※写真をクリックで拡大します。
Home

天下の大沢商会だけは、ヤミという伝票だけは切らせなかった
ヤミ商法をしない卸店もあった

《昭和二十四年》 この混乱したヤミ時計時代に、ヤミ価格の取引は一切致しませんと頑張って信用を高めていた店があった。横道にそれるようだが、この一項について紹介しておこう。
セイコー製品の発売元である服部時計店では、勿論ヤミ売りをしない。然しここから出荷する時計は、直接小売店向けのものとは別に卸店を経由してそれぞれ各地の小売店にばらまかれたものである。品物不足の時代だからといって、セイコーそのものズバリのヤミはなかったようだが、時計バンド類の抱き合せ売りが結局時計そのものの価格をヤミ値に持って行ったことは事実のようだ。
いわゆるヤミ時代は、このようにして流通していたので、抱き合せ販売それ自体が当時は通常的な商法として扱われていたのであった。一個につき千円ものヤミ価格をつけて卸売りをしていた時代であり、当時大沢商会だけはこのヤミという伝票だけは切らせなかったというので今でもその評判は残っている。

南京虫、月の販売が五十万個?の消費時代
金・ムクとくると三万五千円相当から五万円まで

《昭和二十四年》 以上のような時計界の動きを見せていた時代、即ち昭和二十四年頃以降の時計の取引は正にヤミ時代であった。そのヤミ最盛期畤代における取引の中心地は、最初は銀座だったが、後に上野方面に移り上野の交換市場を本舞台にして新品も古物もいろいろ取り混ぜ、ともに盛んな取引されたようである。が然しこの時代には、古物品といっても真の古物品でなく、古物と称して新品といえる程度のもの、いうなれば新品で通る代用品のモノが一番好まれていたようであった。従って値段は高いということになっていた。
このヤミ時代に、一番先に売れた外国品といえば、ブローバ、グルエンなどアメリカ市場で売れていたものがあげられる。ブローバとグルエンは、アメリカ市場で一世を風びしていた時代であったからでもあろう。戦争中か一番多く扱われていたのがこのブローバとグルエンであった。戦後の日本の時計市場を見舞ったブローバとグルエンは、今でも印象づけられている。
この当時の市場での取引状況は何でも舶来の新品らしきものが出ると血眼で奪い合ったものだ。従って値段はない。現品持参人のいう価格がそのまま仕入価格になってしまったというほどであった。だからこの時代は、売方のいい値の価格で通ったわけ。次いで時計バンドの類では、キーストン会社の金張りグサリ一本が、五千円から六千円と来たら誰も手を出さないかと思ったら、最初は二本、五本と買って帰った業者が、その次には十本、二十本と大量に仕入れていたのを覚えている。それほど活発な取引が行われていた。従って時計の出回り状況もだんだんに良化して来て、完全な外装ケースに収められたロンジン、エルヂン、ミドー、モバードというような高級品が出廻って来るようになってからは、市場は又一段と活況を呈するようになった。
銀座の店舗は勿論、何処の店にも舶来品が公然と並べられるようになってからは、客の欲求度とデザインと性能のいい舶来品に眼がそそがれていったようであり、無理からぬ傾向であったと言える。腕バンドの金張りモノでは、品物が出始めた最初の頃の値段は、一本五千円から六、七千円ぐらいしたものだ。
金・ムクとくると三万五千円相当から五万円までの高級品が飛ぶように売れて行く景気のよさが見られていた。この頃、この活況ぶりが全国的に知れ渡ったためか、東京・上野を日指してやって来る地方の販売店主が多かった。そうした人達の注文は、南京虫を何百個、男物何百個というように、まるでバナナかナシでも売買するときのような気軽さで注文するのであった。
だが然し、この商品の供給所(アジト)が問題であった。秘密売買所であるのだが、表向き大っぴらなものではないだけに、その家の出入り口は常に厳重に番丁が立っていたものだ。だから地方からやって来た仕入目的の人達は、品物を間に合わせてやるということが出来る人は、人かどの貫禄を持った人でなければ為しえないものであった。このような状況だったので、当時のヤミ時計の動きを推計すると、南京虫だけで1ヵ月間で五十万個位の動きを見せたであろうと言われていた。だからヤミ時計とは、即、南京虫という印象がつけられていた時代でもあった。

関時連の関誠平理事長が誕生することになった経緯
組合首脳陣の首切り劇反復があった

《昭和二十二年》 敗戦という責任は、“国民が共同で負うべきだ”という考え方のもとに、建て直された「協同経済主義」を信奉する協同組合方式が、新組閣の戸田内閣によって打出された。その為、国内経済方式には変った面が現れた。このような場に備えて、とりわけ「東京時計小売協同組合」では、二十二年の四月を期して西神田倶楽部において総会を開催することにした。そしてその当日役員の改選も行われた。これまで長年に亘り組合功労者として尊敬されて来ていた野村、山岡氏らの正副理事長に対立する暗躍組が登場していたことも事前に知らされてはいたが、選挙を行う総会当日、その場はもの凄いほどの対立行動を呈したものだ。
先ず、総会場の入口に頑張っていた若者の手により、業界紙の号外が撒かれた。幸か不幸か、終戦間もない時だけに、組合員は組合事業に対する関心をさほど持っていなかったものと見え、この日の組合員の集りは案外少なかったように見えた。それだけに、選挙の結果は暗躍組の勝利に帰して、関誠平理事長が誕生することになった。もちろん関氏を表に立てたその裏には、金山重盛氏が暗躍の発起人であったのだから関理事長と金山氏は親分子分の関係であり、いうなれば、表裏一体の立場にあったのはいうまでもない。
このような関係で、関誠平氏が東京小売組合の理事長になったのを契機に、関氏が包括していた東京時計小売組合に関東時計小売組合連合会(関時連)という関係をも生かすことになったのである。即ち、この時から関誠平氏が関時連の会長に就任したことになり、この点ハッキリしている。だが、その関連性はそう長くは続かなかった経歴になっている。

惜しい三越の貴金属売り場の権利
商売人のプロ三直商店さんとセリ合う愚はしたくない

《昭和二十二年》 古物商といってもばかにできない話があった。終戦後の昭和二十二年頃は、社会情勢もだんだん落ち着いてきて、三越などのデパートも普及はなはだしかった。デパートの中でも日本橋の三越本店はナンバーワン。
この三越は、元々が堂々たる小売専門店である。古物品というようなものは取扱わないことになっていた。そのことは十分分かっているが三越に時代的啓蒙を植えつけてやろうと考えたのだ。それは日本の将来の伸び率が相当あるという推定から、それによる将来性に備えた場合、三越にも“時計はまだしも、貴金属部の開設と古物品の取り扱いも開設すべき”だという提案を勧めたのである。昭和二十二年のことと記憶する。
この頃幸いにも、私の側近者に二見という外回りのセールスマンがおり、その知人が三越にいるということで、その紹介で貴金属部の主任の人と会うことが出来た。まだこの頃は三越の内部は、一部修理中であった。私は順天堂から退院した後のことなので、うまく行けば、三越本店の古物担当者に会えるという望みがなかったわけではない。兎に角、私が持参したプラチナ製の提げ時計や提クサリ、プラチナ製のダイヤモンド指輪など一セットを引っ提げて持って行った。敗戦後の貴金属品は、このような古物品を取り扱うことによって堂々と商売が成り立つことを説明した。
その日は、感謝されて、帰ってから数日後、三越との約束時間に合わせて行ったとき、同じような狙いで、神田・神保町の三直商店が競りこんでいたことを知った。
そこで私は、三越に時代性の商売について説くことにしたが、これ以上商売人のプロである三直商店さんとセリ合う愚はしたくない、という気持が湧いて出たので、三越の件はそのまま引っ込んだのである。後で考えてみれば、その三直商店がこの三越の宝飾部を通じて大きな商売をしている。やはり商売人は大したものだという話。

終戦処理内閣は組閣のたびに潰され、長期政権は出来なかった
そんな中、協同組合への法改正の根本要素が誕生した

《昭和二十年》 旧い体制であった同業組合を協同組合法に改正するに到った要諦について参考のため、以下述べておこう。
日本は大戦に敗れて昭和二十年八月十五日終戦を宣言した。そこで終戦処理内閣が柬久通宮により統括されたが、これは三ヵ月で倒壊した。このあとは、在野政党の社会党にお鉢が廻ってきて片山哲氏により内閣を組織したが、これも三ヵ月ほどして倒れた。そのあとは、三派で芦田均氏を内閣首班に押立てることになり、その組閣工作のために社会党を代表していた西尾氏と協同主義を信奉していた協同党書記長であった三木武夫氏が共に担当することになったのである。
この当時の組閣は、前後六ヵ月位の日時を要したほど長引いた。そこで私は、田村町にあった協同党の事務所で三木君と何度か会って、国策について意見交換をしたものだ。
当時の社会情勢は、頗る混沌としていたので、組閣の中心話題は「世相の建直しを何処に求めるか」については話し合ったのである。
私はその時、「協同経済主義を押立てることこそ今であり、そのために協同組合主義を信奉すべきである」と意見を述べておいた。それから協同組合法なるものが打ち出されたのであるから、私が出したそのときの意見が用いられて実現したものと思っていた。
戦後変更した協同組合法により、商工省からの時計組合宛に通告された事項は、次の通りである。
統制組合認可、昭和二十年九月十五日。
商工協同組合法、昭和二十一年十一月十一日、法律第五一〇号同施行、十二月一日。
物証第二四八号(昭和二十一年十一月二十七日)時計例外許可物価庁告示第五五五号(昭和二十二年九月三日)時計統制価格認可。
法律第四九号(昭和二十二年四月七日)労働基準法法律第一九一号(昭和二十三年七月二十九日)事業者団体法。
中小企業等協同組合法(昭和二十四年六月一日)法律八一号同施行(昭和七年一日)。

シチズン時計が腕時計千二百個を組合に無償で配給してくれた
時計小売組合の戦後の再発足時代の逸話

《昭和二十一年》 戦争で焼かれた東京・台東区の東黒門町の「東京時計眼鏡小売同業組合」の仮事務所が、文京区小石川の坂下町にあった野村時計店代表の野村組長の自宅に移転していた。野村組合長の自宅に事務所を移していた東京小売組合もその点を危惧していた。また、これとは別に戦後初めての時計組合に対して、シチズン時計から時計の配給が行われた恩恵にも答えるための組合的体制を整えておきたいという気持が手伝ってのことであったようである。
だが然し、この当時はまだ市中に納まって商売をしているものばかりではなく、組合員の中には、焼けたまま疎開先から帰って来ない人の数もまだ相当あった時代であったので、これら業者の再起のために、シチズン時計では千二百個の腕時計を組合に配給してくれたのである。この時の配給によって、当時の組合費の滞納分を一括で納めることが出来たとして、同組合ではこの当時のことを思い出すたびに、シチズン時計のお陰で職員の給料などを支払うことが出来た、として喜び且つ感謝していた。
当時、この東京時計小売組合に在職していた青山書記長は、この当時のことを「終戦後のことだけに組合費が納められないで大変困っていた時でした。シチズン時計が当組合の窮状に同情してくれて、千二百個という腕時計を供給してくれたのです。お陰様で組合職員の給料なども支払うことが出来たのと同時に、これによって組合の整理も大いに役立つことが出来ました。シチズン時計のこの時の対応には満腔の感謝を捧げております」と語っている。
この当時の組合職員は、青山書記長に峰岸事務員一名と池内書記長はこの頃は嘱託という
ことになっていたので、たまに顔を見せていた程度、次長の丸田氏は行方不明。
このころ占領政策施行後始めて組合法の発令があって、同業組合は協同組合法に改正された。その時代の性格に鑑みて、組合事務所の活用に迫られ、昭和二十一年の春、焼け残っていた神田・小川町の白馬山時計店(竹村冶一氏)の二階に組合事務所を一時移転することになった。当時竹村さんは、神田支部長を務めていたが、組合法の改正で理事の要職についた。

日立精機が時計製造に乗り出したいので協力を
厚生課長と会い、時計工業への乗出しは断念するよう進言した

《昭和二十年》 終戦直後のことであるが、「精密時計工業を始めたい」と、この頃の起業家は、当時活発に動いた。当時の状況を参考のため記しておこう。
終戦が昭和二十年の八月十五日であった。従って気の抜けたような心理状態になった国内の起業家連は、文字通り仕事に手がつかなかったようである。そのためかどうか、兎に角私の居住していた南稲荷町の家へ昭和二十一年の二月頃、日立精機工業から厚生課の社員が突然やって来て、「時計の製造を姶めたいから私に顧問になってくれ」という頼みであった。この突然の申入れは、やぶから棒が出たようなものであったので、実際驚いた。
話を聞いてみると、私の知り合いの人が、「藤井という人間は長く時計界にいて、そして各種の事に通じている」と紹介されたという。日立からやって来たのだという話である。それから時計企業を興すということについての内容を、いろいろ聞いて見たところ、精密工業の将来性についての詮策をしたところ、時計工業への乗出しがいいということで決まったそうである。
それで時計というものを作り出すようになるまでは、藤井という人を水先案内に頼もうではないかということに决めたそうだ。そんなことで日立へは断りながらも前後二、三回は茨城県勝田町所在の日立製作所に行って見た。そして工場関係の常務取締役を中心に、工作関係のことについても相談を持ちかけられたのである。だが、時計界への乗出しについては、力量不足と見てとったので、私はこの頃丸の内にある三菱街にあった当時の日立精機に出向き、厚生課長と会い、時計工業への乗出しは断念するよう進言し、爾来、社員を私宅に寄こさないよう申入れたのである。
日立精機の社員は前後数力月に亘り、私の居宅に毎日通って来たその熱の入れ方には少しく興味を持ったのである。そうかといって時計事業へ乗出すための日参を私宅に向けられたのは誠に迷惑し、且つ少し気の配り方が足りないと思ったからでもある。何れにしても、戦争が終ったあとの企業の転換事情のあせりがそうさせたのであろうとも思えた。事実この頃は一部に悲壮なものがうかがわれたようである。

ダイヤモンドが世紀的な大変動した時代に新円切り替え
昭和二十一年の二月、銀行預金は一口三万円、現金は一人三千円まで

《昭和二十一年》 この時代の通貨は、一円、五円、十円、百円が最高だった。この百円札で百万円を束にすると当時リックサックに八分目がとこ入ったものだ。だからこの百万円入りのリックサックの口を綱でまとめると一袋に丁度よい体裁になったものだ。私の居宅の押入れには、このリックサックが常時二、三個は投げ込まれてあったので、常に番人をつけておいたという状況であった。
徳川家康時代に御殿で扱ったという洒肴用の長柄酌、これは、一寸角位の銀製の長柄(七尺位)の先に、三升位入ると思われる大きさの洒桶がついている。もちろん銀の柄と柄先の洒桶には、純金のカラ彫りがしてある。これと六尺大位の銀製燭台二本が、この銀製燭台は上下に積み重ねが出来るようにできていた。そのつなぎ目に純金のカラ獅子の彫り物(四十五匁)がついていた。この二本の燭台に十二万七千円という値段を付けたのであっ
たが、先方は十五万円を譲らず物別れとなったことがある。この外にも、先方では当方側で持っていた十七カラットのダイヤモンドとの交換を望んでいたようであったが、時価相場の確定性がなかった時代であったので、遂に双方の話はまとまらなかった。
この外には、御紋章入りの違い棚、文庫、スズリ、衣匠箱、文鎮、皇室の窓掛用カーテン、そのほかダイヤ入指輪や首飾り等、華ちゅう界の売物としてワンサと出回った。
当時ダイヤの時価相場は、一カラット二万円見当で取引されていた。昭和二十一年の十二月二十五日頃、博多の緒方氏が古物関係の深田君を同道して上京して来た。この時、緒方氏から買取ったダイヤは六カラット、四・二十カラット、八十カラット位の三本で、四十万円也で引き取ったと記憶している。それを仲間の某氏に売却したのが、二、三日をおいた三十日、ところが一日おいた翌年の一月一日になったらなんと、このダイヤの値段が一挙に高騰し、三本四十万円で取引した中の六カラットのダイヤ一本だけで六十万円にもセリ上って終ったのだから笑えないエピソードであった。
終戦後のダイヤの変動期は、二十一年の暮れと二十二年の暮れの二回に亘って大きく揺れている。つまり世紀の天変動期であったといっていいだろう。
昭和二十一年の二月初めのことだと思う。占領軍司令官の声明によって、占領してから初めて新円への切換えが発表された。その声明によると、所持金中の銀行預金は、一口三万円に封閉された。現金は一人三千円の額までが十七日を期して新円と交換されることになったのである。

新円が出た当時の物の動き方
アメリカ製のチョコレートや外国たばこ等の闇物資が大いに役立った

《昭和二十一年》 その為、その新円切換え期をめがけて品物の交換が極めて激しかった。市場という市易では、出品するものはすぐその場で売切れるという状況であった。したがって、品物は引っぱりだこということになったので、市場の出入口に厳重な見張りをつけて、細かい取引は厳禁したのであった。
かくして奕換期日を三日後に控えたころから、業者間の取引はますます激しくなって行った。私は新円の切換えが明日に迫ったという前の晩、当時駒込林町に住居していた三輪豊照氏を訪ねた。そして貴金属製品の何百点かを現金と変換したのであった。この代金はみつわ真珠工業の手に入った三井真珠の買い取り資金に廻したのだということを後で故人となった三輪豊照氏本人から聞かされたことがあった。
このような騷ぎのドタン場に迫った取引は、日本人としては初めての経験だけに、真実驚きおののいていたものだと思われる。私の居宅の押し入れにあった現金を商品に変える苦心は、従って想像に絶したものであった。
この外に、当時は進駐軍の注文が横須賀方面納めの業者から殺到していたので、夜に入ってまで職方回りで忙しい時を過ごさなければならなかった。林町に工場を持っていた貴金属工業組合の事務所には、宮山某という人がいて、そこへ今は亡き今村陽介氏がやってきていたので、翁の特別技術の恩恵に預かっことを目がけて、銀台枠に真珠の大玉を入れた高彫り指輪の仕上げに毎日毎晩自転車で通ったものだ。そのために、私は三月にはいってから急性肺炎を患い、順天堂に入院した。だが丸一か月にわたる入院中も、病院のベッドの上で、真珠入りの耳飾りやブローチなど売れていくものを取り扱ったものだ。その代償には、現金に添えてアメリカ製のチョコレートや外国たばこを常に持参していた。この代物が順天堂の人々に役に立った。つまり薬がない時代の病院生活は、この闇物資の入手が幸いして、早期に退院が出来たのである。
新円の切り替えがあってからの市場取引は、素晴らしく活発に行われた。それは現金が欲しいために華ちゅう界方面から手持ち品と思われるいろいろな貴金属品が出回ったからである。

日米親善国民大会開催が功を奏し、三木武夫君のパージが免除された
昭和二十年敗戦後の日本の建国方針などを強調

《昭和二十年》 私が市場を開いているからと言って、商売人ではありません。毎日の新聞情報を通じて今後の日本の建国方針などについても気遣うものがあっただけです。敗戦まで軍需省航空兵器総務局に勤めていた当時は、軍需省参与官の三木武夫君とも話し合ったことがある。また三木武夫君自身も終戦してからは、幸いにして国民共同党の書記長の立場にあったこともあり、時折、施政の在り方について話し合ったものである。
丁度この時は、連合軍最高司令官の布告によって戦犯該当者の調査の時に出会った。その為、三木君はその戦犯関係について私に意見を求めて来たのである。つまり「どう処置したらいいか」の回答を求めて来た。三木君は、軍需省参与官という立場により戦時中を過ごして来た関係から、戦犯は免れないと覚悟して私の所へやってきたのだ。
その時、私は「昭和十六年当時、日米親善国民大会を東京の日比谷公園で開催し、米国のルーズベルト大統領とフーバー米上院議員から祝電をもらっていたことを思い出し、その祝電を見せれば、軍需省参与官としてのパージにかけられたとしても免罪が避けられるだろう。まずは、その祝電を探すべきではないだろうか」と進言した。三木君は、さっそくその祝電を探して急いでマッカーサー司令部に届けたそうだ。当の三木君は、私の説明を聞いて小躍りして喜んだそうである。その結果、パージが免除されたのだから、政治的な色合いがこの時ほど痛感したことはなかった。
こんな経過で昭和二十年八月の終戦時に、東久邇宮殿下が敗戦処理内閣を作り、間もなく辞任した後は、当然敗戦の責任により、反対党が内閣を組織することになり、片山哲内閣が成立したのである。人材が乏しかったためか、国会の場を持ち越すことが出来なかったので、短命にして総辞職という事になった。それだけに、そのあとの組閣は、並大抵のことではなかった。芦田均氏を首班にして、それに社会党を代表して西尾氏、国民協同党を代表して三木武夫君がこの組閣に参画したのである。しかしこの時の組閣も容易ではなかった。毎晩苦闘を続けつつも組閣の為の善なる方法が見つからなかった。当時の三木武夫鉄道大臣を通じて業界に大きく様々な貢献をした



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334
page:4