※写真をクリックで拡大します。
Home

盗難品の行方を追う警視庁から時計組合の創立を呼びかけられた
横浜居留地時代の素描

《明治初期》 池内氏が取引書の古事記に綴られていたものによると、明治初期の横浜居留地の商館時代の素描は次のようなものである。
日本の港が外国人に開港するようになってからの国内取引の貿易は急進展を見ている。明治元年の頃、横浜港の居留地には早くも外国商館が立ち並んでいた。その数、およそ十余軒に及んでおり、これらの商館を通じて時計、宝石などの商品取引が活発化されていた。
輸入懐中時計も鍵巻きの時代から竜頭巻き式のものに改められてきた。明治初期の時計商は、時計だけでなく商館が扱っている袋物、小間物類に至るまで扱っている。そんな中、時計に対する需要が高まってきた中、当時盗難品の行方を追う警視庁関係から組合の創立を呼びかけられてきた。
http://www.e-tkb.com/t_mts/tkb.cgi

日本における時計業としての草分けは、江戸時代
明治初期の時計業と組合発祥の由来

《江戸時代》 日本における時計業としての草分けは、江戸時代、東京・八官町の小林時計店の始祖・小林伝次郎氏が創生したとされている。享保二年小林伝次郎氏が創業した時計鍛冶屋が時計師の名を高め西欧との鎖国の夢を破り、江戸が東京に変わる頃、尺時計を製造して江戸文化に貢献していた。
明治3年以降、横浜港太田町4丁目に開業した立正堂時計店の若松治助に従事していた池内氏が明治⒑年に横浜港の戸長、島田豊寛氏という人から当時、「時計組合を作れ」という命を受け、設立したのが日本における時計組合のはじめであったという記録が残っている。
http://www.e-tkb.com/t_mts/tkb.cgi

時計の発祥は、2,600年前(西暦紀元前700年)、エジプトで発明された日時計
時計の創始時代

《西暦紀元前700年》 この間社会現象としては、昭和6年に勃発した満州事変から支那事変を経てついに第二次世界大戦という人類未曽有の悲惨な苦難時代に遭遇した。続いて大正・昭和にかけてのどん底景気時代から戦時中の七、七禁令や奢侈品などへの十割課税を一挙一割に引き下げる運動など、様々な情報が記載されている。当紙の発刊から40年という記念するべき年に、筆者が体験した諸般の記録や資料に基づき三世代にわたっての業界歴史の収集に努めたものこの時から。
時計の発祥は、2,600年前(西暦紀元前700年)の頃、エジプトで発明された日時計が発祥とされている。以来幾星霜を経て西暦9世紀の半ば頃、イタリアのハシフック僧正が初めて歯車を利用して時計を作ったのが機械式時計の端諸を開いたもので、今より約400年前の十六世紀、懐中時計が開発され、以来進化して今日のような実用的な時計に至っていると伝えられている。
わが国では、38代天智天皇の御代、紀元1321年6月10日、水時計が作られたのが始まりで、機械式時計が輸入されたのは、室町時代の末期か徳川時代の初期と言われている。その頃の懐中時計は鍵巻きで、高貴な方しか所有出来なかったもので、一般的には知られていなかった。明治13、14年頃から竜頭巻きに改良されたのが古代史に残っている。
時計王国スイスの時計産業について調べてみると、十六世紀の頃、ヨーロッパ全土で起こった宗教革命の時代に、フランス革命がイギリスに伝わったことから、農業国のスイスに産業革命が及んでいる。雪に閉ざされた期間、生計のために金属家内工業に慣れていたスイスの機械製造業者が、手細工による時計作りが始まったという。その起源は、ル・ロックル生まれのスイス人・ダニエルという人が渡米し、歯車によるボンボン時計を作る機械を持ち帰った時から始まったといわれている。
しかし最初は、叩き鍛冶屋の方式で掛け時計を作ったものであると説明されている。
http://www.e-tkb.com/t_mts/tkb.cgi

明治26年ごろ創立した「日本金工協会」が貴金属組合の草分け的な存在だった
毎月開催していた作品の展覧会や競技会には、天皇陛下の臨席も

《大正三年》 貴金属品とは、金、銀、プラチナ等の素材をもって製作した美術、工芸装飾品を総称したものを指す。その業界団体の創生は、明治時代に遡り、明治26年ごろ創立した「日本金工協会」が貴金属組合の草分け的な存在だったようだ。
当時のこの協会のメンバーには次の諸氏の名があげられている。
▽美術工芸家=海野勝a、豊川光長、塚田秀鏡、船越春a、平田宗幸、黒川義勝、桂光春、香取秀真、平山寛亭。
販売業者としてのメンバーでは、小林時計店、服部時計店、天賞堂、玉宝堂、大西白牡丹、村松本店、玉屋などがあり、会長には金子賢太郎画伯、副会長には美術学校長の正木直彦氏を推し、名誉会長として宮内次官の宮中顧問と財界から三井家の人々を挙げている点からしても、貴金属そのものが高貴な方々の特殊な愛好品であったことが想像できる。
このような関係で「金工協会」として毎月上野で開催していた作品の展覧会や競技会などには、天皇陛下の臨席があったという。

大正三年九月十三日、「東京貴金属品製造同業組合」が設立された
初代の組合長は山崎亀吉氏が大正14年まで就任

《大正三年》 そうこうするうちに中世の進運に伴って有志らが企画して大正三年九月十三日、「東京貴金属品製造同業組合」が設立された。初代の組合長は山崎亀吉氏が大正14年まで、二代目は、細沼浅四朗氏、三代目は久米武夫氏が就任、戦争によりその姿は変えている。
この組合の規約が他の組合のものと異なっているところがあるので参考の為抜粋して置く。
「東京貴金属品製造同業組合」、事務所は、東京市芝区新橋五丁目二番地、設立認可は、大正三年九月十四日、地区は東京一円。
△組合員資格=貴金属製美術並びに美術工芸装飾品(盃、花瓶、茶器、置物類)並びに貴金属製携帯装身具(平指輪、帯締め類等)、金属製、賞牌、微章を製作し、卸販売するもの。
但し、貴金属とは、金、銀、プラチナ又は、合成金にして付則第五条に定める金質を有するもの(規約百五条)。組合員が製造する貴金属製品には、金質が表示刻印を為すべきものとする。白金質には、合性金なく総て純金を定めて、合性金の二十四分の六以上、即ち六金性を最下限度とする銀製品は、比例一千を以って純金と定め、合銀千分の五百以上、即ち五百銀性を最下限とする。
▽組合員=六十七名。賦課金=月額五円、三円、二円。
▽役員=組長久米武夫、副組長=松山繁三郎、溝口万吉、△名誉顧問=伊沢栄太郎、細沼浅四郎、山崎亀吉、△参与=池田嘉吉、田中一郎、高木新次郎、野村菊次郎、黒川義勝、松村伊助、宮本庄吉、釣木喜兵衛、△評議員=加藤清十郎、梶田久次郎、巽重雄、谷田賀良俱、中村善太郎、越村暁久、後藤清貞、喜多村保太郎、三輪豊照、水野伊三郎、森岩吉、世木延七。
同組合の事業としては、設立早くも産業組合を設けて大蔵省に陳情、米貨の払下げを受けて地金商と業者間の地金配給上の円滑化を計った。これら自治統制行った嚆矢といえるようだ。大正十五、細沼組長時代に、金位検定の保存に努め、昭和四年に造幣局に移管した。引続き昭和十四年まで銀地金の配給事業を行った。
なおこの組合は、昭和十五年、東京貴金属工芸品卸商業組合に改称、中村善太郎氏が初代理事長事長に就任したが、都合で解任、松山緊三郎氏に代り、現在の東京貴金属装身具卸商業組合に改称されている。

昭和六、七年頃の貴金属業界は、東京の同業組合が何事も押しまくっていた
昭和初期時代の貴金属界と組合状況

《大正三年》 昭和の初期における貴金属業界の動きは、時計界の激しい動きとは対照的なものがうかがわれている。現今では、貴金属卸組合にメーカー側の「工芸品協同組合」等が分散、それぞれが独立している。昭和六、七年頃の貴金属業界は、東京の同業組合が一本で何事も押しまくっていたものである。
貴金属業界の動きをひも解くと、その昔は明治二十六年に創立された「日本金工協会」に淵源するものである。従って、大正三年九月十四日に東京一円の同業者を包含して設立した「東京貴金属品製造同組合」には、海野勝a、黒川義勝、平山寛亭等の彫金界の大家がいたもので、服部時計店、小林時計店、村松本店、天賞堂、玉宝堂、玉屋等が販売店側として加わっていたが、組合の本隨は、この彫金界の人達が勢力を持っていた。
私が新聞を創刊した頃もこの海野さんのお宅(日暮里)に何度か伺ったことがある。その組合の事務所は、その後、東京・芝区新橋五丁目二番地に移して大室乙弥という官僚上りの人が書記長を務めていた。頭固なおやじだったが、その人が明冶時代の頗る古い型の人であって、組合事務所一切を処理していたので宛ら事務所関係では事実上の支配役にあったというほどである。
人呼んで大宗のガリガリおやじと称したものだ。その大室さんも黒川義勝氏には押えられたというから、それほど黒川氏の組合内の勢力は強かったようである。組長は大正三年の創立以来十四年まで就任されていた山崎亀吉氏で貴族院議員になってから、細沼浅四郎氏にバトン渡し、顧問となった。
細沼さんという人は、典型的な紳士タイプの人であった。神田・末広町に細沼貴金属工業をおいて、毎朝の出勤時には、山高帽にモーニングを常に着用していた。大正十五年に金位検定所を設立したのは、山崎亀吉さんの力によっているが、矢張り組長だった細沼浅次郎氏の力量によるものだといえる。

クサリのコマつなぎの所にまで、銀ローを使った製品が出るようになった
貴金属品に対する魅力時代

《大正三年》 この頃の一般社会層の貴金属品に対する魅力はすごいものがあった。ダイヤモンドなんかは、まるで別世界の人が持つような高貴なモノに見られていた。
従って貴金属という品物は高尚であり、貴金属品に対する魅力が手伝って、貴金属の品質を低下した技巧的な差益を活用して、金もうけを考える人が増えてきた。
指輪と金グサリのロー付けの扱い方や金性の品位についてなどで、とにかくいろいろな問題が起きた。この金性の問題は、時計側のベコ側を作った妙味から来たものであり、またペコ側に盛り込まれた金性の性落ちによる利用度なども計算に入れて作られていた。この時代の時計は、堤時計が全盛期であっただけに、時計の堤グサリ用には、金の付け目の多いものが多く用いられていた。
そこで技巧の妙を活用して、このクサリのコマつなぎの点にまで、銀ローを使ったものが出るようになった。一本のクサリで何百円かの差益計算が出ることになるので、利益面が多いという点てその品物は奪いあうように売れた。

当社は、警察署から「盗難品の連絡事務所」と指定されていた
平和博覧会で盗難事件が起きたことを契機に刻印マークの大切さを悟った

《大正三年》 然し、貴金属の品位を保つということは、勢いその店の信用を保持しうる基ともなることなので、貴金属製品の卸店では有名マ‐クを堂々と宣伝したものだ。
服部時計店のツバメマークの如く、村松本店の犬印、天野宝飾店の日章印、松本常治郎商店の兎印、細沼貴金属工業KKの菱H印、溝口商店の三ツ柏、井村商店の重ね松葉に一の字印、タツミ商店の三階松、朝日商店、喜多村保太郎商店、三輪屋商店、中善商店等、合月の月に合わせた字印等々有名刻印八十有余に上っていた。だからこの有名マークの特集をやったものである。
この有名マークのことで思い出すが、昭和の始めの頃上野の不忍池畔で平和博覧会を開催したことがある。その折に、出品物の盗難事が起こったことから、警視庁の専門刑事連は、この有名品の刻印マークを知らせることにより、品割り捜査が成功するだろうと考えたもので、私らの業界紙を活用して各店のマークを掲載、広告したものである。当時、業界関係に有名を謳われていた本庁の富田刑事、大塚刑事などの刑事連は、この頃大いに活躍したものである。当社は、警察署から「盗難品の連絡事務所」と指定されていて、大いに営業に役立ったことがある。

合月商店が活躍した頃の業界
存在自体が文字通り貴金属業界には偉大な足跡であった

《大正三年》 またこの頃、業界における合月商店の存在は、“貴金属業界の合月”であるというほど有名だった。販売実績においてもその数字は大したものだった。合月商店の主義・主張は、全国足跡行脚そのものであった。
浅草・寿町に本店をおいて、店には前川案山子氏が帳場の前にデンと据わっていた。中野新助氏が支配人で、村井寅吉氏が会計係、合月一門から出た外園、長谷川等の現役組もこの店から得た努力の結晶と成っているようだ。
中野新助氏に代って、意外と頭脳を働かせていたのが、故人となった道齊氏で、なかなかの人物だった。然し、合月商店とその一統に不滅の功徳をたたえられている人は、人間界の英傑、乃木さんを形どった坂口甚作氏である。私はこの人にもよく説いて貰った。
合月商店の二階は、ここの坂口甚作さんの講義場になっており、子供が朝夕親の説教を聴かされるように、坂口甚作氏は店員の誰にも心の悟りを教えていた高傑の士である。
私は、昭和六年の一月だったと思う。並木クラブで合月一門により結成されていた「東京貴金属付属研究会」の新年会に招かれ、福引をひいたことがある。当選した時には、スジを立てる新開記者というので櫛を貰ったことがあった。それをヒントに、爾来、勉強を志して明治大学法科に入学する機会を持った。今更ながら振り返ってみると、懐かしさを覚える。当時の合月商店の存在は、文字通り貴金属業界には偉大な足跡であった。

資金力のある業者は多彩な企画で展示会を開催した
依田忠商店を筆頭に天野時計宝飾品や三輪屋商店など

《大正三年》 貴金属業界というものの形態は、前述したような組合規約に盛られた内容
が常であった。何時になっても、変わり映えしないが、昭和五年の春頃、突発した国際的に跨ったダイヤの密輸大事件もようやく表面上は片付いたようであり、それからは時代に即した技術上の改良など、練磨しながら進歩性の途を歩んでいったといっていいだろう。
従ってこの頃から、貴金属品の流行は、年と共に旺盛を極めるようになって行った。それに対応する卸業者の販売方針は、卸商側か各小売店を歩き廻る外に、春秋に亘り一堂に顧客を集めて展示即売会を催したものである。
この種の展示会で有名となっていたのは、ヒスイ、サンゴの専門取扱店として有名だった依田忠商店が何といってもトップだった。日本橋・浜町クラブで展示会を開いた。そこへ来るお客さんの顔ぶれは、デパートを始め銀座方面の服部時計店など一流どころが顔を揃えた。
この外には、細沼商店や中村善太郎商店も新作品の展示会を店内で催していた。天野時計宝飾品KKも堂々と開催した。この頃の宝飾業界に最高級扱い店としての名声を馳せるようになった天野宝飾品KKは、ハフィス時計の輸入業務を担当するようになってから銀座に営業所を移し発展した。天野宝飾は、日章印とハフィス、ハロックス時計について特に宣伝をしたので、この頃の旺盛な光景は、今なお業者の頭の中に残っているはずである。
その天野宝飾店の金子さんは、現在余生を宝石関係に移し、趣味的に宝石を取り扱っているようだ。令弟の天野国三郎氏は、銀座の白牡丹の二階に居を構え、宝石輸入専門卸商として平和に暮らしている。
天野さんに続いて、三輪屋商店(三輪豊照)もこの頃新しい方法で新しいデザインのジュエリーを駆り集めていた。智能を絞った三輪さんは、当時一等に三千円という莫大な賞金をつけて技術者の競争心をあおったものだ。三輪屋商店主催のこのこユーデザインコンクールに参加したメンバーは、多いときには八十名位に達していた。方法は、参加メンバーが各二、三点づつ自作の装身具を持ち寄り、この試作品を特別作品として列席した小売業者の代表者たちによった採点で審査、得票が多かった商品が優勝するという新企画を考えた。勿論、企画者の私は、立案から最後まで総てに亘って参画することになっていたので、審査の立ち合いから投票に至るまで全てを自分で行った。この頃の貴金属業界は、すこぶる新しいタイプの企画が編み出され、業界としての進歩と向上面に大いに役立ったようだ。



admin only:
1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435
page:28