路傍のカナリア

2017/04/14
路傍のカナリア30

世相雑感
安倍家内閣のお粗末
 
当事者たちが真剣に振る舞えば振る舞うほど、他人からは「滑稽」に見えてしまうという場面はあるのだが、今の森友学園を巡る騒動こそまさにその典型と言っていい。
首相夫人の奔放ともいうべき言動に政治が振り回されているなどは、馬鹿馬鹿しさの極みである。政治スキャンダルはいろいろ見聞きしてきたがこういう形での政治の劣化は初めてである。夫人の尻拭いやら弁明に政権党の幹部や閣僚までが額に汗をかきかき労を重ねているけれども、たぶん本音では「安倍さん、首相の在任中くらい嫁さんをおとなしくさせられないのか」と思っているはずである。私なら横っ面の一つや二つ張り飛ばすけれども、旦那(安倍)はひたすら予算委員会で夫人を庇っている。
言うまでもなく政治に足を突っ込むというのは地方政治、中央政治を問わず死神と添い寝をするがごとき所業である。最高権力者ならその政治力は絶大で政敵を微罪で葬り去ることなど実に簡単な事である。また一方で天変地異を含め事変への一瞬の判断が国民の生命と直結していることも明白な真実である。その権力の切れ味は魔力の如きものでそれであるがゆえに首相という地位の周りに人は自然と集まってくるのである。ではその夫人はというと、本人の意思などと関係なく首相の権力の威光の中で位置づけられていて、それ故に夫人というのは旦那と一蓮托生なのである。公人か私人かというどうでもいい議論以前に「私は私、主人は主人」などいう家庭内戦後民主主義は通用しないのが政治の掟といってもいい。今回の安倍夫人の在り様というのがその辺の全くの無理解から生じていることは明白である。安倍首相夫人であるからこそ惹きつけられるように集まってくる有象無象の連中とどう距離を取りながらさばいていくか、その問題意識の欠落こそが今回の夫人問題の本質と言っていい。権力というものに少しでも触れてみたい、近づいてみたい、ひょっとしたら一儲けできるかもしれない、その取り巻きの甘言に舞い上がっているとしか思えない。見かねて安倍家のお姑さんが夫人を叱り飛ばしたらしいが、この話を聞いたときやっと我々の常識に出会ったように感じてほっとしたことを覚えている。それにしてもゴッドマーザーまでご登場とは、これではもう「安倍内閣」というより「安倍家内閣」の方がふさわしい。
一連の顛末のなかで安倍氏は物わかりのいい亭主を演じている。これがいまどきの夫婦のあり方かもしれないが亭主の威厳の無いことこの上もない。女性が男性と対等かそれ以上に扱われ、自己主張することはごく当たり前に受け取られているが、男が作る世界観と女性が作る世界観とは決して交わらないところがある。政治の世界にそのあたりのチグハグが無防備に持ち込まれると、国の歯車は乱れはじめるのである。
「女子と小人は養い難し」といい「牝鶏の晨するは国滅ぶ」というが、このことわざは今でも生きているのである。           貧骨
Cosmoloop.22K@nifty.com
2017/03/15
路傍のカナリア29

春という鬼門の季節
体調不調はどこからくるか

春はなにかにつけて体調をくずしやすい。花粉症やアレルギー性結膜炎などはもう定番のようなものだが、それだけではなく持病が悪化したり、思わぬ病にかかったりするものだ。
私事で恐縮だが、昨年は急に肩の痛みに襲われてその結果首が回らなくなってしまった。
パートさんからは「長引きますよ、そういうのは、年齢から来るのだから。」そう言われて、いささか落ち込んだことを覚えている。
数年前の四月には、いまでも思い出すくらいのひどいぎっくり腰で三日間全くの寝たきり状態を経験した。寝返りさえ痛みで寝返ることが出来ない。こりゃ一人住まいだったら全く飲まず食わずで、トイレにも行けず垂れ流すしかいなと思うとぞっとした。
これより前のぎっくり腰もやはり春先であった。具合が悪くなったのは疲れがたまったのだろうし、それがたまたま春だったと、初めは季節の事などは気にも留めなかったのだが、考えてみると逆で春だからこそ体に必要以上の負荷がかかったのではないかと思うようになった。
とりわけ3月は健康面では難所というべきであろうか。お彼岸の中日は昼と夜の長さがおなじで、ここから季節的には夏バージョンが始まるわけで、人の体もそれに合わせて変化を余儀なくされる。この変化のエネルギーが体に負荷をかけている。冬の間は寒いなりに東高西低の気圧配置が固定されているから意外と体はすごしやすい。この気圧配置が崩れて高気圧と低気圧が交互に日本列島を移動するようになると三寒四温の例え通りの春がやってくるのである。春一番が吹き、5月陽気が現れ、寒の戻りに戸惑うのが3月である。この変化は老人や病弱者ばかりでなく、日頃から健康に自信のある人にも、大いなる負担に違いない。お彼岸の中日とは、季節の活断層と呼んでもそれほど大げさではあるまい。前後一カ月くらいは肉体的にはきついはずである。
そればかりではない。春は生命が萌え出る季節でもある。体の中で生命がうごめくと言えばいいのか、自宅でメス犬を飼っていた時には、この時期うるさいほど啼くのであるが、それはまさに吠えるのではなく啼くのである。家人があまりにうるさいのでご近所迷惑だとこぼしていたが、「いや一時だよ、間もなく納まるから」といったとおり二週間もすると本当にぴたりと静かになるのである。俗に「さかりがつく」ということなのだろう。競馬馬も牝馬はやはりさかってレースにならない場合があると聞いている。萌え出る季節なのだろうが、その生命の発現は命のエネルギーばかりか、病のほうも寝た子を起こすがごとく出てくるのであろう。人間の肉体にとって、それはそれで大いなる負担に違いない。
人類学の初歩的な本を読むと、人間と他の動物を分ける特徴の一つにメスの発情期の喪失が指摘されているが、それでも胎児の発生の過程に生物発生の系統を含んでいることを見ると、たぶん女性はこの時期やはり生命の蠢動の記憶に揺さぶられているのではないかと思う。と同時にオスでもある男性も陰画のようにこの時期なにがしかの生命発現の力に女性ほどではないにしても影響を受けていると思える。
そんなこんなで春はまさに難所なのである。3月は自分の体を普段よりもいたわりながらゆっくりと越していくべき坂なのだろうが、ここをうまく通り抜ければ、多分だが一年は無事に過ごせるのではないかと最近考えている。
Cosmoloop.22K@nifty.com                  貧骨
2017/02/21
路傍のカナリア28

知識を有することの危うさについて 
「インテリ症候群」の人々の心理とは

人よりも多くの知識を有するということは、それだけ優位に立つことは間違いがない。国と国の情報戦の如きことではなく、世間一般我々の住む世界においての事である。ネット全盛の今でも、医者などに素人がそう簡単に疑義を出せるものではないし、学者や官僚などの知的エリートなどもだいたい偉そうにしている。経済学などは身近なほうだからそうでもないが、原子物理学の専門家などが話し出せば一般庶民はただひたすらに聞き役に徹するほかはない。知っていること、理解していること、そういう専門の知識を持っている連中というものは、自然と権威を身にまとうのである。同時に知的に下位の者、素人に限らずたとえば大学院生などが教授にモノを申すというのはなかなか度胸がいることで、一喝されてそれでおしまいなんてことは、どこにでもある風景である。あるいはごくごく親しい仲間同士であったとしても、一人が知的に急激に上昇してしまうと集団から浮き上がったり、逆に仲間を見下すことがよく起きる。知識を有するということは、対等な人間関係さえも自然と上下の関係に変えてしまう不思議なエネルギーを内在しているということだろうか。
とりわけ見下すという心理は、知的に上昇すればするほど高じてくるもので私は「インテリ症候群」とひそかに呼んではいるが、一過性で済んでしまう人よりも生涯この災いに取りつかれてしまっている人のほうが遥かに多いのである。知識人同士の議論がえてして相互軽蔑に終始しがちなのは、相手を見下すという心理が作用しているからに違いない。
それだけではなくこの心理の裏側にはごまかすという心理が張り付いている。この程度の虚飾なら分からないだろうという心理である。確かに知らないということは困ったことで専門用語を駆使されたら、はいはいと聞くしかない。今でこそ医療ミス訴訟は当たり前になったが、それまではだいたい医者の言う通りが通り相場だから、裁判など起こせるはずがない。それを当て込んでのごまかし説明など掃いて捨てるほどあっただろう。日本の一般予算と特別予算の関係も複雑多岐に渡っていてすぐに誰でも理解できるようには作られていない。ここにも知的エリートの傲慢さとごまかしの心理がほのみえる。たぶん海外の翻訳ものなども実際は怪しいものも結構あるだろうが、少数派の外国語ではそう簡単に見抜けるものではない。身近では産地偽装などもそうで、知る人ぞ知るで、いくらでもごまかせるものである。
けれどもこれらの事案についてそれにかかわった人間の倫理性を問題視してもたぶん何も解決しない。情報公開という道筋も違うと思う。知識というものの不可思議ともいうべき魔力と我々が向き合うことが唯一の道である。あるいはこうも言えるかもしれない。日本人的特性としての知的権威への必要以上の平伏が、天皇制の権威の確立と繋がっていて、それが代々伝統のように受け継がれてきたと。
知識を得ていく上昇過程というのは特別なものではなく、人間にとってごく普通の自然な事でもあるにもかかわらず、その量と理解度の差異が人と人の間に亀裂を生んでしまうことについて、自戒をこめてだが、我々ホモサピエンスは深く考えていかねばならないだろう。        貧骨  
2017/01/13
路傍のカナリア27

日本人を縛る「みんな」という力学

何気なく誰もが使っている「みんな」という言葉にはとても強い呪縛力がありますね。「みんなが塾に行っている」「もうみんなスマホもっている」「お正月にはみんな初詣に行くよ」「成人式はみんな着物を着ていたね」「新しくできたショツピングセンターにもうみんな行ってきたんだって」こういう話を子供なり孫から聞くと、じゃあなんとかみんなと同じようにという心理が大人の側に働きますね。「他人の事は関係ない」って突っぱねたところで、本当にスパッと割り切れているわけじゃないです。そう言ったところでもやもやとしたプレッシャーはやっぱりあるわけです。
子供の世界だけではなく日常の生活場面にも「みんな」の力学は働いています。「神社のお掃除、みんな来てましたよ、休んだのオタクだけじゃない」そういわれるともうかなり焦ったりしますよね。企業だって同じで、ちょいとした不祥事が明るみに出た時も「いやいやこの程度の事はみなさんどこでもやっていらっしゃるから」なんて言い訳しますし、業績悪化でリストラするにあたっても、「どこの企業でも手を付けていることですから」と広報しますからね。職場でもみんなが居残って残業しているときに自分都合で定時に帰るのは後ろめたさを感じます。「この程度の介護の国民負担は先進国ならどの国でも取り組んでいます」評論家という連中もあたりまえのように「みんなと一緒」で持論を補強します。この表現ってもう無意識の領域の呪縛ですね。
土居健郎は「甘えの構造」を書いて日本人の深層心理に迫りましたが、「みんなの構造」という視点からでも一論文書けそうです(面白いテーマだと思いますが)。まあそれはともかくもここから、日本人論にも、いじめの問題にも、男女の差異にも、移民労働者との軋轢の問題にも、精神病理の領域にも、話は進められますが、今はやりの規制緩和ともつながっています。
規制緩和による経済の活性化というのはつまるところ「みんな」の否定なんですね。規制強かりし頃は誰かが斬新なアイデアを出しても、どこもやって無いとか前例もないとかいう形でだいたい実現しないだけでなく、言った本人自体が変わり者の烙印を押されて閑職で冷や飯をくうなんてことがアリアリだったけれども、異業種からどんどんとライバルが参入することができる規制緩和の時代には、まさにその「みんなと一緒」じゃないことが勝ち組の必要十分条件なわけです。だからこそ一人起業のようなベンチャーがたちどころに株式上場まで駆け上がってしまうのですね。
ビジネスの世界での「みんなの否定」が、いまのところ生活場面まで揺さぶっているわけではありませんし、日本人の奥の奥にまで根を張った「みんなの構造」の心理が簡単に変わるわけではないのだけども、多くの日本人になにがしかの個の自立を促していることは間違いないと思えます。ちょっと前には文化人と言われる人達が「近代的自我の確立」を題目のように唱えても、そういう本人自身が日常では「みんな」に縛られていてとても嘘くさいのですが、規制緩和という経済的な強制がもたらす「みんなの構造」の変革は、案外遠くまで我々日本人を連れていくかもしれません。日本の活力ある再生を内側からもたらすとしたら幸いです。          貧骨   
2016/12/21
路傍のカナリア26

日銀マジックのからくり
量的緩和策がもたらす悪性円安のシナリオ

日経新聞の「経済教室」は、肩書は大学教授のようなお偉い方々が経済現象に関して解説し、それも金融政策ともなるとセンモンヨウゴがちりばめられているから、もう一目読む前からかったるくなります。でも丹念に見ていけば常識的な見解が多く我々庶民がなんとなく胡散臭いよなって感じていることをすくい取っているかというと違う。そこが学者なのか学会なのかわかりませんが、目に見えない枠のなかの話になっていると思いますね。最近は日銀の金融政策の実質的な変更がテーマになりましたが、いま日銀は年間にして80兆円国債を買い続けているわけです。でなんと累積にして400兆円の国債が日銀の資産として計上されているのはなんか変ですよね。名分はもちろん立っております。民間銀行が保有している国債を買い入れることで市場にマネーを供給し、設備投資等の融資を後押しする。このことが、景気浮揚の契機となって雇用は改善、消費意欲は高まり結果として物価の上昇につながると。それでもシナリオ通りにマネーが流れていかないので、まあ罰則みたいにマイナス金利を付けたわけです。こうなると世間の目線もそっちの方に注がれますけどね。でもこれを国債の買入れ原資という視点で見るとちょこっと違う風景が見えてきます。政府が赤字国債を発行する。それを銀行が買い入れるとき、その資金というのはともかくも国民の預貯金が原資になっていますから、どこまでも無限に買い入れることは出来ないことは明らかです。財政的には健全な事でそういう歯止めが円の貨幣価値というものを担保しているとも言えます。でもこの国債を中央銀行たる日銀が買い入れるときには、日銀にあるのは輪転機だけです。金本位制の時のような金の準備高があるわけではありません。紙幣を刷っているだけですから、いくらでも買い入れることが出来ます。すると民間の金融機関からどんどんと国債を買い入れるというのはその買入れ原資の切り替え、根拠のある原資からただ紙幣を刷るだけの無根拠のモノに切り替えているということになります。それが今400兆円ですから、これから5年後には800兆円の紙切れに替わるわけです。
円の価値が毀損していることは明らかです。それでも物価との相対関係においても、他の通貨との相対関係においても現在、円は強いのですが、歯止めなき円安への危惧は日々膨らんでいると言えます。
最近は国債暴落論が下火になりました。また長期の金利も政策金利も意図的に低く抑え込んでいますから、日本経済の安定に死角なしと見えますが、為替相場だけは別です。瞬時に巨額のマネーが動く為替を管理することは困難な時代だけに、円への信用度が損なわれた時には限度を超えた円安が進むのではないでしょうか。東京近辺の大地震やら新たな原発事故は現実的なリスクです。極端な円安は基礎資源である石油や食料品の高騰をつうじて結局は国民の金融資産の価値下落をもたらすことは自明です。
円を外国通貨たとえばドルに換える国民の自衛行動も日常的になるかもしれません。そのとき日銀が金利の上昇という選択肢あるいは国債の買入れの停止がなしうるか、はなはだ疑問です。
量的緩和策というのは、ひょっとしたらその辺まで見込んだマジックなのかもしれません。我々は眉に唾つけて、金融問題といういささか専門的な分野について騙されないように注視する必要はあると思います。    貧骨
Cosmoloop.22K@nifty.com

2016/11/24
路傍のカナリア 25

金にまつわるお話3題
地獄の沙汰も金次第とはいうけれど

知り合いのラーメン屋のおやじが会うたびに「売れねえ、売れねえ」とこぼしていたが、税金まで滞納し始めて、ついに「自己破産だ」と叫び始めた。内情がそれなりにこちら側もわかるだけに「自己破産」も冗談口ではない真実味のある話なのだが、だからといってなにか手助けができるわけではない。本人いわく「客数がじり貧であれやこれやと打つべき手はうったがこれ以上はやりようがない。もう勝手にしてくれ」ということである。役所かどこかに相談に言ったら、自己破産の手続きには弁護士に30万くらいかかると言われたようだが、その前に今の借財のレベルでは自己破産にはちと足りないと言われて、もう少し債務がかさむ必要があるという事らしい。で、やつこさん、まあしばらく借金を重ねる営業を日々行っているわけだが、いずれチャラになる借金をしていくのは取引先に申し訳ないと悩んでいるが、さりとてそう正直に相手先に話すのもそれはそれで食材の調達に困ることになる。変な話ではあるが法律とはそんなものだろう。

話をもうひとつ。
昨年の事だが、普段から取引のある事業主から金を少しばかり貸してくれないかと切り出されたことがある。さほどの額ではなかったのでその場で応じたのであるが、身内ならともかくも他人様から借金を申し込まれるというのは経験のないことだったので戸惑ったことは事実である。それというのも最近はカードローンを含め少額の金銭の手当てには様々な選択肢があるからにほかならない。大の男が数万円の無心に頭を下げるのだからよほど切羽詰まった事情があるのだろうと思うとむげに断るのもどうかと妙にこちら側が追い詰められた気分になる。といって相手の意をくんで金を貸そうとすると、追い詰められている人なら貸した金は戻ってくるのかそれともこれをきっかけに追い貸しまであるのかと今度はそれはそれで不安にもなる。懐から出してみたもののためらう自分がそこにいる。数万円がとても貴重に思えてくるのである。(貸した金はきちんと戻ってきたのであるが)なんとも借金の頼まれごとというのは不思議なものである。

最後にもう一つ
何時まで経っても店の借金が減っていかない。借り換え借り換えで融資金をつないできたので、はて?最初に借りたのはいつだっけ、たしかバブルからしばらくは無借金経営のはずであったのに。調べてみたらもうかれこれ15年も前に借りた金であつた。この店を出した時に父親が今の借財の四、五倍の金を借りてそれでも5年位で返済したことを思うと、なんでこうなるのかといささか情けなくなる。今はもう年金収入で暮らしを立てているから碌に給与も取らないで頑張ってはいるが、それでも汲々である。世の中の勢いとか流れというものは恐ろしいものである。

金にまつわる話を書いてみたが、特別の教訓があるわけではない。ただこれからも身近な所で、あまり有難くない金の話を聞くようになるだろうと思うだけである。それがたぶん間近に迫っている超高齢化社会の基調音なのだろう。

追)トランプ当選の歴史的メモリアルな日に、そして世界は日本はどうなっちゃうんだろという不安感とおっ面白くなってきたなという野次馬的興味が入り混じった立ち位置にいてこのコラムを書き終えました。    貧骨
Cosmloop.22k@nifty.com
2016/11/24
路傍のカナリア24

節穴から見る日本経済の実情
セイコードルチェが売れなくなった理由

石の上にも3年というが、何事によらず3年もやれば何らかのメドはつくはずで、ダメならダメなりにいったんはケリを付けるというのが筋というものである。日銀による大胆な金融緩和策もその目的である物価の2%の上昇がここまで3年もたっているのに一向になしえないのだからそれなりに方向転換したほうがいいに決まっている。
それにもかかわらず金融のプロでさえ戸惑うような緩和手段でさらに進もうとするのはどう考えてもおかしい。それゆえ日本経済を覆うデフレの波は、低成長の原因ではなくじつは結果であって、だからこそ金融政策は有効ではないという説がにわかに説得力を持ち始めている。もちろんそのことは日銀による大胆な緩和策という市場実験を通して明確になってきたのだから日銀が責められるのは酷というものだが。
その上では日本経済の成長がおぼつかない真の原因は何ぞやということになるのだが、ここからの論は経済理論素人の時計屋おやじの仮説である。
ここ何年か正確ではないがセイコーのドルチェクラス(上代\50,000~\100,000)の紳士用腕時計がはっきりと売れなくなっている。これは一零細時計店のたまたまの傾向でないことは、ドルチェのアイテム数の少なさを見ればはっきりしている。要するに主たる購買層である団塊の世代が年々定年退職するごとに、売れ行きが減少の一途を辿ったのである。ともかくこの世代は数が多い。昭和20年生まれから25年生まれで一年の平均人口が220万から230万人もいる。現在の年間出生数が100万人くらいだから倍以上である。その購買層が年金生活に移行したのである。それは腕時計の購入に象徴されるように、消費者構造の質的な変化であって日本の経済に与えた需要の負のインパクトというものである。
それに加えて高齢化の加速、つまり人が考えている以上に長生きをするようになってますます老後生活の不安が高まり、需要が縮んでいるのである。年金頼りに暮らしてみたら「こんなはずではなかった」と感じているシニア層の嘆き節はあちこちで聞く。このことが日本経済の消費が低迷し物価がデマンドプルの結果として上昇しない大きな要因である。金融緩和によって確かに円安効果が生まれ企業収益が膨らんだことは間違いないが、個人消費がマクロとして上向くかというとそれは需要の構造変化に因する以上疑問と言わざるを得ない。
中国人による爆買いによって百貨店は潤い、その失速によって利益が落ち込むことを見てもどこかから需要の波がやってくるかどうかがおおきなポイントでそれはシンプルに人口の数というしかない。政府は規制緩和を通した構造改革を経済成長の旗印に掲げているが、市場の活性化はただただ供給側の競争を激しくするだけで、需要の力を引き出さない事例のほうが多いのである。
となると定住型移民労働者の受け入れという苦い薬を飲むことになるが、それがなかなか進まないとすると詰まる所どんよりとした曇り空の長い道を我々は歩まざるを得ないということになる。先行きは夢を語れるほど明るくないのである。ただあえて言えば総需要は変わらずとも需要は常に変化している。その流れを上手に捕まえることが出来れば個々の会社は飛躍できるのである。          貧骨 
Cosmloop.22k@nifty.com

2016/09/16
路傍のカナリア 23

いずれ日本も通る道
イスラム教との共存は可能なのか

8月28日の日経朝刊は一面トップで政府による外国人労働者受け入れの拡充を報じている。家事代行サービスを12月に解禁しさらに人手不足に対応するため建設業の就労者拡大もすすめる方向となっている。当面の日本の人口事情をかんがえれば必然の成り行きだろうが、イギリスがEU離脱をする理由の一つが移民者との軋轢であったように、言語や宗教、生活慣習が違う他の民族と一つの国の中で共に暮らしていくというのは、実際にはかなり困難が伴う事案だろう。
明治になってから日本人も海外に出稼ぎ労働に出かけたことはよく知られている。「ハワイやアメリカ本土、カナダ、中南米、東南アジア、オーストラリアなどに進出して、たとえば甘蔗(サトウキビ)やコーヒーの農場で働き、鉄道.道路の建設にたずさわり、炭鉱.鉱山の坑道に汗をながし、農地を開墾し、森林を伐採し、漁業に従事し、大工の腕をふるった。」
「移民が増加し、結婚して子もふえれば、移住地には日本人の社会ができ、日本人会、日本語学校、ジャーナリズム、経済団体、宗教団体などの社会組織がつくられていった。」
彼ら海外移民日本人の労苦はよく知られているが、今度は受け入れホストの国として逆の苦労を覚悟しなくてはならない。
もともとが多民族の国ならばそれなりの経験知も積みあがっているだろうが、何せ奈良時代以前からほとんど日本人だけで暮らしてきた我々なのだから、果たして本当に上手く処理していけるのか。なかでもイスラムとの協調には不安の方が大きい。
明治維新以降キリスト教の普及が認められたが、キリスト教と日本国の法秩序が対立しなかったのは、キリスト教が政教分離を原則としているからで、そのためか日本人の間にこの宗教に対する拒否感がほとんど無い。これに対しイスラム教がいささか厄介なのは(テロの本家みたいなイスラム原理主義ではなく)この宗教の教義が政教未分離であるからに他ならない。政教未分離ということは、生活するうえでイスラムは宗教的な教えをその国の法を含めた規範よりも優先するということだから、必ずどこかで軋轢を起こすことは必定である。「コーランというのは、預言者ムハンマドが神から下された人間へのメッセージを記した書物ですから、ムスリムにとつては神の言葉そのものです。したがってそこに記されていることは、……….神の意思ですから、人間はそれに逆らうことはできません。」だからイスラム教を信じる人は神(アッラー)に全てを預けてしまうことになり、敬虔な人ほど世俗との妥協をしないということになる。そういう人たちがこの日本で増えていってはたして大丈夫なのか。目先の労働需要に対応することを優先して、宗教問題で大きな困難に直面しないか。公共の場所でのブルカの着用をめぐって悶着が起きているフランスがいい例である。
一夫多妻制もイスラム教の教えに沿ったものだが、(それなりの理由づけはあるにせよ) この事も彼らが増えてくればそれ自体が社会問題化するであろう。
世界の中で日本の秩序が際立って安定してきたのは、三大問題がほとんどないからであった。「貧富の格差」、「民族問題」、「宗教問題」の三つである。はたしてこれから外国人労働者の増加のなかでイスラム教徒だけを排除するわけにもいかないだろう。イスラムの慣習と向き合う中で我々は本当に今迄通りの日本を維持できていけるのか、立ち止まって考えねばならない。                    貧骨
(参)「海を渡った日本人」岡部牧夫、「イスラムから世界を見る」内藤正典。
2016/08/23
路傍のカナリア 22

「ヒロシマ」雑感
オバマの折鶴はヒロシマを癒したか

2016年5月27日 バラク.オバマ大統領が現役のアメリカ大統領として初めて広島を訪問した。この際4羽の折鶴を持参して、原爆資料館を訪問した時に出迎えた小中学生に2羽を手渡し、あとの2羽を直筆のメッセージを添えてそっと置いた。折鶴はピンクと青の2色で、大統領自ら折ったものだという。(ネット記事より)
被爆者ではなくとも、広島の悲劇は戦後日本のアメリカへの恨みつらみの核であっていかに政治経済の世界で日米友好が進もうがそう簡単には水に流せるものではない。わだかまりと言うには軽すぎる感情の深い闇が日本の国民にあった。そうやって戦後70余年が経過したのだが、このオバマ大統領の気遣いに多くの日本人はいささかなりとも心を揺さぶられたと思う。
折鶴4羽と「ヒロシマ」の地獄が釣り合うわけではもちろんないが、それでも広島を戦後覆っていた怨念に一筋の光明が差したとおもえるのである。いやいやあれは巧妙に計算された政治的パフォーマンスで、情に流されやすい日本人の国民性の隙を突いたものだと批判的に観る論もあることは承知している。実際そういう政治的計算もあっただろう。
でもね 折鶴って簡単に折れないよね。結構練習しないと。オバマさんはいつどこで折鶴を折ったんだろね。アメリカ大統領のスケジュールなんていうのは分刻みだろうし、いそがしい最中に大統領執務室で、昼飯後のひと時にせっせせっせと折ったのかしら。それとも自宅に帰って寝る前に練習して、奥さんのミシェルさんに「どうだ 出来は、これなら広島にもっていけるかな」なんて会話していたんですかね。大統領が持参する以上、外交的な意味あいもあるでしょうし、世界的にも話題になるわけだから鶴だかカラスだか見分けがつかない出来ばえじゃかえって逆効果でしょう。写真を見る限り色合いもきれいだし丁寧に折ってある印象です。あれなら日本人の審美眼に堪える水準になっていると思いますね。「すこし手伝ってもらったが、私が折りました」と語っているから、結構時間かけているのでしょう。ここに嘘はない。まっすぐな誠実さを感じます。4羽の折鶴に「ヒロシマ」を癒す柔らかな力があると言ってもさほど間違いじゃないでしょう。
ひるがえってというか韓国の従軍慰安婦をめぐる一件落着と蒸し返しを繰り返す殺伐したやり取りをみていると、ここまで話がこじれてしまうのは、双方に談話の文言をどうするかとか、金のばらまきかたが多いか少ないかとか、実務的なことにばかりに重きを置いていて、それ以前の心のやり取りが欠落しているからではあるまいか
戦争をめぐる問題というのは、勝者の側も敗者の側もそれぞれに言い分はあるだろうから
溝は埋まるはずはないにしても、そこに橋をかけていくのが政治家の手腕というものであろう。オバマの折鶴はいろいろな事を考えさせる。
このコラムは「ヒロシマ」をめぐる日本人の復讐心について書くつもりだったが、話がそれてしまった。いずれ触れるとしても、今回はここで筆をおく。  貧骨

2016/07/13
路傍のカナリア22

EU波乱 国の命運を国民に託すのは愚かであるという教訓 
政治のリーダーとはなんぞや

イギリスのEU離脱という予想外の結果、いやはやなんともはた迷惑な話で、一瞬にして世界の株式総額の250兆円がすっ飛んだとか。国民投票も結構だけれども現在はグローバルエコノミー全盛の時代なんだから、純国内的なテーマでやってほしいよね。
民主的な国家であれば大概国の主権は国民にあるわけだから、国の命運を左右するような問題に関して国民投票にかけるというのは一応の理屈ではあるんだけれどね。その結果として国民が塗炭の苦しみを味わいその先100年も200年も他国に支配されたり流浪の民として生きざるを得なくなってもいいかというとそれは違うだろうと思いますね。国民投票を住民投票の延長のノリでやられたら堪りません。
国民投票がそれなりの意義と価値と内外に向けての説得力を持つためには、やはり民度の成熟と問題理解度の進捗と議論の煮詰め方というのが大切でしょう。それでも国民投票というのは限界があるんです。卑近な例になりますが、我が家の主婦は政治の理解度が極めて低い。自民党(名前は知っている) 公明党(なにを主張しているか知らない)共産党(よくわからないが名前だけ知っている)-ほかの政党は全然知らない。だから選挙の時はここに入れてくれと私が頼むとその通りになる。「なんでお前の一票と俺の一票は同じなんだ」とその形式的平等に腹が立つが、国民投票もその内実は似たようなものだろう。今回のイギリスのEU離脱にしても、国民にそのまんま委ねちゃっていいのかね。ここに政治家のリーダーたる者の信念の役割があるでしょう。デマや一時の雰囲気に左右されがちな国民にたいして断固たる信念にもとづいた道筋を示せなければリーダーとはいえない。キャメロンは馬鹿だね。政治権力者としての役割を放棄しちゃった。それでも投票結果に「私は後悔していない」なんてコメントだしやがって。EU残留派の頭目として首相の座にあるわけだから、何が何でも勝たなくちゃだめさ。だってそれだけの政治的信念があるのでしょう。EU残留こそイギリスに豊かな未来を約束するはずだと確信しているなら、敵は100万人なれども我ゆかんこそがあんたの立ち位置でしょう。離脱派と残留派が拮抗しているなら、リーダーはどうするか。わたしならどんな汚い手を使っても離脱派の頭目連中を追い落としますね。
マネートラップ、ハニートラップ、スキャンダルねつ造、買収、なんでもありで、まあ交通事故風殺人まではともかくも。(北方の大国は暗殺ふくめ常態化してますけど)世論が8対2か7対3ぐらいに自分に有利にかたむいてはじめて国民投票をやるべきで丁半ばくちじゃあるまいし、5分5分でどっちに転ぶかわからないけどやってみようというのは無責任の極み。たとえば自分のたくらみが白日の下にさらされ国民から罵声を浴びようと家族ともども国内から永久追放の憂き目をみようと、極貧の中で朽ち果てようと自己の信念にブレが無ければ、その汚名こそが政治家の勲章なんでそういう覚悟がないなら政治家なんてやるなって。わが日本でも「畳の上で死ねないもの」という腹をくくった政治家になかなか出会わないが、政治と死はいつも表裏のもので、政治家になるということは他者の死と自らの死を握りしめることだ。それが権力の怖さでもある。
有産者階級の小心者が権力者になると碌なことはない。世界はまだまだ動揺している。       貧骨
1 2 3 4 >

- W&J WEBSITE -