなされる外国製時計は、七,、八種の税金がかけられ、海外との価格格差が倍近くなるという。勿論人口からみて時計はよく売れるが、その殆んどがブラジル国内で生産されたものである。人気の一番はなんと、現地生産のテクノスで、次はオリエントという。セイコーもオメガを擁するスウオッチも現地生産を試みたが、うまく行かなかったようである。一般にブラジル人は熱しやすく、生活は自己中心で、規範に従いたがらないとされる。自然児的傾向が強く、進出したスイス人や日本人の工場経営者や技術者の苛立ちは解る気がする。
 日本でもかっては、海外価格差は、ブランド品の場合特に多かった。車も同様であった。アメリカ政府は、日本が米国車を輸入出来ないようにしているのは、関税や流通面で、難しい障壁を立てているからだと攻撃したが、日本人は売れる車を作らないから売れないと内心うそぶいていた。車でも時計でも、その頃は、性能が良くて、みてくれが美しく、使い勝手が楽で、安いというのが売れる絶対条件であった。いろんな障壁に守られて日本の消費財メーカーはこの条件を満たす物では世界に冠たるものとなった。日本は三割だった時計の関税はすぐにゼロになった。ブラジルの産業の将来は解らないが、ブラジルや中国の高い関税を日本の産業は批難する資格はない。
  
エルメス時計の将来
  
 今号には面白い新聞からの転載記事がいくつかある。ハリー・ウィンストンを約千億円で買収し、その社長に収まったスウオッチのネイラ・ハイエックとの対談。エルメスの時計部門の社長、リュック・ペラモンへの取材記事、同じくロンジン社長、ウォルター・フォンケネルへの取材、チソの社長フランソワ・チェボーとの対談。みなそれぞれに面白い。又、FH誌が作った創業百十周年のオリス特集も興味深い。時計商業誌に出るような、センセーショナルな取扱いをしていないのがいい。最近の若い商業ジャーナリストの筆致を追っていると、TX販売で、商品やメーカーの美点をこれでもか、これでもかと並び立てるタレント達が連想されてならない。
 香港の友人の話によると、現在では、香港の時計小売は振るわないようである。一昨年実施された要人に高級品を贈呈することは賄賂とみなす政令が本土で決まったために、特に高級時計が売れないそうである。エルメスでも全体の売上げは昨年一年で十三%のびたのに、時計が一%しか上昇しなかったのは、このせいだとリュック・ペラモンは明言している。そっちの方の需要がなくなっても、海外旅行をする中国人が増えていて、旅行者全体の五、六割の売上が中国人によるものとみなされている。日本人も中国人もエルメスとシャネル好きである。シャネルはやや派手なので、熟年層日本人にはエルメス派が多い。これは個人的な観察だから、当たっているかどうか解らない。時計に関しては、中国市場の激減をカバーして昨年は三割売上がのびたようである。欧州ではドイツと英国とスイスで伸びが著しく二割。肝心のフランスでは、ぼつぼつといったところ。すでに市場が整備され沢山のブティツクが以前からあるので、仲々のびない。フランス人は、税制が変わり、いよいよお金を使わない。おまけにフランス人の多くはブランド志向ではない。ペラモンによるとインドネシアは有望だが、インドには期待できない。流通がややこしい。金持ちは外国で買い物をする。関税を始め、種々の税金が劇的に下がらないかぎり、エルメスは無理だろう。アメリカも景気が回復している割に、さほどのびてないが、期待できる市場なので投資は続けたい。ロシア人は高級時計好きなので、現地法人を作った。今後のキイ・マーケットになり得る。
 市場別予測とは別に、製造面では、機械式ムーヴメント製造で名高いヴォーシェ社の株
を四分の一保有、文字盤製造のナテベル社、高級ケース製造のジョゼフ・エラール社を買
収して、立派な一貫メーカーになっている。もっともこのヴォ―シェ社は高級ムーヴメン
トを二十五個単位から誰にでも売りますという広告を出している。一体どうなっているの
だろう。平均単価も、二千ユーロから四千と倍になっている。もはや時計のエルメスはバ
ッグ屋さんのサイド・ビジネスではなくなっている。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第六号、四月十七日刊)100 ■2014年6月2日 月曜日 13時0分35秒

百年前のバーゼル・フェアとの違い

 今年のバーゼル・フェアも大成功だった様子である。出展業者千五百社、四十カ国からの参加。十五万人強の入場者、うち四千人がメディア関係者。このフェアがスイス製品の見本市と出発したのは一九一四年で、百年前のその頃の展示といえば、ジュラやジュウの山岳地帯で、雪に閉ざされた家々で女性たちが冬の間、営々として組み立てた時計を並べたにすぎなかった。今の華やかさとはいかに違うことだろうと、FH誌の主幹ジャニーヌ・ヴイユミエ女史は書いている。  
 十年余り、フェアにご無沙汰しているが、三十年ぐらい前には、毎年通っていたので、あののんびりした館内の雰囲気は懐かしい。今のように約束がないと有名ブランドのブースに入れないということなくて、ふらっと訪ねてみても、大メーカーの社長すら、今丁度来客だから、あとで来てくれと愛想がよかった。中小メーカーの経営者となると、大抵、手持ち無沙汰の客待ち顔であった。新製品はみせるだけで、その場で発注する、今のようなスタイルもなかった。ロレックスの日本側でも、フェアで発注してもらっても困るよ、よさげなモデルはいつ来るか解らないのだから、と自嘲的であった。夕方から、各メーカーがホテルでパーティをすることもあったが、主催者が簡単な挨拶をして、夜は退屈をもてあましている時計関係者がヤアヤアとグラス片手に、なじみの顔を探す会であった。 ところが、パーティの呼物に、いつからか有名人が来るようになった。二十年も昔のことだが、どこかのメーカーのパーティにドイツ・サッカーチームの監督になったベッケンバウアーが来たことがあった。いくらサッカー音痴でも、この人の名前ぐらいは知っている。出かけて行って、一緒に写真を撮ってもらったのが嬉しかった。今でも卓上に飾ってある。この号に出ているいろんなブランドのためにパーティに出たサッカー選手はファルカオ、ロバート・ピレス、映画に転向したというエリック・カントーナ。誰も私は知らない。時代の流れは激しい。パーティそのものも、ブランド同志が競い合い、工夫をこらし派手になっている。今年のエルメスはライン河畔のブラジリアという会場で四百人、タグ・ホイヤーは八百人をスイス軍の兵隊宿舎を借り切って招待し大パーティを催したという。こうなると、昔のようにチョコチョコとパーティのはしごをする訳には行かないだろう。豪華なる饗宴も又、世界中から来る客やメディアに対するブランドのデモンストレーションになる。以前のバーゼル・フェアは、何か良いブランドや商品が隠れていないか、輸入商が探し回る場所であった。今やひっそり隠れて居ては死ぬ外はない。どんな小さな出展者でも、目立つべく必死の努力を惜しまない。
 私の会社でも、毎年バーゼルへ数人出かけて行くが、その出張予定をみると、アポイント、アポイントと時間刻みで、殺人的で、気の毒になる。こんなことは止めて、一日ぐらい閑を取ってあの美しいバーゼルの町を見物したらと、ノド元まで言葉が出そうになる。働く若者は、パソコン片手に、ぴっちりとスケジュール通り動かないと安心できないらしい。しかも,人口二十万人ぐらいの町に一週間で二十万人近くの人が入って来てはホテルの部屋数は足らない。バーゼルは観光が売りの町ではないからフェァがない時はガランとしている。多くの人は近隣の町に泊って、フェァに通はざるを得ない。当然時間はない。夜はパーティがある。市内見物など、とんでもない話になっている。 
 バーゼルはスイス最大かつ唯一の港湾都市である。市中を漠々とライン河が流れ、世界中につながっている。この位置が見本市の成立に大きくかかわっている。水利の便が、長年の間に、この町を富まして来てた。人は領主達の町ではなく、ブルジョア(富裕商人層()の町と呼ぶ。それはフェァを訪れ、ライン河の反対側の旧市街を歩くとよく解る。旧市街には昔からの大きな邸宅が立ち並んでいる。
 この町がいかに裕福であったかは、美術館に行ってみれば、さらにはっきりする。小さいけど、蒐集品の質の高さは、驚くべきものがある。スイス随一と言える。イタリアルネッサンス期の名品も多いが、なによりみるべきは、ドイツ・ルネッサンス期の大画家、ハンス・ホルバインの作品だろう。イタリアの画家の筆は優しいが、ドイツの画家は気候を反映して厳しくて硬い。ホルバインの「横たはるキリスト」をみると、今十字架にかけられ、苦しんで息を引き取ったばかりの遺骸の、上向いた髪の横顔が生々しい。胸のつまる思いがする。しかし、一番好きなホルバインは「大きな黒いベレーをかぶった青年」というデッサンである。青年の遠くをみるような表情は美しい。その先に希望がある。複製を買って来て、若い頃から住んでいたマンションの玄関に飾ってあった。この絵にはもう一度会いたいと思う。この青年の年の頃、眼下にライン河をのぞむ、大寺院(ミュンスター)の庭の壁にもたれて、ある夏の日、河の流れを眺めていたことがある。論語に孔子が弟子たちとともに川の上に立ち止った時の言葉がある。「逝くものは、かくの如きかな。昼夜をおかず」。上から見るラインの流れを見るとこの情景を思う。心中は漠然たる悩みがあった。親の脛かじりの留学生活、学業で立つ自信もなく、実業に進む意欲もなく、中ぶらりんの思い。バーゼルの大学では、ニーチェは二十台の始めに教授になっていた。敬愛する、イタリア・ルネッサンス史の大家ヤーコプ・ブルックハルトもここの大学の先生だった。宗教改革の頃の思想家エラスムスもこの町に住んでいた。ホルバインの手になるとても良いエラスムスの肖像画が美術館に残っている。美術館に行って、ホルバインの青年像をみると、何となく心が和んだ。
 この美術館にはもう一つ気に入りがある。ピカソの「道化師」という大きな作品。悲しい道化師ではなく堂々とした静かな座像。ピカソは言っている。人はどうして絵を解ろうとするのか、咲く花の美しさを解ろうとするか、小鳥の唄を解ろうとするか。まさしく、この作品はそこに在るだけで、胸が熱くなる。バーゼルはフェアだけに行くにはもったいない。
 バーゼル・フェアに行く人に、時間があれば、勧めたいのは、ラ・シオードフォンまで足を伸ばして、一九七四年に新築されたモダーンな地下にもぐり込むようにして、時の世界に人々を誘い込む時計博物館である。時と人間のかかわりをテーマにした、単に時計を並べ解説があるというのではない、新しい概念の博物館で、色々な企画も、常に人間と時計の関係が扱われている。今号のFH誌には、四十周年の記念展の記事が、写真入りで七頁も費やされている。元々は、地元の人々の蒐集品が、母体であったが、色々な人の努力と財政的援助で、現在のように美しい展示に定着し、かつ発展しつつある。この建物が完成する前は、FH本部のいかめしい閉鎖的な建物の一部が、博物館にあてられていて、古ぼけた旧帝国大学的標本室みたいと感じたことがある。世界中の美術館、博物館が、この半世紀に多くの人に開かれた楽しい場所に変身している。こんな田舎にもその波はおし寄せている。美術好きにルーブルが欠かせないように時計好きにはここが欠かせない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第四号三月二十七日刊)99 ■2014年5月13日 火曜日 13時58分51秒

米国基準のグローバル・スタンダード

 グローバル・スタンダードなるものは、“地球上基準”ということだが、米国基準と言っても良い。現代の文明のシステムは、ほとんど西洋のモノサシを使って作られている。知的所有権というのも、その典型だろう。発明特許、著作商標権・意匠登録、デザイン、それに近年では、肖像権とか、ネーミング・ライツという変なものまである。西洋の個人主義の産物で、個人が努力して得られた成果は、それは他人が侵しては相成らないという思想である。このこと自体は当然だろうが、形として存在しないものに、個人の所有権を拡大してきたのは、比較的近年のことである。町の写真屋さんでも、上手にとれた肖像写真はウインドウに飾ってあったものであった。撮られた側でもたまたま飾ってくれたとうれしく思うのがふつうであった。今や有名な俳優が、たとえその写真館が撮った写真といえども、本人の許可がなければ店頭に飾れない。無名の人たちがやるスポーツ競技は、テレビに放送されると、関係者みんなが喜ぶ。オリンピックになるとTV局は莫大な放映権料を払わなくてはならない。オリンピックを盛大にしたのは、長年見物人たちが育ててきたためと思われるが、今や間接でも料金を払わねばならないとTVでも見れない仕組みになっている。なんだか少し変だと思わざるを得ない。選手を育成するのもカネ、その力を発揮させるのもカネ、それを見て楽しむのもカネの社会となっている。
 腕時計はクオーツの生産技術が発達して、モジュールだけなら日本製の優秀な製品が一個百円前後で、購入可能である。千円とか、二千円で町で見かける時計は、それを内蔵しており、アジア製といえども日常に使って問題はない。人件費や製造コストの高い日本、特にスイスでは、当然値段ではこれと競争にならない。時計は付加価値、つまりイメージとなって、すでに一世代経っている。スイス時計の価値は、偏にイメージにかかっているといってよい。
 イメージを支えるものは、冒頭に述べたすべて形のないものである。知的所有権のかたまりと言ってよい。西欧個人社会で発達した概念で、西欧文明を取り入れるのにやぶさかでない。日本でも定着するのに時間がかかったし、アジアやアラブの諸国では、コピイは悪という思いは、一般民衆の中にはあまりない。形のあるものを盗むのは泥棒だが、形のないものは単なる借用ぐらいに思っている。
 偽物時計の絶滅をFHが組織の最大目的としているのも故なきではない。偽物製造こそ、知的所有権の侵害の第一歩であり、西欧文明の恩恵に浴する限り、守らねばならぬ商業道徳とするからである。
 今号のFH誌では、アラブの金持ち国であるカタールへ行って、高級ブランド品の知的所有権を何としても守り、ニセモノを排除すべきかと、時計業以外の人々も同行して、FHが政府要人に講義してきた報告が載っている。しかもカタール政府の要請によるものであった。カタールの首都はドーハであり、サッカーファンなら必ずや「ドーハの悲劇」を覚えているだろう。ワールドカップ出場権をかけた試合に日本チームが敗退した地である。もうすぐワールドカップがブラジルで開催される。次の開催地はロシア、その次の二○二二年はカタールである。カタールは、人口三、四十万人の国だが、お隣のアラブ首長国連合のドバイ同様、石油のお金でドーハにも近代高層ビルが乱立している。大会開催の総予算が千五百億ユーロでソチの冬季オリンピックの投資を上回るというのだから恐れ入る。オリンピックとかワールドカップとか、世界中の人々の耳目を集める大会を開催すると、発展途上国だと、発展に勢いづく。大金持ち国のカタールは、発展途上国と言えるかどうか知らないが、少なくとも、西欧化が進むだろう。FH誌の報告では、これを「文化の津波」と表現している。

スイスにおける移民問題

 人口の老齢化が進む日本では、人口ピラミッドの基盤である若年層を外国からの移民で補うという考えがでてきている。政府も現状の一時的な人手不足を懸念して移民法を緩やかにしようとしている。しかしその目標とするところは、安い労働力を手早く調達することにあるので、社会的には大きな問題を将来引き起こすようになるだろう。ヨーロッパ先進諸国の抱えている難問題は、移民の対処である。
 スイスのように、政府的に安定している国でも、移民がスイス人の職を奪うことについては神経質である。スイスは自由で、民主的ないい国というが、それはお金のあるお客さんに対してだけである。移民には厳しい。
 経営者の観点から見ると、同一労働、同一賃金というのが一番好ましい。同じ値の機械には、同じだけの仕事をしてもらう。ところが相手が人間となるとそうはいかない。日本は年功序列がまかり通り、リストラの波はかぶったが、幸運な年代はそのまま、定年を迎え、年金生活に入っている。その年金は、少なくなりつつある、より若い世代が負担することになっている。理論的に少ない数が多くの数を養うことが不可能なのは誰の目にも明らかだが、政府は正面切って、対応しようとはしない。年金を貰っている方は、生きているうちぐらいは何とかなると思考停止だが、本当は何ともならない。流れの先は滝である。これが日本の現状である。
 経済を発展させようと思えば、必ず人手がいる。コンピューターで人手を減らせる時代はもう終わったと思う。コンピューターの使い手がより多く必要となっている。少数精鋭主義は経営者の夢に過ぎない。多数精鋭を作る方が正しい。
 今号のFH誌によるとスイス国内の時計業界で働く人の総数は、この十年間の好調で、四万人から五万八千人増加した。売り上げ総額は、ほぼ倍増している。売り上げの三割がEU向けである。あと二年で、更に三千二百人ぐらいの人が必要だろうと予測されている。ところがスイス国内の国民投票でこの二月に、集団移民禁止法が可決された。実をいうと、スイスの時計従事者の半数が外国籍である。国境のことをフロンといい、毎日フランスやイタリアの国境を越えて働きに来る人をフロンタリェという。半数の外国人のうち一万七千人がこのフロンタリェで、あとの一万人強が国内在住者である。この移民禁止法が成立したため、当面の問題はなくても、業者の中には、工場拡大をあきらめたり、増産計画を中止してりするところが出ている。スイスの時計産業の経営者協議会は早速、シュナイダー・アマン大統領と会談し、この法令の施行に反対の立場を表明したという。これまで、大きな投資が行われていたのは、フロンタリェの通いやすい、南のテッシーノ、北のジュラ地区、それにジュネーヴであった。在スイス移民の制限は、まだしも、フロンタリェまで法律が関わってくるのは困ると業界人は心配している。
 もうだいぶ前になるが、ジュラの時計の町、ラショードフォンのスーパーに入るとたくさんの中国人労働者がいるのを見て、驚いた記憶がある。平和なスイスでも移民問題が顕在化するだろうという予感はその時からあった。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第四号三月十三日刊)98 ■2014年5月1日 木曜日 14時0分40秒

財団名、財団を見る目、日本と欧米の違い

 何故か、高級時計や宝飾品も消費税が上がるとなって、駆け込み需要品目の中にはいって、三月まではともかく売り上げは好調であった。高価な品目は、三%ぐらい税率が上がっても、あとで値引きしてもらえばいいのじゃないか、と思うのだが、人の心理はそうでもないらしい。ブランド物は、値引きしないという意識が定着しているせいか。
 消費税の増率は日本だけの問題であったが、スイス時計の輸出は、今年に入っても好調である。本年一月の統計が出ているが、前年絶好調な年に比べても、総額で十六億フラン、五・六%増加している。市場国別にみると、香港が七・七%減。一月に香港に行ったとき、時計関係者は一様に、中国政府の方針として、高い時計などをご機嫌伺いと称して、要人に送ることを禁止しているので、さっぱり売れないとこぼしていた。それに引き替え、中国への輸出は一・八%伸びているのは、一般の人が買う中級品以下が好調のせいだろう。対米国向けが二二・八%増と驚異的。日本へは、一七%伸びている。もともとのパイは小さいだろうが、アラブ首長向けが三一%も伸びている。ついでながら、この次の号に載っている二月の統計を見ると、昨年同月比、全体で八%増の十七億フラン。香港は、一挙に回復、十八・七%増、わが日本は何と四四・六%増。デパートの高級時計売り場が潤った事実を裏書きしている。スイス時計の最大のお客さんは、それでも香港で約二〇%、次がアメリカの一〇・五%、その次が日本で六・三%、わずか〇・四%の差で中国を抑え、二月は銅メダルである。

オーデマ・ピゲの財団の活動

 財団は英語のファウンデーションの訳である。ファウンドとは基礎を築くという意味から、寄贈された一定の資産を基盤として、その運用から得られるお金で社会に役立つ活動を、営業目的とせず展開する組織をいう。基本的には、無税である。これを利用しようとして、戦後たくさんの財団法人が出現した。しかしたいていの場合は、理事長や理事に、基本資産を寄贈した本人やその息のかかった人が就任することが多い。法律的には、そうではないがお金のない一般人から見ると、財産隠しと見られてしまう。競艇の上がりを基盤にする笹川良一財団も、個人名がついている限り、社会性がみれないとされ、日本財団と改名された。日本人は往々にして、個人より団体に信頼を置く。山田太郎商店より「株式会社ヤマダ」の方が立派と思う。挨拶の場合でも、三菱商事の何とかですといい、名前は何とかですが偶々三菱商事に勤めていますとは、大概の人は言わない。
 パナソニックの創業者、松下幸之助の基金で、毎年五千万円の賞金を、世界中から応募してくるいろいろな分野の学者から一人を選んで表彰している。日本国際賞という無機質な、なにかいかにも中立で公正かつ無気力な団体が出しているという感じである。どうして松下幸之助賞にしないのですかと、会食の席で隣り合わせた審査委員長の宮原元阪大総長に尋ねると、個人名や社名を付けると課税されるからとの答えであった。まだ存命の京セラの稲盛さんが、出される賞金が課税されるのは、この理論からすると当然だから、京都文化賞と味も素っ気もない名になっている。個人の名を付けることはどうしても、わが国では、売名行為とみなされる。町名や通りの名に個人の名が冠されることも、豊田市のような例外はあっても稀で、仕方なくついている感がある。NYのケネディ空港とか、パリのドゴール空港とか、ドゴール広場とか、ちなんでつけられた人物に対する敬意が、時には反感もあろうが、感じられる。きっと日本の役人なら、ダイナマイトのような殺傷能力のある火薬の発明者の名前のノーベル賞には課税するところだろう。はたしてスウェーデン政府がノーベル賞に課税しているかどうか知らないが、恐らく国家事業になっているからには、そうではないだろう。
 かっていくつかの財団法人に関係したこともあるが、莫大な資産が分散することを恐れて財団法人を作り、それを寄贈し、一種の相続税逃れとなってるような例もないではない。あとで、遺族の誰かが財団の理事長に収まり、給与の形で、余得にあずかるのである。本来ならば、他人に差し出した資産だから第三者のものだからおかしいのだが、日本では財団の名に寄贈者個人の名がついていると、その個人の縁故者が財団を運営するのが当然という気分がある。したがって戦後雨後の竹の子のように、無税の特権を有する財団法人ができ、今やその整理退治に政府や地方治自体が躍起となっている。
 スイスの時計業界に関係した財団は多い。ロレックスを保有しているウィルスドルフ財団(創始者の名から採られた)時計好きの製薬業者が創ったサンドス財団、これはフランスだが、カルティエの文化芸術財団等等。スイスの財団の内部がどうなっているかまったく無知だが、スイスのいろんな社会制度から見て、日本よりずっと密室性が薄く、社会性が豊かという気がする。スイスのビジネスマンが、あれは財団だからというとき、金にならんことをやっているけど、良くわからんが人々のために仕事をしていることに、多少尊敬の念を込めている。利益を目的としない活動は、日本の企業にとって長い間悪徳であった。宗教家の領域であった。近年、NPOとか、ボランティアの活動が多くなり、事情は変わりつつあるが、まず企業の利益、次いで社員の待遇、株主の配当は最少限、社会奉仕活動は、企業に役立つことを前提に、というのが未だに大勢である。
 今号のFH誌には、オーデマ・ピゲ財団の自然保護活動の現状がのっている。スイスとフランスの国境に近い、小さな町ルヴラッシュに時計工場があるが、財団の本部もここにある。財団が結成されたのは一九九二年で、理事長は、時計会社のオーナーの一人であるジャスミン・オーディマという女性。財団の目的は世界中の森林の保護である。この人は、一度宮崎に来たことがあるが、宮崎郊外の森林が、無残な開発の犠牲となっているのを、子供たちに昔の森の姿の大切さを教えて、植林を自分たちの手でする運動の検分のためだった。またコロンビアである地区では、アヘンのケシ栽培のため、従来の畑が枯葉剤で整地されているのを、ヨーロッパの基金が買戻し、現地人たちが昔の農法で畑を耕す運動をしている。財団もこれだけでなく他の同種の運動に助成金を出している。工場そのものも、エコロジカルなエネルギーの使い方をしているようで、財団と同じ経営方針を取っている。競馬を主催して金を儲けて、人助けに金を使うのは、ないよりましだが、矛盾を感じづにはいられない。「罪滅ぼし」かなという気がする。皮肉な見方をすれば、APのような高価な時計を身に着ける贅沢の罪滅ぼしに、原始林保護に多少は役立っていると意識を購買者に植え付けていると、言えるかもしれない。いや素直にAP社の善意を認めるべきだろう。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)

■FH誌を読む(本年第三号二月二十七日刊)97 ■2014年4月15日 火曜日 10時37分9秒

“すぐれた職人”必ずしも“すぐれた経営者”ではない

 昨年暮れに佐村河内守という一風変わった名の作曲家の作品が、全部他人の作るものだったことが判明して、これまでのファンが失望した事件があった。以前に音楽友達が、これ聞いてみるかいと、佐村河内人気の源泉となったヒロシマ交響曲のCDをくれた。中身は、世紀末ロマンチシズムの濃い、苦悩を情熱と甘さで大げさに表現した音楽で、マーテーやラフマニノフをごっちゃにした作風だった。現代のクラッシック作曲家では、こんなものは気恥ずかしくてかけない代物だが、聴いてみて素人受けする魅力があった。
 代作そのこと自身は、怪しからんというものでもない。ダイヤを仕入れにアントワープ行く人が、必ず見物による画家ルーベンスの大邸宅に行ってみると、彼の作品は殆んど弟子達の筆によるものであるのを実感する。いくら外交官も兼ねていたといっても、画筆一本であんな多くの作品を残せる訳もないし、あんな豪勢な家に住めるはずはない。構想とか肝要な部分にルーベンス以外には、出来ない不可能な表現があるから、信頼されたのだろう。
 「赤と黒」の作者スタンダールも、若いころは他人の仕事に手を加えて、自作として発表していた。音楽と絵画についての主要評論は、みんな他人の作品の借り物である。ところが今読んでみると、事実関係を借用しているオリジナル部分がつまらなくてスタンダールの加筆の部分が断然光っている。この作家の魅力に取りつかれた読者なら、どの部分がスタンダールか、大抵見当がつく。他人の仕事に息を吹き込むことが贋作なのか。土台は借り物であるのを公表しないことが、剽窃とされる。
 政治家、財界人の著書も大抵自分で書いていないのは常識である。ゴーストライターに書かしたからと言って、その事実は非難する人はいない。内容の主旨、主張の方が重要と誰しもが思っている。有名なレストラン経営者が、料理の腕はなくても、この料理は、私がプロデュースした料理ですといって、美味しければ、顧客は満足する今の世である。実際に作ったのは私ですと、調理場の料理長が異議を申し立てることはない。業界紙の年頭所感なども、多くが本人が書いたものとは思えない、ありきたりの文章が多い。おそらく総務部の誰かに書かせたものであろう。
 すべての仕事に共通することだが、本来ならば仕事の出来が素晴らしいかどうかを判断するのが大切だが、仕事の作者の名で判断する方が簡単なので、ついそちらに注意が向く。作者が異なったりすると、裏切られた気になる。ところが、シャネルもディオールも死んでから長い。現在の両社のファッションは、ご本人と違うデザイナーの作品であるのは当然である。ひょっとすると二人が生きていた時代よりはるかに知名度が高く信頼されている。あの世から見れば代作に過ぎないものに。
真に貢献した人の名を公表するのを英語では、クレディト(信頼)を与えるという。
 映画の終わりに、長々と出てくる固有名詞群がそれである。あの佐村河内も実際の作曲には誰々の手を煩わしたと言明していれば、事情は異なったかもしれない。クレディト(信頼)が欠けたとはこのことか。
 時計はいかに手作りと言っても、一人で作れるものではない。芸術作品のように、個展を開いてそこで売れる類のものではない。それに制作の段階で、個人制作の要素が強くとも、商業作品だから、売れるシステム、いわゆるマーケティングとか資金集めが必要になってくる。フランス料理研究家であり、調理師養成学校の経営者でもあった辻静雄さんは、私の親しい友人でもあったが、良くこう言っていた。「料理の腕の立つ男はたくさんいるが、レストランを開いて、流行らせることのできる奴は、その中で僅かしかいないよ」と。すぐれた職人が必ずしも、すぐれた経営者になれないのは、フランク・ミューラーの例を見ても良くわかる。彼は子供のころから時計修理の天才であった。ジュネーヴの時計学校を出て、パテックの時計博物館の収蔵品の修復に従事する間に、時計制作技術を身に着けたという。その後、自分の名で時計を作り始めたが、時計のケースメーカーであったアルメニア出身の経営感覚に秀でたヴァルタン・シルマケスに会わねば今の成功はありえなかっただろう。これは、後年に起こった両者の確執と妥協的和解がそれを証拠だてている。
 パテック・フイリップ社もポーランドからの亡命貴族で金主の経営者ノルベール・ド・パテックとすぐれた時計技術者アドリアン・フィリップとの幸せな出会いがあったからこそ成功がもたらされた。
 フランク・ミューラーに続いて昨今の高級時計のスターは、リシャール・ミルであろう。この会社もミルの名前のあとに隠れているが、共同経営者のドミニック・ゲナも忘れてはならない。ただし、この人も技術畑出身ではないようである。
 前号のFH誌で、このゲナ氏がジュラ地方の新聞に単独インタビューを受けた記事で、その受け答えの様子が、いかにも会社を代表している自信にあふれていたので、面白く感じた。その内容は、次に出てくるミル氏の発言と同様なので割愛する。
 ミル氏はかってセイコーのフランスの子会社で働いていた社員で、イェーマなどというフランスの時計の営業部長の職にあった。一九九四年セイコーを去って、モーブッサンに映ったが、安楽だが鳴かず飛ばずの時代であった。二○○一年に転機が来た。それはおそらくAP社の
コンサルティングをしている間に、その子会社でトゥールビョン制作に特化したルノー・エ・パピ社と親しくなったからだろうといわれている。その年に自分の名を付けた桁外れに高価なトゥールビョンを売り出すことで、一躍有名になった。トゥールビョンはルノー・エ・パピ製であった。
 今号のFH誌には、ミル氏のインタビューが転載されている。以下要約してみる。
 二○一三年の売り上げは、三千個弱、一億三千二百万フラン。日本円にして約百五十億円。工場蔵出し価格の単価は五百万円近くになる。本年は、金額・量ともに一割増を見越している。複雑な時計の常として女性向けは現状二十%しかないのが三分の一ぐらいまでに上げるのを目標にしている。現在世界中で、ほとんどが合弁だが十六のブティックがある。それを二十四、五か所に増やす。ミラノ、ロンドン、アブダビ、ソウル、モナコ、ミュンヘンが予定地。
 これだけ急速に成長すると、資金的にも苦しくなるし、大きなグループが傘下に置きたくなるのも当然かと思われる。事実昨年は、グッチなどを持つ、ケーリング社のフランソワ・アンリ・ピノーから買収の交渉があったが、条件が合わず不調に終わった模様である。その間の事情について「値が合わなかったのか」と質問されて、実に曖昧な答えをしている。一旦、会社を売ろうと考えた経営者二人が、気を取り直して今後どうかじ取りをしていくか楽しみである。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)。
■FH誌を読む(本年第二号二月十三日刊)96 ■2014年4月1日 火曜日 11時53分31秒

新年のジュネーヴ・ショウについて

 テレビの選挙速報を見ると、開票率がまだ数パーセントなのに、当確者の名が出てくることがある。不思議な気がするが、調査を統計学上の算定でそうなるらしい。視聴率もそうだが、見られている何千台かのTVの台数につけた機械で全体の数字が出る。時計の新製品を出すときも、試作品を銀座あたりの人の出入りの多い店舗や街頭で、反応をみていけそうだがどうか、判断したりする。私自身の経験から見ると、出す側は楽観を優先するし、調査会社も行き掛かりの上でそうなる。結果は必ずしもというか、大抵というかうまくいかなかった。事前の市場調査でヒット商品が生まれるのならこんな楽なことはない。消費の傾向調査なんかも、ヒントを与えるだけで、競馬の予想屋に近い。予想が当たるなら、誰も予想屋なんかやってない。ヒット商品もまた、エジソンの言を俟つまでもなく「九十九%の汗(パースピレーション)の努力と一%のインスピレーション」で出てくる。当たるか当たらないかは、時の運である。しかし生活していくうちで、どうしてもこれがあると便利という製品がある。生活文化が低かったころの電化製品がこれに当たる。人々のニーズを実現する技術力があれば、その製品を作れる会社は、繁栄した。あとはいかに安く作るかにかかっている。日本の消費財メーカーが躍進したのはこのパターンである。
 日本憲法の第二十九条にはこうある。「全て国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」。第九条の戦争放棄の頃は、よく議論されるが、こっちの方がもっと重要と思われる。国民総中流化となった頃から、最低限度は実現化ずみとみなされるようになった。しかし最低限度は、相対的であって、ハードルは国全体が富むにつれて上がっていく。軽自動車に乗って行っても、ある場所から次の場所へ素早く人を運ぶ車本来の機能は変わらない。グリーン車と普通車の差みたいなものに過ぎない。同じ目的地に同じ時間に着く。しかし人は、そこに格差を感じるようになる。
 さて時計や宝飾品は今や無用の長物となっている。時計に代わって携帯電話が必需品になったが、時計がついている。かって、デビアス社は、婚約指輪を必需品として、一大キャンペーンを張った。成功したキャンペーンの史上第一位に輝く金メダルであったが、婚約に続く、結婚指輪が式に欠かせない必需品となって、婚約の方はややかすんだ感があった。 
 時計もかっては、入学の贈り物として必需品だったから、作る方も楽であった。ターゲットが決まっており、数百万人単位で日本人は上級学校に進んだからである。
 日本のメーカーは必需品を作るのは得意だが、需要を創造するのは苦手とする。購入者の気に入るものは、あれこれ差し出すが、これを買いなさいと心理的強圧を加えるのができない美徳の持ち主である。安くて良質なものを作り出す競争をして、その結果、大量生産に走り、大量の商品を市場に流し、売れる可能性のある出口があれば飛びついて、売れ残りが出れば、安売りをしたり、させたりする。大量に売るためには、出来るだけ多くの売り場で人目に立てばよしと考えた。これは大量生産、大量販売がよしとされた時代の考え方で、日常生活に不必要な贅沢品の販売には通用しない。
 もう今は昔、全時連という時計小売店の全国組織が強力だった時代に、安売りの店に流れないように時計のメーカーに個別製品番号を付けて流通経路を明確にしろとの要請があった。番号は刻印できるが、経路を負うことは数が大過ぎて不可能と言ってメーカーは拒否した。コンピューターの容量が少なかったから、一応本音の回答であった。
 ロレックスは早くから日本市場で、購入者が返信はがきを直接輸入元に返信しないと有利なアフターサービスを受けられない状況を作っていたから、購入された時計の品番と流通例路が判明し、流通在庫の数を把握していた。私の会社は代理店をしているので、このころ小売店の在庫過多でなかなか仕入れてくれないと、出来の悪いセールスマンみたいにこぼしたら、何を言ってるのですか、お宅の在庫と納入先小売店の在庫は、売れた保証書の請求カードから逆算することができます。在庫は増えてません。販売努力が減っているのですと、指摘され赤恥をかいてしまった。
 生産されてから、消費されるまでの流通経路を把握するのは、特に贅沢な製品の場合必要不可欠である。創るのは私、売るのは裏方では成り立たない。この傾向が確立されたのは、コンピューターの処理能力が一挙に拡大された二十五年ぐらい前からだろう。同時に、メーカーが代理店に出来た在庫の注文を取るだけでなく、事前発注を要請するようになったのもそのころである。以前は問屋も小売店も当面売れるものを仕入れるのが賢明な経営で、メーカーとリスクを共にする考えは少なかった。今や売れているものだけ売るという方針でやっていけるのは、著名ブランドの取り扱いに関する限り、余程の大量販売店でしかできなくなっている。同じ考えでも相手が中小小売店ではメーカーの方が寄り付かない。また取扱する小売店の数は、製品の販売戦略によって変わるが、多ければ多い程よいというものでもない。最小限必要な数を狙った方が効率的ということが言われ始めたのも同じころである。ちょうどカルティエが名声を日本で確立した時で、取扱店舗の数を絞れば、売り上げは逆に増えると主張するのを聞いて、当時半信半疑だった。正価維持、限定店舗、流通経路の正確な把握、競合相手との差別化、直営店の設置、時計業界では異端とも思える政策を取り入れたのが、売れるという力を背景にしたカルティエであった。過去とのしがらみのない、外国人のマネージャーにして初めて実行が可能だったといえる。
 今まさにバーゼルワールドの開催中である。伝統の古い見本市なので、出展社が多く、お祭り気分が強い。もっとコンパクトで、近代的なビジネスの場として、カルティエのグループが主体となり、バーゼルから離れたにブランドが開催するようになったのが通称“ジュネーヴ・ショウ”、正確には高級時計国際サロン(DIHH)である。はじめはバーゼルのすぐ後に、ジュネーヴで開催されていたが、独立性を強調するためか、途中から一月開催になった。一年に二度スイスへ行くのは面倒と世界中の小売店に最初不評であったが、強引に押し切っていつの間にか、定着してしまった。実は私も初めに招待されたことがあるが、入場証を作るためいろいろ個人資料がいるから提示してくれという。名指しで招待するぐらいだから、別に入場券だけくれれば行くと言ったら、その後一切音沙汰がなかった。話にならんと思われたのだろう。行ってきた社員たちの報告によると、初めのころからバーゼルの会場とは違って、ソフィティケートされた雰囲気の中で、機能的にビジネスが行われる場として設営されていたという。社長(私)なんかのように商品のことも解らず、注文もできない人が行くところではありませんと社員に脅された以来敬遠している。でも内心は百聞は一見にしかずとも思っている。
 今号のFH誌にはバーゼルの報告が出ている。速いものでもう二十四回年の開催になるらしい。開催時期は一月二十日から二十四日まで。来場者は小売店、代理店とメディア関係者のみで招待者に限られている。今年の来場者総数は、前年比9%アップの一万四千人。うち千三百人がメディア関係者というのがすごい。高級時計がメディアの情報伝達なしに成立しない事が解る。参加した十六社が、それぞれ個性を発揮した新製品を発表、人々の注目を集めていた。今年の文化的な小展示は「天文学の娘たる時計」をテーマにしている。
 時計製作現場の一工員から、時計を販売する一売り子に至るまで、精密時計の各部分が調和して動くような、流通政策をとることが、高級時計の生命線となっている。麻雀の一気通貫みたいに整然としたマーケッティングを示すみたいである。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(一月二十三日刊、本年第一号)95 ■2014年3月14日 金曜日 14時0分26秒

FH誌は「事実のみを伝える客観的記事が主」

 FH誌の論評は、今回から新年号になるが、言うまでもなくFHはスイス時計産業連盟(FEDERATION HORLOGERE)の略称で、スイス国内の殆んどの時計関係の製造業が四百社ばかり会員・準会員として参加している。日本の時計協会に相当する。ただし日本の場合は、垂直構造、つまり一貫メーカーばかりだから、競争相手の集まりになって、全体の利益や権利のことしか共通目的にならない。日本の殆んどの協同組合が同じような構造になっていて、外部への請願または圧力団体にはすぐなるけど、内部でお互いに切磋琢磨することはめったにない。その点、スイスでは製造業間のやり取りが複雑で入りくんでいるから、お互いの情報が重要になり、機関誌の役割は高い。会員には公平という原則から、事実のみを伝える客観的記事が主である。主観的評価のない記事は面白くない。
 発行回数は、年二十四回。夏・冬の一か月休刊の隔週誌である。発行部数は千六百部、外部の人の購読料は、年間スイス国内三百十フラン、海外は五百五十フラン(航空便)である。昨年から写真は全部カラーになり、六十頁もあって商業誌のように立派になっている。年間六万円は高いなーという気もするが、物価の高いスイスだから仕方がないか。詳しくはネットで(WWW.fhs.ch)。
 フランス語の小説を読むより退屈するが、勉強と思ってこの雑誌を毎号読んでいると、スイス時計産業全体の流れがどちらの方向に向かっているか、ぼんやりではあるが解ってくる。
 今号の記事にショパール社のニューシャテル州フルリェにあるエボーシュ・フルリェ工場が(4層、五千百平米)。五年間かけて修築され、厳しいエコロジー規格合格を証明する「ミネルジー」表彰を受けた報告がのっている。詳しい説明は省くが、徹底的な省エネ、最小限の排出物、あらゆる面でのリサイクル化などが実施されている。ここでは、昨年七千個を作り、来年には一万五千個のムーブメントを製造する計画になっている。以前から、永続性のある贅沢を標榜して、今回と同じ「ミネルジー」規格に完全にのっとった工場をジュネーブにショパール社は二○一二年に新築している。
 ショパールはショイフェレ兄妹が両人で社長をしている会社で、どうも時計部門が男性、宝石部門が女性の担当のようである。ハッピーダイヤモンドと言って、文字盤の中でダイヤが動き回る派手な時計が日本でも大当たりしたが、今の世代になってエコロジーにずいぶん関心が強いらしい。「責任ある宝飾品機構」のメンバーに二○一○年来ショパールは参画している。責任あるという言葉は、紛らわしいが、製造・販売の過程において、責任のある行動をとっている宝飾業という意味だろう。金とか、ダイヤモンドを使用しても、紛争地経由の金やダイヤは避けて、由来の明確なものを選んでいる。近年、英語でエスィカル・コンシューマーという表現が良くされるようになった。倫理的消費者という意味だが、出来るだけ世間に迷惑をかけないものを消費または購買しようとする考え方の持ち主を指す。特に高価なぜいたく品は、差し迫った日用のものとは違うから、この考えは、購買者の良心に強く訴えかける。高級品の平行輸入品は嫌で、多少高くても正規取扱店で買いたいと思うのも、安心感だけではなく、同じ心の動きだろう。以前家人に良くこう言った。グッチはグッチの店で買って、初めてグッチになると。モノの有り余っている時代に、さらに一つバッグを買い加える行為に筋の通った、心の豊かさの方が重要だろう。食料品のようなものでも、安全への志向の方が強いのだろうが、氏素姓の明確なものが、スーパーでも人気がある。スイス山中のフルリェという町も人口の少ない自然豊かな田舎に過ぎない。そこに莫大な投資をして、超エコロジカルな設備作っても、注目する人は少ないかもしれない。ショパールは、あえて戦略的にそれを作った。製品の魅力の一つとして、それを受け入れる購買者も出てくるだろう。
 FH誌の記事構成は、五部に分かれている。一部が公式活動報告、二〜四部が会員各社に関するニュース、新製品の紹介は、大メーカーが中心ではなく、公平なもの。それに各会員の公的情報。たとえば、各社のニュースの一つとして先ほどのショパールのフルリェ新工場の紹介が大々的に出ているが、別のコラムには「クロノメーター・フェルディナン・ベルトゥー株式会社」をショパールが設立したという報告が出ている。ブレゲの方がすっかり有名になってしまったが、ベルトウーも、同じスイスに生まれながらルイ十六世治政のフランスで活躍した時計制作者である。その頃は、洋上における経度測定のための正確な時計は船舶、特に軍艦には絶対必要とされていた。ブレゲが宮廷人に人気があったが、ベルトウーは、マリン・クロノメーターによって、国家に仕えていた。時計設計に関して多数の著書を残し、時計史において理論家としても不滅の名声を保っている。二○○六年にショパールは、この名称の権利を買収し、新工場のあるフルリェ近くで生まれたベルトウーを名を冠した名品を世に発表したいとショイフレ社長が明言している。
 過去の名時計師たちの名が次々と復活していく現状はうれしいが、彼等が時計史に果たした真の役割とは違った方向の製品になりはしないかと気にかかる。現代の評価が歴史的評価を曲げる恐れは十分ある。
 FH誌でやっぱり一番面白いのは、第五部の地方一般新聞の時計関連の記事の転載である。トップがつい本音を地方紙と思って漏らすこともある。トップの答え方にも、その企業の特色が出ている。トップといっても、LVMHのアルノー氏とか、リッシュモンのルパート氏とか、スウォッチ・グループのハイエック氏とか、本当のボスは登場しない。ブランド部門の最高責任者で実務家でもある人々との対話が多い。
 今号では、ロンジン社のフォン・ケネル、タグホイヤー社のステファ―ヌ・リンダ―両社長。その他に、ヴィクトリノックスのブラジル支社長カール・キーリ―ガ、フランク・ミューラーグループのオーナー、ヴァルタン・シルマークとの対談が出ていて、興味深い。
 例えば、タグホイヤー社のリンダ―氏。ジュラ地方のシュヴェネにクロノメーター製造新鋭工場を作り、昨年五万個を生産、三年後には倍増して、ロレックスに次ぐクロノメーターの自社内生産をすると発表している。記者団は、宣伝費を貰っているメディア関係者と違って、突っ込んだ質問をする。ホイヤー社は、セイコーからムーヴメントやテンプ回りを購入している珍しい会社だが、今後どうするつもりか。答えの方は、ブルガリに行った前社長のクリスト・ババンに代わったばかりの新社長はやや歯切れが悪い。スウォッチがムーヴを売らなくなることを予想して四、五年前からセイコーから買っている。セイコーの品質は我々の信頼に足る。一九六九という新しいキャリバーには、セイコーとサントス財団のアトカルパ社、二社からテンプ回りを買う。アメリカでは、まだ十万円ぐらいの初めてスイス時計としてホイヤーを買う人が多いから、セイコーのクオーツは重要である。記者団は、今後一貫メーカーとして、テンプ回りを含め全部自社製造するという答えがほしかったのだろうが、どうも曖昧な内容になってなっている。最後の「一体どのぐらいの年間販売量か」と聞かれても、数を公表するのは社の方針ではないのでね、五十万個から百万個の間ということだ、と大雑把な答えになった。
 リンダ―氏に比べて、ロンジン社の我が友ウォルター・フォン・ケネルの記者会見は自信に満ち溢れている。自社の業績の好調さは、知れ渡っているせいか、視野はスイス時計業界全体を展望している。一九七〇年頃までは、技術が先行し、市場がこれに従った時代であった。しかし現代では、市場に技術に従わなければならない、何よりも市場が優先するという考えを披歴している。全部要約しないが紙面がなくなってしまった。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(一月二十三日刊、本年第一号)95 ■2014年3月14日 金曜日 14時0分25秒

FH誌は「事実のみを伝える客観的記事が主」

 FH誌の論評は、今回から新年号になるが、言うまでもなくFHはスイス時計産業連盟(FEDERATION HORLOGERE)の略称で、スイス国内の殆んどの時計関係の製造業が四百社ばかり会員・準会員として参加している。日本の時計協会に相当する。ただし日本の場合は、垂直構造、つまり一貫メーカーばかりだから、競争相手の集まりになって、全体の利益や権利のことしか共通目的にならない。日本の殆んどの協同組合が同じような構造になっていて、外部への請願または圧力団体にはすぐなるけど、内部でお互いに切磋琢磨することはめったにない。その点、スイスでは製造業間のやり取りが複雑で入りくんでいるから、お互いの情報が重要になり、機関誌の役割は高い。会員には公平という原則から、事実のみを伝える客観的記事が主である。主観的評価のない記事は面白くない。
 発行回数は、年二十四回。夏・冬の一か月休刊の隔週誌である。発行部数は千六百部、外部の人の購読料は、年間スイス国内三百十フラン、海外は五百五十フラン(航空便)である。昨年から写真は全部カラーになり、六十頁もあって商業誌のように立派になっている。年間六万円は高いなーという気もするが、物価の高いスイスだから仕方がないか。詳しくはネットで(WWW.fhs.ch)。
 フランス語の小説を読むより退屈するが、勉強と思ってこの雑誌を毎号読んでいると、スイス時計産業全体の流れがどちらの方向に向かっているか、ぼんやりではあるが解ってくる。
 今号の記事にショパール社のニューシャテル州フルリェにあるエボーシュ・フルリェ工場が(4層、五千百平米)。五年間かけて修築され、厳しいエコロジー規格合格を証明する「ミネルジー」表彰を受けた報告がのっている。詳しい説明は省くが、徹底的な省エネ、最小限の排出物、あらゆる面でのリサイクル化などが実施されている。ここでは、昨年七千個を作り、来年には一万五千個のムーブメントを製造する計画になっている。以前から、永続性のある贅沢を標榜して、今回と同じ「ミネルジー」規格に完全にのっとった工場をジュネーブにショパール社は二○一二年に新築している。
 ショパールはショイフェレ兄妹が両人で社長をしている会社で、どうも時計部門が男性、宝石部門が女性の担当のようである。ハッピーダイヤモンドと言って、文字盤の中でダイヤが動き回る派手な時計が日本でも大当たりしたが、今の世代になってエコロジーにずいぶん関心が強いらしい。「責任ある宝飾品機構」のメンバーに二○一○年来ショパールは参画している。責任あるという言葉は、紛らわしいが、製造・販売の過程において、責任のある行動をとっている宝飾業という意味だろう。金とか、ダイヤモンドを使用しても、紛争地経由の金やダイヤは避けて、由来の明確なものを選んでいる。近年、英語でエスィカル・コンシューマーという表現が良くされるようになった。倫理的消費者という意味だが、出来るだけ世間に迷惑をかけないものを消費または購買しようとする考え方の持ち主を指す。特に高価なぜいたく品は、差し迫った日用のものとは違うから、この考えは、購買者の良心に強く訴えかける。高級品の平行輸入品は嫌で、多少高くても正規取扱店で買いたいと思うのも、安心感だけではなく、同じ心の動きだろう。以前家人に良くこう言った。グッチはグッチの店で買って、初めてグッチになると。モノの有り余っている時代に、さらに一つバッグを買い加える行為に筋の通った、心の豊かさの方が重要だろう。食料品のようなものでも、安全への志向の方が強いのだろうが、氏素姓の明確なものが、スーパーでも人気がある。スイス山中のフルリェという町も人口の少ない自然豊かな田舎に過ぎない。そこに莫大な投資をして、超エコロジカルな設備作っても、注目する人は少ないかもしれない。ショパールは、あえて戦略的にそれを作った。製品の魅力の一つとして、それを受け入れる購買者も出てくるだろう。
 FH誌の記事構成は、五部に分かれている。一部が公式活動報告、二〜四部が会員各社に関するニュース、新製品の紹介は、大メーカーが中心ではなく、公平なもの。それに各会員の公的情報。たとえば、各社のニュースの一つとして先ほどのショパールのフルリェ新工場の紹介が大々的に出ているが、別のコラムには「クロノメーター・フェルディナン・ベルトゥー株式会社」をショパールが設立したという報告が出ている。ブレゲの方がすっかり有名になってしまったが、ベルトウーも、同じスイスに生まれながらルイ十六世治政のフランスで活躍した時計制作者である。その頃は、洋上における経度測定のための正確な時計は船舶、特に軍艦には絶対必要とされていた。ブレゲが宮廷人に人気があったが、ベルトウーは、マリン・クロノメーターによって、国家に仕えていた。時計設計に関して多数の著書を残し、時計史において理論家としても不滅の名声を保っている。二○○六年にショパールは、この名称の権利を買収し、新工場のあるフルリェ近くで生まれたベルトウーを名を冠した名品を世に発表したいとショイフレ社長が明言している。
 過去の名時計師たちの名が次々と復活していく現状はうれしいが、彼等が時計史に果たした真の役割とは違った方向の製品になりはしないかと気にかかる。現代の評価が歴史的評価を曲げる恐れは十分ある。
 FH誌でやっぱり一番面白いのは、第五部の地方一般新聞の時計関連の記事の転載である。トップがつい本音を地方紙と思って漏らすこともある。トップの答え方にも、その企業の特色が出ている。トップといっても、LVMHのアルノー氏とか、リッシュモンのルパート氏とか、スウォッチ・グループのハイエック氏とか、本当のボスは登場しない。ブランド部門の最高責任者で実務家でもある人々との対話が多い。
 今号では、ロンジン社のフォン・ケネル、タグホイヤー社のステファ―ヌ・リンダ―両社長。その他に、ヴィクトリノックスのブラジル支社長カール・キーリ―ガ、フランク・ミューラーグループのオーナー、ヴァルタン・シルマークとの対談が出ていて、興味深い。
 例えば、タグホイヤー社のリンダ―氏。ジュラ地方のシュヴェネにクロノメーター製造新鋭工場を作り、昨年五万個を生産、三年後には倍増して、ロレックスに次ぐクロノメーターの自社内生産をすると発表している。記者団は、宣伝費を貰っているメディア関係者と違って、突っ込んだ質問をする。ホイヤー社は、セイコーからムーヴメントやテンプ回りを購入している珍しい会社だが、今後どうするつもりか。答えの方は、ブルガリに行った前社長のクリスト・ババンに代わったばかりの新社長はやや歯切れが悪い。スウォッチがムーヴを売らなくなることを予想して四、五年前からセイコーから買っている。セイコーの品質は我々の信頼に足る。一九六九という新しいキャリバーには、セイコーとサントス財団のアトカルパ社、二社からテンプ回りを買う。アメリカでは、まだ十万円ぐらいの初めてスイス時計としてホイヤーを買う人が多いから、セイコーのクオーツは重要である。記者団は、今後一貫メーカーとして、テンプ回りを含め全部自社製造するという答えがほしかったのだろうが、どうも曖昧な内容になってなっている。最後の「一体どのぐらいの年間販売量か」と聞かれても、数を公表するのは社の方針ではないのでね、五十万個から百万個の間ということだ、と大雑把な答えになった。
 リンダ―氏に比べて、ロンジン社の我が友ウォルター・フォン・ケネルの記者会見は自信に満ち溢れている。自社の業績の好調さは、知れ渡っているせいか、視野はスイス時計業界全体を展望している。一九七〇年頃までは、技術が先行し、市場がこれに従った時代であった。しかし現代では、市場に技術に従わなければならない、何よりも市場が優先するという考えを披歴している。全部要約しないが紙面がなくなってしまった。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■F・H誌を読む(昨年第二十号十二月十二日刊)94 ■2014年3月3日 月曜日 15時30分58秒

二千七百個近くを押収した贋物摘発担当職員

【十月十九日(火曜日)】我々二人はFHの贋物摘発担当職員である。短い夜は明けて、ドバイの気温は既に高く蒸し暑い。スイスから着いたばかりで、機内では良く眠れなかった。ホテルのロビーで情報提供者の報告を詳しく聞く。明日の踏み込みに十分備える為だ。贋物業者のアジトは旧ドバイのデイラという地区の古いビルの二階と三階にあるのを知る。金製品を売る店が軒を連ねている、観光客人気の市場の近くだ。市場をウロウロしている客引きが、高級バッグや時計があると言って客を連れ込むという。アフリカからも、ここまで仕入れに来る連中がいる。この二年間、F・Hはこういった摘発を重ねて、しかるべき成果を挙げている。しかし彼等も巧妙になって、むざむざ没収されない様考えている。何より用心深くすることだ。
 大体の説明を受けて、ドバイ警察本部に出かける。検事は既に提出されている告発状を見て、踏み込み没収の許可を出している。情報が漏れて、逃走に繋がらないよう、言葉少なに最終策を警察官達と図る。その点彼らはプロだ。正確な場所は一人の通告者しか知らない。寸前にその男と道で擦れ合って素早く言葉を交わす。それで場所が判る。
【十月二十日(水曜日)】街角で待機しているとFHの現地代理人のサミールの車がやってくる。一時間近く待ったのに、ここでは時間きっちりになるらしい。目当ての場所は、小さな家が入り組んでおり、遠くに駐車して歩いて近づく。携帯を耳から離さないサミールが先導する。携すごい雑踏で、いろんな色の服の歩行者が行き来して進めない。とある角で私服警官たちと偶然のように合流する。続いて通告者がビルの隅に立っているのを見る。挨拶みたい儀式があって、我々は離れ離れになる。通告者は直ぐ雑踏に消えた。一体これはどうなっているのかと思った。目的地に近づくと、また一緒になった。これだけ用心していたのだが、客引きの一人が、我々に気づいたみたいだった。このごちゃごちゃした世界では、見なくても匂いで解るのだろう。即行動しかない。
 隊長は私服を二階組みと三階組み二手に分け、建物にすぐさま侵入した。階段は暗く、彼らは携帯を照明代わりに使った。踊り場の扉は二箇所とも錠がかかっていた。共犯者の通報で売り手は既に逃走したのか。ポリス、ドアを開けろ!という命令にも一切返答がない。警官の一人がかがみこんで、ドアの下の隙間に手を平たくあてがう。冷たい空気が流れ出ている。「空調が付いたままだ。いるぞ」と叫ぶ。「皆どけ」隊長がハンマーを叩きつける。数秒でドアの枠が吹っ飛び、鍵がタイルに落下する音が聞こえる。警官たちは、入り口から少し離れて様子を覗う。恐怖や捨て鉢から発砲して来ないか見定めたいからだ。中に居た三人はすぐに手錠をかけられた。「もう大丈夫だ。入ってきていいよ」と隊長が言った。
 中の様子は、見慣れている光景だった。床から天井まで、あらゆる種類の贋物が積まれている。スチール棚には何百という時計が山積みになっている。警官が手錠の三人を少しいたぶっている間に、なれた手つきでサミールは、棚の後ろの壁をコツコツ叩いている。隠し棚を見つけるのに数分とかからない。我々はその間、時計の検分に忙しい。こうして全部で二千七百個近くが押収できた。続いて三階の部屋に行ってみると、壊されたドアの破片が床に散乱していた。中には時計はなく、バッグばかりだった。途端に緊張感が解けて、人心地がつく。蒸し暑さと暗い廊下に満ちる悪臭、淀んだ空気が、急に耐えられなくなって、通りに出て空気を吸うと、ボトルから清水を飲んだ気がした。手錠をかけられた容疑者も、厳重な監視のもと外に出た。先行き辛い目にあうのは必定である。通行人もチラッと見て、かわいそうという表情をする。彼等も贋物作りの運命がどうなるか知っている。監獄に入れられた後は国外追放、打ちしおれて、故国のインドやパキスタンに戻る事になろう。アラブ首長国連合で一旗挙げる夢は、押収した時計がローラーで押しつぶされるように、破れてしまうことだろう。
 F・H誌は、大抵、中正的な役所の広報みたいに面白くない記事が多いが、今号は面白い。しかも写真入だから。F・H誌の職員になるのも大変だ。付記に二〇一三年から各地区にいる代表と協力して、八回の襲撃を試み、九万個の偽時計を見つけている。狙いは主に集荷場所で、そこから世界の密売人に拡散するからである。八回のうち六ケ所で、現地の裁判所が容疑者を実刑に処し、押収時計全部の破壊を認めているそうだ。

ルロックルにあるスイスで一番古い時計工場の話

 実に面白い企業の話が、転載記事で知った。スイスで一番古い時計工場は一七八五年に創業されたデュボワ・フィスとジュラ地方の新聞には書かれている。バセロン・コンスタンタンも同年の創業としているから、どっちが古いのか解らない。
 こういうことを調べるのは実に便利な本がある。キャサリン・プリッチャードというカナダ人の女性が書した「スイスの時計メーカー一七七五年〜一九七五年」である。いろんな資料を綿密に当って、殆どのメーカーの資料を網羅した労作である。この副題の年号から見ると、著者が一七七五年をメーカーの起源としているみたいだから、一番古いと自称してもいいのだろう。この本は昔の新聞や雑誌、役所の登記記録などを調査して書かれた本だから、記述はごく客観的で一番信頼に足る。例えば代が替わったら替わったと書いてある。高級メーカーが、自社で作る豪華本は、当然ながら代替わりとか内紛があったことは書かない。歴史資料としては少し欠陥がる。
 この本によるとデュボワ・フィスは、二十世紀の終わりまで細々とデュボワ家の手で存続していたようである。代替わりしなかったのが珍しい。然し二〇一〇年バーゼルの起業家トーマス・シュタインマンの手に渡っている。資本金は、二〇一二年に十万フラン、翌年には五十万フランに増資されたが、五十万フランでは約五千万円だから大した額ではない。ところが昨年の一月に、一般の人々から百五十万フランの資金を集めて衆目を集めた。
 クラウド・ファインディングという手法というからネットで株主を集めたのだろう。二百二十六人の新株主が出来たという。時計関係のプロも居れば、単なる投資家も、時計好きもいるという。
 会社側は、将来の株主に対し、各種九十九個を作る限定の時計を買ってもらう。その値の一部は会社の経費に取られるが残りの価格は会社株に転換される。デュボワの時計一個、百万円で買うとすると、一部は経費として減るが、残りは会社の株に化けるらしい。なんだか手品みたいな資金集めという気がしてならないが、既に六百人が集まっているというのだから恐れ入る。しかしその会社の製品を買えば、会社の小さなオーナーになれる。つまり株主になれるという考え方は面白い。記事そのものは、ルロックルにあった本社が別の時計の町プラントリィに移されるという方が眼目であった。
 余談だが、アベノミクスが始る前にスバルの新車を買ったのだが、そのうちにこの車を作っている富士重工の株が、あれよあれよと上昇した。車と同時に、同じ金額で株を買ってたら、車がタダになったのに後悔した。ひょっとしたらデュボワ商法が当るかもしれない。責任は持ちませんが。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(昨年第十九号十一月二十八日刊) ■2014年2月17日 月曜日 15時51分20秒

 明治維新になって、西欧の文明が奔流のように日本に入ってきた。ちょんまげを切った人々は「散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする」と自嘲の交じったざれ歌を残している。文明とは、西欧の法制・社会制度であり、蒸気船、汽車、ガス塔、燃えない石造りの家、等々であった。不便な不定時制度を廃止した明治六年来の時計もある。
 文明とは人々の生活を快適にする技術や道具のことと云える。技術や道具は安ければ安いほど多くの人に利用されて、生活がより豊かになる。
 時計もクオーツが普及した一九八〇年代には、機械時計の使命は、昔の風帆船のように終わったと世間はみなした。電池は何時切れるやも知れないという反論は、小型太陽電池の出現で打ち消された。
 ところが不思議な事に、機械時計は生き残った。生き残ったところではなく、スイスの機械時計はかってない隆盛を享受し続けている。勿論性能がクオーツに対抗し得るほど、良くなったが、値は高い。それでも人々は購入する。なぜかというに、時計がコスト計算の無意味な文化の領域に入ってきたからである。文明の進歩とは云うが、文化の進歩とはいわない。文明の領域ではコスト計算が優先するけど、文化となると評価の中にコストは重要性を持たない。然し文化といっても、ある地域である民族の中で、自然発生的に一定の歴史を踏んで生まれるばかりではなくて、この百年ぐらいになると人為的に造られる分かも出てくる。インターネットを媒介する文化はその典型である。ブランドの文化も最初は百貨店は三越、音響製品はソニー、車はトヨタとか、地域性があったが、製品が世界を駆け巡るようになって、地球全体が共有する文化となった。いま挙げた名前は品質の証明であったが、高級ファッションやお金持ちが好む車、時計、オーディオ、贅沢な旅、高価な料理店のブランドは、高品質は当然だがイメージによりかかるところが多い。
 カルチェが参入する以前のスイス時計界は、ごく素朴であった。パテックを頂点とする階級制度は長らく固定していて、まるで士農工商の世界みたいで、メーカーは自分の地位で充足していた。カルチェの時計を復活させたのは、この名声を借りて時計製造を下請け工場を始めたフランスのシルヴィアマッチというライターメーカーであったが、そのオーナーであったオック氏も、正しく利用すればブランドがとてつもない威力を発揮するのに、自身戸惑った様子があった。当初の一九六〇年の下請けのひとつは、エベル社であった。この会社の若旦那は、ピエール・アラン・ブルームといって一時はスイス時計産業の顔となったが、まだ若い頃の彼を知っている。エベルの時計を私の会社が販売していた関係で、彼が大阪に出張してきた時、二、三度北の新地で飲み明かしたことがある。後年、彼が一九九四年に自社を売却する寸前、バーゼルで再会した時は、尊大になっていたが、若い頃は気持ちの良い青年であった。カルチェの仕事をマーケィティング手法で学ぶ事が多く、これを利用して、祖父の創業したエベルというブランドを、カルチェに負けないようにしたいと熱心に語っていたことを思い出す。そして短期間である程度を成し遂げたことに今でも敬意を抱いている。
 カルチェを更に買収したリッシュモン・グループの総師は、南アフリカの人だが高級ブランド確立に手腕を発揮するのは、フランス人ないしはフランス系の人に多い。イタリア人も含めてラテン系といっても良い。カルチェがパシャという遠足の水筒の蓋みたいなリューズ蓋をつけた大型の時計を売り出した。当時の私たちの感覚から見ると到底売れそうもないモデルであった。ところが発売以来、広告に次ぐ広告を打ち、いつの間にか人気モデルになっていた。市場をねじ伏せた感があった。売れないものでも、売れるようにするのがマーケッティングであり、ブランドの力だという自信が覗える。以来カルチェの販売店は新製品を批判しなくなった。
 エッフェル塔はパリのシンボルである。しかし建設当初は人気が全くなかった。壊してしまえという意見も多かった。然しパリ市は、根気よく、これは素晴らしいものだと主張し続け、百十五年経った今、エッフェル塔のないパリは考えられない。ルーブル美術館の中庭にあるピラミッドもそうである。昔の古めかしいコの字型の宮殿の庭に、ガラスと鉄で出来た三角錐が盛り上がっていて、あたりの風情とはチグハグである。一体あれは何だという効果はある。ペイという有名な建築家の手によるものだが、地下に巨大なショッピングセンターを作るための明り取りに過ぎない。しかしそれを何とか理屈をつけて名所に仕立てている。ポンピドウ・センターをはじめこのようなものは、パリでは枚挙にいとまない。
 ブランドに歴史や意味や味を加えて、あたかも大きな価値を持つかのように造り上げるのは、フランス人が長けているのは、こんな伝統を背負っているからだろう。
 カルチェのマーケッティングのからくりを面白おかしく教えてくれたのは、かってカルチェ社にあって社主オック氏に親しく仕えた友人シャリオールだが、フレンチ・マーケッティングの別の冷微な一面を学ばせてくれたのは、タグ・ホイヤーの社長だったヴィロスさんであった。小柄で精悍な人で、歩くコンピューターの感があった。製品・広告などの戦略でいくら優れていても、販売が上手く行かなければ意味がない。小売店頭の在庫、売上げを出来れば即時、少なくとも月次に、しかも店舗ごと商品別に知らないと気がすまない人だった。今では、こんな事はブランド展開をするのに常識になっているが、たった十数年以前には、日本の問屋にとって至難の業であった。当社の取引先の個別y情報をすぐ出せと号令しても、そんなことをしてたら時間がなくて、販売活動が出来ませんと泣き言をいうセーールスもいた。ヴィロスさんは、その数字がないと一切交渉に応じない。代理店だったワールド通商の斉藤社長も大変だっただろうが、こっちも大童であった。日本の問屋は勢いで何となく売っていたことを痛感させられた。勿論正確な数字は結果としてあるが、ピンポイントで捉えていなかった。いわば一斉掃射、じゅうたん爆撃の戦争をしていた。いつか手元の数字がコンピューターの誤操作で間違いだらけなのを発見したヴィロスさんは、今日は仕事にならんと会議は止めて、楽しく飯を食いに行こうと言い出したのが、おかしかった。往年、ヴィロスさんは会社をルイ・ヴィトンに売却する事になる。会社を上り坂に押上げって、巨額で売り抜けたといえる。
 さて今号のFH誌ではそのタグ・ホイヤー社の隆盛振りが紹介されている。出発は下請け中心だったのに、今や四番目のモダンな新工場を完成させ、全部で八百名を有する堂々たる一貫生産工場になった。開発されるムーブメントもオリジナリティに富んでおり、昔のように見てくれのケースデザインで勝負という事がなくなった。販売網も直営店が世界の一等地に二百店舗あり、数年の間に二百五十店舗を持つ事になる。販売拠点は四千箇所。オンライン販売にも熱心で、米国、英国、豪州で実施している。流石ルイ・ヴィトンも脱帽する。詳しくはFH誌をご覧願いたい。
 この号には、フランス生まれの天才時計製造者P・F・ジュルヌの特集が、大資本のタグ・ホイヤーと同じ扱いで載っている。年間生産個数わずか九百個。東京にも以前から直営店があり、真の時計愛好家に評判が高い。コストも無視して、何でも手作りで押していけば、売れる可能性がある世の中は嬉しいような気がする。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(昨年第十八号十一月十四日刊)92 ■2014年2月12日 水曜日 15時28分40秒

「ふらんすへ行きたしとおもへどもふらんすはあまりに遠し
 せめては新しき背広をきて、きままなる旅にいでてみん」

 一九二五年頃に書かれたこの萩原朔太郎の詩は今の若者たちには、全く理解できないだろう。フランスなんか安売りのチケットをインターネットで手配すれば、そんなにお金をかけずとも簡単に行けるからである。その上、この詩の底にある西欧への憧れも、若者達の心に消えているからである。この詩は太平洋戦争を経験した世代ぐらいまで青年の心を捉えていたと思はれる。私も、その世代に属している。  
一九六一年父がフランス留学の金を出してくれた時は天にも昇る気持ちだった。戦後すぐ、それ以前にフランスへ留学した人の中には、もうみんな故人になってしまったが、加藤周一、森有正、遠藤周作といった人がいる。それぞれに「羊の歌」、「はるかなるノートルダム」、「白い人」といったフランス滞在を主題にした優れた作品を残している。私達が西欧社会に抱いていた憧れを、例え、失望や疎外感が時に出ているにせよ、かき立てるものがあった。パリの夕焼けは東京の夕焼けより高尚で優雅であったのである。
文化だけでなく、外国の文物に対しても同じことだった。コカコーラにはアメリカの文明の味がしたし、リプトンの紅茶のふり出し袋一ヶで英国の香りがするといって、何人前も淹れたものであった。東京タワーが建つ頃でもエッフェル塔より高いと人々は胸を張った。
今から、半世紀以上昔に初めてみたパリは必ずしも夢の町ではなかった。丁度、ドゴール政府に対して、アルジェリアを植民地のままおいておこうとする勢力が、町のあちこちでプラスチック爆弾を仕かけていた。内戦のような雰囲気があった。町で警官に機関銃をつきつけられて、パスポートの提示を求められたたこともしばしばあった。
町の建物は今のように白く洗われる以前で、長年の煤で真っ黒だった。百貨店に行くと、パリはデパートの発祥の地であるのに、建物と内装は立派だが、売っているものが、まとまりがなく、日本の方がずっと買いたいものがあった。店員に顧客にサービスする観念がなかった。その後、三越も大丸も高島屋も松坂屋も曲りなりにパリに出店したが、みんなうまく行かず、撤退を余儀なくされた。パリの百貨店が今のように変身したのは日本に学んだところが多い。
パリに足かけ二年程いて、イタリアのフィレンツェ大学へ行ったが、この一年が実に楽しかった。まず、下宿の夕飯が美味だし、イタリア人学生の下宿人と仲良くなる。今はグッチというと、知らない人はいないけど、当時はフィレンツェに一軒あるだけであった。フィレンツェの名物の一つ皮細工でたくさんあった革製品のお店の一つにすぎなかった。フェラガモもグッチよりは立派な昔の城館みたいな店を構えていたが、どちらかというと婦人靴専門のお店のようだった。ここも一軒だけ。フィレンツェは昔からの観光地だったから御土産物さん屋は軒をつらねており、魅力的な店も多かったのにどうしてこの二つだけが世界的名声を五十年後に確立したかと思うとブランドを考える契機となる。
今号のF・H誌にブルガリの時計の記事が出ている。ブルガリが時計を作り始めたきっかけは、一九七五年の上顧客用のクリスマスギフトに百個ばかりデジタルの時計をベゼルにブルガリ・ローマと彫り込んで配ったことから始まったらしい。ブルガリの本店は、映画「ローマの休日」でオードリーヘップバーンの女王がアイスクリームを手に降りてくるスペイン階段の下に突きあたっているショッピング街、コンドッティ通りにある。私が行った頃には、すでに創業百年に近い老舗であったが、なにしろ学生なので中に入ってみる勇気はなかった。ここもローマに一軒だけだったと思う。イタリア人は宝飾品好きでイタリア中には無数の宝石店があるのに何故ブルガリだけが世界に認められるようになったのも興味深い。
アメリカ系の「インターブランド」という調査会社があって、毎年スイスのトップブランド五十というリストを出している。そこの担当役員のミッシェル・ガブリエルとの一問一答がこの号に出ている。五十ブランドのうち十六が時計である。要約してみる。
この十三年の番付ではサラサン銀行とジュラ(時計)が落ちて、化粧品のラ・プレリと乳製品のエンミが入った。ロレックスとオメガはベストテン内で、ネッスルは売上高を大きくのばした。ロンジンとショパールとインターナショナルは順位を上げている。
時計のブランド数が圧倒的に多いが、有名ブランドはみんな語るべき歴史を持っている。オメガは月面到達時に飛行士がつけていた。パテックは愛用者は次の世代がそれを引き継ぎ、パテックの歴史に参加の意識を与えている。インターナショナルの場合、アンジェニアールとか、アクアタイマーとかポルトゥケーゼといった特殊な世界のカテゴリーを創出している。もう一つ、これらのブランドが中国、アラブ、ロシアの高級時計愛好者にこのまれている要素も強い。
ロンジンはこの十三年に前年比十三%も売上増を記録したのはロンジンのモットーでる「エレガンスとは身構えである」を徹底的に追ったせいだろう。それに値段帯が高級時計への入門編であるのも良い。特に中国では、精度、伝統、性能、ファッション性とスイス製の持つ良さに宣伝を集中させたところも上昇の一因であった。
スイスのブランドの強さはネスプレッソの例をみると証明できる。これは単なるインスタントコーヒーにすぎない。しかし、洒落たコーヒーカプセル、モダンな抽出機で一躍人の心をつかんで、ブランドとなった。時計も同じことで、時計を作る人がおり、ブランドを構築する専門家がいて、立派な歴史と伝統があれば成功の道をたどれる筈だ。高級時計を買う人はそれを買う人たちの仲間に入りたいと思う。もちろん、安心感を買うということもあるだろう。それがブランドのもたらす利点でもある。それにブランド強化のためにはますますネット系メディアを活用することが重要になるだろう。
明快なブランド論にではあるが、強力なブランドは益々強力になって、世界中どこの町を旅してても、本店と同じようなお店が同じような商品を同じようなやり方で展示されている。世界が画一化されることにどうしても違和感が残るのは老人の繰り言か。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(昨年第十七号十月三十一日刊)91 ■2014年1月17日 金曜日 16時1分17秒

江戸幕府とスイス政府が国交を結んで百五十年

 昨年発行の雑誌を読んでいるが、この稿は新年号になるので「あけましておめでとうございます」から始めねばならない。今年二〇一四年は、江戸幕府とスイス政府が正式に国交を結んでから百五十年になる。スイスを代表して交渉に来日した外交官はアンベールというジュラ地方の時計製造組合の理事長もした事のある男だった。この人は幕末に日本の様子を克明に記録した目録を残している。講談社の学術文庫で訳がでている。
 スイスは当時から同じ大きさの国土で、植民地確保にも乗り出すことなく、平和な国であった。大きさは四国ぐらいで、しかも二十五も州(カントン)のある連邦政府である。なんとなく幕藩体制と良く似ている。日本も徳川家を主導者とする大名各藩による一種の連邦国家であったといえる。藩によって、お国柄が違うように、スイスでは州(カントン)によって、人々の生活様式が違っていた。第一使用される言葉が、四つもある。宗教も、旧教、新教共存である。今はスイスの総人口が八百万人ぐらいで、ジュネーヴ州全体で三十万人ぐらいいるのだろうか。それでもジュネーヴの人は、特殊と他州スイス人は言う。京都の人が特別というぐらいの意味で、他県(州)人を低く見ると悪口を言う人が多い。時計でも自社のロゴの他に、誇らしげにジュネーヴと書き加えた文字盤をよくみるが、ラ・ショードフォンと書いてあるのはお目にかかったことがない。強烈な宗教改革家だったカルヴァンがこの町を始めていた十六世紀にフランスで弾圧された新教徒(職人・商人が多かった)が亡命してきて、ここで時計製造の技術が定着したとされる。時計の総本家の意識である。
 昔から高級時計の御三家といわれたのが、パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンとオーデマ・ピゲで、そのうちの前の二者はジュネーヴに本拠地がある。ロレックスも二十世紀に入っての新入りながらジュネーヴである。特にいわゆるバセロンは、市中の繁華街にある昔の風情ある塔屋を本社にしていたので、旅行客になじみが深い。今号のFH誌では、そのバセロンがA・Pの本社工場のあるジュー山中の町、ル・ブラッシュに現代的な新工場を作った記事が大きく出ている。総ガラス張りの二階建て(七千平米)で、三十億円の投資という。バセロンの全従業員は、現在九百人で、そのうち二百人がここで働いており、一年で後百人は増やすそうである。先進技術、最新工作機械は使用するものの最終仕上げは全部手でなされると強調している。
 ル・ブラッシュに一、二度行った事があるが、ジュネーブから車で二時間は山道を登らねばならない標高千メートル以上のとんでもない田舎で、冬は雪だらけ。どうしてこんなところにと思うが、A・Pの工場もここにあるように、時計関係の下請け業があちこちにあって、これまでもバセロンはそういったところを頼りにしていたようだ。下請けを組織化して、より効率化を図るためと思われる。新工場では、内部で教育訓練をはじめ、伝統を保持していくと言明している。
 バセロンの創業は、一七五五年でとりあえずスイスで一番古いメーカーとされている。パテックが一八三九年だからかなり古い。フランス大革命以前である。革命の後ナポレオンが出てきて、ジュネーヴがフランスに併合されたり、経営が難しくなったが繊維業やチェリーブランディを作ったりして、危機を凌いだこともあった。一八一九年になって、フランソワ・コンスタンチンという営業に長けた男が入社して社業は安定したという。創業者のジャン・マルク・ヴァシュロンとこの人の名を重ねたのが社名である。
 この会社には時計産業史に名が残る技術者にジョルジュ・オーギュスト・レショがいる。一八三九年にバセロンに入ったが共通部品を生産して、性能の一定した時計を作るシステムも完成したことで知られている。この男が工場で働いていた頃のバセロンの工場を見たカール・マルクスは「資本論」の初版で、効率的に機械を持つ工場と褒めているそうである。レショは大量生産時計への足がかりを作った人とされるが、何故かバセロンは、その方向に進まなかった。レショが野心の少ない謙虚な人柄であったせいかもしれない。他社から好待遇の話があっても、一向に応じなかったという。
 いずれにしてもバセロンは、高級宝飾時計の道を歩むわけだが、中近東の王族相手の商売が中心になりすぎ、石油が一時不況になった頃に販売に行きづまり、これまでのオーナー、ケッテラー家から友人のヤマニ石油相(オペックの)に売却される。当時は、ティファニー、グッチ、タグ・ホイヤーなどをアラブマネーが買収に走った時代であった。その後、バセロンは、リッシュモングループが入手して、現存の繁栄に至っている。

時計学校の先生の愉快な挑戦

 パリの時計学校の先生、ミッシェル・ブーランジェは、先生を一時辞めて手作りの時計に挑戦している。手作りといっても半端でない。中三針、手巻き、トゥールビョンの時計を全ての部品から手作りで製作する。例えば工作機器は、ラ・ショードフォンの時計博物館の昔の旋盤や歯を切る工具を借り出して作る。トゥールビョンのかごを作るのに二ヶ月はかかる。実際やってみると昔のやり方がわかり、どうして伝えていくかも解る。しかもこれを助ける先生は、気鋭の時計師、ロバート・グルーベルとステファン・フォルセィにフィリップ・デュフールの三人。時計業界ではこの三人の名と腕前を知らない人は誰もいない。この人達が全て協力している。設計図だけがコンピューターで、後はみんな手作り。こうすればもっと時計作りの創造性を感じられるだろう。時計を完成するのに、三年かかる。二〇一五年の一月にジュネーブのSIHHで公開されるそうだ。この計画の進行の様子を地元の新聞が伝えている。「何でも知っているとは言わない。その反対だがね。知っていることは誰かに伝えたい。年が経てば、知識もうすれる。それは工業化のせいでもある。クオーツが出て以来、失った技能・知識はもどって来ないとデユフールは言っている。
終わりに、楽しげな催しの話題を。この十一月の十日の日曜日にジュネーブのホテル・ブリストル(名はいかめしいが気軽な中級ホテル)で、十一月三日の日曜日にはラ・ショードフォンの時計博物館で、古い時計や時計文献の市が開催される予告が載っていた。一般人には手が出せない高級アンティークが売り物のサザビーやクリスティの競売は大抵豪華ホテルで開催されるが、こっちのは沢山の屋台を並べての販売で、安くて面白いモノがありそうだ。もう済んでしまっているが、来年はどうも十一月の同じ頃にありそうなのでいってみたい気がする。暇そうに番をしている骨董屋の親父を捕まえて時計談義に耳を傾けるのも一興である。彼らは中々の物知りであり、学者で通りそうなものもいる。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第十六号十月十七日刊)90 ■2014年1月9日 木曜日 16時6分54秒

中国の古くからある諺に「羊頭狗肉」

デカルトは「方法序説」をこう書き始めている。良識は、この世で最も公平に分け与えられているものである。正しく判断し、真と偽りを区別する能力、これこそ本来良識とか理性と呼ばれているものだが、そういう能力が全ての人に生まれつき、平等に具わっていることだ。(谷川多佳子訳)デカルトのように偉大な哲学者でなくとも、普通の日本人なら素直に納得できる考え方である。あるいは、あったというべきかも知れないが。
 中国の古くからある諺に「羊頭狗肉」がある。肉屋の看板に高級肉の羊の頭を掲げて、実は犬の肉を売っている行為をからかった言葉だが、現今の偽装食品にも当てはまる。昔から人間は、同じことをやっているが、本能的な良識が働いて、人々はその類の店には行かなかったものである。この肉美味しいね。やっぱり神戸牛かが良識的な反応で、神戸肉といっているから美味しいはずだは、逆転した判断である。食べ物屋さんは、安全で美味しくて値に合ったものを出せば良い。それが出す人、食べる人には共通の良識であった。全ての世界にマーケティング手法が導入される事によって、誰もが殆ど平等に持っている味覚の世界でも、良識による判断が狂わせられるようになってきた。美味しいと思うものは美味しく、まずいと思うものはまずいという主体性が無くなって来た。マーケティングの過熱から、判断力が減少しているくせに、後だし批判ばかりが強い消費者を保護するために、色々な法令が出来る。それをくぐるマーケティングが考案される。いたちごっこである。判断力の方はいよいよ麻痺して、そのうち美味しい肉と美味しいを表示しても、偽装とか何とか言われる時代が来るかもしれない。客観的な正しさを追及するのが法令だからである。人々の判断が法令に基づいているかより、良識に基づいていた昔が懐かしくなるだろう。
 この号のF・H誌には、九月に開かれたF・H理事会の報告が出ていて、会長のパッシエさんが、時計をスイス製と表示するには、六〇%以上がスイス製でなければならない法案は議会を通過したが、これをswisness(スイスらしさ)と表示するには二〇一五年以降になるだろうと言っている。それでも四十%は外国で作られたものでいいのだから問題は微妙である。法的な表示はむつかしい。法にふれなければいいとい 考えに人は傾き勝ちになる。
 日常生活における贋物とかコピイの存在をよく考えてみれば複雑である。マチスが好きで本物は到底買えないから、よくできたコピイを買って部屋に飾っても、その人の人格は問われない。奥床しさを感じる人もいるだろう。もしオメガの時計が好きで、お金がないからよくできたコピイで我慢して愛用していたらどうだろう。人格どころか、もしも外国で買って帰国時に税関でみつかると、一種の犯罪行為とみなされて破棄を要請される。知的所有権というのは、特許でなくても商標や肖像権ですらも無断借用してもうける側には当然ながら、たとえインチキと知りながら買う側にも、ある種の強制をもたらすようになっている。カラオケ一回うたうにも作曲作詞家になにがしかの著作権が入る。
 有名ブランドは、ブランドを確立するために、販売する商品の製造原価に加えて、宣伝・広告、社会奉仕といったイメージ向上に莫大な費用を使っている。だからブランドに箔がつく。安くて良いだけではブランドにならない。この箔をブランドの資本化という、のれん代の形成といってもいいだろう。デビアスというのはありふれたオランダ人の姓だ。その一家が所有していた南アファリカの農場の名称にすぎなかった。その土地でダイアモンドの鉱脈が発見され、のちにそれを買収した鉱山会社がデビアス鉱山と名のならければ、そして半世紀以上にわたって、「ダイアモンド・イズ・フォエバーデビアス」と広告しなければ、単なるオランダの姓にすぎない。デビアス社はこのキャツチフレーズ「ダイアモンドは永遠に」と社名が十分資本化したと判断したから、商品名に使ってるといえる。 
 ニセモノはブランドの最大の敵とみなされている。F・Hでもニセ物排除を活動の最大目標の一つにしている。今号では、チューリッヒ空港で税関がこの八月にニセモノ九千個、うち時計五千個以上の荷物を押収したことが報じられている。ニセモノによる被害はスイス関係だけで、二千億円、世界中ではその百倍以上とある。ニセモノは、これまでスイスが成し遂げた価値、イノベーション・完全主義、熟練した製造技術を破壊するとまで言っている。買う消費者にも責任がある。買うことによって、ニセモノ作りを助け、スイスブランドの侵犯に手を貸している。又彼等は他の犯罪にも深くかかわっているグループに属していることが多いとF・H誌記者の口調は激しい。写真をみるとヴィトンのバッグ、小物、グッチやフェンディのスカーフ等で日本でみつかるニセモノと変わらない。しかしニセモノのスイス時計をスイスに輸入してどうするだろうか。こんなものを売るモグリの時計屋が市民の監視の目のうるさいスイスに存在するのだろうか。きっと外国からくる観光客に売りつける組織があるのだろう。

今年のガイヤ賞

一ヵ月程前の朝日新聞の日曜版に隔週ごとについてくる付録に一頁にわたって、ラ・ショードフォン市が案内図と共に時計の町として紹介されていた。その町の時計博物館が一九九三年以来、ガイヤ(大地の女神)賞なるものを設けて毎年秋ごとに受賞者を表彰している。技術・学芸・経営の三部門に分かれている。
 学芸部門では昨年は、今京大准教授になっているわが友ピエール・ドンゼが選ばれたが、今年はギュンター・エストマン博士、ブレーメン生まれのドイツ人。若い時、時計技術者の修業をしたが、その後ハンブルグ大学で、科学史、美術史を専攻。博士論文は、ストラスブールにある天文時計についての研究。のち航海史に移り、ミュンヘンのドイツ博物館海洋部の研究主任、二○○九年以来、ベルリン大学教授科学史専攻の一方、オーストリアの時計マイスターの技能資格も持っているが、
技術部門では、APのルノー・パピ社の設計部門から独立して、複雑で美しいデザインの時計をモーゼル社やハリー・ウインストン社のために、創造して来たアンドレアス・シュトレーラー。独立時計師アカデミーに二○○一年に参加した時は、最年少会員であった天才肌。
経営部門では懐かしい人の名があった。エルンスト・トムケ。今のスオッチがSMHといったころのCEOを一九八四年から一九九一年まで勤めた人物であり、スオッチを初めて作った人である。SMHを立て直したのは、この人と財務から入ったニコラス・ハイエックの二人といえる。トムケさんとは、バーゼルのパーティで紹介され、握手ぐらいした記憶があるが、大きな人で雲の上の人というオーラの漂っている感じがあった。時計業界に入る前は、英国の大手製薬会社ビーチャムで新薬開発をしていた。あるとき突然SMHを去って、靴のバリー社に行ったという噂を聞いた。ハイエックと衝突したとも聞いた。あの関係者一同から寄せられた絶大な信頼度から見ると、必ず輝ける成功者としてカムバックするかと思っていたが、以降一切噂を聞かなくなった。今回写真で見ると白髪の好々爺になっているので安心したような気になった。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む・番外編 ■2014年1月9日 木曜日 16時4分49秒

ロンドン、ぶらぶらの旅

 七月にロンドンを一週間ばかりのんびりしていたのだが、十月になって機会があってまた出かけて行った。若い頃から何度も出かけたし、小さな現地法人も持ったことさえあったが、ロンドンをあまり好きになれなかった。仕事の出張が多く、ゴルフはクラブさえ握ったことがなかったので、今日は本場でプレイだと眼を輝かす同業者たちの心情が分からないせいもある。それに、かっては食べ物が美味しくなかった。そんなことないわよ、家庭料理は美味しかったわと、英国好きの女友達は言ったが、一人旅が多かったので、家庭に入り込む事はなかった。フランス人の友達が、英国の高級レストランへ行くと、料理では、ナイフやフォークや皿を食わされるから用心しろと言った。英国の影響で、明治以来、日本でもテーブルにずらりと食器が並んでいる。フランスでは、一つの料理には一組の食器を出す。英国では、料理が駄目な代わりに、食器が立派だと言うジョークである。確かにアングロサクソン人には、ラテン人と違って食べ物は人を養えば良いと考える面が強い。
 スコットランドに行くとハギスという家庭料理がある。一種のソーセージだが、羊の肉や内臓やらを細切れにして、オートミルで繋いだものが詰めてある。これにウイスキーをかけて食べる。現地の有名なホテルで、一種の余興として出されたものを試したが、わが人生でこんな不味い物を食べた事はない。
 もう三十年も昔のことだが、ロンドン郊外でよく流行っている店を開いたフランス人のシェフが、英国人の店で下働きをしていた経験を、雑誌に書いていた。その店に来た客が、料理がまずいと抗議すると、その場はつくろっても、客が帰ると、うちの店では何十年来この料理で満足して客は通ってくれる、あの人は変人だから、相手にしないでおこうと、みんなが言ったそうだ。
 英国人の一面性が出ていて、おかしかったので、今でも覚えている。しかし、今では時代はすっかり変わった。ロンドン、パリはユーロスターで三時間もかからない。昔は、英国人のシェフは、ドイツ人のプレイボーイと並んで、ジョークの一つであったが、ゴードン・ラムゼイのような三ツ星シェフや、ジェミー。オリヴァーのような人気料理人が英国人にも沢山出てきている。フランス、インド、中華、日本の料理店も異境地のもどき風ではなく、本格的な店もたくさんある。
 食べ物が美味しくなったというのも、年とともにロンドンが気に入って来た理由かもしれない。三年前に初めて初めてロンドンに十日ほど居続けた。それまでは大抵長くても三日ぐらいしか滞在した事はなかったのであった。泊まったセント・ジェームズ地区の「デューク」というホテルが、こじんまりして大袈裟なところがなく、実に居心地が良かったせいもある。財布が許す限りは、ここに泊まりたいと思わせるホテルであった。この地区も良い。例えば東京の人は、銀座、浅草、新宿、麻布などと聞けば、どんなところか頭の中で想像がつくだろう。パリの地区は、問題ない、一区から二十区まであって、性格がはっきりしている。十六区に住んでいると聞けば、ブルジョワだなと人は直感する。ヴェニスのような小さな町でも、カレナッジオとか、サンマルコとかリアリルトとか、地区地区に性格がある。大阪でも西も東も分からなくとも、キタとミナミの判別は三日おればすぐにつく。ロンドンでもメイフェアー、ソーホー、ブルームスベリー、チェルシーなどと知ってくると楽しくなる。あの二階建ての赤バスにも、乗りやすくなる。地区の名を言えば運転手が行くかどうかを即答してくれる。タクシーは言うまでもない。
 この七月も「デュークスホテル」に泊まった。ホテルのような外観をしていない路地の奥まったところにある集合住宅みたいなホテル。通りにでると、高級なワイン商「ベリー・ラッツ兄弟社」やら、高価な葉巻屋とか、狩猟具を売る英国らしい店が並んでいる。画商も多い。少し歩いてピカデリーの大通りに出ると、ロイヤルアカデミーがある。美術学校の一種だが、いろんな企画展をやっている。この美術館の中にミケランジェロの円形浅浮彫の傑作「聖母子像」が廊下の奥にポツンと壁面にかけられている。この聖母の愁いに満ちた横顔の美しいこと。大和中宮寺の如意輪観音像と同様、いつまで見ても見飽きない。入場料はない。朝コーヒーを飲みに外へ出て、この聖母に連日のように会いに行く。
 何の確たる目的もなく散歩したり、バスに乗ったり、食べ物の屋に入ったりしていると、ロンドンが益々好きになってくる。「ロンドンに飽きた人は、人生に飽きた人です。人生の楽しみが、全てロンドンにあるからです」という十八世紀の文人、サミュエル・ジョンソンの言葉が本当らしく感じられてきだしたみたい。

ロンドン塔でのディナー

 今回の主目的は、ロンドンのデビアス社、つまりフォーエバーマーク社へ訪問する私の会社のプロモーションに随行する為だった。社長のスティヴン・ルシア氏は、往年のカラットクラブ以来の旧知であり、私たちと同行してくださった得意先を実に親しく迎えてくれた。デビアス社と同じ敷地にある宿舎も、二泊提供してもらった。セキュリティの完璧な素晴らしいホテルだが、主として年に十回、五週間おきに来るサイトホルダーたちの宿泊施設だったが、そのサイトもこの十一月からボツワナで行なわれるようになっている。
 半日、デビアスの役員、特別役員室でルシア社長自身が、フォーエバーマーク戦略と状況説明をパワーポイントで説明してくれた。
 以前まだ世界中のダイヤ原石を独占していた頃のデビアス社は、業者からは一面からの批判はあったもののダイヤモンド業全体の繁栄が、これに携わる人々の個々の利益に繋がると考えていた。この考えは、フォーエバーマークにも生きている。デビアスとLVMHの合弁であるデビアスブランドの小売網は、高級品のニッチマーケットに過ぎない。やっぱり、バター&ブレッドは、フォーエバーマークの価格帯と品質にある。フォーエバーマークを取り扱う、いわゆるパイプラインの全員、特に小売店が正当な利益を確保できる戦略を構築するという話であった。全てのパイプラインを全部自社のものにするフランス式の独裁統治法ナポレオン式と分割独立統治の英国植民地式の対立が面白い。後者に頼るしか我々の生きる道はない。
 夏目漱石の初期の作品に「倫教塔」がある。ロンドン塔案内記だが、今読んでもその学識と苦いユーモアに感心する。ロンドン塔は宮殿よりも牢獄として長く使われたから、この文章でも陰惨な印象を受ける。近年改修につぐ、改修で、観光客向けにすっかり明るく整備されている。フォーエバーマーク社の配慮で閉城した後、夜間に我々十人だけのため、特別に開けてもらった。勿論我々を警護するのは赤い昔の制服の番兵「ビーフイーター」である。見張りといっているが、我々の監視もこっそり兼ねているのだろう。まずは待ち時間、普段は二時間というクラウン・ジュエリー室を見る。六百カラットのカリナンダイヤやコイヌール・ダイヤをゆっくり眺める。宝石好きには、至福の時間であった。英王室が所有するダイヤ、サファイア、ルビ、エメラルドが一堂に会している。
 その後、城内一隅のクィーンズ・ハウスという女王の部屋で一応私達夫婦が主人となって、晩餐会を催した。女王の部屋といっても、フランス式金ぴかではない、趣味の良い老人のお金持ちの住居みたい。英国料理が上手いとかまずいとは言ってられない。私たちの先祖が集めてくれた宝飾品は一見の価値はありましたかな、では、このあたりでお食事にいたしましょうという気持ちになる。今までの生涯で一番優雅な晩餐会であった。妻も一夜だけの女王陛下の気分を味わったに違いない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第十五号九月二十六日刊)87 ■2014年1月9日 木曜日 16時2分42秒

スイスの時計産業のマニファクチュール

 先日朝日新聞にセイコーの一頁広告が掲載されていた。その中の文言に「私達は日本のマニファクチュールです」という胸を張ったような表現があった。若いコピーライターが書いたものと思われるが、少し異和感を持ったので、スイスの時計産業のマニファクチュールという言葉について考えたい。
 この言葉は、手(MANU)と作ること(FACTURE)が一緒になって、手で作ることが元もとの意味である。資本主義の生産様式の最初の発展段階が、マニファクチュールすなわち工場制手工業と呼ばれた事は、経済学初歩の教科書でおなじみである。
 スイスの時計には二つの製造方式がある。一つは、一つの工場で一貫生産をするマニファクチュールであり、もう一つは、部品をあちこちから買い集めて来て、完成品にするエタブリサール様式である。スイスの時計を始めて勉強する人は、こう習う。日本的感覚から言うと、一貫生産している方が格が上で、マニファクチュールの代表のパテック・フィリップやロレックス、オメガが挙げられるので、いよいよそう思う。しかし必ずしもそうばかりとは言えない。いろんな部品メーカーと相談して、部品を作ってもらい、自分自身の設計による時計を造り上げる天才的な時計師が輩出して来たことが、今のスイス時計に繁栄をもたらしている。
 日本の時計製造業は、形態から言ってみんな始めから一貫生産のマニファクチュールである。セイコーが、スイス流にマニファクチュールであると威張るまでもない。
 もしも部品を買って来て組み立てて売るエタブリサールが格下というなら、研究開発は別として、部品製造は全部下請けに任せ、カンバン方式で車を作っているトヨタは、典型的なエタブリサールである。これはマニファクチュールの更に発展した形式ともいえる。

ジャガー・ルクルト社の百八十年

 今号のFH誌では、創業百八十年を祝う表裏を使う腕時計レヴェルソやアトモスクロックで知られるジャガー・ルクルトのことが大きく取上げられている。ピニオン歯車を切り出す装置を発明したアントアーヌ・ルクルトがアトリエを設立したのは、一八三三年であった。これは日本の天保四年に当る。欧州では英国から始った、工場制手工業(マニファクチュール)から機械を使用した工場へ移行する産業革命がほぼ仕上がる時代といってよい。アントアーヌは発明家で、時計に関して百に近い特許を得ている。このアトリエのあったヴァレ・ド・ジュはあちらこちらに時計工場がある地方だが、山の中の田舎である。冬は雪に覆われて、家の中で作業するしかない。でも一八三三年には、従業員が五百名を越し、人々からグランド・メゾンと呼ばれるようになっていた。グランド・メゾンとは、ビッグ・ハウスの意味で、単に大きな家だが、大店(おおだな)というニュアンスもある。語感にある種の尊敬の念がこもっている。これも青いコピーライターが好みそうな舶来表現。
 ルクルトル家というのは、フランスからカルヴァンの比護を求めてジュネーヴへ亡命してきた典型的な新教徒の一族であった。その後一族は新天地を求め一種の開拓民としてヴァレード・ジュに住みつき、今の工場があるル・サンチェ村を建設している。一六一二年というから、徳川家康の頃である。アントアーヌはその十代目に当るが幼い頃から発明の才に恵まれており、鍛冶屋で奉公している時に、新しい合金を作り、オルゴールの金属板やら、髭剃り刃に役立てている。当時は沢山の人々が、自宅で時計業に従事していたが、その中には兼業農家も多かった。自宅で時計の部品を作り、それを集めてまた自宅みたいなところで時計に組み上げ、これを売る専門の人々のところに持っていって買ってもらうのが、当時の業界であった。後に時計業界に転身したアントアーヌが、人々を一つ屋根の元に集めて、一貫生産のマニファクチュール形式を取るようにした。こうすれば個別でバラバラな知識や技術が共通化されるし、技能も向上し、能率も上がる。一八六〇年から一九〇〇年までの四十年間でなんと三五〇種のキャリバーを作っている。
 一九〇三年にフランス海軍の為にパリでマリン・クロノメーターを作っていたエドモン・ジャガーが、超薄型の時計(勿論、懐中型で腕時計は出現していない)を設計したので、これを作る工場を探しているという噂を、アントアーヌの孫のジャック・ダヴィッドが聞きつけて、協力する事になる。その第一号が、厚さ一・三八_という世界で一番薄いムーヴメントであった。ジャガー・ルクルト社の始まりである。
 FH誌には書いてないが、この会社も順調に繁栄してきた訳ではない。クォーツ開発を手掛けたりして、財政難に陥り、ドイツの車部品会社VDOに一九七八年に身売りしている。VDOは、自動車用クロックを作っていたせいか、ジャガー・ルクルト・インターナショナル、それにドイツのランゲ・ウント・ゾーネが一つのグループをなしていたが、これを纏めて買いして、ドイツの鉄鋼大手のマンネスマンに転売している。そのマンネスマンが、英国の電話会社ヴォーダーフォンの傘下に入り、集中と選択というわけで、時計部門は売りに出された。二〇〇一年にそれを買ったのがカルチェのリッシュモングループであった。確かこの三社合わせても年商が三百億円ぐらいだったのに、二千八百億円が支払われたと記憶している。私の会社もそれ以上の売り上げがあったので、誰か三千億円で買ってくれないかなぁ、六百人いた社員全員に四億円の退職金を払っても、お釣りがくると冗談を言った想い出がある。そのぐらい巨額であったが、その後十三年たって、この三ブランドの発展を見る時、リッシュモン社の経営能力と先見の明には脱帽せざるえない。
 それにしても代替わりしたのにもかかわらず、創業何年かを祝うのは、やっぱり商業主義かなとも、万世一系の天皇家を持つ日本国民として思ってしまう。京都へ行くと、細々ながら二百年以上続く商家は沢山ある。養子を取ってでも血を繋がせる努力をする。あのお家は代が替わりましたなと他人に言わせないようにする。トヨタの社長が豊田さんであること、セイコーの社長が服部さんであることが、何となく嬉しいのは、日本的心情かな。

モバードの新社屋

 モバードもスイスの名門であったが、アメリカの会社に買い取られている。買い取った会社は当時、ノース・アメリカン・ウオッチ社で、今のモバード・グループ(MGI)に改名している。この会社のオーナーであったジェリー・グリーンバーグさんとは本当に親しかった。二、三年前に亡くなられたが、キューバ革命で無一文でアメリカに逃れてきて、一代で財をなしたラツ腕のユダヤ人実業家という評判だったが、会って見ると、気配りのある地味だが度量の大きい、温かい人柄だった。この九月の九日にビエンヌに二つのビル、製造のファクトリーワンと管理のシルバータワーを作り、二百人の従業員を配し,欧米中東市場を強化すると今号のFH誌にあった。このグループは、モバード、コンコルド、エベルその他トミィ・ヒルフィガー、コーチといったライセンスブランドを擁している。日本は、私の会社の力不足でやや情けない販売結果だが、おめでとうと地下に眠るグリーンバーグさんに言ってあげたい。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第十四号九月十ニ日刊)86 ■2013年10月15日 火曜日 13時43分27秒

エベレストの登頂は、会社の経営と同じ

 もう亡くなってから、かなりの歳月が経つが、西堀栄三郎という偉い学者がいた。東芝で最初は技術者として働いていたが、後に大学の先生になった。産業能率の向上が専門であったが、知識が広汎で、日本で最初の南極越冬隊隊長にも選ばれている。登山家でもあって、ヒマラヤ登山の隊長としても難しいとされた山頂征服に成功している。当時はエドモンド・ヒラリーが、エベレストの初登頂に成功して、世界中を興奮させた余韻がまだ残っていて、今のように簡単に高峰に登れない時代であった。西堀さんの講演をその頃聴く機会があって、こんな事を言われたことがある。
 西欧人は、個人プレーを大切にする。あの山を登るのは俺だという気分が強い。人々もそれを認める。ヒラリーにしても、自分が初めて登ったという事実を歴史にとどめておきたいという気持ちが強かっただろう。しかし、ヒマラヤ高山の征服は一人で出来るものではない。麓にキャンプを張って、荷物を運び、案内をするシェルパや交渉係や観測係やら飯炊きまで必要である。隊長としての私の目的は、登頂の成功にある。私が登るのではなく、隊員全体が登るのである。もしも山頂に日章旗が翻るなら、ふもとの炊事番まで登頂に成功した事になる。この考えを徹底して始めから 隊長として全員に吹き込んできた。
 バブルが来る前の時代の話だが、会社経営のコツは、これだと思って私も努力してきた。目標を掲げて全員に達成を呼びかけるのが会社の経営だと信じていた。日本の産業発展は、このパターンで殆ど成し遂げられてきたといってよい。会社の目的と個人の目的が一致する部分が大きいほど、愛社精神は強くなる。創業者の強さは、会社の目的、イコール自分の生活であることに出てくる。
 この号に「若き時計師たち」という記事が出ている。今年の春に、ジラール・ペルゴー社が、自社の新入技術者たちを、ニューヨークとか、シドニーの街頭に送って、時計技術のデモンストレーションをした。一種の宣伝行為だが、有名人に自社製品をつけさせて、見せびらかすより、社会的に有用だろう。選ばれた若者たちを励ますのに大いに役立ち、時計技術者になりたくなる人間も見物人の中から出るかもしれない。面白いのは、ジラール・ペルゴー社が参加した二人づつの若者男女の生活ぶりを個人名で紹介した小冊子(電子メール版もあるwww.thenewfaceoftradition.com)を発行している。自社の技術者の私生活を本名で、まるで映画スターの私生活を取り扱うように公表する感覚が,やっぱり個人中心の西欧かなと思う。
 全員の分を紹介すると長くなるので、その中の一人アンヌの生活を紹介しよう。アンヌは子供の頃から、本好きで、図書館から一杯本を抱えて帰ってくる光景に憧れていた。本は他の世界、他の生活に繋がるドアと母親はいつもアンヌに言っていた。本は秘密の場所に繋がるドアというイメージに、子供のアンヌはすっかり魅了される。困った時には、大人になっても本は逃げ場を見つける。読書すると、いつもその本の中に心の琴線に触れるものがある。ある日、古い図書館で「誰が私のチーズをかじってしまったのか」という本を見つけた。美味しいチーズがなくなって失望したネズミ達は、新しいのが勝手に出てくるのを待っているより、自分達で探しにいく旅に出発する話だった。丁度生き方に不満を持っていたときだったので、何かもっと良い仕事の口が来ないかと待つより直ぐそこにある仕事に就こうと決心した。その一、二週間後、雑誌をめくって見ていると、ジラール・ペルゴー社の募集記事が目に付いて、早速電話して募集に応じる事にした。母親が言ったように、読書は新しいドアを開いてくれた。
 アンヌの性格は、誠実、自然体、スポーツ好き、時に辛らつ。時計技術者でなければ今頃は、何をしているかという質問には、バックパッカーで世界一周中と答えている。好きなジラール・ペルゴーの時計は、一九四五年のヴィンテージもの「ル・コルビュジェ・マルセーユ」という。どんな時計か見当がつかないが、ラ・ショードフォン生まれの世界的な建築家が南仏マルセーユに有名な集合住宅を建築している。それにちなんで作られた時計だろう。

マクシミリアン・ビュツサー

 ロンドンの高級宝飾時計店の立ち並ぶボンドストリートを歩いていたら、MB&Fというブランドの時計がウインドウに並んでいた。まるで水道のメーターのような大きさで、時計というよりは計器の集合体みたいである。私のように古い二針のごくシンプルなパティック・フィリップに魅力を感じる人間には、どうしても時計とは思えないところが前衛的な時計愛好家には大人気のようである。MB&Fとは、マクシミリアン・ビュツサーとそのフレンド達の英文頭文字のことだそうだ。フレンドとは、時計作りの協力者という意味らしい。
 創業者のマクシミリアンに関する新聞記事が転載されている。まずこんな時計、誰が買うのかと思うが実績を見ると、昨年はこれまでで一番売れた年で、年間ニ百ニ十ニ個、千二百三千万フラン(十二億円)であった。八年前にはじめた時に、千五百万フランぐらいの売上げを狙っていたので、今年は年間二百六十個は売れるとみているので、その数字はいくとマクシミリアンは考えている。
 ジュネーヴ生まれのマクシミリアンは、本年四十六歳、写真で見るといかにも気鋭の技術者らしい、ハンサムかつ良い面構えである。彼は云う。年率十%増ぐらいの成長は期してはいるが、そっちのほうはさして重要ではない。
重要なのは知名度を上げる事にある。人気を高めて前もって注文をもらうことにある。現在でも受注残が四百三十個、二千百万フランある。二〇〇五年の創業以来、九百個が売れ、百六十個が買手を待っている。本体在庫回転率は、年一回。マクシミリアンは、以前にジャガールクルトで仕事を、ハリー・ウィンストンをダイヤモンドの世界だけでなく、時計の分野でも超一流に短期間で仕立てたことでも知られている。
 長年にわたって高級時計の序列は決っていた。御三家といわれたパテック、AP、バセロンが機械時計の頂点といわれていた。ところがそこに参入したのが、フランクミュラーであった。一度壁に穴があくと、P・F・ジュヌルとか、シルヴェスタインとか若く新しいブランドやスタイルを求める富裕層の要望に沿う時計が出てくるようになった。こうした人は、いくら技術の才能に恵まれていても、以前なら大きな工場の中でしか、働き場がなかったし、たとえ独立しても限られたサークルの中で、細々とやっていくしかなかったであろう。ところが多くの人が時計に興味を示すようになって、かつ情報手段の発達によって、自分が創り出す技術の軽業的な時計には買手があると自信を持つ世代が現れるようになった。スイス全体の時計造りのネットワーク、いわゆる友達群の発展の助けもあっただろう。マクシミリアンもそうだし、この号で紹介されている、MHC(高級雑貨時計製造)のピエール・ファーブルもそうである。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む・番外編 ■2013年9月30日 月曜日 13時42分39秒

ブランドについてのお話

 ブランドとは、元々は元々焼いた木のことで、それで家畜に焼印を付けた所から、商標という言葉に転用された。良い意味も悪い意味もなくて、単なる身分証明に過ぎなかった。それが近年になって、肯定的な意味合いを持つようになった。あいつはブランドだよというと、氏素性が良いとか、立派な人物といった方に使われる。
 神戸牛とか、関鯖なども地名がブランド化している。俺は江戸っ子だと言うのも一種のブランドである。江戸生まれといったって、千差万別色んな人間がいるだろうが、江戸っ子というのは、宵越しの金は使わない、気っぷの良い人間を指す事になっている。江戸っ子がそのようなものと世間からの認知が得られるまでには、長い時間と文化的な背景がなくてはならない。
 ニューヨークでアメリカ人に「アイ・アム・ア・チャイルド・オブ・エド」と言ったところで何のことやら通じない。加茂川の水で産湯を使ったと言うと、京美人だなと関西人ないしは東京人は見当が着くだろうが、東北の人にはぴんと来ないだろう。ここで東京人を入れたのは、天皇家の御実家は、千年以上京都にあったからである。明治天皇の産湯も、加茂川の水ではある。そこでブランドがブランドであるためには、出来るだけ知られる地域が広い方が有利で、地球上すべてと言うのが理想である。

工業製品のブランド

 現在の言葉のブランド認識というのは、最初は土地の名産品として地域名を結び付けていた。練馬の大根と言う段階から始って、信州の馬(西ではなくて生きている馬)や西陣の織物、関や堺の刃物等。ボルドーの赤ワイン、ドイツのゾリンゲンの刃物、フィレンツェの金細工、スイスの時計も入るだろう。名物に旨い物はないなしと言うように、必ずしも名産品の全てが優れているわけではない。包括的な連想を呼ぶに過ぎない。懐中時計が時計だった頃のスイスでは、文字板に名前がないものが、市場にたくさん出回っていた。スイス製と言われて、購買者はとりあえず産地を信用して性能を買ったのであろう。個性の主張と製造者責任の現代では、名無しの製品は全く売られていない。トマトやキャベツでさえ産地どころか、作った人の名が記されている時代である。品質に安心感を与える為であろう。
 人々が性能を利用する為にものを買う場合は、やっぱりトヨタとか、パナソニックとか日立、あるいはセイコー、シチズンといった名前に頼る。勇気ある人は、販売員の勧めを信じて、安くてしかも気に入った製品を選ぶ。音響製品の一般品を必要に迫られて購入し、ソニーにした方が良かったかな、安かったけれどと心のどこかで思う人は多いだろう。それは、こういったメーカーがブランドを品質の精神的な保証として、ブランドを確立しているからである。昔、ロールス・ロイスは、アフリカの砂漠の真ん中で故障しても修理工が部品をもって飛んでくると言う神話があった。サハラ砂漠を横断する為に、ロールス・ロイスを注文する人がいたかどうかは知らない。しかし、品質保証の裏打ちがあって、この神話が成り立つのだろう。だが、そのロールス・ロイスたるや、今や名前をBMWが買収してBMWが製造している。BMWは、ロールスの高品質の車を作る製造能力を買ったのではなくて、輝かしい名前、つまりブランドを買ったのである。このあたりから私のブランド観の本論に入る。

ファション・ブランドについて

 いろんな学者の書いたブランド論を読んで見ても、これまで納得のいく本にあったことがない。というのは、品質保証としてのブランドをを扱っているからである。時計や宝飾の主流を占めつつある私達に関係深いブランドは、原則的に品質と価格のバランスを保証するという立脚点に立っていないからである。
 人々は、モノを買う時には、合理的に振舞うはずである。例えば同じ品質のものがあるとすれば、必ず安いほうに手を出す。ところが、これが化粧品だったらどうするか。人は同じクリームでも、安いほうを選ぶとは限らない。高い方が売れると言う説もある。昔主婦連合会という生活を守ろうとする団体があって、(今でも存在するかは定かでない)「ちふれ」という超安価の化粧品を販売したことがあった。ところがさっぱり売れず大失敗であった。いまデパートの一階の化粧品売り場に行くと目の玉が飛び出るような値のコスメが売られている。それぞれのブランドが繁栄しているように見える。TVの通販でも多くは女性のための若く、美しく見える化粧品、薬、運動器の販売である。果たして払った金額に相応しい効果があるのかどうか、男性老人の私には解らない。ただ経済の単純な原則があまり通用しない分野である。
 日常生活に必要不可欠な消費以外は、一応ファション的消費といってよい。現代の消費生活が大部分この要素で成り立っている。消費マーケティングの目的は、人々が現実に必要とするものを作ることにあった。今やそれが精神的に必要とするものを作る事になっている。欲しがらせないとモノは売れない。面白いとか、夢があるとか、カッコが良いとか、持ってないと恥ずかしいとか、便利のように見えるとか、必要性以外のところで、架空の必要性を作り出すことで市場は消費を生み出そうとせざるを得ない。欲望の刺激と言う店でブランドが果たしている役割は大きい。
 ファションブランドの成立はそう古くない。シャネルもエルメスも名は知れていたが、一部の富裕層階級が愛好したブランドだったに過ぎない。始まりは恐らくピエール・カルダンあたりからであろう。ブランドの持つ魔力にいち早く気づいたのがカルダンだったと言ってもいい。カルダンは天才的なデザイナーではあったが、ブランドマーケティングについて特有な勘を持つていた。カルダンの名をつければ服だけでなく、タオルだってフロアマットだって、スリッパだって飛ぶように売れた。日本の社会では、贈答品は一流デパートの包装紙であったが、それがブランドに代わる契機となった。前の東京オリンピックの頃である。モノに、モノの用以外のシンボル性を与えたのである。
 宝石や時計(かっては必需品だったが携帯電話の出現で不用品となった)は、モノの本質的な要素で売れるより、シンボル性の強い商品である。シンボル性は、品質が高く、高価なものほど強く、安価なものほど弱い。悪貨は良貨を駆逐するというグレシャムの法則は、私たちの業界にも通用する。例えば素材として使われるダイヤモンドや真珠の例をみても明らかである。ブランドが、悪貨をカバーすることなく、良貨を高める役を果たす事に期待したい。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第十三号八月二十九日刊)85 ■2013年9月20日 金曜日 13時20分26秒

スイス人は働き者だが、それでも夏は二、三週間の休暇を取る。

 夏の終わりに、今年もセイコーエプソンのご好意で、松本のサイトウキネン音楽祭に行くことが出来た。指揮者としての小澤征爾さんの復帰が期待されていたせいか、入場券の入手が例年以上困難だったようである。行った日の演目は、ラヴェルの一幕物の短いオペラ二つ。小沢さんがタクトを振ったのは、腕白小僧が、いじめた動物、キズをつけた家具、破った本などのお化けに復讐されて、良い子になることを誓うと言う夢幻劇「子供の魔法」。舞台装置が豪華かつ幻想的で素晴らしかった。  
 もう一つは、別の人の指揮で、「スペインの時」。題からは、スペイン情緒豊かな、これまた幻想劇を想像するが、時計屋さんの店頭で繰り広げられるお色気芝居。好人物の時計屋と浮気な女房の物語。フランスの典型的な女房を寝取られる亭主(コキュ)の粋なエロチック・コメディで、初日は天皇、皇后両殿下も観劇されたと聞いて、流石最近は宮内庁も開けてきたと思っていた。あとで新聞を見るとはじめの「子供と魔法」だけで帰られたようだ。作曲者ラヴェルは、「ボレロ」で有名だが、父親は、スイス人の機械技師で時計に愛着を持っていたという。
松本に行くと、いつも市中にありながら、ひなびている美ヶ原温泉に宿を取る。
 今年は思い切って、このふもとの温泉地から、標高二千米の美ヶ原高原へ車で小一時間かけてのぼってみた。頂上の美術館と売店のテラスからの眺望は見事である。息を吸うとスイスの香りがする。空気が甘く爽やかだ。それにしても今年の夏は暑かった。スイスでひと夏を過ごせたら、とどんなに考えたことか。生涯でたった一度だけど、学生の頃、ルッツェルン郊外の湖畔の丘にあるメッゲンという村で夏休みの日々を過ごしたことがある。あの楽しい情景は、五十年経った今でも忘れない。美ヶ原高原の空気を吸ってスイスの夏の空を思い、今年の酷暑が去り行く安堵感を得ることが出来た。
 日本では四月が新学期で、桜を連想するが、ヨーロッパは、夏休みが終わって九月から新学期になる。黄葉の頃となる。
新学期は、フランス語でラントレ(帰国・帰宅)というが、この「お帰りなさい」という語感が、いかにも長い休みから日常生活に戻る感じが出ている。スイス人は働き者で、フランス人みたいに休みたがらないが、それでも夏は、二、三週間の休暇を取る。事業所全体が休業するところが多い。FH誌も夏休みで一ヶ月二号分は休刊である。今号のFH誌の巻頭でも、二、三週間の夏休みに、皆さん十分な休養をとり充電されましたかという編集長のヴィユミエ女史の挨拶が載っている。スイスの夏は、あんなに過ごしやすいから、働いても苦にならないだろうにと考えるのは、休暇における永遠の貧困民族、日本人の属性かもしれない。
この号には、ジュラ地方のボエシェという小さな田舎の鉄道駅横に「農民時計作りの家」という新しいミュージアムが、この七月八日に開館した地方紙のニュースが掲載されている。標高千米のジュラ地方は,冬が長い。農民たちは、冬になるとすることがない。家にこもって出来る作業の時計作りがだんだん盛んになり、1750年頃から始って、その伝統は、1970年頃まで続いている。近くにレボワという村があるが、百年前は、人口千人のうち六百人が年に二万個から三万個の時計を作っていたと言う。一人ないしは家族の仕事であった。こういった集落があちこちにあったことがスイス時計産業の基礎になっている。冬の時計作りの為に、農家には南側に沢山の明り取りの為の窓があるのが特徴である。昔は、窓の数によって税金を課せられていたが、標高千米以上の農家には免税であったという。そういった農村社会の状況を保存する為に作られた一種の民族博物館で、作られた時計を展示するところではないらしい。創ったのはサッカーの有名選手だったジャッキー・エピトーで、約一億円をかけて、元の農家を改装している。九十平米の展示場だけでなく、五室のホテル、腕の良いシェフのいるレストラン(三十席)にカフェもある。
ジュラ州からも一千万円という補助金が出ている。何となく行ってみたくなるが、年間に二、三千人の来訪者が期待されているようである。ネットで見たい方は(www.paysan-horleger.ch.)でどうぞ。
そういえば松本にも市中目抜きどうりに市営の時計博物館がある。良く纏っていて、一見の価値はある。この夏は諏訪にある小さな時計博物館「儀象堂」へ初めて行ってみたが、諏訪大社秋宮の旧中仙道に面して、目立たないのが悔しい施設である。庭園に復元されている大きな十一世紀、北宗の首都、開封にあったという天文時計台が素晴らしい。高さ七、八米はありそうな巨大なものだが、学術的・審美的な労作で、上野の国立博物館に置かれてしかるべきものだろう。
スイスへ行くと、パテック・フィリップの時計博物館をはじめ、オメガ、ロンジンも自前のを持っている。ロレックスも公開していないがジュネーブ伝統の七宝時計の収集は、国宝クラスがずらりという感がある。時計博物館の時計マーケティングにおける重要性は益々高まっていくだろう。東京・向島のセイコーミュージアムの発展も期待したい。

本年上半期のスイス時計の輸出状況

 今年の前半六ヶ月のスイスからの時計輸出統計が出ている。驚異的だったここ数年の伸張率に比べ、0.8%の前年同期比増だが、FHは高止まりと楽観姿勢を崩していない。七月に入ってまた二・二%と伸びている。
 別表に上半期輸出国別ベスト十五ブランドを上げておく。数字ついでに、これは昨年一年だが、スイス・クロノメーター協会が認定したクロノメーターの数が出ていたので、これもベスト15を表にしてあげておく。日本では知らないブランドが出ているので興味深い。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)

表1 スイス時計の対輸出国ベスト15(2013年)
金額(百万フラン) 前年比増減
@ 香港        1,934,9 −11.1%
A アメリカ 1,085,8 +1.1%
B 中国 667,7 −18.7%
C ドイツ        607,9 +12.9%
D イタリー 576.6% +7,6%
E フランス       555,8 −9.7%
F シンガポール 525,9 −2.6%
G 日本 523,2 +3.7%
H アラブ首長国 482,9 +19.4%
I 英国 433,8 +28.4%
J 韓国 237,7 +5.6%
K 台湾 228,1 −4.1%
L スペイン 199,9 +19.0%
M サウディアラビア 182,8 +13.0
N タイ 132,2 −2.0

表2 スイスクロノメーター協会認定、千個以上のブランドと数量

▽ロレックス:798,935、▽オメガ:526,046、▽ブライトリング:156,333、▽ミドー:61,358、▽ティソ:49,625、▽パネライ:28,747、▽ショパール:22,679、▽エニカ:15,519、▽ティトニー:15,090、▽インヴィクタ:9,658、▽ボール:8,580、▽エルネスト・ボレル:8,505、▽ユリス・ナルダン:8,262、▽ロジェ・デュヴイ:3,349、▽コルム:3,071、▽タグ・ホイヤー:2,605、▽ローマ:1,909、▽ラドー:1,650、▽ブレモン:1,476、▽ノルマナ:1,204。 認定総計:1,732,526個、6,7%増。

■FH誌を読む(本年第十二号七月十一日刊)84 ■2013年9月20日 金曜日 13時9分39秒

FHの年次総会 前年に引き続いて輸出が好調

 FHの年次総会が去る6月27日、ビエンヌで開催されている。会員数の現状は、昨年と変わりなく501社で、うち正会員293社プラス下請けの準会員208社。100社以上が出席して、その模様が掲載されている。
 FHの大きな目標は、勿論スイス時計産業の発展で、2012年は前年に引き続いて輸出が好調で、総額二百十四億フラン(二兆二千億円)、前年比10・9%増であった。但し、個数では2%ほど減少して2910万個。こうした成果は、会員各自の企業努力によるもので、FHは側面的に何をしているかといえば、大体三つの仕事に集約される。ひとつは、世界各国とスイス政府の協力を得て交渉し、関税その他、輸出環境をスイスに有利に整えること。昨年度は、香港、モンテネグロ、ウクライナとの新しい法律改定の具体的な局面に入っている。その他、中国、インドインドネシア、ロシアなど16カ国とも交渉中である。
 もうひとつの案件は、全体価格の60%以上が国内生産のものをスイス製とする法案をスイス連邦議会に認めさせることであったが、六年間のFHの努力によって、やっと可決された。
 三つ目は、世界中のニセモノ退治で、ドイツやイタリアでニセモノ作りのアジトを官憲の協力を得て襲った事は、以前、この稿でも書いた。アメリカに多いネット上のニセモノ販売であるが、117のドメインを突きとめ警告を発した。昨年は、ベルン大学の協力を得て、ネット上のニセモノ販売を自動的に突き止めるシステムを開発した。
 以上のような報告が総会席上で会長のパッシェさんからなされた。
 こういった協会の年次総会は退屈なものだろうが、それでも日本人の私には羨ましい気がしてならない。というのはスイスも日本同様通商国家であるが、官民の協力が密接なところである。私自身、中小企業の成員からなる協同組合や協会の理事長をいくつか経験しているが、お役所が親身になって、当方の言い分を聞いてくれた記憶がないからである。お役所はトヨタとか日立という大企業とは、すぐに協力するが、名もなき中小企業は、相手にすると食い物にされるのではないかという用心の表情がいつもお役所側に見られる。そこで中小企業相手の支援対策は、全体的なものになって、個別的な分野に入ってこない。低金利の融資制度とか、立派な名目の小額なばら撒き助成金となる。中小企業における官民の協力は、日本ではまだまだという気がする。「私は忙しいのだからね。貴方の業界だけに構ってられないよ」というお役所の態度に苛立ったものであった。役所を動かすには政治だが、村会議員まで含めて、政治家は献金に繋がるか、票に繋がるか、あるいは人気取りになるのかがないと動かない。お役人は「官民が協力することが必要で、その覚悟でやっている」と会合では挨拶するが、それは口先だけのこと。第一言葉の使い方が間違っている。「民官の協力」が正しい。

ヴォーシェ社のこと

 かって色んなムーヴメントの基礎となる地板を作るエボーシュ社は、スイス時計産業の網元みたいなものであった。スイス国内にいくつかの工場を持ち、その中でもETAの工場が一番大きかった。エボーシュとは何を意味するかというと、地板だけでなく、ブリッジ、香箱、輪列、巻き上げ機構までを含む、殆ど時計の原型のことである。小さなメーカーはコレを買って来て、ゼンマイ、脱進器、テンプ、留め石ケース等の部品を別に調達して、時計として完成させる。エボーシュを最新設備の工場から買い取れる事が、エタブリサール時計工場の生命源であった。
 ETAの場合でもエボーシュだけでなく、そのうちに、ケースと文字板さへつければいい完成したムーヴメントを作るようになっていた。それが色々な変転があってスウォッチの傘下になった。スウォッチとしては、オメガやロンジンといった自社所有のブランドに使うすぐれたムーヴメントを競争相手のブランドに売らなくてはならないのが面白くない。そこで十年ほど前に、今すぐとは言わないが将来的には、他社にはムーヴメントの供給はしないと明言した。これは一種の恐慌状況をスイスの時計産業にもたらしたが、独立系のムーヴメント製造会社の設立や発展を促したと言ってもよい。FH誌に広告の出ているロンダ社とか、トゥールビョンまで作れるMHVJ(ヴァレ・ド・ジュー時計製造工場)がその代表的な会社だろう。
 その一つがヴォーシェ社である。前身は1950年生まれの天才時計師と呼ばれるミッシェル・パルミジァーノの時計ムーヴメント製造工場であった。自分のブランド、パルミジァーノの販売だけでは、工場の生産に追いつかなかったので、他社にもムーヴメントを供給し始めた。
パルミジァーノは、企業家というより、時計技術を高めるほうに多くの興味を示す生粋の職人タイプのようだ。1990年に自社株の大半をサントス財団に売却する。今でも大株主は財団だがエルメスも25%の株主となっている。エルメスが優れた機械式時計を作るようになったのはヴォーシェ社との関係が始ってからである。
 ムーヴメント製造のヴォーシェ社(2003年にこの名で設立)が中心となり、文字板やケース、脱進器などと、時計として完成させるために必要な部品を作るメーカー4社とグループを作り、高級時計を少量でも売り出すようになった。5つのタイプを当面売り出すが、最低受注量は25個である。ヴォーシェ・プライベート・レベルという会社が経営する。この取材記事がFH誌主筆のジャニーヌ・ヴィユミエ女史の名で今号に多くの写真と共に載っている。フルーリエにあるムーブメントの主力工場の写真を見ても、一部に三階建てのこじんまりした工場で、全く威圧感がない。
 文字盤の世界でも系列化が進んでいて、スウォッチグループは、ルバテッテル・アンド・ウェイヤーマン社を含め三社を傘下に持っている。ロレックスはシュテルン社、ブルガリはカドラン・デザイン社、タグ・ホイヤーはアルトカッド社、エルメスはナトベール社を系列にしている。文字盤は時計の顔だから、下請けから他社に新しいデザインの情報が流れるのは避けたい気持ちからだろう。しかし、小さなメーカーではそんなことはできない。
 これは新聞記事からの転載だが、1924年創業のラ・ショード・フォンの文字盤メーカーが、独立系の時計メーカーに文字盤を供給するため新しく工場をつくるニュースがでている。FehrCieという会社が15億円(1500万スイスフラン)投資する計画。現在従業員約百人で20万個の文字盤をつくっている。旧来の工場を閉鎖して効率的な新鋭工場で、あらゆる文字盤をつくりたいと経営者のパトリス・リュティは言う。大ブランドは自社内でつくり、それができないブランドは我々から購入するとなかなか意欲的である。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第十一号六月二十七日号)83 ■2013年8月12日 月曜日 11時55分2秒

生誕ニ百年を迎えたロスコップ(ジョルジュ・フレデリック一八一三〜一八八九)の話

 多くの人々が貧しかった第二次大戦後の日本では、何もなかったから少しお金が入り始めると、何でも飛ぶように売れた。東北地方の津波に襲われて荒廃した町の情景を写真で見ると、子供の頃の大阪はまったく同じであったことを想い出す。津波でなく米軍の爆撃の跡だった。恐らく東京でも同じ光景が終戦の夏には広がっていただろう。広島、長崎は言うまでもない。これらの都会の現在の繁栄振りをみると、破壊から人間は、新しい創造に向かう気がしないでもない。
 大量生産による価格の引き下げが、その後の日本の工業社会の目標となった。今は私語となったが、粗製濫造という言葉がよく人々の口に上っていた。単に品質の悪いものをたくさん作るという意味だろうが、裏にはたくさん作れば品質は落ちるという原則も指している。日本は明治・大正の産業初期に粗製濫造が結果としてもたらす損に気づいていた。それに江戸時代からの職人気質も伝統として残っていた。日本経済のその後の発展は、濫造するが粗製はしないことを徹底的に追求した結果である。
 生活必需品は、払底していたから、作れば売れる、人口が増える一方であるから、それに拍車が加わる。よいものをたくさん作れば安くなる。安くなればそれだけ多く売れる。更に安くなって、ものはいよいよ普及する。この好循環は、ついこの間まで続いていた気がする。モノが水道の水のように安く手に入れば、人は幸せになるというのが、パナソニックの創業者松下幸之助の製造哲学であった。明治生まれの産業人は、自身が貧しかったかどうかは関係なく、日本そのものの貧しさも知っているので、全ての人に自分の作ったものを使ってもらいたく思う人が多い。例えば、はるか以前に御木本幸吉は、世界中の女性の首に自分の真珠を巻かして見せたいと言っている。ミキモト製ではなくても、養殖真珠は少なくとも日本中の女性の首に巻きついている。その結果、真珠の評価はどうなったか。本紙で連載の山口遼氏のエッセイを読んでもらいたい。
 時計も同じ運命を辿りつつある。私も安くて良い時計は、必ず売れると信じてセイコーさんとの合弁でアルバという時計の販売会社を作り、幸い年間に五百万個も日本国内で売れるようになったが、数年しか続かなかった。その理由は沢山あるが、時計そのものが不要になったことと、市場が無限でなかった事に尽きる。 
 私が私淑した先生である山口隆二元一橋大教授は、日本の時計産業史研究の始祖といって言い方である。毎年スイスやドイツに長く滞在して、現地の事業にもよく通じておられた。この先生と日野須磨子さんが出されていた月刊「国際時計通信」は、現在休刊中だが、商業主義の皆無な良心的な雑誌だった。アルバの時計を手がける遙か以前に、先生がセイコーにしても、シチズンにしてもコストダウンが下手だからなぁ、とポツンともらしたことがある。当時は日本の時計の方がスイスの時計よりコストは格段に安いと漠然と信じていたから、この言葉に愕然とした記憶がある。
 アルバの時は、製造しているセイコー塩尻工場を見学して、十分なコストダウン能力ありと自分で見極めて、取り扱いを決意したものであった。生産コストの引き下げは、トヨタをはじめ日本の一流工場の能力は世界一だろうが、流通コストの方がさっぱり下がらないことが頭痛のタネであった。流通コストとは、工場を出荷して、購買者の手に渡るまでに生ずる返品・交換までのあらゆるコストに、アフターサービスのコストが加わる。スイスのメーカーが、その間のコストを下げ、小売店を直営したくなる気持ちは分からないでもない。コストダウンは、自社内での実現は可能だが、他社に強要するには強制力のある協力関係がないと不可能である。
 山口先生が日本の時計のコストは高いと指摘された時は、まだクオーツも出現してなかったが、先生の脳裏にはロスコップの時計があったせいだろう。今の世代には、ロスコップといっても何のことか分からないだろうが、ピンレバー方式で、輪列を簡単にした安い時計のことである。クオーツが普及するまでは、大量に販売されており、全部あわせると五千万個以上は販売されたとみなされている。絶頂期は第二次大戦後に日本の時計が世界に輸出され始める頃までであった。
 今号のFH誌には、一世を風靡したこの時計を記念して、ラ・ショードフォンの国際時計博物館で「ロスコップ氏の変わった時計」という展覧会が開催(来年の一月十九日まで)されている記事が出ている。報告者は、主筆のジャニーヌ・ヴィューミエ女史である。
 今年はロスコップ(ジョルジュ・フレデリック一八一三〜一八八九)の生誕ニ百年にあたるので、それに合わせた企画である。ロスコップは、ドイツ生まれだが、十六の時にラ・ショードフォンに移住してフランス語を学び、時計屋の見習いとなった。のちに二十二歳で金持ちの未亡人と結婚して、息子のフリッツ・エドゥアールが生まれる。ロスコップはその頃、時計作りとして、金のケースのものを作っていた当時時計製造の流れとして、装飾方面と技術方面に向かう二方向があった。
 一八五八年にニューシャテルの天文台が完成し、一八六五年に時計学校がラ・ショードフォンに開校する。これが技術の進歩を大いに刺激した。
 一方、この町は金ケース時計の生産の中心地で、最初は職人たちの親方の下で修行していたが、一八七〇年に美術工芸学校ができ、装飾技法を学んだ生徒がどんどん出てくるようになっていた。十九世紀の後半、ラ・ショードフォン産の金時計は世界の金持ちを相手にするようになっていた。
 そんな風潮の中でこれまでの様な仕事を十年ばかりしたロスコップは、方針を変えて「プロレタリア」という時計を発売する。二針の装飾がまったくないシンプルな時計で、当時の売価は十フラン、高級時計の三十分の一の安さであった。最後の仕上げは、自家のコントワール(カウンター)でなされるが、そこにくるまで町や村でいろんな職人がある程度まで出来上がった時計を持って運んでくる。いわゆるエタブリサージュ(集めて組み立てる)方式であった。「プロレタリア」は、五十七個の部品で成り立っていたが、それでも手がかかった。一八六七年から七十三年目でのろく年間で六、七万個が製造されたようである。
 一八七四年に、ウィル・フレールとシャルル・レオン・シュミットという二つの工場ができて、まったく同じ時計つくり、同じ値段絵販売することを条件に、ロスコップは特許の使用権を渡すことにする。使用料は、一個につき五十サンチーム。二つの工場は併立しているが、C/L/シュミット社の方は、ラ・ショードフォンを代表するような規模となり、一九一〇年には、三百二十人の従業員を抱えている。二つの工場は協力しながらも、操業は独立し、販売は合弁したウィル/シュット社として一手に行うようになった。五千万個売れたというのは、一八七四年から一九四七年までの期間であった。
 ここで余談だが、セイコーの創業者である服部金太郎が工場を東京と諏訪に分けて、お互いに競争させたのも、ロスコップの例に習ったと思えてならない。
 ロスコップがなぜ、息子に事業を譲らなかったか、その理由は判然としない。息子のフルッツ・エドゥアールを孫のルイ・ロスコップも自分たちで時計業に協力者として参加することになるのだが。
 ロスコップの時計は、思ったほどスイスでは売れずに外国ではよく売れたようで、ベルギー、フランス、米国で特許をとている。また懐中時計のケースに記念の図柄を作って売り出したことでも名を残している。いわゆる、記念モデルの先駆者でもあった。
 今号のFH誌には、ロスコップとはまったく反対の極にあるパティック・フィリップの複雑腕時計の新作「スカイムーン」の紹介もある。実に魅力的な作品だが、商業誌で詳しく伝えられるだろう。もうひとつ日本では、やや不幸な販売実績で、代理店が決まってないレイモンド・ウィルだが、アメリカ市場に強く、業績も堅実で、その社長のオリヴァ・ベルネイムのインタビューも記載されている。枚数の関係で紹介できないのが残念である。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 82(本年第十号、六月十三日刊) ■2013年8月12日 月曜日 11時52分16秒

スイスが中国との自由貿易協定の締結に踏み切る

 この七月二十一日の参議員選挙で、衆院の与党である自民・公明党が過半数を制した。これでネジレがなくなり良かったというメディアが多い。国会というところは、法律を作るところで立法府と呼ばれている。衆院で通過した法律が、本当に正しいかを検証するのが参院である。ネジレがあるのが当然で、ネジレがないのが良ければ二院制という安全装置つきの体制を取る必要はない。色んな種類の、いろんな考えの人がいて、多数決で決めていくのが民主主義であって、効率の悪いシステムである。一つの法律が施行されるまでに紆余曲折があるのは当然の話である。現代のスピードに合わないという政治家がいるが、民主主義とはヤヤコシイものだということを理解してない。党利又は選挙で投票してくれる人々の為にといった私利のために、審議をボイコットすることが多いというのは別の次元の話である。
 七月の初めに、十日間ほどロンドンに滞在していたが、英国人と話していると日常の小さなことでも色々議論して決めている。英国人は、優しい人が多いが、ヤヤコシイ。独裁者もシェークスピアのお芝居に出てくる王様達は、いざ知らず、十七世紀中頃王様を文字通り首切って、清教徒革命を断行したクロムウェルぐらいだろう。現代では、サッチャー首相が独裁的だったと言われているが、その強硬な手法による経済改革は評価されるが、英国の伝統と文化を破壊したと評判は良くない。いずれにしろ英国人がどちらでもいいような事柄について、決定するのに長々と議論しているのを聞くと、さすが民主主義の国だと思ってしまう。
 スイスも民主主義の伝統は、英国同様古い。小さくても連邦共和国だから、連邦議会と国民全体の議会があって、立法には両方で可決される必要がある。例えば製品の価値の六十%以上が国内で製造されたものをスイス製と表示する議案も、FHが三・四年強力に推進しているが、まだ法案化されていない。
 今月のFH誌には、五月三十一日に開催されたFH総会の報告が会長のパッシェさんの名で出ている。そこで本年中には、国民議会を通過した議案が連邦議会でも通るだろうと書かれている。こんな簡単なことに何故手間隙かかるのか良く分からないが民主主義なのだろう。
 この報告の中で面白いのは、中国との自由貿易協定の締結に向けての正式な覚書が政府間で交わされ、特に時計に関して両国で調査委員会が形成されたという報告である。別項の記事によると、五月二十四日に中国の首相・季克強がスイスを訪れ、覚書には、スイス経済省とFH、中国の工業及び通信技術省・中国時計協会の四団体が書名している。中国は時計の大きな市場だから、FHが参加するのは当然だが、FHは中国の当事者を委員会に参加させる事によって、中国産のニセモノ、商標権および特許の侵害、デザインの盗用などを効率的に防止するのが狙いだろう。中国としては、正しい方法で製造技術や機械を導入できる利点がある。
 自由貿易協定もここ数ヶ月以内に結ばれそうということだ。人口八百万足らずのスイスとその百倍以上の人口を持つ中国で、関税がゼロになり自由に輸出入がお互いに出来るようになって、どっちが得をするのだろう。中国製の時計をスイスがどんどん買うとは思えない。食料品といっても量は知れているだろう。趣向も異なるし、距離も遠い。どうもスイスが一方的に有利としか思えない。日本にはソッポッを向いている首相まで、スイスを来訪するとは、中国は良く分からない。中国には長い朝貢貿易の歴史がある。従順な小国に対して、大らかな態度で臨む伝統が残っているせいか。

色々な会社の業績

 FH誌は、色々な会社の活動や業績を見守っているといってよい。商業誌のようにPR費を貰っていないようだから、肩入れの度は客観的である。勿論多少鼻薬が効いているようなのもたまにはある。スイス国籍以外の時計会社も登場する。今号では、日本各社の三月期の数字が出ている。スイスの時計会社の決算期は大抵暦年に合わしている。
《セイコー》 総売上=二八三八億円(前年比四・四%減)内時計売り上げは一二一〇億円(前年一一二五億円)、クロック=九十六億円(前年比三億円減)、全体の利益五十五億円(前年損失百十億円)
《カシオ》 総売上=二九七八億円(前年比三・九%減)、内時計を含めカメラ、電子楽器などの製品の売り上げは二二七九億円(前年比二一五三億円)、全体の利益百十九億円(前年比一一九・三%)
《シチズン》総売上=二七二一億円(前年比二・八%減)、内時計及びクロックの売り上げは一三九五億円(前年比一三九四億円)、従業員総数二二、六七〇人(前年二三、七二五人)

 スイス時計産業全体の従事者総数が、三十五年ぶりの新記録で、五六、〇〇〇人に達したとこの号に朗報として載っている。それに比べてシチズンの従業員総数の報告は、多すぎて何かの間違いではなかろうか。ついでに銀座にも支店のある本拠地シンガポールの高級時計店「アワーグラス」の動向も。売り上げは三月期六百一億九千万シンガポールドル(前年比一%減、約四百八十億円)、利益が五十四億三千シンガポールドル。
 アワーグラスは、この年度にシンガポールと香港、オーストラリアに新しい店舗を作った。今期は、パルミジァーノとユリス・ナルダンの単独店をシンガポールに開店する。このモノ・ブティック、単独ブランド店という代物、日本でも出現しつつあるが、今後更に広がるだろう。FH誌を眺めている限り、世界中でこのモノ・ブティックの開店ニュースが目白押しである。モノ・ブティックは、メーカーが損をしても広告・宣伝・PRのために持つというより、そこで採算が取れるはずのものとなりつつある。単価が高いことが一応採算が成り立つ条件だが、単価の低いチソットなんかでもアジアのモノ・ブティックは成り立っている。日本でもロレックスやブライトリングは、直営でなくとも堅調である。同じ地域で競合は成り立たないが、小売店の今後の重要な研究課題である。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む・番外編 ■2013年8月12日 月曜日 11時49分39秒

パリでのテニス見物の記

 ロンジン社のウォルター・フォン・ケネルさんは、取引先の社長であるばかりでなく、年来の友人である。開けっぴろげの豪快な性格の巨漢で、商売好きで“俺について来い”タイプの経営者である。二十年ぐらい前、何かでやりすぎたせいか、スオッチグループの総師だった故ニコラス・ハイエックさんから、共同社長を立てられて、逼塞していたことがあった。スイスでは社長が同じ会社に、二人同時に存在し得ることを知ったのはそのときである。然し数年して、また一人の社長職に復帰した。一寸泥臭いスイス山中出身の野人性、時計造りへの愛着、表には出ないが、深い時計史への知識、いざ戦いとなると将軍になる階級の軍人としての抜群の統率力がやはり買われたのだろう。以来ロンジンの業績はウナギ昇りで、売上げは、年商ほぼ一千億円を超したと言う。これは、セイコーウオッチの年商に匹敵する。ウォルターさんは、今は七十二歳だが、意気軒昂で引退する気はさらさらなさそう。
 そのロンジン社が数年前から、テニスの世界四大大会の一つ、パリのローラン・ギャロスで五月末から開催される「フレンチ・オープン」のスポンサーの一つになった。ゴルフは全くしないけど、テニスは下手の横好きだったから、昨年同様ウォルターさんにお願いしてシートを確保してもらった。
 二十年以上昔のことだが、まだマッケンローやコナーズと言った名選手が活躍している頃、丁度滞在がこの時期に重なり泊まっていたブリストルというホテルは、コンシェルジュに頼めば何でもかなえてくれるらしいので、クリス・エヴァードの出場する試合の入場券の手配を依頼した。夕方まで待てと言われて、外出さきから帰ってくると、にこやかにチケットを差し出してくれた。当時で二枚十万円は払った気がする。それとかなりの額の心付けと。席は階上のあまり良い席ではなかった。勿論ダフ屋の超プレミアがついている。その頃で入手は難しかったから、今ではもっと困難だろう。
 スポンサーの入場券というのは、単なる切符ではなく、いわば第一コートのボックス席である。それに賓客接待用の個別サロン付きである。スポンサー用の特別にしつらえた一種のテント村となっていて、今年はロンジンのほかに、ミネラルウオーターの「ペリエ」、「ルイ・ヴィトン」、「エミレーツ航空」などが出ていた。各々最上の客やメディア関係を招いているのだろうが、通路にはカーペットが引かれ、花が一面に飾られ、フランス中の美女を選んできたかと思われるホステスがサーヴィスをしてくれる。テントというと、日本では運動会とか葬儀に用意される臨時的なものだが、フランスにはテント文化みたいなものがあって、雨・風・陽をさえぎるだけのものでなく、中の装飾が実に優雅である。一般の人が入るローラン・ギャロスの会場内も、ウインブルドンに比べると陽気でお洒落な気分に満ちているが、テント村に入ると、突然エリートになったような気分にさせてくれる。高級なブランドを作るフランス人の才能が発揮されるのは、こういったところだろう。どうぞこの別世界へ、貴方は他の人とは違うのですから、という誘惑である。
 以前、イヴモンタンの「ギャルソン」という映画を見たことがある。粋な作品であったが、町中のカフェのボーイ長であるモンタンが、定年で引退するにあたって、、仲間が超一流の実在のレストランの「ラセール」に招待する。「ラセール」は、かってミシュランの三ツ星を得ていたが、残念ながら今年は二ッ星。長年食べ物を給仕する世界で働いてきた男が、流石一流レストランは違うなあとしみじみともらす一場面が印象的であった。英国と違って、ホテルにしろ、レストランにしろ、小売店にしろフランスの高級な場所は、威圧感は少ない。初めて入るとひるみを覚えるかも知れないが、その後で軽い高揚感を覚えるのである。あの金ぴか趣味に嫌悪感をいだく人もあるやも知れないが、ヴルサイユ宮殿も決して重くは無い。庶民のモンタンのギャルソンが、素直にほめたのも、いかにもフランス人らしい。一流が一流の往々にして出す嫌味を出さないところに、フランスの良さがある。
 テントのゲストハウスでは、常時バーが開いており、いつもシャンパンが冷えている。階上ではメインイヴェントだけでなく、平行して色んな試合をやっている。例えば、往年の名選手同志のゲームなんかもある。昨年はナブラチロワがプレイしていたし、今年はマイケル・チャンが出ていた。客は適当に試合を楽しみ、バーに戻ってはおしゃべりを楽しんでいる。食事もビュフェではなく、どこでもちゃんとした料理を出している。私達夫婦が行った日は、一流のケイタリング会社がホテルと同様のランチを出してくれた。ウォルターさんと食べ始めていたら、ロンジンの広告に出ているアンドレ・アガシがやってきて、食事に加わった。アガシは、フレンチ・オープンのかっての優勝者でもあり、女王グラフと結婚して、今はラスベガスに住んでる。話してみると実に優しい性格のスポーツマンであった。
 その日は、女子の決勝戦で、ロシアのマリア・シャラポワとアメリカのセレーナ・ウイリアムズの対決であった。どっちが勝つかを単刀直入に聞いてみた。テニスは微妙な競技だから、その日の調子が良い方が大抵大差をつけて勝つよと、曖昧な返事であった。階上で出している新聞では、ナヴォラチロワが、今セリーナを倒せる人は誰もいないと書いていた。決勝ではあっさりとセリーナが勝った。アガシはアメリカ人だからセリーナと言いたかったのだろうが、あえて口にしなかったのだろう。そんな思いやりのある人であった。実際の試合では、セリーナは、黒豹のように精悍に見えるし、シャラポアは百八十センチを越す長身で、見るからに美しい。観衆には圧倒的にマリア、マリアの声援が多い。最初はシャラポアに肩入れしたが、セリーナのテニスを見ているうちにすっかり魅せられてしまった。ボールに追いつく早さ、正確で低くまっすぐに伸びるショット、機関銃のようなサーヴィス、全て美しい。圧勝は当然であった。
 終わってテントに戻るとみんな戻ってきて、シャンパンを飲みながらおしゃべりをしている。招待された人々は、テニスだけではなく、お祭に来たみたいな雰囲気と社交を終日楽しんでいるようだ。
 スポンサーのテントの中で、一箇所だけ人も少なく静かなところがあった。日本のパナソニックであった。日本の会社だから、招待客を厳選するあまり敬遠されたのかなと思ったりしたが、いずれにしろ社交下手な日本の会社の特長が出ていると言う感じがした。日本人は立派なパーティの企画を作る能力はある。しかし、お互いに知らない人を集めて、盛り上がりを作るにはいたらない。仲間同士だと異常に盛り上がる。
 私たちも日本人らしくメイン・イヴェントが終わるや、まだ別のゲームがあったのにも拘わらず会場に差し回しの車で市中に向けて去った。車はセーヌ河に沿って走る。エフェル塔が西日に映えてオレンジ色に輝いているパリの夏の夕暮れは、美しい。晴れた日の初夏の暮れなづむ、黄昏は人を幸福感で包んでくれる。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 79(本年第九号、五月三十日刊) ■2013年8月12日 月曜日 11時48分9秒

世界中のダイヤモンド取引所がゆれている

 まだバーゼルワールドの余韻が残っているせいかFH側からの報告は、フェアの側面的活動を伝えている。フェアの活動の中に、展示参加者同志及び第三者と展示者とのトラブルに裁決を下す臨時裁判所の存在がある。この通称パネルという委員会は、提訴された案件について二十四時間以内に判決を下し、強制力を持ち、フェア開催期間有効となる。当事者双方が出席して、抗議及び弁明を聴いて判決が下される。書面による提訴は、決定することが無く、記録して今後の備えとしておく。またパネルの判決は、同じ事件でスイス国内で裁判沙汰になった時、法廷は証言として公式に採用する。因みに今年の提訴数は十八件、うち直接が十五件、書面が三件。勿論書面には法的な形式が必要である。問題点別に記すと、商標権は五件、デザイン盗用五件、不当競争三件、原産地表示一件,特許侵害一件であった。有罪となったのは十件。
 前にもこのパネルについて書いたことがあるが、別の見方から考えてみたい。見本市から話は飛ぶけど、世界中にダイヤモンド取引所が十七、八箇所ぐらいある。つい先日も東京に出来た取引所が三十周年だかの記念パーティが開催された。日本の業界の先輩たちは、アントワープやテルアヴィブにあるダイヤモンド取引所を理想として作られたと思われる。私自身も創立に協力した一員であるが、初めからうまく行くと信じていなかった。現在は、役員方の必死の努力で何とか成り立っているだけと言える。何も日本だけでなく、香港やバンコクのダイヤモンド取引所もうまく行っているとは思えない。アントワープやテルアヴィブでは、取引所の会員でなければダイヤモンドの商売で食っていくのは難しいだろう。日本では、東京の取引所を無視しても誰でもダイヤモンドの商売は可能である。アジアの諸国でも事情は同じだろう。アジア諸国では、構成員の構成員による構成員の為の機構の成立は難しい。文化土壌が異なるからである。
 いつかアントワープの取引所で驚いたことがある。取引所の内規は、ベルギーの法律に優先すると説明され、事実内規違反者の名が掲示され、この人たちは世界中の取引所から排除されると聞いた時であった。流石ダイヤモンドの世界は、ユダヤの世界であった。ユダヤ人は世界中に散らばって暮らしている。世界中でたった千五百万人しか住んでいない。しかし各分野の活動を見ると、間違いなく最も優秀な民族である。その強さの原因は、モーゼの十戒以来、民族の掟を守ることにある。掟は全体の繁栄の為にある。取引所の内規もダイヤモンド業界が繁栄する為の掟で、個は究極的にそれによって守られると言う考えだろう。まぁ近年は、あちこちでダイヤモンド鉱山が発掘され、デビアスも独占を放棄して、自由競争の風が吹いているから取引所の権威が多少落ちているのは無理からぬ話しだが。
 ユダヤ人は法を自分たちで決めて、自分たちで守る。二千年来、放浪して迫害された民族であった。西欧諸国もフランス革命以来、そうなってきた。日本を始めアジア諸国においては、ついこの間までは自分たちではなく、お上が法を決めていた。国内の見本市や同業組合にパネルのようなモノが存在し、それが正しく機能しない難しさは過去の歴史から来ている。

今年で十四回目を迎えた全世界時計企業会議

 バーゼルワールドを機に行なわれる行事に全世界時計企業会議がある。首導者はFH会長のパッシェさんで、今年で十四回目。参加した国がスイスは当然としてドイツ、中国、フランス、香港、イタリア、日本の七カ国であった。アメリカとスペインが不参加であった。パッシェさん自身の報告によると、各国とも輸出が好調で友好的な雰囲気だったと言う。スイス製と表示するために、価値の六十%がスイス国内で作られたものとする法律が七月に議会を通過する見通しであること、ニッケル使用の際の数値基準などが、報告されたらしい。事情の異なる各国がお互いの現状認識と事実報告以外に、なにを討議したのか。日本代表がどんなスピーチをしたのか知りたいものである。参加国一同はこのような会合の必要性を認めて、この九月の香港時計展の際に開催される事になっている。

『オープンムーヴメント』

 スイスの時計産業の強さは、クオーツではなくて機械時計の面で発揮されている。もしも機械時計が蒸気機関車のように忘れ去られていたら、スイス時計産業は産業として存在しなかったであろう。価格とか正確度、堅牢度とかの利便性を比較するとクオーツの方に断然軍配が上がる。しかるに人々はスイス製の機械時計を買いたがる。購入の動機に合理性が欠けている。モノが溢れてある一点を超えると、モノを手に入れるために、人は合理性を失う。感性とか文化性が介入してくる。
 食べ物の例を考えるとはっきりする。人は必ずしも栄養価を考えて食べないし、値だけでも食べない。蕎麦は美味しければいいのだが、産地は何処という話になる。ワインも同じこと。豊かな社会と反語的にいうのだが、豊かさの継続はモノそのものの価値よりも、モノの持つ情報の価値を高める。上手い鮨を食った経験よりも、どの名店で食べたかの方が重要となる。美味しかったというのは極く個人的な印象で、他人に伝えるには多言が必要だが、有名店の名を出すことによって、コミニュケーションが容易になる。かって知る人ぞ知るのが名店であったが、今やマーケッティングの力で知らない人も知っているのが名店となる。時計の世界も同様である。
 スイスで時計を作っている地域は全体の四国の大きさとすれば、高知県一県ぐらいだろう。そこに大小の組み立て工場や、部品製造工場がたくさん存在する。FHの会員だけでも五百社近くある。その網の目のようなネットワークが優れた機械時計を生み出して来たし、生み出している。
 スウォッチグループ傘下の地板製造のエボーシュ社。時計で一番重要なテンプ・脱進器を作るニヴァロック社、ムーヴメントのエタ社は自社ブランド以外にも他社に供給してきて、時計産業全体の発展に寄与してきた。ところが二十一世紀に入る頃から供給先が競争相手になってきて相手の必要なものを、売らなくなってしまった。敵に塩を送る事はないというわけである。勿論、ムーヴメントはエタに変わって、セリタ社とか年十万個作るスペイン系資本のソプラッド社があるが供給はまだ十分ではない。しかも完成品のムーヴメントばかりで途中まで仕上がったのを買ってきて細工を加えられない。
 そこで登場したのが、ロマン・ヴィニーガーというラ・ショードフォン在住の独立時計師が主宰する「オープンムーヴメント」という協会である。目的は、ムーヴメントと心臓部のテンプ脱進器のセットの設計図の無料提供である。。大体準備はできているが、基本ムーヴメント見本の完成までに五千万円近くの資金が必要で投資家を募集中らしい。これは地元の新聞記事の転載だが、コメントを求めた新聞記事に対し、当然スウォッチは無視しているし、ソプラッド社も設計図だけで微妙なテンプ周りなんか簡単に作れるかと冷笑気味である。しかし、諸手を上げて賛同する人も多い。ロマン・ヴィニーガーたちの熱意と夢によって少量生産で、適切な値の基本ムーヴメント勢作の道筋を是非つけて欲しい、可能性は高いという。インターネットのグーグルみたいにうまく行くだろうか。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 78(本年第八号、五月十六日刊) ■2013年6月19日 水曜日 13時14分39秒

今年のバーゼルワールドには、昨年比十七%アップの十二万二千人の来場者が

 当然、今回のF・H誌の中心記事は新装になったバーゼルフェアに関してである。これまで、多少改装を加えて少しづつ展示会場を拡大してきたが、今年は、四つの館に厳然と区分けして一挙に統一感のある見本市会場にした様子である。総展示場用面積十四万一千平米(四万五千坪弱)を改装するために約四三〇億円をかけたという。建築関係に参加した業者が二百社、一日千人以上が従事した日が多かったという。立派になったのは箱だけでなく、出展業者のブースも万博のパヴィリオン並みの豪華さだったらしい。出展業者の総数は一四六〇社というから、一ヶ所に一分立ちどまっても数字的に二十四時間かかる。広すぎるのと沢山のブースがありすぎて、みんななんて到底みられないと人が言うのも無理はない。
 今回は鳴り物入りの新装オープンだし、好調な時計ブランド各社が面子をかけた展示を競っているから人気も高く、昨年比十七%アップに十二万二千人の来場者があった。ジャーナリストやメディア関係で、三六一〇人が参加し、昨年より九%も多かった。
 バーゼルで時計宝飾品のフエアが開かれるようになったのは一九一〇年(大正六年)で、その時はスイス全製品の見本市の一部分であり、第一次世界大戦のさ中であった。時計宝飾部門だけになったのは一九三一年(昭和六年)からである。一九七三年にスイスだけでなくヨーロッパの時計宝飾業全体が加り、のちに全世界から出展ができるようになって現在に至っている。二〇〇四年から公称を「バーゼルワールド」としている。
 毎年春になるとバーゼルに行かないと時流に遅れるという気分に昔はなっていた。開期は復活祭の前後に定められるというので、年によって月日が異なる。復活祭は春分のあとの満月のあとの日曜日なので、三月の終りの時もあれば、四月の半ば以後にずれ込むこともある。典型的な移動祝祭日である。キリストの復活を祝う祭だが、春の到来を喜ぶ祭でもある。スイスでは、日本の北海道みたいに、春は突然やって来て、色々な花を一度に咲かせる。今年の「バーゼルワールド」は四月二十四日から五月二日までであった。始まりが遅いから、行った人はきっと北国の春を楽しんだだろうと思ったら、異常気象で、真冬なみの寒さだったらしい。昔は会場も小さくて、昼休みに町に出て、レストランでのんびり昼食ということもできた。この頃に出る白く太いアスパラガスの美味しさは忘れられない。牛肉を干して薄切りにした「ブンダーフライシュ」も。スイスのデザレの白ワインによく合う。今の人は、ギリギリの予定でやってきて出展者も含めて、アポイント、アポイントで血眼になっているから、外は春の太陽が照っているか、雪が舞っているか気にはできないだろう。メーカーのスタンドへ行けば、社長でも部長でも簡単に会えた時代は過ぎ去ってしまった。
 一週間で十二万人という集客は、東京の同種の宝飾展でも、半分の期日で三万人ぐらいだから、そんなに差がないような気がする。しかし実際に行ってみると、規模と企画力は月とスッポン程違う。展示会というのは集客数だけでなく、成約額とそこへ来るために、一人が使う経費を掛け合せた額が正しい指標だろう。最近大阪の梅田地区に大きな商業施設「グランド・フロント」が開業し、一ヶ月で七百万人が来たという。いくら人が来たって、お金を使ってくれないと、タダ見みたいなものだが、初日、三十三万人の人が使った額は一人当り八百円だったと新聞が伝えていた。
 「バーゼルワールド」は、意図して、その両方の要素、成約額を高め、遠くから金を使ってくる客を多く集める努力をしてきている。以前は写真を撮っていると、うさん臭げに扱われた。コピイされるのをおそれたからである。今は、プレスのマークをつけたカメラマン達があちらこちらで写真をとっている。許可を得るのも簡単らしい。日本の朝日新聞ですら「バーゼルワールド」の記事をのせるようになった。ずい分前から、スイスの新聞は当然だが、フランスの読売といっていい「フイガロ」紙や、進歩的インテリの読む「ル・モンド」紙でも、大分前から特集号を組んでいる。世界中に読者を持つ「ニューヨーク・ヘラルド・トリピューン」も取り上げる。この頃に、航空便の国際線にのると、提供される新聞にはたいてい「バーゼルワールド」がのっている。
 「バーゼルワールド」も音楽やら講演やら、来展者にサーヴィスをしているが、近年各メーカーのパーテイ攻勢が激しくなった。バーゼル市内のホテルや有名料亭では毎晩のようにカクテルや、晩餐会が催される。展示スタンドの豪勢さでは敵わないというメーカーが客相手に工夫する。メディアを何とか取材させようとする。大ブランドのパーテイには、世界中からの有名小売店がやってくるから、毎年来ている人々にとってヤアヤア一年振りという絶好の社交機会である。こういう場所に出てみると、この業界の世界は狭いなという気がしてならない。誰がどうなったのか、誰でも知っている。悪事千里を走るというが、噂話は地球を一周する。特に我々業界の情報ネットワークが発展しているのはユダヤ系の人々が多数を占めていたからと推測している。こんなこと言うと叱られるかも知れないが。
 日本にも中世から、二日市、四日市、八日市といった名が示すように、市が立つ集落はあったが、今も市として繁盛しているのは何処もない。人が集りやすいから市ができるのであって、今は見本市といえば、東京に集中しつつある。
歴史上よりも地政学上からくる。その点、バーゼルは、ライン河に面していて、北の港から船でくる産物とアルプスを越えて南から陸路でやってくる物品の絶好の交換点という歴史がある。十六世紀に、ジュネーブに亡命したユグノー(新教活)が時計製造をもたらしたように、バーゼルに亡命してきたユグノーは、繊維産業をもたらした。特にリボンの製造に関しては、ヨーロッパ市場を独占していた。バーゼルには、リボン成金の屋敷があちこちにある。繊維は染色の技術を生み、科学の技術につながり、製薬業となった。世界に冠たるスイスの薬品の中心地は、バーゼルである。そこで住む人々の暮らし、そこから必然的に生まれてきたなりあいから、歴史的に近代産業へとつながっていっている。人為的に作られた経済特区には絶対生まれない文化が形成される。
 バーゼルはチューリッヒ、ジュネーブに次ぐ第三の都市だが、人口は十七万そこそこである。昼間はドイツから一万人。フランスから二万人の勤め人がやってくる。バーゼル国際空港といってもフランス領である。私が住む宝塚市は、バーゼルより多くの人口二十二万人を数えるが、都市の豊かさが全く違う。過去に蓄積した歴史の重みと冨の厚さは町を散策するとすぐに感じられる。バーゼルの大学では、哲学者のニーチェが教鞭を取り、イタリア・ルネッサンス文化研究に、偉大な足跡を残したヤーコプ・ブルクハルトは、同僚であった。ここには博物館、美術館が三十以上もある。世界有数の動物園もある。音楽も盛んで、オペラやコンサートがしょっちゅう開催されている。「バーゼルワールド」を訪れる人々は忙しいだろうが、せめて一日の休みをとって、町中を散歩されたり、美術館の一つか二つを訪れることをすすめたい。小さいけど文化的な都会の魅力がバーゼルに集約されている。春の晴れた日に、静かなミュンスター(大聖堂)の広場に上り、悠々と流れるラインの流れを眺めていると、人生の流れが変ってくる。
 経済成長華やかなりし頃、慰安旅行というと団体でバスを連ねて、有名温泉地へ出かけたものであった。旅館に着いて、温泉につかり、宴会があって、あとカラオケか麻雀、朝すぐ次の観光スポットによつて帰ってくる。草津の町はどうでしたかときいても、ぶらぶら歩きをしないから解らない。旅館に行っただけにすぎない。バーゼルに行ったのではなくて、「バーゼルワールド」に行っただけの人が少ないことを、バーゼルの町のために祈りたい。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 77(本年第五号、四月二十一日刊) ■2013年6月19日 水曜日 13時13分22秒

わが国の大量消費時代

 国民総生産の六割以上を個人消費が占める社会に我々が住んでいる事は、中々実感としてとらえ難い。経済成長率をニ%上げるには、国民全員が三%無駄遣いすればいいと言う計算になるからである。経済とは、個人が給料や賃金を貰っている先がするものだと思い込んでいるせいもある。
 このような社会が成り立つ為には、個人の欲望をそれぞれの段階で充足させてきた大量消費の時代を通過しなくてはならない。わが国で大量消費が始ったのは、ダイエーが出現した頃あたりからである。モノが溢れ出ているスーパーの店頭は、消費者には新鮮な魅力があった。パナソニック(旧ナショナル)の松下幸之助は、水道哲学を説いた。欲しいモノが水道の水のように栓をひねればいつでも出てくる社会が人の幸福を作ると。かくして町から、八百屋が消え、魚屋が消え、乾物屋が消え、荒物屋が消え、茶碗屋が消えた。電気店も松下さんの思惑が外れ、大量販売の安売り店に人気が集まり、消えてしまった。時計もまたそこで扱われるようになり、時計小売店も消えてしまった。大阪府の時計小売組合の会員数で見ると、ピーク時には千二百人であったのが、今はその十分の一になっている。小さな電気店も、家電全体の売り上げの十%程度が売り上げで、後の九割は量販店・チェーン店で商なわれているようである。
 食べ物の世界でも例えば、「マクドナルド」とか、「吉野家」のように、かってそういった業態のなかったチェーンストアは、追っ払った店はない。しかし、回転すしは明らかに町角に多くあったお寿司屋さんの息の根を止めた。個人経営の居酒屋さんもTV番組に取り上げられるほど稀少となった。
 本屋さんにしても同じことに、本が売れなくなった上に、大型店が進出し、雑誌はコンビニに取られ、小さな本屋さんが町から消えた。楽器・レコード店もHMVなどの大手の影になくなった。古本屋さんも「ブックオフ」に押されて消滅。かって仙台の最大手小売り店「三原本店」のオーナー三原喜八郎さんは、地元の小売店は、中央の資本の大手に席捲されて、まるで白人に蹴散らされるインディアンみたいなものだと嘆いた。当時は大げさなと思ったが、今となっては、当たってなくもない。私が子供の頃見た種類の小売り店がみんな無くなって、日本の中小都市の繁華街は、みんなシャッター銀座となっている。大量生産(買い付け)、大量販売で人々は、刹那的な幸せを得てきたかもしれないが、そのツケは一種の文化破壊となって返ってきている。その中で生きている今の世代にとっては、単なるライフスタイルの変化ととらえているにすぎないのだろうか。例えば、旅先で世界中どこへ行っても、同じインテリアのコーヒーチェーンに入って、それが楽しいのだろうかと古い世代の私はつい考えてしまう。
 大量生産は、松下幸之助の水道の水効果を必ず生み出す。はじめの高価で、珍しかったものが、安価でありふれたものになる。小さくて原材料費の少ないクロックなどは、その最たるものだ。昔クロックもかなり高価で需要も多かった。記念品に良く配られたり、贈答にも使われた。時計そのものがそれほど必要とされなくなった事も手伝って、凋落ははなはだしい。時計屋さんの壁面からも店が安っぽくなると言って追放されてしまった。リズム、セイコーの二大クロックメーカーも、年商三百億円はあったはずだが、今や両社とも百億円ぐらいだろう。結婚式の引き出物に貰う事も少ない。個人的には、良いデザインのクロックが卓上にあるのを奥ゆかしい気がするが、お金を払ってまで買う人は少ない。
 クロックの電子機械は、比較的低度の技術で大量生産が出来るので、もはや欧米、日本で作っても採算が合わない。一般には、価格訴求一本の商品になってしまった感がする。デザインに活路を求める方法もあるが、小ロット生産ではコストが高すぎて売れない。時計売り場でなく、インテリア売り場では手ごろな値で個性派も少なくないが、殆どが東南アジア製と見られる。スイスには昔インホフ、ルーピング、スゥイザという良いメーカーがあったが、クオーツの時代になってあまりスゥイザ以外は聴かなくなった。アトモスというジャガールクルトの気圧変化を起動力とする超高価なアトモスクロックだけが、特殊な顧客相手に命脈を保っている。
 ところが今号のFH誌には、新聞記事の転載だが、スイス・ラショードフォンにあるクロック工場への取材報告が出ている。社長の名は、ダニエル・スパダーニ、会社名は、アラトロン。置き時計、掛時計、機械も共に製造しているが、世界中に出荷されている。ただし、父親が昔作っていたネプロ(覚えている読者がいるだろう)の名ではなく、有名なブランドの名で。今の社長は、グッチ時計の下請けで大きくなり、その工場をグッチに売って、コルムを買収した故セヴェリン・ヴンダーマンの下で修業している。OEMの上手なやり方を学んだに違いない。一九九五年に父親の会社を継いだ時は、当然社業は壊滅状態にあった。手元にたった二万フラン、注文残は六千個、ヴンダーマンの信頼しかなかったようだ。グッチの名のクロックの下請けをさせてもらったのだろう。これは現在でも続いているらしく、公表は避けているが色んなブランドに置・掛時計を提供しているという。全社員で十八人というからごく小さな工場で連絡網を密にして、色々な協力者を得ない後やっていけないはず。得意先のブランド側の要望も厳しいが、十分に答える品質のものを作れるから、納品できると社長は言っている。今は、置・掛けばかりでなく、この人数で腕時計を作っている。この二つのジャンルは、素人には似ているように見えるが全く違うらしい。組み立てなんかは、当然下請けを使う。こういったところにスイスの時計産業の構造が垣間見られる。携帯のある時代に誰が置き時計なんか必要とするのかという記者の質問に「時間を知らせる事は、さして重要ではない。机の上の一寸したアートだよ」とスパダーニ社長は答えている。アートが、そう見てもらうには良いデザインだけでは十分ではなくてグッチとかカルティエといった名がいるのかも。実は、当社が代理店をしているモバード社が、同じ考え方でアンディ・ウォーホールとか、アルマン、ローゼンクィストといったモダン・アートの愛好者から見ると神様のような芸術家に頼んで置物的な腕時計を作ってもらった。日本でも売れるかと輸入してみたが、さっぱり売れなかった苦い経験がある。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 76 (本年第五号、三月二十八日刊) ■2013年5月1日 水曜日 10時35分21秒

「メイド・イン・ザUSA」特集

 前号でアメリカの製造業の国内空洞化について触れたが、それは主として軽工業の領域であって航空産業、軍需産業、自動車産業(トヨタやフォルクスワーゲンという米国内で操業している外国企業も含む)では、今でも世界に冠たるものがある。
 「タイム」の四月二十二日号は「メイド・イン・ザUSA」特集を組んでいて、オバマ大統領の要請によるアメリカ経済強化が、製造の世界でも起こっている事を、G・E(ジェネラル・エレクトリック)社の電池工場やエックスワン社の3D印刷手法による機械部品の製造の現場を取材する事によって伝えている。
 アメリカの工場労働者の数は、全就労者の九%で、千二百万人、一九七九年のピーク時は、ほぼ二千万人近かった。二年前の統計だが、アメリカの工場労働者の平均年収は七万七千ドル、労働者全体の平均は、六万ドル。この数字を見る限り、ブルーカラーだって悪くない。テレビなどメディアの伝えるアメリカ人の生活が、格差を強調する余り大金持ちか極端に貧しい人々で、普通のアメリカを伝えない面がある。コスト面を考えると、ヨーロッパの製造業は、アメリカと比べると十五%から二十五%と高いから、飛行機のエンジンの方のロールス・ロイス社は製造の主力をアメリカに移そうとしているらしい。
 部品なんかは、中国から買えばいいというが、中国では人件費が年率十三%も上がっており、二〇〇〇年には、時給五十セントだったのが、二年後には四・五ドルになるとされている。それでもアメリカの方が遙に高いが、運賃も上がっている。十二メートル・コンテナ一台の運賃は、三年前に千百八十四ドルだったのが、二千三百ニドルと(中国沿岸から西海岸まで)と倍増している。石油は高いが、シェールガスは安い。これもアメリカに有利。そのほか、色々な要因があって、アメリカに製造業が戻っているようだ。
 アメリカの製造業が戻りつつあるのは、製造業での現場がすっかり変わってしまった為といえる。一九六〇年の工員の平均時給は二ドル五十セント、現在は二十四ドル十一セント。仕事は組み立てラインにたって手作業で仕事をしていた。主たる職場は車、電器といった器具、繊維製品を作るところ。   
 現在では、それが食品、薬品、精密複合機械になっていて、工員はコンピュターを操作し、監視している。大学卒または、高度の職業資格を持っているのは十人に一人である。油にまみれ、一日の作業で肉体的にヘトヘトになって、帰宅する労働者イメージは昔のアメリカ映画でしか残って無いだろう。
 この記事で印象的だったのが、ブルーカラーの工員といえども将来は、二年から四年の専門教育を受けてないと、工場でも働けなくなると、職業教育の重要性が指摘されていたことであった。高度のオートメーションによって、人件費の占める割合が少なくなると、価格競争にすぐにさらされない製品を作っておればアメリカにもチャンスはある。
 わが国の事を考えると、調べてもらった資料(何しろインターネットの時代である)によると、昨年の中卒者が百五万人余りいる中で、大学まで行きたいというのが五十三・五%、専門学校に行きたいというのが十六・八%とあった。別の進学者統計を見ると、ニ〇一〇年だが、大学六十二万人、短大七万人、高等専門学校一万人が高学歴だが、日本ではでたらめに採用しても十人に八人は高学歴者となる。
 しかし、これらの学生がすぐに役立つかといえば、何とか使えるのが、医学部出身者ぐらいか、特殊な資格(弁護士・会計士)を在学中に得た人々ぐらいだろう。これは日本の学校の何にでも通用する人格形成を重んじる精神から来ているもので、別に咎める事でも無い。昔の幼年学校とか士官学校、陸軍大学、海軍兵学校といって、すぐに役立つ戦闘員を養成する学校があったが、消え去って長い。今の防衛大学とは、性格が異なっている。
大阪に辻調理師専門学校といって、フランス料理の研究で優れた業績を残した辻静雄さん(個人)が作った学校がある。この人と親しかった関係で、この学校の理事をさせてもらっているが、生徒数は四千名を誇る、業界随一の専門学校である。先生だけでなく校舎も設備も驚くほど立派である。
 ここでも生徒の育成は汎用的であって、一年の間(二年制も最近出来た)で、和・中・洋全ての料理の基礎を教える。生徒の料理に対するセンスは磨けるが、これで調理師の免許をもらっても、直ぐには役にたたない。将来大成する料理人を育てるには、食べ物に対する総合的な理解が絶対に必要である。これが方針だから学校を出た翌日から、鮨を握れる職人とか、蕎麦が打てる人になろうとは、この学校に来る学生は思っていない。このあたりにも、調理師学校といえども日本人の学校感が出ている。
 さて前置きがいつものように長くなったが、スイスの時計業界の職業教育は、全く実用的である。時計作りは、基本的に分業であって、料亭が盛んな時代の日本料理に似ている。魚をさばく人、煮物を作る人、お椀(汁物)を作る人、みんな異なる。それを花板が取り仕切る。花板はさしずめ時計の組み立て職人だろう。
 ずっとFH誌を読んで気づくのは、職業教育の重要性が年毎に増えていく傾向にある。これが生産の現場である向上に必要な事は容易に理解できるが、それがブランド販売者の政策に一部にもなっている。例えば、ヴァンクリフ・アペールが宝飾制作学校を創設していることである。日本では、休校しているが、ロレックスの時計学校(テクニカム)もそうだろう。
 職業教育を仏蘭西語では、フォルマション(形成)というが、日本のように一般論から入らない。個別的、具体的である。もう五十年以上も前、自動車学校へ免許を取りに行った時、講師が長々と運転の心構えを説いてくれた。心構えで運転が出来たら世話は無いはと、青い大学生だったから心中悪態をついた。日本は心構えだけで太平洋戦争に突入した。教育のプログラムを見てもスイスでは実務に徹している。
 今回のFH誌には、独立した職業教育の例はなかったが、文字板制作の現場で社内訓練生として働いている若い女性の記事が出ていた。文字板の制作など簡単そうだが、企業内訓練では二年を要するみたいである。二年たつと業界関係団体から文字板専門技師免許がもらえる。スイス時計の経団連みたいな機構(CP)が発行するので、これで一人前の給料がもらえるのだろう。他の記事から見るとスイス国内では、時計産業には働き手は十分ではなく、国境を越えて通ってくるフランス人の数が急増しているようだ。この二年間で千五百人、十四%も増えている。この三年で三千二百人の時計関連工員の増加が予定されているが、二千人は現在訓練中であって、後に千人をこれから養成する必要があり、定年延長とか色んな施策が必要と景気のいい話である。
 日本では大抵は、社内の訓練によって、普通の給料を貰いながら成長していくのが当たり前である。しかしこの若い女性訓練生の記事を読むと、訓練学校へ行って文字板制作を学ぶ事も出来たが、いきなり実地で学ぶ方が気に入っているなどといっているので、学校を出ても同じ仕事のレベルになることが分かって興味深い。
 最後になってしまったが今号の巻頭は三月六日に開催されたスオッチグループの年次株主総会の報告である。売り上げ八千億円、純利益二千億円、快進撃は止まらない。スオッチも文字板の製造会社「ラバッテル・アンド・ウェイやーマン」を所有している。同じく傘下にある針専門の会社「ユニヴェルソ」と共に、年間に新しい建物に移動させるという。「我々はスイス人で、スイス国内で製造し、スイス内で雇用を確保するために戦う」とニック・ハイエックCEOは若いだけに意気が揚がっている。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 74(本年第三号、二月二十八日刊) ■2013年4月2日 火曜日 15時57分15秒

スウォッチがハリー・ウィンストンを買収した

 FH誌の発行は年二十回。本紙は年二十四回なので、どうしてもズレが出きる。前回休稿したのは、その理由による。
 さて、今回取り上げるFH誌には、今年最初のスイスからの時計輸出速報が出ている。好調だった昨年の勢いは続行していて、前年同月比一〇・八%増加している。対中国向けは九・九%減少しているが、対香港が同じ割合で増加。アメリカ向けは七%減少しているが、その他の諸国くけは、おおむね良くて、ヨーロッパ向けが二十八・一%も増えている。こういった状況だから、FH誌本体の論調には明るさが漂っている。
 例えばスウォッチ・グループの昨年度の年次報告が出ているが、表題は、またまた業績新記録とある。総売上は、昨年比十四%増の八十一億五千万フラン(八千億円)。これは為替変動を含めての数字である。昨年並みのフランレートなら、更に五億フラン増加していただろう。純利益は十六億フラン、約千六百億円で、この中から例の宝石商ハリー・ウィンストン社を買収するような元気が出てきている。一種のライバルであるLVMH(ルイ・ヴィトン)社が、ブルガリを買収した事に刺激されたものだろう。ハリー・ウィンストンは、珍しい機械式時計もスイスで作っているが、時計とは別にスウォッチ・グループは本格的にジュエリービジネスを展開するという意思表示と見ている。
 スウォッチ・グループは、小売に熱心で、オメガやロンジンからチソットに至るまで、直営でブティックを展開してきたが、傘下のブランドを総合的に扱う小売り店「トウールビョン」また空港免税売店「アワーパッション」の出店に力を入れている。パリやモスクワの空港には、既に存在するし、ロンドンやローマ空港へも準備中である。企業の拡大は、雇用の増加で社会的な貢献を果たす。昨年中、千五百人を採用し、内九百人が、スイス国内で、後は外国とスウォッチ・グループは胸を張っている。更に合併で二百八十人分のポストがあるといっている。

現在の機械時計は芸術に近い

時計は時刻を知り、経過時間を知る為に、現実の要請によって作られた。生活に必要とされる発明を文明の利器と呼ぶ。文明とは、色んな利器が整備され、進歩し都市化された環境を指す。文明と文化は異なる。文化の英語は「カルチャー」であって、農耕の耕すと同じ意味であり、集団よりも個人でコツコツと育てていくという感が強い。
 日本における宝飾の町・甲府にある山梨県立美術館には、フランスの画家ジャン・フランソワ・ミレーの優れた作品が何点かある。ミレーは農民たちの畑仕事にくれるつましい生活を描いて名高い。ミレーの有名な作品に「夕べの祈り」がある。夕暮れの畑の中で、頭をたれて敬虔に祈っている農夫とその妻が描かれている。作品からは、遠くの教会の塔から、晩祷の時間を知らせる鐘の音が聞こえてくる。時計は元々、修道僧が一日数回の祈りの時間を知る為に、修道院内で製作されたことに始っている。その時間が来れば、人力で紐を引いて、鐘を鳴らした。十二、三世紀の頃から、仏・独・伊・英各地の修道院で時計機械の工夫が始り、そのうちに、一本指針が二本になり、鐘も自動的に鳴るようになり、一般市民のために、時報や自動人形のサーヴィスもするようになった。鐘の事をイタリア語では、「ラ・クロッカ」という。クロックの語源である。機械時計の歴史は古く、八百年以上もヨーロッパ人の日常生活に密着して発達してきた。旅の外出や移動する時に、手軽に持ち運びが出来るウオッチの歴史も四、五百年はあるだろう。
 水晶発振器は、従来のテンプ発振より精度と安定度では、遙かに優れている。安価で、正確で堅牢なクオーツ時計は、三十年前には機械式時計の存在や製造技術を文化遺産にしてしまうかに思えた。日本の技術者は、いわば文明の使徒であるから、合理的なものを最善として、明治維新以来、努力してきた。『脱亜入欧』という時の福沢諭吉の評判は近年低いが、多くの日本人にとって、文明は進歩であり、先進国の仲間入りする事が夢であった。つまり混沌としたアジア世界から離れて、いかに早く西欧化した合理的な社会を築くかが、特に戦後の主流風潮であった。たとえば、明治の文明開化以来、西欧医学一本で、和漢の療法は殆ど百年以上、民族迷信として顧りみられなかった。一九九〇の年のバブル最盛期の頃まで、我々時計関係者は、時計はクオーツで、機械式時計は消えてなくなる運命にある、将来、世界の時計市場は日本勢の独壇場になり、スイス勢は宝飾時計の市場のみで生き残れるだけと信じて疑わなかった。更に日本の安いクオーツ時計に対抗して、スウォッチが初登場した時も、そのときはスイス時計産業の救世主となったハイエック氏ではなく、トムケ氏が社長であったが、こんなモッサリして電池が外に露出しているような時計なんか、売れるものかと安心していたものであった。
 しかし、その後のスイス時計の隆盛ぶりはどうだろう。市場環境としては、携帯電話の普及によって、デジタル時間ならば誰でも知る事ができるようになった。時間を知るという機能で時計が必要とされる時代は終わったといえる。最近では、アナログで時間を表示する携帯もある。車にもデジタル時間表示が付いている。文明の利器としての時計は、冒険者以外には不要となってしまっている。時計は特に今世紀に入って以来、文化の領域に入ってしまったといって良い。芸術のように単に生きるだけの人生に不要だが、生きる事に潤いを与える生きるだけのものになったといえる。

ル・ロックルに住む時計師たち

 ル・ロックルはフランスとスイスの国境にある。山間の静かな町である。ナルダンやゼニス社の本拠地のある時計の町だが、人口一万人余りの田舎町で人影は少ない。そこで時計の仕事をしている二人の時計師のプロフィールが地元の新聞に取り上げられ、今号に転載されている。
 一人は、ファビアン・ラマルシュという。ニ〇〇七年に一人で時計を作り始め、今では四十四人をル・ロックルに、六人をジュネーブに従業員を抱え、イノヴェーション時計製造会社(IMH)の社長でジュリアン・クードル一五一八というブランドで、金、プラチナケースとトゥールビョン機構を持つ高価な時計を作っている。一個の時計を作るのには、磨きとかメッキ、地板打抜きとか、エナメル仕上げ、特に難しいテンプ作り、組み立てから作業工程の策定に至るまで、四十ぐらいの職種があって、これをメチェという。大抵の職人は一つのメチェを専門にするが、この人は若いときからブレゲで修業をはじめ、有名なメーカーを渡り歩き、二十年間かけて、皮バンド制作と石止め以外のメチェは殆ど習得したという。まるで中世のギルド職人の親方みたいである。理想の時計を作って商売するのもいいけど、社内で各メチェの経験ニ十年以上の熟練者と見習いを組み合わせて、後世に伝えるのも大きな使命とも言っている。元々は、学校を作りたかったので、ブランド時計を作りたかった訳ではないという言葉もいい。時計作りとは、情熱だよ、その中で生きて革新的なアイディアを時計に実現したいと言っている。
 もう一人は、ニ〇〇八年以来、ル・ロックルに住む日本人時計師関口洋介(英文から日本名を推定)さん。今はクリトフ・クラレというメーカーで働き、余暇には十九世紀のル・ロックル産の時計を研究している、銀行員の家庭に生まれたが、子供の頃古い掛時計を分解して時計の魅力に取り付かれてしまった。まず大学で仏蘭西語を学び、二十三歳でブザンソンへ行くが、訓練学校は、年をとりすぎていると中々引き受けてくれない。ビザが切れて帰国せざるを得なくなったそのあと、縁があって、少年の頃から憧れていたル・ロックルの時計会社に勤めることになった。今回は、銀行員だった新婚の妻と手を携えて、再びスイスへ。奥様はGMTという時計針のメーカーに就職が決まる。二人は音楽家で、夫はチューバの演奏家だが、時間が無い。奥さんは、ラ・ショードフォンの室内オーケストラでヴィオラを弾いている。今は出産のために一時帰国中。夫の方は、日本の生活はあわただし過ぎて帰る気にならない。素晴らしい家庭生活を営めるのは、ル・ロックルの町のよさの御蔭だと記者を喜ばせている。だが日本の美味しい炊き立てのご飯をいつも食べられないのが最大の不満だそうだ。こういう海外の暮らしに自然体で溶け込んだ日本人が独立してスイスの時計産業の一員として活躍される日の来るのを望んで止まない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 72(本年第一号、一月二十四日刊) ■2013年2月14日 木曜日 15時47分24秒

「新年号」とはいえ、日本とは違う

 今号はいわば新年号だが、日本のように新年に望むといった漠然としたあいさつ文は無い。いつもの号と変わりない。ヨーロッパで暮らしていると、新年といっても一日休むぐらいなもので、正月三が日は何もしなくて遊ぶぞという気分がなく、日本人には頼りない。イタリアでは、大晦日には若者たちが町に出て馬鹿騒ぎをしていたが、今はどうだろうか。
 今号には、興味あるFHの告示が囲み記事で出ていた。表題は、「アゼルバイジャンとカザフスタン両国、貴方の抱える問題をお知らせ下さい」。内容をかいつまんで記せばこうである。FHは会員の大屋根であり、傘である。そのため、スイスの産業省らが主であるが、色々な役所から産業振興の海外ミッションに同行を要請される。海外の大使館といった公的機関から依頼もある。FHにとっては、時計業界の諸問題、税率ばかりでなく、知的財産の問題、商業構造の改善など、スイス側に有利に導きたくなる。
 同時に、時計業の直面するであろう具体的な悩みを、公に知ってもらう絶好の機会となる。会員が輸出に際して出逢っている難問を提出していただきたい。勿論秘密厳守します。この趣旨をもって、シュナイダーアマン大統領がスイスの経済人代表達と共に、この四月に首題の両国を訪れる事になっている。FHが仲介となって、貴社の利益を庇護して欲しいと考える事があれば、期日までに連絡を頂きたい。
 これでFHが会員の差し出すサービスの一つが良く理解される。私は長い間、協同組合にかかわってきたが、こんな風な公告が出されたのを見た事が無い。大抵アンケートぐらいから始って、最大公約数的な要請を纏めて、相手が外国であろうが、国内の役所であろうが出かけてゆく。交渉の代表は、個々の細部を知らないから、細かい点になると事務方に任す。事務方は事務方で正確を期す為、また調べ直す。結論は中々出ない。なにも日本政府を皮肉っているのではない。小さな協同組合ですでにそうだった。日本人の生産性の上がらない要因の一つはこんな文化にある。良いとか悪いとかは別である。

トルコでのスイス時計展

 次の会のオリンピック開催地に東京が手を上げている。対抗馬はイスタンブールらしい。私個人としては、東京に決まればいいと思っている。施設は大抵あるから、シンボル的な競技場を作るぐらいですむだろう。土建業のためのオリンピックにはならないだろう。多少日本が元気になればいい。ところが相手がイスタンブールとなると、勝ち目がなさそうな気がする。オリンピックには、世界平和実現のためという、理念がまだ残っている。今世界の騒ぎの火元はアラブ諸国である。エジプトのムバラク政府の転覆、リビアのカダフィ政権の崩壊は、「アラブの春」といわれたが、アラブ人には穏やかな春は無い。彼らにとって季節は、常に峻烈である。その中で、トルコはイスラム諸国の中では、一番穏やかな国といってもよい。治安、便宜性の上では、東京に軍配が上がるだろうが、トルコという西欧人にも信頼感のあるイスラムの国を開催地にする事によって、イスラム諸国との融和を図ることが出来ると考える人も多いだろう。それに歴史となると、東京は到底敵では無い。かっての東ローマ帝国の首都コンスタンティノーブルである。世界の中でも最も美しい大都市の一つであると今でも思っている。来年の冬季オリンピックは黒海沿岸のソチで開催されるが、その黒海が地中海に流れ込むのが、ボスフオラス海峡である。海峡を取り込んだ町がイスタンブールで、一つの町の中に海をへだてて、、西洋と東洋があると人々は云う。眼を閉じれば、青い海と背後の丘の美しい光景が彷彿とする。
 コンスタンチノープルを制圧したトルコのスルタン達は、時計好きであった。壊中時計のジャンルに土耳古時計というのがある。時計の外にもう一つ、金属製のカバーがついていて、外から時間が読めるようになっているが、たいていはトルコ文字の数字が外側に刻まれている。哲学者のジャン・ジャツク・ルソーの父親だったイサック・ルソーは,多くの時計を製作して現存しているのもあるが、一時はイスタンブールに住んで、スルタン達のために、宮廷お抱え時計師をしていたこともあった。
 この号には八年越しの計画であったスイス時計展が昨年十二月二十一日から三日間F・Hの主導で開催され、大好評であったという巻頭報告がでていた。どうしてかスウオッチ系が出展してないが、ロレックス・モバード・タグホイヤー等の一流ブランドが二十ばかり出展していた。テーマは「時間について思いをはせ、スイス製のすばらしさを考えよう」。日本のF・Hは楽である。この手の催し、ワールド・ウオッチ・フェアを全国の各有力百貨店が競争して長年やってくれている。

インドの業界について

 インドの時計産業連盟の会長サボーいう人が、スイスに来たときに、インタビューを受けたのだろう。その新聞記事が転載されている。サボー氏は、インド最大の時計小売店を展開している。売場を十四都市に三十六ヶ所持ち、四十ほどのどちらかと言えば、高級ブランドを扱っている。問答の内容は、左の通り。
 売上げは今年(昨年十二月に語っている)は二割伸びた。それまでは、十二〜十五%台であった。今後も二割は伸びるだろう。まだまだインドは輸入国としてベストテンには入らないが十〜十五年の間に、高級時計の輸入国のベストファイブに入るだろう。時間の問題に過ぎない。インド人の三分の二は、まだ時計を持ってない。だから二千円前後の安物はよく売れているが、そのうちに高いのも買うようになる。中間層は大きく拡がりつつあるから、人口の一割の人が高い時計に欲求を感じ始めたら、その数は四千万人近くになる。当然経済政治の健全性とブランドの努力が前提になるが。今の若者と昔の若者とは考えが違う。今の若者は、例えばチソットを買っても、もっと高いものを買うようになるだろう。この変化は五年ぐらいたつと起こるだろう。スイスのメーカーの多くは、インド市場の将来性を買ってくれている。自動車会社より宣伝をするところさえある。インドでは時計の輸入税及び色々な税の総額が四十%近くになる。それでもスイスの時計メーカーと我々の利幅の減少で協力して世界価格に近くなる努力をしている。インド人は値を比べたり値切ったりするのが好きだから、あまり差が無いことが分かって、国内で買うようになりつつある。政府にも税金を安くすればみんな払うようになって国内で買うと交渉し続けている、店舗として各所に建てられつつあるショッピングセンターはいいけど、路面店舗は難しい。空港内はいいが賃料が高い。インドの道路は汚いしブティックを作るような構造ではない。せっかくしゃれたブティックを作っても隣に車の修理工場やファーストフードがやってくる。この間大きなデリー時計の屋が密輸で挙げられたが、そういう事の少ないブランドを信頼して扱うしかない。正規の輸入品を扱うのが将来的に正しいと信じる他はない。
なんだか昔の日本の事業に似ている。ついでながらマハトマ・ガンジーの愛用したゼニスの目覚ましつき懐中時計を含む身の回り品一式が約一億八千万円でインドの億万長者がオークションで落札し、里帰りした話が別の項で出ていた。ガンジーの事だから、時計以外は大して値打ちのあるものは持ってなかっただろう。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 71(番外篇、) ■2013年2月14日 木曜日 15時39分13秒

香港にて、二〇一三年初頭
 
 それ程、息苦しい生活を送って来た訳ではないが、この十年来、年に一度は、息抜きのために、香港に行くことにしている。むし暑い時期は避けて、香港では一番気候の良い冬に避寒もかねて行く。目的がないから、昔、リージェント、今はインターコンテイネンタルとなった海峡に面した定宿のあたりをぶらぶらするだけ。すぐ斜向いに有名なペニンシュラ・ホテルが建っている。我がホテルには広々とした南洋風の植木のある空中庭園があって、プールと露天風呂がある。海景をみながら湯につかり、とりとめのない思いにひたれる時間も悪くない。このあたりはかって、広州と香港を結ぶ鉄道の始発駅であったが、鉄路を遠く後退させ、そのあたりを埋立てた土地である。昔の英国政庁が美術館や、音楽ホール、劇場といった公共文化施設を建て、隣接して、我がホテルを含む大きな商業施設を私企業が作った。ところが、こっちの方は一年程かけて昨年はサラ地になり、ホテルだけは辛うじて残っている。
露天風呂から下をみると、地上では建築工事が始まっている。後楽園球場一帯ぐらいはありそうな広さである。建築物の高さ制限がなくなったようだから、土地の少ない香港では、また四百米近い高層ビルが建つだろう。
香港の空港と市内を結ぶ電車は、香港島と九龍半島にある二つのエアーターミナルに二十分ぐらいでつく。そのどちらにも、四百米クラスの超高層ビルが建っていて、それぞれに超高級なホテルが入っていて、高級ブランドの立ち並ぶ広大なショッピングセンターとなっている。箱崎のように惨めなものではない。 
 九龍側の終着駅はエレメンツというショッピングセンターで、最初何故こんな孤立した場所にと日本人らしい疑念を抱いたが、数年たってみると、立地に納得が行くようになった。北京と広州を八時間で結ぶ新幹線が開通したばかりである。それが、広州から香港へ延びてくる。その終着駅の壮大な土木工事が、エレメンツの横で進行中である。住民の反対運動があって遅れていたというが、あと二,三年で開通するだろう。かってペンペン草が生えて、ゴルフの打ちっ放し場しかなかった埋め立て地が、人々の集る中心地の一つになるに違いない。エレメンツそのものも開業当時の十五年前は、閑古鳥が鳴いていたが、今は人も多い。
 あちこちで展開されている巨大な建設現場をみると、香港ではそれが必要だからやっているという感じが強い。日本では、何のためにという疑問が湧くことが多い。
アメリカ全土と同じ位のダムの数がある日本を考えると、今後は、取り壊し工事の方が重要になる気がする。日本では建設業が破壊業を兼ねるだろう。香港で住宅といえば、一戸建は不可能だからマンションになるが、いまだに供給不足で高騰が続いている。六十平米ぐらいの中級マンションで,七,八千万円はするらしい。それが高層だから、不動産業はブームといってよい。日本だと大抵のマンションは二割程度空室だし、おまけに都心回帰だといって、どんどん マンションを市内に建てている。人口減の現在なんのためにと思わざるを得ない。
その日本からみると、今の香港は建築バブルである。昨秋、取引銀行のセミナーがあって、長い間マレーシヤにいた講師の話をきいた。シンガポールの国内総生産の一人当り額が日本の倍あると聞いて、「日本が成長率を増やすのに、シンガポールに学ぶべき点はありませんか?シンガポールでは農業も産業も殆んど存在しないのに」、と質問してみた。ところが、「投資にカジノと不動産の値上りで、成長率の自動向上ですからねぇ、働いて稼ごうとする我国の先生にはなりませんなぁ」という返事だった。経済成長率の七割近くが個人消費にかかっている。ところが、日本人は、一応何でも持っているので、お金を使はない。欲しいものが、年とるとなくなる。人口の三分の一が、その年寄りである。人口の減る社会に、不動産の値上りは、平均するとない。これでどうして成長率を維持するのか。日本人は金利ゼロでも貯金するが、投資には、誰しもが熱心とはいえない。公共投資といって、政府の金で何かを作り、誘い水にする手はあるが、水が続々と出てくればよいが、チョロチョロと出て大抵終る。というのは、必然性を欠いているからである。人々の夢をかき立てるものがない。
こういった疑念は、香港の繁華街を歩いていると全く湧いて来ない。それは町に溢れるように中国人がいて、あらゆるお店でお金を使っているからだ。昨年一年の香港に来る外国人は史上最高の四千六百万人という記事が新聞にでていた。その八割は中国本土からという。日本ではシャネルとかエルメスに買物客が一杯というのは見たことないが、香港では店内に一杯どころか戸外に列を作っている。海外に出る中国人は、バブル期の日本人旅行者同様、高いものが好きである。今や香港での時計を含めた高級ブランド製品の小売値は日本と変らない。それはひとえに小売店が高額の家賃を払はねばならないからである。香港の一等商業地の賃借料は銀座よりもはるかに高い。ニューヨークやパリより高い。一坪あたり三十万円以上になる。小売値が高くなっても中国人が買うのはまだ高い関税や贅沢税があるからだろう。例えば銀座道りの三倍はありそうな香港一の通りネーザン街を車で通りすぎると、一番目立つのは「周大福」「周三三」「六福」「景福」「謝瑞麟」といった中国人相手の宝石店である。これ見よがしの巨大な看板を外に出している。これが道路の両脇にひしめいているといって過言ではない。同じ経営の店が道路をはさんで向い側にあったり、百米おきにあったりで、共食いにならないかと心配するが、杞憂にすぎない。どの店にも必ずいつも客が入っている。日本の宝石屋がみると羨ましく卒倒しそうになるだろう。数においてやや劣るが時計店も少なくない。「エンペラー(英皇)」「オリエンタル(東方)」「ハレウィナー(喜運佳)」「プリンス(太子)」といった高級品専門のお店、ロレックスやロンジンの専門店、シテイ・チエーンのような中級専門店が軒をつらねている。これら小売店は殆んど上場銘柄である。さすがスイス全ての時計の五十%以上の輸出を占める中国市場の門戸である。
香港には、今のところ、過当競争という言葉は存在しない。このあくなき中国人旅行者の購買意欲が香港経済を推進している。日本も、もう少し本気になって、心底にくすぶる中国人軽視の念をかなぐり捨てて中国からの旅行客に対応し、彼らがより買物をするよう方策を立てるべきである。消費を増やすには、それ以外ないと段々、滞在中に確信するようになった。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む70(昨年第二十号 十二月十三日刊) ■2013年2月14日 木曜日 15時24分43秒

FH誌とスイス時計業界

 世の中は新年であるが、今回読んでおるFH誌は、昨年の第二十号 十二月十三日刊の最終号である。原則的には、二週間毎の木曜日に発刊されている。一年は五十二週あるが、十二週分は夏と冬の休刊になる。FH誌というのは、スイス時計産業連盟の公式な機関紙の名前が「REVUE FH」であるから直訳である。雑誌が英語のレヴュー「REVIEW」でなく、フランス語のルヴュになっているところから
判るように、英仏語併記の記事を増えているが、殆どがフランス語で書かれている。新聞記事の記載は、地元の地方紙中心なので、仏語、たまにビエンヌ発の独語の新聞記事が載る時もある。ビエンヌは、独語圏と仏語圏の境界である。スイスの時計産業地区は、ジュネーヴから東方向に北上し、ジュラ山脈とフランスの国境に沿って東行、途中で南下して湖畔、ニューシャテルからビエンヌに至るといって良い。だから時計に関係する人は、殆どフランス語を母国語とする。春の時計見本市で名高いバーゼルは、伝統的な時計産業地域には入ってない。バーゼルはドイツ読みで、フランス語では、バールという。ビエンヌもドイツ語では、ビール、ジュネーヴはゲンフになる。スイスは、独、仏、伊にロマン語を公用語としているので、たいていの人は、たとえフランス語圏に住んでいても、ドイツ語を話す。日本人は英語が下手と言うが、スイス人の頭脳構造に劣っているわけではあるまい。実際に使う必要性が少ないからに過ぎない。大阪から東京へ出ると、英語が話され、駅名も看板もみんな英語ならいかな大阪人でも英語を話さざるをえない。スイスでの異語圏の距離はそんなものである。必要は発明の母というが、語学習得の母ともいえる。
 バーゼルから北へ国境を越えると、ライン川の西は、仏蘭西領のアルザス地方である。戦争の度にドイツ領になったり、フランス領になったりした地区だが、そこの小さなケーゼルベルグという町でアフリカの聖者と称されたアルバート・シュヴァイツェー博士が生まれている。医師だけでなく、神学者、オルガン奏者、バッハの研究家として、それぞれの分野で、偉大な足跡を残している。その著作はドイツ語によるものだが、フランス語を自在に話した。その従兄弟がフランスの哲学者で有名なジャン・ポール・サルトルだが、著作はフランス語でもドイツ語に堪能であった。シュヴァイツァーは、自分の経験から母語を夢を見る時の言葉と定義している。スイスの時計人の殆どは、フランス語で夢を見る人だろう。
 話がそれたが、FH誌には多くの広告が載っているが、当然ながらブランドの広告は一切無い。大手メーカーのお付き合い広告はなくて、ムーヴメントや部品、工作機械、外装箱といった業者向けのものばかり。いつも見ていると俺だって金さえあれば、立派な自分の時計を造り上げれるぞという気になる。表層には時計という製品が市場に出るがそれを下支えしているネットワークが出来上がっている。これがスイス時計の多様性を生む構造になっている。
 例えば今号にも広告を出しているデュボア・デプラズというムーブメントを作っている工場がある。その工場に関する新聞記事が今号に出ている。創業百年以上続く会社で、創業者のマルセル・デプラズは、元々はパン屋の息子であった。発祥の地ジュラ渓谷のル・リュウに二百三十名、ビエンヌ州のアルクに六十名の従業員がいる。一九三七年に発表したクロノグラフ・ムーヴメントは、一九七〇年までに三百五十万個は売れたという。クオーツ全盛期には、電子部品に転業しかけたが、機械時計の回復と共に複雑時計のムーヴメント・メーカーとして隆盛を誇るようになっている。十年ほど前の資料によると、AP,ブライトリング、ジャン-ディーヴ、パティック・フイリップ、ヴァセロン・コンスタンタン、オメガなどがこの会社のムーヴメントを利用している。こういう独立的な下請けが存在していることが、スイス時計の強みであろう。またこういうところからムーヴメントを買っていた会社がマーケッティングで世界に自分のブランドとして売りさばき、お金を儲けて自社内でムーヴメントを作り始めるケースも多い。また反対に下請け専門のメーカーだったこの会社がピエール・ドロッシュという自社ブランドを作り始めたりしている。外からスイスの業界を見てみると中々面白い。
 なお参考までに、FH誌の購読料は外国向けは送料コミで年間四百フラン。会員は勿論無料。広告募集の項に、六千人以上の時計関係者が読んでいるとあるから、五千部ぐらいは刷っているのだろう。

ニセモノ退治

 私は基本的にアナログ人間だから、携帯電話は移動式の公衆電話を持ち歩いているぐらいの感覚しかない。自分からかけるだけ。アマゾン・ドットコムがアメリカで流行し始めた頃、よく本やCDを注文したが読みもしない本が溜まるのと、この本はお前が気に入るだろうと勝手に推薦してくるので、気持ちが悪くなってやめてしまった。よく当たる易者に見てもらう気色の悪さ。インターネットで注文するのは、ホテルか航空券ぐらい。安さには抵抗し難い。ところがオーストラリアのメルボルンに住む娘は、年中向こうから色々なもの,主としてファッション製品を注文して、我が家に送らせる。帰省した時にまとめて持って帰る。まあ一流ブランドが驚く安さなので、ニセモノだろうと言うと日本人はあまりニセモノは売らないわよという。それに使った後でも、オーストラリアの自宅からまたネットで売りに出すらしい。買った値より高く売れるときもあると笑っている。昔、高かった電話代が、今や無料のTV電話のスカイプの時代になって、母娘が相手の顔を見ながら、あれ買ったとか、くだらない長話をしている。ITとは一体どうなっているのかと考えて込んでしまう。
 素人の娘がインターネットで売り買いが出来るのだから、ニセモノの時計を売るサイトなんか、雨後の筍のようにあって捕捉するのは不可能な気がする。モグラ叩きみたいなものではなかろうか。ところが人間が発明したものには、必ず対抗する手段が発明される。スカッド・ミサイルを撃墜するするパトリオットがあるみたいに、FHでは二年間かけて、ニセモノを売るサイトを自動的に発見し、警告し、告発するシステムを完成した。昨年の十月から稼動しているらしいが、数週間で九百以上のサイトを見つけ、八千五百件の警告をし、二百五十のサイトが閉鎖されたという。これまでの一年間以上の成果らしい。しかしどうやってネット上のニセモノを判定できるのか、アナログ人間には良くわからない。これはFH誌の巻頭報告。
 しかしサイトを閉鎖に追い込んだところで、ニセモノはなくならない。その集散地は今やドバイ、あのアラブの夢の都らしい。ドバイにも怪しげな数階建てのビルが立ち並ぶ下町があって、そのビルにある倉庫を警察と協力してガサを入れるルポタージュが出ている。アラブ人は大抵、地区全体が商店とも住居とも通路ともつかない複雑な建策群を作る。場所の特定は外人に困難である。FHがアラブ人の匿名の調査員を雇い、つねにニセモノ集散地の情報を集めている。この男は、後の活動のため顔が割れぬよう襲撃には参加しない。警察に同行をFHが依頼するのは、コワモテの軍人上がりのアラブ人。ガサ入れは、見事に成功して黙秘する番人一人に手錠をかけ、一万個余りのニセモノ、保証書、クロノメーター保証書、外箱と共に無事確保する。迫真力のある文章で、小説の一場面のような場面であった。

 二〇一三年度 ジュネーヴ時計グランプリ

 昨年末近くに第十二回目のグランプリその他の表彰式が開催された。紙面の都合で受賞作の名のみの掲載となる。
 ▽グランプリ=タグホイヤー・マイクロガーター、▽男性用時計賞=マキシミリァン・ビュッセー、レガシィマシンナンバーワン、▽スポーツカテゴリー=ハブリング、ドッペル20、▽女性用時計賞=シャネル、プルミエール・トールビョン・ヴォラン、▽グランドコンプリカション賞=グルーベル・フォルセイ、アンヴェンション・ピェース、▽七千五百フラン内優秀賞=ゼニス、パイロット・ビッグ・ディト、▽特別賞=スイスクロノメーター協会、▽最優秀時計師賞=カルティエ社、キャロル・フロレスチェ、カサビ(女性)。
 これらの時計と競合した製品全70点は、今後香港・上海・ジュネーヴで展示される。残念ながら日本には来ない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 68(本年第十八号 十一月十五日刊) ■2013年2月14日 木曜日 15時8分36秒

「ウオッチ・オブ・ジ・イヤー」の一位がブルゲの樽型

 毎年年末に近づいてくると、色々な賞が発表される。スイスにはウオッチ・オブ・ジ・イヤーというある時計専門雑誌が、しかるべき専門家を選んで、その年に発表された優れた時計に与える賞がある。その発表会が、この十月二十六日にジュネーブの高級ホテル、インターコンチネンタル・ホテルで六百人からの招待客の中で開催されている。今年で十九年目になる。一位がブルゲの樽型をしたムーン・フェイズ・レトログラート八八六〇というモデル、二位がロジェ・デュブイのベルベット、三位がカルチェのベニョフール・フォル(狂った浴槽)というおかしな、パンチの利いた名の時計。二百個以上生産されて、小売値が五百万円以下というのが条件だそうだ。その他の特別賞が、ジャガールクルト社全体に与えられ、広告表現で、ピアジェ、ロジェ・デュブイ、エルメスが表彰されたと巻頭に報告されている。
 こういった授賞式は一種のお祭り騒ぎだから、どうでもいいのだが、例え選考委員たちは第三者であるにしても、雑誌社主宰となると、大きな広告主ばかりが賞を得るのかという気になる。
 車でもカー・オブ・ジ・イヤーをもらった車種は鼻高々で広告をする。以前は、それが消費者の信頼を得るのに役立ち、売上にも貢献しただろう。ところが、今や車全体の性能が向上し、同じ価格帯なら、たいした違いがないことを消費者は知るようになっている。あとはデザインの好みの問題になっている。新奇性もあるが、売れるようになればみんな真似をしてすぐ解らなくなる。カー・オブ・ジ・イヤー、なんとスゴイ車であったものが、もうそれ程の権威はなくなっている。 
車だって性能よりも名前で買っているのだから。持っている人が車程その性能を体感することのない時計などは、益々その傾向が強い。腕時計の性能とはなにか、時間が正確であること、壊れないこと、デザインの美しいこと、付け心地の良いこと、これにつきる。精度において、電波時計に勝る機械時計は存在しない。性能において十分な腕時計は三万円もしない。一万円以下でも見つかる可能性はある。時計は性能の世界からすっかり離脱している。ファンタジーの世界だと言える。性能と価格を常に考えて行動するのは、実生活では必要であるが、その思考回路はファンタジーの世界では野暮という。 
  
ジェームス・ボンド映画五十周年とオメガ

 映画は完全にファンタジーの世界だが、今年公開される「007スカイフォール」は007登場以来二十三作目、五十年目になる。初代007のショーン・コネリーの出演した数作は全部ロードショーの映画館へ見に行ったから、自分の年寄り加減が痛感される。あと五人の俳優がボンド役をやっているが、やっぱりショーン・コネリーが一番よかったなと思うのは年のせいか。男の精気みたいものが発散していたし、活劇や男女のぬれ場だけでなしに、ロンドンの諜報部での上司達との交渉の場面も面白かった。私のベストワンは「ロシアより愛を込めて」である。時計は小道具として始めから使われていたが、オメガの名が使われたのは、一九九五年のピアース・ブロスナンのボンド役以来だそうである。新作のボンドは、ダニエル・クレイグでシーマスター・プラネットオーシャンというオメガをつけて登場する。オメガ社は単にこれを映画に提供するだけではなしに、記念モールとして、限定五千七個を売り出す。六百米防水、コアキシアル・シリコン製テンプ、「007スカイフォール」刻印入り。値は記事に書いてなかった。 
 ここからまた余談になる。記念限定モデルがいろんな製品で大流行である。確かに自分が非常に興味がある人物や出来事を記念するモノを購入したくなる欲求が人間の中にあることは認めざるを得ない。旅に出ると記念に人は土産物を、他人のためではなく自分のために買ったりする。銀婚や金婚の記念になにか贈りものをする。これはよく解る。 
 今は百貨店がみんな合併してしまって創業年度がややこしくなったが、ついこの間まで古い老舗が各地にあった。例えば、創業二百年になるから、二百万円で、二百個限定のこれこれの品物を売り出そうという安易な企画が出てくる。売れ残りは、大てい納入業者に押し付けられる時代だった。が意外にうまく売れるのが不思議でならなかった。銀行なども創業何年だから、記念定期預金をしてくれなどとよく言って来た。 
 売り手が勝手に、記念を決めて、売るのに、のるのは、浅はかと考える当方はへそ曲がりなのだろうか。それとも、きっと欲しい人がいる。一ヶだけでは勿体ないので、その人達のために限定してお裾分けをしていると考えるべきか。TXの通販でも、この品物は限定のため、在庫はあと何ヶとなりました。注文の電話を早く下さいなどと言っている。人は限定に弱いらしい。こっちは興味がないから、なくなったら買わなきゃいいと思って見ている。

クロノメーター調整コンテスト

日本の時計学校は、現在二校しかない。ロレックスが援助していたテクニカムは、休校になった。設備も先生もカリキュラムも素晴らしかったけど、十分な就職先を斡旋できなかったためのようである。あとは三年制のヒコみづのさんと近江神社経営の二年制近江時計学院。いづれにしろ、今のところ時計の修理工養成を目的にしていて、時計の製作までには至らない。
スイスの時計学校の目的は昔から時計の製作にあった。機械時計の近年の発達からまたその傾向が少しづつよみがえっている。今年で三年目になるが、この九月二十日に、モントルーのストラヴィンスキー館で最終クロノメーター調整の審査発表が行われ、八百人の関係者出席の場で三人の若者が、金・銀・銅メダルを得た。スイス国内十四の時計学校から、九十人の生徒が参加した。二月に調整すべき時計をキットの形で受け取り、七十七ヶが提出され、クロノメーター検査協会に回され、ISO三一五規格に合うか試験され、三六ヶが合格した。   
若者達が意欲を持って学ぶスイスの時計業界は、やっぱり少し羨ましい。日本でこれだけ沢山機械時計も売れて来た筈だのに、修得技術者の働き先がないとは、意外である。(栄光時計株式会社会長 小谷年司) 
■FH誌を読む 67(本年第十六号 十月十八日刊) ■2012年12月13日 木曜日 11時10分23秒

FHが行なっているネット上のニセモノ対策

 フランスの哲学者パスカルは人間を考える葦だと言っている。葦のように弱い存在だけど、思考することによって弱さを克服することができる可能性をもっているということらしい。動物にはできなくて、人間だけができる行為だから人間を定義すると、人間は遊びを知っているから、中世史家のホイジンガは、ホモ・ルーデンス(遊ぶ人間)といっている。
 近頃、夜中に目覚めてテレビを入れてみると、大ていモノを売っている。デパートの中で口上を述べながら売っていた人達がみんなテレビに移動してきている。イタリアのオペラ作曲家にドニゼッテイと言う人がいる。作品に「恋の妙薬」があり、いわゆる“惚れぐすり”にだまされる田舎者の喜劇である。テレビで上手な売り手の芝居をみていると、このオペラの惚れ薬売りの巧みな口上を思いだす。あ、欲しいな、と度々思うけど、手続きが面倒でまだ注文したことがない。電話であれこれ指示されるのも好きでない。しかし殆んどすべてのテレビでモノを売っているのをみると人間はモノを買うヒトと定義してもいいのではないだろうか。ストレスの発散に買い物する人など、犬猫にはあり得ない。 
 TX販売の大手「日本直販」の経営が行きづまったと最近の新聞が報じていた。ネット販売におされて売上げが減少したためという。統計をみると、確かにネット上の小売りの売上げは激増しているが、画面を開かないかぎり、気づかない。町中を歩いていると、コンビニの進出はすさまじく、このような業態が流行しているのは肌で感じられる。近頃は、金製品、ブランド品の買い取り屋さんもよくみかける。しかしネット屋さんはみることができない。多くの若い人達は机上の画面で買物をしているのだろう。今のところ、自社の管理下にないかぎりネット販売はブランド品にとって、見えざる敵である。特に本物とみまがう品物をネットで販売された場合はブランドの脅威となる。
 FHでは、対策室を設けていて、ネット上のニセモノ対策を講じている。     
Replicahause.com,fakesale.com,replica2u.com,watcheswellといったサイトが、これまで対応先として上って来た。二〇〇六年来これらのサイトを通じて、世界中に何十万個という数のニセモノ時計が販売されている。これまで、こういったニセモノ専門サイトは、法律によく通じていて警告を発しても馬耳東風であった。インターネットはおおむねアメリカ発で、アメリカの法律に従うのが通常である。そこで対策案は、七年前に発足したのだが、個々のサイトへのアプローチより、大元を絶つことにした。ここにあげた四つの代表的なサイト以外に怪しげなのが、百十三もある。そこで、各サイトのドメインを割り出し、サイトにアクセスできぬ手段をとるようになった。アメリカに「ヴェリサイン」という、ドットコムやらドットネットの登録を一手に扱う会社があって、この会社と直接交渉し、知的財産保護法を守るようドメインに協力を要請することになった。これによってニセモノサイトは、ドメインから追い出されるので、対策室は「大きな勝利を得た」と、今号の巻頭業務報告にあった。
 ドメインから追い出されるというのは、ショッピングセンターから法律違反しているから出て行けと命じられる店舗みたいなものだろう。ネットに展開する技術があれば、すぐに次のドメインに移れそうだが、大元の「ヴェリサイン」社をおさえているから大丈夫ということなのか。果して、大元はもっとあるのか、ネットにくわしくない私はさっぱり解らない。
 ニセモノ退治はFHの大きな仕事の一つで、この部門の人達が九月に香港で開催された時計見本市でも活躍したとの報告が、この号に載っている。同じく九月に宝飾見本市が開かれるので混同されやすいが、時計とクロックの方である。今期は九月五日から九日までの五日間。業務を委託された委員たちが、あの広い会場に展示された七一二のウインドウを綿密に商標や商号登録(香港における)の違反が無いか、スイス二十三社の要請で調べ上げていく。今年で四年目という。費用がかかることだが、やっと成果が上がり始めたという。スイスで人気のデザインコピーらしきものが、あちこちで出てくる傾向らしい。昨年流行したものが今年は無くなったりする。このあやかりたい心情は分からぬものでもない。
 東洋人はおおむね、ニセモノや似たようなものには対して寛容である。骨董の世界などニセモノは常識で騙された方が悪い。偽者が出るほど、立派だという感覚もある。ニセモノ、コピーを悪とする思想は、西洋の個人主義の産物であろう。個人の権利が確立した社会からやってくる。これ街角で買ったニセモノだが、安い値で上手く真似してあるなあということが、ユーモアでなくなり、犯罪となった。香港の見本市開催当事者がこのような外部の調査を受け入れているのも時代の流れだろう。
 さて、見つけ出した違反は五十一件、そのうち四十六件が見本市側に提訴。弁護士達が審査して二十八件が、検討に値すると判断され(昨年は三十二件)十八件は却下された。罰はというと、悪質出展者は、翌年出展を拒否される。

今年のガイア賞、受賞者たち

 毎年、春分の前の木曜日(今年は九月二十日)、ラ・ショードフォンの時計博物館が時計関係者にとっての芥川賞のようなガイア賞の受賞者を発表する。
 今年は時計技術者としてエリック・クードレ、時計史研究者としてフランチェスコ・ガルーフォ、経営者としてフランコ・コローニの三氏が選ばれた。
 経歴を見ると三人は共に相当変わっている。写真で見てもみんな肥満型の愉快な人物らしく、「陽気さと冗談が会場に満ち溢れた」と報告されていた。
 クードレは、ジャガールクルト社で新型アトモスの開発、ジャイロトゥールビョンの発明などで知られる技術者。ガルーフォは、画商やら雑誌編集者を経て、一方ニューシャテル大学で歴史・考古学・政治学を専攻し、ベルフォール・モンベリャール大学院で経済歴史学を学んだ。博士論文は、スイス時計産業と移民を論じた「時の用途」であった。
 コローニは、日本でもおなじみの方が多いだろう。イタリア人でミラノの有名なカトリック大学の歴史演劇部の教授であった。その後、カルティエに入社してリッシュモン・グループの時計部門拡大に大いに寄与した。忘れられたイタリアン・ブランドパネライを復活させている。ジュネーブサロンの発案もコローニである。二〇〇年来カルティエの社長であり、バセロン・コンスタンタンの社長でもある。ミスター財団と言われるぐらい社会貢献の為の財団をいくつか作っている。印象を求められて、クードレは、「アイデアはたくさんあるけど、足らないのは金主だ」といい、コローニは「工業社会でも発展させるのは、資金ではなく人材だ」と述べている。(栄光時計株式会社会長 小谷年司) 
■FH誌を読む 65(本年第十五号 九月二十七日刊) ■2012年12月13日 木曜日 11時3分35秒

相変わらず続くスイス時計産業の好調

 相変わらずスイス時計産業の好調は今年度も続いている。今年前半の金額増は、前年比十六%であった。八月の工場は夏休みだが、それでも輸出の方は十二・七%の伸び、金額で十五億スイスフランになっている。
 好調の原因は、単価の高い金時計で、輸出値でニ百フラン(小売で五万円)以下の時計は売れていない。五%の減である。二百〜五百フラン(小売で五万円〜十三万円)が十%増。その上、百万円(三千フラン)の小売上代ぐらいまでが、やや不調で、昨年並みから少し下降。なんと百万円以上が二十一・五%となっている。
 米国と香港向けが好調で、欧州特にフランスとドイツも同様、二ヶ月ばかり前年比を落とした中国も復調、シンガポールは最下位といった報告が出ている。
 実は日本のメーカーも円高にも拘わらず、スイスはフラン高で日本とは、同じ悩みを抱えているのだが、輸出は健闘している。しかし売上げの半ばを占める国内市場がはかばかしくない。それに百万円以上の日本製時計は輸出しても買手が稀少である。スイス製の弱い低価格市場の上の部分を日本製が担当している。つまり優れたクオーツ時計。
 今号には、スイスの時計産業労使協調機構が実施したアンケートの結果が出ている。十名以上の従業員がいる二百八十社を相手に調査したもの。これで従業員総数は三万六千六百二十人となり、産業全体の八十一%をカバーしている。企業の発展のために、どんな職種が今後五年間に必要とされるかということを、職業教育のプランを実施するために問うたものだが、必要度の順番に書くとこうなる。@精密機械工(マイクロメカニシアン)、A組立工、B文字盤製造工、C外装仕上げ工(彫刻装飾などを含む)、D精密技術の設計・製造工となる。日本のメーカーでは、これら全ての職種が社内に包含され、社内で問題が解決されるから、こんなアンケートはお役人の遊びにしかならないだろう。
 調査の結果を分析して、今後五年間に、約三千二百人の、直ぐに仕事の出来る職工が必要とされることが判明した。そのうち二千名は、各社内で訓練中で、補充可能である。残りの千二百名を補うのが外部公的機関の仕事になっている。面白いのは、日本では専門の大学や高校を出ても直ぐに役立たない。社内でニ、三年は職工としての教育を施さないと使い物にならないのが常識である。ところが徒弟制度の本場みたいなスイスでは、社内で育つのが四分の一で、後は、即戦力になる学校出身者が、もしくは資格保持者らしい。いずれにしても、全体として十%近くの人員増が五年間で期待されているのは、リストラ全盛の日本から見ると羨ましい。
 こういった報告を読んでも、日本と異なる点を感じ取ってしまう。日本ではまず、高校・大学では一般教育が中心で、ある種の技能専門家を育てて、卒業して直ぐ役に立つ人材を、医学系以外は育てなく、専門学校制度が、その側面を担っていることである。最も、これには良い面も悪い面もある。
 もう一つ、こっちの方が大切だが、官民協力が日本ではチグハグである。特に中小企業関係では、役所は役所、企業は企業で、相手を信頼してなく、問題を同じ立場に立って解決しようという提案がごく少ない。結局は助成金になってしまう。アンケートなどもよく出てくるが、何の為かよく分からないのが多い。その点、隣の芝生が美しく見える例かもしれないが、スイスでは官民協力して同じ目標を作り、ステップごとに両者で検証している気がしてならない。スイスでは、国も小さく、人口も少なく、かつ地方性が強いから人と人との距離が近くなる。

農村で作られていた時計

 以前にリズム時計の社長をしておられた大津学さんに電話で教示してもらったのだが、リズムの前身は農村時計といって、キリスト教社会改良家であった賀川豊彦氏の発案で春日部に近い庄和町で始まった工場である。戦後、若い復員兵も戻ってくるし、農夫には休閑期がある。戦後海外から六百万人が帰還した。丁度スイスのように農村で時計を作れば、仕事もできるというのが理念であった。賀川は神戸にいた時スイスの生活協同組合を習って、欧州風のコオペテティヴ(COOP)を作った。後年、日本最大の組織となる灘生協である。関西では、ダイエーが出てくるまでは、スーパーの生みの親であった。現在でも阪神間に長く住んでいる人は、我が家を含めて共同組合であり、そのスーパーでの購入客である。組合員の利益を目標にしている店だが、利益を目的とする企業スーパーと値は変わらない。商売の不思議なところ。私はかってアルバ販社の社長であったが、社内規定に従って自社製品を買うより、納入先のヨドバシカメラで買った方が安かった。
 スイスでは、元々時計は家内工業であった。しかも部品の分業で最終的には組み立てと完成品にする家が販売を専門にする店へ行ってカウンター越しに売るのが通例で、販売会社はカウンターのフランス語でコントワールと呼ばれていた。ジュネーヴは都会で、部屋(キャピネット)の中で、時計が完成されたから時計師は、キャビノチェといわれていた。時計製造はジュネーヴから始まり、色んな歴史的な要素があって、東上し、山地、ジュー渓谷からジュラ地方に拡がっていった。渓谷といっても、川に沿った平地で、斜面のきつさを意味しない。流域といってよい。このあたりは半年近く雪が積もっているので、農民はその間することがない。屋内で仕事が出来る時計とか、レース編みといった手仕事が盛んになるのは当然のなりゆきであった。現在でも、かって時計を作っていた農家が残っている。それは南向きの小窓が沢山ついているので直ぐ分かる。こういった時計作り農家は一七六〇年頃から、クォーツ時計が出現するまで、勢力を徐々に減じながらも生存していた。
 この当たりのコントワールといえば、ラショードフォンとかルロックルにあった。冬のアルバイトに時計を作っていた農民たちも次第に土地を売って時計専業になってきた。一九〇〇年前後、例えばこの地域にあるレボワという村落では、一四五〇人の人口のうち六百人が時計業に従事して、年間ニ、三万個を作っていたという。勿論懐中時計ばかりである。現在、ボェシェというところにあるこんな時計業の農家の一つを文化遺産として保存するべく博物館にしようとする動きが、熱心な個人と公共団体とが協力して進行している。レストランを併設した観光施設として来春オープンされる予定である。昔は時計博物館といえば、ルロックルとか、ラショードフォンぐらいしかジュラ地方にはなかったが、あちこちに小さいのが出来て、時計街道を形成するようになっている。観光と自国民が誇りを与えるには、良い企画と思えるようで、地元の新聞は大々的にこれを報告している。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 64(本年第十三号 八月三十日刊) ■2012年9月27日 木曜日 14時44分15秒

休暇と国民性は大いに関係がある

 今年の夏は、実に暑かった。特に厳しい残暑が九月中旬まで続いた。毎年、夏がずれ込んでくる気がする。スイスの夏は実に心地いい。それでも人々は夏休みをとる。FH誌も八月一杯は休刊。工場も大抵夏休み。日本人の眼からすると、スイスでは夏になると、時計工場の人は誰も働かない気がするけど、現状はどうなっているのか。
 丁度この号に、来年の休暇について、労使の合意を伝えている。それによると、年の休暇日数は従業員にとって六週間。企業の一斉休暇は七月の十五日から八月三日までの三週間。企業によってその前後、どちらかへ一週間を加えるようにと協定はすすめている。だから七月十五日から八月十日まで休みの企業と七月八日から八月三日まで休みという企業と二通りある。いずれにしろ、一つの企業は四週間休みだが、前後一週間はずれるので、五週間は休んでいるように外からは感じてしまう。かなり小さな企業でもこんなに休む。後の二週間の休暇は、各自が取るようになっている。
 日本の労働基準法でも、勤務年数が七、八年にもなれば、有給休暇は四十日あるから総日数はスイスと大差は無いが、四週間も続けて休みを取るサラリーマンはほとんどいないといってよい。スイスのように国土が狭く、業界が纏っているので一斉休暇が取れる。日本でも企業が丸ごと三週間ないし、四週間閉めてしまえばサラリーマンは休まざるを得ないが、今度は企業同士の競争が出てきて、そうは行かない。
 ヨーロッパ人にとって休暇は神聖である。週七日のうち日曜日を安息日としたキリスト教の教義を拡大解釈したものだろうか。ついこの間もスペインへ遊びに行った友人が、国家の経済は破綻寸前で、失業率も高いのに、いい若者がバカンスと称してあちこちでぶらぶらしているのが多いと報告してくれた。
 日本人にとって幸いなことに、働く事は大切だとまだ大多数の人が思っている。年に四十日の休暇といっても、そうは休めないよ、というのが一般サラリーマンの平均感情だろう。いかに儲かっている企業の経営者だって集中的に休んだっていいと思っても、ウチだけではなぁというのが本音であろう。実は私の会社でもバブルの頃、七、八月の二ヶ月で予算を決めたら、早めに到達した卸営業部員は休暇を大いに取るだろうし、会社もソンはなかろうと実行してみたが、うまく行かなかったことがある。
 休暇と国民性は大いに関係がある。欧米人にとっての休暇は、本当にレジャー(閑)であって、なにもしないことにある。日本人は閑を利用して、忙しい旅程の詰まった旅行とか、郷里へ帰るとか忙しい。閑においても勤勉である。アングロサクソン系の金持ちは、かってレジャークラス(暇な階級)と呼ばれ、何も生産にかかわらず遊んで一生暮らし、それが一般人に羨ましいとされていた。もし暇な人がいれば是非ヴェブレンの名著「有閑階級の理論」(ちくま学芸文庫)を読まれんことを。日本では、この種の人は、むかし、高等遊民と呼ばれ軽蔑された。今のお金持ちは、お金儲けに忙しい。忙しいのは、富むものにとっても貧しき者にとっても日本人には美徳である。
 二十年ぐらい前になるが、まだお元気だったサントリーの佐治敬三さんが、ある小さな会合で、作家の開高健の思い出を話してくれた。佐治さんの下で開高さんはPR雑誌を作っていた。日程の打ち合わせで、びっしり予定の詰まった佐治さんの手帳をみて、こういったそうである。「なんやこれは、犬の生活やないか」

スイスの対中国貿易

 まだ尖閣諸島の国有化が実施され、今の日中両国間のゴタゴタが起こってない前の七月の初めに、スイスから経済大臣のシュナイダー・アマンが主導する使節団が北京・上海を訪問している。スイスと中国の間だから政治問題は無く、主として貿易や投資問題が主目的である。FHの代表も参加して、その報告が巻頭に出ている。
 スイス政府の中国経済の見方は、こうである。今年の第二四半期、中国の経済成長率は七・六%と八%を切った。中国はヨーロッパの不安な経済状況のせいとみなしている。八%以下だと失業率が増え、内情は不穏になると考えられている。中国政府は、公定歩合を下げ、最低賃金を上げ、貸し出しを容易にする政策を取っているが、静観的で急場のしのぎにはなってない。
 長期的な見方をすると、中国はこれまでの外国よりの投資と輸出依存から抜け出して、国内需要の喚起、エネルギー資源の開発、ハイテク産業の発展に向かわねばならない。時計産業に取ってみると、輸出国として中国は第3位だが、現実には、中国人がスイス製の時計の二個に一個を買っている。中産階級は現在、一億五千万人と推定されているが、二〇二〇年には四億人に達すると見られている。世界で最も魅力的な市場と言ってよい。
 使節団の一員として中国と交渉したのは、ニセモノの摘発、特に南の香港に近い東莞、珠海、深セン三都市の製造業の監視強化で、これは協力の約束が得られた。こんな交渉が公式に行なわれるのは、今でもニセモノがどんどん作られているのだろう。もう一つは、時計の一万人民元(十二万円)以上にかけられている二十%の物品税の撤廃交渉だが、これは不調に終わったとあった。今年中に後二回、両国の間でこの貿易交渉が行なわれる予定とみられている。

ブライトリングの近況

 つい数年前までは、時計の世界ではブランドによって身分の序列が長いこと固定していた。特に高級品では、パテック、ロレックス、オメガなど、知る人ぞ知る名前が上位を占めていて、新しいブランドが、その階層に入り込むのは考えられなかった。ところがこの十年で新しいスターが輩出してきた。その代表がブライトリングで、一八八四年にレオン・ブライトリングという人がクロノグラフの製造を中心として創業した時計工場である。はじめからプロペラ機のパイロットたちに愛用され、その世界では良く知られていた。会社は三代続いたが、クオーツの時代になって、精度の点で、機械時計は敵はないと見たのか、孫のウィリーは、会社の在庫と名前ごと(八十四カ国で商標登録済み)を一九七九年に売却してしまった。その値はたったの六万スイスフランだった。今なら高めの時計一個分の値段である。買ったのは現オーナーの先代にあたる、元パイロットの電子技術者で、当時はピンレバーの安物時計を作って財をなしたエルネスト・シュナイダーという男で、当時五十八歳。クオーツにピンレバーは将来対抗できないとみた賢い、かつ幸運な決断であった。
 今の社長は、二代目のテオドール・シュナイダーだが、事実上の経営は、入社二十年目の副社長ジャン・ポール・ジラルダンが腕をふるっているらしい。彼とインタビューした新聞記事が今号に転載されている。
 内容としては、これまでスウォッチから買っていた主力ムーブメントを自社の工場で作れるようにして、独立性を保ったこととか、ブライトリング専門ブティックが必要で、スイス、ドイツ、日本が主要な市場だったのが、近年かなりグローバルになってきて、中国にも年内に三店舗作る計画であるとか、常識的な答えが多い。かなり核心を突いた質問が多いのに、うまく優等生の受け答えで、はぐらかしている印象を受けた。かなり頭の良い人である。ただこれまでのように外部の多くの工場の協力を得て時計を作るよりは、自社内で作る方がコスト高でもずっとイノヴェーションがやり易いといっているのは卓見である。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)

■FH誌を読む 63(本年第十二号 七月五日刊) ■2012年8月31日 金曜日 15時58分59秒

私にとって一番暑い夏は1985年であった

 関西では、7月17日の祇園祭から25日の天神祭までの間が一番暑い一週間とされてきた。そのあと8月16日、京都大文字の送り火でひと夏が終わる。その頃になると,ひぐらし蝉が鳴き始める。波が高くなって海水浴が危険になる。街角では、盆踊りの台が作られる。さあ、まだ夏休みの宿題が出来てない。これが私たちの少年時代の長くて短い夏だった。
 しかし現在では、夏の暑さが8月にずれ込んだ気がする。8月になっても今年もまた暑い。私にとって一番暑い夏は1985年であった。8月12日に日航機が群馬山中に墜落した。その便に弟が乗り合わせていたのである。藤岡という町に対策本部が設けられ、遺体らしきものが、見つかるまでの一週間この昔の宿場町で過ごした。カンカン照りの日が続き、終日ヘリコプターが頭上を飛びまわり、本部のあたりで家族たちは、日航にくしの殺気に満ち、死臭が当たりに漂っていた。そのときもメディアは日航の危機管理の甘さをなじった。
鉄の塊である飛行機が空を飛ぶのは、そもそもおかしい。確率は少なくても必ず落ちる。一番安全とされる旅客機ですらもよく利用する人で落ちるのかもとの恐怖感に飛行中襲われなかった人はいないだろう。それでも人々は空便に乗る。早くて便利だから。海外旅行に船で行ったら、時間はかかり、高くつく。勿論航空会社側の危機管理は重要だが、乗りさへしなければ、危機もヘチマもない。人生はその他の危険に囲まれているけれど。また私のように飛行機事故は一瞬だし、運命みたいなものだから、もうそろそろいいかと思って諦めながら乗る人もいるだろう。
 事故というのは、福島原発の時のように大抵想定外である。小さな自動車事故でも、運転者にとっては想定外の出来事だろう。想定外のことが事故が契機で、想定内に入る事によって技術は進歩する。技術の進歩には必ず犠牲を伴う。

企業における危機管理の話

 危機管理という言葉は、人身に関するものという誇張があって、企業経営においてはリスク・マネジメントと表されている。何度かその講義に通ったこともあるが、講師の方々は、常にリスクを回避することがいかに大切かが強調される。然し、技術もそうだが、企業でも他人の怖がるリスクに挑戦してこそ発展がある。籠城戦では、敗戦は避けられるかもしれないが、打って出た方がリスクは高くとも、勝ち目もある。お役所に何か新しく取り上げてもらおうと出かけると、前例がない、私の権限ではないと責任回避に直面する。リスクマネジメントが行き渡っている。私の権限ではないが、面白い提案だから権限があるところに同行してあげましょうという人に会ったりすると地獄に仏である。まあ有得ない。
 しかし企業を経営していると思わぬ落とし穴に嵌ることも多い。正しいと思ったことが、世間には通じないことがある。そこでコンサルタントの出番が来る。今号のFH誌には、新しいリスクマネジメント・コンサルタント会社の一頁全面の記事広告が出ていた。主張が要領を得ているので紹介する。
 企業におけるリスクとは何か。まず可能性のあるリスク、想定できる限りのリスクを列記する事に始まる。この段階で既に他人の目が必要とされる。隠れたリスクを嗅ぎ分ける鼻は、他人の方が優れている。リスクのリストが出来上がると、そのリスクによる損害額の計算をする。同時に発生確率も。発生確率が高くても、損害額が少なければ社内で処理する事にする。滅多に起こらないことだが、被害額が巨大という場合には保険に頼る。
 この広告記事を出しているのは、ニューシャテルにあるケスラーというコンサルタント会社である。時計のリスクとは、人命に関する事はないが、ケースに使う金属がアレルギーを起こさせたり、電池が漏液したり、知らずにデザイン盗用になったりといったことだろう。実は、原材料から製品までの製造上の一連の流れ、また出荷から世界中の消費者に渡るまでの過程を精密に分析する組織(ビジネス・コンティニュィティ・マネジメント)があって、それに頼るとかなりのリスクが回避されるらしい。
 ケスラー社では、解決できない問題はニューヨークに本社があるマーシュ・アンド・マクレナン社に協力を依頼するから安心されたいとあった。なんと、このアメリカの会社は百カ国以上に展開していて、5万2000人のリスク管理専門家がいるという。早速ネットを見てみると東京や大阪にも支店があって、特殊なリスクのある保険を引き受ける保険会社で、グローバルリスクに関しての最大手という。中小企業の親父には知らないことが多すぎる。
 この稿を書いているときに、ロンドンではオリンピックが進行中である。前の北京オリンピックは、全てが過剰であり過激だった。開会式を見てショー業主義はここに極めりという気になった。中国の権威をかけた演出だった。その点ロンドンでの開会式は、両方ともテレビ画面で見たに過ぎないが、洗練されていて良かった。各国の選手が次々とグランドに入ってくる入場式はやはり感動する。人間皆同胞の感がある。経済を活性化させるのが主目的のオリンピック招致は下らない。やっぱり古代オリンピックのように平和理念が無ければならない。私の大阪は、理念なくして計算一方で、招致運動をしたから、ものの見事に敗退した。オリンピックが来ても、うるさいだけだと考えた多くの大阪人は、心中快哉を叫んでいた。でも、東京がもう一度開催地になって欲しいと思う、理念の共感によって。カジノを作るよりずっと良い。
 東京でオリンピックがあった年は、1964年で、セイコーが始めて公式記録計時装置となった。東海道新幹線が開通し、京都と大阪の間で初めて高速道路が出来た。私は大学院に籍を置きながら、父の会社でも仕事の真似事をしながら、給料を貰い始めた年である。
 時計ではまだオメガの全盛時代であった。その前年父とビエンヌの工場を訪れた時、父は年間の生産量を質問した。120万個という答を聞いた父は、安心したような表情をした。セイコーは確か200万個ぐらい作っていたからである。当時は量の時代であった。量の時代はバブルがはじけて21世紀に入り、完全に終わっている。オリンピック招致も、ゼネコン思考に促されて昔の夢再びと、利益誘導を考えるときっとうまく行かない。
 今のスイス時計の繁栄は、多くのプレイヤーが参加していることと、イメージの優先に起因している。国内ではマラソンで言うと、セイコー、シチズン、カシオ、オリエントと四人のランナーしか走ってない。量の時代ならまだしも、つまりマラソンを見ることが出来ればいいといった観客がいる間はいいが、これでは今の観客は満足しないだろう。世界の中でどこまでのプレーヤーになれるかを考えるしかない。
 さて今回のFH誌巻頭は、好調のスイス時計産業を反映するFH年次総会の報告書である。ダニエル・パッシェさんが再選されたことを伝えている。パッシェさんは、権力者というよりも国連の事務総長という性格の人である。今の流れにぴったりである。
 昨年一年のスイス時計の輸出総額は193百億フランで、前年比19・2%増、個数にして3000万個、前年比14%増のかってない記録であり、今年も好調を維持している。  
 然しスイスフランのユーロに対する高騰は、利益を押さえ込むので、スイス銀行の介入が要請されている。本年度は六割以上スイス製でないと、メイド・イン・スイスとしない法案の策定を政府と協力することや、決算・予算の承認、新役員の選出などが議題に上り、あとはジュネーヴの金融についての講演で、100名以上参加し、ソロトゥーンという町で行なわれた総会は、お開きになった。総会などというものは、どこの国でも似たり寄ったりのようである。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 62(本年第11号 6月12日刊) ■2012年7月30日 月曜日 14時7分31秒

フランスの詩人 ロンサール

きみに贈ろう、この手作りの花束を、
生き生きとして鮮やかだろう。
今日の夕べに摘んでおかねば
明日は萎れてしまうに違いない。
きみの美貌も同じこと。
僅かな歳月過ぎ行くうちに、
今の盛りは、もう昔。
この花のように突然に。
時は過ぎ行き、時は行く、
いや時ではなくて、行くのは僕ら、
そのすぐに、墓の中。
今は、アツアツの僕らだが、
死んだ後では噂にもならん。
愛してくれるのなら、今しかない。
美貌輝くこの時に。
 
 夏の暑さしのぎに、ロンサール(1524〜1585)の詩を訳してみた。高校の教科書には必ず出ているから、フランス人なら誰でもこの詩を知っている。ロンサールの時代は、宗教戦争が激しかったころで、新教徒(ユグノー)の階層が多かった時計職人たちがフランスからジュネーヴに亡命して、スイスで時計を作り始めていた。
 先日のある会合で時計の話を一般の人を相手にする事になった。その内容を考えているうちに、時計は時間を計る道具だから、まず時間の定義から始めるべきだろうという気になった。ところがこれが中々難しい。人生の定義を考えるのに似ている。時間の存在は誰でも解っていても、見たり触ったりは出来ない。今私たちは、といっても、その今は直ちに過去となる。将来はといっているうちに、毎秒未来が来る。この詩の中にあるように、時が過ぎ行くのか、私達が過ぎ行くのか、よく解らない。 
 犬の一生は人間の五分の一ぐらいの長さである。犬にとって時間は、一生という観点に立つと5倍早くたつ。犬の一時間と人間の一時間は同じだろうか。人間でも若死にする天才がいる。音楽家でいうとシューベルト32歳、モーツアルト35歳の短い生涯だった。然し、その間に並みの作曲家以上に多くの曲を作り、完成している。こういった人たちは、色んな分野でたくさんいる。彼らの時間は、私のような凡人のと、等質であろうか。昔読んだハイデッカーという哲学者の「存在と時間」という本を取り出して見たが、昔同様歯が立たない。仕方がないので話は木田元という人の解釈でお茶を濁すとした。「人間とは、今現在の状態とこれからなれるかもしれない理想の状態との差に悩み続け、現在を生きながら、同時に過去と未来を生き、しかも何時くるかもしれないが、確実にやってくる死を常に意識せざるを得ない存在である。」
 時計の歴史を話した後、この言葉を引用して時間は個人によって大切さが異なる。ゴルフのパターだって、中古の安いものもあれば、十万円するものもある。ノンゴルファーの私はどっちで打っても同じだろうと思うが、ゴルファーにとって道具は大切である。人生の時間を大切と思う人は、是非高価な時計を買ってくださいと我田引水なオチで締めくくった。

スイスでの労働運動

 スイス人は一般的に勤勉だし、性格が温厚な人が多い。詩人のロンサールの頃、ジュネーブには厳格な新教徒による宗教的かつ闘争的な政権ができたが、その主導者であったカルヴァンは、もともと北仏のフランス人であった。スイスの時計産業が発展したのも、長い間労使協調が基本にあったからである。労働者には、ストライキ権があり、雇用側にロックアウト権がある。これがまともにぶつかると労働争議となる。フランス人には、ラテンの血が流れていて、直ぐに赤い旗を立てたがる。スイスからほんの山一つ隔てた隣国フランスの時計産業が二十世紀に入って崩壊したのは、殆ど労使争議が原因である。
 スイスでも、争議が二十世紀の初頭にあったようだが、1937年、多くの分野の産業の労使が包括的な協約を結ぶ試みが始まっている。日本の年号では昭和12年、日本の軍部支配が本格的になり始めている。日本は敗戦後、スイスほど包括的ではないが、鉄鋼・鉄道・電器産業などが、経営陣と組合側が一括交渉していたのと同じである。ただスイスには、下請けという逃げ道が少ないので、労働者全体の待遇が良くなり、スイス国民の生活水準が高められたといえる。勿論、労働協約の中心となったのは時計産業を中核とする機械製造に関する企業とそこに働く人々の間での話し合いからであった。
 今号には、この5月15日にニューシャテルの湖畔にあるボリューヴァージュ・ホテルで、この協約発生、75周年記念行事が、時計業の労使で作る協約委員会の提唱で行われたという報告が巻頭に出ていた。この協約に参加している企業数は四百社、従業員は四万五千人。三百人からの出席者で盛会だったと言う。出席した大統領のシュナイダー・アマンは、階級闘争が蔓延していた時代に、このような協約が出来た事は、スイス産業の健全な発展に大いに寄与したといえる。それは、現在の3%という低い失業率にも現れていると発言したと伝えられている。この資料展が今年の後半に、ロンジンの時計博物館(9月24日〜10月24日)など、他二箇所を巡り最終的にはジュネーブ(11月15日〜12月15日)で催されるらしい。
 思えば資本家は労働者を必然的に搾取するというマルクスの考え方に、日本の労働運動は長い間、とらわれてきた。75年前は、資本があるだけで、利潤が得られたかもしれない。しかし、お金があるだけでは駄目で、それに経営という力が無ければ利潤が出てこなくなった。だがこれは、モノやサーヴィスを作る世界での話である。勿論人間が生きている限りこういう世界は、必要である。しかし、利潤という面から考えると、脱工業社会になって、会社を丸ごと買うことから始まって、株やデリヴァティブの売買、お金でお金を買う(通貨操作)方が手早くなった。ここには搾取すべき労働者も殆ど存在しない。カジノはカジノの従業員を搾取して、利益を得ているのか。答えは、マルクスの時代からでもノーである。金融投資の世界は、どう考えても一種のカジノである。
 FH誌からつい思考が外れてしまった。今号にはスイスのヴァレ・ド・ジュにあるハイテク博物館とか、ジュネーヴの時計博物館の案内といった夏休み向けの記事もあった。また時計の文字盤だけ作る工場の話が二箇所出ていた。興味深いルポタージュだったが紙数が尽きて触れることが出来なかった。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 61(本年第10号 7月12日刊) ■2012年7月25日 水曜日 16時22分48秒

自由競争の国

 独占禁止法というのは自由主義国アメリカの得意芸の一つで、その精神つまり色々な制限を排除して各々に競争させる市場経済が今のところ世界を席捲している。小泉政権の経済政策は全くこれに従っていたといっていい。100%市場経済が果して良いのか今やかなり疑問となりつつある。何でも極端というのは障害を必ず伴う。日本の公正取引法もアメリカの強い影響下で出発している。むかし一度私もごく些細なことで景品表示法違反で訴えられ、法廷に立たされたことがあったが、公正取引委員会というのはかなり生温い団体であった。しかし、こんなものはあんな風に穏やかの方がいいと思っている。
 アメリカは以前からデ・ビアス社のダイアモンド独占を目の敵にしていて、デ・ビアス社が独占放棄を事実上宣言する12年程前までは、米国内でデ・ビアス社の社員に社業を執行する為の入国を許さなかった程である。ダイアモンドは石油や食料品のように生活必需品ではない。独占がなくなり、誰が得をしたか。消費者も業者も鉱山すらも得をしたとは思えない。たんに金融資本の勝利となりつつある。
 スイスの文化事情も日本に似たところがあって、法律よりも土地慣習や常識が先行するところがある。スウォツチグループには、ムーヴメントだけを作る製品メーカーに供給する工場が昔からある。自社傘下のブランドに競合する相手に何故売るのかと、亡くなったハイエックさんが供給停止を10年期限で宣言した。これが独占禁止法に抵触するだろうか。アメリカでは必ずなるだろう。スイスの法律ではかなり微妙となる。事実上、ある程度の事実関係の審査には入ってるだろうが、進展は遅い。友人のスイス領事に聞いてみると、スイス政府はあまりかかわりたくないし、スイスの公正取引委員会も強くない。なにしろ輸出が命のスイス産業の発展に役立つかどうかの方が大切ね、という返事だった。これが本音だろう。
 今号のF・H誌には、FHの総会で独占禁止法の国際協力に参加は反対という立場をとると声明した、と会長のパジェさんが書いている。現在好況下にあるので、供給を停止されたメーカーは自社工場を拡充または新設したり、新しい下請け工場をみつけたり全体として時計産業は発展し雇用拡大につながっている。
 例えば今号でもタグホイヤー社が百人規模の二千平米の「1887」という機械ムーヴメント工場を来年新設するという記事がある。
 またジュラ地方の新聞に載ったたった6人の高級時計専門の下請け工場「ウォッチ・マスターズ社」に関する記事が掲載されている。組み立て・修理・クロノメーター規格の時計設計など、ほかの高級ブランドの為に諸問題を解決するために大忙しと書かれている。
 一方で、タグホイヤーのように一貫生産の垂直化を推進する動きがあり、一方ではこのようなスイス伝統の分業化の動きもあって、この共存がスイス時計の強みを形成しているように思える。
 アメリカの主張するグローバリゼーションが必ずしも正しいとはいえない。自由競争の中に規制がある。親しき中にも礼儀ありが、いいのではなかろうか。
 ちなみにスイスの公取委員会は、ムーヴメントの供給を今年終了するところを、来年までもう一年延長することを、スウォッチグループに命じている。この報告がこの号に出ている。

スウォッチグループの株主総会など

 スイス時計の輸出は、この四月をとっても、昨年同期が30%も伸びたのに比して7・9%だから、やや勢いにかげりが生じたが、好調といっていいだろう。牽引したのは、平均単価3千フラン以上の宝飾時計の分野で、個数では7・7%、金額で16・1%増という。相手国はもちろん中国で26・8%、香港が6・5%増という。
 絶好調だった前年度のスウォッチグループの決算はどうなったのか。この5月16日に株主総会が開かれ、2千3百万人の株主が地元の国際会議場に詰め掛けたそうである。その様子を地方紙が報じている。売上げ総額が、史上初めて70億フランを越えて、前年比0・9%増の71億4千3百万フラン。為替差損がなければ殆ど8千億フランという数字。純益10億2千7百万フランで、1千億を越す。2千3百人も株主が集まったのは、東京電力の総会のように会社側を問詰するためでなく、狂熱を共にするためだろう。
 社長のニック・ハイエックは、「この成功のお陰は、全世界の直営店の努力と得意先小売店の協力の賜物」という。スイスフランの高騰、金、ダイヤ等原材料の値上がりなど、難しい時期にあるが、新規投資に約6億フランを決定している。今年はオリンピックの年だが、競技で世界新記録を目指すスポーツマンのように、スウォッチも次から次へと新しい記録を塗り替えていく覚悟である。
 今年2012年も好調に経過している。また今、議会で最終協議に入っているスイスネス法案も、60%以上の国内付加価値をスイス製とする案は弱すぎるが早く法制化されることを希望すると、意気軒昂である。
 株主の一人が立って、今年のバーゼルフェアに行ったがスウォッチグループの中には、中に入れてくれないブースがあったと不満を述べた。あれは商談のためのブースで、もしも2千5百人の株主がやってきたら,時計は売れなくなってしまうというのが、社長の弁解であった。この巧みな切り返しやユーモアは、日本の社長さんにはないでしょうな。ユーモアのある方も多いだろうが、場所柄を弁えることを日本の社会が要請するのだろう。下手なユーモアを発揮して答弁すると大臣は直ぐクビになる。
 リッシュモン・グループの昨年一年の決算報告が簡素に出ている。同じスイスに本拠を置く、こっちの方が総売上では時計ばかりでないせいか、スウォッチより大きい。88億7千万ユーロ、純益15億4千万ユーロ(千六百億円)。いずれにしろ驚くべき数字である。カルティエとヴァングループで46億ユーロ(4千5百億円)。その他ピアジェとかジャガー・ルクルト、などの時計で23億ユーロ(2千3百億円)。いずれも前年比三割以上売り上げが伸びている。つい先日ロンジンのフォンケネル社長と個人的な夕食を共にしたとき、年商が10億フラン(8百億円強)を超えたと喜んでいた。
 ちなみに今手元にある今年3月のセイコーの決算年次報告書を見ると、全体の売上げが、約3千億円弱、純益はなく戦略上の赤字110億円(来年は純益50億円の計画)。時計だけの売上げを見るとウオッチ1100億円、クロック100億円。シチズンの時計の売上げは、1300億円前後と推定される。技術力は必ずしも収益力につながってない。マーケティングにしてもはじめから全世界をひとつとして考えるか、国内と海外と二元的に考えるかの出発的の差が出てきているのではなかろうか。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)  
■FH誌を読む 60(本年第9号 5月24日刊) ■2012年6月28日 木曜日 14時59分34秒

二年ぶりだったが、やっぱりパリの五月、六月は美しい

 六月の始めに、パリに行き一週間余りヴァンドーム広場に近い高級ホテル・宝石商の並ぶリュ・ド・ラペ街のアパルトマンを借りて、街歩きをして無為の生活をおくってきた。若い頃パリでくらしたので、時々、用もないのにパリへ行かないとさびしくなる。作家のヘミングウェイは、若い頃のパリでの暮らしは、人生の移動祝祭日で、一生くっついて離れないだろうと、晩年近くに自伝的な美しいパリの思い出を綴っている。
 二年ぶりだったが、やっぱりパリの五月、六月は美しい。日本同様、フランスも不景気のようだがパリだけは、別のように、特に初夏は活気に満ちている。街中に歩行者が多い。最近は市による貸し出し自転車システムが普及していて、若者達が旅行者を中心に大いに利用している。歩道を走るのは禁止されているから、若者しか乗りこなせない。
 街で目立つのは時計の看板の大きさ。借り家を出たところが、ヴァンドーム広場で、びっくりする程大きなディオールの時計の看板が出ていた【写真】。昨年、香港でみた時も驚かされたが、ビルの外壁の改装時を利用してビル一面を時計の広告に使っている。この手法はきっと日本でも真似されるに違いない。時計の広告の強烈度は毎年エスカレートしている。
 時計は時計屋さんで売られているのが私の世代では常識であったが、近年はブランド品の専門店が当たり前になって来た。こういうのをブティツクと称しているが、始めはカルチェがこの戦略を取り出して以来のことだろう。三十年ぐらい前からだが、いろんなブランドがそれに続いている。もう一世代過ぎているから、その頃に生まれた人には珍しくもない。日本の百貨店の時計部はまだ多くのブランドを扱っているが、路面店の単独ブランドが主流になるにつれ、僅かのブランドの取扱いに集約せざるを得なくなるだろう。あるいは一種のセレクトショップに変身するしかないだろう。 
 この号のF・H誌でも、ジュネーヴの銀座、ローヌ街にあった時計ブティツクの草分け的存在(1959年オープン)であった。
ピアジェ・ショップが大拡張・新装開店した記事がでている。1980年に第二番目が、モナコ、その後パリ、クアラルンプール、香港、ニューヨークと開店が続き、取扱いの店頭を含めて75ヶ所の拠点があると書かれている。世界でこれだと意外と売場は少ない気がする。ピアジェは1988年にカルチェを主力とするリッシュモングループに吸収されているから、カルチェの窓口を少く、販売を強力にという理論を堅持している。              
 同じグループのインターナショナルの専門ブティツクが、私の借りたアパルトマンの玄関の真向いに滞在中に店開きをしていた。アパルトマンのあるビルにティファニーがあり、その隣りがスウォッチの高級時計ジャケドロのブティツクになっていた。この一隅には、カルチェあり、メレリオ、コルロフといった宝飾店もあり、もう数歩足をのばして、ヴァンドーム広場に入ると、ヴァンクリフ、ショーメ、ブシュロン、モーブッサンと超高級店の御徒町である。
ジャケドロ親子のこと

 オートマットは自動人形のことで、人間の形をしたものをアンドロイドという。江戸時代のから繰り人形もアンドロイドといって良いが、お茶を運ぶ小坊主とか、弓矢をつかって的を射る若武者は、見世物の域を出ない。そこに面白さはあるが、西欧の良く出来たアンドロイドのような、一種の不気味さはない。アンドロイドはキリスト教社界において肉体・魂の問題を提起する。
 十七世紀の哲学者デカルトは、現代科学の基を作った偉大な思想家だが、晩年、少女の自動人形を常に携行していたと言われている。デカルトは人間の体を神秘とはみず、機械とみなしていた。デカルトは魂と肉体を合理性を追求すれば、分離せざるを得ないと考えていたようである。他人の心臓を移植された人は果たして本人だろうか。脳が移植可能になればどうか。現代医学の論理にもつながってくる。
 十八世紀末にフランス大革命が始まる前後、ヨーロッパでは貴族文化が爛熟していた。富裕な貴族が好んだのは時計であったが、それにその好奇心を満足させるために時計機械を応用した自動人形があった。この製作のチャンピオンが、ルロックル出身のピエールと息子のアンリ・ルイのジャケドロ親子であった。特に息子のルイは十八世紀の中頃スペイン王のフェルディナンド六世の宮廷に招かれ、苦労して運び込んだ多くの作品を買い上げてもらい時代の寵児となった。
 今月号のF・H誌には、今年の九月の終りまで開かれているジャケドロ親子の自動人形を中心とした展覧会の案内が英仏両語で三頁にわたりのっている。ジャケドロのアンドロイドで有名なのは「手紙を書く人」「小さなスピネット(ピアノ)を弾く女性」「描く画家」の三体だが、ニューシャテルとラ・ショードフォンとルロックルの博物館がそれぞれ一体づつ所有している。それを中心にして三館が独立して、同じテーマで展覧している。1995年にこの過去の名時計師の名を買い取って自動人形を造る事業が発足したが、五年後にスウォツチが買収、レマニアとフレデリック・ピゲの機械の改造型を使った高級腕時計メーカーに変身させた。オートマットでは商売にならなかったらしい。電子式のソニーのアイボちゃんとはいかなかった。
 パリで借りていたアパルトマンの下がジャケドロ・ブティツクだったので、ついスイスまでみに行きたくなった。一泊二日があれば十分だが、年のせいか腰を上げる気になれなかった。

ロレックスのハリー・ボラー氏、ビェンヌの名誉市民となる

 ロレックスの本社はジュネーヴだが、オメガの本拠地ビェンヌにもロレックスの看板をかかげた大工場がある。長い間、ジュネーヴの本社へムーブメントを供給する独立会社であった。1878年に創業のジャン・エグラーという名の会社で、ロンドンで時計の販売をしていたロレックスの創業者ハンス・ウイルスドルフに時計を売っていた。1920年にウイルスドルフがジュネーヴにロレックス社を創設するや、ロレックスの完全下請けムーブメント・メーカーとなった。
 ハリー・ボラー氏は1927年生まれ、本年85才、お父さんはエグラーの孫にあたり、ロレックス・パーペチュアルを最初に開発したエンジニア。1967年に父が亡くなり、社長となり、2001年に引退。2004年に、ロレックス・ジュネーヴがこの会社を吸収している。ハリー・ボラー氏はベルン大学の経済学博士で学者タイプの温厚な人柄のようで、社員のすべてを厚遇したらしい。今月の巻頭記事は名誉市民を当然とベタ褒めである。長年仲よく、製造部門を引き受け、仕上げと商売を担当するロレックス本社と協力してきたのであろう。両方共、浮気をしない良い関係だったようだ。僕の知る二代目社長のアンドレ・ハイニガーさんの頃は、ロレックス本社ものんびりした保守的な会社だった。戦略とスピードが重視される現代にはそれでは適応できなくなっている。(栄光時計株式会社会長 小谷年司) 
■FH誌を読む 59(本年第8号 5月3日刊) ■2012年6月28日 木曜日 14時58分26秒

ム‐ヴメント戦争

 スイスは面積が四国ほどの小さな国であるが、その中でも地方色は豊かである。南のルガーノへ行くと全くイタリアの町だし、北のチューリッヒはドイツ的と言っていい。時計産業はジュネーブからバーゼルへ向けて東北東に走る約150キロの線上のあたりに固まっている。日本のように工業団地に誘致されて、地縁のないところに生産拠点を持っていくような事は滅多に起こらない。人里離れたところへ新工場を持っていく事は、起こっているが、小さな国に26もある州内を離れる例は少ない。時計産業全体が、歴史的なつながりを持って有機的にまとまっている。総人口が800万人ぐらいで、時計業界で働く人が、5万人ぐらいが大体の目安の数である。日本の総人口1億2千万人にあてはめて考えてみると60万人ぐらいが働いていることになる。時計の輸出総額は二兆円ぐらいだから売上額としてはそう大きくないとも言えるが、文化的ネットワークとしてのスイス時計産業は、時計産業地域に住む市民にとって重要な地位を占めている。
 日本でも多くの人が、スイスの時計製造会社には、マニュファクチュール(一貫製造)とエタブリサール(部品を購入して組み立てる製造)の二つに分けられるということを知っている。日本の産業構造にはエタブリサールという概念はなじまない。部品をかき集めて作られた製品はどうしても安手にみられ勝ちである。ところが、スイスでは、どこまでが自社内生産か、外注生産かよく判らないところがある。マニュファクチュールとエタブリサールの線引きはそう簡単なものではない。  
 スイス時計産業連盟(FH)には500社程参加しているがその殆どが部品のメーカーである。部品を買ってきて、ムーヴメントにして売っているメーカーも多い。FH誌の広告主はオメガとかロレックスといった完成品の名は全くなくて、こういった部品や工具メーカーばかりである。例えば今号の裏表紙はクォーツ、ムーヴメントのロンダ社の広告。機械ムーヴのテクノタイム社が二頁。「ヴァレ・ド・ジュー時計製造会社」が一頁、部品から組立まで手がいる大手「デュボア・デプラッツ」社が二頁。広告をしているということは、条件さえあれば売ることを意味している。FH誌の広告をみていると、資金があれば、すぐ自分の好み名をつけた時計が作れることが解る。売れる売れないはマーケッティング次第である。何故ムーヴメントの広告が多いというと、スウォツチの故ハイエック氏が2002年にスウォツチグループ傘下のムーヴメント工場や重要部分工場から他社には供給しないと宣言したからである。競合するブランドに売るのは、敵に塩を送るみたいと考えるのは当然である。
 この号のFH誌には、ムーヴメント・メーカーのソプロッド社に関する新聞記事がのっている。この会社は,スウォツチグループのエタ社から90%ムーヴメント・キットの供給を受けていた。突然ではなくても斬進的に販売しなくなると通告されて困ってしまった。そこでエタ社の2892というムーヴメントと多くの部品が相互転用できるA10と言うのを開発して、自社製造するようになった。
途中、試行錯誤はあったが、エタ社から完全に供給を切られる時期に幸いA10の品質は、自称クロノメーター規格クラスになっている。現在の年生産能力は10万個だが、二,三年のうちに25〜30万個に上げる計画で,スウォツチからムーヴメント供給を切られたような相手先が心待ちにしているという。ソプロッド社のチェリー・パラット社長は、新しい超薄型のムーヴや、前述のデュボワ・デプラッツ社の協力を得てクロノグラフの開発を手がけていると言っている。エタ社もこんなに強力になった相手に借りを返されたのでは不本意かもしれない。
実を言うと、エタ社の後にスウォツチがついているように、ソプロッド社の後ろには、フェスティナ社というスペイン随一のブランドを作っている会社がいる。四年前にソ プロット社を買収している。 今はスペインの会社になっているが、フェスティナは元々ラ・ショードフォンで1902年に生まれた古いブランドである。フェスティナばかりでなく、ロータス、ジャガー、カンディーノ,レガット、カリプソ、から昔の名時計師の名をとったぺルレやルロワのブランドを作っていて、一寸騒しい性格をしている。バブルの頃、主力の低価格時計フェスティナで日本進出を企てて、一時私の会社で働いていたフランス人が、フェスティナ社の仕事をしていた。当時から500万個を売ると豪語していたから、私がやっていたアルバ並みの規模かなと考えていた。ただ、日本市場ではなかなか売れなくて、百貨店に専門の自営売場をいくつか持つていたが、今はあまりその名をきかない。
 今回のFH誌には、ソプロッド社の新聞記事と共に、フェスティナ社の最近の動向を伝える報道がある。フェスティナ社の売上げは年商約250億円、450万個、スイス国内従業員250名とある。
 フェスティナ社は2002年にこれまで一種の下請けをしていた、名門といってもよいカンディーノ社を買収している。カンディーノ社もスイスに沢山あったブランドから依頼されてその名で時計を作るOEM工場であった。自社の時計を拡販しようとして、元々のオーナーであるフルーリ家の若い青年が大阪まで会いに来てくれたことがあったが、いかにも長年続いた家柄が感じられる上品な弱々しい人で、こんな紳士では立ち行かないかなと思ったことがある。
 フェスティナ社が、ソプロッド工場を買収したのは、中国資本に渡したくなかった
という衝動的な理由のようだが。翌年に、前出の広告主の「ヴァレドジュー」時計工場を買収したのは、高級時計のマニュファクチュール、例えば、パテック・フィリップのようになりたいという、戦略的な意志らしい。小なりといえど壮なりである。フェスティナのミゲール・ロドリゲス総師はバルセロナのセールスマンから始めた人らしく、かなりのやり手のワンマン社長に見える。ドンキホーテにならないよう頑張って欲しい。業界に起業家が輩出することは、業界にとってよろこばしい。(栄光時計株式会社会長 小谷年司) 
■FH誌を読む 58(本年第7号4月19日刊) ■2012年6月28日 木曜日 14時51分6秒

バーゼル見本市、パネルのこと

 日本で個人主義が確立されたのは、第二次大戦の敗戦後といってよい。明治維新が西欧の個人主義をもたらし、福沢諭吉が「天は人の下に人を作らず」といったり、夏目漱石が「私の個人主義」という優れた講演をしたが、やっぱり日本人は、家とか国とかいう世間の方が個人より大切という考えを中々抜け切れなかった。その福沢ですらも、かって幕臣であった勝海舟や榎本武揚が敵の明治政府の高官に納まっているのを嫌って「やせ我慢の説」を書き、彼らの行動を批判している。人が才能の発揮場所を見つけるのは、完全に個人の自由だが、今でも日本では、卑近な例をとるとシチズンの社長がセイコーの社長にはならないだろう。よく似た事は、スイスの時計業界では、度々起こるが、誰も批判したりしない。日本のプロ野球の選手でも、宿敵チームに移籍しても仕方がないとなりつつある。
 私個人としては、一万円札も好きだが、福沢諭吉の考えも好きである。数年前であったが、ある会社の研究員が、青色発光ダイオードの開発に成功して、会社の利益に大貢献したことがあった。研究員は特許は個人の所有として提訴し、巨額の金が支払われた。詳しい内容は知らないが、会社の中で研究したものは会社に属すると考えるのは一般である。オレの功績だけど仕方がないと、多くの人はあきらめるだろう。あきらめなかったところが偉かったのかも知れない。
 我が社の主力取引銀行の一つに、住友銀行があった。今はこの銀行は失い。現在の三井住友銀行は全く異なる。支店長や担当者が代わるとお餞別として時計を差し上げようとしたが、頑として受け取らなかったことを思い出す。私は会社の仕事をしているので、頂いても会社に渡すだけで、頂いても無意味ですと言うのが理由であった。大体、昔の住友系列の会社には、こんあ気風があった。今でも残っているだろうか。社長にくれたワインは、さっさと社長の自分が飲んでしまう私は大いに恥じ入ったものだった。
 個人主義の確立と共に、商標権とか肖像権とか常識となってきた。私は関西人だから、やっぱり形のないものには、あまりお金を払いたくない。オリックス・ブレーブスのホームがグラウンドは、京セラドームだが球場の持主たる親会社のオリックスが、命名権を売ったものである。ネーミング・ライツが商売になる世の中だが、甲子園球場が横文字の名になったら嫌だなと思う。
 今年のバーゼル見本市も大盛況に終わり、来年の大改造に向けて関係者は大いに期待している様子である。世界中の製造業者が出品するので、見る方は便利である。ヒントも一杯ある。真似やコピーをする人が沢山いるから昔から警備員があちこちにいて、写真撮影にはうるさかった。フイルムを抜き取られた日本人もいた。ここに出品する業者なら盗作が認められないことぐらいわきまえているが、お国柄と言うこともある。シャネルなら具合悪いが、シャネルンならいいだろうと軽く見る人もいなくはない。更に、無知からくる単純な悪意なき権益侵害もある。
 会期中商標やデザイン盗難の被害を発見する出展業者やその他の人々も少なくない。それを直接交渉したところで埒が明かないのは解っているので、見本市には抗議された事柄を二十四時間以内で判決を下す臨時裁判所のような組織がある。この委員会は、一九八五年に発足し、通称パネル、委員は法律関係者及び、いわゆる各国からの有識者で成り立っている。
 今号のFH誌の巻頭は、このパネルについての報告である。抗議は告発と苦情報告に分類される。両社を呼んで言い分を聞き、判決を下すのが前者、単に聞き置いて記録するのが後者。今年は期間中十七件のうち、九件が前者、八件が後者であった。
 これまでの活動で、パネル会期中の活動だけでなく、知的所有権の保護、推進の安価なデーターベースとして大いに役立っているとのことである。
 以前セイコーの海外事業で要職についていた江川純という方がおられる。この方が、パネルの委員をやっておられる。数年前にバーゼル見本市のホテルで毎朝お見かけしたので、そのときは既にセイコーを離れられていたし、何をされているのかお聞きすると、パネルの仕事で毎年お勤めですと仰っていた。恐らく最初はセイコーの関係でパネル委員を引き受けられたと思うが、あとは個人の資格で識見を買われての起用だろう。この辺がやはり欧米社会の個人とその所属する団体に対する考えが反映されている。

パネライについて

 若い頃、アルファ・ロメオに乗っていた。速いのが特徴だが故障ばかりする。それもドアの取っ手が外れたり、つまらないところが壊れる。イタリアの製品は一般にフォルムは美しいが機能はもう一つというところがある。今は改善されているだろうが。もっと若いとき、学生としてフィレンツェに住んでいて、そのことは解っていたが、イタリア製を買いたくなる。パネライという時計はイタリア海軍に納入していたというのが、売り物だったが、イタリア海軍が優秀だったとは思えないし、イタリアの時計では直ぐ壊れやしないかと偏見を持っていた。
 パネライの発祥は、フィレンツェの時計屋さんでスイスから色んな時計を仕入れて売っているうちに、大きくなったらしい。海軍に納入したのもケースはロレックスで、、ムーブ派別に調達していたようだ。私は1962年から翌年までフィレンツェにいて、毎日街を出歩き回っていたが繁華街でパネライの看板を見た記憶がない。リッシュモン・グループがパネライを買収したのが1997年で、その頃は納入先がイタリア軍関係だけで、あとはコレクターが僅かというだけだったらしい。
 最初から現在まで社長を務めているのがアンジェロ・ボナーティという人で、この人の新聞記事が今号に出ている。オフィチーネ・パネライというのが正式の名で、オフィチーネは製造所とか作業場ぐらいを意味しており、昔の創業時の形態を伝えている。しかし現在は、かってのストップ・ウオッチで有名だったミネルヴァを買収して自社のムーヴメントを開発している。時計はイタリア製でなくスイス製である。会社も2002年以来、ニューシャテルへ移転している。現在この近くに新工場を建設中で、従業員は160人から290人に増加する。しかし、ボナーティの言によれば、生産量の増加が目的ではなく、三割しか自社組み立てがなかったのを八割にして、質の向上を図るのが目的という。同時に成長がないと気になるともいっている。増産は中国工場への供給が目的のようである。これまでは、イタリア、アメリカ、日本が主力市場であった。自社ブティックへの執念は、リッシュモン系の人々と同じで、現在は35店だが将来は倍増するボナーティは言っている。
 実は私の会社の近くの御堂筋にフェラーリ専門の大きなショールームが最近オープンして、四千万円近くする非実用車」がそんなに売れるほど、お金持ちがいるのかと驚いている。フェラーリの愛好家をフェラリストというそうで、大型時計のパネライ愛好家をパネリストと称するらしい。今や納品待ちのパネリストが列を作って世界では並んでいるそうである。持っているのが羨ましいと思われる時計を作るのがボナーティの狙いらしい。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 57(本年第6号5月5日刊) ■2012年6月19日 火曜日 10時39分5秒

「スイスメイド」から「スイスネス」へ

 友人が新しいルノーに乗って我が家にやってきた。いわゆるずんぐりむっくり型の車体の高い若者向きの車である。聞くとエンジンはニッサン、デザインはフランス本社、組み立ては韓国工場だそうである。ルノーの社長は、ニッサンを見事復活させたカルロス・ゴーン氏だった。しかしこの車は何国製というべきか。中国人を株主とするヴォルヴォやインドの財閥傘下のジャガーを何国製と呼ぶべきか。
 それで気になって我が家の日常の電気製品を調べてみるとソニーとか、パナソニックとか、日本製みたいな顔をしているけど、大抵は中国または韓国製である。セイコーの掛時計はタイ製である。人々はソニーとか、パナソニックとか日本のブランドを信用して買っているので、使い捨てが運命の大衆電化製品をいくら高くてもいいから、純日本製の方が良いという消費者は少ないだろう。日本のメーカーというのは、大抵外国に工場を持っていって、そこで作って日本や世界に売っている。工場は人件費の安い国を求めて世界中をさまよっている。
 こうしてみると日本中の一般家庭は、世界中の製品に囲まれて暮らしている。食品以外は、あまりどこの国の産かは、こだわっていない。地産地消にこだわるのは、このままでは日本国内で農・漁業に携わる人はなくなるという懸念からであって食べ物に限られる。
 まだやっと日本人が自由に外国に行ける様になった頃、日本からの輸出品目もまだ軽工業製品が中心だった時代、ニューヨークに出かけて当時は世界一高いエンパイヤー・ステート・ビルの頂上に上って、お土産を買い求めたら、みんな日本製で日本からの旅行者は裏切られた気分になるのが普通だった。1960年頃までは、メイド・イン・USAへの憧れは強く、我が家も金回りが良くなってきたのか、新しい物好きの父はゼニスのラジオを買い込んだり、ダッジの中古車を運転手付きで得意げに乗り回していた。世界最大の時計メーカーは、今はシチズン傘下のブローバー社であった。G・Eの電化製品は憧れの的であった。日本人は日本製ということに劣等感を持っていて、その感覚が克服され始めたのが、ソニーがトランジスタラジオを輸出しだした頃からである。
 アメリカ人は産地については大らかのようで、安くて同質の物が作られるなら、産地なんか気にする事はないと思っているようである。日本人も近年アメリカ化していて、工業製品、衣料に関しては、製造国にあまりこだわらなくなっている。ジーンズはアメリカで始まった生地だが、今時の日本人でアメリカ製かどうか気にする人は殆どいない。
 余談ながらアメリカの強みは、航空機をはじめとする武器・弾薬の類、薬品の製造及び食料自給において、世界一の地位は揺るがないという点にある。世界から孤立してもアメリカは生きていくる。日本は残念ながら、孤立するとガソリンのなくなった車みたいなモノで、立ち往生するしかない。今問題のTPP交渉もこの点を十分考慮せねばならないであろう。軍事産業で憲法の足かせをはめられている日本とは対等でないのに、食品を何故対等にするのか良く解らないというのが私の素朴な疑問である。
 今や中国人の観光客が日本に溢れている。海外自由渡航が初めて認められた国の人々にとって、観光と買い物は同意語である。商店を訪れる中国人は必ずと言っていいほど、コレは日本製と聞くそうである。純日本製だと安心するそうでメイド・イン・ジャパンも大したものだと嬉しくなる。我々は日本のメーカーの品質管理の水準の高さを知っているので、その名が付いていれば中国製であろうがベトナム製であろうが安心している。それにアフターサービスの対応の良さも世界一である。アフターケアが十分でないから、他の先進国では、あんな返品交換自由の制度が成立し、わが国に跳ね返って来たと皮肉な考えも起こってくる。例えばオーストラリアのように返品交換が気に入らなかったからと言う理由だけで行なわれるようになると、コストが高くなり消費者保護とは言えなくなるという気もする。売り手と買手との常識的な話し合いよりも、法制が先にたつ社会は嫌なものだ。通販とかインターネット販売とかに必要な法制が、店頭での買い物にも適用されるのだろう。
 スイス製の時計が世界最高とされるようになったのは、五、六百年という機械時計の歴史から見るとそう古いことではない。せいぜい百年前ぐらいからだろう。それまでは、一時鉄道の発達と共にアメリカ製の懐中時計が世界一であった。明治天皇が下さる恩賜の時計は、長い間ウオルサム製であった。時計はスイスと名実共になり始めたのは、世界第一次大戦の後ぐらいからであった。クオーツ時計は、スイスと日本は開発を殆ど同時に開始したのに、日本勢のセイコーとシチズンが優位に立ち、スイス時計産業は一九八〇年頃は殆ど壊滅状態にあった。その後高額消費者の嗜好は機械式時計に転じて、スイスは空前の時計好況に浴しているが、コストパフォーマンスの点で時計は日本製に限る概念はまだ強い。しかし、これはあくまで日本人から見た考えで、その普通の日本人が日本製だと思って買っている普通の価格の時計は大抵東南アジア製なのが現状である。
 日本以外では、スイス製の時計に対する信頼度は日本人が考える以上に高いのではなかろうか。しかし、スイス・メイドの刻印で通っている時計が、実は百%スイス製ではなく、外国製のパーツを利用してチョコチョコとスイス国内で組み立てられている現状をスイス時計産業は憂慮すべきとみなしてきた。どんなブランドがそんなことをしているのか実情は知らないが、数年前に時計の街ショードフォンに行ったとき、沢山の中国人就労者を路上で見かけて、さもあろうと言う気がした。
 今号のFH誌では、理事長のパッシェさんがFHの働きかけで満場一致の結論ではなかったがスイス・メイドより厳格なスイスネスという呼称を議会が承認したことを誇らしげに報告している。スイスネスと名乗ったり、刻印を打つ為には、時計価格の六十%以上はスイス製でなければならないと言うことが五十%にしようとする意見もあったがコレを法律として抑えて通過した。
 現在のスイス・メイドの条件は、ムーブメントがスイス製でスイス国内で組み立てられ、完成品になっていればよく、価格パーセンテージの制約はなかった。ムーブメントだけでいうと、スイス国内組み立て検査が条件で、価格として50%がスイス製でなくてはならない。議会が承認した以上、上院に当たる連邦総会も追認して法制化される事になる。FHは、その後も設計やプロトタイプの製造もスイス国内ですることを条件とすることや、電子時計で60%、機械式時計では80%(開発費込み)にしようと狙っている。スイス国内で生産する比率が上がるから結果として雇用の増進につながる。又この価格の中に金・バンドや金・プラチナと言った原材料や宝石はカウントしない。
 確かにスイス時計の名声を保持するには、重要な方策であろう。スイスは世界では一、二の個人所得の高い国であって、スイスネスの要求する条件を満足すれば、品質は上がるかも知れないが、値は当然高くなる。有名なブランドしか生き残れないかもしれない。ナイキのスポーツ靴のように韓国製でも高値で売れた記憶がある。生産地よりメーカー名の方が評価される事はないだろうか。FHが望むようにスイスネスを順守する良心的なメーカー全部に陽の当たる事を願って止まない(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 56(本年度第5号、3月23日刊) ■2012年4月17日 火曜日 13時6分18秒

ニセモノ談義

 FH誌は、は、スイス時計産業連盟の公の広報なので、連盟本部がしている仕事の記事が巻頭に来る。政府とか組合の公式発表はたいてい面白くない。FH誌でも同じだが、無視はできない。フラン高にも拘わらず,スイス時計全体に好調のせいで、あまり問題がないせいか、このところニセモノ退治に熱心である。もっとも、ニセモノが出ること自体がホンモノの地位が高いことでもある。ある作家が自慢げにこう言ったという、オレも偉くなったもんだ。最近オレの名をかたって、飲み屋を踏み倒している奴が出てきたみたいだ。
最近のニセモノは精巧になっていて、高級ブランドのカルチエのニセモノ新品時計を持ち込んだ上品な女性に、買い取り屋さんが、よくだまされているらしい。大阪府警が大阪の時計小売組合に触れ書きを回している。これは明らかに仕入れた人間に被害を与えるから犯罪行為である。しかし、転売するのを目的としない最終消費者が、これはニセモノですと明言する売り手から承知でニセモノとして購入した場合、果たしてそれは犯罪を形成するか。答はイエスである。旅行者は現在外国から一切のニセモノは持ち帰れない。ニセモノと判明したら即座没収である。罪には一応問はれないが。
 書画骨董の世界ではニセモノは当たり前である。それをつかまされる方が馬鹿ということになっている。テレビの『何でも鑑定団』という番組をみればよく解る。和歌の世界でも本歌どりといって、ニセモノ作りすれすれの技法が珍重される。漢詩においても似たような事情がある。大体、東洋人においては知的所有権という観念はすくなかった。他人のアイデアを盗むことにかけては、東洋の社会は大らかであった。ニセモノ作りに対して倫理性は問題になるがお札とか証券でない限り、大目に見る社会といってよい。特許権とか知的所有権は元々西欧個人主義からの発想である。今世紀になってから世界中の人々が地球上を自由に移動するにつれ、その権利は強まって来ている。もし今のような事情だったとしたら、明治の日本の近代工業化は成り立たなかっただろう。黒岩涙香の「あ!無情」はヴィクトル・ユゴーの「レ・ミゼラブル」の原案だが、版権が原作者に払われてはいないだろう。極端な例だがここに、高級ブランドのТシャッがあるとする。片方がホンモノで片方がニセモノ。但しニセモノの方も品質、肌ざわり、縫製、発色までホンモノに引けを取らない上に安い。ではブランドの価値はどこにあるか、コストをかけて確立したブランドの名という知的所有権でしかない。皮肉に考えるとこういう事態が起りうる以前にニセモノを退治せねばならないのかも知れない。世の中のすべてがバーチュアルになって来て、それでもホンモノがいいという人々が多くなるかもしれない。                 
 さて、FH誌の巻頭報告によるとニセモノの集散地はもはや香港やバンコクではなく、ブラジル、アラブ首長国連合、カリブ海の島々、イタリアやギリシャに分散しているのである。ブラジルはニセモノ天国で、オリンピックやサッカーのワールドカップ主催のもたらしている好況の余波だろう。昨年、時計だけで十万ヶ以上を摘発したので製造の数も減り、店頭に出ている数も少なくなったという。カリブ海のサンマルタン島でも昨年2月に3,200万個のニセモノを摘発している。アラブ首長国連合には広大な非関税特区があるので、これまでニセモノの巣であった。昨年は地元警察の協力を得て、中国人のマンション倉庫二ヶ所を急襲、官憲に軽傷者一人がでたが、7,000個を回収している。
 イタリアのプラトといえば、フィレンツェ郊外の小さな古都であるが、今や就労中国人が何万人もいる。主として、服の産地である。プラダを始めとして、メイド・イン・イタリー、しかし、バイ・チャイニーズ(中国人の作るイタリア製)といはれる製品が多い。FHはイタリア国内の経済警察(七万人が従事)の協力を得て,監視を厳しくしている。例えば一昨年の7月にこの町のヤミ組立工場を探索して80万ヶ以上の時計を押収した。80万ヶもニセモノを作る能力があるなら、自分の製品を組立てた方がマシみたいだが、その後この工場はどうなったかな。
アテネでもニセモノ倉庫をみつけて押収している。ギリシャの警察は頼り無いらしく、警官達がポケットに入れたりしないかと内心案じて、我々は早く当局が押収品を破棄するよう監視をおさおさ怠らないと、報告者はしめくくっている。

シチズンがスイスの時計会社を買収

 日本の新聞にも出ていたが、シチズン時計鰍ェ、ラ・ショードフォンにあるプロサーという持株会社を買収した。日本側のシチズンの発表をみると、すぐれた機械時計を製造するラ・ジュー・ペレ社等を子会社に持つ持株会社プロサー・ホールディング社全体をこの四月にシチズンの傘下に収めるとあった。プロサーの昨年の売上は年間で28億4,200万円、買収価格は約50億円という。この号のFH誌にはもう少しくわしい新聞記事がのっている。プロサーは三つの会社から成っている.機械時計の生産をするラ・ジュー・ペレ社、部品製造のプロテクト社、それにアーノルド・アンド・サン社。三社の全従業員数は百六十名。ルイ・ヴィトンのトゥールビョン・タンブールやアラーム付時計はラ・ジュー・ペレ社が納入しているし、ボーム・メルシーのムーヴメントの下請けもしている。年間に5万個の機械時計の生産能力を持っている。スォッチ・グループが他社に機械時計のムーヴメントを売らないと表明している御時世だから、絶好の投資と新聞は伝えている。アーノルド・アンド・サン社とはブレゲの友人だった英国の偉大な時計師ジョン・アーノルドとその息子でブレゲの元で修業した息子のジョン・ロジャー・アーノルドの名を使って10年程前から歴史的な名にふさわしい高級時計をスイスで作っている会社である。新聞記事によると、シチズン時計の海野幹夫社長は買収の目的は、独立したムーヴメント製造会社をより強化することにある。そして、そのムーヴメントを自社のブランドやら、ライセンスブランドにも利用したい、と表明している。本音はどうも後半にあるようだ。すでに買収したブローバや機械時計に弱いシチズンに使いたいのだろう。いずれにしても、これまでの経営方針を、これまでの経営者に継続される。10年前からのオーナーはいはゆるファンドであった。
 セイコーは世界で一番薄いムーヴメントを作ったスイスのジャン・ラサールやフランスの大きなメーカーであったマトラを買収したが、ものの見事に失敗してしまった。仲介に当ったマイヤー某なるユダヤ人に甘い汁を吸われ、100億円に近い損失をした噂をきく。大阪の安宅産業が,ニューファンドランドの石油精製業買収の際ユダヤ系の仲介人に手玉にとられ、破産に追い込まれたのとよく似た話である。シチズンが前車の轍を踏まないことのを希んでやまない。日本人がスイスの工場を経営するには、至難の業である。平和堂のスイス・ウオルサム社もいろいろ苦労が多いようである。シチズンの子会社が、ルイ・ヴィトンの時計を作っているのは、日本人の私にとっては心地のよい話だが。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌 55(本年第四号、三月一日刊) ■2012年3月30日 金曜日 14時56分45秒

昨年度のスイス時計の輸出は絶好調

 日本占領米軍の総司令官のマッカーサー元帥は、日本はしかるべく永世中立国家のスイスのようになるべきだと言ったという。日本の理想国はスイスだと人々も言い、小学校の教科書にも、ル・ロックルの時計師ダニエル・ジャンリシャールが取り上げられた時代であつた。スイスと日本では国土の大きさも違うし、第一人口が、日本の方が十倍以上あり比較にならない。スイスは
他国との関係が全部陸でつながっていて、海でへだたれている日本とは全く異なる。
 ある日、突然敵兵がなだれ込むことが実際に起る。祖国防衛に対する心構へが違う。小さな独立州の集合体ということでも違うし、同じ国で四つの言語が公用語であることも違う。
規則や法律に厳格に従い、自然や都市の景観を大切にするという点でも、日本よりははるかにすぐれている。直接民主制ということで、重要なことは全て国民投票にかけられる。国民の平均収入は、世界有数の高さを保つている。税もさして高くない。日本と似ているところも数々ある。元々の自然は美しい。国民は勤勉かつ質素である。観光資源に富んでいる。天然資源は少ない。精密工業を得意とする。この数年来一番共通しているのは、自国の通貨、スイス・フランと 日本円の高どまりである。
 日本円の高騰は、輸出を主力とする企業を直撃している。一方輸入には有利の筈が、原油の高値及び国内のデフレ不況で値下げに走るから利益につながらない。
 スイスでもフランの高騰にどう対処するか、観光産業中心に不安がいつもあるが、時計産業に関するかぎり昨年から今年にかけて絶好調である。快晴の空の下を驀進する感がある。
 FH誌の別冊に昨年の成果を見つめ将来を展望する「業界の傾向」という小冊子があるようである。いつか手元に届くはずだが、まだ見ていない。今号のFH誌にその概要が短く出ている。昨年の輸出価格の総数は新記録で伸び率も二十年来かってなかったという。スイスフランの高値も何のそのである。しかも日本人と異なってスイス人にはその分値下げして拡販するという哲学は無い。
 この号に出ている昨年一年の各社の成果を見ても、スウオッチグループの総売上が71億4300万フラン(新記録、7千億円に近い)粗利益が23・9%、経常利益が13・4%というから恐れ入る。
 フランス資本だが、タグ・ホイヤーなどの時計部門を持つルイ・ヴィトン・モエ・へネシー社は、全体で16%の伸びで売上230億7千万ユーロ(2兆5千億円)、純益で30億ユーロ(3千3百億円)となっている。時計の主力はタグ・ホイヤー、ウブロ、ゼニス、ブルガリなどが売上げ全体で20億ユーロ弱(2千20億円)という。ブルガリを買収したので数字上は倍増に近い。
 同じくフランス系のエルメスを見ると売上げ全体が約30億ユーロ弱(3千億円)で16%の伸び、売上の数字は発表されてないが時計が23%伸び、宝飾品は27%の伸び、残念ながら日本市場は1%の凹みであった。日本を除くアジア諸国は29%伸びている。
 この快進撃は今年の一月も続いており、スイス時計全部で一月だけで10億3千万フラン(約千億円)。前年比115・5%中国、香港向けが約三割づつ増加。不思議なことに日本向けが28・5%昨年比増えている。それが売上げにつながっているとは、どうも感じないが指標としては、うれしい話ではある。
 日本の時計産業は、大半は人権費の安い海外生産に移転しているはずなのに、業績不振を円高に責任転嫁するならば筋違いではなかろうか。

スイスネス(SWISSNESS)マークの採用

 今のところ全て順調なスイス時計でも悩みはある。一つはニセモノ退治。最近のニセモノは、実に巧妙な仕上げで、素人には差別できない時計も多いとFHが認めている。インターネット上に出るコピー商品を探知するソフトウェアをFHが開発して近じか動き出すという記事が今号の巻頭、パッシェ会長の報告として掲載されている。
 もう一つは長い間懸案となっている「スイスメイド」の刻印の代わりに「スイスネス」を採用する話である。スイスネスとは、“本当のスイスらしさ”ぐらいの意味である。この法案は三月に議会に上程され、そのうち通過するだろう。どっちにしても似たようなものなのにと思うが、現行のスイスメイドでは、時計の総価値の二十%しかスイス製なるものもこの刻印で通用しているらしい。それを六十%に下限を決めて、スイス製の権威と雇用を確保するのが大義名分である。下司の勘ぐりをすれば、中国などの外国資本がスイスが持っている工場やブランドにプレッシャーをかけたいのだろう。

美しい小都市 ルッツェルン

 FH誌では、時々ホテルの宿泊日数に関する統計を出している、観光立国だから当然だろうが。2011は、稀に見る好況の年だが、フラン高がまともに反映して欧州大陸からの客の宿泊数は7・3%も減少している。中国人(香港人を除く)は全体で19万1千泊増え、五割伸びている。一体全体、一年間でどれだけ人が泊まるというと約3千6百万泊弱で、前年比2%減。日本人は年間約54万泊(5・4%減)、韓国人は13万泊で24%増。日本人もスイス好きだが、昨年は中国人の方がより多く宿泊している。
 ルッツェルンという街は、日本人観光客が必ず訪ねるといって良い魅力溢れる小都市である。今から50年前に始めてチューリッヒから小一時間かけてバスで行ったが、湖にかかる古い木の橋(カペル橋)の屋根には雪が積もり、靴の裏の木の優しさを感じつつ、対岸に渡ったときの心持は今でも鮮明に残っている。その次の年の夏休みは、一ヶ月郊外の丘の上にあるメッゲンという村で過ごした。修士論文の資料を沢山持っていったのに、あたりの風景があまりに美しく散歩や山歩き、湖での水泳でさっぱり勉強はしなかった。暮れなずむ、バラ色の夏の夕暮れ、りんごの木が沢山ある丘の上から湖の向こうに、ルッツェルンの町の灯りが、チラチラと光り出す風景を見ていると心がとろけるような気がした。このとき知ったのは、休暇は日本人にとって何かする時期だけど、あたりにいるヴァカンス客は一切何もしないことだった。まるで熊の冬眠みたいだった。今年のスイス人に与えられる年間の休みは6週間となる。
 中国人も又、ここが好きなようで、五年間で六六%観光客が増え、昨年はなんと163%も増えたという新聞記事が出ていた。平均して中国人はスイスに二泊しかしないが、必ず時計を一つ買っていくそうだ。ホテルには気にせず買い物中心。一日350フラン「アラブ人は一日5百フラン」団体バスでやってきて、ビュッへラーのような時計屋の前に止まり、ドヤドヤと買っていくとのこと。タグ・ホイヤーもビュッへラーと協力して、スイス最初の専門店をオープンする。オメガもバセロン、ジャガールクルトもこんな小さな十分も歩けば町外れに出るところに専門店を開いている。
 中国人にとってパリとルッツェルンが欧州旅行の目玉だからとタグ・ホイヤーの支配人は言明している。昔の日本人の行動パターンを思い出す。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 54(本年第三号、二月十六日刊) ■2012年3月19日 月曜日 11時15分46秒

スイスの有名な時計師三人が、時計塾を作った

 スターバックスのようなコーヒー店に入ると、店の方で端末を提供しているところでは、大抵若者がパソコンの画面を見入っている。デートをしているカップルもお互いに携帯のメールを覗いている。あれで恋の語らいは成り立つのかと心配するが、余計なお世話だろう。電車に乗ると老いも若きもみんな携帯を見ている。こっちは電話はかけるためにあると思っているし,用は二言三言で済むから車内でもかける。オイオイそんな事はメールなんだよ。ジイさん、と隣の若者の無言の抗議が聞こえてくる。
 年寄りの癖にスマホなんかをあやつる友がいて、これでどんな本も読めるし、こうしてラジオの音楽を聞かせるだろう、曲を当てて再配してくれるぜ。それにこれさえあれば道に迷うことはないというが、なるほど便利だがそれがどうしたという気になる。本屋もCD屋も消えていくかと思うとさびしくなる。人間は快適と便利を求めて、かえってそれに絡み取られている気がする。携帯を家に忘れて、二日や三日遠出して、一寸不便かなと感じる程度である。我が娘なんぞは携帯を忘れると裸で外を歩いているような気がするらしい。その気持ちの方が不便かな。
 二月はヴァレンタイン・デーがある。今年は丁度香港にいて同行の妻と娘がベルギー製のチョコレートを買ってくれた。帰阪したら数包みのチョコレートが付いてきた。チョコレートの基本はモリナガの板チョコで、もしもチョコレートが食べたいという切実な要求が身体の中で起こったら、この板チョコで済ますだろう。ところが頂き物のチョコレートボックスは、高名なパティシェの作ったものばかりであった。
 チョコレートの美味しさは、作り立てにある。確かに二センチ四方で一個三百円のものは、手の平大、一杯百円の板チョコよりは美味しい。美味しくなければ詐欺である。
 贈答チョコレートの王者・ゴディヴァは、元々ブリュセルの有名だが小さなチョコレート屋さんで、これに眼をつけたスープのキャンベル社が、出来立ての美味しさを保持する冷凍技術を駆使する事によって、世界中に販売するに至ったと聞いている。キャンベル社のスープは、アンディ・ウォーホールの画題となって、誰でも知っているが味のほうは、アメリカ風である。ゴディヴァもマーケッティングの勝利かなという気がする。贈り物は、貰った人がああこれは高級なものと説明ナシに、直ぐ理解する品でなければならない。それがブランドの最大の効果である。だからヴァレンタインのチョコレートを配って回る時代は過ぎている。味がいいか悪いかより、チョコレートがシンボルになっている。そのうちにチョコレートの形をした本物の近海を送る人も出てくるだろう。近海の形をしたチョコレートは沢山存在するがユーモラスだが俗っぽい。
 チョコレートは、カカオが欧州にもたらされた十七、十八世紀においては、高級な金持ちしかすすれなかった飲み物であった。それがいつの間にか日常品となった。時計も同じことであって、アメリカにおけるワンダラー・ウオッチの普及、スイス製のピンレバー、日本製のクオーツと一気に日用品化が進んだ。セイコーやシチズンの自動化製造が発達して、年に一億個もムーブメントが出来るようになると単価が百円とか二百円になり、ビニール傘みたいな存在になってしまった。
 日本の産業構造を見ると、安くて良いものを作るのは得意である。安くするには必然的に量を作らなければならない。量が売れる間はいいが、売れなければどうするか、新しい市場を開拓するために値下げが必要とみなし、外国に生産設備を移す。当然その相手国も学んで競争相手が出現する。その結果に手を焼いているのが、今の電器産業だろう。日本の産業には良いものを少し作って、高く長く売り続けるという思想は少なくとも大手にはなかった。
 日本の大手産業で特徴的なことは、手でする仕事を軽視するように思える。手作業は熟練を必要とするから身分が固定されてしまうせいかもしれない。工場長は高騰する人件費も抑えたい。セイコーの工場へ行って、昔ながらの方法で時計のケースを手で磨いているところは、余り見せたがらない。実はケースを磨いて美しくする工程は、プラチナや金のケースにおいては特に重要である。それにあまり清潔な仕事ではない。バフから飛ぶほこりで、あたりは真っ黒になるし、薄暗くしておかないと表面キズを見逃しやすいらしい。磨き工というと一段下の技術者に見られが勝ちである。ジャガー・ルクルト社には二十人ばかりの磨き工がいて、その部門長であるブノア・リームという人とのインタビュー記事がこの号のFH誌に出ている。いかにも自分の仕事に誇りを持っている受け答えが良い。
 スイスでも工業工程規格化及び機械化によって、伝統的な手作業が消えて行きつつあるらしい。設計図からはじめて一個の時計を手作りする伝統を残しておこうと、有名な時計師三人(フィリップ・デュフール、ステファン・フォルセイ、ロベール・グルーベル)が、一種の塾を作りつつあることがこの号に報告されている。塾長に選ばれたのが、パリの時計学校の先生をしている中年のミッシェル・ブーランジェという人らしい。塾長への課題は、自動巻き中三針、トールビヨンの時計をいくつか制作することで、まずその様子が立体画像でDVD化される。こうして伝統技術を記録し、一般にも公開する。進行の状況を人々はブログ(www.legarde-temps-nm.org)で知ることができる。それが完成した暁には、世界中に持ち回って同好の志を募るという。この計画にはヴィアー・ハルターなどの独立時計師達も協力する様子である。こういった動きが起こるところにスイスの時計の強みがある。

スイス時計の総輸出額

 2011年は、やや不信だった前年に比べ十九・二%伸びて総額で199億3千万フランという目覚しい復活を遂げている。20年来の最高伸延長率であった。総個数2千9百80万個(13・8%アップ)。1999年以来の新記録で、この10年は2千5百万個が平均だった。価格帯では、輸出価格3千フラン(25万)以上の時計が金額で21・8%もの、全体の伸びの三分の二を稼いでいる。いかに高級品及び貴金属側がが寄与しているか良く解る。相手先国別表は別表を見て頂きたい。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 53(本年第二号、二月ニ日刊) ■2012年3月19日 月曜日 11時22分32秒

日本の時計・宝飾小売業ももう少し「ソーシャル・ネットワーク」に関心を

 最近「ソーシャル・ネットワーク」なる言葉をよく耳にする。この場合のネットは、インターネットのネットで、ブログとかトゥィッターで、少しづつ社会の中で張り巡らされてきた情報の網が、フェースブックの登場で一気に完成されたネット上の情報網を指す。
 評判になったアメリカ映画「ソーシャル・ネットワーク」では、ハーバート大学の学生だったマーク・ザッカーバーグがスマートフォンで使用される「フェースブック」を起業するまでのいきさつを実話風に描いた作品である。学生なのに、二百億円以上の資産家になるドラマは、映画としても面白い。数年経った今や何兆円かのお金持ちになっているらしい。
 隠された悪事を告発するのに後難を恐れて無記名の弾劾文が流布されることがある。話題にはなるけど、大抵怪文書と名づけられてウヤムヤになることが多い。実名だと、根拠が求められるから、黒白がつけやすい。フェースブックの発信者、受信者はみんな実名であるところが、信頼できる情報網を築き上げる原動力となった。現在、フェースブックの利用者は、世界で七十言語、五億人以上で、一日2億5千回以上の交信が行なわれている。気の遠くなる数字だが、イスラムの革命でも大きな役割を果たしていると伝えられている。
 私のようなアナログ人間から見ると、世の中のデジタル化は激しい。私の職場ですら大抵の内勤社員は、一日中画面を見つめている。以前はゲームなんかするなよ、出会い系サイトなんか呼び出すな、などと冗談で言っていたが、最近は禁止プログラムも発効しているが、現実は仕事一本になっている。そうならざる世の中になっている。「ソーシャル・ネットワーク」という映画の中でも、学生の一人が「我々の人生の殆どは、インターネットの上にある」と言う場面があった。学生が自分の部屋に戻ると、最初にするのは、ネット画面の起動である。
 ここで一寸、個人的な経験を記したい。もう十年以上昔のことなので、個別の名を出しても時効だから許してもらえると信じるが、トヨタのカローラを動かそうとしたら急発進して、危うく通行人をはねるところだったことがある。少し前に、エディンバラの街角の交差点で青信号で待っていたところ、私のレンタカーと並んでいた車が、突然急発進して前の車に激突し、あっけに取られた記憶があった。その後トヨタには、そんな現象は再発しなかったが、どうもフに落ちなかったので、大阪府の消費者相談室の車の係りに行ってみた。どうしてもと言うなら、府には検査の設備がないからメーカーの検査所に送りましょうかという返事。どのメーカーですかと聞くと、トヨタの車はトヨタですとのことだった。それではきっと操作未熟という結論になると判断して、この件はあきらめた。ひとりで行政と大企業の壁を打ち破る事は難しい。このたびの原発津波事故後の政府と東京電力の対応も、この事故がもっともっと小さければ、今とは異なった様相になったであろう事は予想される。もしも私の事故にしても今起こったとしたらフェースブックなどで、一般に訴えかけたら、行政もメーカーも異なった対応をとらざるを得ないだろう。「ソーシャル・ネットワーク」の力は無視できないものになっている。
 メーカーの対消費者政策は、食品とか化粧品、薬品といった直接身体に取り入れられるもの、塗るものに対しては、メディアがすぐ取上げるので神経質だが、時計のような日常生活品に対してはそれほどでもない。メーカーにとって重要な関心は、いかに自社の製品が消費者に好意を持って使用されているかどうかにある。特に新製品においてはそうである。宣伝は購買を誘惑するためにあり、PRは好意を持たせ購買に結びつける助けとなる。
 昔からスイスの時計工場に行くと必ずといっていい程、PRマネージャーが出来て、案内や説明をしてくれた。大抵は魅力的な容姿のベテラン女性で、工場や製品のことなら社長よりも熟知している印象があった。これが日本だと総務部長か新入女子社員の役どころであった。日本の工場には、優れた製品で勝負しているのであって、PRで製品の質は左右される筈がないと思っているところがあった。ましてや一見学客の意見など上部に報告されている気配は感じられなかった。明らかに重大な欠陥が製品にあった時にだけ、必要以上に卑屈な態度になる。テレビで何度も何度もお辞儀を繰り返す姿を見ると、少し情けなくなる。直接の被害者に頭を下げるのは、当然だけど関係のないTV関係者に向かって何故謝罪するのか、私には良く解らない。世間は騒がしてもらって大いに楽しんでいるのに。
 さて、FH誌のこの号では、これまでに書いた現状や今後更に網の目が細くなっていくソーシャル・ネットワークにいかにメーカーは対処すべきかという重要な論評が載っている。書き手はキャロル・オーベールという女性で、三頁を占める長い文章である。要約すると次のようになる。
 スイスの企業の三分の二は、何らかの形でソーシャル・ネットワークに係っている。しかし、二十二%の企業しかその担当のマネージャーを置いてない。少し認識が甘すぎるのではないか。フェースブックのようなサイトの出現で、世界中に仲間のグループが直ぐ出現する。
 またこれまでは、インターネットで情報を受け取る側に回っていた人たちが逆にメーカーに向かっても情報を発信するようになった。対話となるとメーカーやブランドが威信を相手に一方的に押し付けることが出来なくなる。《ブランドとは何か。それは君がそうだと思っているものではない。人々がそうだというものだ》という名言がある。一人の人間ではなく、その仲間全体にブランドのイメージを高める必要もある。企業が相手にするのは、これから製品を買ってくれるだろう顧客だけではない。中傷目的の人もあれば、競合先も、仕入先も勝手な意見を述べたり、あらゆる人々がいる。また消費者に呼びかけて、新製品の命名コンクールや写真コンクールを組織することも出来る。スイスのミグロスというスーパーでは、フェースブックの会員だけに特別割引券を出す事にして以来、消費者とのコミュニケーションが宣伝の中心になっている。そのコミュニケーションは、信頼性のあるものでないと忠実な顧客をつなぎとめることが出来ない。また基本として消費者が全ての中心とする認識がなければならない。
 こういった論調が続くのだが、退屈になるのでこれ以上続けない。フェースブックを初めとするソーシャル・ネットワークがいかに消費の世界に変化をもたらしたかを知っていただければいいかと思う。この論評の結論は、ソーシャル・ネットワークというメディアを避けて通す事は出来ない。長所もあればリスクも大きい。要は企業の理念を再度確認して、製品についての有効性にも信念を持って、従業員などがソーシャル・ネットワークに参加して、無知のため害を加えることのないよう、細心の注意を払うことなどとごく常識的になっている。いくら避けがたいといっても、ソーシャル・ネットワークを作っているのは、営利企業だから金儲けが目的である事は忘れてはならない。しかもアメリカの企業だから手強い上にカルフォルニアの太陽の元の法律に則っていることも気をつけて、と欧州人らしく老婆心を発揮している。日本の時計・宝飾小売業ももう少し「ソーシャル・ネットワーク」に関心を持ったほうが良いという私の老爺心から、今回はFH誌からこの編だけを取上げてみた。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 52(2012年第1号・1月12日刊) ■2012年3月12日 月曜日 16時23分12秒

ジャケ・ドロ親子が十八世紀に作った自動人形をスイスの博物館で公開する

 今回のFH誌は今年新年の第一号である。新年号だからといって理事長の新年への抱負や業界各位お偉方の決意みたいな、ご本人が書いたのではなさそうな当たり障りのない美辞麗句が巻頭を飾っている訳ではない。欧州では本来、年末の降誕節や春先の謝肉祭が、日本の正月にあたるお祭りで、オフィスは元旦が休みだけで、何事もなかったように仕事が始まる。
 今号の巻頭記事は、ジャケ・ドロ親子が十八世紀に作った自動人形(オートマット)三体が、この春から秋にかけてスイス三つの博物館で各一体づつ公開されるというのんびりしたニュースである。
 日本でも江戸時代にお茶を客席に運ぶ小さな茶坊主や、矢をつがえて的に当てる自動人形が存在した。今でもソニーの創る犬のロボットは大人気である。 
 十八世紀のヨーロッパの宮廷でも、珍しい自動人形に貴族たちが喜んだ事は当然であった。ルロックルの田舎に生まれたピエール・ジャケ・ドロは、時計職人として出発したが、発明の才に恵まれていて精巧な自動人形の作者として有名になった。勿論お得意先は、ヨーロッパの王様たちである。当時のスペインの王様は賢王と呼ばれたフェルナンド六世である。マッドリッドの宮廷に呼ばれて色んな自作の時計や自動人形六体を抱えて出かけて行き大評判となった。馬で運んだためバラした部品を助手を使って組み立てるのに四ヶ月かかったと言う。
 ヨーロッパの王侯は大抵親戚である。このスペインの王様もフランスの太陽王ルイ十四世の曾孫である。ジャケ・ドロの名声はすぐに拡がり引っ張りだことなった。ラ・ショード・フォンの田舎から交通便の良いジュネーヴに移ってきて、名声の中に1790年69歳の生涯を終えた。息子も一年後に死んでいるので、事業はまもなく絶えてしまった。主としてフランス王様や王妃を相手に商売をしたアブラム・ルイ・ブレゲと同時代人であった。
 ジャケ・ドロの名を惜しんで、自動人形の類を現代に復活させて作ろうとしたのが、以前のブレゲで働いていた二人の男で、名前の使用権を1995年に買ったものの、うまく行かなかったのか、2000年に会社をスウォッチ・グループが買い取っている。ブレゲとジャケ・ドロという歴史の中に埋もれそうになっていた名前をスウォッチが再興したといえる。名跡を見事に活用したとも言えるだろうが。
 今でもニューシャテルの歴史博物館へ行くと、ジャケ・ドロ自身の作った自動人形の実演をみることができる。「音楽家」「画家」「文学者」と三体あるうち、実際に見たのは「文学者」だが、実に精巧に出来ている。見事に色々な字を羽のペンで、机の上に書く。四千個以上の部品から出来ている。まるで生きているみたいは大げさだが、それに近い。近年の展示プロモーションのために、スウォッチ・グループが昨秋北京に運んで行って「JAQUE DROZ EN CHINE」(中国にてジャケ・ドロ)と書かせたらしい。中国人がこの種のものを好むのは紫禁城内の故宮博物館に展示されている沢山の清朝時計を見れば歴然としている。大いに人気を博したに違いない。
 付言すると、自動人形は日本では単なる見世物であったが、十七、八世紀のヨーロッパでは、宗教的に大きな意味を持っていた。自動人形は、アンドロイドとも呼ばれるが、言葉としてアンドロ(人間)オイド(そっくりのもの)の造語である。人間みたいなものに、魂があるかどうか、神学上の問題にもなってたのである。馬鹿らしい話だが、ジャケ・ドロは、悪魔と契約して人形を作ったから異端者とみなされそうになったぐらいであった。
 チェリー・スターン社長が地元の新聞と昨年末に長いインタビューに応じた記事が今号のFH誌に転載されている。以下はそのまとめで私見ははさんでいない。
 現在の全世界の従業員は二千名、うち千八百名がスイス、その中でまた千五百名がジュネーブで働いている。年間総生産量が四万五千個で大体品質を保持していける限界と感じている。これ以上発展しようと思ったら、付加価値の高い時計を作り、単価を上げるしかない。
 2012年度は一月末が決算期に当たるが、非常に好調で生産が販売に追いつかなかった。現行二百モデルのうち半数が複雑時計なので、生産工具、イノヴェーション、アフターサーヴィスへの投資は拡大している。近年の不況に逆に高級品への需要は高まったので、量はやや減少した。市場としては、四十五%が欧州、三十%がアジア、二十%がアメリカと言うこれまでの長いパターンを守りたいが、中国に傾くのも止むを得ないかもしれない。世界で四〜五割りを中国人が買ってくているだろう。現在全世界の代理店は自社なので、バランスの崩れないよう努力を惜しまない。2006年に六百箇所あった販売拠点を今は四百六十箇所だがまだ減らしたい。理想は一箇所に二十〜二十五個の在庫を常時持って欲しいが、そうなると生産量を増やせねばならなく、現状維持の原則に矛盾するが店の数を減らすしかない。
 ジュネーヴとパリとロンドンの直営店は昔からのものだが、そのほかに増やす気はあまりない。チューリッヒでベイヤー時計店と共同で作ったような専門店は自然に増えるだろう。価格的には、小売りで八百万円〜千三百万円内に力を入れたい。普通の製品では、エナメル文字盤の五百万円ぐらい。希少価値がある高価な複雑時計は、買った人が直ぐに利益目当てに転売できるからこういった投機品目に走りたくない。大切なのは買う人の質だ。現在会社の株は全部父と私が所有していて、一族の間にも分散していない。今後も変な思いつきの新製品は作りたくない。材料・設計・デザインには慎重に対応する。

パテック・フィリップ社の現状

 パテックという姓は西ヨーロッパにないが、1831年の革命騒動でポーランドからスイスへ亡命したパテックとチャペックの姓を持つ二人の男が創業した時計作りが、今や高級時計の代名詞と言ってよいパテック・フィリップ社である。後に時計師として天才的だったフランス人のアドリアン・フィリップが参加して今の名称になった。その後、アメリカに発した大恐慌の時代に、文字盤を納入していたスターン家に会社は売却されている。以来今日まで、シャルル・アンリ・フィリップ・チェリーと四代の親子によって経営は維持されている。いくら代替とはいえ、他の資本参加なく、親子四代と続いている事は、会社や製品の個性に家族の個性が出て大したものだと思う。
 先代のフィリップ・スターンさんとは、四十年程前に来日された時に日本総発売元をしていた一新時計の創業者の西村隆之さんの紹介で一度会ってお話をしたことがある。穏やかな好感を持ってる人柄で、ジュネーブに行ったついでにお話を聞きたくて会おうとしたら西村さんから用件は私がうかがうから用も無しの世間話は困ると釘を刺されてしまった。以来、ご無沙汰のうちに息子さんのチェリーに代も譲って引退されてしまったのは少し心残りである。後で聞いた生臭い噂話だと、香港に、東洋におけるパテックの利益を一手に収めているユダヤ人がいて、日本の業者がパテック社と直接接触する事に極端に神経質だと聞いた。時計の輸入がやっと自由になりかけた時代だから、ありそうな話だがことの真偽は定かではない。西村さんの商売の邪魔をする気はなかったし、パテックの日本での足場作りに西村さんが大きな功績を残したのは今となっても事実である。日本の時計産業が一様に苦闘している時代に、こういった進路に確信を抱き、自身に溢れた談話に羨ましさを感じざるを得ない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 51(第二十号・十二月八日刊) ■2012年2月7日 火曜日 16時43分48秒

ウオッチメーカーの先行きに感じるロマン

 FHはスイス時計産業連盟の略語で、製造業者の組合である。約五百社の組合員の利益のために活動することが目標である。当然、共通の目標が掲げられる訳だが、日本の組合同様、組合の外に対しては、強固な申し立ては多いが、組合の構成員を縛るような取り決めは、中々出来ない。国に頼るしかない。スイスでも日本でも事情は同じである。
 FHの年次総会は六月末だが、今号のFH誌は、昨年の最終号で、最終総会の報告をジャン・ダニエル・パッシュ会長が報告している。スイスの時計産業が全体として直面している問題を知る事は重要ではあるが、おおよそ組合の決議などは抽象的で退屈である。問題点だけを箇条書きにしておくに止めたい。
@ 環境に注意してCO2排出を最小に抑える。
A 法人税の減少を働きかける。
B 人の自由な移動を難しくする入国管理規定を作る動きに反対する。
C メーカーが売り先を決定するのに介入する法制に反対する。
D ニセモノ撲滅の強化。最近では、フィリッピンとイタリアの政府機関の協力を得た。
E 二〇一一年の時計輸出は目覚しく、二〇一二年の見通しも悪くない。
F 基準の設定、ガラスの非反射処理、対衝撃基準の見直し、化学物質や大気中に含まれる要素による侵害の基準の設定など。
G 重要な輸出先である国の経済構造を輸出する方向へ変革する努力をすること。例えばロシアとスイスの貴金属に刻印するホールマークの相互認識を強めるとか、スイスと中国やインドとの自由貿易協定交渉の行方を良く見守るとか、協定における原産地証明とか、知的所有権は、時計業界と大きな関連を持つ。
 大体こんなところであるが、背景がよく解らないから、列挙するだけでお許し願いたい。

ウオッチメーカーたちが作る時計

 スイスでは、時計工場で働く組み立て工や、修理技術者のことを英語で「ウオッチメーカー」という。語感から言う時計製作者だから、現実とは少し異なる。職工というよりは、メイドをお手伝いさんと呼ぶように敬意を表明することが出来るので使われているのかと思っていたが、よく考えてみると時計作りの根幹は、組み立ての工程にある。例えば、ロレックスのアフターサービスでは、時計を全部分解して一個一個の部分にばらして、再度組み立てている。これは新しい時計を一個製作することと変わりない。なるほど、ウオッチメーカーと称されて当然と言う気になる。
 日本の時計産業は、スイスからパーツを輸入して、組み立てて売るシャブロン形式と、全ての部分から完成品まで作るアメリカ様式を真似て工場を作るかで始まっている。懐中時計の時代では、ウオルサムに代表される大量一貫生産がスイスに対し優位に立っていたから、初期のセイコーもその後を追って行ったと思われる。一貫生産では、組み立てと言う仕事も全体の一部に過ぎない。ウオッチメーカーが独立して時計の製作を始めると言うような事は、なかなか起こらない。
 日本では、時計の修理や組み立てを専門としている人が、その経験から新しいムーヴメントを設計したり開発したりすることも、少なくともこれまではあまりなかった。それは大学の機械工業学科を出て、セイコーやシチズンに入って設計の勉強をした人の仕事とされてきた。スイスでは、時計を作る環境や文化が異なるので、言葉は悪いけど職人上がりの時計製作者が、現在でも輩出している。難しい時計の修理や組み立てに従事しているように、自分にしか出来ないムーヴメントの構想が沸いてくるのだろう。名称だけのウオッチメーカーが本当のメーカーに変貌する。ミッシェル・パルミジャーニの場合もそれに当てはまる。
 ニューシャテルの近くのフルウリエィと言う町で、イタリア人の家庭に一九五〇年に生まれたミッシェルは、地元の時計専門学校を出て時計業界で修業した。彼が時計の設計に目覚めたのは、師匠格のマルセル・ジャン・リシャールについて設計図だけ残っていた有名な中世イタリアのドンディの天文時計を復元制作にあたって以来と言われている。この十四世紀の時計は、太陽系の惑星の動きまで知らせる複雑時計で、しっかりした文献が残っていたが、文献の設計図だけでは、制作の細部まで詰めることが、これまで誰も出来なかった。その復元実物は、ラ・ショードフォンの時計博物館に展示されている。その後、下手な修理の手が入ったために、誰も元に戻すことができないと言うブレゲの特殊な置時計を見事修理して、ミッシェルの名は高まった。この置時計は二億円近くで売れたと言う。
 製薬業で財を成したサンドス一家は、ル・ロックルの町外れの丘の上に美しい城館を持っていた。サンドス一家は、財団を作り、この城館を時計博物館にして、一家の保有する時計のコレクションも寄付した。その修理・保全に当たったのがミッシェルで、そこから新しい時計機構の発想が生まれたのだろう。色々なメーカーから新しいムーヴメントの設計などの注文が入るようになった。初めは個人企業でやっていたが、一九九六年にサンドス財閥が五一%の投資に参画して現在に至っている。十年前の社員数は、六十人、現在は五百人。生産は年五千個。百万円以下の時計もあるが平均価格は五百万円前後で、二億円を越すのもある。十五種類あるムーヴメントは全部自社生産。
 この号のFH誌では、ペンのメーカーとして有名なカランダッシュ社(時計も作っている)から、パルミジャーノ・フルリェ社のナンバー3として迎えられたフィリップ・ド・コロディとの新聞インタビュー記事が掲載されている。
 営業面での強化が記されている様子だが、流通は血液循環みたいに重要だから、何よりも強化するといっている。ドイツ・香港・マイアミ(米)・イタリア・ロシア・フランス・英国・ブラジルに販社を作り流通整備したいというのがなぜか日本がない。アジアも勿論重要だが、今のところヨーロッパ市場が基盤である。製造面では、独立独歩できるしっかりした会社だが、マーケッティングでは、十年遅れをとってきた。この五、六年がブランドを確立する勝負の時期だと鼻息が荒い。
 一人のウオッチメーカーが生存中に世界的な名声を得る企業になるのをみるのは、
中々楽しい。そこにはロマンが感じられる。フランクミューラーやロジェ・デュブイの例もある。ミッシェル・パルミジャーニの更なる発展を期待して止まない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 50(第19号、11月24日刊)50 ■2012年1月27日 金曜日 13時51分5秒

 FHの機関誌の発行は、夏と冬の休みがあって年に二十回である。掲載している時計美術宝飾新聞の発行は年に二十四回だから一号づつ対応することが出来ない。そこで今回は前号について少し足踏みをする。
 昨年の11月11日に「モントレ・パッション(時計への情熱)」という時計雑誌の主催で、雑誌に関係のない有識者の間で、昨年に発売された時計の優秀製品と優秀メーカーの選定発表会が、ジュネーブのホテル・インターコンチネンタルで行なわれた。五百人の人々が集まる盛会だったようだ。一種の時計のアカデミー賞だろう。2012年のウォッチ・オブ・ジ・イヤーは、エルメスのアルソー(半円)シリーズの一つ、ル・タン・シュスパンデュ(中断された時)という時計に与えられている。2位がヴァシュロン・コンスタンタンの世界時計、3位はオーディマ・ピゲの「ミリナリィ410」、メーカーとしてブレゲ社に賞が与えられた。時計の選考基準は、2011年中に発売されたもので、二百個以上製造され、小売値が五万フラン(約45万円)以下という。時計の一つ一つの特長については、よく分からないが、メーカーの知名度から見て無難で順当な選抜といえよう。
 年末になると、演劇・音楽・読書・映画などの世界で今年のベストテンとか、最優秀賞が選ばれたりするがその性格が現在では商品の場合とかなり異なっている気がする。
 かって商品はコストパフォーマンス全能の世界であった。カー・オブ・ジ・イヤーを皆が注目したのは、画期的な性能、美しいスタイル、手に入りやすい値段をいかに兼ね備えているかにあった。ロールスロイスがもしも選ばれたにしても、人々は受賞にそっぽを向いたであろう。受賞したからとてロールス・ロイスの売上げも上がる事はなかったであろう。
 今でも存在するが、「暮らしの手帳」という雑誌は、我々の世代には大人気であった。特に電化製品のテストは厳格で、日本の全電器メーカーが取り上げられ、合格の点を貰うと大喜びであった。広告を取らない雑誌が、これ程までに製造業者におおきな 影響力を持った事はないだろう。
 話は飛ぶが、ミシュランのレストラン採点が客観性をもつとみなされているのは、採点者が自分を秘し、自費で食べての結末だからである。飲み食いさせてもらった人の批評は信じ難い。メーカーの広告を載せている車雑誌の試乗記にもどことなく言わない部分もあるだろう。言わない嘘という言葉もある。時計の雑誌だって同じことである。
 それに人々は必ずしもコスト・パフォーマンスだけに執着しなくなったし、製品の全体の水準も上がって、煮ても焼いても食えない不良品はなくなり、社会の目も厳しくなった。ニセモノは掴まされることがあっても、少なくとも劣悪な製品を掴まされる機会は少なくなった。それぞれの製品は、それぞれなりに役立つ世界になっている。ある一定の細分化された価格ゾーンの中での優秀商品の選定なら、購買の動機づけになるだろうが、時計は何でもとなると人気投票みたいなものだろう。ウォッチ・オブ・ジ・イヤーに多少懐疑的になる由縁である。
 経済学者のケインズが美人投票について、こんな事を言っている。投票する人は、必ずしも自分が美人とみなす人に投票しない。皆が美人と思うだろう人に投票する。時計の人気投票にも同じことが起こってはいないだろうか。

ジュネーブ・スタンプについて

 リヒァルト・ワーグナーの有名な楽劇に「ニュールンベルグの名歌手」というのがある。名歌手である事を競う一種のコンテストが主題であるが、後半ではマイスター・ジンガーの制度に対する賛美が延々と続く。マイスターとは、親方のことである。「親方制度」つまり職人組合であるギルド制度が社会の基盤にあるために、ドイツ文化が世界に冠たる事をワーグナーは強調したかったのであろう。ギルドは特にドイツ特有のものではなく、ヨーロッパ諸国に見られる職人の制度である。その規律が比較的厳格に守られていて、職人の社会地位が高いのはドイツであったとは言える。今の日本語でもマイスターと言うとなんだか技術的に非常に優れているという語感が、同じ言葉でも英語のマスターだとバァかコーヒー屋の親父になってしまう。
 中世から工業社会に入る19世紀中頃にかけて、時計を作る職人は必然的にギルド制度に組み入れられていた。親方は、弟子を二、三人抱えていて、弟子が親方になろうと思えば、制作の技術を数年でマスターし、一但親方の下を放れ、あちこちで修行し、その上で完成品を一、二個親方に提出する。作品が親方のメガネにかなうと親方は仲間の親方たちの審査に回し、合格すると新しい親方が誕生する。独立に至るまでかなり歳月がかかった。あんまり簡単に親方を作ると、競争相手が増える事になるし、これが品質維持に大いに役立った。
 こういった同業組合は、時代と場所を問わず、長所と欠点を必ず兼ね備えている。自分たちの権限と利益を最大限に確保しようとするのが常である。昔の全国時計小売組合もそうだし、医師会にも同じような面があった。
 品質を守るという長所も、ギルドも色んな点で発揮している。ロンドンに宝飾時計職人組合の本拠地であるギルドホールと言う古く由緒ある建物がある。立派と言うか華麗な重々しい様式の建築で、日本人の感覚で見るとまるで銀行協会である。ここの職人たちがお互いに協議してそれぞれの合格点を発揮し、刻印を打ったものがホールマークの典型である。ギルドホールは沢山あるから、製作者又はアトリエの刻印は無数にある。日本人は自主独立の気運を欠いておるのか、仲間で決めたルールはお互いに信用ならんと考えるせいか、こういった決め事はおうえの手を借りないと収まらない。私の知る限り、信用ある貴金属に関するホールマークは、大阪造幣局の打刻する日の丸官製マークである。JISマークも何となく官製の匂いがする。
 次いでながらギルドはフランス語でコルポラション(英語のコーポレーション)で、ホールマークはポアンソン(英語でスタンプ)という。職人が多かった新教徒は、ドイツでは安定した生活を送れたが、フランスからは旧教徒に迫害され、ジュネーヴに逃げ込んだ。そこからスイスの時計業が始まったのだが、当然コルポラションの力は強かった。日本人の一般から見ればスイス製で十分と思うが、スイス人にとってはジュネーヴ製というのに特別な思い入れがあるようである。京都の呉服と同趣である。昔はジュネーヴで作ってないのに、ジュネーヴ製と称して売っていた業者もいたらしい。そこで一八八六年にジュネーヴの業者が集まって自分たちの時計ムーヴメントに特別のポアンソンを刻印することにして、時代の変革による条件の緩和もあったようだが現在に至っている。
 これまでの権威が少し薄れ気味(50年ぐらい前まではブランドよりジュネーヴ・スタンプの方が重要視されていた)なのと、フランス・ワインのAOC(地域認証制度)が脚光を浴びているせいか、125年目を期して、更にこれを推進しようという会が昨年九月にジュネーブで開催された報告がこの十九号に載っていた。パティックが全製品に打刻すると宣言したのも、この動きの一環だろう。ムーブメントだけでなく時計全体がジュネーヴで完成されねばならなくなっている。検定を指導し、責任を持つのは、恐らく公益法人とみなされる2008年設立のクロノメーター認証機関でもあるタイムラグという団体である。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第十九号・十一月二十四日刊)49 ■2011年12月27日 火曜日 13時52分29秒

中国市場について

 まず思い出話から始めたい。二十五年ぐらい前の話で、日本でもやっとロレックスの人気が定着し、売れ始めた頃であった。毎年秋になるとロレックス本社からCEOのアンドレ・ハイニガーさんが日本にやってきて、我々卸代理店八社を招き会食するのが通例となっていた。
 その頃、ロレックス社の会社の性格上、売上げということにあまり拘らなかったから、ビジネス上のことは会食の席では討議されることはなかった。そのときは確か、新宿に新しくできたヒルトンホテルが会場だった。食後の歓談の場になって、一新時計の創業者社長・西村隆之さんが、要望したいことがハイガーさんにあるから、私に通訳を依頼された。要は、ロレックスの並行輸入に正規の我々の問屋は悩んでいるから、アフターサービスの施設に対する過剰な投資は制御して、また並行品の出所であるシンガポールや香港に対する出荷額を上げて、その分日本の定価を下げるようにされたらという、普通の日本の商人なら考える当たり前の提案であった。しかしそれを聞いたハイニガーさんは、真っ赤になって激湖した。あなた方は、ロレックスを扱っていても何も解っていない。アフターサービスの完備はロレックスの生命線である。買った人が世界中の主要都市で同じサービスを受けられるというのが基本戦略で、現在はたまたま外国で買ったロレックスのサービスが日本で多いかもしれないが、その逆になることもある。私の今しているロレックスは、これこれの値だけど、これは高いかね。決して高くないと腕の時計を外して机の上に放り出した。それに私は世界中のロレックス取扱店に並行輸出の商売はしないように要請し、手段も講じている。それは主として為替の変動で起きるもので、アメリカの大統領だって制することが出来ない現象を、どうして私が管理出来ようか。それに私がやっていることが、皆さんお気に召さないのなら、ロレックスを一切売ってもらわなくても結構です。日本のシェアなんかたかが五、六%なのだから、三年や五年一個も売れなくなっても困らない。当社には、それを持ちこたえる金が十分にある。ボルテージの上がる一方で、会食は白け切ってしまった。これくらい通訳していて困った経験もない。
 実は二○一一年のFH誌を読んでいて、日本市場に関する記事はほとんど出てこない。ハイニガーさんの言ったたかが五、六%のシェアで、しかもかっての如き将来性の少ない成熟した市場に対する取り扱いは、こんな物かも知れない。その代わりに登場するのが、シェア五十%を越す勢いの中国である。
 今号のFH誌でもスウオッチが一九○八年に建てられたパラス・ホテルが和平賓館の南館となって古くなっていたのを改造し、六階建てのうち一階をブレゲ、オメガ、ブランパン、スウオッチのブテック(全二千平米)にして、上層階を美術展示場及び芸術家が制作しながら六ヶ月まで滞在を許される十八室のアトリエ付きホテルを開業した記事が出ている。アート・ウオッチとしてのスウオッチのプロモーションのためのメセナ感覚の施設で、「スウオッチ・アート・ピースホテル」と名づけられている。
 上海を知っている人なら良くわかるだろうが、賑やかな南京路が外灘(川に面した通り)に突き当たる角。地元の人も観光客も皆が散歩に行く一等地である。またここには、洋風の歴史的建造物が並んでいて、その代表的な建物である。一人の人間に複数の時計を売り込むには、芸術品がもたらす収集意識をかき立てるのが最善という戦略がはっきり出ている。

中国におけるネットビジネス

 私たちの若い頃は、航空会社というと大都市の目抜き通りに、立派なオフィスを構えていたものであった。今はすっかり見かけなくなってしまった。全てがネットの影響である。街の航空会社に出かけていって、チケットを買う人がいなくなった。第一買うにも航空券そのものが電子表示となってほとんどなくなったといってよい。外国旅行をしていて、日本航空の大きな看板を眼にすると、何か困ったことがあれば相談に乗ってもらえるかなとか、日本の新聞が見れるかなとか考えたものだった。今はスマートフォンだけ手元にあれば、大抵のことは解決が付くようだ。私のような保守的な老人でも、航空券やホテルの予約はたいていネットで予約する。大抵はしてもらう。従って商品の購入だって、必要とするものは大抵ネットで人は済ますようになる。いや、なっている。
 ネット商売というのは、購入するのは騙される、されないの問題は別にして、簡単である。しかも売るシステムを作るのは、特にスイスが中国市場を相手にするときには、やっぱり専門家の助けがいる。デジタルビジネスを専門とするデジタル・ラクシャリー・グループという会社が、上海にこの九月からアジア市場を相手にする拠点を作ったという新聞記事が今号に掲載されている。この会社を利用すれば、時計もネットで売れるようになるということらしいが、この会社の社長が面白いコメントを言っている。中国にはまだまだ外国製品のことを知る人が、特に内陸部には沢山いる。我々が推奨する時計のブランドのために仕事をする目的は、そういった周辺部の人々が欲しがる時計はスイス製で、日本製品ではないようにすることだそうだ。

中国資本のスイス進出

 この数年ボルドーの有名なワインの値が上がる一方だと思っていたら、やはり中国人のせいのようだ。ラフィト・ロートシルドのような特級格付は大量に買い付けるようである。つい先日の朝日新聞のボルドー・ワイン特集記事を読むと、中国人所有のワイナリーも十ヶ所近くあるらしい。ただし日本人のように経営には直接手を出さないで、オーナーになるだけらしい。自動車のボルボも中国資本だが、これまで通りの経営方針を守っているように見える。
 時計に関しても、中国は良い市場であるばかりでなく、中国資本もスイスへ積極的に進出している。成功例には、ミルス、ジャン・ディーヴ、ベルトリッチ、ベダがある。余りうまく言ってないのが、ヴァルカンとかピース・マーク・ソプロッド、失敗例はユニバーサル、レオナールらしい。
 この七月に、とにかく高級時計の一画を占めるエテルナが中国の企業ハイディアン(HAIDIAN)中国名でどう書くのか解らないが、二千三百万フラン(二十億円)で買収されている。この中国の会社は中級のブランド二つと中国の会社としては整備された販売網を持っているらしい。いずれにしろ、中国人や日本人が資本参加することは、スイス人にとってやや薄気味悪いらしい。中国資本参入についてのセミナーがラ・ショード・フォンで催された記事が出ていた。カルティエやタグ・ホイヤーはフランス資本だが、外国という観点では、討議された事はないだろう。
 ワイナリーの場合、中国人オーナーはあまり経営に口を出さない。つまり中国人をトップに据えたりしないようだが、エテルナのケースも同様のようである。今号の別項の記事には、二○一一年の十一月から元々エテルナ出身の四十歳スイス人のパトリック・キュウリティがエテルナと系列のポルシェ・デザインのCEOになったと発表された。つまり、これまでのエテルナの歴史と伝統を維持するというメッセージに思える。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 48 ■2011年12月27日 火曜日 13時50分49秒

複合(ハイブリッド)製品のはなし

 もう二十年以上も前の話になるが、当時の諏訪セイコー(現在のエプソン)が、セイコーの名で腕時計型のテレビを開発して、実用化発売をしたことがある。値段も相当に高くて二十万円を超えていた。ただ腕時計部分だけで完成してあれば立派だったが、テレビを見るためには、アンテナが必要で、ヘアバンドないしは帽子に取り付けなければならなかったし、電池や補助機械部分の入ったやや重い煙草の箱みたいなものもポケットに納めねばならなかった。しかもこれをコードでつないで持ち歩く必要があった。
 発表会の席上、ここにはセイコーの技術のエッセンスが込められていると、諏訪セイコーの当時の中村代表(現実的には社長だが、創業家の服部家に遠慮して、社長の呼称はつかわれていなかった)が力説された。若気の至りで全社員の敬愛を一身に集められていた中村さんに私は、いくら最新技術でも、こんなややこしいものを買う人はいませんよとつい言ってしまい、この温厚で優れた経営者を鼻白ませてしまった。世の中には話題にはなるが、二兎を追う複合型製品には、現実に売れないものが多い。使いやすさに、大抵難点が多い。
 大阪の町に、水陸両用バスという観光バスが走っている。道路から水路に入って、川からも観光が出来るようになっているが、概観はスマートとは程遠い。そのせいかアイディアはいいが、人気はもう一つのようである。普通の乗用車にも、元々軍用であるこの技術を転用できるだろうが、洪水の時には便利だろう。ただし売れる保証はない。
 宝飾品の世界でも、ペンダントが指輪として使用できるものとか、帯止めがブローチになるとか、一つ石の婚約指輪に併用すると日常のリングになるものとか、色々なアイディアがあるが、それで大成功といった話は聞かない。どっちつかずの宿命は厳しい。
 複合製品で例外的な成功は、提携電話だろう。単に持ち運びのできる電話に過ぎなかったものが、アレヨアレヨという間に今のスマートフォンにまで発展してしまったし、これからも意外な展開が期待される。
 私なんか古い年代で、携帯を置き忘れて外出しても、連絡するのが不便だと感じるだけに過ぎない。若い世代は携帯なしだと、まるで裸で街頭に出たかのように大慌てをする。江戸の頃、塙保己一という失明の大学者は、日が暮れあたりの人々が明かり明かりと騒いでいるのを聞いて「目明きはなんと不便なものか」とつぶやいたという。携帯を忘れたと騒ぐ人に、ついこの負け惜しみを言いたくなる。
 さて今号のFH誌には、世界初の電話機能付き腕時計をスイスのエレクトロニック及びマイクロテクニック研究所とリメックスという会社が共同して開発、完成して発売に踏み切ったという記事が出ていた。写真で見ると外観は、LIMMEXと文字盤の上にロゴのある普通のスポーツタイプの腕時計である。電話に時計の付いているのはありふれているが、時計に電話が付くのは世界初らしい。つかい方は、竜頭を押すと、スピーカー付きの電話になり、ある一定の人又は場所に連絡する仕組らしい。当然、目的は、一人歩きの子供や老人、一人暮らしの老人、単独で山中で暮らす人のための安全確保のためである。別に腕時計でなくてもという質問に、腕の位置が一番早くボタンを押せると会社側は言っている。現在クリストという時計小売りチェーンの一部で販売されていて、価格は四九五フラン(約五万円弱)。正、回線使用料が月に二十五フラン(二千円)かかるという。リメックス社の社長アンディ・リスは、新聞記者の質問に答えて「開発に七〜八億円相当の投資をして、発売以来スイス国内で二、三千個売れた」といっている。
 五年後は、五千万フラン(約四十億円)の売上げにしたいと強気である。今のところ、時計はデザインであり、イメージであり、プレステージである。機能によるサービスではない。然しこれらが、一体となる日を私たちはめざしていると言っている。さて、この颯爽とした返事を売り上げがカバーしてくれる日が来るだろうか。

ヴィクトリノックス・スイスアーミーナイフ

 肥後守ナイフも中々味があるが、時々砥いでやらないと切れ味が悪くなる。切れ味の継続性では、日常用のナイフとしては、なんと言ってもヴィクトリノックスで、時計と並んでスイス土産の双璧であった。ナイフというものは、どことなく攻撃性を持っているもので、真にナイフ好きには物足りなかろうが、文房具としては平和を愛好する永世中立国家の作るヴィクトリノックス・スイスアーミーナイフが一番である。
 元々スイス軍の銃の取り外し、再組み立てを兵士が一人で行なうためのドライバー付きナイフとして一八八四年ぐらいから作り始め現在に至っている。
 時計を作り始めたのは、比較的新しく、一九九〇年代で、本格的な取り組みは一九九四年からである。というのはアメリカのナイフ輸入代理店がそれより以前にスイスアーミーという名を時計で登録して、スイスで時計を製造しアメリカで売れに売れていた事に刺激されたためだろう。名前も紛らわしいし、本家争いをしても双方の利益にならないと判断されたためか、二〇〇二年に両社は統合している。以来、現在の快進撃が始まっている。
 この号の新聞記事によると時計会社の社員は約百名。四十五名はビェンヌで、マーケッティングとアフターサービス。残りの五五名が二〇〇六年に建設されたジュラ山中のポラントリュイという村のアトリエで働いている。たった五十人あまりでは、あの数は創れるはずはなくて、機械はETA製品だし、組み立ても殆ど下請けに任されているに違いない。問題は、スウォッチグループから供給を受けている生産の七%を占める機械時計の部分で、今後供給をしないと声明しているのにどうするかという質問に製造担当の役員であるグサヴィエ・ジュールダンは、こう答えている。「我々は、ほかに供給先を探したりはしない。ヴィクトリノックスには、二兎を追う哲学はない。巨人スウォッチグループと話し合っているから、しかるべき結論に達するだろう。供給停止は機械時計だけであって、我々の基本はクオーツだし」とやや楽観的である。年間に新しいモデルを五、六十発表する会社だから、クオーツに専念した方が楽だと内心考えているのかもしれない。
 成立の事情からヴィクトリノックス・スイスアーミーの市場の四十%がアメリカである。だからアメリカではロレックスの次に有名なブランドと自画自賛している。
 ロレックスには、個人として色々な社会貢献を試みる「新しい企てに挑戦」賞があるが、ヴィクトリノックスも「思いやりの時間」賞を創設している。エコロジーの観点から資源持続の哲学を表明した発明に与えられるものだが、初回は空中から水を抽出する機械、水を使わないとトイレ、獲っても売れない魚を殺さずに生かして放す安全網の発明に与えられている。面白い発明で詳しく説明したいが紙面が尽きてしまった。栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(第十七号・十月二十七日刊)47 ■2011年12月8日 木曜日 15時15分40秒

香港を訪れて実感、中国にも金持ちは多い

 今年の春の大地震による放射能流失で、中国観光客が来日しなくなり、東京や大阪の百貨店、電器店、小売店の売り上げが激減した事は記憶に新しい。中国人は、外貨の持ち出しを制限されているはずだから、買い物も日用品で、国内にはないものに限られていると私たちは想像していて、その先入観はなかなか消えないだろう。
 ところが、今年二度目であったが、十一月中旬に香港を訪れてみて、その先入観が全く間違っているのを痛感した。泊まったのはリッツ・カールトンという新しく出来た最高級ホテルであったが、一泊の部屋代が七万円以上もするのに、宿泊者の殆どが中国人であった。内装もいたるところに現代中国の趣味が満溢していて、国際的な様式でなく明らかに、中国人の高所得者層の顧客を目指している。このビルの百一階から百十八階までを占める空中ホテルの下は、エレメンツという呼び名の広大な欧米有名ブティックが軒を並べているショッピングモールがあり、スケールの大きさは世界に類を見たことがない。現在訪れるのは殆どが中国人という。中国にも金持ちは多いという実感がここに来るとする。現在この下には空港と結ぶシティ・エア・ターミナル(箱崎のような侘しさはない)だが、広州を経て北京に至る新幹線の新駅が隣接して建設中である。香港の開発計画の羨ましいのはこのあたりも同様大抵埋め立て地の上に作られるから地権者だの日照権だの騒音だのの問題は少ないことで、地震のないことと相まって、着工されるや、瞬く間に完成し、往来が実にスムースに仕上がる。
 中国経済の発展が続く限り、中国内の都市の住民にとっての消費都市として香港の繁栄は、確保されているし、現在はその通りになっている。
 この号のFH誌には、スイス時計の輸出は、九月までの九ヶ月間で、四ヶ月が昨年対比二十%以上増加を記録したとある。しかも、輸出原価で三千フラン以上(日本の小売値に直すと七、八十万円)という、価格帯の延びが九月で二十三・九%という。勿論、全体としても最大の売り先は香港と中国である。両方で全輸出の五割を越している。日本も低かった昨年から多少持ち直しているらしい。
 香港のショッピングセンターやら時計店を見ていると、昔は力のある小売り店が、高級ブランドを沢山扱っていたが、今は段々と一つのブランドしか扱わない店が多くなった。いわゆる直営ブティック(大抵華僑との合弁)である。エレメンツでもカルチェは、当然ながらP・F・ジュルヌとかフランク・ミューラーという店舗を見た。ロレックスもオメガもあちこちにある。ゼニスも、コーズウェイベイという夜の繁華街に路面店をこの七月にオープンしたという記事が、この号に出ていた。写真から見ると、地味なスイス、ドイツ風の重厚な外観で、あたりのきらびやかな色彩が躍っている店舗の間でかえって目立つだろう。
 ヴァシュロン・コンスタンタンは、ニ五六年の歴史を持つ老舗だがニューヨークに最初の支店を出したのは、一八三一年、百八十年前のことらしい。それを記念して新しくニューヨークの高級店が並ぶマディソン街にブティックをオープンした記事が出ていた。ヴァシュロンは、中東にも強かったが、石油価格が下落したとき、中東では売れなくなって経営不振に陥ったことがある。今から四十年近く前で、オペックの代表として活躍したサウディ・アラビアのヤマニ石油大臣が資金を出して買い取っている。ヤマニさんは、政治家としては、辣腕だったが経営者としてはそれほどではなく、結局一九九六年に株もリッシュモン・グループに売却して、以降会社は業績を回復している。
 これも今号の記事からだが、ヴァシュロン本社のあるジュネーヴが手狭になったので、ライバルのオーディマ・ピゲのある山地のルブラッシュスに新工場を建設中のようである。投資金額は、今後四年間で一億フラン(八百億円)。これまでで既に三千万フラン。雇用は倍増の千三百人。ニ〇一六年までに機械時計の総生産量の七割しか打刻できなかったジュネーヴスタンプを全数刻印する。この二年の総生産数は、一万七千〜八千本、三万本にそのうち引き上げると景気のいい発表をしている。
 現在ヴァシェロンは、世界中で二十八のブティック、それにパリ、ロンドン、ソウル、台湾、東京、ロスアンジェルス、マイアミの七箇所に計画中で、その他に四百箇所の取扱店があるようである。一つの店で、平均して一年に四十本ヴァシュロンを売るのは大変だなあと、部外者である私は心配してしまう。六年前から社長だというファン・カルロス・トレスという人の発言が面白い。「今なら、香港と中国で作ったものを百%売りさばくのは簡単だが、他の市場をカバーしておくのがメーカーの務めでね」。確かに香港を見てきたばかりの私も全く同感である。

人間衛星に積まれる時計

 この次は、全く観点を変えた精密時計の話。これは転載されている新聞の記事からだが、時計の先進技術研究の中心の地ニューシャテルに「スペクトラタイム」という従業員七十二人の会社がある。この会社が、アメリカ製のGPSより精度の高い計測機能を持つ時計を作って、ヨーロッパ宇宙局の衛星にのせられ、それもロシアのソユーズ・ロケットで打ち上げる。
 物理学は全く不得意とするところで、普通の時計に使われる水晶振動ぐらいなら理解できるが、ルビジュウムやセシウムとか放射性物質を使う時計となると、さっぱり分からない。
 GPSは、車のナビに使われて、我々の日常にはすっかりおなじみだが、衛星から地上の位置を計測するのに、時計が重要だとは気が付かなかった。この記事によると百万分の一秒の誤差は、地上で三百米の誤差をうむらしい。このスイス製時計を使うとアメリカ製のGPSが、三米の許容範囲となるのに、四五センチになるとのこと。
 今回の衛星には、四台の時計が搭載されている。中国の衛星は、現在九基が軌道を回っているが、二十三個の「スペクトラタイム」の時計が使われているという。二十年間、ルビジウム時計の開発にかかわってきたこの会社の社長のパスカル・ロシャは、今度のヨーロッパ宇宙局の契約で二千万ユーロ(二十億円)を得たといっている。その内容は明かさなかったらしい。
 いずれにせよ、こういった先端技術の話は,分からないながら、夢があって楽しい。それにしても時間が十億分の一秒という事は、どうして解るのだろう。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(第十五号・九月二十九日刊) ■2011年12月8日 木曜日 15時3分39秒

ビュッへラーのこと

 先々号に還暦を待たずして亡くなった大阪の尚美堂の江藤光哉さんの追悼記事を本紙に書いたのと同時に、お父様の基雄さん、祖父の順蔵さんをも含めて江藤家三代への追悼文としたところが、ついうっかりと順蔵を誤って順造と表記してしまった。本紙に掲載されてしまってから、尚美堂と数軒はなれた御堂筋の角にある石原時計店の社長・石原実さんから誤りを指摘された。石原さんと江藤家は遠い親戚にあたる。全くの汗顔の至りで、天国におられる謹厳なクリスチャンだった順蔵さんに、まずお詫び申し上げたい。順蔵さんは、小柄でやや太り気味の体型でメガネの奥でいつも眼が笑っている人当たりの良い人だった。百歳近くまで生きられたが、その優しさは、孫の光哉さんが受け継いでおられたと気がする。石原さんの福の神みたいな外見の人と言うユーモアある表現は当たっている。しかし、その内面には、戦後尚美堂を一時大阪で最も売上げの大きな、かつ権威のある時計店に上昇させた手腕が隠されている。社員にとって絶対のカリスマであることが、会社を訪問すると感じられた。
 昭和三十年頃、セイコー、当時の服部時計店は心斎橋筋の超一等地に二百坪ばかりの土地を購入し、小売り部を作る計画を立てていた。後に「和光」大阪店として開業して一般の耳目を集め、取り扱い品や内装の趣味のよさ、従業員のマナーの訓練振りなど当時の大阪にはないものであった。
 ところが開店前にセイコーの時計も扱うだろうと予測した業者は、メーカーが製品を直接販売したら、我々小売り店はどうなるのだろうと言う論理で、小売り組合を通じて起き上がった。尚美堂さんは近くではないが仲庭総本店、薮内時計舗、岩橋時計店その他錚々たるセイコー取扱店が心斎橋筋に軒を並べていた。分が悪いと見て取った服部時計店の椿七十支店長は、本社の諒解を取って、時計小売り組合の要求に屈し、「和光」ではセイコーの時計は売らないという約束をする。その策動の裏に、前組合長だった順蔵さんの意向が強く働いていた。五十年以上経った現在、和光の場所も大丸に転売されたし、時計店も心斎橋の一階で時計を主力に販売している店は、スウォッチとタグ・ホイヤーの直営店二軒しかない。何たる時代の変遷かと思われる。「和光」では仕方なく、和光の名を配した時計を、勿論セイコー製品だろうが、以来発売するようになった。都会的で洒落たセンスのデザインが多く、競合しない地区にある他の小売店も価格競争を避けるために、取り扱ったらどうだろうかと思ったが、なかなか双方の都合もあってか実現に至らなかった。基本的には小売店は、他の小売店のブランドが付いてる商品は取り扱いを忌避する。他人の土地に土盛りはしない。
 さてここから主題に入る。スイスの観光地ルッツェルに本店を持つビュッへラーという小売店がある。一八八八年(明治三十一年)の創業というから、大阪の石原、生駒、薮内といった老舗より新しいが、今やジュネーブその他に支店があり、観光客には馴染みの深い名前である。ロレックス社は、現在FHの重要なメンバーであるが、FHの結成されたばかりの一九二四年ごろは、何故かFHに加盟してなかった。ビュッへラーも同様だった。ロレックスは、FHの加盟小売り店に買ってもらえない。ビッへラーは、加盟のメーカーからは仕入れられないといった事柄から両社の現在に至るまでの緊密な関係が結ばれたのだろう。小売店は他のメーカーから仕入れておれば比較的安泰だが、発展するとそのうちに必ずオリジナルブランドを自分でも作りたくなる。メーカーが自前の小売店を創りたくなるのと同じである。ビュッへラーも例外ではない。一九一八年ぐらいから、既にジュラ山中で小さなアトリエで部品を買い集めて、組み立て方式(エタブリサイル)で自社ブランドの時計を作り始めていた。小売店を訪れる客は、必ずしもロレックスのような高額品を買うだけの余裕があるわけではないから、店としては普通の値段の時計で、かつ特色のあるものを必要としたためだろう。小売店が製造業をはじめても、他の小売店は買ってくれない。ビュッへラーも主として自分の店で売るしかなかった。それでも観光客がスイスへ来ると必ず時計を買う時代が続いたので大阪万博の頃には年間八万個ぐらい売れるようになって、工場もビエンヌに新設していた。いわば工場直売だから利益率も高い。しかも八万個という数はスイスの工場としては立派な成績である。
 今世紀二〇〇一年になって、小売店の副業的な時計製造から脱却して、製造業として独立する決断をしたビュッへラー社は、時計のブランドを創業者の名からとって「カール・F・ブへラ」(日本語の正式表記)として、バーゼルに出展した。ステンレスで数十万する価格帯の高級時計である。小売店の作った時計が売れるかどうか、危惧する人も多かったが、この十年間で確実に世界で地歩を築きつつあるようである。日本でもかってデスコのAP部門で活躍した増田さんが努力してこの十月のつい先日に銀座ブティックオープンする事に漕ぎ着けている。
 銀座に出店するという記事が、ビエンヌの八月十六日のドイツ語新聞に取り上げられ、今回のFH誌に転載されている。社長として敏腕のサッシャ・モエリという写真が載っていて、私には懐かしかった。一時はエーデルワイスの時計で、スイス中に売られ、空港にも売店を持ち、大人気だったミッシェル・ジョルディの片腕だった男ではないか。私の会社はジョルディの代理店であったばかりでなく、彼とは親友と言っても良かった。新聞記者にモエリさんは、今はつまずいて引退を余儀なくされているジョルディのことを「情熱的アイディアマンで、大きな夢を見る人で、学ぶところが多かった」と言っている。一寸冷静なモエリさんだから、ジョルディのように夢とアイディアを追いかけて足元崩れることをしないだろうと思う。記事によると時計製造会社は勿論、小売店のビュッへラー社の参加にあり、現在の社長は三代目のヨルク・G・ビュッへラー氏である。
 二つのブランドがあり、高級時計のカール・F・ブへラ(年産一万七千個程度)と普通品のBスイス(年間二万五千個)という。いずれにしろ日本での成功を祈りたい。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(本年第十六号、十月十三日刊)45 ■2011年11月16日 水曜日 15時38分37秒

別誂えの時計のこと

 日本では近年見なくなったものに洋服の仕立て屋さんがある。昔は、既製服は吊るしといって、軽く見られたものであった。銀座や心斎橋の一流ティラーで背広を仕立ててもらうのが、月給取りの夢であった。それがフランスからプレタポルテと言う洒落た名前で、高名なデザイナーの普及品が女性の既製服として輸入され、流行して以来、吊り下がりが当たり前になった。プレタポルテとは、フランス語で単に直ぐ着れるという意味に過ぎない。私の父も背広は一生オーダーしたものしか着なかったし、出入りの仕立て屋を大切にしていた。といって別に大して贅沢な生活を送っていた訳でなく、父は仕事が飯より好きな大阪人に過ぎなかった。
 昨年夏、ロンドンのホテルに泊まっていて、朝刊を読んでいたら、サヴィル・ローの有名な仕立て屋さんが特価提供.と出ていたので、同宿の息子を誘って出かけてみた。サヴィル・ローとは、高級仕立て屋さんの集まっている通りの名で、ここから背広の名が由来したとする人もいる。安売りとはいえ、そこはロンドンのことである。オンリー・バイ・アポイント(予約のみ)とある。こんな機会は一生またとないとベルを押し、インターフォンでやり取りすると入れてくれた。結局、仮縫いにもう一度行かないといけないというので、生地だけ買って帰った。縫製代はまけてくれなかった。然し店内のしつらえ、応対の仕方、生地の見せ方など、実に様になっていて、この高級店の客あしらいの洗練度には、妻と息子もすっかり感服してしまった。売り手も買手もせかせかしていない。
 国内では既製服の店は、今や郊外に乱立し、市中にも入ってきているが、その反動というか小型ながら注文服の店も見かけるようになった。私のようにどうしても既製服では合わない不幸な体型の人も多いためか。中にはスマートな若者を相手にする高級店もある。いくら体に合っても注文服でなけりゃという人たちも出てきたと言える。こういうのをロンドン風にビスポークと称するらしい。ビスピーク(BESPEAK)は注文するという動詞。スピーク(話す)という語幹が入っているかぎり、注文の行為には色んな話のやり取りが前提とされているのだろう。
服の話を長々としたが、さて注文腕時計というものが存在するのだろうか。自分用の時計を注文する客がいて、それに応じる製作者が存在するなど考えもしなかったが、今号のFH誌の紙面を読んで、そんな企業がジュネーヴ市内にあることを知った。クリストファー・ゴレイとエミール・シュピーラーと言う二人の時計気狂いの若者が十一年前に発足させたゴレイ・シュピーラーという会社である。この記事の中でクリストファーはこう語っている。
 自分は元々化学専門だったが、父が残してくれた時計に、父の名が刻んであった。特殊なものと思ったが、中味は普通の時計で幻滅してしまった。以来そのことが頭を離れず、真にオリジナルな時計、つまりこの世でたった一つしかない時計を作るにはどうすれば良いのかを求めて時計業の人々の間を訪ね回った。大抵は一個作りに否定的だったが、中には面白いという人もいて、ちゃんと住所を控えておいた。そんなときに、エミールに会って、もう一人の協力者(恐らく資金の)を得て、注文で時計を別誂えする会社を作った。注文主は顧客でなく、仲間となる。まず自分の希望についてじっくり考えてもらい、機械のありようとか、外観と言ったことでの要求を討議する。夢の時計を得るために必要な段階である。始めから完成まで十八ヶ月はかかるから、急いでる人や、自分の考えがしっかりしてない人には向いてない。ややこしすぎるという顧客もいるが、私たちのやり方は変えない。リーマンショックの危機に対応するために他の少量生産の下請けで凌いだ。もう一つは、新しいブランドを作る人たちの設計や製造のお手伝いをした。これで簡単に売上げを作れたが倒産するところもあって、結局ひどい目にあった。そこで今回会社ごと売却したが、注文時計の生産及びその関連の事業には係っていく。個性化ということで、顧客の要求にこたえて、ケースの形とか、色とか、バンドの形態とかを変えるメーカーもあるが、私たちの考えは全く異なる。商業に許される限りの情熱と狂気を一個の時計製作につぎ込む。客には別作の全行程に付き合ってもらうために、金を払ってもらう。利益は二の次だ。
 真の贅沢というのは、三つの要素がある。希少性、創造性、品質。別誂えというのは、この三つを完備している。伝統技術の保存、巨大グループの自社イメージ向上の強力なブランド広告への対抗として、別誂え制は将来有効だろう。
以上がクリストファー・ゴレイの熱弁の要約である。共感される人が、まだ多いことを願っている。

わが友、ピェール・イヴ・ドンゼさん

 二年ほど以前に、ふらりとたずねてきたスイス人がいた。セイコー資料館の元館長だった久保田さんに大阪に行くなら私に会えといわれて来たという。当時は阪大経済学部の海外研修員とかで、日本の時計産業史を専攻している三十歳台の好青年であった。以来一緒に食事したり、電話で色んなことを教えてもらったりしている。勉強熱心の上に、自宅が日本人の奥さんの実家のある奈良県と京都府の県境にあって遠い。大阪大学は豊中市にあって、これも遠い。中々会えなくて、偶に電話すると「今アテネの学会とかスイスにいる」と携帯電話で言っている。
 今号のFH誌の記事に写真が載っていた。この九月十五日にラ・ショードフォンの時計博物館の毎年出しているガイヤ(大地の女神)賞の受賞時に撮られたもので、パテック・フイリップの前社長フィリップ・スターンともう一人、オートマット(自動人形)の名人製作者フランソワ・ジュノという二人の共同受賞者と並んである。ガイヤ賞とは、一九九三年から始められた賞で、スイス時計産業の各部門での芥川賞とみなしてよいだろう。かなり長い記事なので全部紹介は出来ないが、ドンゼさんのニューシャテル大学の専攻は外科医とその病院のシステムと書いてある。大学卒業後、時計産業史に転向したことを始めて知った。自分のことをあまり語らない、明るいけど口重な人柄である。今回の三人は、学術、企業経営、技能の重ならない分野での受賞だそうだ。
 記事をみてドンゼさんにお祝いの電話をしたら、来年から京都大学の準教授に採用されたとのこと。お目出度い限りだし、私にとっても大助かりだ。スイス時計史の生き字引が直ぐ近くにいる。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(十四号・九月十五日刊)44 ■2011年10月14日 金曜日 14時55分0秒

リシャール・ミル

 東邦時計の河合暢雄社長は、年来の業界仲間である。リシャール・ミルという時計の代理店をやっていたが、今はその現地日本法人をスイスの本社と合併して設立して、日本市場に向け販売をしておられる。今年、リシャール・ミル
が世界で五十個だけ限定製作した一個五千万円近くするラファエル・ナダール・モデルが日本で既に七個も売れたと河合さんから聞いた。ナダールは勿論、今のところ世界一のテニス選手のことで、ショックに弱く、きゃしゃな機械とされるトゥールビョンを備え、なおかつ軽い特殊合金ケースに入っているために、ラケットを振るうのに邪魔にならないと言う画期的な代物らしい。テニスをするのに、果たして腕時計は必要かどうかという議論は別にして、貴金属もダイヤモンドも使わず、機械時計にしては前衛的なテクノロジーだけで、五千万円の時計を製作する度胸は大したものに思われる。フランク・ミュラーといい、リシャール・ミルといい、長年続いたパテック・フィリップを頂点とする古い世代の高級時計のピラミッド構造が,二十一世紀になって、完成に変化する契機になっている。
 リシャール・ミルは、フランク・ミュラーと違って技術系の人ではない。一九五一年、フランスに生まれ、ブザンソン大学で経営学を学び、セイコーの欧州法人に勤務したり、モーブッサンの時計にかかわったりしている。私はしばらくモーブッサンの時計の代理店をそれ以前にしていたことがあるが、時計は勿論、下請けの機械であったが、ケーシングなど、それはひどいものであった。手造りのブローチや指輪を作る感覚で時計のケースをパリの工房で作っていた。リシャール・ミルは、その後オーディマ・ピゲ社などのコンサルタントを経た後、二十一世紀に入って自分自身の会社を持つようになる。今の樽型のケースが出現したのは2001年であった。
 スイスは時計王国と言われるが、スイスの国内の全ての地区で時計を作っているのではない。ジュネーブからバーゼルの手前に至る線上の主として山地の町や村で作られている。十六世紀のフランスは、旧教と新教の間の激しい宗教戦争の場であった。血で血を洗うような闘争がパリだけでなく、各地で繰り広げられていた。その頃、ジュネーブを支配していたのが、新教徒の盟主カルヴァンで、多くの新教徒がフランスから亡命してきた。時計や宝飾の職人は、大抵新教徒なので、まずジュネーブ時計製作が根付き、そのうちに、ジュネーブから東北の山地へ少しつづ広がっていった。何しろ、一年の半分は冬で、戸外作業は不可能、屋内の手作業に向いた地域であった。スイスの時計産業は、長年の間住民たちの生活に根を下ろしてきている。歴史や風土で構造が形成されている面がある。人件費の安い(元々は貧乏国であったスイスに利点は、そこにあったが)ところへ、工場を持っていくという、アメリカ人や日本人の発想は、スイス人には乏しい。しかも時計の下請け業の数も多い。
 さてスイス時計産業の中心地のひとつであるジュラ地方のトラムランと言う町で、この九月始めに時計部品の下請け業者百人ばかりの会合にリシャール・ミルがパリから招かれ、講演をしたと言う地方新聞の記事が、今回のFH誌に載っている(十四号・九月十五日刊)。発言を以下に要約する。
部品製造業の皆さんは、欠くことのできない存在である。あなた方の存在無しには、何も出来ないだろう。下請けの力を強く信じるものである。自分で全てを作るよりは、色々な分野の専門家の力を借りた方が、ずっと有効である。下請けの存在はスイス時計産業の富みであり、なんとしても残さねばならない。
 独立を考えたのは、一九九九年の頃だが、市場で売れるとか、コストがどうかとか考えず、技術面のみをおもんばかって、自分の作りたい時計を作った。まず時計は、最善の技術と最新のイノヴェーションを兼ね備えていなければならない。二十一世紀のテクノロジーと原材料が手元にあるのに、十九世紀にいるような気持ちでいるのは馬鹿げてる。
 第二に技術は、芸術性のある表現を必要とする。時計は人間工学的に美しくあるべきである。人間にとって一生の伴侶である。リシャール・ミルの時計は、スイス時計産業の中に見出される最善のモノで、いくら高くついても創らなければならない。私は理想の製品を作りたいと思った。結果だけがものをいうだろう。市場調査もしない、無名の上、どこの馬の骨かもわからない。昔からあったという歴史もない。誰も高級時計の一角を崩せるとは信じなかった。然し、人々が弱点とみなすものを私は力に変える事の出来たのは、人々に衝撃を与えたこの時計なのだ。この時計は、存在するだけで「技術」の匂いがする。
 新聞記事で読む限り、リシャール・ミルはこのように、なかなかの雄弁家である。口が滑って時には扇動的になる。高級時計の在来メーカーは、動脈硬化に陥って、新製品一つ出すのに三年から六年をかける。私のところでは、一年で四つも五つも発表する。彼らは、ぐるぐる回りばかりして、巣籠り状態だ、などと手厳しい。記事によると、例のナダールモデル五十個は完売で、時計の総生産量は、年間二千五百個という。記者が、普及品を何万個も作ってみたらと水を向けたら、「それは優しいが、僕の哲学とは会わない」とそっけない。

クロノメーターの数

 数の話になると、スイスのメーカーは、年間の総生産数を公表したがらない。大体推定で判るし、判ったところであまり益はない。然し知っていた方が、色んな判断の基準にはなる。この号には、スイス・クロノメーター協会の昨年検査して保証した数量統計が出ている。2010年一年間で1,276,714個、昨年比十%増の保証書を発行している。そのランキングは、
 ロレックス(611,424)、オメガ(342、297)、ショパール(34,254)、パネライ(26,291)、ミドー(25,384)、タグ・ホイヤー(24,541)、チトーニ(13,335)、エニカ(11,180)、ポール・ウオッチ(7396)、エルネスト・ボレル(6,341)、ゼニス(5,194)、コルム(5,092)、ユリス・ナルダン(5,035)、シャネル(4,245)、エベル(2,236)。以下省略。

ある下請け企業の経営者の話

 下請けの存在を褒め称えたリシャール・ミルの工場は、ジュラの山中のレ・ブルールと言う村にある。ミシュランのガイドで調べてみると、旅館が一軒、人口約千五百人とあるからよほどの田舎だろう。同じくここに、1868年創業と言うから明治元年から続いているドンゼ・ボームと言うケース工場がある。現在のところ従業員330人で盛業中である。主としてカルティエやモンブランといったリシュモン・グループの時計のケースを作っているらしい。
 元々ドンゼ一家の家族経営だったが、2007年にリシュモンが買収して、当時経営者だった四代目のジェラール・ドンゼとローラン・ドンゼの從兄弟同士の二人が代表として残っていた。ところが昨年、販売と管理を見ていたジェラールが突然首になり、ローランが社長になった。そのローランが一年足らずで辞意を表明した。今号の新聞記事では、地元の新聞だから、長い間地元に色々な貢献をしたドンゼ・ボーム社に同情が集まって、きっとリシュモン・グループが追い出したような思い込みがある。ローランは企業にはちゃんとしたレールが引いておいたし、私も六十だからもう引退させてもらった。この町にいるんだし、趣味も多い。特に狩猟だね。一体どこがいけないのかねと答えている。この記事には一寸したドラマみたいなところが合って紹介した。リシュモンの支持で、この会社は新しい土地を13500平米購入し、約二十億円をかけて新工場を作り、2015年には、500名に従業員を増やす計画と新聞は報じている。本業ならば住民は喜ぶべきだが、拡張計画も全てが終わってからの公表だし、リシュモン・グループは資金回収を目的とするだろうから、昔みたいに自治体に色々と寄付をしてくれなくなるのではなかろうかと恐れているようである。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む 43 ■2011年10月3日 月曜日 16時1分16秒

今年半年のスイスからの輸出金額は二兆円弱に

 欧米の学校の新学期は九月からである。だから九月は休み明けというよりは、新しい年度が始まるという感覚で、日本人には桜の想いと結びついているが、欧米人には落葉と秋雨に結びついている。フランス語では、この夏休み休暇明けの季節を“ラントレ”と称する。英語の“リ・エントリー”で「お帰りなさい」という語感である。
 FH誌ラントレ号(第十三号・九月一日刊)の巻頭には十一月十五日、FH主催の時計に使用される科学物質に関する有害物質の活性セミナーがニューシャテルのホテル・ボーリヴァジュで開催されるという案内記事が出ている。ヨーロッパには、電気及び電子製品に使用される可能性のある人体に有害な物質を規制するREACHと言う法律があって、製造だけでなく、輸入・流通までも支配している。この基準がいかなるものか、業界人に徹底する地味なセミナーである。
 午前中には法律的な講義が、例えば主要輸出国のアメリカの法制に適合するかと言った内容が、米国の弁護士によってなされる。今後は、製造上の実務的なセミナーである。誰でも参加できるが、FH会員優先の定員制のようである。
 日本人は食品に関しては、極端に神経質である。原発破損以来、放射能に対しても厳格に行動する。一般消費品については、外面の完成度と価格については、厳しいが、使用されている有害物質については、消費者の人体実験でひどい結果が出ぬ限り問題にならない。作る側にあるいは、輸入販売する側に責任があるから、良心的に行動してもらわねばならない。良心的といっても、曖昧だから法律にもとるしかない。時計について体制的に整った法律があるのだろうか。日本製品は、機能的な不良品が出ないことでは世界一だが、有害物質を使用していないことでも、スイス製に劣ってはならない。かく言う私は、家業が時計屋であるのに、若い頃時計及びバンドで手首が腫れて、そのアレルギーで、革バンドが出来なくなった。ステンレスのバンドなら大丈夫なので、人生に大事はないが、こういった経験を持つ人も多いだろう。
 もう一つ固い話題で、スイスにおける時計及び付随の精密工業の就業人口について。時計製造業者連盟(CP)の調査によると、昨年十月の実態は、就業人口は四八、五四八人で、前年比五四九人減(一・一%減)、事業所の数は、十三ヶ所減ってニ・一%減の五九六ヶ所。
 スイスは労働争議の殆どきかない国だが、労働組合は強そうだ。時計産業の場合は、経営者側と労働組合とは、集団的な協定を結んでいる。五九六の事業所のうち、四三一ヶ所と四一、六ニ五人(全体の八五・六%)の労働者の間にである。スイスは国土も狭いし、今でも国民皆兵制である。情報も巡りやすい。それに国民所得は高い。金持ちケンカせずと言うように、隣国のフランスの時計産業が労働争議で殆ど壊滅してしまったのとは大違いである。それにしてもスイス時計産業の全従業員の数が五万人足らずとは、少ないような気がする。早稲田大学の在学生の数の半分にも満たない。これで世界の時計のリーダーなのだから、時計産業の規模が小さいとも考えられる。

スイス時計産業の全従業員の数が五万人足らず

 では現実にどのぐらいの金額が生産されているのか最近の数字を見てみる事にする。今年前半、六ヶ月間のスイスからの輸出実績は、八十七億フランで昨年比十九・三%増。このまま一年が順調に行くと、単純に倍して、スイス国内での売り上げの五%を加えると約二百億フランで、二兆円に少し届かない。六ヶ月だけの輸出国ランキングを観てもあんまり意味がないが、傾向はわかる。かってと言ってもつい十年程前は、アメリカと日本が一位、二位の輸入国であったが、それぞれ二位と八位に後退。トップは香港でアメリカの倍、それに中国(三位)とシンガポール(五位)を一つの市場としてみると、約三十億フランとなって全体の三分の一以上を占めることになる。日本への輸出も五・ニ%だけ伸びていて、三億八千万フランとなっているが、二割伸張している中であるから、成長に付いて行っていないのは確かである。スイスから見ると、この半年では四%のお得意先で、輸入額が減っていないのがまだしもと言うところだろう。アジア市場は全体で五五%を占めるようになっている。これは時計だけでなく、自動車や電気製品といった国民固有の趣向があまり関係しない耐久消費財の売れ行き動向も同じようになりつつあると推測される。日本国内市場だけ相手にしていても五%にすぎない。アジアだけ相手にしても五十%を越す。メーカーは、世界を市場にしないとこじんまりと纏るしかない。

新社長の登場でラドー全体にピッリとした気風をもたらす

 さて今年の一月から長い間、故ニコラス・ハイェックの信頼の厚かったラドー社のロラン・ストルーレ社長が引退して、新社長にマチアス・ブレッシャン氏が就任した。ハミルトンを見事にグループ内の牽引車に仕立て上げた人物で、やや成長の遅いラドーのスピードアップが彼に課せられた仕事のようである。この六月に新聞でインタビューを受けた記事がこの号に載っている。ブレッシャン氏は、写真で見ると四十代の精悍な表情の持ち主で、一問一答もやる気に溢れている。要約すれば次のようなことを言明している。
 ラドーというブランドは、今ちょうど転換期に差し掛かっている。確かにロンジンとかチソといった同じグループのブランドに比べれば、成長は遅かったが、それでもちゃんと伸びてきた。採点は中の上と言ったところ。然し現在の売り上げを(金額は発表されてない)五年で倍増する。価格ポジションは、現行の小売り千〜三千フランにとどめる。この価格内でハイテク素材の採用をどれだけ推進できるかが問題だ。先進的な素材を使って、純度の高いデザインの時計を作るのがラドーの使命である。現在の顧客年齢は、四十五歳前後で、男女比率は半々だ。年齢の高さは、問題ではなくて、顧客のデザイン感覚や精神年齢の方が重要とみなされる。昔のモデルで食べているのではないか言われるが、いわゆる旧型のいかにもラドーと言うモデルは、中近東とインドが主流市場で、例えば中国では、モダンなシントラが売れている。需要のあるところに、生産を止めるわけではないが、ラドー全体をイノヴェーションの代名詞にするよう一年間で成し遂げたい。ラドーのデザインは好きな人は好き、嫌いな人は嫌いとなるが、それは仕方がない。全ての人に気に入る時計でなくて良い。
 温厚で口数の少なかったストルーレさんの引退は残念だったが、新社長の登場でラドー全体にピッリとした気風をもたらすに違いないように思われる。しかも五年で売り上げ倍増はお手並み拝見と楽しみである。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む ■2011年9月20日 火曜日 15時26分59秒

松本市の町離れを辛うじて救っているのはサイトウキネンだといえる

 九月に入っても夏休みが明けた後のFH誌がまだ手に入っていないので、閑談をさせていただきたい。
 八月の終わりに、このところ毎年になったがセイコーエプソン社のご厚意で、松本市でひと夏に渡って開催されるサイトウキネン音楽祭のメインイベントに行くことが出来た。小沢征爾が指揮するバルトークのオペラ「青ひげ」だった。その夜は、小沢さんの体調が悪くて代演であったけど、音楽そのものは、指揮者が練習で造り上げているので、一日ぐらい出れなくて、変わらない。親方がいなくても頑張ろうという気迫が、かえって感じられたぐらいであった。
 十年ほど前になるだろうか、私は二十名ばかりのお得意先の団体を引率してベルギーの首都・ブリュッセルの街を歩いていた。過度に端正な細面だが、伏目勝ちに外套姿で散歩するベラ・バルトークの銅像が路上に建てられていた。隣にいた大阪のおばさんが「何や時化(しけ)たオッサンやなぁ」と歓声を上げた。この印象は、まさしく深味はあるが、暗い音楽を作曲し続けたバルトークの本質をついている。バルトークは、ハンガリー人で、ヒットラーと対立してアメリカへ亡命し、1945年にニューヨークでなくなっている。作曲家としては有名だったが、人付き合いの悪い男だったらしい。今回は、その人のオペラとこれも奇怪なストーリーのバレェ「中国の不思議な役」の二本立ての公演で、よほどの音楽好きでも、少しためらう演目である。しかし、二日間とも完売で、インターネットでも取れないと、ある友人が言っていた。小沢人気というのは、すごいものだ。当夜観て聴いた公演は演出、舞台装置と共に、素晴らしい出来であった。難しい曲でも、優れた演奏にあたると、耳に素直に入ってくる。
 サイトウキネン・フェスティバルというのは、指揮法を斉藤秀雄という先生に学んだ生徒たちが、小沢征爾を中心にして集まり、先生の徳を偲んで年に一度どこかで音楽祭をしようかと始めたお祭りである。世界中から演奏家がやってくるから、旅費だけでもお金がかかる。あまり小さな街では、セイコーエプソンのようなスポンサーが地元では見つからない。オペラハウスやコンサート・ホールのような施設もいる。なければ町に建ててもらわねばならない。今年は、二十年目になるそうだが、夏になると松本は、サイトウキネン一色である。町のあらゆる商店にポスターが飾られ、通りにはのぼりが下がっている。町全体が夏休み期間中あちこちで催される音楽会で、ウキウキしている様子が感じられる。
 事実、松本の町は人口十二、三万人だろうか、この十年ですっかり美しく魅力的な町になってきた。新しく立派なオペラハウスも出来たし、美術館も新しくなった。どうして松本が、サイトウキネンの開催地と決定したのか、そのいきさつは知らないが、一時奈良にも打診があったと聴く。奈良市が小沢さんの要請をうけいれられなかったという話であった。奈良には、昔の文化遺産が沢山あるからいいが、当時決断した松本市長は偉かったと思われる。それに松本には、旧制松本高等学校があって、文化的素地も、明治政府になっても保たれてきた。東京・大阪のような昭和になって近代化の津波に襲われた大都会は別として、旧制高校のかって存在した町、しかもお城のあるところには、文化のにおいが残っている。弘前とか松江、熊本、岡山などを頭に浮かべてもらうと、解るだろう。仙台や鹿児島にも多少ある。松本を周辺地区産業の発展による、人口ドーナツ化、車の発達による人々の町離れを辛うじて救っているのはサイトウキネンだといえる。
 よく町おこし運動を言う人がいるが、大抵は、人工的魅力のあるものを作って、例えば我が大阪にあるユニバーサル・スタジオ(ディズニーランド如きもの)だが、他所から人に来てお金を落としてもらう発想である。札幌にあるラーメン・スタジアムみたいなものは、観光客が主で、地元の人は通わないだろう。本当の町おこしは、地元の人が楽しみにそこにやってきて、それが人々とつながって創る事にある。地産地消といわれるが、商品は世界中をいったり来たりしないと、繁栄はない。おしつめると、全世界が自給自足に成ったら、それでいいのかという事になる。大切なのは、地元でお金を使うことだが、今やあちこちに大きなショッピングモールが出来、TV、IT通販が盛んになって、町にまで足を伸ばし買い物に行くことが面倒になってきている。私の世代には、恐ろしい時代になりつつあると思われるが、若い世代は、これを当たり前として育っているから、それなりに楽しいのだろう。かって町の中心に立つと、店店は、生き生きと商品を並べ、人々が集まっていた。地方の小都市に行くと、今や昔の繁華街に人はなく、半分がシャッターを下ろしている。この間も、美しい町の肥前唐津に行き、どうしてこんなに大きく立派な病院が立ち並んでいるのに、町は死ぬんだと言ったら、同行の娘にたしなめられた。それでも十一月の「おくんち」の祭りのあるときは、すごい人出になるという。音楽祭でなくとも、お祭りは、町を救うことが出来る。お祭りを文化的行事と言い換えてもいいだろう。
 松本には時計博物館がある。元々は、個人の寄贈品を展示したもので、松本城の中にあったが、十年程前に市中の独立した。そのために建設されたこじんまりはしているが、立派な建物の中にある。なかなか面白い収集なのだが、松本市の経営になったせいか、展示・解説共に、おざなりという感が時計好きには残る。大体、古時計を集めると言う行為が狂気の沙汰に近いのだが、系統立てて展示する事によって、狂気がすっかり消されてしまっている。学校の課外授業みたいになっているので一度観ると卒業した気になって、今回は行かなかった。博物館に予算があって時計好きの館長が収集品を年々増やすことが出来れば、話は別であろう。日本中の奇徳な人々が少しでも自身の集めた時計をここに寄贈するシステムが出来れば、いいのだがと思う。そのためには、時計の知識の豊富な学芸員、それも複数の人が必要とされている。美術館や博物館は、立派な建物と収集品だけでは成り立たない。経営者である館長は、人格・学歴共に優れていて、どうすれば館員の意欲を高め、人を集める企画能力に力を発揮する人物でなければならない。サイトウキネンは、偶小沢という人材を得たために成功したといえる。博物館の経営も同じ事で、無事これ名馬と考えるお役人では、そうは行かない。時計博物館に人材を得れば、観に来る人が時計に興味を持つようになるし、ひいては時計の売上げに寄与すると考えるが、効果が直接的につながらないので、日本の商業人は一般に冷淡である。大阪のサントリーという会社は、商業美術と日本古来の美術を中心に、かってオーナー社長・佐治敬三さんが、主として買い集めた収集を展示する為にサントリー美術館を作っている。さすが大阪の人は、採算があまり取れなさ過ぎて、大阪市に譲ってしまったが、六本木では、開館している。
美術を見たからといってサントリーの製品を買うわけではないが、心意気がうれしい。
佐治敬三さんとは、色んな会合でお会いしたが、開けっぴろげで誰にも隔たりを感じさせなく、ユーモアあふれた人物であった。その甥にあたる次の社長の故鳥井信一郎さんは、私の親友であったその佐治さんが面白い事を言っている。経営者としては、落第かもしれないが、何が儲かるかばかりでなく、何が面白いかと考える人があってもいいだろう。
 セイコーの中輿の祖といわれる服部正次さんは、私の父親の上司の上司であったが、私も辛うじて面識があった。神経の研ぎ澄まされたピリピリとする感じが残っている。勿論、セイコーエプソンの前身、諏訪セイコーの社長で、茶人としても有名であった。茶道具の蒐集が有名で、ご長男で経営者としても才能を惜しまれつつ、早逝した服部一郎さんの近代フランス絵画の蒐集と共に、諏訪湖半のサンリツ美術館に展示されている。サンリツとは、服部家の資産管理会社の名と聞かされたが、これなんかセイコー・エプソン美術館とどうしてしないのか?部外者にはよく解らない。複雑な理由があるらしいが、ネーミング・ライツ(命名権)が売り買いされる世の中であるのに、事情はともあれ、惜しい気がする。文化の香りがある程度消費者の選択に影響する世の中になっている。ある人が、アメリカでは本業ですごくもうけているだけでは、尊敬されなくて、野球チームを持っているとか、オペラに巨額な援助をしているとか、本業とは係りのない形で、社会に参加していないと、本当に重んじてくれないのですと言っていた。その人は、カプコンというゲームソフトの創始者だが、今はカリフォルニアに巨大なワイナリーを買って、すごいワインを創っている。そういえば、芸は身を助けるという諺が日本にあったのを思い出した。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(第十二号・七月七日刊) ■2011年9月20日 火曜日 15時11分2秒

新しいクロノメーター・コンクール

 セイコーとスイスの電子時計中央研究所(CEH)が、クオーツ時計のプロトタイプを完成したのは、1967年であった二年後の1969年、セイコーとロンジン、オメガなどが殆ど同時に商業化に成功している。その時以来、エレクトロニック分野の、得意な日本がスイスに対して優勢を示すようになったと人々は思いがちだが、事情はそう簡単ではない。
 機械時計の分野でも、日本は優勢になりつつあった。クオーツ発売後でも1975年の日本における機械時計の年間総生産量は、約三千万個、その時スイスはその三倍の九千万個近くあった。しかし、十年後の1985年(昭和60年)には、その数字が逆転して、日本が四千万個弱、スイスは三千万個強になっている。最大の原因は、スイスでの生産個数の大部分であったピンレバーの安物が、日本や米国製の機械式時計に対抗できなくなった為である。
 まあ人口八百万のスイスと人口一億以上の日本では、人々の量に対する観念にかなりの差がある。高度成長期にあったその当時の日本では、団体旅行といえば少なくとも百人以上を意味していたが、当時のスイスで十五人も時計工場に見学に行くと、立派な団体扱いをしてくれた。日本の日の丸と、スイスの赤地に白い十字の国旗を工場の玄関に掲げて歓迎してくれた。こっちはこんな少人数で申し訳ないと思っていたものだったが、その頃の熱海や別府や紀伊白浜の温泉地でも、千人以上も一度に泊まれる旅館が全盛を極めていた。沢山の人間を泊めることの出来る施設は上等という概念が一般に存在した。この心理は、日本が大量生産と品質の保持を工業製品にも同時に適応させることが出来たのと関係なくはない。質と量を両立させて当然という考え方が製造者だけでなく、日本の戦後社会では主流であった。大学のマンモス化もそのその流れの延長上にある。ところが、スイスだけでなくヨーロッパ人の考え方では、良いものは沢山出来ないし、高くつくのは当たり前というのが主流である。安くて高品質の日本製品が欧米を席捲したのは当然であった。
スイスでは、以前に時計のクロノメーターのコンクールを時計技術向上のために、ニューシャテルの天文台で催していた。ところが、応募作品の中に、セイコーが入ってきて、毎年優秀賞を受けることが多くなり、ついには諏訪セイコー(現エプソン)がある年、最高位を独占するようになり、1967年に中止してしまった。セイコーの技術を称えるために、スイスの時計産業がお金を出すのは馬鹿馬鹿しくなったというのが本当の理由だったらしい。天文台のお墨付きは、時計の精度に対する最大の保証みたいなもので、当時、オメガの最高級時計コンステレーション(星座の意)の裏蓋には、星と天文台の図柄が浮き彫りされていた。
 近年スイス時計業界も自信を取り戻したのか、三年まえから、クロノメーター時計の国際コンクールをル・ロックルで再開された新聞記事がFH誌の今号に載っている。実は、ニューシャテルの天文台でのコンクールを中止した後、時計は精度ではない、デザインであるとスイスの各メーカーが誇る貴金属・宝石を使用した時計を毎年展示する「モントレ・ビジュ」(時計及び宝飾品の意)展が、翌年からジュネーヴのテート美術館で始まっている。このショーもいつの間にか消えてしまったようだが。
 今度のコンクールの目的は、「デザインとか、複雑性(コンプリカション)よりも精度を購入動機の一位にするため」とある。だから腕時計だけで競われるが順位その他は公表しなかった。最初の年の2009年には、十六個が参加して、優勝者だけが公表された。今回は、スイス国内ばかりでなく、フランス・アメリカから出品もあって、計十八個。企業で十社、時計学校から四校。企業からは、トゥールビョン機構を使ったものと便はないもの半数づつ、時計学校の作品は、昨年から特にエタ社がこのために提供したキャリバーETA六四九八というムーブメントを使った時計。時計の精度を生み出す精隋は、調整にあるというコンクール組織委員会が表明している。その参加全品が揃って、ロックルにある時計博物館「シャトー・デ・モン」で公開された。街外れの丘上にある広い庭を持った美しい城館である。このコンクールも元々製造で財をなしたサンドス家の別荘を時計だけの博物館に使用するようになって五十周年の記念行事として二年毎に開催されるようになった。今回からは、結果は公表されるらしく「金・銀・銅のメダルが得られなくとも、審査されるだけで、優秀だから落胆する人のないように」という審査委員長の政治的とも取れるクーベルタン男爵のような発言が載っていた。参加した時計は、ビエンヌにあるスイス公式クロノメーター検査協会や、フランスのブザンソン天文台などで、これからも数ヶ月に渡って、テストを受け、結果が出るようである。日本も次回から時計学校ぐらいから参加して欲しい気がする。

スウォッチ・グループによるムーブメント供給

 かってニコラ・ハイエックが、生存中に、我々が折角苦労して開発したムーブメントを、競合相手が買って、我々のブランド(例えばオメガ・ロンジン)と市場の取り合いになる、こんな馬鹿な事があるかといっていたこともある。多くのブランドがETA社からムーブメントを買っていたから、もう売らないとハイエックが言明して以来、各ブランドは恐慌を来たし、いつそれが実行に移されるか、その対応に長い間明け暮れていたといってよい。スウォッチ・グループは、完成ムーブメント製造のETA社だけだなく、ニヴァロックス社のようなテンプ周りといった重要部品を作る会社も傘下にあるので、ここから供給を受けている独立したムーブメント製造業者のラ・ショードフォンにあるセリタ社にとっても、頭痛のたねであった。
 数あるエボーシュ製造会社(ETAはその一社だったが製造が徐々にここに集約されてきた)にしても、ニーヴァロックス社にしても、元々は沢山のブランドの部品下請け業だったが、スウォッチ・グループに入って、垂直産業の一部門になっている。困ったブランドは、おそらくスイスの公正取引委員会に泣き付いて仲介を願い出た。2009年末に一方的な供給中止声明が出て、公正取引委員会はやっと腰を上げ、今年の六月になって、スウォッチ・グループが独占、カルテル禁止法を犯してないか、法的審問にのりだし、斡旋に手をつけ始めた。日本在住のあるスイス人にくくと、スイスの公取は、アメリカと違って、産業の保持に回るからね、消費者に直接かかわらない限り、弱者保護ともいえないねといっていた。
 ハイエックの息子で今はスウォッチ・グループのトップであるニックは、審問に答えて、一昨年のように突然不況が来ると、注文は全部キャンセルして、売れ出すと注文が殺到する。まるでスパーマーケットに出してるみたいだ。我々は、ぜんぜん売りたくないのではなくて、売りたい先に売りたいのだと息まいている。
 公取との話し合いの結果、2012年より十五%づつ供給を減らす、ムーブメント製造会社に対しては、三十%づつ減らすという取り決めになったらしい。また新規の注文先の要請には、応じる必要なし、と新聞は報道している。日本製のムーブメントにも、もしも性能と価格が合えばの話だが、お呼びがかかるかもしれない。この記事も今号に出ていた。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■FH誌を読む(六月十六日刊・第十一号) ■2011年8月2日 火曜日 10時1分2秒

スイス製の基準について

 この頃あまりJIS規格という言葉を聴かないなと思っていたら、殆どが国際規格の方のISOに収束されてしまったらしい。JIS規格のある製品は、優れたものと感じるのは、老いぼれ世代らしい。今回の震災で東北の部品工場が被害を受けたため、アメリカで自動車の生産が出来ないなどのニュースを聞くと、I・S・Oもむべなるかなと思う。
 時計の部品も大抵はI・S・Oにのっとっているらしく、今年も二年毎の時計技術部門の大会が五月九日から五日間、ベルリンで開催された。参加国は、ドイツ、中国、フランス、香港、日本、スイス。時計はこれらの国々とロシアでぐらいしか作られていないと見てよい。まず、こんな震災後の時期にあえて参加した日本代表団に被災への同情が表されたという。電池関係、アレルギーをもたらす金属やら危険な物質の関係、硬質ケース関係、金メッキの方法と厚みに対する関係、耐震度の見直しなどの分科会に分かれて、専門的討議が行なわれ、色々な議決が成されたようである。部外者にとっては、よく分からないがこういった規格の制定は、世界中で優れた品質の時計や、優れた全ての部品を生み出す源泉になるだろう。この報告はFH誌今号の巻頭に載っている。
 I・S・Oは、全世界の製品の質の向上を集合的に目指しているが、各国は自国の製品の市場における優位性と主張したい。特に小国であるスイスにはそれが強い。
 五月十九日にFHは、スイスメイドと表記するための基準を、価格にして、クオーツや・機械のムーブメント部分については、六十%以上スイス産を使用しているものに統一した。これまで機械ムーブメントは、八十%以上であった。但し完成した機械時計の八十%以上はそのまま。スイスメイドに対する全世界の消費者の信頼度の高さを楯にして、なんとしても産業を自国にとどめておきたいスイスの気持ちがよく出ている。スイスは、小さな人口約八百万人の国だから、五十人、百人の雇用の創造は重要となっている。
 この記事もFH今号に載っているが、部外者にはアイマイで、よく読んでも何を本来意図しているのか、なかなか読み取れない。ある意味では、競争相手同志の組合であるFHの中では、色んな各社の思惑と妥協があるだろう。日本人のように黒か白か、勝ちか負けかをハッキリさせたい心情には理解しにくい。外交とか国際関係は、こういった駆け引きの延長線上にある。

ショパール社とカンヌ映画祭

 時計製造上の規格や法制をいった、私にもよく分かってない話題は、これぐらいにして次に移る。
 夏はなんと言っても休暇の季節である。スイスでも人々は一ヶ月近く休むから、時計工場も殆ど閉めてしまい、日本からでもなかなか連絡が付かず、商品も来ない。日本でもきっとそうなるだろうと十年ぐらい前は予想していたが、この失われた二十年うちに、人々はまた働かざるを得なくなって、休暇は旧盆前後の十日ほどになってしまった。働く事はよいことだったと、怠け者の私は内心思っている。日本人は、休日でも、やれどこへ行くだの、忙しい時に出来なかった事を試みるだの、予定を立てたがる。休みを働くのと一緒の規律で行動する。休暇(ヴァカンス)のヴァカンスとは、空っぽという意味である。全てを空っぽにして、何も目的を持ってしないというのが、休日である。イタリア語にファールニエンテという言葉がある。何もしないという意味だが、これに美しいという形容詞を頭につけてベル・ファールニエンテという。「無為たる事は、美しきかな」とイタリアでは、無為の人は、うらやましがられるが、日本ではプー太郎と呼ばれる。
 昔、夏にパリへ行くと、鳩とアメリカ人観光客しかいないといわれた時代があった。八月のパリは、パン屋も八百屋も肉屋もみな閉店して、ヴァカンスに出かけていた。日常生活に不便を感じていたが、不満はあまり聞かなかった。そういや、交通ストでも、働く人の権利だからと、フランス人はストに寛容である。今は時期をずらして休みを取るようになって、八月のパリでも店は開いているようになっている。これを進歩と見るべきか、退化と見るべきか。日本人にとって避暑とは、暑さを逃れて涼しいところに行くことだが、パリ人はみんな暑いところに行く。第二次大戦前の避暑地は、ドーヴィルとかビアリッツとか、大西洋岸にあって涼しかったが、戦後は南フランスに中心は移ってしまった。昔の避暑地は、年中ホテルなんかも開いてなくてシーズンになると開店した。開店初日に隅々泊まって記念品など貰った事がある。フランスでは、必ずといっていいがカジノがあり、エルメスやカルチェといった高級ブテックも開店する。私なんか、避暑地に滞在して、誰がこんな高いダイヤモンドを買うのだろうと思うけど、富の偏在は昔から存在した。日本人はお金持ちといっても、こういった行動に出る人は少ない。あるいは少なかったと言うべきか。
 南仏カンヌは人口七、八万の小さな町だが、夏休みになると,沢山の人が北から下ってくる。おそらく人口は、三倍以上にはなるだろう。ヴァカンス時期には、町の経済は、活気を帯びるが閑散期には下落する。そこで考えられたのが、映画祭だったと思われる。五月中旬に開催されるが、今年が六十四年目になる。お祭り好きで、演出のうまいフランス人がやるのだから、年々人気となって、映画関係者にとっては、時計人にとってのバーゼル見本市といえるものになっている。
 ショパール社のオーナー社長である(兄と二人社長制)カロリーヌ・ショィフェレは、映画好きで、十年以上前からカンヌ映画祭の時計宝飾品部門の会社の公式スポンサーになっている。今回は、あと三年の契約を交わしたという記事が今号のFH誌に載っている。また以前からショパール賞を作って、有望な新人に与えている。私は新しい映画について無知だから、今回の受賞者の名は上げないけど、選考委員の中に、懐かしいクロード・ルルーシェ監督(男と女)の名を見つけて嬉しかった。映画祭全体の選考委員長は、「タクシードライバー」のロバート・デニーロで、彼はショパール賞の贈呈式にも、カロリーヌと並んで出ている。
 映画祭は実は、大きな社交場であって、そこでショパールの名が芸能人、俳優、派手好みのいわゆるセレブたちの中で、認識されれば、宣伝価値があるものとみなされるのだろう。カンヌのマルチネス・ホテルといえば、最高の格を誇っているが、その最上階を「ショパール・ラウンジ」として借り切り、彼女が有名人を招き、豪勢なパーティを主催した様子も報告されている。
 日本でもあちこちで映画祭が開催されるが、真の映画好きか、プロがあちこちのホールを巡るだけで、作品を見ることも大切だが、より以上に大切な情報交換源であるパーティは成立しない。グランプリの表彰といったところで,よほどのスポンサーがつかない限り、小学校の卒業証書授与式の延長みたいなものである。映画祭の広告活動に巨額な投資をするメーカーの気持ちは、普通の日本人には理解できないだろう。すぐに役立たない事に、我々はなかなか金を払わない。最近テレビを見ていて感じるのは、画面で販売するCM広告の多さである。これなら広告効果がすぐに判定できる。テレビの露天商化は世界中同じだろうか。
 FH誌の別の紙面でカロリーヌ・ショイフェレが売上げ向上にカンヌ映画祭にどれだけ貢献するかという新聞記事の質問にこう答えている。「その効果は、正確には解らないけど、大賞の表彰式ですべてが終わるわけではないわ。具体的な成果もない事はないの。女優のウマ・チェルマンさんに開会式の時してもらっていたイヤリングが翌日売れたわよ。六十四個の宝飾品で構成する赤いじゅうたんコレクションを展示したけど、そのうちいくつかはロシアや中国で展示されるだろうし、いろんなことが続いていくのよ」。まあ非常に女性的な返事で彼女の口調を想像して訳してみた。この一問一答は、カンヌに使う予算はあるかと聞かれて、勿論予算は作っているが、いるものはいる。カンヌ映画祭はお金だけじゃない。日本の大震災の見舞金のためのファッションショーもおかげで開催できたしと破天荒な返事である。中国やインド、南米が将来、有望な市場で、オリジナルな考え方でやりたい。色んなことをしたくて、例えば映画を作るとかを考えても、時間がない。成長するには、これまでの伝統、つまり品質を守るしかないとやや支離滅裂。そのほか、実に愉快なインタビューであった。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■流通経路を全部知る事は、メーカーにとって両刃の剣となる (第十号五月二十六日刊) ■2011年7月14日 木曜日 13時8分37秒

 フィリップ・モリスという煙草会社がある。年に八千億本以上の煙草を製造する。その主たる消費国二十カ国に出荷する全ての箱の販売経路を即座に割り出すシステムを二〇〇七年から導入している。ニセモノ、密輸、並行輸入を防止するのに絶大な威力があるようである。このシステムの責任者を招いて、この五月にスイス・クロノメーター協会が昼食勉強会をニューシャテルで催した。時計業界人の反応は、微妙である。FHのニセモノ対策委員長のミッシェル・アルノー氏も、全部のメーカーをテーブルに付かせて、同じルールで追跡調査をするのは不可能とサジを投げている。莫大な量の煙草でも出来るのだから、スイス時計をひとまとめにして、システムに乗せるのは簡単なようである。ルールを作って適用するだけで良い。全部の時計に見えるコードとかくしコードを同時につければ、問題は全く解決すると、フィリップ・モリス社の意見。しかし、現状では、多くの時計ブランドは、密輸、並行輸出、ネット販売といったグレーゾーン商売から、何らかの利益を得ている。社会全体が、もっと流通の透明性を求める気運になってから取り組んだ方が賢明ではないかと、時期尚早を語る人もいる。然し、世界の全ての地域の流通経路を捕捉するシステムは、すぐに出来るという事は頭に入れておいていい。
 この新聞記事を読んで思い出したことがある。もう四十年近く昔のことである。当時、私の会社は、セイコーの卸代理店だったので、主としてセイコーのことしか解らないが、一九七〇年代に入ってから、時計は売り手市場から買い手市場に変わりつつあった。工場は、拡張に拡張を重ねて、生産過剰になりかけてきた。セイコー側から、卸売りに対して販売ノルマを課してくる。量に対するインセンティブもつけてくる。それまでは、供給してもらうだけで有難かった卸商は、量の魅力には弱い。売ったものが勝ちという風土が、時計だけでなくあらゆる工業製品の世界で優先していた。どうしてもグレーゾーンの商売に、ノルマを消化するには、踏み込まざるを得なかった。セイコーの時計が、定価販売で泰平の眠りにあった正規の小売店以外の店で、安く売られるようになる。あるいは、小売店の中でも安売りに転ずるところも出てくる。供給する卸店がいるからそうなると、時計小売組合は、セイコーに全商品に製品番号を打刻して、流通経路を明確にせよとセイコーに迫り、渋るセイコーに一部目立つ製品の打刻を実施させた経緯がある。無論これで乱売は防げなかった。
 現在中国を中心とするアジアの消費意欲は高く、売り手市場になっている。しかし、そのうちに供給過剰になるはずである。その時、商品はアジアから逆流してくる事は、当然予想される。
 FH誌には、社会の構造が商品の流通透明性を要求する時代が来る。そちらの方が経営上のブランド力強化のために実施すべきという要請より強くなるだろうと予言している。自宅近くの八百屋さんでも産地名と生産者名が表記される時代になっている。これは買手の信頼を増す一つの補助手段に過ぎないだろうが、農産物とは異なって、量産工業品の場合、流通経路の調査が販売戦略に大きな意味を持っている。生産者の希望するチャネルで売られているかどうかが、一目瞭然で判明する。生産と販売の両輪が幸せに回っているときは、利益確保のため役立つが、崩れ始めるとかえって足枷になる。荷もたれ品の処理がおおっぴらに出来なくなるためである。経路の捕捉に全面的な賛同が得られない理由がここにある。

三大競売会社のオークションで四十億円を売上げた

 この辺で暑苦しい話題を避けて、アンティーク時計の動向に目を向けたい。FH誌の今号に、五月初旬の土・日曜日に、在ジュネーヴの三大競売会社のクリスティ、サザビイ、アンティクオルムが行なったオークションで約四十億円が売れたというニュースが出ている。ロレックスのオイスターではない、スプリット秒針のクロノグラフが一億円という過去最高値で落札されている。一九二八年製のパティックのクロノグラフが約三億円といった調子で、クリスティが昨年比二十五%増の約二十四億円。サザビイの総額が約八億円。一九六〇年製のイエローゴールドのパティックの永久カレンダーが(品番二四九九)が七千万円。何と新入りのグルーベル・フォルセイが三千万円。入札に来る人の国籍も増えていて、若い世代の収集家も姿を現しているとは、サザビイ社の弁。クリスティやサザビイは、ロンドンに本社を置いて、絵画・家具・不動産に至るまで、色んなものを扱っているが、アンティクオルム社は時計専門である。ここの売り上げ(落札額)が約八億円。競売にかけられた、三十三個のジャガー・ルクルトのレヴェルソ(時計が裏返しになる構造)の一九三一年、一九三三年、一九三六年、の三個が比較的高値で一個三百万円強。ここでは、一九三三年のヴァシュロンの三十日巻きコンスタント・フォース(巻き戻りの力が一定の仕組)のクロックが約二千五百万円、ブレゲの銀製旅行用複雑時計のクロックが約二千万円で落札されている。
 競売会社の仕組は、テレビの「何でも鑑定団」と同じことである。番組では、モノを持ち込んだ人が自分で値をつけて、鑑定する専門家が正当な評価を下す。本人の期待と専門家の落差が番組の面白さを作っているが、サザビイやクリスティでは、専門家が始めから大体の評価をつけておき、入札参考価格としてある。落札の前に、プレヴューと表して入札希望者に公開する。競売業者は、買い取ったりしない。優れた鑑定家を擁して、落札された品に対し、売り手と書い手から手数料を貰って成り立っている。商品の値段は、需要と供給で決まるとされるが、オークションでは全くストレートにそれが行なわれている。
 最近日本でも質屋さんが繁華街に店を張って一時使用されたもの、特に中古ブランド品を売るようになってきた。買取専門店のお店が、あちこちにあるのも、その現象の反対面である。今は生活に困っていなくても、普通人が中古品を平気で売ったり、買ったりする時代である。この場合、買手は売り手からなるべく安く買って、手持ち在庫にすることに、利益の源泉がある。日本では、業界の中でも、この方式であって、入札方式であろうがなかろうが、誰かが再販のために在庫する。入札会・競売は、主として業者間であった。オークションハウスは、再販するが在庫はしない。返品も取らない。但し、誤った鑑定は信用にかかわるし、顧客への賠償につながるから真剣になる。富豪や貴族が死の床にあるときは、サザビイやクリスティの番頭さんが日参するという笑い話がある。ヨーロッパでは、たいした資産家でなくても、競売屋を利用するらしく、大きな町なら大抵一つや二つは存在する。
 実はこの五月にメルボルンの通りすがりの高級住宅街にオークションハウスがあって入ってみた。名前はどうでもいいが、「レナード・ジョエル」といって昔の大きなお屋敷をそのまま使っていた。家具、美術品などが所狭しと広い展示室に並べられている。人気はやはり宝飾時計で、いろんな人が見に来ていた。但し並んでいる品々はそんな高級品は少ない。週日は下見、日曜に落札会をやるらしい。同行の娘と妻が、安い宝飾品を面白半分に最低価格で入札していたが、後日落ちなかったと判明した。会場には生臭い空気は淀んでなく、みんな遊びながら検分を楽しんでいる感じで,なかなかよかった。フリーマーケットの気分だった。
 帰りに香港へ寄ったら、クリスティの大々的なプレヴューが海に突き出したあの巨大な大展示会場で開催されていた。絵画では、ピカソやマティス級、宝飾でも大きなダイヤモンドや翡翠が下見に出されていて、沢山のいかにも金持ちらしい人々が詰め掛けていた。百万円以下のものは殆どない。目の正月を楽しんだだけで退出した。カタログだけは購入したが,美麗なもので、ホテルの部屋で眺めているだけで楽しかった。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■SWISS MEDEの表記基準について ■2011年7月6日 水曜日 14時50分3秒

 ごく最近のことだが、偶々TVの通販番組を見ていて、GRUBEL SWISSという名称の時計が売られていた。スポーツタイプの男女セットで一万円というから、SWISS MEDEではありえない。しかも、アナウンサーが日本製の機械(クオーツ)を使っているから安心ですと助け舟を出している。確かスイスの法律では、時計の価値の半分又は六割以上がスイス製ならスイス製と銘打ってよいとされていたと、うろ覚えだが記憶している。SWISSと文字盤に書かれていることは、単なる商標なのだろうかという疑問が残った。昔、日本にも「スイス堂」とか「スイス時計店」といったお店が各地にあったことを思い出した。
 FH誌の今号(第九号・五月十一日刊)の巻頭でFH会長のパッシェさんがスイス製表記の問題で警告を発している。現状では、スイス製の部分が以外に少ないのに、表記が許されているし、それをうまく利用する会社が増えている。FH会員よりも非会員に多い。スイス製表記の内容強化には、会員の八十%以上が賛成だし、低・中価格時計製造の人々にも賛同を得ている。その中には、これ以上規定を厳しくするとやっていけなくなり、表記に頼って売る戦略をつくり直さねば成らなくなったという会社もある。各社が各々のブランドを拡大するために努力しているが、そもそものスイス製というのが、その基礎となるべき一大ブランド、集約的な品質ブランドである。スイス時計産業の各分野が、いわばこのブランドの保有者だから、永続性の保持に責任がある。規制の強化は、スイス国内での研究開発を必然とするから、よりイノベーションの場になる。スイスで生産する事によって、雇用の機会が増える。低価格・大量生産の時計でも事情は同じことである。今日まで多くの時計会社が外国の会社も含めてスイス内で設備投資をしているが、明らかにスイス製という表記の効用を確信しているからである。この確信がスイス産業全体のあり方を強め、中小企業に活力をもたらしてくれる。外国から部品を購入するのは、常に可能だが、時計全体に占める割合は、ある程度にとどめるべきである。その割合の正当さにスイス時計産業の存在がかかっている。
 パッシェさんの論旨は、協同組合的組織の長として、当然とはいえ、具体性に欠けるが言わんとしている事はハッキリしている。極端に言うと中国から部品を全部調達して、国内で組み立てるだけでスイス製といって良いのかという疑問が出てくる。こういった声明を出すこと事態が、スイス時計産業の問題点を浮き彫りにしている。
 日本の場合は、中国における部品の品質に信頼が今ほど置けなかったし、人件費のかかる組み立て工場をまるごと人手の安い外国へ持っていったといってよい。勿論そのときには、技術が流失する。時計だけでなく、家電品でも、メイドイン・ジャパンの行方がどうなったか、我々がよく知っているところである。製造の現場は人手のかからぬ外国で、技術開発のみは国内で、とは簡単にはいかないだろう。
 現在スイス時計で好調なのは、ごく高価な機械式時計である。エレクトロニクスを一切用いてなく、しかも高度な手工業的技術では舌を巻くような構造のものが多いが、正確な時間を日常の生活の中で読み取るという点では、安い電波時計には及ばない。高級スイス時計は、普通の生活を人が送るには全くの不用品である。安くて正確な時計は、有り余ってしまって、世の中に溢れ、これまた不用品になっている。時計の製造もさることながら、年々マーケッティングの方が重要になっている。衣食住の中で、どうしても必要とされるものと、そうでないものがある。そうでないものへの欲求が宗教・遊びや文化につながっていくのだが、近年は、いよいよヴァーチャアル化というか、非現実的なものが、現実となる社会になり、不要なものが重要になっている。ゲームソフトを売った方が実用製品を作っているより、現実に儲かるという世の中になっている。

手作業を軽蔑して、工業生産の道に走りすぎたツケが回ってきた

 時計に関して、長年の経験から言うと、不良品率は、メイドイン・ジャパンの方がスイスメイドよりもはるかに少ない。日本の消費者は一番うるさい、日本で製品が通用すれば、世界中どこでも通じるとされている。製品管理の方法では、日本は世界に冠たるものがある。しかも日本人が作る工業製品は優良だが、安くするために大量生産を基本にしている。人件費の安い国に工場を移転したところで、日本の生産管理手法をとる限り、品質は保証されるはずだというのが考えの基本にある。大量生産の手法では、スイスの高級時計のように出荷の段階で不良品のないよう念入りにチェックするわけではない。抜き取り検査をして、その段階で不良発生率が、基準以上なら、生産工程を始めからやり直すのである。あるいは、不良発生の前の工程まで全品を差し戻すのである。日本製が品質は素晴らしいが個性がないと評価される遠因もここにあるかなと思わせる。日本人の留学生がテストの成績は優秀だが、個性が強く、真の創造性を発揮しそうな逸材は少ないとみなされるのとやや共通している。それに、江戸時代には、実に優れた職人が存在したのに、明治の工業化以来、職人技という手作業も軽蔑して、やみくもに工業生産の道に走りすぎたツケが回ってきているともいえる。対費用効果ばかりを狙って製品の開発をしていると、その製品自体の存在そのものの必要性が問われてくると、自滅せざるを得なくなる。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■メルボルンでの想い出 ■2011年6月16日 木曜日 16時2分37秒

 五月の終わりに、所用でオーストラリアのメルボルンに行き、帰りに週末の休日を過ごすために香港に寄った。
 メルボルンは、英国人が最初に入植した町で、キャンベラの前の首都であった。人口300万、落ち着いた美しい都会である。世界で一番住み心地の良い都会とされている。オーストラリアの北の人跡未踏、熱帯の砂漠に、ダイアモンド鉱脈が見つかり、原石を売っているというので初めてオーストラリアに行ったのは1988年で、現地では経済不況のまつ只中であった。そのアーガイル鉱山を見学して、見学といっても日中気温42〜43度という場所だから、長い時間戸外にいられない。行くのも大変だった。近くの飛行場で乗り換えて、工場所有の小型機で半時間ほど、不時着したら絶対に見つかりっこなさそうな大地の上を飛ぶ。滑走路はならした平地の上に、心細く一本走っていて、隅に吹き流しが一本立っていた。あとは何にもない。幸い本社はこれまた美しい町パースにあった。採掘現場からパースまで、小さな飛行機を途中で大きなジェット機に乗り換え、三時間飛ばねばならない。北海道に鉱山があって、鹿児島に本社があるのと同然。従業員は二週間ごとに入れ替えるといっていた。現地採用するにしても鉱山近くにはワニぐらいしかいない。
 帰りは、メルボルンではなくシドニーに行った。シドニーはメルボルンより大きな町だが、町中湾だらけなので、移動に迂回するので手間がかかる。オーストラリア全体の総人口は千八百万人ぐらいで全体にしてみると消費する力は弱い。しかし、都市の外観は堂々とした西欧風である。バブル時代の日本企業は、消費の底が深いと見て続々進出していた。しかし、旅人の目でよく見ると、町のビルの窓窓には、貸家札が張ってあるし、なんとなく元気が無かった。辛うじて過去の植民地の栄光と原料の輸出で食べていた時代であった。
 1991年にメルボルンの都心に大丸がオープンした。大丸に頼みに行って、私どもの会社も時計宝石部を出店させてもらう事になった。当時のメルボルンの時計・宝石店を調査してみると、実は我々の眼から見てロクな店は無かったのである。アングロサクソン系の時計・宝石店は大きい、価格訴求中心のチェーン店である。それに時計店と宝石店は分離している。日本のセンスの良さを売り物にすれば、きっと成功するだろうと思ったが、10年苦労して、大丸の撤退と共に閉店した。現在メルボルンで高級時計店として成功しているのは中国人女性が経営している「モナード」と、シンガポールの「アワーグラス」の出店ぐらいなものである。顧客は、現地の人々よりも海外よりの移民組が多いとみなされる。お金持ちのオーストラリア人は住まいにはお金をかけるけど身を飾るものは地味であった。しかし新しい時代は徐々にグローバル化している。もしも大丸の出店が現在に近ければきっと違う良い結果になっただろう。時も又経営を左右する。
今となっては、天然資源の豊富で、政治的に安定しているオーストラリアには好景気が戻ってきて、二十年前に感じた没落の印象は全くない。メルボルン繁華街の中心にあって、閉鎖されていた劇場は再開され、新しいホテルがどんどん建っている。メルボルンの空港は鳴り物入りで開港された関西国際空港よりは、20年前より拡充されて、はるかに立派になっている。それは帰りに寄った香港の新空港と同じ事で、規模は成田や羽田よりも大きい。1997年に中国返還された香港は、一時経済的将来を危ぶまれたが、中国の発展と共に、反映は続いている。香港の目抜き通りの商店の家賃は、銀座の一等地よりはるかに高価である。不動産価格の上昇は、メルボルンでも同様だが確実に続いている。

中国の時計戦略

 香港を加えて、中国は世界最大のスイス時計輸入国になっているが、時計の生産国としても世界最大に成っている。日本のメーカーも中国で生産したものを自社のブランドをつけて売っている。国内製造の比率は少ない。スイス製といっても、最高級品は除いて、部品を中国から調達している。中国自身でも色んな時計が、トゥールビョンまで作られている。これらを製造している工場群は、多くは香港から移動してきた。現在香港時計製造業組合は、600社を擁し、一社の従業員数平均は2,000人、合計120万人だそうである。その中国的規模の大きさに驚かざるを得ない。
 今号のFH誌(本年第8号、4月28日刊)には、この組合の理事長であるポール・ソー(蘇永強)とのインタヴュー記事が載っている。
 ソー(蘇)は、30年前に時計店の売り子をしていたが、自宅で部品を買って組み立て始め、今やSWEDグループの長として、中国本土に二つの工場を持ち、従業員数2,000人。ルイスというブランドを始め、いくつかの名でファッション時計を作っている。スイスの新聞記者に語っている要旨を纏めてみる。
どうしてスイス時計の下請けを20年もやっているのに、香港では自身の高級時計が作れないのか、という質問にまず答えている。勿論その意志は当初からあって、資金を用意し、最新の機械を買い、優れた技術者も雇用してみたがうまく行かなかった。基本は高級時計の作り方を知らない事に起因する。日本人もスイスに対抗しようと試みたが、うまく行かなかった。(日本のメーカー諸氏、怒り給うな、これは私の発言ではない)この分野は難しい。高級時計には、138もの部品があって、時計工なら誰でも組み立てられるものではない。スイスのように、熟練した時計工は、香港にはいない。スイスで教育して貰ったらという質問だが、実はやってみたけど、スイス人は口では教えるというが、大切な事は教えてくれない、当然とはいえるが。スイスのブランドを買収して作り方を知ろうとする香港人もいたが、大抵失敗している。国そのものがスイス時計産業を保護し、大きなグループが、高級なムーブメントの製造を独占している。といっても、自身で作ることをあきらめた訳ではない。中国本土の技術者とも協力して一歩一歩進めている。現状では、スイスとの協力の理想は、スイス側が研究と開発に専念し、我々が全部品生産に携わるという組み合わせである。スウォッチと中国の「海鴎(SEAGULL)」が提携契約を交わしたように。
 組み立ては、スイス側でしてもらう。スイス製というお墨付きが付く事は高級時計には絶対必要だからね。こうしてうまく利益を分かち合えるのではないか。
 いかにも香港のビジネスマンらしい現実的で犀利な考え方が出ている。もう一つオメガの社長スティーブン・ウルカートさんのインタヴュー記事が今号に出ているので、簡単に紹介したい。ウルカートさんは、以前APの社長だったが、1999年以来、オメガの社長をしている。

オメガの現況

 20年前に中国戦略を立て、今は実にうまくが運んでいる。本土・香港・マカオを一つにまとめて、オメガにとって一番の市場である。次がアメリカ、次に日本となる。総生産量は、年間70万個に達している。現在工場には600名が働いており、グループ間で約千人が別にオメガの仕事をしているだろう。今やオメガの主流は、コアキシャル・ムーブメント(摩擦の少ない特殊な脱進器機構)で、当然単価は上がってくるが、買おうと思えば、大抵の人は買える価格がオメガの身上である。
 昨年のコアキシャルの生産は、30万個であった。今年は35万個にする。生産量の65%は、機械時計だが、レマニア(今はブレゲと協同体)のムーヴを使っている歴史的なスピードマスターを除いて機械時計を全部コアキシャルにするのが目標だ。今年やっとクロノグラフが出たが、こういった手作り的な時計を大量に作るのは、綿密な計画がいる。どうして開発にそんな時間がかかるのかというが画期的なムーブメントを数個作って、出来た出来たと騒いでいるPR好きの会社とは違うのだ。この捨て科白、いかにもウルカートさんらしい。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■バーゼルワールドの今昔(いまむかし) ■2011年6月1日 水曜日 11時55分13秒

 バーゼルで時計宝飾品の見本市が開催されたのは、もっと以前からの筈だが、現在のような組織になってからは、今年で39年目らしい。FH誌の本年第七号(4月14日刊)によると、今年は特に賑やかだったらしい。出展者数45カ国からの参加で1892社、入場者数は百カ国から十万三千二百人で昨年より25%増となっている。その他七十カ国からジャーナリストが三千五十五人集まったという。
 バーゼルワールドというのは、バーゼルフェアの固有名詞化である。昔はきっと、見本市協会のような非営利団体の主催だったのが、今は商売になっている。日本でもそうで、何故かお役所がやるような見本市は、長続きしない。バーゼルワールドには、主催とは別に出展業者の会があって、数年前から以前ロレックスの広報を担当していたジャック・デューシェーヌさんが転出して会長を務めている。今回の出展者は、みんな売上げに満足している。今年に入ってからの景気が良かったせいもあるが、世界の政治事情から、まだまだ油断は禁物だ。しかし、会員のバーゼルワールドに対する期待は大きいというのが彼の弁である。
 デューシェーヌさんは、私同様74,5歳だろうか、旧知の仲である。もう引退して悠々自適の生活に入る年だが、こんな役職を果たしているのは、主催者側が、ロレックスを出展社として何としても引き止めたいという政治的理由があるように見える。四十年ぐらい前だったか、私の会社もその仲間であったが、セイコーの代理店の次代の経営者たちと共に、ジュネーヴのロレックス工場の見学に行ったことがある。ロレックス社も実に大らかなものだった。セイコー関係者に見学を許すとは。こっちもそんなことは当たり前に思っていた二代目ばかりであった。そのときPRの担当者であったデューシェーヌさんが、我々十名をジュネーブ湖畔の「湖の真珠亭」(ぺルル・オ・ラック)という今でも盛業中の料亭へ招んでくれた。そのとき、ご馳走になった全長30センチぐらいの湖で取れた鱒の酒蒸しの美味しさは未だに忘れられない。ロレックスのジュネーブ本社の最上階に役員及び賓客専用の食堂がある。そこに長年務めていたハンサムな支配人がいた。食堂といっても超高級ホテルのダイニングより立派なインテリアで、そこに相応しい物腰の黒服の板に付いた男だった。この時は、セイコーの人々と一緒ではなかったが、この人が釣り好きで、「今朝自分が釣ってきたスズキです」といって唐揚げにしたのを出してくれたことがある。湖で採れるパーチという魚で、全長七〜八センチの大きさ、この味も忘れられない。町なかの上等なレストランで、その後何度も同じものを注文してみたが、比較にはならなかった。我が生涯のまぼろしの鱒とスズキである。
 いつからバーゼルワールドへ行くと、今のように出展業者と訪問の約束を前もって決めて、時間に追われるようになったのだろうか。昔は、出展業者は、よほど人気者のブランドでない限り、暇そうな様子だった。一日の半分は、手持ち無沙汰で過ごしていたのではなかろうか。何か面白いものやブランドがないかと浮気っぽく見物して廻るこっちのほうが忙しかった。小さなブランドだと、社長らしいのが戸口に立っていて、見ていかないのかと首をかしげて誘ったりしていた。写真なんか写すなというのも、しばらく後になってからである。古き良き時代であった。
 昭和二十五年、終戦直後五年ぐらいまでは、日本の時計業界は国産一色であった。時計は、輸入できなかったから、スイス製は密輸しかなかった。小型の婦人用の南京虫と仇名された時計が人気で市場に出廻っていた。占領軍のPXから横流しで市場に出ていたものである。あるいはPXに納入する業者が輸入権を流用したものであった。なにしろ銀座の「服部時計店」、今の「和光」がPXになっていた時代である。私たち、国産時計の卸屋は、セイコーやシチズンといった生産を手がけ始めた工場の製品を充分な量でないにしても供給してもらったから、何とかバンドとか、付属品なども売って食べていけたが、メーカーから売ってもらえない卸屋さんは、密輸品を扱うしかなかった。南京虫は良く売れたから、小売店頭からすぐ姿を消した。もし店頭にあると、すぐに税関に見つかるので、父はよく夕食の話題にあの店にガサが入ったそうだと笑っていた。あれをやれば儲かるが捕まると、服部出身者としての面子もなくなるし、セイコーも売ってくれなくなるから、やらなかったという。社員にも決して密輸品は扱うなと厳しかった。給料が安かったから、アルバイトに手を出しかねなかったからだった。密輸品を扱う卸屋さんのことを多少軽蔑的にビー屋さんと呼んでいた。こんな言葉も今は死語となった。上野のアメ横は、こういった密輸高級舶来品のメッカだったから、ビー屋さんたちは、何とか食べていけたのだろう。
 時計の輸入が、ボツボツ外貨割り当ての許可制で解禁されたのは、昭和三十年代である。当時人気の時計は、オメガ、ロンジン、ロレックス、モバードぐらいだったが、みんなこれまでの代理店があって、外貨割り当ての自社枠を提供して仕入れるしかない。当然スイスから未知のブランドを輸入して売ったほうが、売るのは難しいが儲かるし、直輸入ということで、社名も揚る。これで一番成功していたのが堀田両平さん(現ホッタインターナショナル)のエレクションだった。父もいろんなブランド、例えばニューシャテルとか、オンサとか、今は誰も知らないのを手がけたが、どれもうまくいかなかった。面白いのはピアジェで、まだこの高級時計専門のメーカーが普通のやや薄型の時計を作っていた頃、千個ぐらい買って、資金繰りにふうふう言ってたことを思い出す。ピアゲット、ピアゲットと発音していたが、社員の中に給料の足しにこの時計をやるから売って来いといわれた人もあった。そのピアゲットが一つでも会社に残ってないかとピアジェが有名になった後で探したが残念ながら出てこなかった。

それまで薄型時計の製造に強かったが

 ピアジェ社は、ある時突然宝飾時計に転換し、世界的に成功を収めたのは、周知の事実である。日本では、平和堂貿易の高木克二さんが代理店となって、ピアジェの発展に大きく貢献した。ダイヤモンドが金のブレスレットに輝くピアジェの時計は、銀座や新地のホステスの憧れの的であった。大阪では、「ピアジェ」という名の高級クラブまで誕生して金持ちの客が通っていた。日本が高度成長の途上にあった頃である。しかし、ピアジェ社も急激に拡大しすぎて資金がつき、カルテェを擁するリシュモン・グループの軍門に降った。しかし、一族の中でイヴ・ピアジェさんが会長という形でリシュモンに残り、広告塔のような形で活躍している。平和堂さんのパーティやら、いろんなとこで何度もお会いしていたが、水が合わないというか、あまり立ち入って話をしたことがなかった。この号では、イヴ・ピアジェさんが対談形式の回顧録を出版したという新聞記事が転載されている。外交官的な性格のようで、アフリカのコート・ジヴォアール(象方海岸)の大統領がピアジェの店頭に来て知り合いになって以来、親交を結ぶようになったようである。大統領の依頼でネルソン・マンデラの釈放を早めるため、南ア共和国のクラーク首相との会談を取り持ったこともあったという。フェリックス・ウプエ・ボアニイという大統領はかなり偉大な人であったらしく、1993年に亡くなって以来、コート・ジヴォアールは、いまだ混乱状態にある。イヴ・ピアジェさんはまた、モナコ・レニエ大公とも親しかったといっている。ロジャー/ムアー、クラウディア・カルディナーレ、ウルスラ・アンドレスといった有名な俳優とも一緒に旅をしたこともある。ピアジェ家の四代目は、やっぱり立派なピアジェのスポークスマンだったようだ。対談式回顧録の題は「時の金細工師」である。
 大体三十年ぐらい昔のスイス時計産業の製造のあり方は、一生懸命生産するが、仕上がりは出たとこ勝負という感じであった。コンピューターがまだそれほど活躍してなかった。注文して、受けてから納品するまでの時間をリードタイムというが、大体一年ぐらいかかった。夏休みが学校並みに一ヶ月あるから、11ヶ月だろうか。今のように三から六ヵ月ということはない。バーゼルで注文を受けても、一年後の売上げではあまり面白くない。ブランドといってもほとんどが家族経営だったから、やってゆければ良いというところが多く、バーゼルに出展していてものんびりしていたのだろう。それが新しい計画的マーケッティングの出現で、私の考えではカルティエ社の時計参入が契機となって、厳しく激しい現状に変わったのである。コンピューターの発達により正確な市場及び在庫調査がこれに拍車を掛けてきた。
 それでも、時計業界は、どうも過ごしやすい世界であるらしい。一つは、狭くて、誰がどうしたかを世界中の業界人が噂で知っている。私がお世話になった守屋英明さんはセイコーの米国市場を開拓して、世界最大のメーカーに一時は押し上げた功労者の一人であったが、セイコーを辞めて日本のマックスファクターレブロンの社長を務められたが、またモバードの日本代表にも戻られた。タグホイヤーの高倉豊さんも、ヴィロス本社社長としょっちゅう喧嘩されていて、意見が合わずフランスの高級化粧品会社に行かれたが、やっぱり時計業界に戻られてウブロの日本代表になっておられる。
 今号のFH誌の中では、懐かしい日本デスコのステファン・ラックさんの写真を見つけた。永らくデスコと共に時計業界にいたが、包装箱業界に移って、今度は真空時計で有名なグリシン社の社長兼オーナーになられたとのこと。地元ビエンヌの新聞の一頁記事になっている。是非健闘を祈りたい。日本におられる時は優しい昔のスイス人らしい紳士だった。昔ははじめからケンカ腰という人は業界に殆どいなかった。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■百貨店の発祥は、十九世紀のパリから ■2011年5月17日 火曜日 16時54分53秒

 私たちの子供の頃は、町にあるお店は売っているものに専門があって、八百屋さん、肉屋さん、お菓子屋さん、カバン屋さん、本屋さん、勿論時計屋さん、それに荒物屋さん。荒物屋さんとは、何を売っている店か若い人は知っているだろうか。ザルや籠やほうきや鍋、家庭用品を売っている店で、店内に色々な商品がゴタゴタと置かれていた。こういったお店で、一つの町の商店街が成り立っていた。日本語では、衣・食・住というから衣が商品としては、一番重要だったから、町の大店は反物屋だった。こういった商品を一堂に集めて売る百貨店の多くが反物屋さん、つまり呉服商の主導で始まったのも当然であった。町の通りにあるお店屋さんは、日常生活に必要な物を売り、呉服屋の洗練された眼で選んだ商品を売る百貨店は、高級品を売るという自然の仕分けがあったのだろう。しかも百貨店に行くには普段着では具合が悪いと人々は考えていた。普段着とよそ行き着という観念も日本特有のものといえる。
 百貨店の発祥は、十九世紀のパリである。「ボン・マルシェ」という今でもあるデパートとされている。このあたりの事情は鹿島茂さんの「デパートを発明した夫婦」(講談社新書)に詳しく書かれているから読んでみるとなかなか面白い。ただフランスでは、一応ブルジョワ社会は、既に確立されていた。「ボン・マルシェ」という名前そのものが、このデパートの位置を示している。ボン・マルシェとは、「安くて良いお買い物」という意味である。パリには、元祖「ボン・マルシェ」の他に、セーヌ河の畔に建つ「サマリテーヌ」やオペラ座に近い、男性館と女性館に始めて分けた「ギャラリー・ラファイエット」などがある。隣接して「プランタン」もある。これは一般論だが、パリに住む高額所得者はあまり百貨店で買い物はしないようだ。中層階級が主たる客層で主として時間も土地勘もない観光客目当てに高級品を置き始めたようだ。地元のお金持ちは顔なじみの専門店へ行く。
 丁度、東京オリンピックの前年、1963年に、初めてヨーロッパを訪れた父のカバン持ちとして、色んな国を巡ったことがある。商売熱心な父は、ロンドンやパリのような大きな町へ行くと必ず百貨店へ連れて行けといった。小さな町だと一人でも時計商を探して歩く。パリの百貨店の時計売り場を見学して、父は学ぶことは何もないと嘆いていたことを思い出す。ヨーロッパにおいて百貨店のステータスは、専門店よりもはるかに低かった。フランスやイタリアの有名な専門店が日本の百貨店に出店することを最初はさして嬉しがらなかった理由はここにある。
 1962年の秋だったが、私はフィレンツェの大学でイタリア美術の講座で勉強していた。フィレンツェは、人口六十万人の一時はイタリアの首都とはいえ、パリやローマに比べると、小さな小さな町である。トォルナボーニ街という、ミニ銀座があって、そこのグッチというカバン屋さんが新装オープンするからパーティに行こうよという話題が、下宿屋の女子学生達の間で出ていたことを思い出す。フィレンツェの街には、良さそうなカバンや靴を売るお店が沢山あるのに、グッチは新進気鋭なのだと初めて知った。店を見たかったというよりも、美人ぞろいの女子学生と一緒に行動したかったために、オープニングを見に行ったが、何となくしゃれた店だなぁ、という程度の認識であった。それが実はグッチの進軍の始まりで、あれよあれよという間に愛用者が増え、支店を増やし、世界のグッチとなった。今思い出しても手品を見ているような気がする。グッチは大きくなって家族間の紛争が起こり、一族は追われ今はフランソワ・アンリ・ピノー率いるピノー・グループの主力を形成している。このグループ全体の昨年度の売り上げは、約百五十億ユーロ(二兆円近い)、純益は十億ユーロ(約千二百億円)、そのうちグッチだけの売上げは、二十七億ユーロ(約三千三百億円)で、21%が中国市場での成果という。(FH誌第5号による)
 私が学生だった頃の有名店通りは、つまり日本人の観光客が憧れの目でウィンド・ショッピングを楽しんだ通りは、ロンドンのオールド・ボンド街、パリのフォーブル・サントノーレ街、ミラノのモンテナポレオーネ街、ローマのコンドティ街ぐらいのものだった。それも今から比べるとかなり小型のお店が並んでいた。現在のように大きな繁華街は、著名ブティックだらけということはなかったか。ローマのスペイン広場から両脇に上っていく階段がついていて、「ローマの休日」という映画にオードリー・へップバーンのお姫様がそれを下ってくるシーンで、日本人の殆どが見覚えのある場所となっていた。スペイン広場と直角に走っている通りがコンドティ街で、広場に近いところに、昔から有名なゲーテも通ったというカフェ・グレコがある。その向かいがブルガリ宝石店だった。学生の分際で、宝石店なんか、冷やかしに入れる筈もなかったが、十九世紀の終わり頃に、南の方から出てきたソティリオ・ブルガリという男が、小さな店を開いて、こんな立派な店にしたのだということで、店は当然そこだけであった。 
 贅沢品というものは、基本的には希少価値である。なかなか手に入らないから、高価だし、手に入ったときには自慢の種になる。だからそこに行かねば買えないし、食べたりすることもできない、というのが良いのではないかと私などは素直に考える。今のように世界中に有名店が店を張り、お金さへ多少払えば、かってはパリに一店しかなかった店に、買いに行ったり、食べに行ったりすることを思えば安いから、その楽しみが得られる。はたしてこれは真の意味の贅沢だろうかと考えざるを得ない。また、言葉自体が矛盾するようだが、贅沢品の大衆化(みんなが持つようになったら贅沢品ではない)という現象が起きている。ヴィトンのバッグを一つ持っている事によって、お嬢さんクラブに入りたい人も多い。広告にそれを使用している有名人を起用するのも、有名人と同化する気分を煽っているといえる。
 近年、モノにこだわることを良しとする風潮が強い。生活の近辺にあるモノにこだわることは、大切である。しかし、こだわりがモノだけで終わってしまっては、単なるフェチズムになる。やっぱりこだわりは、生き方とか、考え方にも持つ必要がある。フェティッシュという言葉を手元にあるオックスフォードの昔の小辞典P・O・Dで見てみると、野蛮な人々が崇拝する命のない物体とあった。

LVMHとブルガリの合併

 今号のFH誌(第6号:3月11日刊)には、3月初旬に発表された、LVMHとブルガリ両社の合併記事を大きく二つの記事で伝えている。2009年には、四千七百万ユーロの赤字に陥っていたブルガリは、昨年売り上げを15%伸ばし、十一億ユーロに近く回復し、三千八百万ユーロの利益を稼いでいる。日本円にすると千三百億円の売り上げで、純利五十億円ぐらいだから、良くはないがまあまあといったところだろう。これまでは、ブルガリ一家の家族経営で実務をフランチェスコ・トラパーニが取り仕切っていた。五十年前には、ローマにたった一軒だった宝石商が世界的に店舗を張るようになったのは、トラパーニの過去二十年にわたる功績が大であった。今回の合併は、私見ではあるがオーナーのブルガリがある程度成長の限界を感じていたところに、LVMHのベルナール・アルノーから破格の条件を提示されたのを受け入れたという感がある。一種の持ち株の交換で、ブルガリ家は、 LVMHの第二位の株主になり、かつ役員になる。番頭格のトラパーニは、これまでLVMHの時計宝飾部門のトップだったフィリップ・パスカルの地位に納まる。パスカルは引き次ぎ終了次第、のほかの要職に移ると伝えられている。パスカルの地位の譲渡が一つの重要な案件であったことを、新聞での一問一答で、パスカル自身が認めている。 LVMHの時計の方は、タグホイヤーのJ・Cババン、ゼニスのJ・F・デュフール、ウブロのJ・C・ビーバーという一騎当千の経営者が控えているので、安心だが、ブルガリの時計が、今後どういうポジションをとるのか、ショーメ、デビアス、フレッドといった宝飾部門を宝飾品としてのブルガリと競合することなく、どうしていわゆるシナジー効果(協同作業)を出していくのか、トラパーニの活躍が見ものである。
 この合併は、実はLVMH Hの買収のように見えるが、FH誌が伝えるところによると、アルノーもパウロ・ブルガリも、合併に際し、相手のことをお互いに褒め称えてやまない。秀吉と家康のエールの交換に似ているという印象だった。秀吉は家康の服従が欲しくて、卑劣なほど厚遇した故事からである。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■単なる生活必需品でなく文化遺産につながる時計 ■2011年4月18日 月曜日 11時34分46秒

 毎年、年初に日本のFHともいうべき、時計協会の新年賀詞交換会が東京のニューオータニ・ホテルで開催される。時計卸業者の代表の役目は中締めの挨拶をすることであった。しばらく代表を務めていたときがあって、いつもこんなお願いを主催者であるセイコーやシチズンといったメーカーの首脳部に訴えかけて、〆の言葉にしていた。クオーツ時計の低価格化と、携帯の普及化によって時間を知るための時計は殆ど不用品となりました。どうか売れる時計を考え付いてください。もう十年以上昔のことである。確かに、日本の技術者の方々は、優秀で、その後太陽充電と電波時計で著しい進歩があり、メーカーを救ったけど、そろそろ行き止まりになりつつある。
 実はめったに足を運ぶことがないのだが、安売りの大型電気店へ行ってみると、オーディオ好きなものだから、つい目がそっちのほうに行ってしまう。ソニーのように値は他社よりは高いが、音質は良いはずだよと威張っていたメーカーが、他社に混じって同じようなデザイン・価格競争をしている。勿論日本製ではないが、世の変転ぶりを痛感した。ソニーも今では、ハードよりもソフトやゲームの方に力点を移しているようである。コンピューターの機械を作って売るよりは、プログラムを制作する方が設備も投資も、人間以外は殆どいらなくてすみ、ずっと儲かるという理屈は良く解る。しかし、時計には、どんなソフトが存在するのか、答えられる人は少ないだろう。

時計の針が指し示す時間は無意味である

 今号のFH誌(第4号、二月二十四日刊)でウブロ社のビーバーさんが、この二月にローザンヌの成人教育大学講座で講義した内容の紹介が、新聞からの転載で載っている。
 今の携帯電話屋さんは、果たして電話をかけるためだけの機械を売っているのか、とビーバーさんらしい設問から話を進めている。時計が時間を告げる機械という概念が消え始めたのは、1980年、セイコーやシチズンの水晶時計に対抗して、スイスがスウォッチを作り頃からだ。どうすれば、値は高いのに、ずっと不正確な時計を売ることができるのか。結局、テクノロジーを売るより、文化伝統を売るべきではなかろうか。買う人々に腕につける時計が一種の文化遺産につながっていることを理解してもらおう。又は、スイスの天才たちが、スイス時計産業への愛着を表現しょうとして作り出したものであることをわかってもらおう。時計は、色んな感情を人にもたらす。幸福、誇りなど、だから派手すぎるとか高すぎるとかいった罪悪感だって、あっていいのじゃないか。時間を示す時計から、時間を示すものだけでなくなった時計へのマーケッティングの転換は、容易ではない。長年、スイス時計の売り物は、その正確さにあったからだ。機械時計の時間がよくあわないことや壊れやすいことで、苦情を言う店が多かったが、顧客はきっと時間を見るためだけに買ったのではないと願おうではないかと答えてきた。あとになって大抵のお店は解ってくれるようになった。この十年、この傾向は強まりつつある。先進国だけでなく、中国はもとより、インドネシア、メキシコ、インド、ブラジルどころか、ロシアやウクライナでも、この風潮が浸透しつつある。新しい、これらの国の購買層も、はめている美しい時計が当人の社会的階層を示すことを非常に早く理解してくれたようだ。
 いかにも昔の名門だったブランパンを再興し、スウォッチに近づき、オメガの経営を引き受け、また独立してウブロを躍進させ、これをルイ・ヴィトングループに併合させ、かつウブロ社の社長にとどまるというビーバーさんらしい内容である。こういった経歴を見ると、策士みたいだが、ビーバーさんからは決してそんな印象は受けない。直情径行の情熱漢に見える。一方、ルイ・ヴィトングループの総師であるベルナール・あるノーは、写真でしかお眼にかかってないが、小柄で優雅な体型、育ちの良さを感じさせるマナー、青い瞳、実に冷微な指揮官という気がする。

ルイ・ヴィトン・モエ・へネシー(LVMH)の業績

 大阪の広い御堂筋は、世界の著名ブティックが軒をつらねていて、その中心に借り店舗であるが、ルイ・ヴィトンがある。たいていのブティックは、いつも閑散としていて、あんなのでやっていけるのかなと、大阪人である私は、前を通るたびに余計なことを考えるのだが、このお店だけは、いつも客が入っている。近くにLVMH社有のビルがあって、これがとても美しい外装である。昼は普通の緑色の大理石に覆われた外壁だが、夜になると内側から照明されて、ビル全体がやわらかな草緑色の発光体となる。御堂筋に面した一階部分は、ショーメ、ディオール、フェンディといったLVMH系のブティックになっている。さらに南にLVMHは、土地を確保していて、ルイ・ヴィトンのブティックを新設するとの噂が立っていたが、大阪なんかに投資するより、その金を中国に回した方がより有効とかで、建設話は立ち消えになった。残念だが、その経営判断は正しかった。御堂筋は大阪を南北に貫く幹線道路だから、ひっきりなしに昼夜を問わず車が走るが、それと南半分が平行している心斎橋筋の凋落ははなはだしい。人通りは多いが、店舗の質が年々悪くなり、悲しいが今日の売上げさえ上げれば良いというところばかりである。
 LVMHの2010年度の業績分析が、この号に載っているので紹介してみる。総売上がニ〇三億ユーロ(2兆4千億円)、営業利益四十三億ユーロ(5千億円)、純利益三十億ユーロ(3千6百億円)。売り上げ前年比19%増、営業で29%増、純利73%増。LVMHの扱う商品は、そんなものがなくとも生きていくには一切困らないという贅沢品ばかりである。生活必需品は一切ない。先述のビーバーさんの話とつじつまが合う。
 ところで我々と関係の深い時計宝飾部門を見ると、全体で29%の伸びだが、約十億ユーロ(2千4百億円)と総売上げの5%に過ぎない。時計は、百五十周年を迎えるタグホイヤー、ウブロ、ゼニスの3部門、宝飾はショーメとデビアス、フレッド。このデビアスは、鉱山業ではなくダイヤモンド製品の小売業である。
 これは、FH誌は載ってないというより、発行後に公評されたことだが、宝飾・時計部分の売り上げが、全体の5%しかないのをLVMH首脳部はブルガリの買収を決定した。買収金額は、4千数百億円という。昨年のブルガリ社の総売上は、十億七千万ユーロ(千3百億円)、うち時計・宝飾品の売上げは七割。「買収金額がすごいね」と来日した友人のフィリップ・シャリオールに言うと「なに株式で払っているのだから現金は動いてないさ」ということだった。会社を売る前も、株券で受け取る。これまでの地位も保全されている。合併が発表される、株価は上がる、両者の資産価値が上がるというマネーゲームの循環が見える気がした。

スイス公式クロノメーター検査協会のこと

 あまり天上の問題についてか語るのを止めて、多少現実的な記事を探すと、ル・ロックルのクロノメーター検査協会が新しい建物、十七名の職員と三百平米の検査室を備えるところにうつったという記事が出ていた。クロノメーター規格の合格証は、元々公にはル・ロックルの時計学校の活動の一部として始まっている。それが協会の始まりで、サン・ティミエやビエンヌの検査施設がその後協会に参加している。1951年以来、法律によって協会にしかクロノメーター証書の発行権がなくなった。現在の協会は1973年に再編された非営利団体であって、ビエンヌ、ルロックルとジュネーブしか検査協会がない。検査後証書を発行した数は、1931年から1961年までの三十年間で十万個、1961年から1971年までの十年で二十五万四千個。現在では一年間に百万個近くを検査して保証書を出している。日本の大学の卒業証書みたいに乱発気味だが、それでも総生産個数の3%に満たないから時計の中のエリートといえるかも知れない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■昨年のスイスからの総輸入額は一兆六千億円 ■2011年3月31日 木曜日 14時2分33秒

前年比の22・1%増

 新しい年を過ぎて二ヶ月も経つと、昨年の成果もはっきりとした数字で出てくる。二月十日号のFH誌には、2010年のスイスからの時計の輸出総額がでている。一昨年に比べて明らかに回復の年であって年初から快調で、二割増が当たり前で、五月、七月には三割以上伸びている。
 年間総額は百六十億二千万フラン(1フラン百円の計算だと、一兆六千億円)で、現実のレートでは、一割引きぐらいか。前年比22・1%増である。しかも七月以降尻上がりである。全体の成績としては、最高の年であった2008年には及ばないが、同じように好調だった2007年より少し上回っている。回復には、四年、五年はかかるだろうと予想されていたのに、一年で殆ど取り戻してしまった。輸出額の九十四%が当然腕時計である。
 日本だと値段を一万円以下、三万円以下、五万円以下、十万円以下、それ以上を小売値で分類する。スイスでは、小売値のつけ方が各国で異なっているので、輸出価格で分類している。二百フラン以下(1フラン百円計算)が勿論、数の上で大多数を占めているのが、十八・五%増。二百〜五百フランの価格帯が数の上で十%を占めていて、三十%の増加、五百〜三千フランが前年並みのシュエでボツボツといったところ。驚くべき事に三千フラン以上が数の上で三割伸びて、金額で二十五%増加している。日本に来ると一ヶ小売りで一千万円もする時計が、これだけ好調なのだ。
 全体の数は、二千六百万個強といったところである。日本でもそうだが、外国に部品や機械を取りあえず輸出して加工させて、スイスで仕上げたという形の下請け●向きの輸出が十億フランばかりあって、これも十四%近く伸びている。時計の世界でも不況に悩んでいる日本には、うらやましい話だが、では一体世界のどの国がスイス製時計を買ったのか。一年間のベスト十を書き出してみる。

1位香港、2位アメリカ、3位フランス

アジア諸国へ総額の半分以上が輸出

 1位 香港=31億8千6百万フラン 146・9%(前年比)、2位 アメリカ=16億7千4百万フラン 113・8%、3位 フランス=11億6千7百万フラン 120・5%、4位 中国=11億フラン 157%、5位 イタリア=9億2千3百万フラン 102・6%、6位 シンガポール=8億9千9百万フラン 133・4%、7位 日本=8億6百万フラン
104・9%、8位 ドイツ=7億6千8百万フラン 96・8%、9位 英国=5億9千7百万フラン 109・6%、10位 アラブ首長国連合=5億7千9百万フラン 131・9%。
 以上、三億〜二億フランの間で、スペイン、台湾、韓国、サウディ・アラビア、タイと続くが、みんなニ〜三割の増加である。アジア諸国へ総額の半分以上が輸出されている。日本への輸出が僅かながら伸びているが、小売り店頭での売り上げ回復の手ごたえはまだ感じられない。

スウォッチグループの売り上げは六十四億四千万フランで過去最高

 スウォッチグループは昨年の夏にカリスマ総師ニコラス・ハイエックが亡くなっても、業績に影をさす事はなかった様子である。組織が強力なリーダーがなくとも十分に機能するほど成長し、成熟していたといえる。
 スイス時計全体の年度報告とは別に、スウォッチの業績が今号の巻頭に載っている。スウォッチグループ全体の売り上げは、六十四億四千万フラン。これは時計では、通常五%ぐらいを占めるスイス国内の売り上げや時計以外の製品の売り上げも多少含まれているので、そのままでは比較できないが、輸出総額の約百六十億フランと並べてみると、かなり大きな金額である。これは、売り上げの新記録で、昨年から二割近く上り、過去最高の2008年よりも十二・七%も多い。あらゆるブランドの売り上げを伸ばし、自社内でのムーブメントや部品も当然で、グループ以外へ戦略的な供給減を補ってあまりあるようである。向かうところ敵無しの感がある。

スイス時計産業の特質

 スイスで時計が作られ始めたのは、ドイツやフランス、英国よりはるかに新しい。宗教戦争で迫害されたユグノー(新教徒)が、カルヴァンの庇護を求めてジュネーヴに亡命したことが契機となっている。十六世紀後半のことである。
 時計製造の技術は、ジュネーヴから徐々に東北の方向へ斜めに昇っていった。今でも時計産業は、バーゼルに向かう直線上、約●●キロの南北にある山間の町や村に点在している。時計産業は、具体的には分業である。初期の十六世紀では殆どの職人は、色々な部品を専門に作っていた。一番重要な部品は、時計の骨格ともいうべき地板・エボーシュである。エボーシュとは、フランス語でデッサンを意味する。
 このエボーシュを買ってきて、そこに色々な部品を買い集め、文字板やケースをつけ、完成品にして売る業者を組み立て屋、エタブリサールと呼ぶ。エタブリールとは、フランス語で設立するとか、組み上げるという意味で、英語ではエタブリシュにあたる。大抵の時計は、こうして作られてきた。ところが、これでは職人は、徹底的に自分の気に入った時計を作ることができない。そこで、大抵の部品も自分で作る人々が出てくる。こっちの方が効率は悪いが、品質は一貫するため安定する。これをマニュファクチュールと呼ぶ。マニュファクチュールとは、製造である。スイスでは、高級時計は大抵マニュファクチュールだが、こっちの方が少数派であった。ある種の沢山の数が売れないと、やっていけないからである。
 十九世紀の後半に、時計製造に手をつけ始めた米国や日本では、資本化が独立して投資するから、当然マニュファクチュール形式の一貫製造方法である。こっちの方が発展は手っ取り早い。ニ十世紀に入って、アメリカ製の時計が世界を席捲した。明治の頃、鉄道時計はウォルサムだったし、東京帝大の卒業生主席に陛下から与えられた恩賜の時計はウォルサムだった。
 スイスの時計産業は、がけっぷちに追いやられたが、アメリカ式の大量生産の方策を学んだのと、第二次大戦が始まったので、やっと危機を脱した。時計より儲かる産業に色目を使ったということもある。アメリカ人は概してコストの安いところで製造させようという気質がある。ウォルサムもグリューエン、その他のアメリカのブランドは、スイスの工場を自営または他営で下請けに使っていた。これがスイスに幸いしたといえる。
 私が業界に入った頃、世界で一番売り上げの大きい時計会社は、オメガでもセイコーでもなく、ニューヨーク郊外に工場を持つブローバだった。その頃、ブローバのセカンドラベルであったカラベルを下請けで作っていたのがシチズンである。ブローバ社は、今シチズンの所有になっている。今昔の感に堪えない。

フランスワ・ポール・ジュールヌのこと

 高品質の機械時計を作るには、一貫生産のマニュファクチュールたる必要があり、沢山作らないとなれないといったが、それは近年までのことであって、近頃はコンピューターや工作機械の発達、個別的な協力を申し出る部品工場の出現などで、小さなアトリエでも可能になった。それに一箇所に何百万円も払う消費者の出現も手を貸している。
 この号には、そういった。小マニュファクチュールの先駆者であるF・Pジュールヌとの一門一答のシンブン記事が転載されている。ジュールヌは、1957年に南仏のマルセイユ生まれ、小さいときから学校の勉強嫌いで、機械好き。そこで両親が十四歳のときから、パリで時計修理をやっている、叔父のところに送って、技術を学ばせた。古時計の修理というのは、部品がないから直せませんなどと日本の職人さんみたいに、のんきなことは言っていられない。なければ自分で作るしかない。マニュファクチュールになる素地は、ここにある。1985年にパリで叔父の店の隣で独立し、独創的な手つくり時計を作り始め、1996年にアトリエをジュネーヴに移す。数人から始めたが、現在の社員は百四十人。年間製造量千個以下。東京の青山にも直営店を2003年にオープンしているが、百貨店中心の日本における商売に疑問を抱いたから、自分で店をやり始めたそうだ。世界で十軒の直営店と十五軒の販売協力店があれば十分で、今のように全部で四十ニヵ所は多すぎると明言する。この人の言うことは、時計同様、個性的で面白い。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■文化的教養の啓発と時計製造技術における向上 ■2011年2月1日 火曜日 13時13分46秒

ジュネーブサロン

 新年一月は、いわゆるジュネーブサロンの月である。今年も1月17日から20日までの5日間開催された。一方、毎年感謝祭に先立つ時期にバーゼル見本市が開催されて、我々時計業界人はバーゼル出張から戻ると、春になるという意識を持っている。私も例年バーゼルへ通ったので、日本の桜を見損なった年が多い。ジュネーブサロンは、はじまってから十数年しかならないのが、元々バーゼル見本市は宝飾品も出展されているし、日本を始めアジアからの出展社も多くなって、もっと高級時計だけの見本市をやろうという気運がカルティエのグループの主唱によって始まったものである。最初はバーゼルを訪れる客と重複するので、バーゼルのすぐ後に連続して出席できる日程を組んでいたが、5、6年前から開催時期が1月に変わった。ジュネーブサロンは申し込めば誰でも出展できるわけではなく、まずF・H・H(フォンダション・オート・オルロジー)という財団的な機構に入会を認めてもらわねばならない。
 オート・オルロジーは、オートが高い、オルロジュエリーが、時計一般のことだから高級時計製造機構というのがF・H・Hの正確な訳だろうが、勿論オート・クチュールから転用された意味である。オート・オルロジーという言葉の響きは単に高級時計を意味するだけでなく、ファッショナブルを言外に示唆している。
 F・H・Hが今の形になったのは、2005年にリッシュモン(カルティエ)グループのフランコ・コリーニ氏の指導によるものであったが、昨年理事長の座を女性のファビアンヌ・ルポという魅力的な中年女性に譲ったとの記事が、昨年の最終第20号(12月5日発刊)のF・H誌に出ている。どんな経歴の人か分からないが写真から判断してもかなりファッショナブルな人ということは想像される。
 F・H・Hは目的として、時計産業人の文化的教養の啓発と時計製造技術における向上を目指している。このあたりが高級時計を作ったり売ったりする由縁だろう。日本でも百貨店が高級時計を中心にあちこちで「ワールド・ウオッチ・フェア」を開催してきたが、要は売れればいいのであって、時計文化の普及とか販売手法の訓練・向上といった理念は置き去られている。本音で勝負は、商人としてすっきりしていていいが、多少のやせ我慢というか、錦の御旗は欲しいという気はする。
 記事によるとF・H・Hの加盟ブランドはカルティエ・グループは言うまでもなく、オーデマ・ピゲ、シャネル、エルメス、ジラール・ペルゴーなど26で、年間総予算2百3千万フラン(2億円)、年会費、各ブランド均等の6万フラン(5百万円)。活動は、ジュネーブサロン開催ばかりでなく、セールスマン教育、技術教育・ネットによる広報活動と多岐にわたるとある。興味のある方は、(http://www.hautehorlogerie.org)へ。

グローベル・フォルセイという新ブランド
 
ジュネーブサロンの全ブランドは輸入時計業界の人なら誰でも、知っているものばかり。但し、昨年から聞きなれないグローベル・フォルセイというのが入っている。この号のF・H誌には、2ヶ所も1頁の記事が出ている。本題の同社の紹介に入る前に少し余談をしたい。デパートの発祥は十九世紀のパリである。そこへ行くと眼がくらむように沢山の商品があり、しかも正価販売、大人気となって瞬く間に世界中に広まった。デパートの魅力を作ったのは、便利とか、サービスもあっただろうが、一番は在庫の量だろう。行けば何でもあるという、買う方の期待だろう。
 それは売れ残る在庫はないという市場では絶対の力だった。しかし、この20年間世界中に商品が溢れ、在庫は売れ残ると廃棄品に近くなった。在庫は力だったのが、悪になってしまった。部品を在庫しないで必要なときに必要な量が来るシステムはトヨタを世界一に押し上げた。この工場内のシステムは商業流通の世界に広がっていった。万事、保守的で、世の中の動きが遅れている時計流通業界でもやっとこの事に気づいて、問屋も小売店も商品を持ちたがらなくなった。では誰に持たせるのか、もっと資金力や収益性を持つ人気ブランド、メーカーであるべきだ。ところがそちらの方も今やキャッシュフローが株主の経営判断の第一となっているので、手元に在庫はおかない。そこで誰でも思いつくのは注文による生産である。
 ジュネーブサロンが始まった頃、ある日本の小売店にどうして態々ジュネーブサロンに行くのですか、そんなに魅力的ですか、と聞いた事がある。その人の答えはこうだった。「確かにバーゼルに比べて優雅で静かだし、サービスも素晴らしいけれど、結局メーカーに呼びつけられて、サンプルで注文させられる事になるのです」と。もしも製品に人気があって、生産量が能力的に限定されている場合には、顧客は先に注文して納期を待つという事になる。こんな幸せな企業が、2004年にロベール・グルーベル
とステファン・フォルセイの二人によってラ・ショードフォンで創設されたグルーベル・フォルセイ社である。300年も昔の農家が主たる外観で、近代的な工場を隣接させ、100人ばかりの従業員が働いている様子。生産量は、年100個ぐらいというから恐れ入る。販売している価格帯が20万フランから60万フランというから、ほぼ2千万〜6千万円である。時計一個の値段とロールスロイス一台の値段と同じである。こんなもの在庫にはなってはたまらない。それでも将来性はあるらしくて、リッシュモン・グループが現在20%の株を保有している。

 自動車の世界にカー・オブ・ザ・イヤーがあるように、10年前からそれにあたる「金の時針賞」がジュネーヴでは毎年与えている。昨年はその賞がグルーベル・フォルセイの「二重トゥールビョン30度」という時計にジュネーブの大劇場で与えられた。11月18日で千5百人もの人が劇場に参集したという。これだけ人の来るのは、やっぱり時計の町である。他の時計製作者もこれに次ぐ色々な賞を受け取っている。ステファン・フォルセイの受賞の弁。「グランプリ設立10周年目大賞を頂き光栄だ。2004年に創業したばかりの若い会社にとって、これはご褒美ではなく象徴的な出来事だ。この時計の製作の実現を信じ、計画を発展させ支えてくれた人々に感謝する。特に65名の社員、収集家の皆様、小売り店及び審査員の方々に」。
 以前はスイスの高級時計というと金やプラチナのケースにダイアモンドがキラキラ輝いているというイメージだが、今や工芸的・技術的要素が強くなってきた。ほんの10年前には、トゥールビョン機構など知る一般人が少なかったが、今やこのグルーベル・フォルセイのようにトゥールビョンが特色の工場まで出現している。宝石に頼る前に、人間の知恵と能に頼るのはいいことだが、こんな時計を買う人はどんな人だろうか。新聞記事によると、男性、年齢は35歳から45歳と若く、勿論金持ちで、美術品に対する鑑識眼が高い人とある。私は退場した方がいいだろう。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■実を言うと時計の「スイス・メイド」は、かなり紛らわしいもの −24− ■2010年12月22日 水曜日 15時27分54秒

FH誌 第18号(11月10日発行)の「原産地表示について」

 この一、二年、スイスの法律で「スイス・メイド」という表示と「スイスネス(スイスらしくとでも訳すべきか)に変えられることが議会で討議されて、立法化が近いようである。実を言うと、時計の「スイス・メイド」は、かなり紛らわしいもので、100%スイス製を意味するものではない。時計以外の工業製品や農産物でも、どこ製の判定に正確を期しがたいところが出てきて、スイス人がスイスの法律に従って良心的に作ったものですよというための「スイスネス」表示が立法化されたのだろう。
 イタリーでも、高級ブランドの世界では、イタリア国内に給料の安い中国人がたくさん働いているのは周知の事実である。「中国人の作っているイタリア製」と表示すべきだと言う人も居る。
 原産地表示とうのは、意外と重要であって、わが国でもスーパーへ行くと、肉でも魚でも国産という表示に人の注目が行く。その表示が法的に規制されたものでないと意味はない。偽装表示は犯罪とされなければならないのである。
 この号の巻頭には、2010年の秋にボルドーで欧州各国の時計関連業界の法制担当者が集まって、原産地表示に関する討議が行なわれたという報告が出ている。要するに各国が正確に原産地表示しようとすることらしい。ボルドーで開催というのがミソで、ボルドーはワインの原産地証明の発祥地であり、フランスの時計商工会議所の主催で開催されており、フランス製という表示の重要性が充分に認められていないと主張されたと書かれてあった。ワインや香水、ファッションは別にして、日常生活に使われるものの世界でフランス製がそんなに良い物かねという気はしなくもない。

ニセモノの話

 小さな囲み記事だけど、スイスで押収されたニセモノの統計が出ていた。一番多いのは、2009年の統計だが、バッグとサングラスで40・8%、続いて洋服の24・2%、時計・宝飾は12・2%、スポーツ用の服9・3%、なんとクスリが6・8%もある。この内4分の3が中国製で、ヨーロッパ人のうち4人に一人がニセモノを買わされているという。3分の2の会社が真似され被害を受けている。インターネットで非合法的に売られている薬品の半分はニセモノである。世界的に見て10%の薬はニセという。映画は公開されて二日目には海賊版が出る。スイスの中で4分の1のソフトウエアー・アプリケーションが不当使用されている、等など。
 ニセモノの薬というのも恐ろしいが、もしも効果が同じとしたらどうなるのだろう。ニセモノが本物と同じで、ただラベルの名を真似しただけという場合は、どうだろうと考えてみると話は哲学的になる。この間ジェネリック薬品の話を聞いた。ジェネリックとは、単に特許期間の終わった薬である。大雑把に言うと、ある製薬会社が新薬を開発するのに500億円ぐらいはかかるらしい。しかもその殆どが発売を認めてもらう前に実施する人体実験、つまり実際に使って副作用などがないかを調べるために、大半が費やされる。そのコストは特許期間の20年で回収される。特許が切れると他の製薬会社がコピーを作る。効果は変わらない。開発費が百分の一ぐらいですむから安い。医療保険料もかさまないから、国家もジュネリックを進める。ジュネリック薬品は本物だろうか、ニセモノだろうか。時計も時間測定の機能だけでニセモノ、本物を決められたら話は簡単だろうが、一種の文化性を持つから、その世界は複雑になる。薬品はA社のビタミン剤を飲む方がB社のビタミン剤を飲む方よりカッコいいということはない。それが化粧品となると、人は違った行動パターンを採るようになる。高価なものが良く効き、宣伝されているものが、よりきれいになる気がしてくる。

ヴォーシェという工場のこと

 ヴォーシェという名の時計はないので、この会社のことを知る人は少ないだろうが、スイスでは有名な時計工場である。この間のリーマンショックでは、4分に一の従業員をリストラして、あのヴォーシェ社までと大きな話題になったが、無事立ち直っているようである。工場はジュラ地方の時計の町というが、村というかフルーリェにあり、社員530名というからスイスにしては大工場である。株主は、スイスの薬品財閥のサンドス家の持つサンドス財団が4分の3、後に加わったエルメスが4分の一。エルメスの高級時計は、ここで開発・製造されている。リシャール・ミル、コルムも同様である。主力はパルミジャーニ。こういう工場がスイスのあちこちにあるから、年間に数百個しか作らないブランドでも下請け(といっても下請けの方が大きい場合がある)に使ってやっていけるのである。こんな工場の一つで、高級ムーブメントを作るピゲ社(オーディマ・ピゲとは関係なし)が、スウオッチグループのブランパンに買収されてしまった。スウオッチはかねがね、良いとこ取りされされたくないから、ムーブメント販売はしないと公言している。頭を抱えている人は少なくないだろう。
 この号では、ヴォーシェ社のジャン・マルク・ジャコ社長のインタビュー記事が載っている。リストラのことを聞かれて、ジャコ社長は「もう業績は安定してきたので、雇用は再開している」と答えている。その一問一答を纏めてみると、「我々のオーナーは財閥だが、慈善事業をするわけではなく、このニ、三年の間に利益を確保するのが目標であり、長期投資も当然視野に入れているが、まだ現実性を帯びていない。しかし、他社を買収してブランドを増やすことはない。ピゲ社から買えなかったからと接触してくるところに、興味はない。スイス時計産業の救世主になるつもりは毛頭ないと手厳しい。重要なのは「我々自身の持つブランドである。パルミジャーニで今のところ、世界に250ヶ所ある販売拠点を400ヶ所ぐらいにニ、三年で増やしたい。今は年産5千個だが、1万個に倍増するのが目標である」という。
 さて、日本でのパルミジャーニの代理店は元のシーベル・へグナー、今のDKSHである。当面の計画では国内で30ヶ所で展開して、1店平均年間25本、合計750個ぐらいの売上げたいというのが理想だろう。うまくいくことを願っている。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■スイス時計の輸出額、対前年比で120・8%(約1兆円)を記録した −23− ■2010年11月15日 月曜日 2時27分16秒

中でも9月の25・5%の伸びは、不況の日本では考えられない(FH誌10月28日号)

 10月28日号のFH誌は、今日手元に着いたばかりなのに、明日がこの稿の〆切りというので気ぜわしい。夜は、大阪出身の現代音楽の作曲家でN響アワーの司会をやっている西村朗氏が、自作を語りながら、演奏させるというコンサートに招待されていたので、音楽好きとしては欠かせない。解説を聞いて、耳を傾けると難解される現代の音楽も満更ではなく、美しく聞こえてくる。なかなか楽しい音楽会だったが、休憩時間にはFH誌を読んでいた。FH誌は、二週間に一度発行されるスイス時計産業の機関誌であるから、いつも面白い記事があるとは限らない。今号からは、少なくともこの間は、平穏無事な業界の様子が伺われた。
 この9月で1年の四分の三が終わったが、スイス時計の輸出額、対前年比は9ヶ月で120・8%(約1兆円)を記録し、その中でも9月は25・5%の伸びを示している。不況の日本に居ては考えられない。別の記事に9ヵ月間のルイ・ヴィトングループの業績報告がでているが、タグ・ホイヤー、ゼニスを擁する時計宝飾部門は、30%程前年から伸びていて、総額6億8700万ユーロ、約800億円になっている。この額は、この3月期のセイコーの時計部門の1年間の売上より400億円以上多い。日本の産業全体が国内の消費低迷に惑わされて全体が縮小均衡、つまりデフレ・スパイラル止む無しという気分に陥ってしまっている。セイコーもそこから中々抜け出せない。
 最近のテレビ番組を見ると、大抵の物は売っている。もしテレビ販売を、立体眼鏡を使わず裸眼で浮き上がって見える画面を使えば、一層効果的であろう。スイスの隣国のルクセンブルクという小さな国にプレムルクという小さな会社があって、パリなど各地でその実験をしている。時計にも使ってみたい試みが、時計の町ル・ロックルで始まっているという記事が出ていた。但し安心めされたい。3Dテレビそのものは、今のところ日本製である。ただ小売店は、安心しておれないだろうが。
 時計の分野でも、二極化しているのは間違いない。大量生産で、安く多量に販売されるものと、ごく少量で値も張るが、特殊なものと。時計の大量、安価生産を始めたのは、クォーツが導入されるはるか以前でピン・レバーのロスコップ社である。むかし東京オリンピック(1964年)の頃、セイコーはすぐれた品質の機械時計で世界市場を席捲しつつあった。良くて安いから売れると私は信じて疑わなかった。ところが、私の時計産業史のお師匠さんであった山口隆二先生は、日本のメーカーはコスト・ダウンが下手だからなぁ、スイスの時計の方が安いよ、と言っていた事を思い出す。先生の頭にあったのは、このロスコップ時計であった。日本の時計メーカーは、幸か不幸かクォーツの出現によってあのチャチなロスコップ方法のピン・レバーを採用しなくてすんだ。ロスコップの特許を1923年取得したルコンヴィリエという時計製造会社が、1970年に廃業するまで、1000万個以上の時計を作り、ワンダラー・ウォッチの風潮を作った。ルコンヴィリエ社の真似をして安い時計を作った会社も、スイスには少なくなかったが、現在生き残っているのは、みんな高級化したところである。このルコンヴィリエ社も、復活させようという投資家がでてきて、四年程前から再生している。FH誌に転載されている新聞記事からみると、本社はツークという風光明媚な湖畔の町にあり、時計業の集まっている場所ではない。製造は下請け工場に任せているようだが、今年のバーゼル見本市で、ゴルフ・マスターズという時計を発表して評判になったという。

70、80万円でグリーンの距離が測定できるGPS機構を内蔵した時計が出た

GPSの機構を内蔵していて、プレー中にボールとグリーンの距離が測定できるという機能付である。ロスコップの伝統から安いのかと思ったら、7、80万円もするようだから、買手はあるのかしら。こんなものを着けるプレイヤーは公式競技で許されるのだろうか。石川遼が着けているとなると、売れるでしょうがね。
 日本人は、小技が好きなくせに、小さなメーカーは好まない。小技があってメジャーを好む。トヨタに沢山の車種があるのも、そのせいかと思う。実は小技とメジャーは両立しないものだ。一定の範囲の顧客にだけ満足して貰えば後は良いという哲学は、日本の産業に根付くには時間がかかる。競争相手の人気の商品が気になって仕方がないから、つい戦線を拡大する。

来年も1月16日から21日までジュネーヴで第2回「タイム・エキシビジョン」を開催

最近、パナソニックが、高級オーディオの部門テクニクスを閉鎖するときいて、惜しい思う一方、さもありなんと思う。上質のオーディオは、職人の世界で、大工場の分野ではない。真空管アンプのマッキントッシュだって、スピーカーのタンノイだって、決して大きなメーカーではない。それでいて大きなメーカーには、出せない親密な音を作り出す。
 時計もやっぱり職人の世界であって、時計好きは、大メーカーのものも当然所有するが、一方自分だけの少数者の為の時計を持ちたがる。そういった小さなメーカーばかりが38社集まって、今年の1月にジュネーヴで第1回「タイム・エキシビジョン」を開催して、大人気だった。来年は、1月16日から21日まで、ジュネーヴの国際会議場で開催される。詳しくは(www.geneva-time-exhibition.ch)にアクセスされるといい。
手前味噌ではあるが、私の会社が日本の代理店をしているサントノーレ社もジャン・メレ・ギルマン社も出展する予定である。(栄光時計株式会社会長 小谷 年司)
■「オーデマ・ピゲの博物館に泥棒が入った」と新聞報道 ―22− ■2010年11月2日 火曜日 5時43分36秒

《F・H誌9月30日号》 オーデマ・ピゲ(A・P)の本社工場のあるル・ブラッシュスは、ジュネーブの北東、フランス国境に近い山中の小さな町である。人口は千人もないだろう。標高は千米もあるから、一年の大半は雪に埋もれている。何故こんなところに有名な時計工場があるかといえば、このあたりは“ジュウ渓谷”と称される時計産業があちこちに散らばっている地域であるからだ。歴史的にそうなっているので、歴史をくわしく述べると長くなるので、詮索は割愛する。
フランスのグルノーブから、この地にやって来たジュール・ルイ・オーデマと後に協力者となったエドワール・オーギュスト・ピゲが、この地で創業したのが1875年であった。ピゲと言う名は、ジュウ渓谷に多い名前である。
さてスイスは、世界でも、一、二に治安の良い国である。ル・ブラッシュスの住人は外出する時に家に鍵をかけることはなかったろう。ところが、最近の雲行きは怪しくなった。今号のFH誌には、オーデマ・ピゲの博物館に泥棒が入って、重要なロイヤル・オークのコレクションをまんまと盗み出した新聞記事が出ている。博物館は常時公開ではなく、特別の客用であるが、近代的な防備施設は十分であったにもかかわらず、犯行は2分間、警察が警報を聞いて、現場に到着した六分後には、逃げ去った後という。おそらく国境を越えてフランス側に出たと推測されている。玄関にはしごをかけ2階の窓を壊して侵入、取るものだけとって、電光石火の行動だったらしい。(9月16日の記事)オーデマ・ピゲといえば、パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンと並んで、3大最高級時計と言われ、多くの人にとって長い間高嶺の花であった。つい数年前までは常時店頭にあるといった代物ではなかった。それが、今や一寸したお金持ちなら買えると言う時代になっている。泥棒も売りさばくのに苦労しないだろう。
オーデマ・ピゲ略してA・Pは、日本の販売に直接現地法人を作って活動しているが、昔はデスコと言う商社が代理店をしており、私の会社(栄光時計)も副代理店として全国の小売店さんに買ってもらっていた。景気の良い時は、といってもバブル期以前であるが年間に千二百本輸入される半分ぐらいはデスコさんの協力で売っていた憶えがある。当時のA・Pのオーナー社長はジョルジュ・ゴレイさんで、英語もたどたどしい、でっぷりした、スイスの山から出てきた農夫といった感じだった。この人が、A・P中興の祖とされていたが、言動がユーモラスで、実業家としてよりも人間として好感の持てる人であった。商人として優れた感覚を持っている評判だったが、会っている時は、戦略的思考の持主とは思わなかった。残念乍ら、早く他界され、あとをスティーヴン・ウルカートさんに託されたが、近代的な感覚でA・Pを急成長させた。ウルカートさんは、スコットランドに同名の有名な城が存在することが示すように、スコットランド人で国際的思考方法が身についていた。のち、オメガに移り、現在でも社長を務め、社業の繁栄に寄与したこと大である。
A・Pはその後、ジョルジオ・アンリ・メランさんが社長、昨年フィリップ・メルクが引き継いだ。この人はデスコのスイス時計ブランド・モーリス・ラクロアの社長をこれまでやって来た人である。F・H誌の今号には盗難記事と並んで、メルク氏とのインタビュー記事が掲載されている。

オーデマ・ピゲの2010年度生産量は2万5千個強、売上げ額は4百億円強

A・P全体では現在従業員が千人おり、うち二百五十人が海外にいる。本社は、ル・ブラッシュスにあるが、ジュネーブに貴金属のケース製造部門、ル・ロックルに開発部門のオーデマ・ピゲ、ルノー・パピを持っている。ルノーとパピは天才的といってよい時計設計者の名だがルノーの方はもうフランスに引退している。ジュリオ・パピの方は、イタリア人のスイス生まれ、元々レースカーのエンジンを設計したかったそうだが、時計の設計に転向した男である。パピは今も現役で、一種の共同経営者として活躍中である。A・Pの複雑時計は大抵この2人のコンビで開発されて来た。2010年の製造個数は二万五千個強、売上は五〇〇万フラン強(四百億円)と目されている。
メルク氏の応答は、地味な性格からか、気負ったところはみられない。業績の昨年度からの回復は堅調のようで、良かった一昨年の実績には達すると言う。世界市場も満杯のところと、これからのところと明確に分かれていて、それぞれに適正な対応をとる。アジアでは、コーナーやらショップ・イン・ショップに力を入れ客が来るのを手をこまねいて待つことはしたくない。小売店の質の向上を目指す。市場別に見ると、良いのは香港(中国)、スイス国内も、中国人が買うので無い。

A・Pの新しい市場は、メキシコ、ブラジル、ロシア、中国が重点目標に

中米・特にメキシコ、ブラジル、ロシア、中国が重点目標。中東やアフリカは、努力すればA・Pが注目されるようになるだろう。華やかな経営陣のトップ・スター的な交代については、批判的で、工場生産は自然な発展が理想で、スターが旗を振ったところで限界があるという。アフターサービスの重要性を説くのは当然だが、その間に代わりの時計を貸せばよいと言っているが、A・Pの時計を当然貸すのだろうか。2012年には、かのジェラール・ジェンタがロイヤル・オークを開発して、もう40年になるので、記念モデルを色々考えているようだ。
今号別欄で、女子プロゴルファー、世界トップクラスのクリスティ・カーをA・Pレディに採用している記事が載っていた。彼女といまだ一族の資本による経営を続けているA・P社とメルク社長の健闘を祈りたい。(栄光時計株式会社会長 小谷 年司) 
■不必要品を売るためのマーケッティングは強い。−21− ■2010年10月12日 火曜日 7時24分41秒

 私の年少の友人に、スイス人のピエール・イヴ・ドンゼ君がいる。時計経済の専門家だが、今、大阪大学で日本の時計について産業の面からの歴史を研究している好青年である。来日以前に、スイス時計産業史の本を完成していて、実に要領よくまとめている。ドンゼ君によるとスイスの時計産業はかって、二度の危機に見舞われたという。
一つは、共通部品を使用する事によって、低コスト大量生産を可能とした。十九世紀末のアメリカ時計産業の抬頭であった。時計の名称でいえば、ウォルサムやハミルトンがロンジンやモバードを圧倒したが、この時計はスイス側も技術的には対応して立直る事ができた。
もう一つは、ついこの間のクォーツ革命である。セイコーが主役となって、安価・正確・堅牢・デザインの有利さで、スイス製時計を壊滅の瀬戸際まで追い詰めたと言ってよい。単に安くて良いものであっただけでなく、世界全体を相手にしたマーケッティングという感覚を少なくとも、セイコーやシチズンは持っていた。
ただクォーツのコストは、数を作れば作る程安くなるので、二十四時間稼動の自動製造設備の導入により、年間に何千万個の生産が可能になった。クォーツの黄金期は二十年程続き、世界市場は安い時計で満タンになった。安くて精度が良くなっても時計は売れなくなってしまった。空港の免税店でタバコを2カートン買うと、デジタル腕時計が一個つくような時代になった。2カートンで三千円もしなかった頃である。私も記念に一つおいてあるが、十年たっても電池を替えれば、ちゃんと動いている。その間にケータイ電話がおそろしい勢いで普及した。ケータイには時間が表示される。いよいよ時計を買う必要性はなくなった。
 日本人は、生産が拡大しても、それを飲み込む市場が存在する場合は、極端に強いし、努力や発明を怠らない。従って、どうしてもみんなが、それを自然に欲しがる新製品開発に頼りたがる。クォーツ時計は確かに時代を画する開発であったが、あとのソーラーとか電波とかはそれ程でもない。今は、一世を風靡しているが、沢山作り安くなって、みんなが持つようになり、陳腐化するであろう。
 スイスの時計が復活したのは、日本の必要必需品拡大販売のマーケッティングではなく、違う角度からのマーケッティングを採用したからであった。機能を売らずにイメージを売ることによって、同じ物を高く売ることができるし、不必要なものも売れるという方式である。顧客に満足度を売るのが眼目である。こんなに便利で役に立つ製品の上に、有名メーカー品、安いですよという日本方式の逆といってよい。

「リッシュモン・グループの直営店」
 
つい前置きが長くなってしまったが、今号のF・H誌第十四号(九月十六日発行)には、カルティエを中心とするリッシュモン・グループの直営小売店に関する新聞記事が掲載されている。
クォーツ時計の普及によって、時計は誰でも買える日用品となった。入学期に時計を買って貰える楽しみは、子供にも、与える親の方にもなくなったらしい。そうして時計は、ファッションとなり贅沢品ともなった。
 バックは日用品の一種であるが、ヴィトンやエルメスは、贅沢品である。彼等は世界中で小売直販店しかない。自分で作って、自分で小売りをする。大量販売をめざすには、各国に代理店を作り、各地の卸店を使って小売店に売るのが最短の常道であった。贅沢品の販売にとって、最大の課題は小売の顧客の趣向の変化を早く知ること、市場動向の察知であるそれと小売店側が、生産側の意向を十分に理解して販売に全力を傾注しているかどうかである。それが、贅沢品販売のための絶対的な条件である。供給が需要をやや下回るという状況を常に作り出したい。製造直売は、あたかも一人の人間が作って売る時のように、対応できる。
 カルティエも元々は煙草のダンヒルの小売店であった。しかし、これを擁するリッシュモン・グループは、直営小売店と同時に他者に販売する卸売りを併用して伸ばしてきた。リッシュモンが元々タバコ業者であったので、当然だろう。小売りを他者に任せることは、借し倒れの可能性もあることになる。アメリカでは、2008年から2009年にかけて千軒以上の時計店が店じまいをしている。シンガポールきっての高級店「シンシア」が行きづまり昨年末、身売りした。
 この五月期に、リッュモン・グループの決算報告書が出たが、最高経営責任者であるヨハン・ルパートは、不況をバネとして経営改善化をはかったと表明している。一つは、小売り窓口(ブティック)のスクラップ・アンド・ビルトを推し進めた。特にアメリカでの窓口を大量に閉めるといっている。リッシュモンの場合、直営小売店の売上げ比率は全体の46%である。スウォッチは、東京でも大阪でもオメガの直営店が目立っているが、全体としてみると直営店比率は10%にすぎない。リッシュモンの場合、自営小売店の売上は今期4%上昇したのに卸売りの店では10%減少している。売上げ滅の原因は、他者小売店では在庫を減らしたこと、取扱店の数が減ったことにある。
 全部直営店にすれば簡単ではないかという議論もあるが、時計の場合、地域が広すぎるから無理だろう。売上げも“100億円ぐらいの規模が条件となる“と記事にはある。さらに、ワンブランド・ショップが成り立つ為には、人口の集中する大都市であることと、新興国であることが必要とされ、ヨーロッパのような、飽和市場では難しいと結論付けている。さて日本は、どちらに入るか。まだまだ、ユニクロの成功があるので、ワンブランド店は進出してくるようだが。

「夢の時計を自分で作ろう」

もう一つの直販の形態は、インターネットである。この号では、インターネットによって、顧客がまず自分の好みの時計を画像で見て、購買するシステムの「ドランス」という会社の新聞記事が一寸興味を引く。モデルは一型だが、ケースの材質、ケースに石を埋めた八種類のケース、何種類かの文字板、色々なバンドを組み合わせて自分一人だけの個性的な夢の時計が完成し、画像となり、気に入れば発注をクリックすれば届けられてくる仕組みである。
 一度、「ドランス(www.delance.com)」を呼び出してもらえば、一目瞭然である。ジゼル・ルーファーという女性経営者が1996年に創業したというから、長続きはしている。条件付だが、自分しか持ってない時計を身につけるというのはアイデアである。代理小売店との共存もめざしているらしく、スイスの小売店のリストなども出ていた。大阪に一軒あったので、電話してみたが電話は使われてなかった。
 これで思い出したのだが、アルバの時計をセイコーと協力して、私の会社(栄光時計)が一手に販売していた時、個性的な時計ということで、いくつかのモデルに限って個人の署名入り文字板というのを発売したことがある。インターネットで映像のやりとりができる時代であったなら、簡単だったがお客さんの署名をもらうのは、店頭の応待から始まるから間違いのない、クレームのないシステムを作るのに金がかかりすぎて、商売にならなかった。いくらインターネットで工場直売とはいえ、細かい客の注文を聞いて製造にかかるのにはコストがかかりすぎる気がしなくもない。オーダー・メイドの洋服と同じことになる。一番理想的な料理店は、客がいま食べたい物を客好みに調理して出す店である。そんな店は存在しっこない。ドランスの時計は、ハーフ・オーダー・メイドだが、100%顧客を満たせる事が出来るかどうか、結局、出来たものをいかにうまく売るかに商売は尽きる気がする。マーケッティングはその為にあるのだろう。
(栄光時計株式会社会長  小谷 年司) 
■《番外編》 「父は今でも私を見守っている」(ナイラ・ハイエック) S ■2010年9月28日 火曜日 7時12分18秒

 スウォッチグループの牙城であるオメガ本社の町・ビエンヌの新聞に載った「ナイラ・ハイエックとの一問一答」。原文はドイツ語で転載されていたので翻訳は私の義兄(広島大名誉教授・丹治信義)の助けを仰いだ。文責は私(小谷年司)である。

ハイエック一族が地方紙のインタビューに答えた
 
 問「ハイエックさん、1週間前に会長に選出されましたが新しい職務をいかに果たそうとなされていますか」
答=今は徐々に手探りというところです。既に15年間取締役の任にありましたが、突然全責任を担う事とは別の話です。父の死には驚きましたが、充分に私たちは準備をしていたといえます。数日前にも弟と息子と私は父の執務室にいました。「もし俺が居なくなったらどうする」と言ったので、弟は「このうち誰かがその椅子に座ることになるが、お父さんが色々と指導してくれるだろう」と言いました。父は私たちにとって不滅の存在です。
問「今でも心の中で生きておられるということですか」
答=父の精神と力は私の中にあり、スウォッチグループは、父の子供です。毎朝電話してくることはもうありませんが。今でも頭の中では毎朝“調子はどうだ”と聞いて見守ってくれています。
問「もしも彼の意にそぐわない決定を下したら」
答=父は怒るだろうし、生前同様激しいやり取りとなるでしょう。父は様々な考えを持っていて、以前から反論することも良くありました。そのことも父は誇らしく見ていたようです。良くお前は俺の娘らしい娘だと言っていました。
問「お父上と異なる点はどこですか」
答=何かすぐに変わると考えているのが不思議です。私が15年役員として管理していたのです。その間、父はワンマン支配をしていたのではなく、常に私たちと戦略を語り合っていました。
問「会長としてスイスの政府に何か期待することはないですか」
答=今の所はっきりは解りません。ただ、父が亡くなって喜んでいる人々に対し、私は彼らが考えているほどお人よしではないといいたいところです。父は政治好きで死ぬ2日前にオバマ大統領に手紙を出して、“メキシコ湾汚染のBP社スキャンダルのあとで、何か変えなければならない”と忠告していました。
 問「メディアは、あなた方が会長職を全う出来るか疑問視していますが」
 答=それはそうでしょう。父は天才でしたから。しかし近くに居る人は、父が私を後継者として教育していたのを知っています。3月に副会長に任命してくれたのもその結果でした。
 問「確かに。しかしあなたが会長になられたことを意外と見ているようですが」
 答=外部の知らない人たちだけです。ある地方の政治家がびっくりしたよと言ったので、この3年間、重要な会合には父と同席していたのは、ご存知でしょう。私がタダの飾り物とみなされていたと答えました。「いやいや美しい飾り物でしたよ」と彼はいったのです。(笑)
 問「ところで弟さんのニックは自分の代わりにあなたが会長になられたことを妬んでいませんか。なにしろ弟さんは御子息・マルクさん最大のライバルとメディアは伝えています」
 答=私たちの家族に妬みはありません。私は弟もいまはブランパンの社長をしている息子も同じように誇らしげに思っています。彼らも私に対して同様でしょう。
 問「でも弟さんが自分の方が適任だと思っているという二,三のメディアもあるようですが」
 答=弟が7年前に社長に就任したとき、二,三のメディアに能力不足といわれましたが立派に能力があったと証明されました。父には彼が有能なことを解っていたのです。父が正しかったことは明らかです。
 問「でも貴方の能力が公然と疑問視されては傷つかれるでしょう」
 答=私たち女性は男性と対等であり、女性解放の進み具合を示す必要があります。父も男女差別はしたことがありません。
 問「あなたが会長で、弟は社長、争いごとはありませんか」
 答=私たちはまったく競争関係にありません。いつも同じ意見という訳ではなかったですが、二人の間では自分の意見を自由に語り合っています。
 問「あなたの知名度が低いという人がいますが」
 答=私はいつも顔を出してきました。多くの人が気づかなかっただけです。中東のメディアではよく私は知られています。でも新聞の表紙に載ることなどは望んでいません。スウォッチグループに役立つこと意外には。

こういうスタイルの立ち入った週刊誌的発想のインタビューは、やはり地方人物の関心が強い地方紙ならではという気がする。それに数値というものが一切出てこない。興味深かったので全文を紹介した。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■スウォッチグループの売上げは30億フラン(約2千4百億円)  R ■2010年9月28日 火曜日 7時8分41秒

 今年は本当に猛暑で、真夏は秋の彼岸にまでずれ込んだ。新聞によると113年間で一番暑い夏という。スイスの夏は、30度を日中で越すとは稀だが、人々は夏休みを取る。日本で時計の商売をしていると、スイスのメーカー相手の8月はお手上げである。商売は殆ど出荷されてこない。FH誌も8月は休刊であった。
 この間「年収300万円で暮らす方法」を書いた人気エコノミストの森永卓郎の講演を聞く機会があった。彼によると、近年イタリア人の平均所得は、日本人のそれを上回るようになったらしい。残業はしない、休業出勤もしない、休暇はしっかり取るイタリア人が何故その逆の行動を取る日本人より良く稼げるのか。日本は平均所得が十分の一以下の中国の商品と価格競争をしても勝てる筈がない。やっぱり付加価値をいかにつけるかを考えることしかないというのが結論であった。確かに日本の国民総生産の高さは、働きづめに働いて生み出されたという面は大きい。

総師ハイエック氏の死は得意絶頂の時に訪れた

 さて近回のFH誌は9月2日発行の第13号である。スウォッチグループの総師であるニコラス・ハイエックが83歳で仕事中に心臓発作で急死したのは6月28日であった。ハイエックは、殆ど死に体であったスイス時計産業を復興した偉大な人物である。彼を悼む長いオマージュが出ているのかと思ったら、意外になくて後継者問題の記事が取上げられていた。
 まずスイス時計産業全体としては、今年の夏休みに入る前半の6ヶ月完全に立ち直ったらしい。日本向けの出荷が前年比8・6%減で、ドイツ向けの5・3%減とこの両国が、ブービーとブービーメーカー。後は全部増加している。殆どが二桁台の伸びである。全体として2割の増加で7月に入っても勢いは失われていないという。
 スウォッチグループだけを見ると、この6ヶ月間の成長率は22・2%、売上げは30億フラン(約2千4百億円)、純益は約6億フラン弱(約500億円)という。今年も厳しいという予想に反して驚異的な成果を上げている。ハイエックの死は得意絶頂の時に訪れたといえる。
 後継者として、ハイエックは2003年に息子のニック・ハイエック(50歳)に執行役員社長の座を譲っている。
 今回は業務執行役員の上部機関である取締役会の会長に、娘のナイラ・ハイエック(59歳)が全員一致で選出された。姉は経営能力で未知数であるとの噂を否定するがごとく、ニックはテレビに出て言明している。「姉は既にこの3月に副会長の席に就いているし、15年も取締役をしている。実際の社業もこなしてきた。これ以上良い人事はない」
 亡くなった父親のハイエックは、野武士型の超ワンマンで、現在は娘が会長、息子が社長、娘に出来た孫のマルク(39歳)はブランパンの社長兼執行役員。当分ハイエック一家の支配は続くようである。しかし一家の持ち株比率は41%で、取締役には、スイス・ナショナル銀行の元頭取のジャン・ピエール・ロート、機械工業で財を成したヨハン・シュナイダー・アマン、第2番目の株主で化粧品薬品会社「デッチ・グループ」の女オーナー、エステルーグレーテルといった錚々たる人が名を連ねているが、いまのところはニックとその補佐役である元宇宙飛行士クロード・ニコリエに全幅の信頼を寄せていると新聞には書かれている。
なお「番外編」として、スウォッチグループの牙城であるオメガ本社の町・ビエンヌの新聞に載った、いかにも地方紙らしい人情の機微をついた面白い記事「ナイラ・ハイエックとの一問一答」を掲載する(栄光時計株式会社会長 小谷年司)。
■スイスはかって時計後進国であった。時計王国となったのは十九世紀に入ってから Q ■2010年9月28日 火曜日 6時58分38秒

話題は変わるが、パリにはグラン・サンク(グレート・ファイブ)と称される高級宝飾店が5軒ある。ヴァンドーム広場に面して路上に位置する宝飾店で、「ヴァン・クリーフ・アーペル」「ショーメ」「モーブッサン」「ブシェロン」に「カルティエ」である。みんなが宝飾専門店で時計部門を保有していても、細々と時計を作っていた「ブレゲ」を持っていた「ショーメ」がやや例外であった。「カルティエ」も今や時計で有名だが、当初、カルティエ本体とは全く関係のない「シルバーマッチ」というライター会社が、カルティエの名を使って、勿論許可を得てライターや時計、バッグのような、別に大金持ちでなくとも買える製品を作り出したのが成功の始まりである。のちにこの会社が本体を丸ごと買い取る事になる。さらに「カルティエ」は、南アフリカのタバコ会社に売却され、今やかってのタバコ王、ルパート氏のリシュモングループの中核となっている。
一方、「ショーメ」は、ショーメ一族のものであったが、当主のピエール・ショーメが脱税で逮捕されたりして破局し、アラブ系のファンド会社「インヴェスコープ」の買収するところとなった。この会社は、ティファニーやグッチを持っており、グッチの売却で高利益を得たのに味をしめて、会社を育て大きくして売るというファンド会社本来の方向を目指し始めた。ショーメの場合、グッチ程は利益を望めなかったが、子会社だったブレゲを先ずスォッチグループに売却、のちに本体のショーメをヴィトン・グループに売却して現在に至っている。他の三社も似たような経歴を辿りつつある。
 私はバブルの始まりの頃、ショーメのピエール・ショーメやモーブッサンのアラン・モーブッサンといった一族経営時代の当主と数度会談している。この二人に共通するところは、フランス人らしい優雅な物腰、その裏にすけてみえる尊大さ、教養のあるエスプリの利いた話術であった。個人生活は、我々の想像もつかない金満ぶりのようであったが、会社としては意外に規模が小さく、売上の多くをアラブ石油成金のような大金持ち相手の超高級宝飾品に頼っているようにみえた。日本にもそういった大金持ちが沢山いる筈だと誤解の上に立ち、百貨店が自分達の名のもとに販売できることを有難がる筈だと考えていたようである。
 ヴァンクリーフ・アーペルの社長とは面識はなかったが、娘さんのドミニック・アペールさんとは親しかった。外科医に嫁いだといえ、自分で宝石のデザインをする人だった。スマートな体付きの美しく上品な女性で、ロンシャン競馬場のクラブで食事した時に、「一度うちに遊びにいらして下さい。絵が好きなら母の集めたモネやシスレーが見れます」と平然と笑って言ったが、ごく当たり前といった感じだった。この人が、独立してドミニック・アーペルという本名で宝石店をパリに持った時、アーペルの名は、使用相成らんと裁判を父が実の娘に起こし、お店は閉鎖に追い込まれてしまった。西欧人の厳しさに眼を覚まされた気がした。日本でも、京都の一澤帆布店のように、同じような事が起こるようになり、嫌な時代になったと思う。蕎麦屋でいうと、「更科」でも「藪」でもあちこちにある。昔は、あまりお互いにもめた話は聞かない。あれはどうなったのだろう。
時計の歴史を少し調べると解る事だが、スイスはかって時計後進国であった。時計王国となったのは十九世紀に入ってからである。技術の開発は殆んど十八世紀に活躍した時計師ジョージ・グラハム、ジョン・アーノルド、トーマス・アーンショウ、ジョン・エリコットと言った英国人、又はフェルディナン・ベルトゥーといったフランス人だった。王家・貴族といったスイスにない階級の保護が厚かったからである。スイス人ではあるが、パリでは仕事をしたブレゲもここに入れて良いだろう。
 今号のFH誌は、エリコットの名がスイスで復興されている新聞記事を載せている。グラハムも確か、復興されて日本にも輸入されている。こういった歴史上に残る名時計師を冠することも、ブランド政策の一方法だろう。なんとなく、手の込んだ(事実上そうだが)複雑な技術を行使した由緒ありげな製品を想像させるからである。一世代前、日本ではブレゲの名を知る人は、時計業界人の間でも殆んどいなかった。

年間三億五千万円を売り上げるカナダのケベック市にある「シロン」(CHIRON)社

 終りに、全く話題を変えてバッタやさんの話。時計も大体は大量生産品であるから、荷もたれ在庫もできれば、型おくれ品もできる。たいがい、何らかの形で安く売ろうとするが、現在そこに頼っている流通に流せば、混乱は避け難い。どこか、こっそりまとめて買ってくれるところはないだろうかとメーカーや問屋は考える。日本国内に存在することは知っているが、当然、外国にもある筈である。その大手の一つ、カナダのケベック市にある「シロン」(CHIRON)社の、モーリス・ゴールドベルガー社長のインタビュー記事が、この号のFH誌に載っている。従業員十人、年間三億五千万円の会社である。以下がその内容。
取扱いブランドは極秘にしており、私共持込む人々は安心している。又、当方でも既存の流通チャネルに流れたりすることのないように注意している。メーカー直の代理店に売ったりしない。販売先を教えないところにも売らない。私の目的は、ブランドに役に立つことであって、つぶしてしまう事ではない。インターネットを通じて販売もしているが、なるべくメーカー直のインターネット価格に近くしている。世の中には、ファンなるものがいて、正価の新製品は買えないが、安くなった旧型なら買ってくれる。メーカーは、年々、新製品をどんどん作り買う人々はそれに慣れっこになっている、その傾向は止まらない。我々の活躍する機会もいよいよ多くなる。経済危機によって消費者は、お値打ち物を探して安く買いたいと思っている。これも我々のチャンスだ。私は、バッタ屋ではない。過剰在庫管理者である。この人、なかなかの論客と見受けた。(栄光時計株式会社 会長 小谷 年司)
■日本人はコピーに対して意外に寛容である P ■2010年9月28日 火曜日 6時56分41秒

現代日本の制度や文明は、ことごとく欧米のコピーと言っていい。明治維新以来、欧米に出た留学生は、常に思想や技術を日本に持ち帰り続けた。明治政府は、多数の外国人を高級で招き、あらゆる分野で教示を受けた。明治四年には政府閣僚がまるごと、一年半も欧米に出張して学ぶことに熱心だった。明治政府の要人達がそのまま留学生になったような岩倉具視をリーダーとする使節団だった。従って、日本人はコピーに対して意外に寛容である。江戸の鎖国政策も、清朝中国の政策のコピーとも見なされるし、一旦開国したとなると軍事による領土拡大を西欧に学んだ。台湾・朝鮮を植民地化し、満州帝国を作って太平洋戦争に至った。西欧諸国の真似をしてどこが悪いと言う観念が国民になければ、アメリカに戦いを挑む事は不可能だっただろう。
 戦後の日本経済の発展も、「日本人は何でもコピーして、オリジナルより良いものを作るからだ」と外国人に悪口を言われたのもあながち間違いではない。日本人は明治以来、和魂洋才なら猿真似だろうが、許されると思ってきた。
ごく卑近な例だが、私の住む大阪の夜の繁華街でも、ピアジェとかシャネル、ランバンと言ったファッション・ブランドの名を付けたクラブやスナックが、ついこの間まで乱立していた。日本人の旅行客が、パリやロンドンの街でイッセイ・ミヤケとか、モリ・ハナエといった現地の人の経営による同様の店をみると、怪しからんと思うだろう。相手も同じ思いをするという事に、日本人は日本に住んでいると考えが及ばない。この程度なら、許されると思っていた。こういったことを止めさせるには、どうしても法律が必要となる。知的所有権、名称権、肖像権といったものに関する法の整備が必要であるが、何しろ対象が曖昧なので簡単にはいかなかった。それに国情によって概念も変わるので、民意がそっちの方に動くまで法律となって施行されるのに時間がかかる。
十数年以上も前になるが、安っぽいニセモノの氾濫に、業を煮やしたカルティエ社がニセモノの時計を集めて、ローラーで轢きつぶして、公開したことがあった。こうなると相手がモノであれ、一種の私刑(リンチ)である。これは日本人の心情に合わないと、カルティエ社の為に惜しんだが、以来ニセモノは悪という感情が日本人の間でも、税関で没収というようなキャンペーンと相まって常識化されたので、こんなことも行われなくなった。同慶の至りのである。

九月にニセモノ・セミナーをニューシャテル市のホテルで開催

 スイスでもニセモノは横行するらしく、FHが専門家を派遣して今年のバーゼル・フェアに合わせ、バーゼル・ミルーズ国際空港の税関史にニセモノを見破るセミナーを実施したという記事が、以前のFH誌に出ていた。今号(本年第十二号、七月一日発行)のFH誌には、FH主催で九月にニセモノ・セミナーをニューシャテル市のホテルで開催の予告記事が載っている。丸ごとのニセモノには法の網がかかるが、最近のニセモノは手が込んでいる。一つは、ハイブリッド・ニセモノで、部品はみんな本物だが、いくつかの古時計から使えるものだけ使って、一つの完成品にしている。主として、インターネットで販売される所謂ヴィンテージものに多い。もう一つは、特注ニセモノで、本体は全部本物だが、文字盤を変えたりベゼルを変えて、注文主の個性発揮の要請を引き受けたもの、これらを果してニセモノというべきか。その法的根拠を問うためのセミナーらしい。とい
うのは、スイスの現行法では税関でニセモノと判断されたら、即座に投棄するする事ができるらしい。
ニセモノを作る側も大変だが、それを摘発する法整備も追っかけごっこで大変だなという気がする。テレビの「何でも鑑定団」を観ていると、大抵のお宝がニセモノで、観客は大笑い、所有者も苦笑いをしている。日本人がニセモノに寛容な一端が出ている。(つづく)
(栄光時計株式会社 会長 小谷年司)
■アメリカの市場はスイス時計産業のアキレス腱である  ■2010年7月28日 水曜日 11時30分29秒

前の回で、中国市場に特出して強いチトーニという時計のことに触れたが、他にもこんな例は多い。随分昔の日本におけるラドーはそうだったし、欧米におけるサーチナ、タイにおけるミドーもそうだった。アメリカにおけるモバードも同様の例だ。
二年程前に亡くなったモバードグループの創業者だったジェリー・グリーンバークは、カストロの革命で“キューバにおける高級時計の将来はない”と見越してハバナから米国に亡命した男である。グリーンバーグさんが私に直接語ってくれたところによると、殆どが無一文から、キューバ時代のコネを使って、細々とピアジェやコルムの卸売りを始め、またたくうちに、スイスのコンコルドやモバードを買収してアメリカ時計業界のドンに成ったようである。尊敬するスイスの名門、モバードを買収したのが余程嬉しかったのか、会社も上場する際、「ノース・アメリカン」から「モバードグループ」に変えてしまった。10年程前にモバードはアメリカで30万個以上売れているから日本でも取り扱ったらと勧める人がいて、私の会社(栄光時計梶jも代理店になった。以来、ジェリー・グリーンバーグさんとニューヨークやバーゼルでも何度も会ったが猛烈なビジネスマンという噂とは異なって、私より10才程年長の静かなはにかみ屋で、他人の言によく耳を傾ける人だった。勿論、時計の販売には一家言を持っていて、広告の力の大信奉者であった。マンハッタンの自宅にも遊びに来いと、連れて行ってもらったが大富豪という評判に反して意外に質素な住宅で飾り気のない人柄を現していた。性格にも押し付けがましさが一切なかった。
芸術好きでニュージャージーの本社には、アンディー・ウォーホールの作品が会社中においてあった。「小谷さん良いワインを飲むかい」と上等のボルドーをさりげなくいつもご馳走してくれた。この人のことを思い出すと、懐かしい気持ちで一杯になる。

《モバードの新戦略》利益の上らない直営店は閉鎖、独立系の百貨店とチェーンストアへの販売に集中

 日本でのモバードは、素晴らしい時計という私の思い込みとは別にして、細々とやっているので(勿論、花咲く時は必ず来るとは信じつつ)本家のアメリカではリーマン・ショック以来、ルイ・ヴィトンからエベルを巨額で買い取り破竹の勢いに、かげりがさして来ているようだ。(FH誌本年第一号)
6月10日号では、モバードの米国直営店をロックフェラー・センター(N・Y)の基幹店を除いて31店舗閉鎖するという記事がでている。「アメリカの市場はスイス時計産業のアキレス腱である」で始まるバスティアン・ビュスの論評が転載されていて、以下の内容である。

リシュモン・グループ時計部門の2009年度の売上は13億5千万ユーロで前年比6%減

 2009年の対米輸出は38%の減になっている。全体の減が22・3%なので、世界全体に平均して売っているメーカーよりも、アメリカに特出しているモバードのようなメーカーはその影響をまともにまともに受けることになる。この号のFH誌の巻頭には、リシュモン・グループの2009年の営業成果が出ていて、グループの持っている、ジャガールクルトを始めとする時計ブランドの売上は13億5千万ユーロで、前年度減6%だから悪くない成績だったと書かれている。宝飾部門の自社ブティックを中心とした、カルチェとヴァンクリーフの売上が26億9千万ユーロで前年より3%の減という。宝飾部門の売上があの花形ブランドを並べた時計部門の倍であるというのはカルチェの強さを示している。
 ここで元のバスティアン記事に戻ると、そのリシュモングループですらも、アメリカでは小売店が一斉に在庫調整にのり出したのが痛手だったとぼやいている。モバードの新戦略は、利益の上らない直営店は閉鎖して、今後は独立系の百貨店とチェーンストアへの販売に集中すると、社長のリック・コテーが表明している。米国に小売店が何軒あるのか知らないが、記事では5千軒が今年一年間に消え去るだろうと言う。

アメリカの市場には高級時計を十分に説明するだけの知識と販売技術を持った専門家がいない

 「アメリカの市場は特殊だ。短期的な儲けだけが重要で小売店の頭には、ブランドを長い眼で育てて、付き合っていく心構えがない。売れないとすぐ安売りに走る。スイスの時計のイメージを損なうことはなはだしい」とデウィットという日本ではあまり知られていないメーカーの人が痛烈に批判している。「売り子はしょっちゅう代わるし、販売技術の低下と共に、ブランドに対する無理解どころか誤解を持ち込む。思い付きの仕入体制で在庫管理が出来ていない。アメリカの市場には高級時計を十分に説明するだけの知識と販売技術を持った専門家がいない。」とこれはご存知のウブロのビーパー社長は手厳しい。
 アメリカ社会は通販・TV販売・インターネット販売に慣れているので、ヨーロッパ人と異なって高価な商品でも購入する。だから、一発商売が増えに増え、五割引六割引がザラにある。一体これで正価で買う人にどんな釈明をしたらいいのだろうか。その大きな原因は流通過程がしっかりと管理されていないところにある。これ又、アメリカ市場にある代理店を通じて強かったレイモンド・ヴァイルも、自社の販売会社を作って、再建にのり出している。「販売量が一定の数に達したら、それを守るには細かい配慮と神経が必要になる。だからどうしても自分で流通を制御しなくてはならない。アメリカ市場はやはり重要で何といっても、全世界の20%の贅沢品が消費される市場ですから」と前出のデーヴィット社のナタリー・ヴェッセの言で、バスチアン・ビュスの論評は終わっている。
 ビュス記事のこういったアメリカ市場批判を読むと、日本市場にとっても耳の痛い点が多い。日本では広大なアメリカとは違い、メーカーの直販化も進み、流通は整備されているが、それなら販売は安定した成長を望めるかというと必ずしもそうはなっていない。つきつめると、自社の商品は自社の小売店で売れれば理想的であるが、アメリカ・モバードの例のように採算が合はねばどうしようもない。それに為替の変動による併行輸入との戦いもある。結局、カルチェのように、卸と小売の併用ができれば申し分ないが、それを胸を張って出来るのはこのブランドしかない。
 今回のF・H誌には、ロレックスのセカンドブランドであるチューダー(ロレックスと共通のムーヴメントは一切使っていないが)の新戦略の記事が出ていたが、論評は紙面の関係から割愛せざるを得ない。チューダーも、香港では強いブランドなので、拡大する中国市場を眺めながら新しい発展を目指しているようである。興味のある方は、F・H誌に直接あたってみられたら。
(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■“贅沢品の将来について” ■2010年7月12日 月曜日 4時25分18秒

今年の第10号(6月3日発行)の巻頭のF・Hのパッシェ会長さんの文章を見ても、スイス時計産業は復調しつつあるようだ。主として、日本を除くアジア地区の好調によるものらしい。スイスの時計産業は、機械時計に生産の中心を移すようになって、超高級時計が牽引車になっている。それが不況のせいか、現在は小売価が30万円前後の中級品に力のシフトが移って来ている。果して、またそれより上にもどるかどうか気がかりのところである。
 いつも仲々良い記事を書く「ラジフィ(’AGEFI)」新聞の記者バスチアン・ビュスがパリの商科大学のヴァンサン・バスチャアン教授との“贅沢品の将来について”のインタヴュー記事をのせている。以下はその要約である。

人間社会の中に、贅沢な行為は構造的に埋め込まれている

 贅沢品は立ち戻りつつあるが、不況にあっても贅沢な行為がなくなっていた訳ではない。人間社会の中に、贅沢な行為は構造的に埋め込まれている。他人より優れていたい。目立ちたいと誰しも思っているし、それについて自分の考えも持っている。贅沢は各人に夢を与えるものである。夢となると限界はない。人間は自己と他人とをいつも比較するし、贅沢は比較の表現となる。バセロンやブレゲのような高級時計はかって王候が持つもので、中級以下の貴族は安物の時計が精一杯、一般民衆は時計など買えなかった。贅沢にははっきりした限界が存在していた。その限界は現在では消滅し、近代人には、贅沢をすることによって常人に勝りたいという欲求が生理的なものになっている。
 この不況の間に、贅沢をするということを恥しがる風潮があるという人もいるが、それは恥しいというより、気がねからだろう。株で大儲けする人も不況でも少なくなかったが、それをみせびらかす気にはなっていない。気がねして贅沢を前おくりにしている。贅沢をするのは夢を買うことだから、金持はいくらでも前送りが出来る。不況は貧しい人を直撃する。同じく不況は金持にも影響を与える。金持は貧しいふりをせねばならない。しかし、いつまでも我慢する訳ではなくて、金持は少しづつ行動にでる。それは超高級品の世界から大体始まる。好・不況の波は大量生産品の市場に存在する量が消費量に見合っているかどうかによって出てくる。勿論これには大型の設備投資がからまっているが、贅沢産業は重厚な設備とは関係ない。だから波の巾が長期になる。

贅沢は大衆化、贅沢の価値が死ぬという仮説は間違っている

 時計もクオーツの出現で、ケータイにもつくようになって、時間を知る機械としては体をなさなくなってしまった。車も同じで大衆車のルノーやプジョーが苦しんでいるのと同じだ。それでも贅沢の未来は無限である。贅沢の次元が違ってきていることにも注目すべきだ。例えば美容整形、あるいはネッスレの開発した高価なコーヒーのネスプレッソ。
 贅沢は大衆化する。今まで一部の金持しか楽しめなかったことに、誰もが参加できることによって、贅沢の価値が死んでしまうという仮説は間違っている。贅沢が死ぬケースは、贅沢の本質を外したところから来る。人間が作って、人間が売る。あるいは、人間がサーヴィスをする、しかも、その品盾の高さを各段階で保持しつつという条件で贅沢は始めて成り立つ。この原則を外して、一時的な成功はあっても長続きはしまい。
 如何ですか、いかにもフランス人らしい議論で異論もあろうが考えさせる面は持っている。

競売の話

 人間は誰しも、なにがしかは蒐集家である。子供の頃は、もう死語となっているが、ベイゴマやメンコ(関西ではベッタン)を大ていの子供は集めていた。切手や昆虫採集に熱を上げる子供は今でも多いだろう。蒐集品は決して贅沢品ではないが大人になると贅沢品になる。集めたものの客観的評価は難しく、値段は需要と供給の原則で決まる。TVで人気の何でも鑑定団の値は参考値段であって、あの値で売れる保証はない。ネットのオークションが大流行だが、まだごく安い、落札した人にリスクのないあたりでとまっている。
 この号では、時計の競売価格としては世界記録の高価で革バンドの金側パテックがジュネーブのクリティーズ社でクロノグラフ腕時計が落札されたという新聞記事が載っている。
価格は570万ドル(約5億円)。写真でみると、ごく普通の複雑時計にみえるが、1943年製、製品番号1527の一つだけ手作りされたものらしい。値は最初2億円ぐらいから始まって、5億円の決着となった。会場のジュネーブにあるホテルデ・ベルグに831人の入場者があり、中国人が特に多かったという。今や中国人があちこちで美術品なども買い漁っているようだ。

チトーニという時計
 
 今、上海で万博が開催中である。テレビで詳しくみて、懐かしく大阪の万博のことを思い出したが、もう40年昔の熱狂である。今、上海では同じように燃えているらしい。上海の夏は暑く、それでなくとも人の多い町なのに混雑する広い会場で、入場何時間待ちは行く気になれない。会場にジュネーブ・バーゼル・チューリッヒ三都市館というパヴィリオンがあって、チトーニという時計が全面的に後押ししている。
 チトーニ(TITONI)は文字板に梅の花のマークが入っていて、中国語では梅花牌という。スイス本国でも我国でも、殆ど知られてないが、中国では有名なブランドである。毛沢東の文化革命が始まらない中国へ商用で行った頃すでにあちこちで、毛沢東の肖像画とチトーニの広告が目立っていた。チトーニの名は懐かしい。一時日本でも平和堂貿易さんがやっていたがすぐに消えてしまった。
 チトーニが中国に輸出し始めたのは1960年代である。この号で、チトーニのダニエル・シュロップ社長はその頃、スイスへ中国使節団が来訪して、中国向きの低価格製品を買いたいと言って来た、貧しい共産国なんか相手できないという人ばかりで、私の会社だけが話にのった。それ以来のお付き合いだ、という。大体以来、チトーニの売上の50〜65%は中国向けで毎年10万個位輸出しており、ラドーに続く高級ブランドになっていた。市場開放でオメガやロンジン、ロレックスに食われ、今は七番目になっているが市場は拡大しているから、機械時計を中心に健闘している。スイスの工場は53名の社員、中国に80名。

チトーニの年間生産量は15万個。

シュルップ社長は、万博パヴィリオンのテーマは「水の清らかさをいかに保つか」。私の時計と同じ「美しく、堅実で、不要な飾りや贅をこらさい」と言っている。昔はチトーニのようにある国にだけは滅法強いというブランドが存在し得たがマーケッティングというものが全世界的になっている今後はどうなるだろうか。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■同業者組合の話 ■2010年6月28日 月曜日 5時8分35秒

 私のように20代から70才過ぎまで時計産業界に身を置いていると、士農工商というが士農は別として、工商はこの身分決定順序は当っているという気がする。工は工業に従事する人々、商とは商業に従事する人々である。大体、工場関係者は技術者が多く、物づくりに対する意欲は激しいが、販売となると単純な突撃兵になるか始めからサジを投げ出して専門家に任せてしまうタイプが多い。いわゆる人の好い性格。
販売に関係する人はこれに比べて人が悪い。元は純真でも、だまされたり、嘘をつかれたり、競争相手にしてやられたりするから、容易に他人を信じなくなる。生産と販売とが分離していると、同じ製品のメーカーであったとしても、生産担当の人々は正直でまっとうだ。販売担当の人は一筋縄では行かない。交渉相手からみると、あの会社の工場の人は良い人だが、営業の人は油断もすきもあったものじゃないとなる。生産技術よりマーケティングの方がより重要になった現在はその傾向がますます強い。だから営業部門がより集まった組合では、組合全体の向上につながる施策は、組合員各個の自我がでて、なかなかとりにくい。業体の如何を問わず事情は同じである。
ところが生産側の人々は企業秘密の技術や新製品の開発については口が堅いけど、その他の生産上の問題については同病相憐れむのか、協力関係を築きやすい。

スイスの時計経団連

スイス時計産業経営者連合(CP)はスイスの時計産業が支障なく発展するよう賃金の協定を労働組合と取り決めたりするばかりでなく、色々な施策をとっている。今回のF・H誌(5月13日発行、本年第9号)ではCPが主体となって指導している「転ばぬ先の杖運動」の報告があった。
スイスの工場は敷地が一体にせまいので、日本のように平面一層ではなく、数階建ての建築が多い。そこで、工場内で起こる事故年間、約1,300件の二割が仕事の上でなく、単に転倒することによって起こるらしい。それを避けるために、CPが12人を一グループにして一時間のセミナーを一人1,500円微集して巡回している。階段の模型やら、ぐらぐらする床板のモデルを使って、荷物を運んでいても転ばない訓練をするようだが、日本の消防訓練みたいなものだろうか。なんとなくユーモラスな日本人の発想にはないセミナーをやっている感がある。

時計教育について

 又、CPは時計の高度技術者の育成に力を入れていて、色々な大学と共同して理学系の大学卒業者に時計学修士号や博士号をとるためのコースを作っている。純粋に生産技術の専門家を作るコースで、国をあげて時計技術の向上につとめる姿勢がみられる。日本のように専門教育は就職してから社内で行っているのと大分様子が違う。その内容に興味のある人はインターネットでwww.cpih.chを検索されるといい。
時計学校というと、私のような営業一本の頭しか持たない人間は、ロレックスの東京テクニクムとか、水野さんのヒコ・ミズノ時計学校といった修理工を育てる学校しか思いつかない。日本の理系大学に時計学部があるのだろうか。もしないとすれば、やっぱり時計産業全体で教育の問題を考えないと、企業内教育といっても企業に余裕がなくなりつつある現在、優秀な技術的人材をこれまでのように生み出さなくなるのではと心配になってくる。金融とか保険といった実体のとらえにくい部門は別として、スイスの実体的な産業において時計は観光・製薬に次ぐ第三位を占めている。その存続にかける人々の努力は日本とは熱意が違うといっても、もう少し我が国も将来を考えるべきだという気がしてならない。日本時計メーカーの首脳の方々に公共な教育の重要性に気付いて実際の行動に移っていただきたい気がする。
 スイスを支えているのは高級時計の分野で、小規模の職人的名人芸に頼っているから日本の工業生産風土とは異なると、うそぶいてはいられない時がくるかもしれない。
 
時計生産国の移り変わり

 私が業界に入った時、世界一の売上を誇っていたのは、まだセイコーではなくてブローバ社だった。今やブローバはシチズンの子会社にすぎない。その前は、ウォルサムがあり、タイメックスがあった。ウォルサムは倒産し、タイメックスは小さくなった。アメリカはかって時計王国であった。技術は育てるよりは、他国から買った方が安上がりで早いと考えたアメリカから、時計生産工場はみんな消えてしまった。この教訓を他山の石としたい。
フランスもかつてはスイスと競合する時計王国であった。歴史的にみても、ジュラ山中に時計作りが散在したところから、ジュラの南がスイス、北がフランスだから、隣どうしフランスのブザンソン市は時計の町として昔有名だった。リップとかイェーマはフランスのブランドである。それが凋落したのはフランスの労働者に権利意識が強く、すぐにストライキに突入したから、スイスの同業者との競争に敗れたためとされている。
しかしフランスの場合、労働者は職を失ったわけではない。毎日、国境を越えてスイスまで働きに来る人が、1960年頃からだんだん増えてきて、きっと自動車の普及もそれに手を貸したのだろう。現在は16,000人になっている。スイスの時計産業従事者の三分の一が毎日国境を越え
て通う人になっている。この不況で、外人であるフランス人から先にリストラされるということはなかったらしい。待遇も平等らしい。こんな記事が今号に出ていた。きっと、同じフランス語を話すからトラブルも少ないのかなという気がしなくもない。いずれにしろ、時計産業そのものが日本から消えることがないよう、私達は努力しなくてはならない。(栄光時計株式会社会長 小谷年司)
■趣向を変えて今回は「名門ロンジン」を取り上げます ■2010年6月11日 金曜日 15時31分50秒

 今回は今年第八号(四月二十九日号)のF・H誌。前回ふれたバスティアン・ビュス記者が、エルメスのリュック・ペラモン・ショパールのカール・フリードリッヒ、ショイフェレ、レイモンド・ヴァイルのオリヴィエ・ベルネイムといった各社の最高責任者にインタヴューをした記事が載っているが、趣向を変えて名門ロンジンを取り上げたい。

アジア諸国で半分を売上げるロンジン

《ロンジンの現状》時計産業の中心地であるジュラ地方の新聞「ル・ジュールナル」の三月二十五日にロンジンの社長であるワルター・フォン・ケネルの記事が出ている。名が長いので、ワルターと短く書くが、ワルターがロンジンに職を得たのが一九六九年、今から四十一年前で社長になってから二十三年、昨年はスイス時計産業が前年比二十三%も落ち込んだのに最高の売上という。彼の功績は大だが、好成績はスウォッチ・グループの一翼を担っているおかげで、ハイエック親子のすぐれた指導が何よりのよりどころとリップ・サーヴィスも忘れない。推進力の最たるものは、中国市場で全体の三分の一、その他香港、マカオ、台湾といったアジア諸国を足すと半分以上になるという。残念乍ら、日本市場は言及されてない。中国にロンジンが最初に輸出されたのが一八六七年で明治維新の前年で歴史は古い。清朝以来である。毎年中国の全スタッフを集めてセミナーをしているが、今年の一月も、中国とロンジンの長い関係を強調して来たとワルターは語っている。

 《ワルターとの関係》 

日本では長い間、服部時計店が(現セイコー)が独占代理権を持っていた。自社のセイコーブランドが日本のみならず世界中で売れるようになり、スイスの時計をセイコーが売るのに熱心でなくなった。そんなことまでしなくとも、セイコーが売れて、儲かって仕方のない時代であった。当時は独立会社であったロンジンも斜陽で売りに出されていた。ある会合の席で若かりし服部礼次郎氏(現セイコー名誉会長)に「ロンジンをお買いになったら」と冗談まじりに提案したことがあった。「だってセイコーの工場に比べて設備も古いし、名前だっておバァさんだもんねぇ」と一笑に付された記憶がある。
確かに、オメガも同様、スウォッチの現両エースが低迷の時代で、ロンジンも新しいグループに入って、日本の流通をロンジン・ジャパンという会社を作って直接手がけ始めた。J・J・アッカーマンというエネルギッシュで日本市場に詳しい人をオメガから社長にスカウトして、スウォッチ・ジャパンの傘下に入るまで破竹の進撃をしたことは業界人もまだ憶えているだろう。私の会社も卸代理店(本
年で終了)していたから、ピーク時で総数年間十二万個近く国内で販売していた事実を知っている。現在は二、三万個といったレベルだろう。
 その日本のピーク時に社長になったのがワルターで、一年に何度も会う仲だった。ワルターはスイス連邦軍の大佐でもある。スイスは国民皆兵制だから、常備兵はいないに等しい。将軍の位は平和時には存在しない。大佐が最高の階級である。ワルターには良い意味での軍人気質があって、突撃専門である。「売って売って売りまくれ」というタイプで、それだけでは旨くいかないと解ったのが、いわゆるハイエックの指導だろう。一時は二人社長制など敷かれて干されたが、二、三年でカム・バックして人々を驚かせた。やはり実力が買われたのだろう。陽気なところと、神経のこまやかなところが併存して人心をとらえるのが上手である。容貌も坂田の金時を大人にしたような童顔で愛嬌のある大男である。

 ローラン・ギャロス全仏テニス大会

 この同じ号にロンジンがアンドレアガ
シとシュティッフィ・グラフ夫妻主催の財団に協力して、十才から十三才の子供テニスプレヤーを世界十六ヵ国から選抜して、全仏と同じ会場で男女の優勝者を作る企画を発表していた。全仏全体もロンジンが時計を提供したりしてスポンサーになっているので、行きたいなあと思っていたら、思はぬ幸運がとびこんできた。全仏の切符なんか取れるかなぁと一年程前にワルターに呟いたのを思い出してくれて、丸ごとこの企画に招待してくれたのである。
 六月五日には、クェルテンとマリー・ピエールスという二人のかつての全仏優勝者と、子供達二人のお遊び男女混合ダブルスがあって、これがとても楽しかった。昔鳴らした選手のマンスールという老人が加わって道化テニスを披露。観客は大喜び。夜は十万ドルを財団に寄附するためのパーティーがあった。ロダン美術館を一晩中開放し、広い庭園に立派な臨時会場をしつらえて正式のディナー。接待客は四百人近く。豪勢な宴会で一晩で五千万円はかかっただろう。翌日は、全仏の決勝戦男子観戦。超人気のナダールと、常勝フェデラーを破ったソダーリング。あっけなくナダ―ルの勝利に終わったが、ローラン・ギャロスの粋なお祭り気分は、フランスでしか味えない。ロンジンは全世界から二百人近い人を招待して、元気のよさを見せつけてくれた。パリの市内を走り回る沢山の吹き抜け天井の観光赤バスには全車背面にアガシの笑顔を使ったロンジンの広告があった。
 紙面を借りて、こんないたれりつくせりの旅を用意してくれたワルターに礼を申し上げたい。ロンジン社にも。(栄光時計株式会社 会長 小谷 年司)
■バーゼル見本市の報告では「スイスの展示会社がニコニコ」 ■2010年5月27日 木曜日 7時11分27秒

アメリカからの来場者が復活して入場者の数は10万700人と昨年比7%アップ

 これは4月15日号(第7号)のF・H誌なのでバーゼル見本市は終了しているから、その簡単な報告が出ている。「スイスの展示会社はニコニコ」という表題で、入場者の数は10万700人と昨年比7%アップ。今年になって、14ヶ月振りに時計の輸出が減少から増加に変った成果がみられたという。特に、昨年皆無に近かったアメリカからの来場者が復活しているという。

全従事者50,000人のうち4,000人の解雇で納まり業積は最悪の状況から抜け出した

 スイスは、小さいけど連邦共和国である。共和国というのは、人民主権であって労働組合は伝統的に強い。スイスで争議があまりおこらないのは、労使共に大人で、話し合いの精神が強いからだろう。ストライキしたところでどっちの得にもならない。
時計産業にも経団連のような経営者の団体から436社(通称CP)があって、労働組合と話し合って、色々な条件を毎年話しあっている。そのCPの発表によれば、全体で最悪5000人(総従業員の10%)の解雇が予想されたが、4,000人におさまり業積は最悪の状況から抜け出しつつあると発表している。これは新聞からの転載記事。スイスでは、550,000人ぐらいが時計産業に従事していることが判る。
バーゼル見本市の時期であったせいか、スウォッチの総師であるニコラス・ハイエック氏やオメガの社長スティーヴ・ウルカート氏など大物のインタビューが新聞紙上を賑はせていて、それがこの号に連載されているが、ここではパテック・フィリップの新社長、チェリー・スターン氏のインタビュー記事を取り上げよう。

パテックの成功は、大量生産が利く、高級にして大衆化を図ったことだ

 パテック社の沿革を前段として少し書く。1839年ポーランドからの亡命者、アントニー・ノルベール・パテックによって創業。6年後にフランス人のアンドリアン・フィリップが技術面の共同経営者として加わり二人の名を冠するようになった。20世紀になるまでは年間1,800個程度の生産で、20世紀に入って延びている。例えば1907年には6,000個を越している。
しかし、世界大恐慌を越えることはできなくて、今の経営者、スターン一家が1937年買収し、再建。成功の一因は高級宝飾時計や複雑時計ばかりでなく、やはり多少でも大量生産が利く、高級にして大衆化を作って(当時はカラトラーヴァと称されたモデルなど)、販売の基盤としたことにあった。この辺はロレックスの成功とよく似ている。日常の御飯の食えるモデルと超高級品との組合せの両輪経営。生産量は1970年に12,000個、2000年には20000個を突破し、現在は40000個である。

2009年度の売上げは幸いにも2008年を上回る画期的な記録年度となった

 さて、チェリー氏は、スターン家の四代目の御曹司として(8年間、父親の薫陶を受けたあと)社長の座についたばかりの青年である。パテックは他のブランドと比べて華やかなマーケティングでは、目立たないかも知れないが、大言壮語ではなく、長期的に堅実な経営を志すと言っている。今の不況だって、我々は長い歴史を通じて生き残るのであって、単に景気のサイクルにすぎない。大切なのは、工場で作る製品の質と小売店と協力して作る販売の質だ。15%の売上減少予算を昨年は組んでおられたのに、結果はどうでしたかと聞かれて、彼はこう答えている。
2008年は最高の年であったのに、2009年は幸いにもそれを上回る画期的な記録年度となった。

不況に対し、控え目な計画がベストだ(パテック)

 小売店との関係においても、他のメーカーがやるような押し込み販売は避け、小売店の在庫を減らし、我々が在庫を持つようにしている。しんどいが、これが良い時も悪い時も、小売店と我々が共に発展したり、我慢したりする長期的関係の基盤である。40,000個の生産も増やすとしても、年率1〜3%くらいのもので、品質を保つにはいきなり増強はできない。小売店にしても、世界で500店以上では上手く機能しなかった。現在では、世界で480ヶ所に充実した売場があり、それで十分。直営ブティックの拡大は考えていない。みんなは中国、中国というが、中国に市場開拓してまだ5年目だし、小売店も2軒しかない。これ以上増やしても生産が追いつかない。
それに中国人は、外国に出てどんどんパテックを買ってくれている。(このへんは昔の日本人みたい―私見)アジアは日本以外、今後有望だが、まだ手付かずなのが現状だ。

パテック社は家族経営であり、独立していることが購入者に対してもブランドへの信頼を強化する

 工場設備の拡大はラ・ショードフォンの新工場とジュネーブ郊外の拡張で一段落、とにかくリストラも避けることが出来た。きっとその時は来るだろうが当面雇用拡大はせず、今の1,300人態勢で行く。パテック・フィリップ社はあくまでも家族経営で、これが得意先から得る信頼の一番のしるしで、この方針は今後も決して崩さないだろう。家族経営で独立していることが購入者に対してもブランドへの信頼を強化する、とこのインタビューをしめている。
 このインタビュー記事に書いたのはラージュフィ(LAGEFI)紙の記者バスチアン・ビュスという人でいつも突っ込んだ良い質問をする。
(栄光時計株式会社 会長 小谷 年司)
■新設工場ラッシュは、スイスの将来の希望と新しい局面に移行している ■2010年5月13日 木曜日 4時22分29秒

パテック・フィリップやモンデーヌ、ジャガー・ルクルトなど

 時計産業はスイスの基幹産業の一つであるが、生産工場がスイス全域に広がっている訳ではない。レマン湖の西端にあるジュネーブから、東北の山地に登って、ジュー谷間に至り、ジュラ山脈の南側を伝って、ラ・シオード・フォンやルロックルという山間の町に至り、そこから南下して、ニューシャテルやビエンヌにつながるのが時計の地区であって、主としてフランス語が話される地方である。地方色がとても濃い。時計を産業に従事する人には、同じ工場で親子代々働いている例が多かった。長年の間、従業員、下請け等地域との関係が密着して、工場をどこかへ移転するのが難しくなっていた。ここにスイス時計産業の強みと弱みがあった。強みは手作りの単価の高い少量生産に発揮され、弱みは安価・高品質・大量生産の場合に露呈される。

もう20年以上近く前になるが、パテック・フィリップの生産量が年間2万個ぐらいと推定されていた時、セイコーの塩尻工場ででは、それと同じ数のアルバが毎日生産されていた。当時、アルバの販売会社の社長をしていた私は、ベルトコンヴェアーから2・6秒ごとに吐き出される時計をみて、これを売りさばくにはどうしたらよいか、武者震いをしたものであった。しかし、良いものを安く作れば、いくらでも売れるという時代は去ってしまったし、高級時計を人間の熟練でコツコツ作れば、生き残れる時代でもなくなった。技術革新は多量だろうが少量だろうがすべての形の生産に必要とされるようになっている。
 スイスの時計産業も丁度今が変換期であるのか、有名ブランドの新工場進出がさかんである。4月1日発行の「FH誌」本年第6号をみると本格的な新工場操業開始のニュースが、いくつか伝えられている。
 まず、パテック・フィリップ。3年前にラ・ショードフォン近くのクレ・デュ・ロックルという土地1万8千平米を取得して、床面積1万2千平米4階建のモダンな長方形の柱を横にゴロンと寝かしたような建物が俊工された。ムーヴメントはまだジュネーブの工場で組み立てられるが、ここではケース製作種々の研磨、宝石の石どめの工程が、それぞれの子会社を同じ新設工場に入れる形で、効率化をはかったという。従業員数150名。勿論、美しい従業員食堂のあることも報告されている。大分以前パテックは、伝統のあるジュネーブ製の刻印(ジュネバ・シール)を時計に打たないようにしたというニュースをいぶかしく思ったが、遠隔地工場での部分生産で、100%ジュネーブ製ではないという批難をかはすためであったのかなという気がしなくもない。

 次は、スイスの鉄道時計を模した単価の低い時計で有名なモンデーヌ社の新工場完成のニュース。この会社はまだ若く、1951年創業で、1967年からモンデーヌの名で時計を売り出し、現在では2代目のベルンハイム、アンドレとロニーの兄弟が経営している。ソロトゥーンといってラ・ショードフォンからバーゼルに向う街道に沿った町の近くにある。昨年末、アジアに製造拠点を持つマーロックスという会社と業務提携をしていて、この会社の作るエスプリとかジョープやプーマといった若者向きのライセンス時計を売ったりもしている。自社のブランドはモンデーヌ、M・ウォッチ、ルミックスだが、他社からの委託製造を請け負うなど、経営者が若いだけあって、多方面に色気を出している。写真でみると三階建ての体育館といった外観で、旧工場に勝ること4倍の拡張だそうだ。
 続いて、ジャガー・ルクルト、ル・サンチェという小さな村の昔ながらのアトリエ的な工場に隣接して9500平米の新工場を新築完成している。ジャガー・ルクルトの代理店だったデスコに勤めていた、この工場をよく知る増田さんが、つい先日みてきて大変立派になり昔の俤はないと言っていた。まあ、現在では25%ぐらいしか使ってないらしい。それでも従業員は1000人を超す。ここでも自慢は最上階に設けられた従業員レストランらしい。食堂ではなくレストランと称されている。五、六百食は毎日作るらしいが、美しい環境で食事し、歓談すると従業員は気分が良くなり効率も上ると会社側は言っている。アントアーヌ・ルクールトルが1833年、つまり天保の頃に創業した工場は177年たっても家庭的な雰囲気があると、この記事のレポーターは伝えている。
 まだ、我々の業界では本格的な景気の上昇がみられないがスイスの時計業はずっと明るい。FH誌によると、この1月と2月のスウォッチグループの売り上げは同月比較としてみると、この過去最高の2年前を5%から10%上回っているという。スウォッチは、精密機械用の電子チップの製造を担当するマイクロエレクトロニッ社(本社スイス・マラン従業員330名)に130億円の新規設備投資を実施している。
 新設工場ラッシュの意味は、スイスの地域密着から産業が効率化のため地域性を抜け出しつつあることと、将来の希望がでてきたことであろう。確実に新しい局面に移行していると思える。
(栄光時計株式会社 会長 小谷 年司)
■リシャール・ミルがカリブ海で開催されるヨット・レースのスポンサーに ■2010年4月27日 火曜日 2時45分36秒

一点豪華主義で、他航空会社との差別化をはかる為の「贅沢の将来」

現在、日本では個人所得の減少と共に、「ユニクロ」「しまむら」といった安い服を売るお店が驚くほど業績好調である。バブル時代に、日本中が贅沢品を買い漁ったのとは反対の現象が起こっている。そんな時に世界の中では新しい豪華さに対する流れが出ているらしい。ニュースウィーク誌の四月五日号は「贅沢の将来」という特集を組んでいる。例えばシンガポール航空やアラブのエミレート航空は、個室キャビン作りホテルの一室に泊まった気分で、目的地に到着する飛行機を就航させている。その試乗記がのっていた。
ロンドン、シンガポール間往復の料金が一万二千米ドルというからさして高くはないが、出発の空港チェックインから始まって至れりつくせりのサーヴィスのようである。何故この不況にこんなことをするのかというと、一点豪華主義で、他航空会社との差別化をはかる為であると分析している。同じ号に、フォルクスワーゲンに買収された、一台二十万ポンド(三千万円)もするベントレーの売上が好調という報告もでている。昨年は四千六百台売れたという。BMWがロールス・ロイスを買収しているから、工場生産の良さと手作りの良さが合わさったお金持ちにとって魅力的なクルマを出してくるだろう。日本航空も一年程前に、大都市間に一等席を売り出したが、大阪・東京の追加料金が七千円もするのでは、今や安物ブームの日本では不評であった。この辺が日本の贅沢人口の限界であろう。私にたとえ七千円の余裕があるにしても、気恥ずかしくて乗る気になれない。贅沢というのは首尾一貫すべきものであって、たった一時間の飛行機だけに一等に乗っても無意味である。
 葉山のヨットハーバーは行ったことがないが、西宮や芦屋のヨットハーバーは時偶行く機会がある。近年整備されて優雅になり、美しいヨットが停泊している。しかし、南仏のサン・トロペやモナコのヨットハーバーに比べると、はやっている船は月とスッポン程の差がある。日本のお金持はみんな働いて稼いでいる人だから、年柄年中クルーを雇って、あちこち航海できるような本当の有閑階級は皆無である。日本にもそういった階級は少数ながら存在したが、対米戦争の敗北、農地開放、財閥解体で絶滅したといってよい。
 リシャール・ミルという名の時計がある。近年台頭して来た超高級時計で、平均単価が一千万円という。我が友、河合暢雄さんの会社が代理店をしておられる。FH誌の本年第四号にリシャール・ミルがカリブ海での、サン・バルテルミー島で開催されるヨット・レースのスポンサーをするという
記事がでている。日本人にはピンと来ないが、ヨットレース、例えばアメリカス・カップのようなもののスポンサーになるというのは大変なことらしい。競馬場に来る観客が金持ちの集まりときいても一般日本人はピンと来ないのと同様であろう。ヨット・レースの観客はセレブの集まりである。
 リシャール・ミルは一時セイコーの傘下にあった時計工場のマトラ・イェーマの支配人、パリの宝石商モーブッサンの作る高級時計部門の経営陣へ加はり、十年程前に自立した人である。
 高級時計が商売として成り立つには技術面における配慮と共に資金面にも有能な人材がいる。フランク・ミューラーは、すぐれた時計技術者であったが、真実のオーナーともいえる協力者のヴァルタン・シルマルクの経営の才が無ければ、今の繁栄はおぼつかなかったであろう。リシャール・ミルは優れた経営の才も備えているようだ。
 FH誌の本年第四号は、リシャール・ミルの新聞記事が掲載されている。リシャール・ミルの会社の株の十分の一はオーデマ・ピゲ社が持っている。十年ばかり前に独立した人が自前の工場やアトリエをすぐに持てる訳はない。オーデマ・ピゲのかっては一部であったルノ・エ・パピエや、パルミジャアーノを所有している薬で財を成したサンドス財団の傘下のヴォーシェ・マニュファクチュールに機械部分の協力を受けている。フランク・ミューラーやパルミジャーノといった高価な時計が売上減少に困っている昨今、リシャール・ミルは昨年22パーセントも増収し、八千三百万フラン(約八十億円近く)の売上を記録している。しかしその個数はたったの二千五百個である。日本の市場は、この種のものは五%とみられるから、一ヶ月に最低十個売れば、代理店は成り立つ。言うは易く行うは難しだが、沢山の人を相手にしなくても贅沢品が成り立つ良い例だろう。リシャール・ミルの工場はジュラ山脈のブルルーという村にある従業員は七十人という規模。
 今年からジュネーブのサロンに参加しているが「カルチェやジャガー・ルクルトのような歴史のある確立したブランドと伴走できるのは名誉なことだ。だけど我々の占める場所はごく特殊で、価値のあるバイプレイヤーにすぎない」とケンソンした発言をしている。
 かつて贅沢な時計の御三家というと、パテック・バセロン・オーデマと言われ、その地位を長く確保していた。今では時計の世界でも新しく贅沢なブランドが次々と出てきている。昔はコミュニケーションの速度が遅かったので一度確立したブランドの位置が不動であったが、情報が即時に広がる現在では一躍檜舞台に上るチャンスが多くなったと言える。
(栄光時計株式会社 会長 小谷 年司)
■2009年のスイスの時計産業の売り上げ全体が23・7%減 ■2010年4月12日 月曜日 6時5分35秒

スウッチグループは全体の売上げが54億フランと前年比92%

この原稿は今年1月の第2号FH誌を翻訳したもので、現在は第4号まで出ている。
スイスの時計産業も昨年1年は、苦戦が続いたようだ。11月までだが売り上げ全体が23・7%減のようである。
スウッチグループの昨年の売上げは全体の売上げが54億フランと前年比92%と報告されている。落ち込みは前半激しく、後半は回復基調。特に12月は過去最高の売り上げになったとある。強かったのはオメガを中心とする中級ブランドであった。「全体としては健闘している」というのがその新聞記事の評価であった。
 以前の号の中で、リシュモン・グループが香港で時計学校を開校したという記事が出ていた。10名くらいの学生で我々の日本人の考える学校の規模とは多少隔たりがある。機械時計を修理するには、やはり熟練の職人が必要であり、機械時計中心のスイス高級時計には、新しい教育を受けた時計職人が全世界的に必要とされている。
 この号では、アメリカのシアトルでロレックスのスポンサーによる新しい時計学校が開校した新聞記事が紹介されている。定員は12名二年制。スイスのニューシャテルに、いわゆるWOSTEPという(時計技術修得スイスセンター)学校があって、そこで開発されたカリュキラムに従って、合計3千時間、大体1週間に40時間の全日制。卒業時にクォーツ・オートマ・クロノの三種類のムーブメント修理を完全にマスター出来れば免状が受けられる。日本でも東京のロレックス・テクニクスも ヒコみづのジュエリーカレッジの時計コースも同じシステムを採用している。例えば、東京テクニクムでは定員12名、学費が2年で200万円、材料費30万円(筆者調べ)というから、この程度の授業料では営利事業にはならない。
アメリカでは、2001年にロレックスが既に1校をペンシルヴァニアで開校し、2つの大学の時計技術修得コースに5年で100万ドルの助成金を出している。スウッチグループも負けじと、2005年にニュージャージーに時計学校を開校。アメリカでは、リシュモン・グループもオーデマピゲもブライトリングもそれぞれ時計学校に助成金を出している。みんな合わせて約40人ぐらいの職人が毎年巣立っている。
 昔、大阪の生野工業高校に時計科というコースがあった。その伝統を引き継いだのか大阪の時計小売組合は健気にも時計修理職訓練学校を主宰している。大阪府からも補助金を得ているが、大赤字の府からでは補助金の額も心もとないと想像される。WOSTEPのカリキュラムなど、やりたくてもできない。授業料が25万円、受講日は週3日、学生数5名(現状)という。ヒコみづのの校長の水野さんにおたずねすると、本格的な時計学校を開設するのに場所とか建物は別として最低2千万円の資金を必要とするとのこと。やっぱり大きなスポンサーが必要とされる。スイスの時計工場で出して上げるところはないだろうか
ついでながら、関西には近江神宮付属時計眼鏡宝飾学院がある。時刻制度を日本に最初に導入したと言う天智天皇を祭っている神宮の広大な敷地内に校舎がある。3年制で時計は必須項目、他の2部門は選択制である。授業料は年間百万円、入学金20万円。カリュキラムは独自のもので、10名内外が毎年卒業するようである。
ロレックスの補助による学校は、ロレックスの名を冠していない。東京の学校も正式名は「トウキョウ・ウォッチ・テクニクム」である。ニュージャージーのスウォッチの学校名は、カリスマ会長の名にちなんで「ニコラス・G・ハイエック時計学校」である。両社の性格の違いが良く出ている。(栄光時計株式会社、小谷年司会長)
■今年のFH誌第一号の記事から ■2010年2月28日 日曜日 2時47分52秒

一見役に立たないことを読む

 もう50年近く昔のことになるが、私が亡父の案内をしてビエンヌにある当時出来上がったばかりのオメガ新工場に行ったのは1963年の春だった。父が創業した栄光時計は、父の出身会社であるセイコーの卸売りを主としていたが、スイス時計の人気商標であったオメガも販売していた。丁度セイコーの勃興期であった。
 工場見学で父が感心したのは生産設備ではなく、女性従業員の子供を預かる保育園が設けられていたことであった。こんなことは日本の工場では高くつくとされ、考えられないとセイコーの工場を良く知る父の感想であった。
 その後、栄光時計に入社した私は、度々スイスの時計工場、特にジュネーブのロレックス社を訪れるようになった。丁度その頃から各社が工場を案内したりするPR担当者を置くようになった。最初父と訪れたロレックス工場は、ジュネーブの繁華街のややこしいビルの中にあって、案内してくれたのはロレックス中興の祖と呼ばれるアンドレ・ハイニガーさん自身で、今となると嘘みたいな話である。
 その翌年に新工場が少し郊外に完成し、PR専門の女性がにこやかに迎えてくれるようになった。アン・マーグレットといっても知らない人が多くなっただろうが、、アメリカの赤毛美人女優がいた。その人に似たミニスカートの似合う女性で、会うのが楽しみだった。PRというのはパブリック・リレーションの訳で、一般人に会社の好感度を植え付けるのが仕事である。金はかかるが、何かの役に立つかは漠然としている。またロレックスでは、ビルの一番展望のいいところに社員食堂がある。仕方無しに社員食堂をおいてある日本のこれまでの工場事情とは大違いであった。

時計産業の文化面を紐解いてみる

 今回はやや旧聞になるが、今年のFH誌第一号の記事から一見役に立たないことを読もうと思う。ロレックスは不思議な会社で、PRには、あえて人目を引かない活動をしている。メンター活動というのが、その一つで、読者の中にはNHKテレビの番組で「ようこそ先輩」というのをよく見ておられる方も少なくないだろう。ある小学校卒業の有名人が母校にやってきて二日ほど教師の役を務める趣向である。出前授業の一種。メンターというのは、この先輩でコーチというぐうたらの意味だろう。ロレックスのメンター活動というのは2002年から始まっている。芸術の世界から毎年6人の世に知られた人を選ぶ。その人たちの分野で有望な新人を一人ずつ選ぶ。5ヶ月間先輩が個人的に後輩を指導し、勉学費として後輩には2万5千ドルに旅費などの実費が支給される。またその後の活動をロレックスが支援する。
 今年の6人のメンバーには、私の知らない人もいるが、作曲家のブライアン・イーノ、演出のピーター・セラーズ、そして中国出身の映画監督で北京オリンピックの開会・閉会式を担当した張芸謀が選ばれている。過去のメンバーを見ると、指揮者のコリン・ディビス、ヴァイオリンのピンカス・ズカーマン、画家のディヴィット・ホックニー、ソプラノのジェッシー・ノーマン、作家のウィリアム・フォーサイスにトニ・モリソン、映画監督のマーチン・スコセージなど超一流の人物ばかり。企画そのものは、素晴らしいがどう時計の販売に役立つのか良く分からない。直接結びつかないところが良いのかもしれない。もう一つこの号に乗っている文化的話題。
 時計業界の人は大体ジュネーブを訪れる。ジュネーブの一番の魅力的な界隈いは、サンピエール大寺院を中心とした静かな旧市街である。ジュネーブの有名な時計師の家に生まれ、時計師の修行から逃げ出し、大思想家となったジャン・ジャック・ルソーの家がこの地区に存在している。いわば文化地区で壮大な歴史美術博物館もここにある。昔、この博物館の一隅に時計が展示されていた。ところが1972年に古いブルジョワの屋敷を丸ごと改装して少し町外れになるが、ここに館蔵の時計を移し、ジュネーブ時計博物館とした。なかなか居心地の良い2階建て木造のこじんまりした美しい館と展示であった。2002年に泥棒が押し入り、174点の展示品が持ち去られた。保険で得た10億円で新しく124点が購入された。
 ところが窃盗防備施設のため、3億円ぐらいかければよいと考えていたら、10億円以上かかることが判明して、資金難のために再開のメドが付かなくなった。館蔵品は1万8千点ある。それをどこに展示するか、昔のように歴史美術館に展示するか、あるいは旧市街のタベル館に置くか、色々と検討されているようである。いずれにしろ来年は、ラート美術館を使って、ある期間展示会が催される計画がある。なお盗まれた品の一点が先週ミラノの競売に出品されたというニュースも伝えられている。
 ジュネーブはスイス時計産業発祥の地である。宗教革命の主導者としてジュネーブに君臨したジャン・カルヴァンの庇護を求めて続々と亡命してきた新教徒の時計製作者の群れがなければ今のスイス時計産業は成立していない。
 今は近年充実著しいパテック・フィリップ社の時計博物館が市中にあって代わりを務めているが、やはりより企業色の少ない中立的な時計博物館がもう一つ欲しい気がする。
 ジュネーブの時計博物館は豪商の自邸という感じであったが、世界遺産に認められたジュラ山中の時計の町ル・ロックルの博物館は丘の上の広大な敷地にある領主の堂々たる城館で、建築の美しさは際立っている。その入場者が、館蔵品秀作展をしたせいか、昨年は一昨年の1万人に対して2万5千人に増加し、近代的なラ・ショードフォンの時計博物館も入場者が例年の3万人が10%増加したことが伝えられている。時計愛好というのが偏った趣味でなくなりつつあるのだろう。今回は時計産業の周辺のことばかりになったが、産業にも多少のゆとりが必要ではなかろうか。
(栄光時計株式会社 小谷年司会長)
■ウブロの新工場がジュネーブ郊外に総建坪約2千坪で完成 ■2010年1月13日 水曜日 7時32分52秒

新工場への投資金額は34億円で全部ウブロ社の自己資本

《FH誌を読む(第19号)》 スイス時計の輸出額は昨年の10月も前年比22.1%減で、下落傾向は続いており、10月だけでみると単価200フラン(約2万円)以下の部門が、37.2%のマイナスと落ち込み、この価格帯が足を引っ張っているらしい。安いものが売れているのではなさそうだ。年初から10月までのマイナスは25.5%と報じられている。
 当然この号でも、リストラをしているメーカーの記事はのっているが、景気の良い話ものっている。
 ウブロという、特殊ゴムのベルトで知られた高級時計は、日本でも大分以前から時計マニアの間で知られている。元々、ミラノのビンダという大きな時計卸商社のオーナー一族であるカルロ・クロツコが作ったブランドで、各国で地道に愛好者を増やしていた。このビンダ社に、すでに閉鎖してしまったが、栄光時計の子会社であるエイコー・クロックが置時計を輸出していたので、カルロ・クロツコはよく知っている。温厚な優しい紳士である。この人とは全く性格の反対なスイス時計業界の名物男の一人、ジャン・クロード・ビーバーさんがパートナーとして数年前にウブロに入ってから、この会社は大発展をした。ビーバー氏にも会ったことがあるが、ブランパンを起ち上げ、社長としてオメガを隆盛に導いたにもかかわらずスウォッチと袂を分かって独立した男である。60才代だろうか、スイス人には珍しい大音声の大きな人で暖かい感じのする熱血漢である。その後、カルロ・クロツコが退いて、株の大半をLVMHが取得して、今はルイ・ヴィトンのグループになっている。
ヴィトン社の時計ブランドには現在タグ・ホイヤー、ゼニス、ウブロが加わっている。
 景気の良かった頃の計画ではあろうが、ウブロの新工場がジュネーブ郊外といってもよい風光明媚なニヨンに完成した。総建坪約2千坪。将来は300人の工員を擁する計画の四階建の近代建築である。以前の古めかしい、旧設備の工場と比べると格段の進歩らしい。工員の半数が女性なので育児施設も完備している。
 その落成式が10月29日に行われ、世界中から取引先150名が参加し、多忙きわまりないLVMHの総帥のベルナール・アルノーがテープカットに来ていた。この工場は、スイスの時計業界人の夢とする一貫生産工場で、ユニコと称するクロノグラフ・ムーヴメントを製造する。今年(2010)中に2000個、近い将来に2万個の年産にしたいそうだ。
 この号では、FH誌が記事原稿の依頼をした女性のリポーターは、当然ベタ誉めの提灯記事になっている。「美しいレマン湖とアルプスに向って開かれたこの新工場は輝かしい未来に向っても開かれている」とややくすぐったい。この落成式は地元の新聞にも取り上げられていて、その記事がこの号に転載されている。こちらの方はやや皮肉っぽい。
 落成式でテープカットにやって来たアルノーは、テープをカットし新工場内を突撃兵のような速足で視察、記者団に対しスピーチは2分間、あと5つの質問に辛うじて答える程度で、滞在時間全部でも2時間足らず、終るやいなや、個人ジェット機で立ち去ったとある。アルノーはいつもの仕立てのよい黒っぽい服、地味で細いネクタイ、魅力的な微笑を浮かべるが眼差しは透明、平静。戦略発表においては、極端に慎重で情報は点滴液のようにしか漏らさない。それがあの陽気で独立力が強く、時に反抗的になりかねないビーバーといつまでうまく行くだろうかと誰しもが思っている。スピーチの中で、ビーバーのことを「我々は二人共起業家であり、私も彼と同じように始めた」と昨年の給与6億円、株式から上る利益330億円のアルノーが明言したと伝えている。
当面ムーヴメント生産目標は2万個とビーバーが公表するとアルノーがウブロの時計をはめた手を差し上げて、3万個と訂正したから、当面二人は協力するだろうと記者は書いている。この工場は本年1月からこれまでの128人に15人ばかりの新工員が加わって操業する。新工場への投資金額は34億円で全部自己資本でまかなっているという。(栄光時計梶@小谷年司会長)
■FH誌の中味で一番面白いのはトップ人事 ■2009年11月10日 火曜日 5時4分1秒

《FH誌を読む C》 月に2度出るスイス産業連盟(FH)の会報は、日本の会報とは異なった趣きがあって面白い。日本の会報誌は、会員に対して公平を守るのを軸に編集されるから、報道は中立無色を旨としている。会報誌ばかりでなく社内報なども面白くない。FH誌も面白いという程ではないが、スイスの現状やら、世界の時計事情が解って興味深い。スイスには色々な地方の新聞があり、時計産業が固まっている土地の地方紙は時計関係の記事を載せることが多い。FH誌は、そんな記事が転載されているから便利である。FH誌の記事の三分の一ぐらいはそういった転載記事といってよい。第三者にとって一番面白いのはトップ人事だが、会報や業界紙は差し障りがないかと報道を避けるのが通例である。

昨年のジャケ・ドロー売上数は2500個で金額は4500万フラン(40億円)

この号では新聞の記事からの転載でジャケ・ドローの社長:マニュエル・エムシュ(38歳)が突然辞任した記事がでている。名前から類推されるかと思われるが、スウォッチG日本法人の社長で、豪腕で知られたアーレット・エルザ・エムシュ女史の御子息である。勿論エムシュ女史は変わらずスウォッチG本社内の重鎮である。今後ジャケ・ドローの経営はグループ総帥のニコラス・ハイエック氏自身が指揮をとるようだ。
ジャケ・ドローは自動人形の制作で名高い名工の名を冠したスウォッチGブランドだが、現在工場の新設を計画中で90人程の従業員がいる。昨年の売上数は2500個で、売上金額は4500万フラン(40億円)と推定される。スウォッチG全体からすると1%に満たないが、個性的なブランドである。任期中の退任だけに、新聞も驚きの色をかくしていない。スウォッチG内で現在どのような地殻変動が起こっているのだろうか。

2012年にロレックスが地上4階、地下3階(23万平米)の巨大工場が出現

私の会社はロレックスの日本での代理店をしているので、見逃せない記事もでている。ロレックスの主要工場はジュネーヴにあるが、ムーブメントの協力合弁工場をビエンヌに持っていた。ビエンヌといえばオメガもここである。近年ロレックスがこの工場を完全な傘下に収め、新しい工場の新設に乗り出した。この9月30日にロレックスの新しいCEOであるブルーノ・マイヤー氏が建築の公式地鎮祭に出席している。すでに工事は昨年の7月から始められており、2012年に竣工の予定である。地上4階、地下3階、23万平米という巨大な工場が出現する。

マイヤー氏の見解は、2008年がロレックスにとって最高の年だった

ビエンヌの地方紙にマイヤー氏とのインタヴュー記事が載り、それが転載されている。10月1日号だから、地鎮祭の日に話したものだろう。昨秋、長い間CEOの座にあったパトリック・ハイニガー氏がこれまた突然辞任して、財政面をみていたブルーノ・マイヤー氏がその後にCEOとなった。2005年にドイツ銀行からロレックスに入社した根っからの財務畑の人間である。この方は温和な性格らしく、インタヴュアーがハイニガー父子の長期政権の間とってきた経営スタイルに大改革を加えるつもりか?という意地悪な質問に対して、「お二人の大先輩がやってきたことは立派だと思うし、私はその業績を引き継げればと思っている」とかわしている。マイヤー氏の見解は、2008年がロレックスにとって最高の年だった。今年は悪くても来年にはよくなるだろうし、新工場もそれに合わせて計画をやや縮小した。現在はビエンヌ工場に2000人いるが、三分の二が工員で三分の一が事務職となっている。新しい人員計画は完成してみないと解らないが、200人から300人は増員するかも知れないと穏かである。「まぁ、こんな難しい時代だから私のような財務専門家が役立つのではないか」とも言明している。

グループ嫌い、独立好きのF・P・ジゥールヌ氏

他にも面白いのはF・P・ジゥールヌという人のインタヴューで、彼は自身と同じ名前を冠したブランドのオーナー経営者である。世界中の高級ブランドが売上を落としている中、この人のブランドだけは10%の伸びを示しているという。社員は総計120人で、半分がジュネーヴの工房、あと半分は世界各地の直営店にいるという。近年家賃が下がったということで、ニューヨークと北京に直営ブティックを開店し、これで7軒目。色々なブランドを扱う小売店は各ブランドの特質がよく解っていない。又、メーカーの方も大きくなると商品を押し付け、決算を美化し、投資家に色目を使う。こんな架空の世界は長続きしないと手厳しい。又、昨年の生産量はという質問に答えて、850個で単価6万フラン(500万円)と答えている。
マルセイユ生まれのフランス人らしく、グループ嫌い、独立好きで、「グループの中で仕事をしてもロクなことはない」と切り捨てている。時計業界きっての異色な人物だろう。
(小谷 年司・栄光時計株式会社)
■時計業界もコーディネーター制度を考える時代に ■2009年10月8日 木曜日 14時27分8秒

《FH誌を読む B》 製造工場から消費者への距離は段々短くなる。つい十数年前、ニューヨークのホテルで24時間中、宝飾品を売っているTV番組をみて驚いたが、今やショップ・チャンネルは日本でもすっかりお馴染になった。宝飾品ばかりでなく、何でも売っている。TVの販売では、商品説明のおしゃべりが重要だ。商品は同じでも、説明上手だとよく売れるときく。時にはなぜあんな細かいところまで大げさにに言うのかなぁという気がする時もあるが。
この号では、ジュネーヴで時計愛好家のクラブができたという新聞記事が載っていた。9月4日には高級ホテルのボーリヴァージェでスウォッチ社の若社長ニコラ・ハイエックの講演、11月には時計作りの魔術師フランソワ・ポール・ジェルヌやリシャール・ミルの話があるらしい。面白半分で誌面に出ていたwww.delhorlogerie.comを画面によび出してみると、「MOVMENT」という消費者向けの時計専門誌が、雑誌を購入してもらうだけでなく、製造者と消費者を結ぶためにこんなことや、年に一度の大パーティーを催しているらしい。年会費は税込みで250フラン(2万円)。こんなクラブは日本のコレクターに受けるかしら。
日本でもジュエリー・コーディネーターの制度が関係者各位の努力で地味だが成果を上げつつあり、もう資格取得者が1万人に達しようとしている。スイスでも、こういった教育が無視されてきた訳ではなかったが、技術者の方に販売者より重きをおかれてきたといえる。
今回FHを含むいくつかの時計団体が協力して、ル・ロックルにもと看護学校の校舎を使って教育施設を作っている。時計のことを何にも知らない人の3日間初級コースから始めて、5段階ある。4段階目に35日間の外国人向けコースがあって、これなんかは日本人には向いてそうだが、日本語のコースはなく、独・仏・英語である。大体こういった販売員向けの教育というのは、主にごく当たり前のことを繰り返すことが多く、頭の良い日本人は、そんなこと解っているのにと退屈するのが常だったが、言ってくれなきゃ解らないという人が増えているので、日本でも必要になるだろう。ジュエリー業界にならって、時計業界もコーディネーター制度を考える時代に日本もきている。日本時計協会と輸入協会の責務と思われる。それにこれまでは会社側の都合と費用で社員に受けさせる例が多く、会社としては利益が上らなくなると止めてしまうし、受ける社員も強制でなくなって良かったとなる。終身雇用制がゆるぎ、現に仕事をしていてもしていなくても、販売のスキルが評価されるこの不況の時代には必要とされるだろう。

他人の猿真似はしないという良識がまかり通る世界でありたい

この9月の初めに香港で国際時計展が開催されたが、出品業者の数を時計関係でとらえると690社で、バーゼル・フェアーより上で世界一という。小売値20万円以下の中国製トゥールビヨンがでていて面白いと言う人もいたが、私のかつて通った頃の展示では、コピーみたいなのも少なくなかった。香港の繁華街を歩いてると、必ずニセモノを売りつけに近づいてくる時代であった。
香港展の主催は、半官半民のような性格(本当は全民である)を持つ香港貿易発展局である。FHと話し合って、ニセモノやコピー、まぎらわしいブランド名は排除することにした。この号にはFHがからの監査委員が色々とクレームをつけている記事がでている。金持ち喧嘩せずが身にしみている東洋人には御苦労さんという他ないが、そんなことを言ってると知的財産の保護は成り立たない。この号では別の稿に、デザイン等の知的財産の保護についての立法論や裁判所の態度について、ローザンヌ大学の法律学教授が筆をとっているが、専門家でない人間には解りにくい。スイスでの商法上の判決が日本にどう影響するかも定かではない。本物そっくりのデザインならまだしも、よく似ている、かなり似ている、似ているところもある、というのをどう決めるのか。他人の猿真似はしないという良識がまかり通る世界でありたいと信じるだけである。(栄光時計株式会社:小谷年司会長)
■スウォッチ・グループの今年前半期の売上高は、昨年対比15・3%減少で健闘の部類 ■2009年10月8日 木曜日 14時19分45秒

《FH誌を読む A》 月2回出版されるFHニュースも8月は休刊だった。夏になると工場が閉まるので、納品ができないと長年耳にしてきたが、情報誌も夏休みとは。まぁ生産活動が殆どなしになるのだから記事も少ないか。
 スイスでも新型のウイルスによるインフルエンザが猛威を振るっているらしい。名だたる衛生大国のスイスのこと工場側への注意、働く人々への注意を几帳面に示してある。患者は必ずマスクをしろとか、消毒を丹念にとか、日本でやっていることと大差はない。スイスからみると危険地域はアメリカ大陸、オーストラリアと英国と明示されていて、そこには行くなと忠告している。どうしても外国出張をしなくてはならないなら、身の回りの衛生に気をつけろ、石けんでいつも手を洗え、休養を十分に少しでも様子がおかしかったら医者に電話せよ。絶対に握手をするな、一米以上離れて会話しろ、帰国したら一週間は徴候が出ないか様子をみよ、その間は必要以外では人に会わないようにせよ。もしインフルエンザみたいに感じたらいくら軽症と思っても、医者に電話で相談する前に絶対に会社に行ったり人と会ってはならない。マスクは必須である、と至れつくせり。
 さて、時計のことだが、スウォッチ・グループの今年前半期の売上が公表されている。1月から6月までの半年間、昨年対比売上減少15.3%で、24億8千万スイス・フラン(約2千億円)純益が28%落ちて3億フラン強(240億円)。スイス時計全体の輸出が26.4%下落している割には健闘している。スウォッチは完成品のブランドを19保有しているが、その全体をみると16.4%減で、19億6千万フラン(1600億円)となっている。しかし今年の後半期は昨年並みの売上を予想しているので、株価はやや上がり気味である。その19のブランドの一翼を担うのがロンジンで、ついこの間、年来の友人である社長のフォン・ケネルさんと大阪で会食したが、ロンジンの売上減は昨年比10%にもならないと胸を張っていた。全体の数字からみると貢献組に入る。
 
輸出額ではアメリカ・日本・ドバイが足を引っ張っている

スイスは人口700万人の小国だから、スイス時計産業は当然95%を輸出に頼っている。今年前半6ヶ月間の輸出額を国別に順位をつけて並べてみる。※()内金額単位は全てスイス・フラン、後ろは昨対比。
@ 香港(10億2200万)−22.2% Aアメリカ(6億7300万)−43.3% Bフランス(4
億7200万)−10%、Cイタリア(4億5600万)−8.4% D日本(3億9500万)−29.6% Eドイツ(3億7600万フラン)−13%、Fシンガポール(2億6700万)−30.3% G中国(2億5300万)−36.4% H英国(2億5300万)−13.7%、Iアラブ首長国連邦(2億2500万)−34% Jスペイン(1億4200万)−38.8% K韓国(1億700万)+44.1% 
L台湾(1億300万)−30.6% Mサウジアラビア(8500万)−28.9%、Nタイ(7700万)−44.4%。この数字をみるかぎり、日本の地位の下落は明らかになっている。アメリカ・日本を最大の顧客にしていたスイスの仕向け先構造が、アジアとEUに変わりつつある。アメリカ・日本・ドバイが足を引っ張っていて、パテックの社長フィリップ・スターンはこの3つの地域で売上は半減するかもと言っている。スウォッチのように後半回復するというのは強気の見方で、暗雲は晴れつつあるが、本当の回復は来年のバーゼル・フェアー前になるだろうと、タグ・ホイヤー社の社長シャン・クリストフ・ババンはみている。
ここからは私見になるが、国内の高級ブランド離れは、必ずしも不況だけによるものではない。当然高級ブランドの愛好者は存在し続けるだろうが、猫も杓子もということではなくて、その商品の全消費量の高級ブランドが占めるべき割合に落ち着くだろう。現在はそのメーターがあまりにも逆に振れている感がある。ユニクロとかニトリとか安くて、かつ良い製品に消費者が気付くことによって、また高級ブランドの、その高価の真によって
来たる良さを次には学ぶことになると思われる。(小谷年司・栄光時計株式会社会長)
■ラ・ショードフォンとル・ロックルがユネスコの世界遺産に ■2009年10月8日 木曜日 14時13分50秒

《FH誌を読む @》 時計産業連盟という組織がスイスにある。通称FHといって、昔から東京に代表事務所を構えている。この組織はスイスの時計組み立て工場、部品工場、名のあるメーカーが殆んど会員となっている。日本のメーカーは、セイコー、シチズンなど、それぞれに下請けを含めて独立国の様相を呈しているので、時計協会という会もあるが、どちらかというと、差し障りのない情報交換の場所という感がしないでもない。
スイスでは、企業が一般的に小さいので、歴史的条件からもFHのような情報の取りまとめ役が必要とされる。日本の時計協会は会員相互の協力、支援等が主たる目的ではなくお役所相手、基本的には旧通産省にまとまって対応したいという日本的な動機で設立されたのではないだろうか。
FHは2週間に一度、情報誌を発行している。「REVUE FH」60頁近くあり内容もなかなか濃く、現地の新聞報道なども転載されている。会報であるから、読者が喜ぶようなスキャンダル的な報道などは当然避けられているが、それでも2週間内にスイス時計産業で何が起こっているかは、注意深く読んでいるとよく解る。会員企業にとって多少不利になるような記事でも、客観的に載せられている。
そこで、『FH誌を読む』という形で、日本の業界に興味のある記事を個人的な観点から選別してお伝えしようと思う。例えば、7月の2日号には、FHの総会がジュネーブで6月25日に開催され、3年間の任期で旧知のジャン・ダニエル・パッシェ理事長が再選され、20人の理事が選ばれたことを伝えている。ロレックス、カルチェを始め有名な会社から、殆どの理事が選出されている。これはFHがスイスの時計産業を実質的に代表することを明確にしている。日本のように沢山の組合が乱立して、どれが正統なのか素人には解らないことはないようだ。
総会の報告では、2009年のスイス時計輸出の落ち込みは、最初5ヶ月で25%減と発表されている。機関紙の内容は常時、殆どが各地の活動、新製品、キャンペーン等の報告だが、各企業を代表するような個人のインタビューが載っているのが興味を引く。
この号には年末、社長を息子に譲ったパテック・フィリップ社のフィリップ・スターンの会見記が新聞から転載されている。パテック社の従業員は1.500人おり、年間生産量が4万個、世界中の取扱店がこの一年間で600ヶ所から500ヶ所に縮めたことなどが社長自身の口から述べられている。売上の数字はロレックス同様公表していないが、ある銀行の推定では年商12億フラン、約1千億円とみなされている。この会見記は、パテック社の経営哲学が出ていて全部を訳すると面白いが、長くなるので割愛する。日本の輸入時計業者でも正確には知らない統計的数字が判明するのは有難い。
微笑ましいのは、ジュラ山中の時計の町、ラ・ショードフォンとル・ロックルがユネスコの世界遺産として認められたことだ。時計産業史に興味のない人にとっては散文的な2つの町が何故選ばれたのか、ここ以外にもっと世界遺産になりうるところはスイスにいくらでもありそうだと私には思える。しかし時計産業人としては御同慶の至りで、日本の観光客が世界遺産の看板につられて、どんどん訪れるようになれば申し分がない。今後この調子で『FH誌を読む』を続けたいので、ご愛読を乞う次第である。(栄光時計株式会社:小谷年司会長)

Copyright (C) 2005 WEB