※写真をクリックで拡大します。
Home

02/23(Thu) 『オリエント ネオセブンティーズ ホライズン』ニューカラー登場
70年代の味わいを表現したソーラークロノグラフに2つの新色を追加

《オリエント時計》 『ネオセブンティーズ ホライズン』の新色1型2モデルを3月10日より全国で発売する。「Neo 70's(ネオセブンティーズ)」は、オリエント時計が1970年代に発表した機械式時計のテイストを、現代的なデザインや色使いで再構築したクォーツ時計のシリーズで、2010年の発売以来、遊び心溢れる様々なカジュアルウオッチを提案してきた。
なかでも『ネオセブンティーズ ホライズン』は、エッジを効かせた42mmのラウンド型ケースが力強い印象を与えてくれる人気のソーラークロノグラフ。2時と4時位置のプッシュンボタンを小ぶりにすることで、ケースの存在感を保ちつつもスマートに身に着けられるようなデザインになっている。金属ダイヤルには、モデル名の地平線(Horizon)をイメージした水平ラインの仕上げ分けや中心が凹んだ6角形の立体的なインデックスをあしらった。立体感と重厚感に溢れ、70年代の時計を彷彿とさせる懐旧デザインといえよう。
そんな個性的な同モデルに2つの新色が加わった。ひとつは同モデルでは初採用となるブラックケースに、鮮やかなブルーの文字板が目を引く。ブラックのメタルバンドは艶消し仕様にし、インデックスの鏡面を引き立てている。もうひとつの新色は、ブラック文字板にゴールドを合わせた70年代風のカラーを。カジュアルからスーツスタイルまで、幅広いシーンに対応できるカラーモデルとなっている。
http://www.orient-watch.jp/

02/22(Wed) ダブルダイレクトフライトを搭載した光発電エコ・ドライブ電波時計上位モデル
『シチズン アテッサ』3月3日発売予定

《シチズン時計》 『CITIZEN ATTESA(シチズン アテッサ)』から、簡単な操作で都市の時刻とカレンダーを切り替え、さらに2つの時刻を表示するデュアルタイム機能で定評のあるダブルダイレクトフライト機能を搭載した光発電エコ・ドライブ電波時計3モデル(140,000円+税、145,000円+税)を3月3日に発売する。
現在、アテッサの最上位機種であるGPS衛星電波時計が好評されている一方で、ダイレクトフライト機能を搭載したエコ・ドライブ電波時計も根強い人気を博している。ソーラー電波時計の市場では、電池交換不要のエコ・ドライブと常に正確な時を表示する電波時計の利便性に加え、高い質感やデザイン性、そしてステイタスを求める傾向が強くなっている。これを受けて新モデルでは、シチズン独自の技術で誕生したダブルダイレクトフライト機能を搭載。従来の直線を活かしたデザインをベースに光発電エコ・ドライブの発電部分となる文字板へと光を導く「光の軌跡」をテーマにケースとブレスレットを新たにデザイン。ブレスレットのセンターにV字の溝を設け、そのV字がブレスレットから12角形で構成されるベゼル、そして文字板へと光を導くデザインとなっている。さらに、複雑な形状にも関わらずシチズン独自のスーパーチタニウム™、そして高度な加工技術により上質感のある時計を完成させている。
文字板は、ブラック×シルバー、ブルー×シルバーに加えて、ブラック×ゴールドもラインナップ。幅広い年齢層、またスーツからカジュアルまでコーディネイトしやすい豊富なカラーバリエーションにより、機能面での価値に加えて、デザインと品質の高さを実感できるモデルとなっている。
http://citizen.jp/

02/20(Mon) 「桜」をイメージした2017限定モデル
セイコーレディースブランドから春を彩る風物詩

《セイコーウオッチ》 <セイコー ルキア>と<セイコー エクセリーヌ>から、桜の中で代表格とも言える八重桜・ソメイヨシノ・雪桜をそれぞれイメージした春らしい華やかな「SAKURA Blooming 2017限定モデル」を発売する。<セイコー ルキア>からはソーラー電波ウオッチとメカニカルウオッチを各1 モデル、<セイコー エクセリーヌ>からはワールドタイム機能つきソーラー電波ウオッチを1モデルの計3モデル展開いたします。価格は43,000円+税〜150,000円+税。
桜は日本の春を彩る風物詩として、日本人のみならず海外からの観光客も多数花見に訪れる程、今や世界中から注目を浴びている。その繊細な美しさや一瞬にして散る儚さは、いつの時代も多くの人々を魅了してきた。そんな桜をイメージしてデザインされた今回のSAKURABlooming 2017限定モデル3機種には、共通して裏ぶたに桜の模様を施している。
http://www.seiko-watch.co.jp/

02/17(Fri) スマートフォンとリンクする『シチズン エコ・ドライブ Bluetooth』
エコ・ドライブにスーパーチタニウム™モデルが初登場

《シチズン時計》 スマートフォンとつながる光発電エコ・ドライブ搭載のアナログ腕時計『CITIZEN Eco-Drive Bluetooth(シチズン エコ・ドライブ Bluetooth)』にスーパーチタニウム™を採用した2モデル(100,000円+税、85,000円+税)を3月9日に発売から発売する。
2016年、シチズンは光発電エコ・ドライブを搭載したスマートフォンとリンクする腕時計「エコ・ドライブ Bluetooth」を限定で発売し、好評を博した。そして2017年、この「エコ・ドライブ Bluetooth」シリーズに、外装素材にスーパーチタニウム™を採用した2モデルが登場する。スーパーチタニウム™とは、純チタニウムに表面硬化技術デュラテクトを施すことで、ステンレスの5倍以上硬く、また幅広い色調表現を可能にしたシチズンが独自に開発・発展させてきた技術。スーパーチタニウム™採用モデルのデザインは、表面硬化技術に加えて長年に渡り培ってきた加工技術を駆使し、「エコ・ドライブ Bluetooth」ならではのエッジの立ったシャープなケースデザインを採用。そして、これまでにないブルーとオレンジを使ったカラーリングが特長。スーツのみならず、カジュアルなスタイリングと幅広いスタイルに合わせることができ、かつ「エコ・ドライブ Bluetooth」の高い機能性を楽しめるデザインとなっている。
http://citizen.jp/

02/17(Fri) 薄型ドレスウオッチとしてリリースされた「セイコー シャリオ」
ミニマルでモダンなデザインが生み出すタイムレスな魅力

《セイコー》 2015年にスタートしたセイコーとナノ・ユニバースのコラボレーション企画の第4弾。今回、ナノ・ユニバースがチョイスしたのは、80年代にシックな薄型ドレスウオッチとしてリリースされた「セイコー シャリオ」。
オリジナルを忠実に再現した33mmケースとよりコンテンポラリーな37.5mmケースはペアウオッチとしても楽しめる。
飽きのこないシンプルなデザインと装着感の良いクオーツウオッチならではの薄さが魅力の時代を超えるタイムピース。
時代を読み解き、高感度なトレンドを創造する一方で、トラッドでクラシックな面を併せ持つという相反する両者のテイストの組み合わせがナノ・ユニバースの本質をよりリアルに表現している。
東京カジュアルをベースに、イギリス、フランス、イタリアなどのヨーロピアントラディショナルを織り交ぜた洗練された「装い」を提案。
オリジナルの販売年にちなんだ1,982本の数量限定モデル。価格は¥20,000+税。
http://www.seiko-watch.co.jp/

02/16(Thu) スポーティファッションに映えるランニングウオッチ
女性用耐衝撃ウオッチ“BABY-G”から

《カシオ計算機》 “Tough, Cool”をコンセプトにした女性用耐衝撃ウオッチ “BABY-G”よりランニングを楽しむ女性へ向けたシリーズ“for running”の新製品として、『BGA-240』4モデル(13,000円+税)を3月10日から発売する。
今回の『BGA-240』は、スポーツウェアと相性の良いカラーリングと、スピード感あふれるデザインを採り入れたランニングウオッチ。シャープな時分針でランニング時の爽快感を表現し、バーインデックスと大きめのデジタル表示により視認性を高めた。バンドには多数の穴を開けて通気性を向上させるとともに、裏側にプロテクターを取り付けることで腕にフィットするよう装着性を高めている。
また、1kmごとや5kmごとなど一定の区間を走るのに要した時間を計測するラップタイムと、スタート地点から任意の地点までの経過時間を計測するスプリットタイムを最大60本メモリーできるストップウオッチ機能を搭載。自己ベストタイムの更新やマラソン大会への挑戦など本格的にランニングに取り組みつつ、スポーツアイテムをファッションに採り入れておしゃれを楽しむアクティブな女性に向けたモデル。
http://www.casio.co.jp/

02/02(Thu) 『wicca(ウィッカ)』日付つきソーラーテック電波時計※「ハッピーダイアリー」
女の子の気分があがる、春らしいカラーリングで4モデル登場

《シチズン時計》10代〜20代の女の子に向けた最新かわいいウオッチ『wicca(ウィッカ)』から、日付つきソーラーテック電波時計のシリーズ「ハッピーダイアリー」の新作4モデル(30,000円〜35,000円+税)を2月13日から発売する。
今シーズンのウィッカのテーマは「Blooming Colors」。待ちわびた春が来て、フレッシュなカラーが広がっていく世界をイメージし、時計の中に赤やピンクなどのアクセントカラーや「ハート♥」をポイントにあしらうなど、かわいらしいディテールをちりばめた。
文字板12時/6時位置の数字はビビッドな赤やピンク、又はブルーの差し色を施し、丸みを帯びた柔らかい印象にデザイン。また、身につけた女の子の気分があがるように、7時位置にはさりげなく「ハート♥」をデザインしている。さらに、文字板内側には細やかなレース模様。ケースは腕元を美しく魅せるトノー(樽型)と、ベーシックなラウンドの2種類を用意。どちらも可愛らしいディテールを随所に施しながらも、全体はシンプルに仕上げているので学校やオフィスでも着用できる。定期的な電池交換が要らず、いつでも正確に時を刻むソーラーテック電波時計なので、大事なときに日付や時刻がズレる心配もない。ウィッカのイメージキャラクター「有村架純さん」の誕生日、2月13日に発売する。
http://citizen.jp/

02/02(Thu) 新色デュラテクト「サクラピンク™」に、初のケースサイズ36mm 登場
「ティタニア ライン ハッピーフライト」より

《シチズン時計》 20〜30 代のアクティブに働く女性に向けた「高機能ファッションウオッチ」として時計の新しい価値観を提案するブランド『シチズンxC(クロスシー)』のシリーズ「ティタニア ライン ハッピーフライト」より、大好評の新色デュラテクト「サクラピンク™」をケースに用いた初のケースサイズ36mm の革バンドモデル【2モデル:各¥78,000+税】を2 月9 日(木)から発売する。
デザインテーマは「美しい人」。強さと優しさを持ちあわせ、しなやかに生きる現代女性をイメージした。また、深みあるバーガンディーカラーが印象的な艶のあるワニ革バンドは、大人の女性が身に着けるに相応しい高級感を演出している。
さらに、クロスシーの特長でもある機能性も充実。「ハッピーフライト」は、定期的な電池交換が必要なく、世界4 エリア(日本・中国・ヨーロッパ・北米)で電波を受信するので時刻合わせも必要ない多局受信型エコ・ドライブ電波時計。
さらに、シンプルな操作で世界24 都市の時刻がすぐに分かるワールドタイム機能搭載なので、海外での時刻合わせも簡単。ラインナップとして、品よく着け易いデュラテクトイエローゴールドをケースに用いたブラックのワニ革バンドのモデルも登場し、クロスシーのバリエーションがさらに拡がる。
http://citizen.jp/

02/01(Thu) 夜空に舞う幻想的な桜をイメージした女性向けメカニカルウオッチ
替えバンド付きの艶やかな限定モデル登場

《シチズン時計》 『シチズンコレクション』から、艶やかな「夜桜」をイメージした女性向けメカニカルウオッチ2 モデル【¥57,000〜58,000+税】を2 月3 日に数量限定(各モデル2,000 本)で発売する。
ピンクゴールドのケースに、春の宵をイメージしたネイビーの文字板を組み合わせて、左半分に桜の花びらをあしらい、6時〜11 時にスワロフスキー®クリスタルのインデックス、12 時〜5 時にローマ数字インデックスを使うことで、華やかで艶やかな雰囲気にまとめた。また7 時の位置には、センターに桜色のスワロフスキー®クリスタルをセットした桜モチーフを配置している。
PD7162-55L はデイ&デイト表示を備えている。一方、PC1003-66L は7 時位置にオープンハートの小窓を設けてあるので、時計のメカニカルな動きを見ることが出来る。ネイビーカラーのワニ革バンドを付属している。バンドを付け替えることで、文字板とバンドのカラーコーディネートが楽しめる。桜がデザインされた専用ボックス付きなので、ギフト用として、また日本のお土産にも適している。
http://citizen.jp/

10/25(Tue) オリエント時計の技術を結集した手巻きスケルトンモデルに
オリエント時計の技術を結集した手巻きスケルトンモデルに

《オリエント時計》 『オリエントスター スケルトン プレステージショップ限定』のWZ0051DX(240,000円+税)を11月25日より全国で発売する。
このたび発売する新製品は、39mmのケースから大きく自社製46(ヨンロク)系ムーブメントがのぞく印象的なデザインのモデルで、時を刻む仕組みを視覚で楽しめる。複雑に組まれたパーツの一つひとつが、時計の機構としてだけでなく美しい装飾としても存在感を示している。金色の各パーツには、職人の切削加工による波目・渦目模様を。軸の摩耗軽減のための人工ルビーとのコントラストが、ムーブメントの装飾美を際立たせている。一方で視認性を考慮し、斜面カットの入った時分針の色は、ムーブメントと同化しないようブルーを採用。12時と6時表記はローマインデックスにすることで、見やすさとともにクラシックかつドレッシーな印象を文字板に与えている。全体にクラシックな雰囲気をまとう一本だが、ケースは縁を細くエッジを効かせたデザインにするなど、現代的なエッセンスも忘れていない。熟練した技術者により透かし組みされたムーブメントは、伝統ある46(ヨンロク)系ムーブメントをベースとしており、本格的な機械式時計としての精度も確保している。
http://www.orient-watch.jp/



admin only:
no_back
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:1