※写真をクリックで拡大します。
Home

04/20(Fri) サンクトペテルブルク国立ロシア美術館展
なし〜招待券プレゼント〜

−初公開 ロシア絵画の神髄−

国立ロシア美術館は、エルミタージュ美術館、プーシキン美術館、トレチャコフ美術館との4大美術館のひとつで、40万点というロシア美術最大規模のコレクションを誇り、世界最大のロシア美術館です。

本展では、18世紀から20世紀初めの厳選されたコレクションの中から油彩絵画と彫刻、工芸をあわせた約100点のロシア美術コレクションを紹介します。

ロシアが誇る「金の時代」といわれる時代のロシア美術を日本で初めて本格的に開催する展覧会です。

開催場所:東京国立美術館
開催日時:4月28日〜7月8日
  HP:http://www.rusmuseum.jp

★読者の皆様に招待券を10組20名さまにプレゼント♪
 下記アドレスに「HPとメルマガの感想、〒、住所、氏名、年齢
 件名に『ロシア美術』と添えてお送りください。
 *発表は厳正な抽選の上、郵送をもって代えさせていただきます。
 発表:4月末予定
応募先:tokei-b@tcn-catv.ne.jp

*写真:作家イリヤ・レービン、作品「何という広がりだ!」
    1903年 ©The State Russian Museum 2007-2008

04/12(Thu) ギンザで『オートクチュール&リフォームフェア』
なしギンザ・ジュエリーRIZ

ギンザ・ジュエリーRIZが4月26日・27日同社ショールームで『オートクチュール&リフォームフェア』(時間:10時〜20時)を開催する。期間中、壊れたり使わなくなった金・プラチナ製品を持っていくと鑑別して下取りをしてくれる。手持ちの貴金属を有効に利用できる。詳しくは、潟潟bツ:03−3571−1789。
http://www.riz-jewelry.co.jp

04/12(Thu) JJDAが講演会「触れよう!アメリカの新しい風」を開く
なしアメリカで活躍している3名のジュエリーアーティストを迎えて

㈳日本ジュウリーデザイナー協会の国際交流委員会は、アメリカで活躍している3名のジュエリーアーティストを迎えての講演会「触れよう!アメリカの新しい風」を、5月23日に東京港区のNHK青山荘けやきホールで開催する。時間は12時〜3時半。参加費は一般3000円、学生1500円、JJDA会員2000円。定員は60名。それぞれの作品をスライドで紹介しながら講演を行う。
講演する3名とテーマは、スザンヌ・エル・アメンドロラ氏「自然界からのインスピレーション・テクニックとアイデア」、ジム・ボーヴェ氏「プッシングパウンダリー(ジュエリーの境界を越えて)」、ルネ・ゼッテ・スターリング氏「コンセプトからデザインへ」。問い合わせはJJDA=☎03‐3523‐7344まで。
http://www.jjda.or.jp/

04/04(Wed) 矢野喜世子ジュエリー新作展:4月12日(木)〜18日(水)
なし京王百貨店新宿店6階 宝石サロン内

春景色たけなわの折、コートの代わりに装身具達がカラフルにお出掛けのエスコートをいたします。なお、期間中、お手入れ、オーダーメイドなどのご相談もお受けいたします。

☆ 会期:4月12日(木)〜18日(水){10時〜20時、最終日は19時閉場}
☆ 会場:京王百貨店新宿店6階 宝石サロン内

▽KEIO=http://www.keionet.com

04/03(Tue) 松島さくら子 漆のジュエリー展
なし松島さんのコンテンポラリージュエリーは造形的で、大きな宇宙を感じます。
一つ一つの作品に小さな宇宙があって、身に付けやすい小品を出品、楽しみです。

□開催:4月5日(木)〜4月14日(土)
□時間:午前11時〜午後7時(最終日は4時。日曜日定休)

▽4月5日、5時よりパーティーを開催します。

*「中村ミナトのジュエリー 作品と作り方」(¥2,940税込み)を販売しています。

*****************************************
荒井アトリエ&ギャラリー
150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-11-17 青木ビル1F
http://homepage3.nifty.com/araigallery/

04/02(Mon) 栄光時計協賛「小林五月ピアノリサイタル」
なし昨年、イタリアの世界遺産テアトロ・オリンピコでリサイタルを開いたピアニスト小林五月の「小林五月ピアノリサイタル」が、東京の浜離宮朝日ホールで5月30日に開催されます。

シューマン連続演奏会の第3回目を演奏する小林さんは、「私にとってシューマンを演奏することは、ある種自分の心根をえぐり、さらけ出すことでもあります」と話しており、スケールの大きな演奏が楽しめそうだ。

*小林さんは国内の主要コンクールで上位入賞を果たし、イタリアなどでリサイタルを行うピアニスト。

□協賛:栄光時計鰍ネど、後援:MATSUZAKI

03/22(Thu) ヴァン クリーフ&アーペル100年「永遠の煌めき展」
なし〜西武池袋本店で開催中〜

「ヴァンクリーフ&アーペル100年〜永遠の煌めき展」が3月21日〜29日までの10日間、西武百貨店池袋本店で開催しています。

ハイジュエラーとして誕生したヴァンクリーフ&アーペルの哲学、歴史を背景として、メゾンが所蔵する貴重な作品、ミュージアムピースとハイジュエリー、資料などを展示・紹介しています。

*1906年、パリのヴァンドーム広場に誕生したヴァンクリーフ&アーペルは、ハイジュエラーとして皇族や貴族、本物のセレブに愛されながら煌く時を紡ぎつづけ、2006年に創業100周年を迎えました。

▽日時:3月21日〜29日 
▽場所:西武百貨店池袋本店 イルムス館2階 特設会場

*写真はグレース公妃が身につけたティアラ

03/20(Tue) Renee FLEMING(ルネ・フレミング)着用衣裳
なし『パリ国立オペラ座衣装展』〜展示衣装〜

−衣装:オペラ『マノン役』−

アメリカ人ソプラノ歌手ルネ・フレミングは、その魅惑的な声、様式の幅広さ、観客の心をとらえるステージ上での存在感で、メディアや一般聴衆からも、今日の偉大なるアーティストの一人だと評価されています。

二度グラミー賞を受賞している彼女の芸術性は、世界中から賞賛を受け、新しい音楽と古典的な作品の両方をレパートリーとしています。彼女のために書かれた作品や、彼女が作り出したオペラの役は、多くの人々から尊敬されています。

*写真:展示衣装「マノン役衣裳」
▽ミキモト=http://www.mikimoto.com

03/20(Tue) 『パリ国立オペラ座衣装展』開催 〜ミキモト本店〜
なし〜18世紀の衣裳に魅せられて〜

ミキモト本店(東京・銀座)は、4月7日〜24日まで6階ミキモトホールで「パリ国立オペラ座衣裳展〜18世紀の衣裳に魅せられて〜」と題し、パリ・国立オペラ座の黄金時代である、18世紀に制作された上演作品に関連する舞台衣裳の展覧会を開催します。

今回の衣裳展では、センター所蔵作品からオペラとバレエの衣裳、髪飾りなど25点を中心に、国立オペラ座ダンサーやアトリエで出番を待つ衣裳の写真、上演作品映像などを織り交ぜて展示、舞台裏を垣間見るような空間は必見。ステージで華やかにスポットを浴びた衣裳の、舞台とは異なる表情や、華やかな18世紀の宮廷文化が楽しめる展覧会です。


▽日時:4月7日(土)〜4月24日(火)(11:00〜19:00)
▽場所:ミキモト本店6階ミキモトホール(Tel:03-3535-4611)
▽入場料:1,000円
▽お問い合わせ先:パリ国立オペラ座衣裳展実行委員会(TEL:03-5510-4802)
▽ミキモト=http://www.mikimoto.com

*写真:オペラ『ゾロアストル』

03/19(Mon) アイガー直下。雪山をバックに人気の野外コンサート
なし第10回スノーペンエアー(雪上野外コンサート)

《クライネ・シャイデック:3月31日、4月1日》アイガー北壁の麓、ユングフラウヨッホへ登る起点として有名なクライネシャイデック。雪山がホットなライブ会場へとかわる恒例のイベントです。10周年を迎える今年は、過去に人気を集めたブライアン・アダムスが再びコンサートをおこなうことでも話題になっています。残念ながら彼らが参加する土曜のメインイベントのチケットはすでに完売してしまいましたが、今回特別に日曜に企画されている家族向けのコンサートチケットは、まだ購入可能。毎年5000人ほど集まる野外コンサートの雰囲気を体験してみましょう。
http://www.myswiss.jp/index.html



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:22